« 松岡日記2000年9月 | トップページ | ロッチのネタ「男と女のラブゲーム」 »

松岡日記2000年10月

2日 (月)大発見?
アナウンサー志望だけあって、日本語には絶対の自信を持っています。日本語が大好きです。法学部にしようか文学部にしようか悩んだほどです。
日本語に関して大発見しました。
「しっかり」という副詞を発音する際に、「しっ」を強調して少しためを作って発音することによって、意味をより強めることができます。同じようなことはほとんどの副詞において言えます。ただ、当たり前ですが、本来の意味が強調されるだけで新しい意味が付け加わるわけではありません。
しかし、「まっすぐ」という副詞においては状況が変わってきます。「まっ」を強調してタメを作って発音することで「距離の長さ」の意味が付け加わるのです!例えば、
「まっすぐ行ったところにある牛丼屋」
という用例においては「まっ」の後につくるタメの長さが牛丼屋までの距離の長さと比例の関係にあると僕らは理解しています。これはけっこうおもしろい作用ですよ。
同じような働きをする言葉があれば教えてほしい。

5日 (木)佐野さんの近況
この前の戸倉学生寄席選手権で優秀賞を受賞した東大落研のエース佐野さん。副賞だったライブ出演をつい先日終えてきたそうです。一対一の勝ち抜き形式のライブで、一回戦は勝ったそうですが、二回戦はラリアッツに負けちゃったそうです。ラリアッツは面白いですからね。好きな芸風です。まわりがオンエアーバトルクラスの芸人さんばかりで緊張したとのこと。お疲れ様です。

そういえば、ガチンコの漫才のやつに知っている芸人さんが二人ほど出ててびっくりしました。ひとりはネタで、もうひとりはクジで落ちてました。残念。

10日 (火)バイト
昨日までの三連休も歯ブラシを売っていた。今回は非常に苦戦。特に最終日は僕らの商売のやり方に対してお客さんからクレームが入って大変だった。

実演販売というものはどうしても胡散臭く見えてしまう。たしかにその気分はわかる。しかし、少なくとも私は客にとって不利益になるような商売をした覚えがない。

例えば今回は歯ブラシが三割引になっている上に2本買うともう一本おまけであげちゃうというのがキャンペーンの柱だった。はっきりいってめちゃくちゃお得なキャンペーンである。というか、間違いなくクライアントの歯ブラシ会社は損をしている。しかし、それでいいのである。儲けを出すことが目的ではないからだ。

高いギャラを払って僕らを雇い、販促用のサンプルを大量に投入してキャンペーンを展開する目的は、販売店への棚確保のお礼である。もちろんシェアの拡大のための商品のバラマキの目的もあるが。いわば、メーカーから小売店に対するサービスなのである。

そんなカラクリなど一般の消費者に分かるはずもなく、自分が賢い主婦だと信じているおばさんたちはワゴンの前から足早に立ち去っていくのである。ちゃんと考えてみると損のしようがないキャンペーンだとわかるはずなのに。

なんだかなあ。難しいです。

17日 (火)司法試験論文試験合格発表
ひさしぶりに自宅のパソコンを立ち上げてみると大量のメールが!先日発表のあった司法試験論文試験の結果報告のメールがクラスのみんなから届いていました。どうやら三人が合格の模様。残すところは口述試験のみです。ほとんど受かったも同然。っていうかみんな一回目か二回目の受験だし。すごいなあ。院に進学が決定した人も大量に。

国家一種公務員試験といい、司法試験といい、うちのクラスは勤勉かつ優秀な東大生が特に沢山あつまっているようです。俺は留年もするってはなしですよ。まあ、別に相対評価ってわけでもないんですが・・・。がんばって卒業します。

アナウンサースクールの方はいたって順調です。

21日 (土)タイムショック!
落研の精鋭五名(百田、松岡、佐野、三島、吉村)でタイムショックのオーディションを受けてきました。たぶん合格です。
目指せ一千万円!

22日 (日)浦田すげえ!
小学校時代の同級生で、今でもたまに連絡をとっている浦田修平は慶応でラグビーをやっている。スポーツ新聞に時々出ているのでちょっと注意してみているが、学生W杯の代表とかやって活躍しているみたいだ。確実に日本の同世代では1、2を争うラグビー選手という評価のようだ。みんなすごいね。負けられないね。

|

« 松岡日記2000年9月 | トップページ | ロッチのネタ「男と女のラブゲーム」 »