« 平成十二年度七夕寄席 | トップページ | 松岡日記2000年8月 »

松岡日記2000年7月

1日(土)
蝶野正洋選手を間近で見た。かっこよすぎ!なによりその紳士的な物腰はさすが。「本当に強い犬は無闇に吠えない」の例えを改めて実感しました。僕ら(東大落研のメンバー)は基本的に暴力的な臭いのする人種は苦手なのですが、プロレスラーともなると話は全く違ってきます。僕らが嫌う暴力的な臭いのする人種というのは、クラブなどを貸しきってパーティーなんかを主催する日焼けした人達のこと。「いかつい」という形容詞が好んで用いられているようだけれども。
なんだかんだいってケンカになったら勝てないだろうし、女性経験もさぞや豊富なんだろうなあという劣等感以外の何ものでもないのだが、とにかく苦手だ。それにしても、彼らと僕らはどこで袂を分かったのだろうか?小学生のときはみんななかよく遊んでいたのにね。私は中学の段階ですでに私立の進学校というふるいにかかってこちら側の人間しかいない環境になったので、いまいちよくわからない。
私達を慰めてくれるのは、結局あの人達は年をとったらたんなるさえないオヤジになるのが大半なんだろうなあという予測である。肉体のささやかな優位性なんてものは、25を過ぎたあたりで本当にどうしようもないものになる。もっとも、その後に訪れるであろう総合的な人間力、人格の完成度がものさしになる時代に僕ら側の人間が圧勝するわけではないけれども。
結局は真摯に生きた人間の勝ちなんだろうなあ。
蝶野正洋からは真摯に生きている人間のオーラがどかんと漂っていました。

3日(月)
最近姓名判断のサイトに遊びに行って自分の名前の吉凶を占ってみた。「松岡忠幸」なる私の名前は相当にいい名前のようでちょっとうれしい。父方母方それぞれの祖父の名前から一文字づつとってきてつなげただけの安易な名前だ。しかも、いくつかの候補から選びあぐねた母が作ったアミダくじを父が引いて決まったらしい。いかにも古臭くてあまり好きではなかったのだが、なかなかどうして大吉以外の結果が出てこないほどのいい名前!姓名判断にも色々な流派があるようだが、どの流派で占おうと結果は全て「大吉」!数えてみると、構成する四文字全てが末広がりの8画ってのはいかにもよさげ。お父さんお母さんありがとう。
この名前を嫌っていたもうひとつの理由は愛称が作りにくいことだった。「タダ」ってのもなんだし、「タッチャン」も苦しいし…。友達からは「松岡」なり「マッちゃん」なり「松兄さん」と呼んでもらえばいいが、彼女に呼んでもらう名前はそれでは寂しい。ってことで、一度は「ゆき」と無理矢理呼ばせたりしたこともあった。「ゆき」の愛称はふたりの関係と共にあっという間に終わった。というか、「ゆき」の愛称が別れの原因かもしれない。瞳ちゃんと付き合い出すときにも瞳ちゃんを交えて色々と会議したが、結局「タダユキ」とそのまま呼んでもらうことになった。かなり口なじみの無い発音だが、そのうち慣れるだろうってことで、おとなしく「タダユキ」ってことに。いざやってみると、慣れてくればなんてことは無い。むしろかなりいい感じ。
お父さんお母さんありがとう。
7月5日は私の22歳の誕生日です。瞳ちゃんからはかねがね欲しいと言っていた「オーブントースター」をプレゼントされた。パンくずトレイ機能にはちょっと感動した。

5日(水)
今日は私の22歳の誕生日。川崎市の高津区の社会福祉協議会へボランティア寄席で出向いた。なんだかんだいって自分の得にならないことはしない私だが、わざわざ学園祭にまで足を運ぶ誠意にうたれて珍しく快諾したボランティアだった。当初は落語をやる予定だったのだが、想像以上に落語を仕込むのが大変だったのでフリートーク&コントに変更。老人詐欺の手口をおもしろおかしく語り、その後にちょっとした一人コント。一緒に行った平岡君、福井さんがきっちりと場をあたためてくれ、いよいよおおとりで私が登場。突然講演様のことを始めた私にしばらく戸惑っていたお客さんもすぐに話に引き込まれ、会場は完全に私の手の中に!ひさしぶりに思い通りのステージをやることができた。年寄りを扱わせたらかなりのもんだと自信を深める。
落語は駒場祭でやります。

10日(月)
ホームページの更新熱が冷めてきている!というか、折角作った素材を並べる手間が面倒なんですよ。原因は私が非常に原始的な方法を使っているからなのです。コンピューターを折角使っているんだから、どうせなら全部自動化した方が!ってことでCGIを勉強することにしました。高度なホームページを作るための技術のことです。高度かつ楽なページが作れるらしいです。ってことで、CGIをある程度マスターするまで日記以外はほとんど更新しないと思います。まあ、夏休みに入ってほとんど活動しない時期だからあまり問題はないでしょう。
売れっ子実力派放送作家倉本美津留さんを囲む会「東大かるら」に参加。青柳が一番見所があるそうです。

13日(木)
CGIの勉強順調です。というか、世の中には親切な人がいたもんで、ホームページ上で懇切丁寧にCGIの設置から雛型のダウンロードまで世話してくださる方がいっぱいいるんですね。いい感じになると思いますよ。

17日 (月)ホームページ大改装
ホームページ第三次大改装終了!
今回の改装では「楽に更新できること」をテーマにしてみました。CGIを使ってブラウザから更新できるように!
今日は公務員試験を終えた剣持さんがいらっしゃっているのでこのへんで。

18日 (火)久しぶりの大量更新
昨日に引き続きホームページ大量更新。部員紹介を全面改訂することにしました。とりあえずは全員分のページを作っておいたので、おいおい細かい文面を書き足していきます。その他にも活動報告を大幅更新しなければいけないので、まあがんばります。

19日 (水)注意!後楽園遊園地未来日記ネタバレあり
私にはアイデアの泉がありまして、それはもう沢山のアイデアが湧き出してくるわけでございますよ。問題は、そのほとんどが使い物にならないってことぐらい。(三枝イスから転げ落ちる)
世間では金になりそうなアイデアを「ビジネスチャンス」と称して珍重するらしいですが、いっぱいありまっせ!ビジネスチャンス!今日も湧き出てきましたよ、ビジネスチャンス。欲しい人はどうぞ持ってってください。私はケチなことはいいません。取り分はもうけの8割ってことで。(三枝真後ろにイスごと倒れる)
クッキーが後楽園遊園地のカップル企画「未来日記」を体験してきたとのことで、その感想を聞いてみました。大方の予想どおり、まあ可も無く不可も無くの企画だったらしいですが、最初と最後にはけっこうドキドキが楽しめたらしいです。どのような仕掛けがあるかというと、別々の入り口から入ったカップルはある場所で相手を待つことになるわけですよ。ただ、その待ち合わせ場所が幾通りか在って、自分がふたりの関係をどの様に認識しているかでそのどれかを選ばなければいけないわけです。自分は「ふたりはラブラブ」コーナーで待っているのに、パートナーは「ふたりはちょっと危機」コーナーで待ってて会えないなんてことになるわけ。お互いの気持ちがロマンチックに確認できる企画なんですね。
ここでインスピレーションがズビビと来たわけですよ!「待ち合わせ」ならネット上でも出来るじゃん!そう「チャットルーム」です。「チャットルーム」でなら「待ち合わせ」も出来るし、「すれ違い」なんて神様のいたずらもあったりするし。「2ショットチャット」もあるし。
ネット上に出現した「バーチャル未来日記」。チャットで知り合ったばかりのふたりでもいいですし、メールフレンドを誘ってもいい。そのサイトの掲示板で相手を募集してもいい。とにかくふたりで同時刻にそのサイトを訪れるわけですよ。未来日記にしたがうという体裁をとってふたりは「自分に恋人はいるか?」「自分の顔は次の写真のうちどれに一番似ているか?」などの質問に答え、その答えはあらかじめ入力しておいた相手のメールアドレスに送られる。リアルタイムにメールで送られてくる相手の知られざる赤裸々エピソードを判断材料に加え、ふたりはいよいよ待ち合わせ場所へ。「とりあえずはメールフレンド」「今度会いましょうよ」「実はネカマでした」などの待ち合わせ場所の中から選んで、用意してある2ショットチャットで相手の来るのをひたすら待つわけです。めでたく出会えたら、なんだかふたりの出会いが必然だったような勘違いが出来て、時間がかかるといわれているネットラブのスピードアップが出来るんじゃないんですかね?
追加日記の中に企業サイトめぐりを加えれば、広告収入もがっぽり(笑)

20日 (木)むつごろうすげえ!
ムツゴロウの動物番組見ました。ライオンに指噛み千切られているシーン見ました。すげえよ!ムツゴロウ。指がちぎれる音が「プチ」ってしてましたもん。いやはや。
あの人気が狂ってますよね。いい意味で。これまでなめすぎでした。さすが我らが東大OB。

23日 (日)しばらくはすみません。
祖父といとこが都市対抗野球の応援で上京中。あまり更新できません。

26日 (水)ちょっと思いついた面白い言葉
ちょっと自分としてはおもしろく感じる言葉を体験に基づいて思いついたので紹介しておきます。

「大人の事情がわかるようになったのがうれしくて、やたらと大人の事情に気を使ってみたくなるお年頃。」

二十歳になる弟がしたり顔で祖父に気を使っているのを見ると、いまだに上記のような感覚になってしまうのは何故?

27日 (木)東大クラス会
大学の一、二年の頃に同じフランス語のクラスだったクラスメートが久しぶりに集まった。留年した僕は別として、他のみんなはあらかた既に進路が決まっている。10人ほど集まったのだが、みんなの進路を聞いて東大のすごさを思い知った。
東京三菱銀行、厚生省、文部省、国土交通省、外務省、日本銀行、弁護士(結果待ち)いやはやまさに超一流ばかり!(省庁の統廃合に関していまいち勉強不足です。すみません。)
みんなちゃんとがんばっていたんだね。省庁に関しては特にうちのクラスは優秀だったらしい。
この人脈こそが東大卒の真骨頂なんだろう。お金で買えないもんね。
俺もがんばらないとね。夏はいっぱい勉強しようと思います。

29日 (土)熟年ドットコム
「熟年ドットコム」という企画を思いついたので、そのうちやります。

30日 (日)森メール
森首相がIT、ITと大騒ぎしているのをため息をつきながら国民が眺めているというのはもはやおなじみの光景だ。なんでもブッチフォンに対抗してモリメールをやりたいらしい。(ため息)
さて、ここで松兄さんの大予想!今年はモリチェーンメールが大流行するぞ!森首相をかたったチェーンメールが世界中を駆け巡るのではないだろうか?「悪質!森チェーンメールがトンガ首相にまで!」なんて見出しがそのうち東スポを飾るのでは?
ちょっと行き過ぎたイタズラが好きな人間でいっぱいの電脳世界。森首相のとほほ発言は彼らの格好の餌食になるものと思われる。
「WHO ARE YOU?」ウイルス出現ってのはちょっと洒落にならないからやめてね。

今日は横浜アリーナまで「邪道終焉長州力復活」を見に行って来ました。今日は眠いので、あした観戦記を習慣プロレスにでもアップします。

|

« 平成十二年度七夕寄席 | トップページ | 松岡日記2000年8月 »