« 平成十八年度五月寄席 | トップページ | 平成十八年度24時間大喜利 »

後藤日記2006年6月

29日(木)

 自分達のネタが面白くない気はずっとしていたのですが、ついに気のせいではないと確信しました。明日はもうリハだというのに、ここへきてネタの大幅改訂です。切羽つまりすぎてネタづくりのポリシーもネタあわせのスタイルも全てかなぐり捨てました。それはもはや私達ではないということなので、ひょっとしたら面白くなるかも知れません。

28日(水)

 自主休講や本当の休講のおかげで1日1コマ状態が3日続いています。1コマって楽でいいですね。全然勉強している感じがしない程です。その1コマで漏れなく睡眠を補給しているからでしょうか。そうこうしているうちに駒場小空間入り浸り生活も後半戦へと突入します。本分とか本業という言葉はしばらく聞きたくありません。

27日(火)

 昨日のホール入りで部室の荷物をほぼ全て移してあるので、事実上駒場小空間が部室と化しています。涼しいし広いし生協から近いし快適この上ないのですが、唯一気になるのが独特の臭いです。あれは何なのだろうかと不思議でたまりません。臭くはないのですが、全身に染み付くんですよね。一日中とは言わず小一時間の滞在だけでも十分です。体中とは言わず鞄などの手回り品にまでしつこく絡みつきます。だから多分、すれ違った人に「あいつは駒場小空間に行ってきたな」とばれてしまうとは思うのですが、外部の皆様も恥ずかしがらずに落研W杯にご来場下さい。

26日(月)

 落研W杯のホール入りでした。一日を落研に捧げたなという感じです。部員の皆さんも作業お疲れ様でした。私は解散を待たずに抜けさせてもらったのですが、その帰り道にちょっと嬉しいことがありました。NHK「爆笑オンエアバトル」司会のアナウンサーらしき人物を見かけたんですよ。相方と定めたガイドライン「街で芸人に遭遇したら躊躇するまい」に抵触するかどうか悩んでいるうちにすぐ見失ってしまいましたが、そもそも一人の時声をかけたりする勇気が起こるはずもありませんし、どう考えても抵触していませんね。

25日(日)

 高校時代の友人達と遊園地に行きました。面白いものを見せられるとすぐ自分が見せる側に回りたくなるのですが、今日ももれなくそうでしたね。アトラクションの案内役を自分ならどうやるだろうとか、そんなことばかり考えてしまいました。しかしそれだけなら他の所へ行った時にでも起こることです。さすがに天下の夢と魔法の王国ともなるとグレードがあがり、自分でテーマパークを作りたくなりました。

24日(土)

 今日は、私と相方のコンビ結成一周年でした。ありがとうございます。あ、別に拍手してないですか。とにかくぴったり1年前、私達は「秋から舞台に立とう」と決め、コンビ結成記念日を2人で祝うことを約束したのです。その言葉の通り漫才に挑戦するようになり、今日もネタあわせ兼一周年パーティー(会場部室、出席者2名)を行ったのですが、まさか本当に実現するとは我ながら驚きましたね。うわっ、びっくりした。あ、別にクラッカー鳴らしてないですか。

23日(金)

 ちょっと現実から離れた一日でした。駅で漫才師(5月13日の日記に書いた人と同じです)を見かけ、騒いでいた女子高生に便乗して握手をしてもらったんです。それで夢見心地になったのもそうですが、今日のメインイベントは明治学院大学落語研究会のライブを観に行ったことでした。そういえば他の大学のお笑いライブを観るのは初めてだったのですが、本当に面白くて、雰囲気もよく、非常にいい気持ちになったんですよ。しかし不思議なものですね、明学を出た途端、突然東大落研が恋しくなってしまい、学校へ引き返し、欠席するつもりだった部会に少しだけ顔を出しました。帰ってみてやっぱり落ち着くなぁと思ったのは当然ですが、現実にも引き戻されましたね。迫り来る落研W杯が恐ろしくてたまりません。観るだけだった一年生の頃の何と楽しかったことか。それと、よくよく考えてみると、何故か第一関節までしか握ってもらえなかった気がします。

22日(木)

 W杯第三戦、深夜28時キックオフ、対ブラジル戦が日本の最後の試合になりました。何せブラジルですからね。「王者」ですからね。普通の国日本の応援が終わったので、今朝ネタの第1稿があがった落研W杯に集中しようと思います。いやー、それにしても悔しいですよ。何故私は深夜27時半から28時にかけての仮眠に失敗してしまったのでしょうか。さすがに深夜32時半まで寝たと言うのははばかられます。

21日(水)

 ラクロスの認知度はいかほどなのでしょうか。私も先っぽに網のついたステッキを使う球技だということ位しか知りませんが、結構知り合いにやっている人が多いです。何故そんな話をするのかというと、今朝そのラクロスのステッキをスポーツバッグに刺して持っている人が同じ車両にいたからです。そして私は、降車まぎわにそのステッキをぎゅっと握りました。さてここで問題です。私はラクロスのステッキが物珍しくて、触らずにはいられなかったのでしょうか?はたまた、手すりの色と似ていたので誤ってつかまってしまったのでしょうか?正解者の中から抽選で1名様に、「持ち主が寝ていたのがせめてもの幸運」ストラップをプレゼント致しません。

20日(火)

 落研W杯のネタをそろそろ用意しなければならないので、夜更かしが続いています。規則的で健康的な生活はもはや遠い国のおとぎ話です。とにかくモチベーションを上げるためにおやつを買い込んできました。大阪の祖母からの宅配便が予想以上に凄かったので、ちょっと後悔しているところなのですが。段ボール箱の中には大量のお菓子と一緒に「おにぎりの具にしなさい」と佃煮も入っていました。ありがたいことです。しかし、佃煮や漬物といった食品は、ご飯と味噌汁と複数のおかずがあった上で初めて手を出せる高貴な存在なのではでしょうか。東大生協のレシートの束を見ながら、コンビニ弁当の容器の山を見ながら、ホコリをかぶった炊飯器を見ながら、私は深いため息をつきました。

19日(月)

 今日は落研W杯の看板作り作業がありました。私は一行目の「東京大学落語研究会」の「落語研究会」の部分しか塗っていませんが、真心こめて失敗したので皆様どうぞご覧ください。しかし私は放課後ゼミの勉強会に出てしまって完成を見ていないので、後で誰かが直してくれたかも知れませんね。そのゼミではたいてい理解の範疇を超える難しい議論が展開されており、私はおとなしく傍観しているのが常です。しかし今日初めて机を叩きながら力説するということをしました。周りの方々は十分ヒいていたように思いますが、実はまだ「東大女子がモテない理由」の「モテない理由」の部分しか語っていません。

18日(日)

 W杯、日本戦だったので後半だけ応援しました。一戦目(12日)の対オーストラリア戦は負け、二戦目(今日)の対クロアチア戦は引き分けということで、三戦目は絶対に勝ちたいところですが、ブラジルがとても強いことくらい私にも分かるので、なかなか大変なことになったなと思っています。ところで、後半だけしか観られなかったのは、6年前から愛してやまない、3年前観劇のチャンスを逃した某ミュージカルを観に行っていたからです。一戦目(3日)は興奮し過ぎてまともに味わえなかった部分があったものの、二戦目(今日)は周囲の客席のノリがよくてスタンディングもできましたし、三戦目は絶対に振付まで覚えて帰りたいところですが、またまた行くような余裕がないことくらい私にも分かるので、なかなか実現は難しいなと思っています。おそらく4年後辺りにやってくるだろう次の機会まで待つことにしましょう。

17日(土)

 今日は単位が来ないと結構ピンチな科目のレポート〆切でした。最初からぎりぎりまで粘るつもりだったのですが、全く目処が立たないまま時間ばかりが過ぎていく苦しい一日になりましたね。ラストスパートで何とか仕上げてメール送信し、ほっと一息ついたところです。よく噛むと賢くなるという話を思い出して、悩みながらひたすらガムを噛みまくっていたのですが、多分こういったことはもっと若いうちから実践していないと駄目なのでしょう。一度に4粒口に入れて力いっぱい噛み続けていたものの、顎の疲れ損だった気がします。今日噛んでもいつ効果が出るか分からないし、何より幼いうちから訓練しておかなければ誤って唇を思いっきり噛むことになります。

16日(金)

 七夕寄席無事終了です。ご来場くださった皆様、誠にありがとうございました。
コント初挑戦やら色々印象深い一日だったのですが、何より後輩と服がかぶったのが驚きでした。10年位前友達とたまたまそっくりなワンピースを着ていた時のことが思い出されましたね。「私達双子なの~」と双子ごっこを始めたら、もう一人が怒って帰ってしまったんです。さすがにこの歳になって双子ごっこはしませんでしたが、相当テンションが上がる出来事でした。街で見かけるならまだしも、なかなかないことでしょう。興奮ついでに少しだけ、「はいどーもー!」と漫才コンビごっこをしました。

15日(木)

 七夕寄席のコンセプトは、例年通り「落研杯と別口で出る」です。というわけで明日は、この日記に登場するのを恥ずかしがる相方と嫌がる部長、そして喜ぶだろうと噂されている副部長の4人で組むことになりました。今まで練習を重ねた漫才しかやったことがなかったのですが、明日はどんなアドリブが出るか分からないコントの舞台に立たされます。恐いですね。同期で集まっても、いつものネタ合わせに比べて驚くほど練習しませんでした。そういえば、キャスティングさえ変更の可能性アリだそうです。万が一私が恥ずかしがる役か嫌がる役に変更されたら、喜んで人のことばかり日記に書こうと思います。

14日(水)

 金曜が七夕寄席なので、駒場キャンパスの昼休みは毎日ビラ配りです。と、あたかもビラを配ってきたかのような言い草ですが、いつも水曜は昼下がりからしか学校に行かないので今日は参加しませんでした。しかも今週はいつもに輪をかけて時間割に余裕があったので、高校時代の友人と非水曜日レディースデー派の映画館に行ったんですよ。皆が頑張ってビラを配っている時に1000円で映画を観ていたら申し訳ないですが、1500円なら許されるでしょう。そういえば今年の1年生はビラ配りがうまいような気と、今回はビラのはけがいいような気がしますが、気のせいではない気がします。何となく配っていて気持ちがいいんですよね。そして今回はビラのデザインが格別いいような気もしますが、私が作ったような気がします。

13日(火)

 人と食事をする時って、何となくメニューがかぶらないようにするものですよね。しかし相方と食事をする時は何故かおそろい志向になります。そして今日も二人で唐揚げ弁当を注文したのですが、一人分しかできないと言われてしまいました。すると、お互い気を使ってチキンカツ弁当に変えたところ、お店の人まで気を使って唐揚げを一つずつおまけに付けてくれたんですよ。もともとボリュームのある弁当がさらに大盛になり、お腹が苦しすぎて好意に殺意を覚えそうでした。ちなみに相方が自分をネタにしすぎだと怒っていますが、そこは任意ということで。

12日(月)

 皆さんこんにちは、オリンピックとワールドカップの時だけ国粋主義者になる典型的中道派です。気が付けばドイツW杯も開幕し、今日はついに日本の初戦でした。スポーツとは理不尽なものだなあというのが正直な感想ですね。オーストラリアさんおめでとうございます。詳しいことは何も分かりませんが悔しいです。さて、話は同じNHKが電波に乗せた全く違う番組に代わりますが、昨日昼間に父親と電話で話し「今日の大河は本能寺の変だよ」と言ったところ、父親は薄い反応をし、代わりに「信長と共に死んだ家来の名前は?」と言いました。私が答えると「じゃあ毛利攻めをしていた秀吉が急いで引き返したことを何と言う?」と聞き、同じように答えたら「じゃあ光秀と秀吉が争ったことから勝敗の分かれ目として慣用句的に用いられるようになった地名は?」と出題したのです。私は考え込んでしまい、若干満足気な父とそのまま話を終えました。その答えを今日のお昼近くまで考えてようやく思い出せたんですよ。ほっとして気が緩み居眠りしてしまったのは置いておいて、実を言うと父は歴史は好きですが大河ドラマがそんなに好きではありません。そして私は大河ドラマが大好きなのに歴史をさほど好きではないのです。いまいち噛み合わない後藤父娘ですが、負けず嫌いなところはそっくりに育ちました。

11日(日)

 今日(11日)の出来事を書くにあたってまず12日のことに触れねばなりません。6月に入ってから2、3日に1度のペースで日記を更新しているのですが、相方に「6月の日記を早く書き始めた方がいい」と言われてしまったのです。リンクの貼り忘れで入口が不明瞭だったのが原因のようで、日記カテゴリページの読込みの遅さを改善する作業と共に直しておきました。確かに一週間まとめて更新したりした前科もありますし、他にも多くの人が更新を知らずにいたことでしょう。しかし、例えリンクが貼られていなくとも相方にだけは更新に気づいて欲しかったと思わずにいられません。何せ他の誰も気づかなかったことにも気づいてくれる相方なのですから。というわけで、今日(11日)髪を切りました。自分でも切ったことを忘れるくらい形が変わっていません。

10日(土)

 高校時代の友人達と大学生演劇を2つはしごしました。と言っても、テレビ番組を続けて見たりするのと同じにされては心外です。映画館や劇場などの空間をはしごするのはなかなか大変なもので、特に生身の人間が目の前で動いていると、観る方も相当精神力を消耗する気がします。12月18日の日記に演劇とコントの違いは「ある意味で偽物だという点は共通しているが、現実を再現するか模倣するかという点が異なっている」と書いたように、演劇は現実と別個の空間を生み出す芸術です。その世界は当然現実が投影されたものであり、と言うより、上演時間内限定・劇場内限定の「現実」なので、観客は精神的な空間移動をしなければなりません。そして感情移入すればするほど心地よい疲労がもたらされます。一方コントは異空間を生み出しはしても、そこへ観客を取り込むことはないのです。現実と微妙にズレたその世界を、観る者は離れた位置から、すなわち通常の現実世界から覗いています。だからコントは模倣なのであり、お笑いライブの会場全体が「現実」になることも、演劇のような空間移動に伴う疲労を得ることもありません。えー、要するにお笑いはいくら観ても疲れないという結論に達したわけですが、話がこんなところに行き着くなんて心外です。

9日(金)

 24時間大喜利、ひどい風雨にさいなまれながらも無事終了致しました。私は昨日残り13時間半のところで帰り、また今朝残り3時間半になった頃駆けつけたのですが、不在の間に参加者の体力が使い果たされていたり、一年生の能力が上達していたりして驚きました。10時間って長いんですね。ましてや24時間ですよ。格好良すぎますよね。落研に縁のなかった人も「面白いことやってたね」と言ってくれたりしたので、これで少々評判が上がったのではないでしょうか。真昼に放送禁止用語を叫んでいる時通りかかった人のことも考慮すると、総合してプラマイマイですね。

8日(木)

 24時間大喜利が始まりました。他大落研さんも応援に来てくださるし、通りすがりの人たちも結構足を止めてくださるので、賑やかに進行しております。私は明日小テストがあることを考えて帰宅したのですが、今こうして日記を書いている間にも、深夜のエロ喜利コーナーが盛り上がっていることでしょう。ライブを除くとこういういかにも落研的な企画はあまりないので新鮮ですね。参加する勇気と力量があればなぁ、と思いながら見学していました。少し前から雨が降り出したのでどうなっているか心配ですが、明日の朝からまたサクラになりに行こうと思います。正午まであと約10時間、頑張ってください!という言葉が届くはずもないところがまた楽しいですね。

7日(水)

 この日記の半分近くを居眠りネタが占めているような気がしてならないのですが、どうも気になるので書いてしまいます。授業中に居眠りをしても何ともないのに、どうして自分の部屋の椅子に座って寝ると足がしびれるのでしょうか。こういった、知りたくてどうしようもないのに誰に聞けばいいか分からないことってたくさんありますよね。そしてそんな疑問をぶつけるのに、この日記ほど格好の場所はない気がします。ここぞとばかりに色々疑問を挙げたいところですが、さしあたって日記をスラスラ書く方法が知りたいです。

6日(火)

 初めての営業活動に行って参りました。悲惨な漫才になってしまいましたが、言い訳をさせてもらえば、今日は直前の練習が十分にできなかったんです。私が不誠実な行動をとり相方を怒らせてしまったのも当然よくなかったですが、何よりキャンパス内で宣教師に英語で話しかけられるなんて誰も思わないじゃないですか。それで予想外に時間をとられました。しかし訪問先の皆様は優しい方ばかりで、夕食までおこぼれにあずかることができたというラッキーな日でしたね。ご一緒した他大落研の方とも仲良くなれて、有意義この上なかったですよ。アドリブの恐ろしさを知るという意味でも勉強になりましたし。「それからえーと、えーと、あれ、ほら、あのー何だっけ?……助けて!」という私の奇跡のアドリブ、そして相方の「頑張って!」という応酬を私は生涯忘れません。

5日(月)

 五月祭の日からずっと左足の裏の血管が切れそうになっているんですよ。ただ、血管が切れそうだというのはあくまで主観で、おそらく実際は足の裏の筋肉がひきつっているだけだと思われます。筋肉がつるのは運動不足だからですよね?今日ちょうど後輩に靴のデザイン性のなさを馬鹿にされたので、足に負担をかけるようなお洒落な靴を履いて筋肉を鍛えようと思います。

4日(日)

 相方と買い物に出かけた先で、人生初の万引き未遂が起こりました。ぶつかった拍子か何かで鞄の中に指輪が入り込んだようなのです。9歳くらいまでしか騙されないようなデザイン&値段だったので、それで捕まらなくて本当によかったと思います。万引きは欲しいからするというものでもないと聞きますけど、ちょっとかっこ悪いですよね。しかし万引いて絵になる商品って一体何でしょうか。所謂高級品だとえげつないし、食べ物だと意地汚いし、難しいところです。将来万引きたくなるまでに考えておきましょう。

3日(土)

 6年前から愛してやまない某ミュージカルを観に行きました。喜びにうち震え、音楽が流れ始めただけで涙する程でした。何せどの曲も完璧に頭に入っているので、ずっと口パクで一緒に歌っていましたよ。もう一度行きたいという私の欲求を抑えられる人は誰もいないでしょう。お笑いは私にとって欠かせないものですが、ミュージカルを観る時のあの興奮はお笑いでは得られませんね。どうしてだろうなと考えたんですけど、やっぱり…観劇だけに?

2日(金)
 
入部希望の他大生の名前を見て女かと思ったら男でした。ありがちなミスです。エアコンつけたのに涼しくならないと思ったら暖房かけてました。ありがちなミスです。ありがちなミスで三段オチができると思ったら無理でした。ありがちなミスです。

1日(木)
 午前中あられもない格好で二度寝をしたらようやく五月祭の疲れが取れ始めたようで、久しぶりに寝ないで授業を受けることができました。寝てしまった授業も当然ありましたが、まぁ今日は暑かったので仕方ありません。そういえば、五月祭後更新をサボっている間にも新HPがどんどん認知されてきたようで、平均アクセス数(/日)が大分増えてきました。累計アクセス数も10000件突破です。その大部分が私でしょうけど、まぁ今日は暑かったので仕方ありません。そんなアクセス解析ができるようになったというのもブログ版へ移行して良かった点の中の一つなんですよね。良くなった点にはなかなか着目してもらえないのが悲しいところですが、まぁ今日は暑かったので仕方ありません。

|

« 平成十八年度五月寄席 | トップページ | 平成十八年度24時間大喜利 »