« セルフ日記2002年7月 | トップページ | 平成十四年度夏合宿 »

セルフ日記2002年8月

1日(木)夏合宿1日目
昨日は結局、ほとんど寝れませんでした。朝方、めざましテレビで、あの、芸能情報を的確に伝えることで有名な軽部さんが、タンポポやプッチモニのことを、「シャッフルユニット」と表現するなど、動揺を隠せない様子でした。
本当は今日は家で2やワイドショーを見つつ悲しみに浸っていたかったのですが、そうもいかず。実はけっこう合宿を楽しみにしていた分、逆にショックです。それにしても、もう何回も合宿に行っていると、刺激的な事もあんまりないです。落研部員と久しぶりに会ったけど、特に話すこともないという現実です。
宿に着くと、さっそく体育館に移動して、バスケをやることに。掲示板でバスケをやりたい、なんて書いたことを後悔しました。暑いし、暑いし、リバウンド取れないし、何も面白くありません。その証拠に、休憩時間中の一部メンバによる2chトークのほうが盛り上がる、という事態。秩父まで来て「禿同」て。結局、体育館には3時間くらいいましたけど、実質、バスケをやったのは30分くらいです。
その後、すっかり疲れきった状態で夕食へ。その時に、なんと法政落研の畠山さんと遭遇!今日は落研で来ていたわけではない、ということでしたが、それにしてもすごい偶然です。いろんな所でよく会うけど、まさか秩父で会うとは。
夕食後はみんなで「TVチャンピョン」をチェック。大方の予想に反して、今日は「チェーンソーアート」対決。夏とチェーンソーと何の関係があるのでしょうか。最初の、イライラ棒をパクった企画は、さすがとしか言いようがないです。感動すら覚えました。なんて言ってますけど、実はテレチャンなんてここ最近では2、3回しか見たことないです。だって、裏はあの「うたばん」なんだもん。テレチャンマニア面をして、ごめんなさい。
その後は橋本さん主催のコントセミナー。かなり勉強になりました。一年生も多く参加してくれて良かったです。みんなで落研のレベルを上げてください。あれ?自分は?セミナーは、途中で演習なんかも含みつつ、かなりの充実度で終了しました。
そしてセミナー後はコンパ。なんだけど、バスケやらコントセミナーやらで、いろいろ疲れてしまって、みんなぐったりの様子。というわけで、形式だけでもと思ってはじめたんですけど、僕的にはなかなか面白かったです。合宿初参加の井上さんがハジけたり、夏合宿恒例のケンカドッキリがヒドイ結果に終わったり(僕のせいですか?)、グダグダながら、最近にはなかなかなかった、いい感じの飲み会でした。
ある程度時間が経ったら、せっかくだからと思って、畠山さんに連絡。そして、畠山さんを交えて談話などをしばらく。畠山さんが帰って、あとはもうダラダラと。この時点で人数は半分くらいだったかな?と思いきや、隣の部屋では、電気を消して布団に入りながらトークに華をさかせるという、中学の修学旅行にありがちな事をやっていたり、一部の人は旅館を探検したりしていたみたい。僕はというと、朝まで起きて昼頃に眠くなるのが嫌いなので、ほど良いタイミングで抜けました。そして、こっそり温泉に入りに行って、湯船をひとりで独占。温泉のある本館でもまだ起きてる人は多かったです。

2日(金)夏合宿2日目
今日はちゃんと朝食の時間に合わせて起きました。前回の新歓合宿では、執行部なのに、朝食に間に合わない時間まで寝ていたという大失態をしてしまったので。それにしても、1泊2日の合宿の2日目って微妙なんですよね。みんな、体力をつかいきってしまった後だから。あれだけ話して、あとは何を話せばいいのか、って感じになるし。しょうがないから、「はなまるマーケット」を見ながら、頑張ってネタを探すくらいの事しかできないわけです。だって、そんなに面白いわけではないでしょ?所詮はなまるだし。
そんなわけで、あとは「タッチ」でも見て昼までダラダラかなあ、なんて思ってたんですが、オリ合宿で訪問経験のあるタムタムが、近くに川があると教えてくれたので、連れていってもらうことに。行ってみると、なかなか本格的な川です。みんなは、普通に足をつけたり、石投げをする程度だったのですが、川辺さんに水をかけて遊んでいたら、結局、思いきり泳いでました。そんな、川辺で楽しむ川辺さんを見ている内に、そのあまりにも気持ち良さそうな光景に洗脳されて、何人かが泳ぎ始めるという展開に。山に来たのにすっかり海合宿の光景となってました。僕は結局、泳ぐ機会を失って、マジで悔しかったです。夏休み中に絶対にプールに行こうと誓いました。
まあ、川部隊はそんな事があって、あとは昼食でも食べて帰るだけ。なんて時になって、突然、あり得ないくらいの雨と雷が。運が良いのか悪いのか。結局、学校に帰ってきてもまだ雨で、しかも大半の人は傘を持っていなかったので、大変でした。僕は、傘を持っていたので、逆に気まずかったです。
家に帰ってきたら、おさえていたものが復活してきちゃいました。録音していた矢口のラジオを聞いて、ボロボロ泣きました。野球中継で番組開始が延長したり、ごっちんの卒業に対して矢口がコメントした後で、ごっちんの新曲、ってゆうめちゃめちゃ泣ける場面で、交通情報が流れたり、さんざんな内容ではあったものの、それでも泣ける程です。このMDは僕の究極の泣きグッズになりそうです。と、ネタっぽく終わらせて、悲しみをまぎらわせてみる。

3日(土)ロックな奴
かなり寝ました。合宿でもちゃんと寝ていたはずなんですが。人と長時間一緒にいることによる精神的疲労が大きかったみたい。今日は結局、ほとんど何もしてません。というか何もする気になれません。まだ気持ちの整理がついていないようです。
とはいえ、いいかげん、ずるずる引きずるのは止めにします。僕は自分なりの見解を示したし、ここ数日で気が狂うほどのテキストを読んできたので、もう、これ以上語る気はありません。ただ、そんな膨大な意見を目にしてきて、ちょっと思ったこと。「こいつら、ロックやなあ(byつんく)」って。まだ俺は認めない!って意地を張ってるヲタ達、めちゃめちゃカッコ悪いんです。でも、そんな感情的になってる奴らが妙に「ロック」なんです。思えば、モーニング娘。はロックな奴を探す、「ロックヴォーカリストオーディション」の落選組としてスタートしたのは周知の事実。以降、「ロック」は隠れたコンセプトとして存在し続けています。その精神が知らぬ間にファンにも伝わっていたのだとしたら…、それってめちゃめちゃロックやなあ。

4日(日)さて、と
やっぱり頭が痛いです。もう、冷房つけて寝るのは止めようと思います。でも、暑いと途中で起きてしまうし。ジレンマです。さて、夏休みが始まったわけなんですが、正直、何をしようと思っていたのやら、という感じで、なかなか行動に移せません。気持ち的にも、経済的にも。まあ、そうは言っても、明日からはバイトだし、ハンバーガーは59円だし、心気一転頑張ろうと思います。

5日(月)「月曜日は加護ちゃんの日」byTBS
かなり久しぶりにバイトに行きました。夏は数学テストはないので、とりあえずは学習相談だけです。今日は相談も多く、けっこう大変でした。昼食はさっそくマックに行くというミーハーぶりです。しかし、あいかわらずセットは高いので要注意。フレオフィッシュの割引もないし、正直、以前の平日半額よりレベル低いです。
さて、月曜日といえば「本池上署」の日です。最近、加護ちゃんがつかみとオチに使われるようになってきちゃいました。加護ちゃんで視聴率取ろうとする姿勢が出すぎ。でも、それは正しい選択です。今日は特別出演の圭ちゃんも頑張ってました。ごめん、気持ち悪いけど、来年の春までは「圭ちゃん」と呼ばせて下さい。春までは…。そういえば先週言い忘れたんですけど、「こち池」の公式WEBサイト(リンク貼るの嫌いだから勝手に探して)はかなり熱いです!作成者が明らかに加護ヲタなんです!その証拠に、「写真館」の半分近くは加護ちゃんだし、プレゼントコーナーへのリンクに加護ちゃんのアイコン使うし。公私混同すぎでは?いや、しかし、これこそ「萌え」を仕事へと転換させる、絶好の手段なのかもしれません。今、WEBプランナーが熱い!

6日(火)人生がもう始まっている
今日もバイトでした。あいかわらず相談に来る人は多いです。全然関係ないけど、最近、人間の行動の動機ってものをよく考えます。つまり、「何で俺はこれをやってるんだ?」ってことです。何を今更ですけど。それで、やはり、一番謎なのは勉強です。「なんで勉強するの?」なんて「しゃべり場」で議論されそうなベタな話題ですけど、大学生にもなって今だに分かりません。てゆうか、大学に来て余計に分からなくなった。
まず、僕は、ぶっちゃけ、勉強が心の底から楽しいと思ったことなんて一度もありません。予備校で進学指導している人間がこんな事言っていいのかと思うんですが、嘘を言ってもしょうがないし。そりゃあ、たまには楽しい時だってあるけど。基本的に面白くはないです。だから、立花隆のように知的欲求で勉強するのは真似できません。その証拠に、大学生にもなって試験期間が終わると嬉しかったりします。
次に、役に立つから、という理由。実はこれが一番謎です。何故かってゆうと、そもそも、役に立つか否かなんて人に依ると思います。なのに、大学は「教養、教養」と言って、なんとなく役に立ちそうなオーラを出し続けます。僕はまだ社会に出てないから分からないけど、社会に出ても役に立つ大学の講義なんて数少ないのでは?そもそも教養なんて本当に必要なんでしょうか?だいたい「教養」って言葉の定義が謎です。東大生をバカにする立花隆はいろいろ言ってたけど、やっぱり抽象的なんです。中身が具体的によく分からない。ぐ!しろ!具体的に見えないものは笹井の生徒としては信じられん!同じく「人生経験」という言葉を多用するのも嫌いです。そんな事言ったら、何でも正当化されてしまいます。本当は、自分の夢をかなえるために必要な事なんて限られているはずです。ビジネスマンに微分方程式は必要ないと思います。たぶん。
ただ、完全に無駄だと言うことはまだ難しいです。浪人時代にある講師から聞いた話ですが、「勉強していた内容なんて全部忘れてもいい。やっていた、という経験が重要だ」、なんて話を聞きました。僕はこれが大学における勉強だと思って、希望を持って入学してきました。でも一年半経って、だんだん怪しく思えてきました。そもそも、こうゆう事って、気が狂う程勉強した人が言える事であって、シケプリがどうこう言ってる人には程遠い次元ではないかと。それで、そんなに勉強する動機があるのかと言ったらないから困ります。「経験が重要だ」なんて言われても具体的な重要性が頭の中に描けない自分がいるから。ファーストフードなこの時代、後になってしみじみ思う感慨なんかより、目先の単位が欲しいのが人間です。
それなのに、何故、自分はまだダラダラ大学生やっているのかと考えたら、自分には夢がないという事が分かりました。正確には具体的な夢がない。全部が抽象的なんです。だから、抽象的な言葉で、自分の行動を正当化しようとしているんじゃないかと。具体的な夢があったら、それに必要な事だけをやっているはずです。そう考えると、今の自分は本当に時間を無駄にしているなあ、と感じます。単位を取ったり、勉強したりするのも、後々役に立つかは分からないのにやっているわけです。しかし、よく、「役に立つかなんて後から分かる事。無駄なことなんてひとつもない。」なんて意見が言われます。でもそれは、やってるその時は役に立つと思っているからだと思います。それも分からずにやっている事なんて、意味がないに決まってます。強いて言えば、その場しのぎです。その場その場で自分をごまかす行為です。
自分に必要な事を勉強してる時は楽しいんです。というよりも、少なくとも苦しみは感じません。コンサートチケットがどうしても欲しかったから、チケットの取り方必死で勉強しました。そんなの勉強って言わないかも知れません。でも、自分に必要な知識を習得する喜びはあるんです。大学の勉強でそんな事を感じた事はありません。確かに物理は好きだけど、別に物理がなくたって目先の段階では困りません。
具体的な目標がないという事は、具体的な人生もないに等しいのかも知れません。だから、僕は「キャンパスライフ」にはどうも馴染めません。授業に出て、サークルに出て、渋谷に買物行って、バイトをして、それらは何のためにやってる事なんでしょうか?具体的に。「人生経験」という言葉で逃げるのは簡単です。本気出して考えてみると、やっぱりキャンパスライフなんてろくなもんじゃねえ!というのが僕の結論。ちなみに、勉強は無駄だなんて言ってません。夢がない人間にとって、将来、自己実現可能な仕事に就くために、勉強は確実かつ着実な手段です。しかし、学歴社会が崩壊しつつある現在、中途半端に勉強しても無意味になりそうな予感です。そう、人生がもう始まっている(byちゃむ)んです。一昨日のハロモニを3回も見ている場合じゃありません。

7日(水)聖なる金がひびく夜
完全に夏バテです。だるくてだるくて大変です。おまけに金がないから、当然、遊ぶ気にもなれず。以前、「欲しいものはない理論」を書きましたけど、金がない時って何でも欲しく思えるから不思議です。ふらっと電気店に行っては、HD-DVDデッキをぼーっと見つめてしまう今日この頃。変な話、もし今100万手に入ったら、速攻で使い切る自身あります。しかし、金が入ると、これがくだらない事ばかりに使ってしまうから恐い。間違っても、ファミレスでキャラメスアイスをおごったりはしないように、今から欲しい物をリストアップしておく必要がありそう。

8日(木)飯田香織の誕生日ですが何か?
今週はほとんどバイトです。といっても昼頃に出勤して夕方に帰ってくる感じですけど。でも、バイト以外には特に何もやってないです。暇を満喫しています。暇な状態に飽きてきたら、いろいろ始めようと思います。
最近、バイトでの指導方針をちょっと改善してみました。今までは「短時間で最大限の効果を!」って感じで、完全効率主義でした。今もそれは変わってないんですけど、それに個別主義を意識的に加えています。つまり、相談に来た人が望むような事をできるだけしゃべるようにしようとしています。それさえ見極めれば、みんな意外と満足して帰ってくれます。個人個人のツボをつく感じです。このへんが、個別指導と集団指導(授業)の大きく違うところですね。笑いに例えるなら、前者が友達とのしゃべりで、後者が舞台上でのネタという感じ?つまり、僕が興味持ってるのは集団指導のほうなんですけど。基礎になってるのは個別指導でしょう。
長期休みに入るといつもの事なんですが、なんか新しい事始めよう!って気にさせられます。でも、毎回、特に何も始められず終わってしまいます。じゃあ、何で「やろう!」って気になってしまうのかと言えば、いつか書いたかもしれないけど、僕の中での行動の動機として、「やるかやらないか迷ったらとりあえずやる!」というのがコンセプトにあるからです。ちなみに、これも浪人時代に某英語講師(先日、ブロードキャスターに出てた人)に聞いた言葉ですけど。
ここでは「新しい事」を「趣味」として話を進めますけど、まあ、大学生活1年半やってきて、だいたい自分の領域が見えてきたかなあって感じもします。たとえば、映画とか。大学生になった頃は週1くらいのペースで見てやる!って思ってたんですけど、結局、年に3、4回見るほどでした。ぶっちゃけ、そんな好きじゃないんですね。たぶん。映画通の人には憧れるけど(Kばゆう、H本さん、西きょうじ…)、映画それ自体にはあんまり憧れがなかったみたいです。
あとは挙げていったらキリがないけど、洋服とか、ショッピングとか、食事とか、(一般的な)音楽とか、スポーツとか、アウトドアとか、普通の人が「趣味」として挙げそうな事はたいてい自分には合わない事が判明しました。やってみても全然面白くないんです。まだやってない事いろいろあるけど、もう、なんとなく見えてきてます。今さら、ボーリングにハマるとは思えないし。
だから、消極的になった訳じゃないんですけど、手数を広げる努力は少し抑え目にしようと思ってます。もう既に控えめになってたんですけど。落研2年生の中で、新しいサークルに入らなかったのは僕くらいですし。でも、いいんです。僕が思うに、本当に好きな事は自分からやらなくても、ちょっとのきっかけさえあれば、あとはスルスルと入っていっちゃうものなんです。「踊ろうとするな!踊らされろ!」です(語呂悪)。
おお、「何も書くことないなあ」って日でも意外と書けるものですね。今、矢口のラジオ聞きながら書いてます。2時間全部聞く日なんて久しぶり。平和ですなあ。それにしても夏以降のつんくはすっごいね!(byつんくビート)。「カレーライスの女」、「やる気 IT'S EASY」、「ロマンティック浮かれモード」(今日初公開!)、今のところハズレなしでは!今年の春~夏にかけてが嘘のようです。このままいくと、あややも新曲も期待大!

9日(金)昨日は飯田香織、明日は安倍なつみの誕生日ですが何か?
バイト入れてしまったので、海合宿には行ってません。これでますますプールに行かなくてはいけない状況になりました。思えばプールなんてここ数年行った記憶がありません。まず、確実に高校生以降は絶対行ってません。確か去年、シャッフルユニット@MUSIX!で辻ちゃんが「岩のプールに行った」などと言ってましたが、最近はそんなプールまであるのか、と驚いたことが記憶に新しいです。今年は事の真相をこの目で確かめなくては。誰かプール行く予定ある人は誘ってください。
さて今日は、この夏注目のテレビ番組の中でも5本の指に入るであろう、「天使の歌声」の放映日。朝から、あややがいろんな番組に乗り込むっつーことで、適当に録画しておいたんですけど、尽くハズシました。面倒だったから、番組全部は録画しないで、出そうな所だけ録画してたんです。番組によってだいたい決まってるじゃないですか、そうゆう所って。例えば、「いいとも」の場合。テレフォンショッキングの後のコーナーの2つめくらいで、「今日はもう1人ゲストがいます」って感じで出てくると思って、そのあたりの時間帯を録画してたんです。そしたら、出てきたのは三瓶でした。
肝心の番組の感想を簡単に。まず、このドラマはあややにしか出来ないという理由は納得。おいらは最近、涙腺が弱いので(by矢口)、何度かウルッときてしまいました。ただ、実話ということで、逆に、泣くに泣けない場面も少々。悲しすぎるんです。人間、あまりに悲しすぎると泣けないんです。関係ないけど、最後のFACTORYの映像、あいかわらず客が静かすぎてビックリです。横揺れすらしない。娘。コンの映像とはエライ違いだ。音楽ってあややって楽しむものなんですね。(ちょっと無理矢理)。

10日(土)今日はなっちの誕生日だべさ!
大学2年目ともなると、理由もなく不安になることが多々あります。不安を解消するには、もはや勉強しかありません。地元の図書館に行くことにしました。しかし、地元の図書館は中途半端に遠いので、交通費がかかってしまうのです。たかが図書館に行くために金を払うなんてとんでもありません。今日は自転車で行ってみることにしました。1時間ほど経って図書館近辺までは到達しましたが、なかなか見つからず。もう、どうでもよくなってきて引き返すことに。しかし、引き返そうと思った頃には体力の限界。あいにく、持ち金は100円ほどしかなく、これでは半額シェークくらいしか買えない、という状態です。自転車で日本縦断とかするヤシの気が知れない。家に帰ってからもグッタリで、結局、勉強なんてしませんでした。まあ、夏休みだからいっか。

11日(日)感動は使いまわせない
今日は昼間から「24時間テレビを100倍楽しむ番組」という番宣番組をやっていました。肝心のモー娘。はもちろんいません。本来なら夏のビッグイベントにもなりそうな今年の24時間テレビ、それなのに依然として自分の中ではモチベーションが低いです。それもそのはず、去年の内容を使いまわしすぎ!
・パーソナリティー
そもそも2年連続ってドーヨ??
・テーマ
去年「家族って何?」、今年「家族で笑ってますか?」。また、家族??「家族」に対して質問しすぎ!来年はたぶん「家族やりますか?やりませんか?」。
・えなりかずき
何で今年も??この「モー娘。の弟分」みたいな扱いは何なの??そのうちハロプロコンサートにも出てきちゃうんじゃないの??
・ドラマ
去年「最後の夏休み」。今年「お父さんの夏祭り」。つまり、お父さんにとっては、夏祭りは最後の夏休みなんでしょ??一緒じゃん!また「死」と「夏」がテーマじゃん!いっそ、夏まゆみを主演にするべきでは??
こんな具合で、ヒドイ使いまわしっぷりです。しかも、ここまで使いまわしておいて今年は握手がないってどうゆうことよ??モチベーションが低い理由は納得いただけました?つまり、笑いは使いまわせても、感動は使いまわせないってことです。

12日(月)ひとまわり
今日は久しぶりに渋谷に行ってきました。いろいろと買うものとかあったので。最近ずっと千葉にいたから、人が多くて耐えられませんでした。どこにいっても、人をよけたり、よけられたり…。まるで邪魔者みたいに…。都会は嫌です。
ブックファーストに行ったら、2ちゃんねる関係の本が平積みされてました。侍魂とかちゆとかテキストサイト系の本なども一緒に。「裏」も行き過ぎると、ひと廻りして「表」になってしまうのですね。ひと廻り、といえば今週のシャーマンキングのタイトルにもなっています。なかなか奥が深い。いろんな事に当てはまる気がします。人生。挫折して、成功して、また挫折して。試験。落として、取って(追試験)、また落として。ヲタ。萌えて、冷めて(5期メン加入)、また萌えて(紺野)。こうしてまた一廻り…。

13日(火)(幻の)サークルホームページ論
今日はバイトです。いつも通り学習相談を受ける傍ら、大学入試説明会に向けて資料を作ってます。しかし、入試の傾向が微妙に変わってて大変です。激動の東大入試において、2年前(受験時)の傾向は、もはや傾向ではありません。「ゆとり教育」を導入された学校の先生も大変だけど、入試の傾向で教え方を変えなきゃいけない予備校の先生も大変です。
最近、ようやく無料WEBスペースをGETしました。近日中にテクルーHPを復活させようかと思います。個人ページのほうは微妙です。いろいろ形を変え、趣向を変えてとやるわけですが、結局、落ち着かないのが個人ページの宿命。具体的な目標がなければ存続は苦しいでしょう。何といっても、自己満足だけではモチベーション不足、というのが最大の欠点です。
もちろん、このHPも休みを利用して大幅更新する予定です。今のところは、「活動報告」の部分を作っていく事しか考えていませんが、何か要望があれば、他の部分も更新していきたいと思います。というか、このHPは落研部員全員のHPなので、何でもいいから意見があれば言ってください!形式上は共同管理になっているこのページですが、将来的にはちゃんとした共同管理のシステムができれば良いと思ってます。最近、落研部員のHPは急増してきているし、そのWEB作成のモチベーションを何らかの形でひとつにできれば、より質の高い公式HPができるのはないかと思います。まあ、今の僕にはそんなシステムを作れる程の知識も知恵もまだ無いんですが。

14日(水)日記終了
今日もバイトでした。さて、昨日書いたHP更新計画が早くも始動です。その第1弾はタイトル通りこの日記の終了です。よく考えたら、このHPの一番改善すべき点は明らかにこの日記でした。皮肉な事に、自分で自分の首をしめるような事をしてしまいました。
思い返せば、この日記に対する不満は始まった当初からありました。しかし、その度に適当にごまかして、なんとか更新を続けてきました。何でそこまでして続けたかったのかというと、まあ、一言で言えば、代々続く伝統を崩しちゃマズイと思ったんですね。
ご存知の通り、僕は高校生の頃からこのページのファンでした。自分がこのHPを引き継ぐと聞いた時はそれはもう、アヤカのとつげき英会話に矢口が出てきた時くらい嬉しかったものです。だからこそ、代々続く日記は、確実かつ簡単に更新できるコンテンツである日記は、最低条件として更新を続けよう!と決心したのです。
しかし、そんな気合を入れてしまったのが災いしたのか、日記の内容には僕色が出すぎてしまい、結果として、それはサークルのHPとしては不適切なものになってしまいました。全裸写真を掲載するのもタチが悪いけど、「加護ちゃん、加護ちゃん」と書くのはもっとタチが悪かったようです。
僕の日記がサークルの公式HPに載せるようなものでないことは、自分でも十分に理解していました。だから、日記を終了する事に対して、反論をする気などはこれっぽっちもありません。「止めろ、止めろ言うなら止めてやるよ!」という態度では決してないので勘違いしていで下さい。僕も管理人である以上、HP全体の質を最も気にかけている人間のひとりですから。
まあ、正直言うと、引継ぎまであと3ヶ月、ごまかしながらも粘りたかったけどね。しかし、ナナペーにも参加していない僕にとって、落研での出来事を体験する日々なんてもはや送っておらず、限界と言えば限界でした。おまけに夏の後半は、ハロプロイベント目白押しだったし。そうゆう意味では、逮捕される寸前に自首したような感じです。
というわけで、執行部らしい仕事を何もやってないどころか失敗だらけの僕ですが、ついにこの日記までも失敗に終わることになりました。本当に、「部員やっててごめん!」としか言いようがないです。今後の展開ですが、形式だけでも代々続く伝統は継続させていきたいので、落研の出来事があった日に限り、軽く2~3行書くって感じで行きたいと思います。今までのように、毎日更新、長文、モー娘。ネタ、という事はけっしてやらないので安心してください。そうゆう日記は個人ページのほうで続けます。
これからは、サークルのHPとしての意識をしっかりと持ってやっていきたいと思います。そして、数少ないとは思いますが、今までこの日記を読んでくれていた皆さん、どうもありがとうございました!それじゃあ、シタッケネ~(byなっち)。

|

« セルフ日記2002年7月 | トップページ | 平成十四年度夏合宿 »