« 川辺日記2001年8月 | トップページ | 川辺日記2001年10月 »

川辺日記2001年9月

9月7日(金)
猥談で失敗。またかよ。

9月10日(月)
暫く旅に出てきます。

9月11日(火)
いざニューヨークへ!
旅立ちの日だというのに台風です。どういうことでしょう?
電車が止まっているのでバスで成田まで。待ち合わせのだいぶ前に着きましたが、
一緒に行く橋本さん、清水、渡辺も早めに来ていたみたいで、すぐに合流できました。
飛行機は予定どおり出発すると言うことで、一安心。やや不安。
みんなで天ぷら屋で昼食です。
機内食でそばが出ると言ったのに橋本さんはそばとえび天丼のセットを頼んでいました。
しかし、更にとんでもない事態が。
機内食でえび天丼まで出るとは誰も予想できませんでした。天丼を食べた他の人たちも少しブルーに。
しかし、こんなのは序の口。飛行機が、なぜかやたらと北へ向かっているのです。
予備校の地理の授業で、「地球は丸いので、平面に直した地図上での最短経路はやや北寄りに曲線を描く」と教わったことはありますが、明らかにこれはやりすぎ。
カナダの辺りまで来ています。カナダが軍事国家なら撃ち落とされています。
などと考えていると、機内放送が。英語でなにやら「テロ、アンカレッジ、着陸」などといっています。
続いてカタコトの日本語の放送が。
「ただいま全米がテロの危険にさらされているとの情報が入りました。当局からの指示に従い、当機はアンカレッジに着陸いたします。」とのこと。
おそらく、機内の検査などを一時着陸して行い、その後で再出発するのでしょう。
犯行予告でも出たんでしょうか。
などと考えていましたが、おろされました。
途中、テレビでビルが燃えているのが見えました。空港職員もピリピリしています。
とりあえず入国の手続きを済ませ、誘導に従いバスでホテルへ。
アンカレッジはアラスカの最南端。午前9時でも吐く息が白くなるようなところです。
道ばたにでっかい鹿がいるようなアドベンチャーランドです。
ホテルは幸い良い部屋でしたが、飯はまずいです。近くのスーパーの総菜の方が百万倍上手いです。
テレビで情報収集したところ、NYのワールドトレードセンタービルにハイジャックされた飛行機が2機飛び込み、ビルが崩壊したということらしいです。
日本の旅行会社やNYの旅行会社や実家に連絡。みんな言っていることが違って、どうしたらよくわからないのですが、日本の人たちに説得され、NYには近付かず、ロスに16日に向かい、ロスから日本に19日に帰る、というルートを選択することにしました。
明日はどうやらNYに飛行機が出るらしいので、航空会社職員に自力で交渉しなければならないようです。

9月12日(水)
飛行機は結局ロス行きに変更されましたが、民間機は飛行禁止と言うことで、アンカレッジにもう一泊することになりました。
明日ロスに行き、そこから先はロスで航空会社と交渉、ということになりそうです。
ただ、ロスまで行けば旅行会社の人がいるので助けてくれそうです。
とりあえず、暖かいところに行きたい。観光しても何もないし、まさか寒いところに行くとは思わず、サンダル履きだし。
殆ど不毛な一日を過ごしましたが、怖かったのは航空会社に電話すると、電話する度言っていることが違うということ。だいぶ混乱がみられます。しっかりしてほしい。

9月13日(木)
ロスに着きました。しかも、航空会社の手配してくれたホテルがかなり豪華!
コーヒーメーカーや冷蔵庫、更にはアイロンまであるんです!
これで2食付き、タダはかなりおいしい!
ただ、保証があるのは今日までの話。明日は午後10時にNYに発ち、そこから先はまたNYで交渉。
もちろん、もともとNYに滞在予定でしたから、ホテルや交渉は旅行会社に任せられると思いますが、かなり不安です。もう贅沢は言わないから、日本に返して。

9月14日(金)
贅沢は言わないつもりながら、思わずユニバーサルスタジオ・ハリウッドに行ってしまいました。日本でUSJが話題になっている今だからこそ、本家USHに行っておくのも一興かと。
やはり、テロの影響か夏休みが終わったばかりの平日だからか園内はがらがら。
楽しいアトラクションを堪能してしまいました。多くのアトラクションで水をかけてくるため、暑くて乾燥したロスの気候にはぴったりです。
中でも楽しかったのは「ウォーターワールド」。映画自体はみたことないのですが、ショーの形式になっていて、ストーリーはないに等しいので楽しめました。
とにかくアクションが凄いのと、水をかけられるので大盛り上がりです。
最高に楽しい一日でした。
で終わればいいのですが、やはりNYへの飛行機は飛ばず、22日までロスにいることに。
困ったのはホテルがこの先自腹だということです。手持ちの金は全部で500ドルほど。これで8泊は食費などのことも考えるとかなりキツイのでは?
と思っていたら、旅行会社がツインで50ドルの安ホテルを用意してくれました。
その名もフィゲロア。
呼びにくいフィゲロア。
一晩中飲んでいた次の朝、みたいな響き。
カウンターに電話すると英語ではなくスペイン語で応答するフィゲロア。
ロス滞在はどうなっていくのでしょう。状況はこれ以上悪くなることはないのでしょうか?

9月15日(土)
ホテルの一階には旅行会社のカウンターがあって、ヒステリックになった日本人たちが押し掛けて旅行会社の人にブーブー言っています。特に英語ができなかったり、女性だけで旅行している人たちはもう泣きそうな声で責め立てています。
そんな中、「日本語のガイドブックはどこで買えますか?」「ミュージカル・ライオンキングのチケットはどこで買えますか?」などと間抜けな質問をする僕たち。相手が日本人だと言葉が通じるので気軽にこんな質問ができるのです。
結果、リトルトーキョーの紀伊国屋書店で「地球の歩き方」を買い、観光プランを考えることに。
しかし、迷い込んだのはハーレム。明らかに雰囲気が違います。やばいやばいやばいやばい!
足早に方向を変え、逃げ去りました。後からガイドブックでみたところ、「最近のダウンタウンは治安が良くなってきており、昼間は旅行者でも気軽に歩けるが、この辺りは近付かない方が無難」と書かれていた地域でした。
無事ハーレムを抜け、リトルトーキョーへ。日本食の店に入り、すしやら天ぷらやらを堪能。これが意外とうまかったのでびっくりでした。「レインボーロール」などという妖しいものをわざわざ頼んだのに割と普通にサーモンとかマグロとかアボガドとかが上手くて逆に期待はずれ、みたいな。
紀伊国屋で本と朝日新聞を買い、疲れたのでホテルへ。途中、明らかにラテン系の街を通りました。一歩通りを隔てるとアメリカではないところに迷い込んだようです。
あと、ホームレスが多いです。多すぎます。1ブロックに1人はいます。怖いです。
ホテルで、清水の熱望により明日はミュージカル「ライオンキング」をハリウッドのパンテージシアターで観ることになりました。

9月16日(日)
ライオンキングを観ました。前から14列目のかなりいい席で。
面白かったです。橋本さんは寝てたけど。
他には、特に何もしていないです。
明日は、ディズニーランドです。

9月17日(月)
今日はディズニーランドです。アラスカにいた頃とはうって変わっておのぼりさんみたいな旅行になってきました。
「世界で一番ハッピーな場所」はやはりハッピーでした。
テロの影響か、はたまた客が少なくてやる気がないのかいくつかのアトラクションはストップしていましたが、そのほかの乗り物はオフシーズンの平日ということもあり、がらがら。5分以上待たされることはないのでした。
楽しかったのは「インディジョーンズ」と、「ミクロアドベンチャー」。
どちらも日本にもあるみたいなのでおすすめです。
一行の中で最も楽しんでいたのは橋本さん。
「インディジョーンズ」では機械仕掛けの蛇が襲いかかってくるところで顔を伏せ、
「ミクロアドベンチャー」では途中で3Dメガネを外してしまうほどのチキンっぷり。
でも、パレードには悪態をついていました。
閉園の8時まで楽しんでホテルに帰ると、齋藤さんの姿が。
「明日の飛行機はキャンセルが出そう」と教えてくれました。
部屋に帰って早速荷物をまとめ、明日に備えたのです。

9月18日(火)~9月19日(水)
朝早くから空港へ。
成田行きはなかったため、名古屋行きのキャンセル待ちをすることに。
期待に胸が膨らみます。
モニターに順番に映し出される名前を食い入るように見つめます。
それはさながら「オールスター感謝祭」の早押しの順が表示される時のよう。(喩え成功)
しかしここで問題発生。(とんでもない事態が!)
4人の中で僕だけの帰国予定日が元々1日早かったため、
僕だけが飛行機に乗る権利を得てしまったのです。
1度は断りましたが、やはり僕は自分が可愛い人間なので、1人だけ先に帰る道を選んでしまいました。ごめんねみんな。
しかも、最後に残った席はビジネスクラス。
11時間の優雅な空の旅を満喫してしまったのです。みんなはロスで心細い思いをしているというのに。
が、しかし。
多少の罪悪感と大いなる喜びを味わい、名古屋空港に降り立った僕に告げられたのは、衝撃の事実。
僕が乗った飛行機の出発のすぐ後に日本航空の振り替え輸送があったらしいのです。
しかも成田に。
更に、名古屋駅では新幹線の切符を扱う切符が全て一斉に壊れる異常事態。
友達を裏切ってはいけないのでした。

9月20日(木)
バイト友達が、「川辺無事で良かったな飲み会」を催してくれた。
ありがとうみんな。治安いいな日本。

9月21日(金)
部員の方から電話が。
「お帰りコール」かと思いきや、パソコンの話。

9月23日(日)
3日前とほぼ同じメンバーで飲み。
さて、携帯のメール、というのは「すぐ返信する」というのが原則なのでしょうか?
ここら辺のマナーを統一してほしいです。
メールの返事が遅れたことを責められてそう思いました。

|

« 川辺日記2001年8月 | トップページ | 川辺日記2001年10月 »