« 平成十五年度夏合宿 | トップページ | かしゅー日記2003年10月 »

かしゅー日記2003年9月

1日(月)石川ひとみ

大阪の友達が石川ひとみ・堀ちえみ・岩崎良美の握手会に行って、
でもなんか握手し損ねて後悔してた。
でも石川ひとみ好きってねぇ…。43才って。
『いや、36には見える!可愛い!!』って言われても。
基本的に石川ひとみ好きの大学生の意味がわからない。
ジョン川平的には『意図がわからない。』
誰をまちぶせする気やねん。

2日(火)クリムゾンフレア・黄竜剣・マルチウェイ・超風

アンリミテッドサガを面白いゲームだとは言わない。
でも今までのサガファンを悦ばせる仕掛けは少なくないと思う。
だからはまってるんです。

3日(水)自由

表現の自由というか、何を言っても自由な空間というのは楽しい。

4日(木)10本刀

知り合いの家には、伝家の宝刀(いや、まんまの意味で)があるらしい。
何でも武士の家系らしく、士族だった先祖が集めた10本の刀があるのだが
曽祖父の代に家督争いが起こり、その際に10本の刀も丁度兄弟姉妹10人に
分かれて渡ったという。
そのうち一本をそいつが持っているらしいのだが、何でも10本集めるのが夢だ!
とか言っている。一族集う時だ!とかって。
何だそりゃ!南総里見八犬伝かよ!
確かにかっこいいよ!10本集めると絶対何かが起こるんだよ!
大抵、封印された魔物とかが出てくるよ!そしてそいつは絶対強いよ!
そいつを倒してハッピーエンドかよ!当初の目的忘れてるよ!

5日(金)誕生日

前日23時59分~当日0時10分に、おめでとメールが10通くらい来ました。
メールをくれた落研のみんな他、ほんとありがとー(^_^)/~~

6日(土)ハタチ

僕は今日、生まれて初めてタバコを買いました。
どんな味がするんだろう?
いつも疑問に思っていました。
そしてー。

そして寮に戻り、友達に300円と引き換えにそれを渡しました。
…パシリでした。

7日(日)呪怨2

あまりの暇さに、映画『呪怨2』を見に行ってきました。
コワイというかキモイというかアタマオカシイというか、
あんなものを子供には見せられないでしょって思いました。
でも、俊雄君も役を降りれば普通の子供なんですよね。
将来、就職の時に俊雄君役の子が、
『僕、昔子役として呪怨に出てました!』
って言って、気味悪がられるのを懸念する程今の僕は暇です。

8日(月)イオシス

かつて、アクエリアスイオシスという飲み物がありました。
その味の美味しさと人気から、今では伝説となっています。
当時、10年ほど前でしょうか、アクエリアスの新味として、レモン風味の
アクエリアスイオシスなるものが売り出されました。
すぐに人気を博し、瞬く間に大ヒット商品となりました。自販機で、当時まだ
店舗数の少ないコンビニで、スーパーで、誰もが目にするようになりました。
人々、特に運動を好む人はその味に魅せられ、頻繁に飲んでいたようです。
しかし突如、イオシスは販売中止となりました。大人気にも関わらず。
ファンは当然文句を言います。苦情を言います。しかし、きちんとした理由も
告げられないまま、その後一切イオシスが販売されることはありませんでした。
その2年後、パッケージを似せて、アクエリアスレモンなるものが販売されましたが、
味は似て非なるもの、人々を惹き付けることはできませんでした。
すぐに販売されなくなりました。
人々は口々に噂します。『イオシスには発癌物質が含まれていた。』
『飲んで死んだ人が実際にいる。』
今となってはその真相はわかりませんが、あの人を惹き付ける味は、
何か中毒的であり、まさに有害であったように思えます。美味しすぎたのか。
僕も当時の一ファンとして、何か真実を見極めたいと思っています。
今年、アクエリアススマートレモンという商品が売り出されました。
それは見た目が違う上、味も、人気も、イオシスには到底及ばないものです。
会社としては、それでも、多くは語れないけれども、まだなおイオシスの人気に
少しでもあやかりたい、そんなところなんでしょうね。

9日(火)報告更新報告

落研HPの活動報告のお笑い番付に画像をアップしました。
画像制作はセルフさんです。感謝m(_)m

10日(水)NHK連ドラ

次回のNHK連ドラの主演は香川県・高松高校(俺の母校)出身で、ノンノ
のモデルをやっている藤澤恵麻(20)という人らしい。今上智に行ってるとかって。
(YAHOOニュース9/9より)結構可愛いんちゃう?
そう言えば木内晶子も香川やったよな?あの人ホンマに連ドラの主演やったっけ?
忘れたー。(多分こう書いたらアホな地元の友達がメールくれるやろ。)
しかし、やっぱNHK連ドラと言えば、ほんまもんの池脇千鶴(ちぃちゃん)でしょ。
果たしてちぃちゃんを越えるちゅらさんは現れるのかー。

11日(木)某R大

2chで散々叩かれてるが、某R大は有り得ない。きもい奴が多い。
そのHP群を見てそう思った。

12日(金)某天文部

某R大の某天文部の某奴はギャラクシーエンジェルが好きらしい。
そっちの天文(=ギャラクシー)好きっすか?マジできもーい。

13日(土)事務

久し振りにHPの活動報告を更新しました。
まあ写真をアップしただけですが…。
画像をVから取り出してくれた小橋さんに感謝m(_ _)m

14日(日)野球

バント!と見せかけてヒットを打ちにいくバッターのテクニのことを
『バスター』と言うらしい。いやぁ、奥が深い。ま、そんなに興味は無いケド。

15日(月)紙一重

誰かが言った。
『夢』と『目標』は違う。
『楽しい』と『嬉しい』は違う。
と。
じゃあ聞きたい。
『生』と『死』は違うのか。
『生きていること』と『生きていないこと』は違うのか。
と。
全部が連続で程度の話なら、それはとてもつまらない。
二元論で片付けるなら、平等は理想に終る。
錯綜するは儚さと遣る瀬無さ。
意味を問う時代は終り、すべての客観化は否定される。
ただ確かな希望だけが微かな光となる。
光は星を象り、星は空を彩る。
負の星の光に照らされて、遠く見るは誓いの空。
そしてまた、次の朝を待つ。

16日(火)世の中には正しい答えなんて1つもないのかも知れない

『何が正しいか、何が正しくないか。』
それはよく人々の間で議論される。
しかし、すべての物事に善悪が決まる筈はない。
そして『正しい』なんて、所詮感覚の次元を超えることはない。
だから、正しい答えが1つに決まる事もないし、
全員の正しい答えが一致するとも限らない。
いつもただ1つの答えを『正解』と無理矢理押し付けられるのは、
自由な発想の抑圧であり、決して『正しくない!』
その矛盾した見解が、ゆとり教育支持者と中央出版の根本思想である。
π=3でも構わないし、六角形=円でも気にしない。
3+4=?よりも、□+○=5の方が答えの幅は広がる。
そして、僕も少なからずその意見に同意する。
世の中のすべての問に、正解は存在しないのだろう。
もちろん□と○に自然数条件が欲しい所ではあるが。
しかし考えてみてほしい。
日常でよく、このテーマに関連した意見を耳にはしないだろうか?
『答え』とか、『問題』とか、『正解』とか。
「答えは1つとは限らない。」
「その問題に答えなんてない。」
「真実はいつも1つ!」
「正解はCMの後で。」
「D>0の時、異なる2つの実数解を持つ。」
まさにそういうことである(ここはダダイズム)。
もっとわかりやすく説明しよう。
『ポストは何故赤い?』という問いがある。その問いに、
ある人は、『目立つようにするため。』と答え、
またある人は、『赤いペンキが塗られているから』と答え、
そしてまたある人は、『塗料の色素が赤であるから』と答え、
ある人は、『白色光から赤の補色光を吸収する色素が介在するから』と答える。
『意味なんてない。』とか、『わかりません。』とか、それも立派な答えである。
『え、ポストって赤いんですか?』これも構わない。僕の実家の郵便受けは赤くない。
当然、全ての回答、どれ1つとて覆す根拠など存在しないのだ。
全てが解であり、1つの正解はないのである。
じゃあもし、2択の問ならどうか。
必ず片方が正しい答えになっているのだろうか?
例を挙げてみよう。
『星野監督と野村監督はどちらが優れているか?』
このテーマに、2対立者はこう語る。
星野派:星野は阪神を優勝させたんやで。
野村派:野村はヤクルト何回優勝させた思ってるんや?
星野派:それは関係ないわ。あくまで同じものさしで…阪神監督として考えろや。
野村派:同じものさし言うたな。
星野派:ああ。星野は今年の実績がある。
野村派:それは選手が良いだけや。選手の能力が高ければ監督関係無いわ!
星野派:え?
野村派:同じものさしで考えろや。同じチカラの選手で。明らかに実力は野村が上やで。
星野派:それはわからんやろ?
野村派:わかるわ。明らかに野村の方が選手が育つやないか。星野は…
星野派:待てや。でも優勝できんと意味ないやん。
野村派:もう2、3年で出来てたって。わざわざ金で選手集めんでも。
星野派:それでも1年目で優勝に導いた人選は星野やで。
野村派:はいはい、星野は人事部ですか。
星野派:何やと!
野村派:星野のどこが優れてるんや??
星野派:星野は人望も厚いし人柄もええわ。野村はサッチーが捕まったやろ!
野村派:それは関係ないやろが!
堂々巡りである。優劣は付けられない。
この例からも、やはり正しい答えは存在しないことになる。
『とは言っても、3+4=?という問には、7という答えしかないだろう。』
そう思う人もいるだろう?
しかし、考えてみて欲しい。これは本当に問であるのか?
じゃあ3とは何だ?その定義は何なのか?
4とは何だ?その定義は何なのか?
どちらも感覚定義になるだろうが、それがわからない人はまずいないと思う。
じゃあ3+4を考える時の3+4の定義と、7の定義は違うものなのか?
違うものさしで決められたものなのか?
否、そうではない。全く同じ定義をしている。
つまりこれは同じ定義、つまり全く同じことを言い換えているに過ぎず、
トートロジーである。3+4を考えることが7を考えることなのである。
だから、問ではないし、正解どころか答えというものすら存在しない。
あるのはただ1つの真理に過ぎない。
世の中は幾千の問で溢れている。そして、各々の問には、必ず答えがある。しかし、
世の中には正しい答えなんて1つもないのかも知れない。
もしも正しい答えがいつも1つに決まるなら、議論なんてなくなるから。
結局何が正しいか、何が正しくないかなんて存在しない。
でも、主観の正義をぶつけ合い、議論に花が咲くのを楽しめるのは
人間の強みである。だから、悪くはない。というより、喜ばしい。
今この時も地球上のどこかで議論が起こっているのだろう。
テーマは、きっと『何が正しいか、何が正しくないか。』
でも次に僕が議論をするなら、【『何が正しいか、何が正しくないか』という議論
は正しいか、正しくないか】というテーマがいい。
当然、僕は黙り込むことになる。

17日(水)元*カレ

内山里名よりヒロスエの方が完全に可愛いと思うのは俺だけですか?
否、誰もがそう思うYO!
ドラマ元*カレの最終回見ました。取って付けたような夏の思い出とサザンのツナミに
むしろ即行でやられましたが何か?
否、シンプルにグッと来るYO!

ここまで書いて思うけど最近徐々に文体が2チャンに蝕まれてきた。
これからは気をつけよう。
よーし、はりきって行くぞゴルァ!!
↑もうだめぽ。

 ダメだぁぁぁぁぁーーーーー!!!!!

18日(木)内定

無事、工学部システム創生A学科に内定しました。
まあ、点数的に心配は無かったんですが、
こういうものの結果待ちは、人間不安になるもんですよ。
受験の結果待ちとか、かけっこの順番待ちとか、
ジェットコースターの順番待ちとか、ホラー映画の上演待ちとか、
待ってる時って結構不安になりません?

19日(金)なんだか

松屋の牛飯の方が吉野家の牛丼よりもおいしい気がする。

20日(土)趣味

趣味は人の生き方そのものです。
他人の趣味が自分にとってどんなに興味がなくても、
それを否定することはいけないと思います。
それが何であれ、馬鹿にしてはいけないことです。
僕は人の生き方をそれとして尊重します。

21日(日)日進月歩されど進まず

時計の長針が短針を追い抜くたび寂しくなる。
自分はなんて無力なんだろうって。無気力なんだろうって。
時に逆らうことなんて出来ない。
時を無駄にするなんて簡単なのに。

22日(月)映画 御法度GOHATTO

地上波でテレビ放送するのが御法度ではないのか?

23日(火)寒い

最近寒い。ちょっと前まで暑かったのに、急に寒くなりすぎやと思う。
夏が終ってすぐに冬が来た。
昨日までは冷房、今日からは暖房。
我ながら軟弱だなぁ。

24日(水)テーマ決め

中学の頃、体育祭でテーマを決めることがあった。
何でも各クラスから1つずついい案を出して、それから生徒会の
代表者会議で最終的に1つ選ぶという、なんか選挙みたいな感じのもの。
全クラス1つずつ案を出すということで、うちのクラスでもなんかいいのを出そう!
という話になった。
テーマには1つ制約があって、漢字・仮名何でもいいが『5文字』にしてこい!
というもの。目立ってわかりやすいからとか。
クラスでは宿題となり、翌日までに考えることとなった。
そして僕は考えた。一晩中考えあぐねた。
そして翌日、僕はなかなかイカス(死語?)案を出した。
そしてそのテーマはクラス投票で1位通過した。
そりゃそうだ、いくら厨房と言えど、クラスの奴らが出した案は、しょぼ過ぎた。
『がんばろう』とか、『全身全霊で』とか。
ざけんな。無理矢理五文字じゃねぇか。
そして僕の出したテーマ案は生徒会代表者会議に掛けられる事となった。
案外選ばれるんじゃないかとドキドキの僕。
級長が出席して、投票をしてくるって。楽しみー。
―そして会議後
僕の出したテーマは3位に終ったと聞かされた。
結構残念だったけど、まあ3位なら悪くないか。
満足はしないまでも納得はー。
しかし、1位のテーマ、つまり決定稿を聞かされて愕然とした。
まさかそんな。ひどい。
級長もなんと、1位の案に投票したって。ざけんな!
責任もって自分のクラスの案(=俺の案)に一票入れろよゴルァ!

3位 『夢追う人々』
2位 『究極の神業』
1位 『ガッツだぜ』

ウルフルズ人気、恐るべし。
その年、第49回秋季大運動会『ガッツだぜ』が開催された。

…『夢に続く道』の方が綺麗だったかな?

25日(木)テーマ決め2

高校の文化祭でも似たようにテーマを考えたことがあった。
まあ、今回は自由投稿という形で。
今度は漢字1文字で考えろYOゴルァ!というもの。
考えた。小一時間考え続けた。
出した案は、
 『剣 -the sense of sword-』
自己満足に浸りつつ投稿した。
しかし、会議で0票だったらしい。
自分の感覚を全否定された気分。
自分の感覚が一番研ぎ澄まされてなかったという話。
軽く自己嫌悪。。。

26日(金)ピンポン

TBSでピンポンを放送していた。
でも、ちょっとがっかりだった。
この前ビデオで見た完全版に比べて、
カットが多すぎて。
…卓球だけに。
お後がよろしいようで。

27日(土)どういうこっちゃ

自由党と民主党が結託して
自由民主党を倒そう!とは、どういうこっちゃ。

28日(日)J医大

完璧にヤブである。
俺も肺気胸で1回行ったんだが、
医者も看護婦もだいたい肺気胸を知らなかった。
病室空きがあるのに、『いっぱいです。』と言う。
肺気胸を知っている人が来た瞬間に病室に空きができた。
ヤブのクセに人が多くて、なかなか診察されない。
C市では、キレタ人がキレテイル。
あの病院には二度と行かない。絶対に。
命が惜しいから。
ふとテレビに、J医大医療ミスの報道。
やっぱりね。

29日(月)なんだろな?

この前久し振りに、ほんと久し振りに爆笑オンエアバトルを見た。
うーん、自分が落研とは思えないお笑い離れっぷり。
まだ見たことない追い出し寄せのビデオを見て、パルスを上げようか?
あ、オンバトはシャカだけめちゃめちゃおもろかった。
そしてロザンのボケの方は思ったよりココリコ遠藤に似ていた。

30日(火)いろいろ

映画…かな。映画『私海』をテレビでやっていたので見た。
これがなんと面白いんだ。
雰囲気がすごくいいんだ。
びっくりした。
主演は八嶋智人。なかなかいかす。
そして小日向しえも主演なんだけど、可愛いんだ、これが
ココリコ田中がちょっと羨ましい。
僕はこの映画のほうが絶対、フレディ対ジェイソンより面白いと思う。
見てない映画に毒を吐くのは悪いけど。
原さんは無理に辞めさされた気がするけど。
ファイティング原田は今太りすぎだけど。
追い出し寄せ2002のセルフさんと佐野さんに爆笑したけど。
最近の新人女性アナウンサーの選考基準は外見だけっぽいけど。
北海道ですごい地震が起きたけど。
もうすぐ学校だけど。
嫌だぁー!

|

« 平成十五年度夏合宿 | トップページ | かしゅー日記2003年10月 »