« 第三回戸倉上山田温泉座学生寄席選手権 | トップページ | 松岡日記2000年10月 »

松岡日記2000年9月

2日 (土)劇団四季「ライオンキング」
今日は母親と劇団四季のライオンキングを観に行った。演出の斬新さには本当にびっくり!単純明快ご都合主義の筋書きはご愛嬌としても、一見の価値はある。
外国の新進気鋭の芸術家による演出とのことだが、舞台が立体芸術の博物館といった趣だった。リアリズムと象徴化の絶妙な融合!ライオンは間違いなくライオンで、ハイエナは間違いなくハイエナで、イボイノシシは間違いなくイボイノシシで、きりんは間違いなくきりんで…。沢山の野生動物が生き生きと舞台の上を駆け回っていた。
子供から大人まで絶対に飽きさせない、すごく間口の広いミュージカルでした。お勧めです。

4日 (月)アメリカ土産
週刊プロレスのアメプロ観戦ツアーのお土産を持って福井さんが松岡邸へ。アメプロビデオを堪能したあと、いよいよ真打登場。なんと、グレート・ムタの直筆サイン!しかも「東大落研へ」の宛名書きつき!オチスポのコーナーに載せておきます。

5日 (火)テレビ局
私はアナウンサーまたは番組制作としてテレビ局(中央キー局)への就職を希望している。どこのテレビ局を選ぶかは非常に難しい問題だ。MBSから内定をいただいたものの、辞退してしまったHさんとテレビ局談義で盛り上がった。
一番やばいといわれているテレビ朝日であるが、私はそうは思っていない。よっぽどTBSの方がやばいんじゃないかと思うのだがどうだろう。

9日 (土)百田さんお誕生会
百田さんのお誕生会を松岡邸で開催。橘谷のお誕生会もついでに。
今回のスペシャルゲストは山谷邸に居候中の無政府主義者のアメリカ人。お父さんがインテルのお偉いさんらしい。しかもIQが160。身長190cm体重90kgのパンク好き!とりあえずこれが前評判。
我々の前に現れた外人ことウィンスローはそれはそれは寛大ないい奴でした。とりあえず日本語におけるもっともイカシタ一人称は「朕」であるとレクチャー。無政府主義者っぽいエセ日本語マスターへの第一歩です。みんなでステーキハウスへ繰り出した際には「満腹」を意味する日本語の俗語として「ベルトゆるめさしてもらうわぁ」と関西弁までマスター。
松岡邸で麻雀&おしゃべりの楽しいホームパーティーとなりました。日本語と英語と中国語がとびかう国際的な雰囲気は松岡邸ならではです。もっとも、酔うと右に傾く森本君が呪文のように「ワールドワートゥー」とウィンスローに向かって延々と唱えていたのが…。ウィンスローがとても寛大な男で助かりました。
相変わらず山谷さんの外人人脈の質の高さには頭が下がります。なにはともあれ非常に有意義な一夜でした。

10日 (日)松岡妹上京
柔道部の合宿とやらで松岡妹がついに上京を果たしました。またひとまわり大きくなっています。どうやら身長が165cmたらずで止まってしまっているのが残念ですけれども…。
せっかくだから兄妹でデートしようと上野へ。服でも見立ててやろうかと大きなサイズ専門店「L座(えるざ)」へ。どうやら妹の服のサイズが21号らしいということが発覚して、まともな服はみつからず。アメ横を探し回ってやっとXXLのベースボールシャツを発見。今にも死にそうなおじいさんを相手に値切って、上下で7000円でゲット。
自慢のかわいい妹でございます。

15日 (金)アミューズ潜入記
アミューズ謎ネタ見せに松岡、宮下、佐野、久木野、森本、清水、(おまけの橘谷)で行ってまいりました。アミューズとは劇団スーパーエキセントリックシアターや福山雅治が所属する芸能事務所だそうです。疎くてすみません。12月に早稲田のドラマ館で開催予定の大学対抗お笑い大会をバックアップしてくれるらしいです。東大落研もその大会に名乗りをあげた縁でのネタ見せでした。

なかなかすごいキャリアの方に見ていただいたのですが、私のいつもどおりの強気外交ですっかり心証を損ねた模様。宮下、佐野から改めるように叱られました。

僕らが全くといっていいほど準備をしていかなかったので、当然のごとくネタは最悪の出来。それにもかかわらず優勝宣言をしてしまう私の神経に一同呆れ返っていました。

何はともあれいい方にお世話していただけるようなので、一生懸命やりましょう、東大落研諸君。

18日 (月)就職活動
早くも就職活動です。10月からアナウンススクールに通います。一般就職する東大生は一般的にすごく就職活動にとりかかるのが遅いそうです。私は違うよってことで。
たしかに東大生は就職活動をなめているところは有ると思います。不況だなんだと言っても東大生は贅沢さえ言わなければ引く手数多なのは本当です。また、学歴社会への否定的な意見が就職戦線に定着した感のある現在でもやはりけっこう優遇されることは多いようです。
あるバイトの採用に際して大学一年生の面接をした経験があります。大きなフリースペースを埋める形式のエントリーシートを書かせるのですが、東大生はそのスペースをほとんど埋めない傾向が顕著でした。自分が面接を受けたときもそうだった気がします。
東大生のみんな、一生懸命がんばりましょう。

27日 (水)ごぶさたしておりました
ご無沙汰しておりました。法学部のテストでキュウキュウ言わされた先週でしたが、テストが終わったら今度はバイトでぎゅぅっっと締め上げられました。
24,25,26と歯ブラシを売ってました。朝8時に家を出て、10時に開店、20時まで休憩を挟みつつも歯ブラシをひたすら売り続け、22時頃帰宅、死んだように就寝。パソコンいじるどころではありませんでした。もちろん今日は朝から牛丼屋バイト。ハードですが、年末にひかえている数々のイベントを乗り切る資金を調達しておかないといけないので。
歯ブラシは3日で4000本ほど売れました。一本150円とはいえ、売上総額60万円です。がんばりました。

|

« 第三回戸倉上山田温泉座学生寄席選手権 | トップページ | 松岡日記2000年10月 »