« 後藤日記2005年12月 | トップページ | 平成十八年ハツワライライブ »

後藤日記2006年1月

4日(水)

 あけましておめでとうございます。今日東京に帰ったので、ようやくHP/日記更新の再開です。
6日間お笑いの聖地大阪にある祖母の家に滞在していました。阪神大震災の際2cmずれたままだという噂の2階に泊まり、居心地はさほど素晴らしくありませんでしたが、関西の年末年始は飽きるほどお笑い番組があるので上方漫才がじっくり見られて幸せでした。東京中心のお笑いブームの影響で全国放送の電波にはのりにくくなっていますからね。それにしても一晩に3本の生放送に出て全部違うネタをやったり、同じネタの長さを変えることができたり、プロって凄いなあ。色々と見比べて非常に勉強になりました。

今年の抱負1
努力+面白い先輩の引退+未熟な後輩の入部=私と相方のコンビのポジションアップ

今年の抱負2
抱負1が達成できなくても卑屈にならない

 本年もよろしくお願いいたします。


5日(木)

 今日は大まかに言うとネタを書いていました。そしてこんな感じでどうだろうと相方とメッセで話し合ったのですが、メッセが何か分からない方いらっしゃいますか。メッセとはメッセンジャーの略で、部外者に覗かれずにできるチャットのようなものです。チャットが何か分からない方いらっしゃいますか。チャットとは複数人でできる文字の会話で、まあリアルタイムでメールを交換している状態に近いです。メールが何か分からない方いらっしゃいますか。メールとは光速で飛ぶことができる鳩が届ける郵便物のことです。鳩が何か分からない方いらっしゃいますか。辞書を引いてください。


6日(金)

 そもそも明日から3連休なのに授業を始めるのがおかしいわけで、授業は勿論のこと、部会にも人が少なかったようです。しかし無事に来週のハツワライライブの出順などが決まりました。出順を決めるにあたり、まず一組目は執行部の学年のコンビが務めるというしきたりがあるそうです。皆がよっぽどやりたくないからでしょうか。でも一組目には一組目なりのメリットがきっとあるはず。そう、どんなにどうしようもない人間にも、必ず一つはとりえがあるように。

誰か替わってください。


7日(土)

 落研メアドに届く迷惑メールが最近増えています。殆どがinfo@****.comからです。*にはアルファベットが入り、いちいち違うアドレスから同じようなのが来るんですが、私はそれらを全て熟読した上で受信拒否設定をしていました。アルファベットが26文字あることには、つまり同じ行為を26の4乗回繰り返さなければならないことには薄々勘付いていたのですが、やってやろうじゃないかと。これは自分との戦いだと。そう思って頑張っていたのですよ。しかし、ついに今日「受信拒否アドレスが多すぎてこれ以上設定できません」と表示されました。そこで私はinfoで始まるアドレスからのメールが全て削除フォルダに振り分けられるという画期的な設定を行ったのです。何て頭が良いんだろうと自分に感激しています。今日ほど生きていてよかったと思ったことはありません。


8日(日)

 中学時代からの悪友が泊まりに来ています。母から「もし掃除が行き届いていなくても、お客様に気づかれないように掃除しなさい」と幼い頃から言いきかされていたので、彼女がパソコンに気を取られている隙に風呂掃除を始めました。私は大変友達思いな上に、外から帰った時とトイレを出た後は手を洗わなければ気が済まないという重度の潔癖症なので、あんな汚い風呂に友人を入れるのは忍びなかったのです。そんなわけで必死に掃除していたら、後ろから覗き込まれてあっさりバレました。「掃除してやっとこれか」と思われたらどうしよう、と心配のあまりじんましんが出そうです。神経質なので。


9日(月) 成人の日(NHK「爆笑オンエアバトル 成人の日SP」放送)

 昨日と今日は休日出勤してネタ合わせでした。相方はこの日記で自分に触れられるのが恥ずかしいようなのですが、私は彼女と過ごした楽しい時間を記録せずにはいられません。マイナーな漫才師の話で盛り上がったり、チキンバーガーを半分こして食べたり、思いつきでオチのない即興コントをやったり、そういった一つ一つがすごく貴重に思えるのです。素敵な相方に出会えて私は本当に幸せ者だと思います。その相方にこの場を借りて一言言いたいのですが、あのチキンバーガー、あなたの取った方があからさまにチキン大きかったです。


10日(火)

 わざと、やかんをかけっぱなしにしています。部屋が乾燥して風邪を引いたり手がカサカサになったりするのを防ごうと始めたのですが、湿度上昇によって体感温度が上がり、単純に湯気を浴びているだけでも暖かいので暖房としても有効なのです。しかし湯気を出し続けたおかげでひどい結露が生じていることにさっき気づきました。放っておくとカビるかも知れないので、雑巾で拭きとった方がいいのでしょうが、ずぶぬれの窓と扉を拭き切るには雑巾を何度も何度も絞らなければならず、そうこうしているうちに拭いた所へまた水滴が付き、それをまた拭き、という作業を続けていくうちに、手が荒れてカサカサになるに違いありません。


11日(水)

 何だか数日中にお腹を壊しそうな嫌な予感がして仕方がありません。まず、夜10時頃まで寒い屋外でネタ合わせをしたのがよくありませんでした。そして変な味のお茶を飲み続けていることにも不安を覚えます。私が風邪を引いても誰も疑問に思わないでしょう。感染元候補にも事欠きません。昨日までお腹を壊していた人と会いましたし、リアルタイムでお腹を壊している人にも会いましたし、明日からお腹を壊す予定の人にも会ってしまいました。


12日(木)

 明日は、わけあって名前は出せませんが、落研でイベントがあります。えっ、ハツワライライブだなんて誰も言ってないじゃないですか。何で分かったんですか。まあ、バレたら仕方ないので言いますが、ハツワライライブが明日あるんです。しかし、私の個人的事情により、相方には放課後のネタ合わせを諦めてもらいました。あれ、ゼミの新年会に行っただなんて誰も言ってないじゃないですか。よく分かりましたね。ええそうです、今日はゼミの新年会だったんです。それにしても、ゼミとか言うと「勉強してる大学生」って感じがしてカッコイイですよね。ん?そんなこと誰も言ってませんか。そうですか。


13日(金)

 ハツワライライブ、無事終了です。ご来場くださった皆様、お忙しい中ありがとうございました。そして部員の皆さん、寒い中お疲れ様でした。
私と相方は今回が3度目の漫才だったのですが、大分落ち着いて舞台に立てるようになった気がします。それでも本番ギリギリまで相方が「もう帰る」と言うし、私もお手洗いに通いつめるし、一時はどうなることかと思いました。トップバッターに決まった時もどうなることかと真っ青になりましたが、やはり一組目なりのメリットはあるようです。人間は何にしても理由が分からないのを嫌がるもので、だからこそ無理に説明付けようとするおかしな宗教などが生まれるのでしょう。「客席がまだ暖まっていないから」というウケない自明の訳があるというのは幸せなことです。


14日(土)

 今日は一日中引きこもって勉強していたのですが、何故か久しぶりに親類と電話で話す機会が多い日でした。ちなみに、叔父さんに「昨日ライブだったんですよ」と軽い気持ちで話を振ったところ、「笑いは取れてるの?」とやたらシビアなクエスチョンで返され、もっと寄席に出向いて勉強した方がいいとまで言われました。おかげでやはり芸人の端くれたる者常に向上心を持たねばならない、すなわち絶対「爆笑オンエアバトル」を見なければならないのだと思い、むしろ見逃したらどうしようと恐怖に駆られ、テレビを消したが最後見忘れてしまうのが心配で電源を切ることもできず、放送が始まるまでの4時間ずっとテレビを見ていました。
久しぶりに勉強したらお腹が減ったので、真夜中ですが何か食べて寝たいと思います。


15日(日)

 今日は天気もよく3月並みの陽気だったので、思わずコンビニに弁当を買いに出かけたら7200円が飛びました。さて、それは何故だったでしょうか。
1.弁当を買い、さらに2か月分の固定電話使用料を払ったから
2.大河ドラマ「功名が辻」のオープニングで出演者その他の名前が横書きで流れるのが気に食わないから
3.今までさんざん「お茶が腐りかかってる」とネタにしてきたのに、真に腐敗したお茶を目にしてしまい、単なる被害妄想にしか過ぎなかったことに気づいたから


16日(月)

 同じクラスの親切な友人(落研ライブの大切なお客様でもあります)にノートを借りて写させてもらっていたら、統計の対象となる事物の集団を「母集団」と呼ぶことを知りました。驚愕です。「募集団」じゃないんですね。「おい、アンケートに協力しろ」と人々を拉致する黒服+サングラスの男たちのイメージと共にインプットされていましたが、これでこの言葉に対する印象が180度変わりました。「母集団」と言うと母親が「さあみんな、おやつですよー」と呼び集めた感じがするじゃないですか。そういう優しい言葉だったんですね。勉強になりました。


17日(火)

 今日まで知らなかったのですが、一昨日、現在落研5年生の先輩「握りっぱなし亭BB」さんが「R-1ぐらんぷり2006」の1回戦を突破したそうです!握りっぱなし亭BBさんといえば、「M-1グランプリ2005」の1回戦をコンビ「辻斬り」として突破した経歴もあり、とにかくこれはもう、本当に目茶苦茶もの凄いことなのですが、どれだけ凄いことかお分かりにならない方は別に驚いてくれなくてもいいので、とりあえず私にR-1ぐらんぷりのRが何なのか言わないでください。自分の力で考えます。


18日(水)

 今日は第一外国語(必修)の英語Ⅱのテストと第三外国語(趣味)の韓国朝鮮語のテストがたて続けにあったので、昨夜遅くまで勉強していました。私は睡眠時間が4時間を切るとアレルギー性鼻炎と頭痛を併発し、意識が朦朧とした結果思考能力が低下します。おかげで試験の出来はいまいちだし、部室で自分たちのネタのビデオを見ても面白くないし、試験を頑張った自分へのご褒美に買ったいちごムースの味もよく分かりませんでした。


19日(木)

 大学の保健センターに行ったのですが、「昨日までは確かに睡眠不足によるアレルギー性鼻炎だったのに今朝起きたら風邪になっていたんです」と熱心に主張したところ、「この薬はどっちの鼻水にも効きますから(さっさと出て行ってください)。」と言われました。しかも3種類の薬を同時に飲むことで相乗効果を持つらしいです。便利で結構なことだと思います。


20日(金)

 明日・明後日は大学入試センター試験です。その準備のため午後の授業がなく、部会もお休みでした。受験する友達と後輩に、この場を借りてエールを送ります。頑張ってください。落ちと滑りは私が引き受けます。


21日(土)

 今日は上京して初めての大雪でした。そう大雪という程でもないですが、引きこもりたくなるには十分です。寒いので風邪を口実にゴロゴロしていたところ、2度寝して夢の続きを見ることに3回も成功しました。謎の男に連れられて空の旅をする夢です。小さい頃は階段の一番上からジャンプすれば空が飛べると信じていたので、飛ぶ夢と言えば階段から飛ぶ夢でしたが、さすがに大学生らしく現実的になり、雨傘で飛ぶようになりました。


22日(日)

 センター試験で初めてリスニングが導入されたわけですが、昨日の本番で機械がうまく作動せず再受験することになった受験生が出たようですね。きっと今頃必死で英語の勉強をしていることでしょう。私も英語Ⅰの試験が近いので真剣に勉強しなければならない(進級するつもりならば)のですが、なかなかはかどりません。試行錯誤を重ねた結果、愚直に教科書を読む方法は頓挫したので、とりあえず教科書の後ろの課から前の課へ向かってつぶしていく戦略をとることにしました。この戦略のメリットについては、試験が終了するまで一般公開できません。


23日(月)

 来週30日にサークルオリエンテーション委員会の第1回会議が行われるそうです。こんな時期から準備をするものなんですね。新入部員(特に女子部員!)を入れるために頑張らなくては。
思い起こせば去年のサークルオリからもう9ヶ月以上。あの頃の私は体調が悪く、入学早々生きる気力を失い、サークルのしつこい勧誘が癇にさわって仕方がなくて、周囲はどうであれ私は大学生本来の姿を守りひたすらに勉学のみを愛し励むのである、と心に決めつつ一人落研のブースを訪れ、なんだかんだすったもんだで今日も日記を書くのに2時間かかったんだ。


24日(火)

 今日は調整時間割のため終日月曜日でした。私は火曜より月曜の方が早く帰れるので、明日英語Ⅰの試験を控えた身としてはありがたいことです。しかしどうもやる気が起きないので、なんとかテンションを上げようと「爆笑オンエアバトル」の録画を3回分視聴してみたところ、すっかりいい気分になってぐっすり眠れました。英語の(単位の)神様は私の頭に机を2回ほどぶつけてくださったようなのですが、神よ、誤算である。人間は眠いと痛みも感じないのです。
試験開始まであと約13時間。


25日(水)

 東京23区寄席目黒区版が本日駒場キャンパスで開催され、暖かい雰囲気の中無事終了したということです。加勢に行けず残念でした。
さて、英語Ⅰの試験が終わったのですが、私が採用した勉強戦略のメリットについて説明を始めると長くなって明日の中国語(第二外国語・必修)の試験にひびくので、一般公開は延期させてください。その代わり、今日私が作った見た目が悪いのを除けば味以外に問題はないリゾットのレシピを紹介します。
  ①一口大に切った人参、茄子、舞茸を目分量の水でゆでる
  ②固形コンソメで早くも味をつける
  ③乾燥しきったご飯を加え、歯ごたえがなくなるまで煮る
  ④そろそろ食べた方がいいと思うものを入れる
  ⑤まんべんなく焦がす


26日(木)

 ゼミの人と高校時代の話になり、何の気なしに風紀委員の話に触れたところ、「今時そんなの漫画でしか聞いたことない」と笑われて吃驚しました。世間一般では風紀委員はそんな風に捉えられているんですか?この日記を読んでくださっている全世界の皆さん、あなたの出身校に風紀委員会があったかどうか私に情報をお寄せください。しかし不思議です。風紀委員がいないなら、授業の最初に号令をかけるのは誰なのでしょうか。それに、生徒が通学路を二列で歩いているかどうか沿道の喫茶店にはりこんで調査するのは何委員会の仕事ですか?あと、先生が教室にいなくても生徒が靴下を三つ折りにして履いているかどうかチェックする係は?それにしても驚きました。5日前吃驚をびっくりと読むことを知った時の吃驚を上回る吃驚でした。


27日(金)平成17年度最後の部会

 国勢調査の約1億2千万分の15の規模でアンケートをとった結果、母校に風紀委員会なぞなかったという意見がほとんどでしたが、「生活委員会」などの類似の委員会があったという人はわりといました。うちは中高一貫だったのですが、そういえば風紀委員会だったのは中学だけで、高校では生活委員会と呼んでいましたね。要するに名前が珍しいというだけの話でしょうか。それにしても、風紀委員がレアだったことへのショックより、情報を寄せてくれと日記に書いたのに誰も話し掛けてくれなかったショックの方が大きいです。読んでくださっているだけでありがたいとは思いますし、こちらからにじりよって「風紀委員あったの、どうなの」と聞いたら答えてくれたので別に構わないのですが、でもちょっとはぶててます。はい、この「はぶてる」というのは、「すねる、いじけて不機嫌になる、ふてくされる」といった意味で、小さい子供がけんかしてふくれたりする時よく使います。

広島弁講座 第三回 ~語彙編その1~

(注)アンケートに協力してくださった皆さん、誠にありがとうございました。


28日(土)

 12課から21課までの10課分がテスト範囲の時、12課から順番に勉強すると次第にうんざりしてきてしまいます。しかし最後の課からさかのぼって読むと、20課を読み終わった時思わずページをめくって21課に進もうとしますよね。すると「あ、これ読んだじゃん」となる。そして19課を読み終わった時もつい20課を開いて「そうだ、もうやった所だ」となる。この繰り返しこそが大切なのです。自分は勉強をしている、いうことが実感されればされるほどモチベーションが保たれ、順番に読む場合よりも能率が上がるのです。
という画期的な英語Ⅰ試験攻略法を実践した私ですが、この戦略に至る前に12~13課を読んでいたことに加え、逆行の途中で「このペースじゃ間に合わない」と不安になって真ん中から読み始めてしまいました。つまり14・15・17課を読み残したまま試験に臨むハメに陥ったのです。しかし、これで「余計なことを考えてないで勉強した方がいいよ」という教訓になればいいものの、私が勉強しなかった課が丁度出題されなかったんですよね。よって教訓を「自分を信じろ」に変更します。


29日(日)

 大河ドラマ「巧妙が辻」に出てきたので「籠城」を辞書で引いてみたところ、家に引きこもるという意味もあることを知りました。そういうことなら昨日の私は籠城、今日も籠城、ちなみに今日は春節、旧暦で言う正月です。そして14日の日記で触れた叔父さんの誕生日であり16日の日記で触れた友人の誕生日であり、特に触れたことのない祖父の命日です。皆様おめでとうございます。要するに私が言いたいのは籠城という言葉はカッコイイということです。今後は私を引きこもりとかヒッキーとは言わず「籠城」もしくは「ロンちゃん」と呼んでください。
※「籠城」を中国語で発音すると「ロンチャン」になります(籠城という意味にはなりませんが)。


30日(月)

 2005年度の授業は今日で終了しました。明日と明後日が補講期間、そして学期末試験期間へと突入です。駒場図書館は試験勉強をしようとして居眠りする東大生でごったがえしています。また今日から国公立大学入試の出願も始まり、日本各地で多くの人が夜遅くまで勉強する季節となりました。私も夜食を友に夜更かしするたちなのですが、夜食は勉強やレポートを書く作業を中断せずに食べられるものにすべきです。つまり結論から言うといりこです。手で食べられるのに手が汚れず、一つ一つが小さいため空腹度にあわせて食べる量を調節できる。さらにカルシウムまで摂れるという文句なしの夜食です。さらにいりこのどこが夜食として優れているかというと……すみません、ちょっといりこの塩分でのどが痛くなってきたので今日はこの辺にしておきます。


31日(火)

 1月は行く、と言いますが、今年の1月はゆっくり過ぎていった気がします。大学生になったせいでしょうか。期末試験は3月という高校生的感覚が残っているので既に3月のような錯覚すらあります。そんな1月の締めくくりの日に、私は生まれて初めて寄り道をしました。正確に言うと、わざわざ切符を買って一人ふらっとどこかへ行くのが初めてだったのです。誰かと出かけるかもしくは籠城という今までの私にさようなら。少し大人になったついでに迷子にもなりましたが、何とか歓楽街に入り込む前に目的地に着くことができました。あれ、ふらっと寄り道したのに目的地があるというのは論理的一貫性に欠けますね。まるで今日出したレポートみたいです。

|

« 後藤日記2005年12月 | トップページ | 平成十八年ハツワライライブ »