« 松岡日記2001年2月 | トップページ | 平成十二年度追い出し寄席 »

松岡日記2001年3月

3日 (土)一句
ひなあられ むさぼる姿 春遠し

4日 (日)とうとう
恐れていた日がとうとうやってきた。
お天気だったのでなにげなくおふとんを干して、さあきもちよく眠れるぞ♪と思ってお昼寝。するとどうにも鼻がむずむずする。アレルギー性鼻炎とは長い付き合いで、一年中鼻はつまっているものだと思っているので特に気にはとめず。今度はのどがどうにもいがらっぽい。そのうえ体がだるいときた。もしかして風邪?とも考えたが熱は無い。色々考えるうちに、どうやらとうとう私も花粉症になってしまったようだということに気付く。
母親のアレルギー体質を受け継いでいるために、いつかなるとは思っていたが、とうとう花粉症になってしまった。さてどうしたものか。
生理食塩水で鼻を洗浄するためのポンプだけはなぜか昔から持っているので、とりあえずそれで症状緩和を図っているものの、この体のだるさはどうしたものか。

6日 (火)テレビ朝日コンテンツ制作職
一次面接で敗退。つくづく相性が悪いなぁ。かなりいい感じで熱く語ったのに。

8日 (木) NHK
NHKはあまり肌に合いそうにないなぁと思って受けないつもりだったのですが、テレ朝が早くも撃沈してしまったのでそうも言っていられなくなりました。明日が締め切りということでなんとか間に合いそうです。
こんなに苦戦するとはなぁ。自信満々曹操きどりキャラはいいかげん見直さなきゃいけないなぁと反省中。
麻雀でいうとひたすら自分の手役ばかりみてるような就職活動でした。俺は役満ばっかりツモっちゃう天運だとばかりにそれはそれは好き放題やってきました。なのにテンパイすらしないこの状況はさすがにやばいなぁ。自分がピエロになるのは構わないのですが、何一つ結果を残せないというのはさすがにちょっと。
色々と考えます。

9日 (金)ボーリング
NHKの「ためしてガッテン」なる番組でボーリング上達法をやっているのを見て以来ずっとボーリングにはまっています。ガッテン方式を実践すると本当にスコアがどんどんよくなるのです!
運動音痴の私はボーリングももちろん苦手で、100点を越えればいいほうくらいの腕前でした。それが、ガッテン方式を実践するようになって以来スコアは上がる一方で今日はとうとう159点をたたきだしました。3ゲームやったのですが、アベレージは133点とこれまた恥ずかしくないレベル。
卓球では瞳ちゃんに完敗するなど、体を動かすことは本当に下手くそな私ができるくらいです。人より上手にできるってのは本当にたのしいので、ボーリング通いはしばらくやめられそうにありません。

10日 (土)披露宴
親友の披露宴に出席してきた。私は司会を務めるということで式の準備を中心になってすすめてきたので感慨ひとしお。本当に素敵な披露宴だった。
司会者として本当にやりやすい披露宴だった。新郎新婦が本当に愛すべき人物で、私はもちろん出席者全員がふたりのことをこころの底から祝福していた。(これは簡単そうで、意外とすごいことだと思う)だから、ふたりの一挙手一投足にみんながほほえみ、私が突然マイクを向けても素敵なお話が次々と出てきた。
最後に新郎からの謝辞があったのだが、それも本当にいい話だった。「日本語では『結婚する』というが、英語では『get married』『 stay married』といいます。結婚『する』という一回きりのものではなくって、『get,stay』すなわち『日々そうあり続ける』という意識が大切だと思います。」という外資系に就職する新郎らしい一節が私のお気に入りだ。
二次会では新郎の友人が新婦の友人を本気でくどいていたのがおもしろかった。本当にそういうものなんですね。ただ、新郎友人の八割を占める東大生のくどき方がどうにもスマートさに欠けていたのがちょっと…。

3月11日 (日)結婚パーティー
今日は親友の結婚を祝って青雲高校のみんなでパーティーをやった。卒業いらい初めて会う友達が沢山いて懐かしかった。30名ほど集まったのは親友の人徳だ。私ではこうはいかないだろうなぁ。
寮生の比率の高い中高一貫校のいいところのひとつは一生の友達が沢山出来易いってところだと思った。昨日の披露宴に麻布高校出身の人がいたのだが、寮がないせいか卒業後も連絡をとりあうほどの友人はあまりいないそうだ。

12日 (月) 中二
「W製作所のコントです!お楽しみください。
~~~~~~~~W製作所によるコント~~~~~~~~
みんなおもしろかったかな?W製作所のふたりには一流芸人になるという夢があるんだ、だけど夢を実現するためにはお金がかかる。そんな僕らが作ったサークルが「Get Your Dream!」だ。80万円の浄水器を買って会員になると、友達をひとり会員にするごとに20万円もらえるんだ。友達の友達が会員になっても君にお金が入ってくる。友達の輪が広がって、君にはお金がどんどんはいってくるというサークルなんだ。これでお金の心配をしないで自分の夢を実現させることができるね!…さあ、これがマルチ商法なんだけど、ひっかかりそうになった子もいるみたいだね。」
といったコントを亀有の中学校の家庭科の授業でやってきました。マルチ商法の恐ろしさを伝えるという活動の一環です。
W製作所のふたりにはいつもやっている普通のネタをやってもらったのですが、やはり中二の笑いのツボはかなり単純なようでした。一番笑いがおきたのが「このデブ!」というつっこみだったのはいくらなんでも、他にいくらでも笑い所があったのに…。
職員室の前に並べられていた歴代の卒業文集の表紙の絵が、平成に入ったとたん急に、それまでのハトやあじさいの絵から、「ああ女神さま」風の絵やら「封神演義」風の絵になっていたのが興味深かったです。そういえばだいたいあの頃にオタクって市民権を得たような。
見学に来ていた校長先生に問題をふって、間違えた校長先生に「校長先生も大したことないですね。」とつっこんで生徒大笑いという一連の流れをやったのですが、授業後の校長先生が妙によそよそしかったのではっとしました。東大生である私が言う「校長先生も大したことないですね。」はこちらの意図をはるかに超えた深刻なダメージを校長先生に与えたようなのである。配慮が足りなかったなぁと反省。
想像していた中二よりもはるかに素直でいい子ばかりだったと教頭先生に感想を述べると、となりの足立区にはけっこう荒れている学校もあるらしい。最近は少子化に伴って公立中学でも越境入学が増えてきていて、評判の悪い中学は入学者数が激減するとのこと。だから、それぞれの中学で独自の路線を打ち出していく必要があり、私達東大落研を呼んだのもその一環なのだそうだ。大変だなぁ。
せっかく亀有に来たのだからと亀有公園へ。派出所を探すもみつからず。
色々といい経験ができた一日でした。

13日 (火)ボーリング大会
卒業を間近に控えた四年生とボーリング大会を開催。最高得点の156点をたたきだしたのはダークホース福井さんでした。荒瀬さんが麻雀同様安定したスコアで総合一位。私は絶不調でした。これがボーリング初体験となる平岡君は93点をゲットと健闘。近いうちに2回目をやることになりそうです。

14日 (水)ホワイトデー
ホワイトデーってことで瞳ちゃんにヨックモックのクッキーをあげて、夕食は柏名物ホワイト餃子をご馳走する。ホワイト餃子は安くてうまくておすすめです。臭いけど。

15日 (木)W製作所
W製作所がゼロワンライブに出るということなので、はるばる三鷹まで応援に行った。川辺は緊張気味だったものの、それなりの支持を得て次回ライブ出場権を見事獲得。がんばれW製作所!

16日 (金)ゴキブリの姿焼き
う~ん気持ち悪い。今日はゴキブリの姿焼きを出されちゃいました。ノッセー、ヒラーンとカフェテラス本郷へ行ってオムライス大盛りを注文。おいしくいただいていると半分ほど食べたところでなにやら大きな黒いものが。コゲ?とフォークでつついてみると足が。さらによく見ると触角が。ゴキブリでした。店員さんに「なんか虫が入ってるんですけど」と苦情をソフトな口調で。「申し訳ございません」といったきり引っ込んでしまう店員。しばらくして店員は新しいオムライスを持って出てきました。しかし、ケチャップで味付けされたゴキブリの姿焼きを見た後ではなかなか食欲もわきません。つっかえしました。お代はいただきませんとのことで、オムライスはとりあえずタダ。それでおとなしく店を出ました。
もっとゴネたら何かいいものがもらえたんですかね。気が小さいので、こういうシチュエーションでうまく立ち回って色々とせしめるのは苦手です。訴訟社会アメリカの有名な判例で、マクドナルドのコーヒーを自分でこぼしてあそこを火傷してしまったおばあさんの話を聞いたことがあります。コーヒーが熱すぎるのがいけないということでかなりの額の賠償金をせしめたとのこと。
日本もそんなせちがらい世の中になるのかなぁ。

17日 (土)時代が変わったなぁ
ホームページも新入生受け入れ態勢をとらなきゃってことで鋭意更新中。部員紹介をそろそろ更新しなきゃいけないなぁと思って眺めていて、荒瀬さんや三島さんや福井さんや剣持さんをここから削除するときが来たことに気付いた。長い付き合いだったのでどうにも寂しい気分になる。私の東大落研はこの人達と共にあったのに、ああ、時代は変わったんだなぁ。私も順当にいけば来年は卒業なのである。もっと順当にいっていれば今年卒業だったのだ。

20日 (火)ローソン
ローソンの隅っこにこっそりと置いてある謎の機械「ロッピー」。どうやらスーファミのカセットの書き換えができるらしいということしか知りませんでしたが、とある筋から非常に便利な機械だということを聞きました。そこで利用してみました。結論、あれは使わなきゃ損です。
不況にあえぐニッポン経済。ホテル業界もけっこう大変そうです。そんなホテル業界がこっそりと始めた企業努力なのでしょうか?その名も「デイタイムユース」サービス。ぶっちゃけた話、ラブホテルのフリータイムを普通のホテルもやっちゃおうってことです。
例えば池袋駅から徒歩五分のセンターシティーホテルはセミダブルの部屋が14時から21時まで使えて、ワイン、ビールのワンドリンクチケット付で五千円(カップルで)!なによりラブホテルのフリータイムサービスのない土日祝日も利用できるのが便利です。
その他にも、ロッピーにはお得な情報がいっぱい!おそらくホテルとしても、あんまり大々的にやるとホテルの格を落としちゃうからこっそりとやってるって状態なんでしょうね。
なんでもどんどん安くなっていきます。外食産業の値下げ合戦ははたで見ていて気の毒になるくらいです。まさにデフレスパイラルにはまっちゃったって感じですね。ニッポンの経済はどうなっちゃうのでしょうか。

21日 (水)停電
今日はなか卯でバイトだった。12時10分といえば昼ピークってことで、それはもう上を下への大騒ぎだ。近所のサラリーマンやOLのがずらりと列をなす。さらに今日は講道館で開催中の柔道選手権大会に出場するため上京してきた高校生達までもが列に加わっている。そんな状況で電気が突然消えた。店内はざわめき、我々店員も何が起こったのかわからない。外の信号までもが消灯しているのを見て初めて、どうやら停電らしいと理解する。
POSシステムのレジももちろん動かないので、お代は全部暗算だ。本当に大変である。仕方ないので、電気が復旧するまでお店は休業になった。しばらくすると東京電力の方が道路の配電盤をいじくりだした。そして電気は結局12時50分に復旧した。
パソコンをちょうどやっていた人なんかは大変だったろうなぁと思う。それにしても、こんないい天気になんで停電なんでしょうか。

|

« 松岡日記2001年2月 | トップページ | 平成十二年度追い出し寄席 »