平成十二年度追い出し寄席

平成13年3月23日駒場キャンパス

| | コメント (0)

平成十二年度駒場寄席

平成12年11月24,25,26日
駒場キャンパスにて

初日は正直言って上出来とは言い難かったです。そもそも東大落研は初日を捨て試合、練習日ととらえざるを得ないという状況に陥ることが多いのです。なので、十分なものをお客様に見せられることはめったにありません。まぁ金曜日なのだからお客さんが居なくて当たり前ではあります。
客の入りが悪いせいでノリもイマイチという悪条件。しかし、その中でもW製作所などはしっかりと笑いを作っていたので、見上げたものです。今年の一年は本当に出来が違うと上級生一同感心しきり。

二日目三日目となるとさすがに客入りも増え、上級生も本来の調子でやれるように。お客様も笑いっぱなしでした。お客様に「また来てみようかな」「落語っておもしろいな」と感じてもらえたのではないでしょうか。

特に評判がよかったのは川辺、堀江の一年生コンビ「W製作所」、三亭彩連州こと福井、東中亭どテ珍こと荒瀬などでした。

打ち上げでは川辺を部長とする新体制も発足し、東大落研の更なる発展をみんなが確信しました。増田部長一年間お疲れ様でした。

| | コメント (0)

ギャグ大学

平成12年12月9日早稲田ドラマ館

大学対抗のお笑いバトル。A級戦犯は松岡。

| | コメント (0)

第三回戸倉上山田温泉座学生寄席選手権

平成12年8月25,26日長野県戸倉上山田温泉

戸倉上山田温泉座の村おこしイベントとして始まったこのお笑い大会は今年ではやくも第三回を数える。東大落研は第一回から毎回参加。

平成十二年八月二十五日(金)午前七時、東大落研川辺、堀江、渡辺、橘谷、吉村、平岡、荒瀬、佐野の計8名が新宿のチャーターバス停留所に集合。もう一名参加予定だったはずの山田はバス出発予定時刻の七時半に起床ではやくもリタイヤ。当然のように波乱の幕開けとなった。

バスの中では他大の落研さんに対してひとりづつ自己紹介。橘谷がちょっとしたオプションで根性焼きを披露してはやくも話題を独占した。

戸倉に到着したらさっそく予選会ということでネタ見せ開始。ネタ見せの最中につまったりするものはなかったものの、例年通りの辛辣な批評を審査員から頂戴する。この日の長野県のローカルニュースでは川辺と渡辺のコンビ「シンガポール」が熱演する姿が放送されていた。

予選会、夕食を終えた後は夜の一発芸大会が企画されていた。東大落研はみんな疲れてかったるいからという理由で全てを橘谷に一任。橘谷は定番のヨガポーズ、つまようじを頬に突き刺して「ねずみ男」、胸に七つの根性焼きを作って「七つの傷を持つ男」など得意のハードコア芸を披露し、司会のアンジャッシュをひかせるほどの大活躍を見せた。

次の日はいよいよ決勝戦。初日のネタ見せの結果、落語部門から4組、色物部門から5組が決勝会場で発表される。東大からは色物部門で「ソロモンテ」こと佐野、落語部門では「松亭うじゅる」こと橘谷が見事決勝進出を果たす。「ソロモンテ」は最近ますます磨きがかかってきた漫談をその日一番の大爆笑の中で、「松亭うじゅる」は自作の創作落語を「ねずみ男」で出来た傷の血をぬぐいながら(もちろん計算)披露した。

東大落研の最終成績は「ソロモンテ」が色物部門優秀賞を受賞し、賞金5万円、ラジオ出演権、ライヴ「バカ爆走」出演権を獲得。「松亭うじゅる」は審査員特別賞を受賞し、副賞の地酒を獲得。東大落研ここにありと、全国に抜群の存在感を示すことのできた最高の大会だった。

| | コメント (0)

平成十二年度夏合宿

平成12年8月千葉県某海岸

| | コメント (0)

平成十二年度七夕寄席

平成12年6月23日駒場キャンパス

恒例の七夕寄席は、試験との兼ね合いで毎年開催日時を試行錯誤しています。今年は早めがよかろうということで6月23日に設定してみました。その甲斐あってか、昨年は5人ほどしかいらっしゃらなかったお客さんも、今年は20人ほどお越しいただいきました。場所は今年は駒場キャンパス内にあるキャンパスプラザを使ってみました。東大落研がキャンパスプラザで公演をするとかならず雨が降るというジンクスがあるのですが、やはり今回も雨。雨の中お越しいただいたお客様まことにありがとうございます。

落語とコントを交えた形式の公演でした。やはり安定した力をみせたのは飛鳥亭飛鳥こと一年生の山口。落ち着いていてしかもテンポのよい落語を披露してくれました。コントから漫才へと転向した清水と渡辺の一年生コンビタウンページは新境地を開拓。独特のセンスである程度の方向性とポテンシャルの高さを感じさせてくれました。渡辺のキャラはなかなかいい感じなので、これから要チェック!そして、なによりも大ブレイクしたのは小林でした。初めてピンネタに挑戦するということでどんなネタを見せてくれるのかと思いきや、いきなり人民服に人民帽で登場。頭はパーマのかつらをかぶり、金正日コントに挑戦です。少々反則ぎみのネタと、あまりにもワンパターンなネタはまだまだ改善の余地がいくらでもありましたが、小林の中に眠っているすさまじいポテンシャルの高さを感じさせました。

とはいえ、まだまだお客さんも大満足というわけにはいかなかったようです。やはり学園祭以外の公演ではなかなか成功を収められません。東大落研の大きな課題です。

| | コメント (0)

平成十二年度五月寄席

平成12年5月27,28日本郷キャンパスにて

台風直撃が心配されていた五月祭でしたが、幸運なことに会期中は天気に恵まれました。毎年着実に動員数を増やしつつある東大落研ですが、さすがに去年で頭打ちだろうというやや暗い雰囲気で五月祭を迎えました。ロッチ、デルモンテ、カジュアル兄弟の三本柱コンビのすべてが相方を欠くという危機的状況では仕方ありません。

2000gogatusaikobana しかし、ふたを開けてみれば、動員数がついにのべ1000人の大台を突破という大盛況。いきなりトップコンビへとのし上がった川辺と堀江のコンビ「W製作所」をはじめとする新入生の期待を大きく上回る活躍と、しっかりと精進を重ねてきた2年生の層の厚さのおかげで、会場はつねに大入満員大笑いとなりました。お越しいただいた沢山のお客様、本当にありがとうございました。

五月祭、駒場祭恒例となった若獅子落語会は、落語パートのまだメイン興行に参加するには経験不足な部員が経験を積むための場です。午後一時開演の本興行に先立って午前十一時から物好きなお客さんを客席に集めての口演となります。今年の若獅子落語会で大評判だったのが飛鳥亭飛鳥こと山口飛鳥でした。これが初舞台とはとても思えない落ち着いた話しっぷりに、上級生はもちろんお客さんまでもがびっくり。次の口演の七夕寄席からはエース級の扱いが約束されました。

2000gogatusaisyugou 

お客様アンケートより抜粋

あなたが本日御覧になった中でおもしろかった五月寄席のプログラムを教えてください。他なんでもご自由にお書きください。

  • 数うちゃあたる、ロッチ 猫なんとかさんのは関西弁が早口でききとりにくかった。
  • 飛鳥亭飛鳥 おもしろかった
  • 飛鳥亭飛鳥、松亭うじゅる
  • うじゅるが良い
  • 松亭うじゅる
  • フレッシュ大喜利 特に清水がよかった
  • 若獅子落語会 新鮮な語り口で勢いがあり、とても面白かったです。また、若々しく、元気で才能ある話芸でした(船頭さんの話)
  • ロッチ、ソロモンテ、松亭芝楽
  • ソロモンテさん 頑張って!!おもしろかったです
  • ソロモンテがおもしろかった(同様の答え多数)
  • ソロモンテがおもしろかった。ちょーキャラできてる。個性爆発
  • ロッチ・・・一人なのに頑張ってましたね。
    ソロモンテ・・・声の上がり下がりが絶妙。とても面白いですね。一人でこれだけ笑わせるのは難しいでしょう。テレビに出ているしょぼい芸人よりも全然面白い
    大喜利のネタはもっと一般ウケするものを選んだほうがいいと思います。
    前一度見て面白かった(このとき見たマクドナルを今でも覚えています)ので、以来毎年観に来ています。
  • ハッスルマッスル、コバナ 小林さんのつっこみとぼけ両方とも良かったです!また小林さんのファンになりました。頑張ってください。
  • 松亭うじゅる
  • 数うちゃあたる
  • ピンフとフレッシュ大喜利(同様の答え多数)
  • リズム感のあるしゃべりは「ハッスルマッスル」でノリが良かった
  • ハッスルマッスル 山田泉さんの話はうまかったけどまとまりすぎていたと思う。
  • フレッシュ大喜利、ハッスルマッスル(同様の答え多数)
  • フレッシュ大喜利、ハッスルマッスル、コバナ
  • グッドイノセンス
  • ソロモンテ、W製作所、松亭芝楽、大喜利、フレッシュ大喜利
  • タウンページさんはシュールでおもしろい。よゐこみたいですね。W製作所もおもしろかった。
  • W製作所、ロッチ
  • ソロモンテ・・・ややうけ、語り口に変化がほしい
    タウンページ・・・先生の芸不足
    W製作所・・・はなまる
    妖漢
  • W製作所、タウンページ、ソロモンテ
  • W製作所、ソロモンテ、ハッスルマッスル
  • 清水
  • 飛鳥亭飛鳥・・・手馴れてて上手です。この調子で続けましょう
    松亭うじゅる・・・調子が出てくると面白くなります、ただ、上手と下手が逆なのでは?
    三亭彩連州・・・うまいし面白いけれど、ソロモンテ野芸風を持ち込むのは止めましょう。なしでも十分おもしろいです。
  • 三亭彩連州
  • W製作所(同様の答え多数)
  • W製作所の人の滑舌が聞き取りやすくておもしろかった
  • NGの話(W製作所)はおもしろかった
  • W製作所 唯一面白かった。全体的に良く分からなかった
  • タウンページ たまたま病院に入っていて来ました
  • タウンページの弱弱しい突っ込みが笑いを誘った。
    妖漢さんの落語はもう少し落ち着いて所作ができればとてもよくなると思います。
  • ロッチさんの声が素敵でした。38歳私も東大落研に入れてー、主婦より
  • あまり見れなかったのですがソロモンテが良かったです。独特でした。松岡さんを見逃したのが残念です。
  • ロッチ(同様の答え多数)
  • ロッチ、猫家寅馬
  • 「一家で夢がモリモリ」とか。
    ロッチ・・・たぶんサラリーマンとかになっても出世すると思う。
    ソロモンテ・・・しゃべりのメロディ、ちょっとこっけいな動きとか。一番センスがあると思う。
    「おぶち」とか
  • 猫家寅馬はおもしろくかつうまかった
  • 猫家寅馬(同様の答え多数)
  • W製作所・・・ネタにキレがない。並以下。
    タウンページ・・・司会役のキャラが弱い。つっこみにもう一工夫ほしい
    ソロモンテ・・・話し方が個性的、ネタもまあおもしろかった
    スーパーカンバ・・・申し訳ないがつまらなさすぎる
    寅家妖漢・・・メガネが照明に反射していて邪魔、声がこもって聞き取りにくい
    フレッシュ大喜利・・・特筆すべき点は無い並程度
    ハッスルマッスル・・・テンポが良い、ネタも良いが、落ちが力不足
    ピンフ・・・ネタの展開はおもしろい、つっこみのタイミングもよかった
    桂米朝・・・普通の落語
    マンコシェル・・・そんなに面白くない
    コバナ・・・独特の間に味があってよかった
    見たな・・・しゃべりのテンポは圧巻、コントは並以下
    松亭芝楽・・・悪くはないが、見ていて疲れる
    数うちゃあたる・・・不動産屋役の方がぎこちない
    ロッチ・・・笑いやすい雰囲気を出していた、ネタもまとまっていてよかった
    W製作所・・・また同じネタ?
    ソロモンテ・・・最初よりも面白い。今日一番よかった
    猫家寅馬・・・落語の完成度が高く勉強になりました
    大喜利・・・必要だったのでしょうか
  • 松亭芝楽がおもしろかった
  • 寅家妖漢(同様の答え多数)
  • 桂米朝(同様の答え多数)
  • コバナ・・・小林氏の演技力が光る
    ピンフ・・・テンポ良くネタも面白い
    見たな・・・目まぐるしいギャグの連続が快い。元ネタ分からないものなどあり残念
    猫家寅馬・・・芸達者で落ち着いた語り口、落語の面白さ堪能できる
  • コバナ(同様の答え多数)
  • 見たな(同様の答え多数)
  • コバナのコントがおもしろかった。寄席は初めて見たが、一人何役もやっててすごいなーと思った。猫家寅馬さんがかっこよかった。
  • ロッチ・・・演技がうまい、表情がおもしろかった
    ソロモンテ・・・しゃべりが今までにないおもしろさ!話の内容より彼のキャラクターがなかなか味があっていいかも
  • 猫家寅馬さんの落語を聞かせていただきました。とてもテンポがよく声がよくとおっていました。これからも練習に励んでください。楽しいひとときをありがとうございます。ロッチさんのコント大変おもしろかったです。
  • 寅馬さんの話を聞きまして、素人としては大変上手ですが、さらにレベルアップするには言葉が少し早すぎて、一本調子で判りにくい。もう少しゆっくりとし、間を活用したりしてはいかがですか
  • 特になし(同様の答え多数)

あなたは五月寄席をどうやってお知りになりましたか?

1五月祭プログラム
37
2ビラ
47
3呼び込み
50
4ホームページ
5その他(部員の友人の答え多し)
35
無回答
14

| | コメント (0)

平成十二年度新歓合宿

平成12年5月3,4日三浦海岸

恒例のくじ引きコンビで夜の宴会の時にコントをやる。一年生はやる気まんまん。今年もいい新入生に恵まれたようだ。

20005hinomaru2
20005hinomaru3
20005enkai
20005syugou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成十二年度新歓寄席

平成12年4月駒場キャンパス

| | コメント (0)