« 平成十二年度五月寄席 | トップページ | 平成十二年度七夕寄席 »

松岡日記2000年6月

2日(金)
昨日の晩はクラブのイベントの司会をやっておりました。最近ますます活動範囲が広がりましたね。

3日(土)
私の小学校時代からの友達がやっているバンド「ストレイテナー」がついにCDデビューすることになりました。TBSの深夜の情報番組(ブリッツなんとか?)でプロモーションビデオも流れています。まじでかっこいいのでみんな応援しましょう!来月のロッキンオンにもでるみたいですよ。詳しくはホームページまで。

4日(日)
なぜか橘谷がチャイムもならさずに我が家に上がりこんで来た。まったくもって偉くなったものだ。彼女が出来るとこうも自信が湧いてくるものなのか。なにはともあれおめでとう橘谷。他の落研部員も橘谷に続け!

5日(月)
弟がちゃんとした生活を始めたので、負けていられないと真面目な生活を開始。とりあえず体を動かした方がいいかなと御殿下のスポーツジムに会員登録。さすがは東大!年間5000円でジム、プール使い放題はお得だ。勉強にスポーツにがんばるぞ!

6日(火)
幸せな家庭に生まれた子は自然と幸せな家庭を築くことが多いね。心を満たしてくれない家庭に生まれた子は幸せな家庭を誰よりも希いながら、なぜか満たされない家庭を築いてしまうことが多いね。私は幸せな家庭に生まれました。両親に感謝。みんな幸せになりたいのにね。

7日(水)
規則正しい生活はやっぱりいい感じ。体調いいね。

8日(木)
ひさしぶりに実演販売の仕事が入りそう。精神的には楽だけど、肉体的にはかなり辛い秋葉原の呼び込みの仕事です。っていうかこれは実演販売じゃないね。まあ、マイク持ってしゃべる仕事ってことで。呼び込みは商品の売上額に直接の責任を感じなくてすむから精神的には楽なんです。ただ、延々と大声を張り上げてなきゃいけないので、肉体的にはもうへとへとになりますね。しかも梅雨のうっとおしい季節だし。土日が潰れてしまうのはかなり辛いね。がんばって稼ぎますよ!

10日(土)
あしたは国家Ⅰ種公務員試験らしい。東大の多くの友人達が大志を胸に受験する。私はあまり魅力を感じないが、たしかにやり甲斐のある仕事だとは思う。それなりにきちんと憂国の士をやってるやつから、ただのステイタスとして魅力を感じているやつまで、色々な志望者を見てきた。しかし、日本をこいつが背負うんだろうなと思わせる程のスケールの人間とは出会えていない。東大にならいるかなと思ってたんだけどね。ちょっと寂しいです。圧倒的に偉大な人間なんてそうそういるもんじゃないのかな?

11日(日)
今年の東大落研は女性の正式な新入部員が一名もいない。ただでさえ少ない女性芸人、しかも東大生となるとちょっと厳しいのはわかる。しかし2年にひとりくらいはいてもよさそうなものだが…。結局私の知る範囲でちゃんとすすんでネタをやった東大生の女性部員は山谷さんひとりだけ。
最近あらためて思うのは、他人を笑わせようと努力する女性があまりにも少ないことである。東大に限ったことではない。これはなんなんだろうね?世の女性もせめて森口博子ぐらいの努力はしてもばちは当たらないと思うのだが…。

13日(火)
私の中のHP更新熱が冷めはじめている!やばいっすね。福井さんなんかははりきって原稿を送ってきてくれているんだけど、それを掲載する手間さえ惜しんでいる始末。一度荒療治しなきゃいけないなってことで、時間がとれたら大幅に更新します。なんか今の体裁も飽きてきたし、色々と不具合もあるし。さていつ時間がとれるかだが、よし!木曜日にしよう!決めたぞ!一気に仕事をかたずけてやる!ってことで、請うご期待!

15日(木)
ホームページ大幅更新一応終了。一番大きな変更点は松岡邸というタイトルをやめたこと。松岡忠幸個人のサイト「松岡邸」の中に東大落研の公式サイトがあるという主張のつもりで「松岡邸」のタイトルを冠していました。落研以外のことに関してサイトを立ち上げた時には松岡邸からそれぞれのサイトにリンクを張るつもりでした。しかし、少なくとも卒業するまでは落研以外のことでホームページを作りたくなるほど熱くなれることが出来そうにないことを確信したので、もう松岡邸にこだわらないということで。あのこだわりのせいでこのサイトの構造が分かりにくくなっていましたし。i-modeへの対応も考えたのですが、下手したら今年中にJAVA対応i-modeが出るとの噂もあることですし、そう遠くないうちにi-modeからどんなページも見れるようになるだろうってことで、わざわざ専用ページを作るのはやめにしました。がんばって更新していきますんで、これからもよろしくお願いします。

16日(金)
今日はひさしぶりに駒場キャンパスへ。一応金曜日は部会の日ということになっているはずだが、肝心の部長のマッスルはユニクロへお買い物。他のメンバーも非常に集まりが悪かった。仕方がないので、来ていた一年生に麻雀を教えることに。この時期ならではの風物詩だね。その後の模範演技麻雀でハッシーがオープンリーチに不注意で振り込んで役満払いをさせられてた。しかも割れ目がからんで、6万4千点という阿呆な支払に。見事な反面教師っぷりだったね。

18日(日)
この週末は久木野が幹部をやっている「イベント企画研究会」の合宿に顔を出していた。新潟の「妙高少年自然の家」なる国立の施設での合宿はひさしぶりの林間学校気分。大変たのしかった。懐かしかったのがオリエンテーリング!ポイントを探して自然の中を歩きまわる。ただ、何をやるか全く聞かされてなかった女の子達はヒールの高いミュールで山歩き。ヒールが雨上がりの地面に刺さること刺さること!落ち葉が後から後からヒールに串刺しになって、ヒールは落ち葉のおでん状態だった。長靴で参加している地元の小学生とその保護者から「これだから都会から来た馬鹿大学生は・・・。」という顔で見られるのはなんとも複雑な気分。ヒールを履いてロープにつかまり急な崖を降りている姿はたしかに馬鹿そのものだったけれども・・・。もちろん夜はみんなで語り!私の恋愛観がひどく一般とかけ離れていることを改めて認識。私は自分がその女性をどうして好きになったのかを言葉として自己分析していないと気がすまないタイプなのだが、みんなは違うらしい。だから、別れてしまった後にどうしてその人を好きだったのかときかれても満足には答えられないとのこと。また、どうして自分のことを好きなのか?という問いに対してして言われて一番うれしかった言葉は「本能的に好き!」だそうだ。何じゃそりゃ?会ったその日にあかの他人が言える言葉だろ!と鼻で笑ったところ、他のみんなはまんざらでもない様子。ここがへんだよ俺以外!

19日(月)
ホームページの新コーナー「習慣プロレス」が盛り上がっています。ちょうど全日本プロレスの分裂事件と時期が重なって、プロレス界が熱くなっている時期にこのコーナーを立ち上げられて良かったです。ライターの福井さんも燃えているので、みなさんどうぞご一読ください。
東大落研は50年の歴史を誇るサークルだけに、たくさんのOBの先輩方がいらっしゃいます。どうやらこのホームページの存在をご存知の先輩も沢山いらっしゃるご様子。落語研究を中心に活動なさっていた先輩方の中には、このページの内容をこころよく思わない方も少なからずいらっしゃることと思います。はっきりいって落語を扱った内容はいっさい無いですからね。大変うしろめたい思いは持っております。それでご勘弁ください。
学術的な落語研究というものは代々受け継いでいくのが大変困難な活動だと思っています。時代の流れと共に落語の素養のある新入生が非常に稀になっている現状では、何年かおきに現れる天才の個人的な活躍に期待するしかないのではないでしょうか?たかだか大学4年間の活動です。結局個人のポテンシャルが全てであるというのが私の持論です。もちろんそのポテンシャルを十分に生かすことのできる環境は守っていくつもりですけれども。
ちかくOB会が催される予定ですが、このホームページ上でもOBの先輩方との交流が持てればと思っております。よろしかったら掲示板にでも書き込んでください。OB会専用のページの設置なども考えております。

22日(木)
ついに携帯を機種変更しました。しかもおととい発売されたばかりのP209i(赤いやつ)!調子にのってi-BOARDまで買ってしまいました。ひさしぶりの大きな買い物です。機種変更のきっかけは携帯電話の充電電池のもちが悪くなってきたから。充電電池は消耗品で、寿命はせいぜい一年半だという話を聞いたことがあります。実際、一年半使ってきた僕のP206はすぐに電池切れしてしまうようになっていました。また、携帯で電子メールが送受信できるのはすごく便利だなと思っていたので思い切ってi-modeを採用。もっとも、携帯電話の充電電池を買い換えている人なんて見たこと無いし、これだけi-modeの新機種が発表されている中でいまさら普通の携帯電話に機種変更する人もあまり聞きません。ドコモにいいように操られちゃっていますね。
これまではせっかくメールをもらっても、筆不精な性格ゆえか、なかなかきちんと返信が出来ずにいました。しかし、携帯でメールが送受信できるとなると話は別です。ちょっとした空き時間のいい暇つぶしとして、けっこうまめにメールを返せるようになると思います。
P209iの操作性ですが、まあ悪くはないと思います。ただ、電話帳でひとつのメモリーに自宅電話と携帯電話の両方を入れられないのは神経質な僕には非常に気持ち悪いです。電話帳に同じ人の名前が二つも並ぶのって美しくないですよね!(モーニング大好評連載中「それはエノキダ!」参照)

23日(金)
今日は七夕寄席でした。なによりも印象的だったのは一年生のがんばりっぷり!みんな相当にやる気に満ちていて、なおかつセンスが追いついている!今年は豊作ですよ。

25日(日)
昨日、今日と秋葉原で呼び込みのバイトだった。12時から6時までの勤務時間の間に合計1時間の休憩を分けて挟む。ずっとがなりっぱなしなので、かなり辛い仕事だ。しかも、愚かなことに土曜日のバイトが終わった後イベ研のオールナイトカラオケに参加。早朝5時にカラオケ店を追い出された後、喫茶店でイベ研の後輩相手に松兄さんトークを炸裂させていたところ、気付くと10時に!あわてて帰宅してシャワーを浴び、秋葉原へダッシュ!一睡もしないまま再び過酷な呼び込みバイト開始。
いやあ、眠かった眠かった。呼び込みをしながら意識が飛んでしまっていたらしく、気付いたらわけの分からないことをマイクでわめいていた。寝言をマイクで秋葉原の町に撒き散らしてたのだ。やべえ!と思ったものの、みんな気付かないふりをしてくれていたので何食わぬ顔で続行。再び襲いくる睡魔に勝てず、ますますわけの分からないことを口走る私。どういうわけかマイクだけはしっかりと構えているからたちが悪かった。
眠気覚まし体操の効果が表れるまでの3時間ほどはその繰り返しだった。白昼堂々、秋葉原でマイクを通して寝言を生中継したのなんて私が初めてだろうな♪なんてちょっと喜んでいる自分はつくづく恥を知らない人種だなあと感動。ただ、何を口走っていたのか結局自分でもいまいちよく覚えていないってのは怖いね・・・。
そんなこんなで大切な宝塚記念の予想が間に合いませんでした。本当にすみません。

28日(水)
来週の今日7月5日は私の22歳の誕生日。高津区の社会福祉協議会から7月5日に寄席をお願いしますと依頼が来たので、これも何かの縁だということでめずらしくノーギャラで引き受けました。これを機に落語をやってみようかと思います。実は自分で落語をやったことは一度もなし!コントばっかりでした。相方の宮下はちゃんと一年の時からやっているのにね。
艶話なんかいんじゃないかと思います。湯屋番とかやってみます。

29日(木)
渋谷のTUTAYAに行って落語のビデオを借りてきました。湯屋番のビデオはなかったので、かわりに「なめる」を借りてきました。これもなかなかの艶話。がんばります。
今日で7000HIT突破!最近は本当にサボりっぱなしなのに、こんなに沢山の人が見てくれているんですね。反省します。手元には沢山の画像やら、文章やらあるのですが、ちょっとした構成の手間を惜しんでいるうちに・・・。がんばります。

|

« 平成十二年度五月寄席 | トップページ | 平成十二年度七夕寄席 »