« セルフ日記 | トップページ | かしゅー日記2003年2月 »

かしゅー日記2003年1月

12日(日)価値観

今日が記念すべきこのかしゅー日記の第1日目ということで、本当はアニメネタや漫画ネタや色恋沙汰や芸能ネタや持病の肺気胸ネタを書きたいところを敢えて真面目に文学を書こうかと。僕は人生において常に目標を持って生活している、といっても気分屋で目標はころころ変わるが。今の目標は『様々な人に出会って様々な価値観を知ること』かな。世界は広い。井の中の蛙とはよく言ったもので、自分の把握できない場所に少しでも立ち寄ると、そこには常に新しい価値観がある。そして居心地のいい場所がある。今の環境に申し分はないが、より良い環境があるなら知ってはおきたい。そして今までにない考え方も知りたいし普通や常識・共通理念といった知識も深めたい。まあ留年の危機のある僕がそんなこと言ってもかっこ悪いけどね。

13日(月)成人の日

3連休は始まる前はあんなに仕合わせなのに3日目になるとどうも寂しいもので、明日からの学校…鬱。バイトをしていない劣等感と授業についていけない劣等感で押しつぶされそうな毎日、零れるため息。肺気胸・潰れる肺。おい、新年早々なんでこんなにネガやねん!いや、実際のところそんなに辛い毎日ではないです。さっき「やねん」って使ったけど、香川県出身の僕は一応関西弁の流れを組んでいるから関西っぽい言葉使うんですよ。そうだ!讃岐弁講座をしましょ。(多くの人が零興味かな。)

  1. どくれる・・・すねて卑屈になること
  2. よっけ・・・たくさん
  3. えらい・・・しんどい、疲れた  ・・・続く?

14日(火)なんとかなるよ。

今日の英Ⅱの授業はプレゼンの発表だった。来週は僕たちの班の番である。テーマは自由なのだが、調子に乗って英語でコントをすると言ってしまい、する羽目になった。といっても日本語コントも不自由な僕が英語で出来るわけがない、だのにメンバーは僕が落研だというだけで大船に乗った気でいらっしゃる。こはいとまずし、どうしませう。でも・・・「なんとかなるよ、絶対大丈夫だよ。」とCCさくら風に自分を励ましたら、なんとかなる気がしてきた。がんばろ!! それはそうと、昨日友達に髪を切ってもらったのだが、眉毛もいじられたので、自分の雰囲気が全く変わってしまった。嫌だな、また落研に行けば、『失敗したな。』っていじられるんだろうか。

15日(水)遅刻

水曜日は昼から授業なので、家でまたーり寝ていたら気がつけば1時前だった。おかしいな、あんまり遅刻はしないほうなんだけどね。ふと思ったけど、よくある彼氏彼女のセリフで、遅れてきた彼女が「ごめーん、待った?」と言い、彼氏は「いや、全然待ってないよ。」と言うが、「それじゃお前も遅刻か!」と彼氏に言ってやりたい。僕なら「待ってたよ。でも君を待つことは苦痛じゃないよ。」って言うな。…ま、どうでもいいけど。しかし今の髪型はつくづく(悪い意味で)衝撃的だ。今年、実家に帰ったらウォーキングマシーンがあったことぐらい衝撃的だ。

16日(木)好きだけじゃダメなのかなぁ。

今日は沖縄出身の友人と話した。彼は沖縄の女の子にクリスマスイヴに告白し、今遠距離恋愛中だという。幸せ絶頂の彼が突然漏らした一言、「別れようかと思っている。」衝撃的だった。ずっと以前から好きだと言っていた娘であり、うまく行っていると聞いていたから。理由を聞くと「相手に寂しい思いをさせたくない。」ことが一。彼女は沖縄に、彼は東京に。彼は「待つことも距離も苦痛ではない。」という。しかし、「強がっていても時に寂しい顔を見せる彼女に、会えない寂しさを感じさせたくない。そして、自分が彼氏としていることが、今後の彼女の出会いを妨げる、それは耐えられない。」好きだから、今まで出会った誰より好きな『その』彼女だから、敢えて別れを選ぶ、そう決心したと言う。果たしてそれは幸せな選択なんだろうか?好きだけじゃダメなのかなぁ。

17日(金)立て看作り

今日は7phのメンバー+八代さん、江本さんで立て看作り。なかなか手の込んだデザインと大きさで途方にくれそうになったが、なんとか一日で仕上げる。よくやったものである。その後、晩飯は渋谷のG・ラッシュ。メシ食って極端に眠くなる。即行帰ってそのまま就寝・・・疲れていた、何もかも忘れそうなほど。思い出すのは髪型/眉毛の評判の悪さだけだった。

18日(土)声優を語る。

昨日久々に声優の話をした。昔声優のファンだっただけに、少々熱くなった。何はともあれ好きな声優は丹下桜さんである。あの声は可愛すぎる。あと田村ゆかりさんもいい。だって丹下さんに声が似ているから。他は…飯塚さん、メグさん、ほっちゃんとかも嫌いじゃないっす。男だと緑川さん、関(智一)さん、子安さん、神谷さんがおすすめ。最近はあんまり興味がないので、麻績村さんとか桑谷さんとかはあんまり知りません。ちなみに声優の中では、売れてくると結構みんな歌を出すことが定番だが、丹下さんはまた歌がいい。曲と声がいい。ちなみにおすすめの曲は『Stand by me』『Make you smile』です。…誰にも共感されなかったので、今日はやめさせてもらいます。それはそうと、今日友達2人とゲーセンに行ったのだが、久々にUFOキャッチャーをした。400円でぬいぐるみ2個…結構いい方かな。そして、まもなく寮を出る沖縄の友達とかとプリクラをとった。別れって、どんな形でも寂しいなって思った。

19日(日)センター試験

昨日・今日はセンター試験の日である。地元の友人達も何人か浪人をしており、皆必死になって勉強してきたらしい。是非ともがんばって欲しい…しかし、結果を聞くと数学が超難化したとか、失敗したとか。なんだか寂しくなる。努力の成果が出ないほど辛い事は無い気がした。

20日(月)なっつ

今日は道端で元相方予定候補のなっつに会った。彼は相変わらずちょっとかっこよかった。そして彼はますおかのますだ風の空気を持っている気がする。なんか今演劇か何かをやっているらしいが、3月16日には下北で舞台があるらしい。是非来てって言われたけど、おそらくナナペで行けず。ごめん、なっつ。そうそう、関係ないけど、モ娘。の6期メンが決まったらしい。亀井絵里、田中麗奈、道重さゆみと藤本美貴である。追加はモー2人とか言っていたくせに、いい加減なものである。それにしても、田中麗奈は勘違いしそうである。ま、実際娘。にそんなに興味がないのでー。(高橋だけは可愛いと思うケド。)

21日(火)落ち研メンツに会う。

今日は落ち研1年生のメンバーにたくさん会った。古川と若島さんと美瑠に。みんな文系で、既にテストが始まっているらしかった。僕は来週からなのでまだ余裕をかましているが、そろそろやばい。学生の本分は勉強というものの、最近勉強がおろそかなのは否めない。取り敢えず単位くらいは取っておきたいというのが本音である。ところで今日はついに英Ⅱのプレゼンがあった。何時間も、ぶっちゃけ冬休み前から練習して、今日に至ったので、やる気は人一倍であった。発表、前半は散々なものでとにかくすべった。後半はダメもとでやったらちょいウケたので、そのまま隠し持っていた絵ネタを出したらウケた。内心『やった。』という。でもとにかく1つのことが終わって、肩の荷がおりたと思う。

22日(水)音楽事情

最近よくツタヤに行ってJ-POPのCDを借りる。最近のお気に入りはまずモンゴル800。…しかし解散するらしい。あとロードオブメジャー。…大切なものはよかった、しかし2曲目の雑走はあんまりだった。ちょっと古くなると、今さらながらにジュディマリにはまる。Hello! Orange SunshineとかBlue Tearsとかがいい。あと昔からファンのSOPHIAも、未だ見ぬ景色はよかった。TMRのinvokeもまあまあ。あとは…ミスチルとか無難にいいし、最近メジャーデビューした175Rも要チェックである。なかなか聴いてみると結構いい曲が多いので、もっといろんな曲を聴きたいと思う。気になるのは…最近ロックバンドが世代交代しつつあることだ。もう少しGLAYとかラルクみたいな実力派に返り咲いてもらいたい。ちなみにミスチルはReplay、GLAYは春を愛する人、ラルクはThe Fourth Avenue Cafeがお勧め。そうだ、讃岐弁講座その2をしよう。

  1. じょんならん・・・ただごとでないこと
  2. うちんく・・・自分の家
  3. ごじゃ、はげ!・・・このボケ!   ・・・続く。

23日(木)小倉君。

ここ2,3日、日記を書くのが1日ずれていることに気づく。例えば今日23日、今日記を書いているわけだが、時刻は深夜2時とか。こんな早朝に今日の出来事を書けるわけがない。そう、22日のことを書いているのだ。まあそんなに気にせず行こう。しかしこのかしゅー日記、誰も読まないのかと思っていたら案外、山室さんとか古川も読んでくれたらしく、迂闊な事は書けないと恐縮。そうそう、昨日山室さんと話したのだが、理系は好きな授業ばかりとるとDばかり増えて悔しいらしい…
…そんなことはどうでもよくて、小倉君だ。彼は最近、病院通いをしていたのはいいが(それも実際よくないが)、この前病院に行って薬をもらった後、帰り際に倒れて、そのまま同じ病院にUターンして入院したらしい。…彼の健康状態は正直やばすぎる。僕も肺の病気持ちだけに、同じ病人として心配一入(ひとしお)である。小倉君、お大事にね♪そして彼が退院したら2人で『病み上がり決死隊』というコンビを結…コンビ名からすべってるのでやめさせてもらおう。
(僕は見てみたいです。 by磯野)←部長が侵入してるー!ホウ酸団子置いとこ。

24日(金)フライング

日記はその日の終わりにつける…そんなことは一体誰が決めたんだろう。思うままに、書きたい時に書けばいいんだ。と、本末転倒してみる。
木曜の実験後の5限に僕は、思想・芸術一般の授業をとってみたんだけど、冬学期ずっと実験に手間取り一度も行けないまま、今日最後の授業が終わってしまった。レポートだけで成績がつくらしいのだが、結局全く出もせず、レポートも書かず、みすみす欠席にしてしまった。実験が早めに終わった今日は最後10分くらい前に顔を出そうとしたのだが、あの狭い114教室に最後10分入る勇気もなければ、10分待って出てきた見知らぬ人にレポート内容を聞くずうずうしさもなかったので、泣き寝入った。誰が教えてください。
疲れて家に帰って飯を食うと、突然ポテトチップスが食べたくなった。落研部員にはジャンクフード好きが多いのだが、僕もその一人である。ポテトチップス、その中でも僕はカルビーのスタンダードシリーズが最も好きだ。過去に数々の味が出た。【うす塩、コンソメ、コンソメパンチ、フレンチサラダ、フレンチビネガー、のり塩、焼き塩、しょうゆマヨ、バターしょうゆ、本場キムチ、九州しょうゆ、関西だしじょうゆ、手羽先、バジルトマト、本場キムチ、チーズフォンデュ、あぶりやきチキン、梅しお、明太子マヨネーズ…etc】
いくつもの味が生まれ、消えてゆく。生き抜くためには自分を売り込まなければならない。縦令、他者を押しのけてでも。そんなポテトチップスの中に僕は人生の儚さを見た気がした。…ちなみにお勧めの味は「のり塩」「九州しょうゆ」と、新味では「手羽先」。ちなみにカルビースタンダードシリーズ縛りと、現存縛りをなくすと【スコーンチーズ味、スコーンバーベキュー味、コーンポタージュスナック、牛丼スナック、焼きもろこしビーフ味、ベビースターラーメンカレー味、じゃがりこサラダ味、手羽先チキンチップス】などもうまい。
…僕のコレステロール値は今、limit break 寸前である。

25日(土)7ph
今日は7phの久し振りの練習があった。橋本さんが新しいネタ2つとネタ案を1つ書いて来ていて、それの発展が今日の課題。ネタは「家庭ネタ」「職場ネタ」「願望ネタ」。←内容言ったらだめなのかなぁ?各自希望パートに分かれての練習だったが、圧倒的人気は「願望」。もりたくさんも、磯野君も。かくゆう僕もその一人。理由は、演技力の無さを、一番ネタでフォローできそうだったこと。いきなりの発表で、思いついたネタを即行やったら、すべったと思いきや意外と高評価を得る。なんか僕はいいネタ出しても常に大根演技で破壊してしまう癖があって…全く7phと逆ベクトルの悪癖に、今後の心配がやられるなぁ。橋本さん・清水さんの演技力はやはり圧倒的に凄いと思った。あの場であれほど他を圧倒するほどの勢いが、舞台で心地よい自然さを作るんだと思う。今の僕だと大声張っても「ぼやき」になりそうだ。今後の心配がやられるなぁ。

26日(日)テスト勉強

1つやばいことに気付く。土曜もネットにテレビに遊んでしまって、はっきり言って一秒たりとも勉強していない。28日ドイ語、29日英Ⅰ、30日計プロⅠ。鬼。最近このページの更新が楽しくて。徐々に部員紹介とかを改造して行ってますんで乞うご期待。そんなことはどうでも良くて、今日は1秒も惜しい。というわけで、
See you again!(空耳アワーだと「醤油あげへん!」)

27日(月)肺気胸

テスト前にいつもかかる病気、其れ肺痛。月末のテスト前のこの時期には必ずやってくる気胸の恐怖。いつもそれに苦しめられる。決まってこの時期ということは、原因はやはり『勉強嫌い』とか『テスト恐い』とか『学校行きたくない』、つまりストレス、あるいは精神的弱さのように思える。病は気からと言うし、そう思ってた。しかし今回はちょっと違和感があるものの、いつもみたいに動けないほど痛くなっていない。何故だろう。自分なりに考えてみた。今回といつもの違うところは、「全く勉強していない」こと。そしていつもその勉強は「2徹3徹当たり前」であること。答えはすぐに出た。今回は身体に負担がかかる勉強をしていないからなんだ。といっても、遊びやネタを考えて徹夜しても全く身体に影響が無いことを考慮すると、一つの結論が出た。真実はいつも一つ。
テスト前という精神的なストレス(油)+テスト勉強という肉体的ストレス(火)
=肺気胸勃発(炎上)
ということだろう。ここで、今までわかった肺気胸に関する知識をまとめてみる。

  1. 一度かかると再発する。
  2. 精神的ストレスが誘発。
  3. 肉体的ストレスが誘発。
  4. 10代後半から20代前半の貧弱な男子に多い。
  5. 雨の日は危険。
  6. 無理な運動は危険。
  7. 傘などを持って、手を挙げ続けるのは危険。
  8. 重い荷物は危険。
  9. 入院で肺に管を通すのは有り得ないくらい痛い。

勉強はほとんど諦めた。今期、そこそこの健康と引き換えに手に入れるのは英Ⅰと独語と計プロの不可かも知れない。

28日(火)眠い(-_-)zz

もはやテスト多忙で日記など書いている暇は無いのだが、典型的なA型からか、一日の間に一回は日記を書かないと、その日中、落ち着かないのだ。まさに日記中毒といえよう。しかしこんな堕日記、書き続けることに意味はあるのか。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。しかも自問自答。まあ、意味はないといえばないし、あるといえばある。退屈しのぎにもなるし、先代やさらに以前からの伝統にかこつけて『誰かがやらなくちゃいけないこと』と日記を名目付ければ、書いていてすがすがしくもある。そんな日記の存在意義を問い直す一日だった。 …ただいま深夜4時。時間をあけてから改めて↑の日記を読んだが、意味がわからない。多分相当焦っていたのだろう。取り敢えずドイツ語の勉強は終わったので、ゆったり日記を書くことにする。(その後にある英Ⅰは考えないことにする。)昨日の電車での帰宅途中、京王線国領駅直前の車内でのこと、ふと誰かの携帯がなる。そして着メロはベタにも大きな古時計だったりする。「はい、もしもし。」…よくいるよな、こういうマナーを守れず電車内で平気で話すおばちゃん。と、ごくありがちな展開に終わると思ったその時であった。「いや、まだ新宿、うん。京王線。うん。それじゃ。」・・・・オイ!!国領だよ、ここは。多分そこそこ人の多い車内の誰もがツッコミたかったにちがいない。どんだけ寂れた新宿やねん!…でもなんでそんな嘘をつくのだろう。周りに人がいて、さぞかし恥ずかしかったろうに。しかも京王線はあっているのだから、つまり京王線新宿―国領間のわずか30~40分間だけごまかしていることになる。何のために?!考えられる理由は、①空白の30分を使った時間差アリバイトリック…ダメだ、すぐばれる。②帰りたくない…いや、それならたった30分と言うのはおかしい。③30分の間に何かすることがある。…?④ただのバカである。…ようにも見えなかった。やはり③だろう。しかし果たして30分で何が出来ようか?カップラーメン10杯完成?エレキング10匹退治?アイフルのCM30回?カールルイスの100m走180本?小林カツ代先生の料理10回?買い物1回?…買い物?買い物か。そう、主人(推定)には言えない買い物をするのだろう。それはきっと高価な、ヘソクリで、(すべて想像)、化粧品セットを買うのだ。謎は全て解けた!!僕はホームズ並の推理力でこう推理しよう、そしてそれは真実に違いない。友人との同窓会に出かけた妻は、夫に「ご飯までには帰る」と言い残していたにもかかわらず、7時になっても帰ってこない。おかしく思った夫は妻の携帯に電話、電車の音に気付く。妻はもう家の近くまで来ていたが、1つ、忘れていた「化粧品を買う予定」を思い出し、わずか30分の空白の新宿―国領間の乗車時間に、行きつけの店で、化粧品を買い、満を持して帰宅するつもりなのだ、もちろん夫には内緒で。夫は、その時の時刻と電車の速さから、不確定性原理を取り入れた相対論と量子論に、人口密度次元成分を加味して求めた「妻の予想帰宅時刻」を心に抱いたのだが、と同時に妻はそれを悟って最良の選択を叩き出したのだ。それが「今、新宿。」だった。心象駆け引きを制したのは、妻だった。・・・随分勝手なことを述べたようだが、強ち間違いではないと思う。それは、僕の推理はあの言葉からだけの産物ではないからだ。もう一つ・・・。そう、おばちゃんの化粧は濃かった。

29日(水)英Ⅰ

英Ⅰのテストは難しかった。あれほど書けないテストは滅多に無い。試験中、終始へこみっぱなしだった。ほとんど書けないままテスト終了。唯一の希望は、「みんなできていない」ことだった。しかし、その希望は試験終了2秒後に打ち砕かれた。「簡単やったよね?」「うん。」「優やな。」飛び交う安堵の声。…なんですとぉぉぉー!!あれを簡単と言うのは何ぞや!あまりの不安に、普段僕と同じくらいできないO西に、できなかったよね?と、問うてみた。返事は、「俺でも出来たで。」…えせ関西弁だった。さすが兵庫県民。…という話ではなくて、こいつでもできたんか!有り得ない!…一応、もっとみんなに話を聞くと、もちろん全員が全員出来たわけではなかった。しかし、「普通」あるいは「わりと簡単」であること自体、僕にとって致命的だった。だって僕は全く出来なかったのだから。…よぎるのは不可の二文字だった。
そして今日は沖縄の友達の送別会だった(神奈川に引っ越すとか)。毎日、当たり前のように会って話をしていただけに、死ぬほど寂しかった。当たり前のものが当たり前でなくなることほど、人にとって衝撃的なことは無い。

30日(木)レオン

今日は不思議な出来事があった。
京王線のつつじが丘で、発車待ちをしていたとき。ふと斜め前に立っていた少女…幼稚園くらいだろうか?
小さい子供は無邪気っぽくてかわいいなぁと思いつつも、余りある眠気で目を閉じていたら、なんとなく自分を見つめる視線に気付く。少女がこちらを見ているのだ。やばい、俺なんか悪い事したか?邪悪なお兄さんか?と思いつつ戸惑う俺に、少女は近づいてきた。そして…泣き出したのだ。
「この…(ひっく)電車に…(ひっく)乗っていれば…(ひっく)京王稲田堤…に(ひっく)行ける?」俺は問う。迷子?「違う(ひっく)。乗り…間違えた…(ひっく)の。」電車は…京王線八王子行き。止まらない。「ひっく。このまま…(ひっく)?それとも…調布で…乗り換えるの?」結構詳しいな。そう、それでいいんだよ。「どっちなの?」俺は彼女をなだめ、調布で乗り換えることを告げた。
しかし泣いている娘をこのまま一人で帰らしていいのか?俺は隣でいた親切なおばさんと相談して、俺が稲田堤まで送っていくことにした。
話を聞くに、彼女はどうも小学1年生で、稲田堤に家があり、いつも明大前で特急か準特急に乗って調布に乗り換えて帰っているが、各停には乗ったことがなく、わからなくなって相談したらしい。心配しなくても、明大前には全部止まるから、そこでいつもの橋本行きに乗り換えればいいんだよ☆
そして稲田堤に着く。改札まで行き、泣き止んで「もうここからは一人で行ける。」という彼女に別れを告げる。気をつけてね。「(ありがとう)」ぐらいは、聞きたかったな。
それにしても東京の小学生はすごい。1年生、去年まで幼稚園だった娘が、相模原線で調布まで、京王線通勤快速で明大前まで、井の頭線で渋谷まで。1時間以上もかけて通学するのだ、2回も乗り換えて。たった一人で。
久し振りに変わった体験だった。東京だからかな?こんなこと。まあ、悪い気分じゃなかったけど。
ただ俺は、少女と別れる前に、7pHのビラを渡した――『もしよかったら見に来て☆』
あざといな、俺。そしてきっと少女は来ない。

全く関係ないが、最近知ったこと 『3秒ルール』
床に落とした食べ物、3秒以内なら食べていいルール。バイキンが気付かないから~らしい。どうなんだか。

31日(金)ナナペ

今日は皆、遅刻だらけだった。間に合ったのは橋本さん、田村さん、森琢さん、僕の4人。そして練習は終わり、今に至る。(早っ!)
いや、7pHのことは7pHのホームページの方に任せようかと。あと、僕いっぱい写真撮ってどしどし更新したいのに、皆あんまり撮らせてくれない。ちぃ!
どうでもいいが『高校教師』を見た。上戸彩は素直に可愛いと思う。

|

« セルフ日記 | トップページ | かしゅー日記2003年2月 »