« 松岡日記2000年4月 | トップページ | 平成十二年度新歓寄席 »

笑っていいとも!「看板男選手権」

平成12年4月5日12時~13時 全国フジテレビ系列

東京大学落語研究会がついに「笑っていいとも!」に進出いたしました!2000年4月5日水曜日の人気コーナー「看板男選手権」の夏休みスペシャル「学園の看板男」に出場。みごと優勝いたしました。

じつは、3月29日のオーディションに合格していたのですが、最後の落ちにしようということで最後の順番にまわされて、他のコーナーが伸びてしまって結局出られずじまい。ぜひ次週に出演してくれとのことでの出演でした。

Iitomo1 これといってキャラクターのないいい男2人が登場した後、CMをはさんでいよいよ東大落研の登場。百田と佐野が紹介者として登場した時点で司会者東野は大爆笑。ゲストの吉川ひなのは完全にひいてしまっていました。

Iitomo2_1 ふたりがそれぞれ「パラダイス」「プレイボーイ」Tシャツを着ていることから始まって、ずっといじられっぱなし。「君たち昭和だよ!」「本当に22歳なの?助教授?」「君は粘膜が弱そうだね。」「小さいころあごを打たなかった?」出演者一同笑いっぱなし。

久木野が登場すると、たしかにいい男だと一応認めてもらう。ただし、百田、佐野といっしょに出ているから大幅に割増されていい男に見えてしまうのだとも。
恒例の山田花子へのプレゼントは東大落研はっぴ。ただし百田が着ていたもの。山田花子は雑巾同様に扱う。

いよいよ優勝を決めるために投票となり、もちろん久木野の圧倒的な勝利。ただし、会場からはブーイング。
東大落研のおもしろさ大爆発のテレビ出演となりました。

Iitomo3_1

|

« 松岡日記2000年4月 | トップページ | 平成十二年度新歓寄席 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。