« 平成十二年度駒場寄席 | トップページ | 松岡日記2001年2月 »

松岡日記2001年1月

1日 (月)あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
日記の更新はかなり久しぶりです。小野さんが亡くなった20世紀中は喪に服していました。しかし、東大落研は愉快なことをやるサークルなので、まだほんの半月しか経っていませんが、そろそろたのしくやっていこうと思います。

とりあえず昨年の主な事件の報告ですが、12月24日は落研の忘年会でした。よりによってクリスマスイブだったので、もちろん私は瞳ちゃんとのデートでいけるはずもなし。私以外はほとんど全員出席だったみたいです。
私のクリスマスデートの首尾はというと、としまえんに行って乗り物に酔ってはいちゃいました。相変わらずです。でも、ロマンチックでしたよ!
今年もよろしくお願いします。

7日 (日)おしるこ
今日はギャグ大学の決勝戦を一年のみんなとクッキーとクッキーのお姉さん(黛まどか似)で観に行った。我らが東大落研のブロックから出場した早稲田のsick in homeが優勝。おめでとうございます。
その後、終わってからやってきた新世紀そうそうおっちょこちょいな佐野さんと合流してすずめのお宿でプチ新年会。相変わらずのお寒いトークで一年生の人心を失いかけていることを感じた松岡はおきまりの「素敵な先輩」作戦を決行。
「おめーらみんなうちに来い!うまいおしるこを作って食わせてやる!」
W製作所のふたりと久木野、佐野さんを連れて松岡邸へ。先日瞳ちゃんに作ってあげて好評だったおしるこを腕によりをかけて再現。
「ダイエーで一番高かった餅を使ったからうまいぞ!」
「先輩、うまいっす!うまいっす!」
「まっつん、おかわり!」
一年生の心はもちろん、食べ物に弱いクッキーの心までもがっちりとキャッチしてしまいました。佐野さんは相変わらず全部たいらげてから
「甘いのはちょっと・・・。」

その後は得意の元祖動物占いでみんなの悩み相談にのってあげます。ロッチ成功への軌跡ももちろんフルコースで。一年生は目を輝かせて話に聞き入っていました。

なんて素敵な先輩なんでしょう。

9日 (火)TBS撃沈
TBS落ちちゃいました。TBSは赤坂のビッグハットまで赴いてその場でエントリーシートを記入。短いニュース原稿を読ませておしまい。さすがに最初の関門で落とされるのは辛いですね。色々と反省します。

10日 (水)日テレ好感触
今日は日テレの一次面接を受けてきました。会場は永田町の都市センターホテル。会場案内らしき方を見つけて声をかけると、会場案内はもちろん、リラックスして臨むようにとのアドバイスの言葉までかけていただきました。非常に好感触、さすが勝ち組は余裕だなと感心しきり。

試験形式は最初に面接官からその場で与えられた課題で一分間のスピーチ、そして質疑応答。各ブースには2名の面接官と一台のカメラがあり、カメラを意識してしゃべるようにとのこと。

私に与えられたテーマは「私の欠点」。これまでの反省から、この自分の「脳天気」さを誤魔化さないで、逆に「底抜けの明るさ」として売り込んでいく作戦を決行。
「私の欠点は『楽天的』すぎるところです。長所でもあるのですが、人事も尽くしていないのに天命を待っている傾向にあるので、これからはとりあえず人事は精一杯尽くすように改めていきたいです。」というようなことを述べて、けっこうな好感触。

質疑応答ではまず、
「どんな番組をやってみたいか?」の問いに対して、
「子供に説明するのが物事の本質を理解する早道だ。私は子供向けのニュース番組をやってみたい。」というようなことを情熱を持って述べた。これまた好感触。

「それでは『生ダラ』などのバラエティーはどうか?」の問いに対しては、
「お笑いをやってきて談志師匠に誉めてもらったのが自慢だが、それだけにプロの芸人さんのすごさは知っているので、アナウンサーが出過ぎたマネをするのはどうかと思う。自分の分をわきまえて番組を進行するスタンスでやっていくのなら、自信がある。」と正直に返答。ちょっと生意気な発言ではあったものの、けっして悪い印象ではない様子。

そして、どうやらアナウンサーらしい面接官から思ってもみない質問が!
「プロレスの実況なんかやってみるつもりはないのかい?」
ここまでの流れでは私は報道志望という印象だったろうに、そのような質問をぶつけてくるとは!それはもしかして私にプロレス実況をやらせてみたくなったということなのか?もちろん私は小躍りしながら、
「柔道をやっていたので格闘技は大好きです!日テレは今、残念なことになってますけど必ずやどこかの団体と提携してくれると期待しています。」そして、ニヤリ。面接官も我が意を得たりとばかりにニヤリ。退席するときには
「そういえば君は前田日明に似ているね。」とニヤリ。
「ありがとうございます。」本当に気持ちのいい面接でした。

家に帰ってホームページでチェックしてみると、あの面接官はあろうことか日テレのミスタープロレス若林健治アナではありませんか!結果は明日の夜に電話で。今度こそ!

11日 (木)負け犬
日テレから電話は来ませんでした。傷をなめあおうとクッキーに電話したところ、クッキーはめでたく一次面接突破とのこと。

明日はフジですが、もはや信じる道を突き進むしかありません。へこたれないでがんばってきます。

打たれ強さには定評のある私ですが、さすがにちょっとへこみました。こちらのホームページをみて極限まで自分の精神を追い込んで、不死鳥のように復活しようと思います。

12日 (金)フジテレビアナウンサー一次面接突破
今日はフジテレビアナウンサー職採用試験一次面接でした。とうとう民放中央キー局最後のひとつです。こうなったら賭けにでるしかありません。今回はリミッターを完全に解除しちゃって面接に臨みました。

「東大法学部を出てなんでまたアナウンサーなの?」
しゃべることがとにかく好きで、実演販売や落語研究会の活動を通して、人前で喋る仕事こそが天職だと。

「じゃあ実演販売やってみて。」
お客様の中でお子様がいらっしゃるかたは?・・・そこで登場するのがこのドイツ生れの洗剤!・・・

「うまいね、いや感心したよ。好きなアナウンサーは?」
佐野アナウンサーです。競馬、格闘技の実況を見事にこなし、なにより、バラエティー番組における出すぎず埋没せずの存在感はすばらしいと思います。

「ははは。どんな番組したいの?」
ポンキッキーズの中で子供向けのニュースを読みたいです。子供にわかるニュースの切り口は大人にとっても新鮮かつわかりやすいと思います。

「なるほどね。」
あのぅ、やっちゃっていいですか?

「(ニヤリ)どうぞ。」
会場のみんなーこんにちはー!

「こ、こんにちはー」(会場からはざわめきと「こんにちはー」の声)
あのうちょっとやり過ぎちゃいましたかね?

「いや、君が明朗で頭の回転がはやいことがよくわかったよ。さすがにもう満足だよね?」
はい!ありがとうございました。

そして八時過ぎに合格の電話がきました。これで4000人から100人ほどにしぼられたはずです。明日早速二次面接です。がんばってきます。

13日 (土)フジテレビ二次面接突破!
今日はフジテレビ二次面接。ここがひとつの山場です。ここで男女あわせて20名ほどにしぼられるわけです。ここさえ乗り切れば内定がぐっと現実感を増してきます。

結果だけ申し上げますと、合格いたしました!少なくとも男性の上位10名には入ったということです。

月曜日が健康診断と筆記試験と面談です。早ければ水曜日に内定がでます。

死力を尽くして頑張ってきます。

15日 (月)筆記試験
フジアナ採用試験
今日は筆記試験と健康診断と面談でした。

英語さび付いちゃってるなあって感じです。もうちょっと早めに磨きなおせばよかった。結果は明日の夜連絡とのこと。

神様お願いします!

16日 (火)フジ筆記通過
フジから連絡が来ました。筆記テストも通過いたしました。がんばります!

18日 (木)フジテレビアナウンサー順調なり
今日はフジテレビでアナウンす講習会でした。木佐アナや武田アナのお話は本当におもしろかったです。
フジテレビの制作で今年から働いている早稲田のWAGEの森さんと偶然再会。フジテレビに少し運命を感じてしまいました。

フジテレビは今週末はハワイで行われるソニーオープンなるゴルフ大会で手一杯らしく、アナウンサー採用試験は来週に持ち越しです。

現段階では男性8名、女性14名まで絞られています。例年どおりならば次回が最終ですが、ちょっと残りすぎなのでもう一回段階を踏むかもしれません。

とりあえずはちょっとひとやすみ。

19日 (金)ハツワライライブ&新年会
ハツワライライブはお客さんの入りもよく、落語のうけもよく大成功だったとのこと。現政権になっていきなりの成功というわけで、川辺政権は東大落研を更なる高みへとひっぱっていってくれそうです。
その後行われた新年会も、集まりもよく、いつもどおりに盛り上がり非常にたのしかったです。部員数が増える一方なので部費の集まりもよく、現政権が羨ましい限り。無駄使いしないでね。
ハツワライライブにお越しいただいたみなさんありがとうございました。今後も東大落研をよろしくお願いします。

20日 (土)われながら
フジテレビアナウンサー採用試験がひとやすみ、勉強も手につかないということでホームページのメンテナンスをやっている。
メンテナンスしていると、われながらこのホームページはよく出来ているなあと感心。少なくとも学生のサークルのホームページでここまで充実しているところは他に見たことがない。使いやすさのための心憎い配慮まで行き届いている(つもり)。すでに一年間更新が続いているし。美的センスに関してはそれほど自信があるわけではないが、自分なりに統一感のあるデザインが出来ていると思う。
どこかのホームページコンテストに出品してみたいです。よさそうなのがあったらだれか教えてください。

21日 (日)面倒くさいよう!
フジテレビ一般職のエントリーシートの締め切りが明日までです。アナウンサー職試験の真っ最中にそんなもん書けっていわれてもねえ…。もっと早めに書いておけばよかったです。
アナウンサー試験の結果が先週のうちには出るとふんでいたので、とりあえず結果が出てからと思っていたのですが、まさかこんなに長引くとは!もっとも、最近とみにネタ反射神経が向上しているので、書き始めたら早いかもしれませんね。アナ採用試験という極限状態におかれることで、センスがかなり磨かれた気がします。
ひとがんばりしますか。

センター試験だったみなさんお疲れ様でした。

1月23日 (火)フジアナ落選
フジテレビアナウンサー採用試験。今日合格したらいよいよ明日が最終試験です。
しかし、電話は鳴りませんでした。落選です。少々ネタをやりすぎましたね。残念。
今度は制作職でまた一からやりなおしです。

27日 (土)おでん
面取りした大根とこんにゃくはきのうの晩からだしに漬けておいて、今日は瞳ちゃんにおいしいおでんを食べさせてあげる予定でした。しかし、朝起きてみるとすさまじい吹雪。女の子が外出できる天気ではありません。瞳ちゃんとのデートは泣く泣く断念。
しかし、すでにおでんの下ごしらえはばっちりです。悩みましたが、とりあえずおでんを完成させることに。おでんだねを買いにスーパーへ。そういえばお米がきれていたことを思い出して、よりによってこんな日に重い米購入。なんとか無事帰宅。
今回は牛スジ肉を自分で煮込むことに。かなり煮込まないとやわらかくなりません。また、しっかり脂を抜かないととても食えたもんじゃありません。じっくりことこと煮込んで脂もこまめにすくいました。こうして完成した牛スジをいれて、おでん完成。あまりにも上手にできたので、みんなに食べさせてあげたくなりました。
この雪の中呼び出しをかけまくったところ、バナヤ・クッキー・サノー・宮下・モリー・剣持が集合。みんなおでんにつられすぎでは!!しかし、みんなで食べるおでんのおいしいことおいしいこと!牛スジが特に大好評でした。
瞳ちゃんに食べさせるはずだったのになぁ。

28日 (日)ちくわぶ
松岡家のおでんにちくわぶが入っていることはなかった。しかし、宮下にとってのおでんにちくわぶは必須らしい。そこで、昨日のおでんの残りにちくわぶ投入。ちくわぶ初体験。そんなおいしいものじゃなかった。

|

« 平成十二年度駒場寄席 | トップページ | 松岡日記2001年2月 »