« [基礎①]HPの構造について | トップページ | 後藤日記 »

後藤日記2006年12月

5日(火)

 そろそろ新管理人内藤君の日記が始まるので、後藤日記も今日でおしまいです。最後は自己紹介で美しく終わりたいと思います。1年間ありがとうございました。

名前:後藤 太眞子
年齢:20歳
性別:女
出身:広島市
座右の銘:病は気から、出物腫れ物所嫌わず

…やはりこれじゃ終われませんね。

というわけで、ひこさん。1年間部長お疲れ様。あまりにしっかり者すぎて時々聖徳太子みたいでした。打ち上げの後言ってた通り、これからも落研をがっちりつかんで離さないでね。几帳面なたっちゃん。部室神としての部室の整頓清掃を含めたら、実は一番の仕事量だったのかも?ひこさんを陰で支える素晴らしい副部長でした。お疲れ様。これからはちょっとぐらい汚す方に回りなよ。そして相方!会計・打ち上げ幹事の仕事もですが、スタッフの統率本当にお疲れ様。アンケートに「受付の対応がよかった」って書いてくれた人がいたのは相方のおかげだよ。コンビとしての活動、これからもよろしくお願いします。その他、執行部を支えてくれた同期の皆さん、先輩方、後輩達、サイト移転にご尽力いただいた初代管理人の松岡さんをはじめOBOGの方々、本当にありがとうございました。私が帰省や渡中で間がボコボコ抜けながらとはいえ、1年間HPを守ることができたのも、あらゆる人に温かい目で見守られていたからです。別名3T(たまってる・つまんない・とんでもない)日記を一度でも読んでくださった全ての皆さんに、心から御礼申し上げます。最後に…忘れてはいけない、私をHP管理人にして下さった先代の17年度執行部へひとこと。「実に正しい選択をしましたね」。いえいえ、もとい「充実した1年間をありがとうございました」。

それでは、またどこかでお会いしましょう。

4日(月)

 警察署からモーニングコールがありました。起こしてくれと頼んだ覚えはないし、先方にもそのつもりはなかったようですが、電話の音で目が覚めたんです。小泉さんですか、と聞かれたので否定し、番号を読み上げられたので「番号自体違います」と毅然とした態度で答えたところ、すぐに話は終わりました。しかしあとで落ち着いて考えたら、うちの番号を読み上げていたような気がしてきたんです。一体誰ですか小泉って。おかげで寝ぼけていたとはいえ警察に嘘ついちゃったじゃないですか。あーあ、だから固定電話なんかいらないって言ったのに。私が親なら、娘が職務執行妨害するより携帯でしか連絡がつかない方を選びます。

3日(日)

 駒場小空間に劇を観に行きました。駒場演劇史上初めての3階建て+回転式舞台だったんですよ。めちゃくちゃテンション上がりました。それがどうしたと思った方がいらっしゃるかも知れませんが、プロの舞台装置と一緒にされては困ります。真剣に演劇をやっているとはいえ、作ったのはごく普通の大学生なわけですよ。それが3階建てなんですよ。場面転換で回転するんですよ。凄いでしょう!?3階部分がぐらぐら揺れてるし、ミシミシいうし、扉のたてつけは悪そうだし、どこまでわざとなのか分かりませんが、危なっかしくてスリル満点ったらありませんでした。舞台の安全性以外は不安のない面白い作品だったんですけどね。

2日(土)

 今日の昼、3口に分けて牡蠣フライを1個食べました。実は幼い頃、私は牡蠣フライ大好きキャラで通っており、「カキフライたべたい!」「ごめんね、今は夏だから牡蠣は食べられないんだよ、ははは」という微笑ましい光景が繰り広げられていたものです。しかしその数年後私は牡蠣と決別し、牡蠣を食べ(られ)ない広島人として生きてきました。そんなわけで約10年ぶりに口にした牡蠣の味は格別でしたが、潜伏期間を経て数日後にお腹を壊すのではないかとびくびくしています。また当たるかも、いう不安から食欲が減退し、2口目はまだ何とかなりましたが、3口目は無理やり飲み込んだ感じでしたね。水で必死に口直しをしたものの、食後しばらくは気分が沈みこんでしまいました。また気持ちよく牡蠣が食べられる日まで一体何年リハビリが必要なのでしょうか。

1日(金)

 落研内に「筋トレ軍団」が発足しました。企画自体は少し前からあったのですが、本日の新執行下初部会で本格的に始動したのです。軍団員は落研の活動とは別に集まって筋トレをすることになります。どうやらシェイプアップのために運動したいという女子部員の願望を利用して訓練させ、格闘技オタク集団に引き入れようという事情もあるようですね。格闘技に引き入れる真意も含め、誰もが何だかよく分からないうちに話がまとまってしまったこの企画、今後どうなるか分かりませんが、楽しそうなのでとりあえず参加しておこうと思います。

|

« [基礎①]HPの構造について | トップページ | 後藤日記 »