« 요코오(ヨコオ)日記2010年2月 | トップページ | 平成二十二年度新歓ライブ »

요코오(ヨコオ)日記2010年3月

32日(木曜日)

今日は新入生の諸手続きの日であったため、たくさん来る新入生の方々に向けてビラ配りに行きました。去年の私のようにおどおどキョロキョロしている人もいれば、なんか余裕こいているというか大人びている人もいて、なんだか面白かったです。
しかも、ビラもかなりの数もらってくれて私の後輩部員も多くなりそうでなんだか楽しみです。
とりあえず明日までビラ配りして、お笑いをやっているサークルが東京大学にもあるということを伝えていきたいと思います。

31日(水曜日)

29日の日記に何かを成し遂げて、それを区切りとして2年生頑張ろう、ということを書いたんですが、区切りとして何かをするのかをかなり考えたんですが、やはり区切りといったらこれしかないと思って、これを本当にしました。

「一人終業式」

内容は以下の通りです。
1、開式の辞
2、校長式辞
  (この場にいらっしゃらないため割愛)
3、PTA代表式辞
  (もちろんいらっしゃらないので割愛)
4、校歌斉唱
  (知らないため割愛)
5、閉式の辞
※式後普段なら、生徒会代表による挨拶、教頭挨拶などがありますがいらっしゃらないので割愛とさせていただきました。

まぁ、開式の辞を自分で言って、内容を棒読みし、閉式の辞を言っただけです。
とにかく、区切りにならないということだけです。それ以上は言っても仕方ないでしょう。なんてったって、一人ですから。
人がそろっていても絶対やりたくないですけどね。

30日(火曜日)

今日のように一日予定がなくて暇だと、3度のごはんが重要なイベントになりますね。
それでそんな重要な3度のごはんのうち、最も重要である夜ごはんをどうしようかと考え、牛丼か豚丼が食べたかったんですが、家には牛肉も豚肉もなく、昨日買ったお買い得品の鳥むね肉しかありませんでした。なので牛丼や豚丼に続く、「鳥丼」を作ろうと思いました。
玉ねぎを切って、鳥むね肉を切って、炒めて甘辛く味付けして、これでOKかなと思いましたが、なんとなくボリュームが足りない気がしました。冷蔵庫をみると幸運にも卵が余っていたので、鳥むね肉と玉ねぎを卵でとじました。それをご飯の上にのせて、ついに牛丼と豚丼に続く「鳥丼(卵とじ)」が出来上がりました。

早速食べようとしたそのとき、違和感を感じました。「鳥丼」というワードとその作った「鳥丼(卵とじ)」との間に底知れぬ違和感を感じました。
しばらく考え、ハッと気付きました。

そう。
親子丼です。
鳥丼(卵とじ)って親子丼です。
鳥丼を卵でとじると、親子丼になるんです。
卵の有無で料理名が変わるんです。
ちょっとしたアハ体験でした。

29日(月曜日)

今日は寝ました。昨日までのナナペの疲れが半端なく残っていたので十分に寝ました。さすがに約4ヶ月間準備やら練習やらをし続けただけあって疲れは半端ではなかったです。昼寝したのに夜もしっかり寝ることができました。寝ることって気持ちいいですね。

さて3月ももう残すところあと3日となりまして、大学1年生の生活もあと3日となり、4月1日から大学2年生の生活となるわけですが、なんにも実感がないですね。おそらく小中高時代にはあった終業式あるいは卒業式みたいな式がなかったからではないでしょうか。
そういえば大学に入ってから何かしらの区切りが全くないような気がします。夏休み、春休みなどはありますが、それに付属する区切りがないため、週末の休みが超多いだけのように感じます。実際、過ごし方が長期の休みと週末の休みではほとんど変わりませんし。
だからと言って式を作れと言っているわけではありません。式のような区切りを自分で作らなければな、ということです。
これを踏まえて、3月31日に2年生になる区切りとして何かしらしようと思います。それが何になるかはわかりませんが、何かを成し遂げてそれを区切りとしていきたいと思います。その何かはぜひ日記に書こうと思います。何をするのか自分で楽しみです。

28日(日曜日)

ナナペ本番2日目でナナペも終了しました!
ご来場本当にありがとうございました!!

昨日よりは緊張しませんでしたが、やはりまだまだ場馴れが必要そうです。
あと、昨日ウケなかった自分のコントが、ややウケに変わっていました。
心の中でガッツポーズしました。

でも、大ウケはとれていないので、次回は大ウケとれるよう頑張ります。

27日(土曜日)

ナナペ本番1日目でした。

緊張しました。
でも、練習通りにいってよかったと思います。
明日もあるので頑張ります。

ご来場ありがとうございました!

26日(金曜日)

ついにナナペーハー公演まであと1日となりました。このくらいの時期になると緊張せずにはいられませんね。明日、明後日、できる限りの努力をします。
みなさん、ぜひご来場ください!お願いします!

練習で疲れているので、この週の日記はナナペ公演後に書かせてもらいます。本当に申し訳ございません。でもそれだけナナペに力を注いでいるということです。
みなさん、ぜひご来場ください!お願いします!

25日(木曜日)

明後日本番ですよ。

緊張しますね。
緊張ですよ。緊張。
いや、緊張だって。
緊張って言ってるだろ。
誰がキンチョールやねん。

悪ふざけでした。
練習頑張ります。

24日(水曜日)

練習、練習、また練習です。

そろそろ台詞は覚えてきていますが、仕草がうまくいきませんので、その練習を重点的にしています。
笑ってもらうため頑張っています。

当日よろしくお願いします!

23日(火曜日)

ホール入りでした。
ホール入りとはナナペーハーなどでお世話になっている駒場小空間(通称ホール)に入って舞台設営などの準備をすることです。
ホール入りってこんなに疲れましたかねというくらい疲れました。
でも、ここからの練習が大切です。
明日から頑張ります。

22日(月曜日)~春分の日の振り替え休日~

明日からホール入りです。ついに公演場所の駒場小空間に入っての練習になります。今までの場所とは広さが全然違うので、どうなるのか、緊張しています。とにかく声の出し方や演技などを十分に注意して頑張っていきたいです。
というわけで、明日からナナペ漬けの毎日になるので日記の更新が難しくなりそうです。ご了承ください。

さて今日はナナペ漬けの前の最後の休みの日でした。最後の休みなので、ナナペ合宿とそのあたりの日記を書き終えるというのを目標に掲げていたんですが、起きた時間からして無理だと分かりました。起床時間がこうなってしまいましたが、これこそ休みだ、と前向きに受け止め、なんとかなるということにしておきます。
一応ちょっとは書いたので、見てくださると嬉しいです。
では、ナナペーハー、よろしくお願いします。

21日(日曜日)

ナナペの練習後、下北沢でナナペ公演のビラ配りをしました。
大学を離れて行うビラ配りは難しいというか、心が折れそうになりました。

ビラ配りはビラをもらってくれる時はいいんですが、もらってくれない時が問題なんです。
五月祭や駒場祭でビラ配りをする時は大学構内ということもあり、ビラをもらってくれなくても知人が通りかかったり、周りに似たビラ配りの人がいたりして気楽なんです。
ですが、今日は大学構外なので、いくら休日の下北沢とはいえ、知人は通りませんでした。周りにFRISKのサンプルを配る人がいましたが、FRISKを求めて人が群がりまくっていました。その流れでビラをもらってくれるような都合の良い人はそうおらず、FRISKをもらった途端そっぽを向いて歩きだすような人がかなりいて、結構つらかったです。
更には風がとても強く、天にまで見はなされたのか、とも思いました。

ですが、中には人の流れをかいくぐってビラをもらってくださる方もいて、最終的に200枚くらい配ることができました。ありがとうございました。そしてぜひ公演にご来しください!

20日(土曜日)

今日は一日が長かった気がします。
理由として思いつくのは、pm7:00からレッドカーペット→エンタの神様とお笑いをぶっ続けで4時間見たことと、今日の最高気温が21℃まで上がって半袖でいても寒くない春らしい天気だったことです。
「まぁどうでもいいか」というような気分にさせるものが二つ重なったことで、気分がゆったりとして、一日をゆっくりと感じたのでしょうかね。
まぁどうでもいいか。

さて、ナナペーハーの本番まであと1週間となってしまいました。あと1週間ということで今日は小道具などの買いだしでした。私は買う係ではなく、部室を整理したり、部室の小道具を探したり、買うべき物が部室にないかというのを探したりする係でした。
つまりは長いこと部室にいたということです。
結局、部室に約5時間いましたが、私は全く苦になりませんでしたよ。

あと、夕食にうどんを作りました。乾麵で作ったので麺が膨張していく様子が見えたんですが、それを眺めるのは結構楽しかったです。でも一緒にゆでた竹輪のほうが膨張率が大きかったです。

この日記を見て、ちょっともやもやするところがあっても、「まぁどうでもいいか」でお願いします。
実際それほどもやもやしてない方、それこそ、まぁどうでもいいか、でお願いします。

19日(金曜日)

「きゅうこう」と変換したらたくさんの候補が注釈つきで出たり、「きにょうび」と打ち間違えたまま変換しても「金曜日」にちゃんとなったりしていて、技術は進歩してるなと思いつつ、サイバー犯罪が増えていたり、ダウンロードしたのにエラーが出て結局ヘルプ見ても分からなかったりしていて、技術は進歩しすぎたのかなとも思います。それでも技術の進歩を期待する私たちはどこへ向かおうとしているのでしょうか。

すみません、急にこんなこと書いてしまって。
こんなことを書くのは間違ってましたね。
最後の一文は特に間違ってしまいました。
「私たち」じゃなくて「私」でしたね。失礼しました。

さてS-1バトルグランドなんちゃらが今日ありました。芸人さんたちのネタを視聴者に判定してもらい1位を決めるという大会で、優勝者のNONSTYLEが1億円を獲得しました。
S-1バトルは月間のチャンピオンも決めていて、月間チャンピオンは1000万円もらえます。そしてこの大会では優勝すると1億円もらえます。
それで思ったんですが、なんだか賞金が多すぎはしませんかね。1000万円でさえM-1の優勝賞金と同じなのに、この大会で優勝したらその10倍の1億円とは、softbank恐ろしいですね。オートバックス、東洋水産、オロナミンCは今後どういう対策を取るのでしょうか、気になりますね。まぁ賞金が増えようが減ろうが、私には関係ないですけどね。

18日(木曜日)

ナナペの帰りに餃子の王将へ初めて行きました。餃子の王将とは有名中華料理チェーン店ですが、私の実家の近くには餃子の王将がなかったため、今日が初めての餃子の王将です。
さて餃子の王将というぐらいですから頼む料理は入る前から決めていました。もちろん餃子定食です。が、しかし、餃子の王将に入ってメニューを見ると定食のほとんどに餃子が付いているという餃子の王将っぷりでした。でも餃子定食だけが餃子二人分だったので、こうなったら餃子の王将の餃子の王将っぷりを味わおうと思い、餃子定食を注文しました。
ちょっと待つと餃子定食が到着。まずは餃子を一口。パリッとしつつモチモチとした皮の食感。肉のうまみがジュワー。この餃子は二人分=12個は食べててまったく苦になりませんでした。完食して、久しぶりに餃子を食べたなと思いました。
さて今日、餃子の王将の餃子の王将たる由縁を食したわけですが、気になったのは隣のお客さんが餃子ではなく春巻きを注文していたということです。

だからみんな「餃子の王将」を「王将」と呼ぶのでしょうか。

17日(水曜日)

昨日久しぶりに早寝をしたら、久しぶりに遅起きしました。pm11時寝、am11時起きでした。
この経験により、私において「早寝⇒早起き」は成立しない、ということが判明しました。気を抜かずに生きろということでしょうかね。こんばんは。

さて今日はナナペ合宿や帰省があった先週とは違い、久しぶりに予定が何もなくゆっくりとした時間を過ごすことができました。

ゆっくりとしてました。南国リゾート生活のようにゆっくりとしてました。ゆっくりとしてました。友達が飼ってる老犬のようにゆっくりとしてました。ゆっくりとしてました。セミから見たナマケモノの一生くらいゆっくりとしてました。ゆっくりとしてました。ホルモンを2日かけて飲み込むくらいゆっくりとしてました。ゆっくりとしてました。あの頃のようにゆっくりとしてました…。

今日の一日で特筆すべきことは何も無いです。明日も天気になぁれ。

16日(火曜日)

題:「映画の宣伝をする人風の日記」

今日ナナペの映像撮影に参加しました。これは人生で初の経験でした。本当に緊張しました。まわりが2年生だけだったというのもその原因の一つではありますが、その撮影している空間の異質さ、失敗してはならないというプレッシャーを感じて、とても緊張しました。

役はここでは言えないんですけれど、結構特殊な役でした。でも撮影は終始和やかな雰囲気で行われて、先輩方の「はまり役だ」とのおほめの言葉や演技のアドバイスがあったおかげか順調に進み、予定よりも早く終われました。撮影が終わって少し名残惜しいというのもありますが、ひとまず終われてほっとしてます。

ただその撮影した映像をまだ一回も見ていないことだけがちょっと気がかりです。どうなっているんでしょう。気になりますね。でも撮影した映像がどうなっているかは本番でしか多分見られないんですよ。いや、お客さんとして見るわけにはいきませんけどね。

はい、3月27、28日両日19時からです。コント集団ナナペーハー公演「本能寺」ぜひ見に来てください!

15日(月曜日)

福岡の地下鉄では次の駅の近くのお店の宣伝をやってます。今日地下鉄に乗ってたらLoFtの宣伝が流れていました。
「行くと、会うと、LoFtのLoFtは○番出口が…。」
博多弁丸出しで、いやはや、なんとも言い難いですね。こんばんは。

12日から帰省しまして、今日東京に戻ってきましたのでやっと日記を書きます。本当にご無沙汰いたしました。9~14日の分はちょっとずつ書き足していきますので。

さて、今日はグルメを食べ歩いて書くブログをまねて、今日寄った「むっちゃん万十」さんのことを書こうと思います。

むっちゃん万十とはムツゴロウの形をしているタイ焼きみたいな生地のまんじゅうのお店です。一つ120円からというとっても財布に優しいお店でもあります。

で、なぜむっちゃん万十なのかといいますと、むっちゃん万十は通っていた高校の近くにありまして、高校生のころからずっと行きたくて仕方ありませんでした。友人から何度もそのおいしさ自慢をされたことは今も記憶に残っています。でもなんだかんだで高校の時は一度も行くことができず、心残りだったんです。

それで今回の帰省中、むっちゃん万十の存在を思い出し、無性に行きたくなって行ったわけです。こじんまりとしたお店の雰囲気は高校時代を思い出させるようでした。
メニューはまんじゅう屋にしては豊富でしたが、ひとまず人気1位2位のハムエッグとカスタードを買いました。もちもちふわふわの食感で、中の具も絶妙な味付けでとてもおいしかったです。今度帰省したときもぜひ寄りたいと思いました。

14日(日曜日)

帰省3日目でした。

平和な一日でした。
うん、平和でした。
平和、平和。
そう、平和だったんです。
平和でしたよー。

今日も一日楽しみました。
書くことなーし。

13日(土曜日)

帰省2日目でした。

友人とだらだら遊びました。
焼き肉をだらだら食べました。
家でゲームをだらだらしました。
思い出話をだらだらしました。

だらだらしていて楽しかったです。

12日(金曜日)

帰省しました。

特に道中面白いことはなかったので、キセイの同音異義語を載せておきます。

規制、寄生、既成、棋聖、気勢、奇声、既製、期成、機制、規正、希世、期性、規整、…。

多すぎるわ!

11日(木曜日)

ナナペ合宿3日目、最終日です。
最終日はとても早く過ぎ去りました。実際、最も早く過ぎ去りました。それほど順調に進んでいたのでしょうか、日が最も高く昇っているころに帰りの電車に乗っていました。コントの練習で疲れていましたし、喜ばしいことではありましたが、あっけない感じもしました。
やっぱりコントをするというのは役になりきる必要があって、自分はまだまだ駄目だと感じる場面がいくつもあって、正直、もう少しやりたかったです。でもこれからも練習は2週間ちょっと続くので、その中で精一杯頑張っていきたいです。

で、その帰りの電車のことですが、車掌さんがとても饒舌でした。
「次は、改装工事中の、芦花公園、芦花公園です」のように駅の補足情報みたいなのを付け加えたり、電車の会社のカードを使えば提携している店でサービスがあるみたいな宣伝を3駅に1回のペースで言ったりと、まぁ、よくしゃべっていました。
夜だったら全然言わないことを昼だと言うというのは、どういうことでしょうかね。その工事中という情報やカードのサービスの件は車外、車内を見れば当然のごとくわかるので、別に理由がなかったらぜひやめてほしいです。

10日(水曜日)

ナナペ合宿2日目です。
2日目は1日目よりも早く過ぎ去りました。慣れでしょうかね。どんな合宿でも2日目が短い気はしますが今回は特別それを感じました。
コントの練習は今日は朝昼夜と3回ありましたが、すべて順調に進んでいるそうです。この流れで、注意されたことに気を配って頑張っていきたいと思います。

さて今日は東大の前期の合格発表でした。一年前のこの日、合格通知を実家で受け取ったわけなんですが、東大で掲示板を見て合格を知ると一味違った何かを感じるそうです。
「郵送で合否を知ると、合格の喜びも不合格の悲しみも一人分だが、東大の掲示板で合否を知ると、その喜びや悲しみは何百人分のものになる」みたいなことなんでしょうかね。私も合格すると分かってたら東大で合格を知りたかったですけど。

9日(火曜日)

今日はナナペ合宿1日目です。
着くやいなや練習が始まり、最初に声出しをしました。あ行からわ行までと濁音、半濁音、さらには鼻濁音というよくわからない音の発声があってすでに動揺していたのに、その後、正式名称はよくわかりませんが、テンション上げというのをしました。
テンション上げとは、輪になって、一人目がある言葉を隣の人に言います。言われた人は同じ言葉をその隣の人に言っていきます。そういうのを3周くらいやるんですが、一つルールがあって、前の人よりテンション高く言葉を言わなければならないんです。
なので3周目になるとすでにテンションMAXに近い状態でその言葉を叫ぶことになり、テンションが上がって練習に取り組みやすい、ということなんです。さらには演技の練習にもなります。効果だけみればよいことばかりなんです。
ただ問題は、とてつもなく恥ずかしいということです。超恥ずかしかったです。久しぶりに顔が熱くなったような感じでした。
終わったとき、もうやりたくないと心から思いましたが、ナナペ合宿では、朝昼夜の3回、発声とテンション上げがあるというのを夜の練習で知りました。
ナナペは恥ずかしさをもっては臨めないということなんでしょうかね。頑張ります。

8日(月曜日)

(7、8日の日記は後で書き直しました。becauseその時15分で書きました。)

前日に追い出し寄席とその飲み会があったにも関わらず、朝から学校に集まり新歓用のビラをたくさん刷りました。
驚くことに刷ったビラは段ボール箱1つに入りきりませんでした。ものすごい量だなと思うと同時に、これほどの新入生が入ってくるのだと思うと少し恐ろしいものでした。

あと、明日からナナペ合宿です。良い合宿になるよう頑張りたいです。

さて今日携帯電話を買って1年が経ちました。いわゆる1周年記念というやつです。
その記念として、携帯電話の液晶画面についている透明のシールを取りました。
なぜ記念として取る必要があったかというと、なにかしらの理由をつけないと取ることが出来なくなっていたんです。
このシールはほとんどの人が買ってすぐに取ると思います。
ですが、私は初めて携帯電話を手にしたときに、シールは別に取らなくても良いかと思い、そのまま取らずにいました。
するといつの間にかシールがあってこそ携帯電話のように思うようになり、シールを取るのがなぜかもったいなくなって、今日までとる事が出来なくなってしまったというわけです。

それで今日とうとうシールを取って思ったんですが、携帯電話の液晶画面ってこんなにきれいだったんですね。1年かかりましたが、そのことに気付けて本当に良かったと思います。

7日(日曜日)

今日は今年で落研を卒業する先輩方のための追い出し寄席がありました。ご来場いただき誠にありがとうございました。

今回は参加せず準備と見ることに専念しました。
おもしろかったのはもちろんのこと、本当にいろんな種類のネタがありました。自分のネタ作りの参考になるものばかりでした。
でも公の場でできるネタとして増えたかというと、そうではないかと思われます。

追い出し寄席、来年は是非出たいと思います。

6日(土曜日)

ウォーターマーケット、大塚アマチュアお笑いグランプリに行って来ました。実は豊島区限定でテレビ放映されていたみたいですね。

さて、感想です。
まさかの一番手、トップバッターでした。その時点で賞がとれないことを考え、案の定、なんの賞も取れませんでした。へこみました。そこそこウケたのでまだよかったんでしょうかね。
そして、一緒に出場した青天井さんが豊島区ネットワーク賞を受賞しました。おめでとうございました。先輩を見習い、もっと芸を磨こうと思いました。

でも、それ以上に思ったところがありました。
全部で22組が出場したんですが、
最初に見た感じで、「近くの地域でやるみたいだし、やってみようか」とか「節目の思い出に」とか「渾身のネタをどうしても見せたい」みたいなのが13組くらいありました。
それに開催されたホールもこじんまりとした、地域のために作られましたよ、という感じ満載のホールで、役員の方も本当に区役所のおばちゃんで、地域振興の企画なんだと思っていました。
この中なら、大学の落語研究会から出場しました、みたいな私たちは十分笑ってもらえるかなと思っていました。実際そういう組が私たち含め3組ありました。

しかし、問題はその残りの数組です。
自己紹介文だけでも違和感があります。
M-1グランプリ3回戦出場、この日のために兵庫県からやってきました、プロの漫才師をめざしてます、など。しかもそのうち一組はテレビで見たことがありました。
おそらく、あの方たちの中では地域振興の企画ではなかったのでしょう。本当に舞台に慣れてて、ネタも練られてて、本気だったわけです。
そんな本気の組が最初のほうから出るので、お客さんもそのレベルを期待してしまって、お気楽で出場した組は、まぁ、そんな結果になるわけです。はい。

なので、この企画を立ち上げた方に一言。

本気なんか、お気楽なんか、
どっちか、はっきりせいや!!!

5日(金曜日)

※下のは悪ふざけみたいなものです。どうぞ気楽に構えて見てください。※

以下のヨコオが書いた文章を読んで問いに答えてください。

① 7時半に起きるつもりで寝床につきました。
② 6時56分に目が覚めました。
③ 二度寝しました。
④ 二度寝したら11時でした。
⑤ 後悔しました。

問題 下線部「後悔しました」とありますが、作者はどこを後悔しているでしょうか。もっとも適切なものを番号①から⑤のなかから一つ選んでください。

ヒント 作者の気持ちを文章から読み取ってください。

正解 ①

解説 この問題を解くためには作者の気持ちを察することが大切です。つまり文章には書かれていないところを読まなくてはなりません。
この文章では、『夜1時ごろに寝ようとしたけど、なんだか寝付けなくて結局4時ごろまで目が覚めたままだった』という作者の気持ちが①の「寝床につきました」に表れています。あえて「寝ました」としなかったところがこの問題の要点です。

他の選択肢については以下の通りです。
②…作者はこの時間に目が覚めること自体はどちらかというとうれしいはずです。覚えておきましょう。
③…作者が二度寝するのは有名なことです。覚えておきましょう。
④…作者が二度寝して起きるのはだいたいこの時間です。覚えておきましょう。
⑤…論外です。覚えておきましょう。

※悪ふざけ終了です。お騒がせしました。ヨコオは現在、日記のスタイルを模索中です!※

4日(木曜日)

電車に乗っていると近くのひとのイヤホンからその音楽が聞こえることがあります。
その音が大きくて迷惑だよ、という注意の看板があったりするわけですが、それはロックバンドのドラムの音だったりするので迷惑だったりするわけです。
なぜなら今日イヤホンから聞こえた音楽はオーケストラでしたが、全く迷惑ではありませんでした。曲の途中で先に降りてしまったのが悔やまれるくらいです。
やはり曲の選択は大事ということですね。

さて、ナナペーハーの練習がありました。結構恥ずかしい役を割り振られました。自分の新しい可能性を見出す、と考えればいいんでしょうが、終わった今でもかなり恥ずかしいです。
本番でやることになるかは分かりませんが、やることになった場合のことをちょっと言いたいと思います。
あくまでもナナペーハーはコント集団です。コント、すなわち日常とは違うことをやるものです。決して普段のふるまいをしているわけではありません。恥ずかしい役の演技がうまいからといって普段がそうだからというわけでもありません。くれぐれもご注意お願いします。
「あれ、恥ずかしい役って何度も言っているけど、それってどんな役だろう」とちょっとでも思った方、ぜひ足をお運びください。よろしくお願いします。

3日(水曜日)

※「ツッコミ探し」※
下の文には少なくとも7個のツッコミ箇所があります(私は10箇所ツッコミました)。それを見つけてください。

(ココカラ)3月3日ですね。今日は何の日でしょう?

そうです。正解は「耳の日です」。
ポッキーの日ではありませんよ。それは1月1日11時11分ですからね。

耳の日ということで、今日は「耳」のつく漢字を特集しましょう。

まずは「聞」。言わずと知れた耳の付く漢字で、常用漢字に含まれる漢字です。門構えに33を足して「聞」ですね。これはみなさん分かると思います。

次は「聴」。上と全く同じ説明となります。

最後は「聖」。ポッキンナベイベーこと聖徳太子に使われている漢字です。
さて、「聖」の成り立ちですが、耳+口+王だと思った方、惜しい。正しくは耳+呈で、呈にはまっすぐ述べるという意味があり、耳を足すと耳がまっすぐに通る、つまりわかりがよいという意味になるそうです。

さて、3月3日はケント・デリカットさんの誕生日ということでメガネを特集しました。皆さんのためになればと思います。エビバデポッキー!(ココマデ)

※さあ、全部見つけることはできましたか?※
ちなみに聖の話とケント・デリカットさんの誕生日は本当ですので、どうぞ人に自慢してください。

ヒロイ日記も3月くらいからテンションがあがってます。
決して3月くらいからネタがなくなるからではないですからね。

2日(火曜日)

今度同期の山田とのコンビ、ウォーターマーケットで「大塚アマチュアお笑いグランプリ」に出場します。

「大塚アマチュアお笑いグランプリ」とは大塚の町から未来のお笑いスターを輩出していくべく毎年開かれることになった、今年で第2回になる企画です。

3月6日(土)、13:00開場13:30開演です。
入場無料で、
最後に観客の方に投票していただき、
大賞と優秀賞、そして客席賞を決めます。
場所は南大塚ホール。
JR山手線大塚駅南口下車 徒歩約5分
都電荒川線大塚駅前駅下車 徒歩約5分
地下鉄丸の内線新大塚駅下車 徒歩約8分です。
ご来場お待ちしております。

ということです。
いや、出場者は宣伝してくれということなので宣伝いたしました。
よろしければご投票に来てください。
いや私のいるところに、とかではなくですよ。

で今日そのネタ合わせをしました。
ベタベタなもの、裏を返せば分かりやすいネタです。
それもお客さんに楽しんでもらうためで、客席賞狙いなんかではないですよ。

帰りのスーパーでお金がお金だったので、牛乳ではなく低脂肪乳を買いました。
お金がお金だったのでしょうがないですね。

あとインターネットで調べたら、客席賞は5000円相当の賞品がもらえるそうです。
いいものだったらなとは思っていますが、お客さんに媚びを売ってまでほしいとは思いません。いいものだったらいいなということですよ。

だれも客席賞がほしいなんて言ってないので投票結果は実力が表れるんでしょうけれど、精一杯、お客さんに楽しんでもらうために頑張ります。
決して客席賞がほしいなんて言ってませんからね。

1日(月曜日)

知らず知らずのうちに3月ですね。
構内の梅も満開でした。
やっと春だななんて思っていたんですが、昨日より寒いなんて聞いてないですよ。本当に。

さてそんな中、
新歓(新入生歓迎)用の立て看板を作りに行きました。

やっぱりパソコンはすごいですよ。
なんらかのソフトで絵を書いたら、
絵を分割して立て看板サイズに印刷できるらしいです。
印刷したのをつなげたら立て看板の絵が完成です。
ペンキで書くのとは大違いの簡単さでした。
出来栄えも素晴らしいです。
そんなソフトを使いこなす人はすごいと思いました。

でも、もう新入生が来るんですね。
そう考えるとこの一年とても早かったように思います。

ちゃんと一年間過ごしてきたんでしょうか。
一年経っていないんじゃないでしょうか。
もしかしたらどこかで記憶が抜けて、
過ごしそびれた期間があるんじゃないでしょうか。

まぁそれくらい一年が短かったです。
こんなに時間の短さを感じたのは初めてです。
なんだか時間を大切にしていこうと思いました。

|

« 요코오(ヨコオ)日記2010年2月 | トップページ | 平成二十二年度新歓ライブ »