« マスモト君日記2004年2月 | トップページ | 平成十五年度追い出し寄席 »

マスモト君日記2004年3月

1日(月)(雨、あられ?)
 雨降りすぎ。天気予報大はずれ。というのも、今日は看板の場所取りのため学校に行ったからです。それにしても寒い。腹立つわ。
 センターGUYとか言ってはしゃいでた自分が恥ずかしい。夕方のニュースで、渋谷で露骨に差別されてるヤマンバ、センターGUYの姿を見る。多分、彼らは渋谷の中でもかなりの異端。ボクは、流行の本流、保守本流かと勘違いしておりました。
 「トップランナー」、「情熱大陸」、「ZONE」等にケンドーコバヤシとか、なかやまきんに君とか出せよ。
 部長が2001年と2002年のオールザッツ漫才のビデオを返してくれました。そのまま部室に置いといたので見てね。レギュラーの「あるある探検隊」封印の瞬間、映ってるかも。


2日(火)(曇り)
 ビデオ返しに下北沢へ。なんか、店入った瞬間、万引き警報装置が鳴る。凹む。
 クレイジーケンバンドのベスト盤が出てた。ベスト盤自体は、あまり買わない方なんですが、アルバム未収録の名シングル曲が入ってたり、「行くぜ!みんな! ♪クレイージーケーンバーーンド」っていうジングルが入ってたり、欲しくなってきました。
 ギャグ辞典にギャグを投稿してもいいことが判明。


3日(水)(晴れ)
 寒いな。どうにかして。
 グランドセフトオートの新作(日本版PS2での話)が5月に出るらしい。あの大雑把な操作系さえ良くなればもっといいソフトになると思う。買うかどうかは迷いどころ。たまにやるとおもろい。なんか、本格的にヤクザゲームとか作ってほしい、日本の大手メーカーに。
 陣内智則が歌の大辞テンに出てた。着実に出世してるな。彼はもう東京に住んでるんですか?ちちんぷいぷい(関西の情報番組)には今も出てるんですか?


4日(木)(小雨)
 電子レンジつけながら、音楽聴きながら、電熱器動かしてると、ブレーカーが落ちた。ワオッ。ちょっとビビったけど、冷静対処。理性とはこういうことを云うのだ。
 
 女神転生は面白いね。悪魔合体も面白いけど、特筆すべきはストーリー。この前、B級オカルト映画みたいといったけど、そういったネタの組み合わせがかなり独特。そうです、組み合わせが面白いんです。あと、デザインもよし。


5日(金)(晴れ)
 明日、家族が上京してくるようなので日記は2日ほど、お休みします。
 内田Pの今日の日記にある、「ダイナマイト関西」で出てきた「老人の性」というフレーズ。もし、私の記憶が確かならば・・・、

 問題は「ちょっと変わったオバケ屋敷があった。さてどんなオバケ屋敷?」みたいな感じ。解答者はバッファロー竹若。解答は「テーマが、恐怖ではなく、老人の性であるオバケ屋敷」。

 というようなシチュエーションで使われたネタだと思う。(ちょくちょくダイナマイト関西は、関西で深夜に放送されてた。)だからね、みんな、内Pが「老人の性」って言っても無視してね。なぜなら、パクリだから!オッス!


8日(月)(晴れ)
 再開。家族といると、なんか胃が痛い。だから上京したんですが。
 収穫といえば、最近話題の古武術でおなじみ?甲野善紀氏のNHKの人間講座をまとめたなんとかって本を買った。甲野氏をフィーチャーした似たような本が多かったんですが、この本にはDVDがついていています。だから買いました、安かったし。う~ん、納得していいのか、眉につば付けた方がいいのか。すごいのか、すごくないのか。でも、うさんくさい話は甲野氏が直接関わっていない部分もあると思われ、どちらかといえば、感心するものでした。DVDで、古武術の介護への応用の映像があり、立った人を寝かす方法が紹介されてましたが、その画がなんとも言いがたく面白い。オバハンと甲野氏のまったりとした絡みが見れます。甲野氏が完全に乳を揉んでるような・・・。
 合格発表の日に勧誘ビラを配るんですがみんな、絶対落ちた人には落研とか言うなよ、みたいなこと言いすぎ。小学生か!(みんなの中に先輩は含まれておりません)もっと想像力膨らまして面白いこと言えよ!たとえば・・・、落ちた人に死ねとか言うなよ、とか。
 ところで、ホントに配るの?当日がどんな状況か知らないんですが。っていうか、落ちた人にも絶対、「落研で~す。」って聞こえるやろ。コソコソやってたら、誰やねん、ってなるやろ。で、根本的に矛盾してるやろ。
 というわけで、企画変更を提案。合格者の中から、安田大サーカスに入れそうな、ぶっ飛んだヤツ(体格、声、リアクション等)、存在=笑いのヤツをスカウト。こっちの方が建設的。ボク、相方探そ。


9日(火)(晴れ)
 ビラの原稿作りをしてたら朝に。そいで寝てたら昼に。朝には原稿を学校に持っていくことになっていたので、必死で学校に行く。誰もいないので、原稿置いて帰る。焦る必要ゼロですね。
 高田延彦を追ったノンフィクション、「泣き虫」を購入。生協に注文してたヤツです。読み応えはありそう。
 ヒクソンが95年バーリ・トゥード・ジャパンに出たときのイギリスのドキュメントを見る。いつもの調子だった。対戦相手が強いのか弱いのか、よくわからない。時代が時代だから。
 明日のビラ配り、トラブル起こらないかな~。


10日(水)(晴れ)
 合格発表を見に行くのは生まれて初めて。途中で新入生扱いされかける。受かってるんじゃ、一年も前にな!それにしてもお祭り気分やな、みんな。もっと厳粛にした方がいいと思うけど。去年の五月祭よりは盛り上がってた。ビラめちゃくちゃはける。すごいで。
 「落研でーす」とは言えないので、近頃話題の宗教団体名を複数使用。「○○会でーす」とか言っちゃった。笑ってくれたのは一人だけ。あと、一番ヤバイ団体名出したら、テニサーから一斉ににらまれた。めだってナンボやからね。
 
 UFC(アメリカの総合格闘技大会)イン・ジャパン’97のビデオ見る。桜庭が出てた。ちょっと大会がしょっぱい展開になってしまってて萎えた。


11日(木)(晴れ)
 今、自分の中ではアニメブームが到来。「イノセンス」の監督、押井守の「天使のたまご」っていう作品を鑑賞。この辺まで意味不明だと、逆におもしろい。でも実際、絵と音楽が良かった。


12日(金)(曇り)
 北野武の「ソナチネ」を見る。「BROTHER」と似てた。アクションシーンがなんともしょぼくて、そのへんはBROTHERの方が良かった。長渕とたけしが組んだら面白そうなヤクザ映画できそう。
 

13日(土)(晴れ)
 女神転生にハマって、なんか新作発表会(?)みたいなのに応募して当選して(山岡か)、ノコノコ行ってもうた。周りみんなオタクっぽかった。まじで、大学生にもなってゲームやってる場合じゃないと思った。このことは秘密やぞ。
 めがね買った。慣れないので頭痛い。
 テレ東のプロレス番組を見た。高田延彦が小川直也のことを「ノッポのギョロ目」と呼び、小川が高田のことを「おいこら!泣き虫!」と呼んでいるのが、いまさらながらツボに入った。二人とも、突っ込みいれないですからね。それにしても、「泣き虫」はひどい。仮にも最強と言われたレスラーですよ。ちなみに高田が若手の頃のニックネームは、「青春のエスペランサ」らしい。おいこら!青春のエスペランサ!

 田村正和が、DVDレコーダーの宣伝で「ボクの番組、勝手に録ってくれる」と言ってるけど、言うほど番組出てないやんけ。

 今日は疲れました。


14日(日)(晴れ)
 もう3月も中頃か、早いな~。


15日(月)(晴れ)
 7pHの舞台設営に呼ばれる。朝から晩までやる。高い所が怖かった。
 明日も行くっぽい。


16日(火)(晴れ)
 一日中、外でペンキ塗り。ありゃりゃ。
 内田Pと「ハードコア」もしくは「アメリカン・ハードコア・XXX(トリプルエックス)」なるコンビを立ち上げようかという話になるが、ネタがハードコアなので逡巡。シュミレーションを実行してみると、全く受けなさそう。多分やりません。
 英国のロックバンド、オアシスの曲を使ったドラマが四月から放送されるらしい(めっちゃ多分の話ね)。古めの洋楽流して(オアシスはそんなに古くない)、ドラマ流行らせて、アーティストも持ち上げるという現象(そして、アーティストの価値は下がる)がまたもや展開されることをここに予言しておきます。でも、オアシスはベスト盤出したりしそうにないバンド。そういや、二年前、大阪梅田の地下で、オアシスのベスト、と称して適当にパソコンとプリンターで作ったジャケット貼り付けてCDを堂々と売ってた。やっぱ、流行の発信地は「キタ」!


17日(水)(晴れ)
 7pHを手伝いに行くが、風が強くて看板作りは中止。楽屋にこもって内Pの持ってきたビデオを見る。みんな練習しており(ナイーブな雰囲気)気まずい。夕方、こそっと帰りました。
 内Pが里帰りの際に録ってきたビデオには、いつのまにか関西でビッグになって司会までこなしているフットボールアワーと、いつまでたっても変わらないバッファロー吾郎、ケンドーコバヤシの面々が。フットボール軍とバッファロー軍がネタを出し合っていくんですが、ボクはやはりバッファロー軍が好きです。バッファローの今回のネタは一番面白い部類に入っていると思います。ケンコバも良かった。たむけんも良かった。千鳥も良かった。
 ああいう仕切りをするのは、理解のある中堅クラスでいいと思います。フットはさすがに早過ぎです。

 明日も行く、みたいなことを小宮部長に言ってしまいましたが、夜中から風邪をひいたのか、くしゃみ、鼻水、頭痛が止まりません。無理かも。ビラの原稿頼まれてて、早く送りたいんですが、どうしよう。


18日(木)(雨)
 昼まで寝込んで、ちょっと起きて夕方までさらに寝込む。頭痛は治った。
 実は昨日、クレイジーケンバンドのベストの初回限定版を買っていて、今日聴きました。有名な曲はほぼ網羅されていて、お得感はあります。

 明日は7pHに行けると思います。ビラの原稿もついてきます。


19日(金)(晴れ)
 昼すぎに原稿渡しに学校に行く。7pHのリハを見る。いよいよ明日です。ボクはほとんど関与してませんけど、みなさん、是非足をお運びください。かなり作りこまれてますよ。
 うんちく王がゴールデン進出らしい。しりとり王のほうが面白いですが、あれ、しりとりじゃないッスからね。


20日(土)(雨)
 今日は家を出ませんでした。7pHの手伝いには行かなくて良かったんでしょうか。明日は行きますけど、なんか五月祭代表者会議に出ないとダメみたいだし、片付けもあるので。
 長渕のトリビュート(リスペクト?)アルバムが出るそうです。その名も「Hey ANIKI!」。すごいネーミングセンス。アーティスト陣を見ても、は?な感じがします。「裸足のまんまで」っていう曲のカバーは聴いてみたい。でも、どれも原曲以上にはならないでしょう。初回限定版には長渕のDVDがついてるんですが、これだけは欲しい。「初回限定版」とか卑怯。買ってまうもん、そんなん。あとこれ、CCCDっていうパソコンでコピーができないようにしてる特殊なCD。ボクはコピーとかは絶対しないんですが、CCCDは音質が下がるらしいのでそれが嫌。多分聴いてもわからないと思いますけど、気分的に嫌。人間ってそんなもんですよ。人間ってね。
 なんかわけのわからん特番多いな、最近。


21日(日)(晴れ)
 遅くまで片付け。調子乗りすぎたかも。
 五月祭の部屋取りで、一日しか取れていないというトラブル。かなり善処する。これはボクに責任無いんですが、いまだに追い出し寄席のメール告知が出来ていないというのは・・・、オレのせい?やり方わからんもん。善処します。
 日テレでUFC特集してた。日テレは確かに格闘技コンテンツが少ない。で、これからはUFC、地上波で放送してくれるんでしょうか。見たい。


22日(月)(雨)

 昨日の片づけ、夜遅くまでやってたので、完全に生活のリズムが狂った。


23日(火)(雨)

 ドラクエ5は名作だった。なぜか去年の九月ごろに懐かしくなってやった。そして、リメイク版が発売される。オレはかなり時代の先取りをしていたようだ。


24日(水)(雨)
 昨日深夜、テレビゲームの特番があって、またまた「たけしの挑戦状」が取り上げられてた。このソフトはホントよくテレビで見る。で、よゐこの有野が5時間でクリアーしていた。そんなもんなのか。あと、高橋名人を久しぶりに見た。桂枝雀みたいになってた。昔は遊びにもヒーローがいましたね。ミニ四ファイター(実在する人物なのか不明。さわやか系ミニ四駆大好き兄ちゃん)、スーパーマリオクラブに出てたヒョロヒョロのマリオカートの達人(たぶん中学生)、スーパーマリオクラブに出てたマスクかぶったおっさん(ゲーム情報を持ってくる。”3D”のことを”さんでぃー”といって渡辺徹に怒られてた。ゼルダの伝説を、買って二日ぐらいでクリアしてた)、バーサルナイト鈴木(いろんなソフトが出るたびに芸名を変えてた。SDガンダムの「円卓の騎士」ってソフトではゲスト出演。この人、ゲームうまいの?)。でも、子供心にも決してかっこいいとは思えなかった。番組内でもバカにされてたし。それにしても、テレ東最高!マジで、過去の番組のビデオとかDVDにして駒場図書館で永久保存しろ。
 
 桜庭vsホイス戦の完全ノーカット版を見る。この試合はさすがにリアルタイムで記憶している。桜庭のバブル期。でも、1時間47分は長い。かっこいい勝ち方でもないし。


25日(木)(雨)
 最近雨ばっかりで、作った新歓ビラを学校に届けに行くのが面倒で、でも今日が期限なので、結局、今日学校行きました。
 グランドセフトオートⅢの最後のミッションで立ち往生。かなりイライラつのってます。
 ドラクエ5のリメイク版が今日発売らしいのですが、行列できてる店もあったそうです。落研内でも買う人が複数おられるほどの人気ぶり。不思議。
 
 追い出し寄席、がんばるぜ!


26日(金)(晴れ)
 最近、柔術に興味あり。柔術サークルってないの?めちゃゆるーい感じの。習いに行くのは金かかるし。

 追い出し寄席ではとんでもないことが起きるぞ!みんな来てね。明日だよ。


27日(土)(晴れ)

 朝まで生テレビを最後まで見てしまった。眠い。昼過ぎに学校に行く。知らないうちに部誌が便所の落書きと化していた。
 当初、ネタでは椅子から転げ落ちるシーンを入れてたのですが、これがめちゃくちゃ怖い。とろサーモンがパイプ椅子から真後ろに倒れていたのですが、あんなの無理。芸人の凄みを改めて知りました。で、結局、立ってやることに。最後のモノマネは受けましたが、ちょっと中だるみしてしまった。あと、内Pのコントにゲスト出演。笑いながら出ていってしまい大失敗。申し訳ない。
 
 打ち上げは一次会、二次会と長いものに。一次会は、店の雰囲気を無視した騒ぎっぷりに店の人が怒ってた。はい、出入り禁止。
 二次会で森本さんから抱きつかれ、軽くスパーリングをするとめちゃくちゃ強い。酔拳って多分あんな感じ。福井さんから「ハッスルをどう思う?」と聞かれ、そこからプロレストークに。申し上げにくいですが、周りがうるさいのと、福井さんの呂律が回っていなかったのとで、全く聞き取ることが出来ませんでした。後で見ると、酔いつぶれてましたね。
 卒業された先輩方、今までどうもありがとうございました。
 
 帰って録画しておいたK-1を見る。曙が反則。あの目つき、完全に「ベルトの魔力」に取りつかれている。


28日(日)(晴れ)
 ダラダラDAY。
 もうすぐ「イノセンス」を見に行こうと思っているので、同じ監督の「アヴァロン」っていう実写映画をDVD鑑賞。押井監督の中ではわかりやすい方。序盤はちょっと眠たくなりますが、実はそれが大きな仕掛けの伏線。この仕掛けがやりたくて作ったみたいな気がする。一点突破みたいなもん。その仕掛けが面白くて、自分としては結構、満足しました。

 小麦粉を水で練って焼く。ナンのようなものができる。カレーつけて食う。塩も練りこんでおくと、まあまあうまいよ。

 
29日(月)(晴れ)
 高田延彦のものまねが完成しそうだったのに、今夜のテレビで、くりぃむ有田に先越された。正直言えば、3年ぐらい前にケンドーコバヤシが関西のラジオで既にやってたけどね。「今年ボクが印象に残った言葉は、『おいサク。お前、すごいよ』っていう高田延彦の言葉。」って言ってた。っていうか、もっと前に絶対誰かしてるやろけどね。
 奇遇なことに、ケンコバも今日の深夜番組に出てた。ついに東京「本格的」進出か?嬉しかったのは、最初に発した言葉が「っていうことは、風俗店に通ってるボクらもホストにお礼を言わなければならないんですね。」だったこと。番組全体を通して、下ネタ、プロレスネタ、大袈裟トークのオンパレードだったこと。大阪のテンションをそのままに結構目立ってて良かった。FUJIWARA、バッファロー吾郎が東京でトーンダウンしてしまってることを考えると、彼には是非とも頑張って欲しい。


30日(火)(雨)
 雨の中わざわざ下北沢までビデオを返しに行く。行きは歩き、帰りは電車。
 ちょっと前に書いたオアシスがテーマ曲のドラマの情報を撤回します。実は、ドラマの宣伝をしている時点で、まだテーマ曲が決まっておらず、適当に流してたみたい。一本取られました。「取ったー!!」by高田延彦(ノブさん)


3月31日(水)(晴れ)
 押井作品を見まくってる今日この頃。今日は、押井が原作・脚本やってる「人狼」を拝見。渋かったなぁ~。渋いの極み。ストーリーは非常に良く出来ていて、原作本以上。でも、キャラクターには全く感情移入できない作品です。
 暇なので学校に行く。学生会館が人でいっぱい。何を浮き足立ってんねん。ガキか!わしは四月が嫌いじゃい。でも、生活のリズムを通常通りに戻していくところなど、さすがオレ。学生のプロ。
 
 なんだかんだ言ってたけど、「泣き虫」読み終わりました。こんな愚痴ばっかりのバイオグラフィー珍しいんじゃないでしょうか。高田の人生は挫折ばっかり。しかも、高田は自ら不運を招くわけでもなく、飲み込まれ、流されていくんですよ。いやいや、かなり共感できますね。人を恨むでもなく、でも決して居心地がいいわけでもない人生。ボクもいっしょで、いつも泣き言ばかりです。あのね、自分の本でポリシーなんか滔々と述べられても、おもしろくないです。人生なんか、嫌なこと八割ですよ。高田みたいに、世間からすれば成功者の部類に入る人でも、本音吐き出せばこうよ。いい本でした。
 ま、ゴシップ本じゃないんで、これ言うのはご法度ですけど、気になるのは、高田の家族はどうなったのか(なんか不吉な未来が暗示されてる部分があったが、ほったらかし)、そして、借金は返せたのか、ということ。では、「泣き虫2」でお会いしましょう。

|

« マスモト君日記2004年2月 | トップページ | 平成十五年度追い出し寄席 »