« 宮本日記2005年9月 | トップページ | 平成十七年度秋風寄席 »

宮本日記2005年10月

1日(土)
 うわー、すごい!オンエアバトルで、タイムマシーン3号が、満点の545キロバトルを出しましたよ!びびった!ますだおかだに続いて史上2組目のようで。やー、ハードゲイみたいなのが流行ってる中で、ストレートなデブキャラって言うのは、逆に新鮮なのかもしれませんね。M-1でも頑張ってほしいです。

2日(日)
 のどとふくらはぎと腹が痛いです。今日は、渋谷にナナペーハーの小道具を買いに行ったり、炎天下の中映像コントを撮ったりと、学校周辺を蹂躙してきて、非常に疲れました。
 明日からナナペーハーはホール入り。と言うわけでもう寝ます。おやすみなさい。

9日(日)
 ナナペーハーのために、ずっとホールに詰めていたので、更新を一週間もストップしてしまいました。申し訳ありません。この一週間で、知らぬ間に、西武はプレーオフで敗退するわ、辻内の交渉権を巨人が得るわ、生ごみのゴミ袋がいつの間にか破けて、台所の床が黒い汁浸しになっているわ、大変でした。明日が休みなのが本当に嬉しいです。

10日(月)
 今日、ナナペーハーで使う小道具として友達から借りた帽子を、そいつの家まで返しに行き、ついでに軽く話をしたら、そいつが、「今、北京大学の学生との交流イベントの企画に携わっている」と、なにやらかっこいいことを言い出したので、正直ビビリました。みんな、アクティブやなー。俺も何かしないとなぁ。そろそろバイトしようか。

11日(火)
 ナナペーハー絡みで、授業が始まってたのにちっとも行けなかったのですが、今日初めて受けてきました。と言っても、3日間休んだだけなのですが。ところが、授業後、新しいクラスメイトと絡みたいと思い、レポートで出された問題について話し合ってる人たちの至近距離で、同じ問題を広げて待ち構えていたのに、誰一人話しかけてくれませんでした。既に溝ができ始めたようです。

12日(水)
 和泉元彌がプロレス参戦・・・。何を考えているのやら、この人は・・・。もう、十分、悪いイメージが付いているのに、どうして自分から、イロモノへイロモノへとなろうとするのでしょうか。狂言の枠を超えて、新しい表現を試みたいって言っても、こういうことじゃないと思うんですけどね。まあ、プロレスなら、あの母親が出てこない分、ましかな。

13日(木)
 なんだかここ数日テンションが上がりません。端から見れば、別にどうってことないのかもしれないですけど、なにやらいろんなことにさいなまれているような気がします。五ヶ月遅れの五月病なんじゃないかと思って狼狽しています。誰か僕に享楽を下さい。もしくは、季節の変わり目にさくっと着られるような薄手のジャケットを下さい。

14日(金)
 今日、気付いたら、朝には学校の売店のカレーパンを、昼には食堂のカレー南蛮うどんを、夜には渋谷・リトルスプーンのカレーをと、3食ともカレーを食っていました。今、俺の体の中のスパイス量は相当なことになっていると思います。未だに、なんだか胃が熱いです。最近、俺は辛さばかり追及して、カレーをちゃんと味わっていないんじゃないかと思います。反省します。

15日(土)
 ふと思ったんですけど、バルサンって、ダニやノミやゴキブリを殺しますよね。でも、殺してくれたところで、その死体ってどうなるんですかね?ダニやノミって、掃除機で吸えないから、バルサンするわけですよね?だったら、バルサンしたあと、どんな手段を講じたところで、死体は永久に残るわけですよね?ましてや、ゴキブリなんて、普段人の目に付かないところに隠れているわけだから、その死体も、永久に見つからないまま残るわけですよね?じゃあ、バルサンって意味ないじゃないですか。どうしてくれるんだ。

16日(日)
 今日は、二回目となるM-1参戦の日でした。有明のパナソニックセンターまで行って漫才をしてきたわけですが、残念ながら今年も一回戦負けでした。精進します。来年こそは。

17日(月)
 ロッテが31年ぶりの優勝ですか。いやー、すごいですねー。ロッテファンの皆様、おめでとうございます。それにしても、阪神対ロッテなんてカード、数年前までは考えられなかったですよね。時代は変わったなぁと思います。どっちも中継ぎ、抑えは安定しているので、序盤にどれだけリードを取れるかの勝負になりそうですね。そしたら、やっぱり先発の安定しているロッテが有利かなぁと。

18日(火)
 今日、いろんな大学の落研やお笑いサークルの方が参加するライブに出場してきました。思えば、外部のライブに出るというのは初めてのような気がします。いろいろと勉強させていただきました。それにしても、ナナペーハー、M-1、そして今日のライブと、お笑いがらみのスケジュールが今までないほどきつきつだったここ数日間を終えて、やっと一区切り付いたと思ったら、10日後には秋風寄席なわけで、ああなんなんだこれは。

19日(水)
 今日は、昼飯は山手のゆき特盛、晩飯は苗場のチャーハンと言う、よ!これぞ駒場キャンパスの学生!と言う食生活を送りました。こんなんだからどんどん腹が膨れるんですよね~、きっと。最近、とんと緑黄色野菜を食ってないな~。かぼちゃが食いたいです。かぼちゃコロッケが食いたいです。

20日(木)
 今日、深夜二時半からのTBSの番組に綾瀬はるかが出るとの情報をネットで見たので、ワクワクしながらずっと見ていたら、「あいくるしい」DVDだがなんだかの告知で、出演シーンが数秒流れただけで、延々と川田亜子の調子乗ったトークを聞かされ、しかも裏ではミラン対PSVとか言う好カードを放送していて、結局シェフチェンコ見れなくて、もう死にたい。

21日(金)
 やー、しりとり竜王戦、面白かったですね~。やっぱり、板尾は他の名人たちとはレベルが違いますね。何であんなのが即興で思いつくんでしょうか。ほんと天才ですね。そういえば、森山中大島も頑張ってましたね。ああいうことができるんならもっとテレビでやればいいのにね。どうでもいいけど、大島は、やせたら多分ちょっと可愛いよね。

22日(土)
 浅草のほうにお笑いライブを見に行ってきました。いやー、おもしろかった!特によかったのは「鼻エンジン」の村田渚です。元フォークダンスDe成子坂の。今年新たなコンビを結成して、M-1にも出てるらしいです。これは、数年越しのブレイクがくるんじゃないかと、それくらい思わせるほどのクオリティでしたよ。ほんと、行ってよかった。

23日(日)
 うわー、こりゃ、ロッテ強いなぁ・・・。10-0て。こりゃあ、このままの勢いで突っ走ってしまうんじゃないでしょうか。それにしても、今日の阪神は守備が悲惨でしたね。先制点はタイムリーエラーだし、3暴投でファーストランナーが生還なんてのもあったし。これじゃあ、ロッテに勢いをづかせるだけですからね。甲子園では、もっと締まったロースコアのゲームを見せてほしいです。

24日(月)
 生協の白石さんって男性だったんですね・・・。ヤフーニュースによると、生協の白石さんこと、白石昌則さん(36)に、所属の東京農工大から感謝状が送られたそうです。いやー、僕はてっきり白石さんはちょっと天然の30前後の気品あふれる女性だと思ってたので、ショックです。それにしても、ここまで取りざたされると、白石さんの面白さが薄れていくのではないかと心配です。

25日(火)
 深夜の通販番組をだらだらと見ていたら、「チタンのパワーでマイナスイオンを放出するブレスレット!」とかいって、怪しげなリングが21000円(送料別途)で売られていました。いや、俺、こういうの見たら毎回思うんですけどね、マイナスイオンってのは、具体的には何イオンなのかと。そこをはっきりしろと。問いただしたいですね。

26日(水)
 ロッテ日本一!おめでとう~!いやー、一度もリードを奪われずに日本シリーズを制するって言うのは、史上初らしいですね。それほどの圧勝だったロッテ。投げてもよし、打ってもよしで、本当に素晴らしかったと思います。まあ、どうでもいいけど、小林宏之はちょっとイケメンだからって調子乗りすぎですね。来年のオープン戦でピッチャー返し顔面に食らって、来期絶望になれ☆

27日(木)
 久しぶりにt.A.T.uを見ました。うたばんです。ジュリア(黒髪のほう)の肌が、ものすごく黒くなっていて、がっかりでした。いや、元からあんな肌だったかも知れん。思えば、高2の頃、めっちゃジュリアが好きになって、地元の本屋においてあったタトゥーのポストカードを、世界史の教科書の裏表紙に貼り付けて、授業中それを眺めていました。淡い思い出です。

28日(金)
 今日は秋風寄席でした。大変多くの方にお越しいただき、本当にありがとうございます。今回、アンケートのコンドミニアムの欄に、「宮本日記、毎日楽しく読んでます」と言ったコメントを寄せてくれた方がいました。ありがとうございます。もうこの日記を書くのは一ヶ月足らずなので、これからはどんどん僕のオピニオンを全世界に発信していきたいと思います。来週あたり靖国問題に関するコラム書きます。お楽しみに。

29日(土)
 明日はM-1の二回戦があります。東大落研からは、「辻斬り」と「甘いもの好きなだけ」の二組が出場します。というわけで、明日は2組の応援にパナソニックセンターまで行ってきたいと思います。M-1ホームページを見たところ、出場者はほとんどプロで、アマチュアはほんの少しみたいですけど、番狂わせを起こしてほしいです。頑張れ~\(^○^)/

30日(日)
 昨日書いたように、M-12回戦見てきました。東大落研の二組は、残念ながら3回戦進出とはなりませんでした。2回戦を突破した中で、ひときわ異彩を放っていたのは、僕は始めて見たのですが、「島田夫妻」です。ご存知の方も多いかもしれませんが、どういうコンビかと言うと、タキシードを着た夫と、ドレスを着た妻と言う、貴族みたいな服装をした夫婦が出てきて、妻のボケに対して、夫が「カンツォーーーーネ!」(イタリア語で”歌”の意)とつっこむと言う人達です。すいません、僕の文章力では、あのコンビのすごさを伝えることは到底かないません。家に帰ってググってみたら、なんと、彼らは、海外でも活躍するオペラ歌手らしいです。わあ。何その二足のわらじ。素敵過ぎ。

|

« 宮本日記2005年9月 | トップページ | 平成十七年度秋風寄席 »