« フルセ日記2008年11月 | トップページ | ヒロイ日記2008年12月 »

わたたく日記2008年12月

1(月)
 どうも、お久しぶりです。皆様とのお別れ(?)の言葉が、なんと5ヶ月ぶりの日記になってしまったことをお詫びしなくてはいけませんね。本当にごめんなさい。そして、本当は11月から12月にかけて、ちょうど引き継ぎをしたいと思ったのですが、学科の課題や中間試験などが、月末に怒涛の勢いで自分に降り注いだので、自分のスペックでは処理しきれなくなってしまったこともあり、1日遅れての引き継ぎという形にさせていただきます。

 最後の日記として、読んでいただける人がどれぐらいいるのかどうかはわかりませんが、私をこの東大落研のHP管理係に任命してくださった津田さんにまず、お礼を言わなければなりません。自分の代の人数の少なさを考えれば、私だから任命されたというわけではなく、仕方なく...だったのかもしれませんが、それで私は落研との縁を切らずに済みました。
 というのも、私はさんざん言っていると思うので、すでに皆様ご承知の通りだとは思いますが、運動会の陸上部に入っています。そのため、練習や試合の前日だったり、もしくは当日だったりして、キャンプラライブやその打ち上げをはじめ、五月祭にも参加できませんでした。そして、これからも五月祭は関東学生対校(通称:関東インカレ)とかぶってしまうため、参加できることはないでしょう。相方の山下も含め、他の皆さんが真剣に笑いに打ち込んでいる中、いい言い方でいえば二足のわらじかもしれませんが、やはり中途半端であり、どっちつかずになっていることは否めません。それに、どちらかを取れと言われたら、私は真っ先に陸上を取るでしょう。
 そんなことをいろいろ考えて、幾度か落研をやめよう、と思ったこともありました。しかし、私には落研の執行代のしての仕事がありました。それがこのHP管理係です。といっても、まともに仕事をこなせていなかったとは思いますが、それでもこの仕事があったから、せめて辞めるなら仕事を全うしてから辞めようと、そう思っていました。そのあと、日記は止めてしまいましたが、特に6月以降の半年は部会やライブにちょくちょく顔を出せるようになり、先輩方に名前を覚えてもらえるようになり、落研にやっと自分の居場所が出来ました。そんなこんなで、今は落研の部員でよかったな、とそう思っています。本当にありがとうございます。

 長い前フリでしたが、これが駒場祭の打ち上げの場で言いたかった、本当のことばです。

 最後に。やはり一年間仕事をやり遂げられなかった者として、うちの代の他のメンバーはすごいな、と尊敬しています。そんな私は尊敬する人々と明日は、執行お疲れ会ということで、渋谷で焼肉を食べるそうです。一人暮らしのため、日ごろ肉から遠ざかっている私には楽しみで仕方がないです。あと、管理人としての仕事がまだちょくちょく残っています。活動報告はまだ作っていませんから、引き継ぎ後も時間を見つけて、作っていこうと思っています。そして、これからも落研部員として、いい舞台を作っていきたいと思います。

 東大落研の先輩、後輩、そして同期はもちろん、この長い文章を読んでいただいた皆様をはじめ、東大落研に今まで関わったことのあるすべての皆様へ、厚い感謝の意を捧げつつ、それではまた。

次は記念すべき十代目の管理人となる廣井くんの出番です。どうぞっ!

|

« フルセ日記2008年11月 | トップページ | ヒロイ日記2008年12月 »