« 平成二十三年度七夕寄席 | トップページ | 中川日記 »

中川日記2011年6月

30日(1・・・4mm!)

ついに落研杯の出順が決定しました!是非こちらでご確認くださいませ!!いよいよかぁ・・・という感じですね。

今日は午前中は授業もないので家でのんびり・・・と思いきや、実はバイトがありました。テスト校正を昨日いきなり頼まれまして、在宅ワークでした。・・・結局家でのんびりしていたんですがね。

僕は中3国語と小5算数と2つも担当を割り振られたので、結構大変でした。まず中3の国語からチェックしたのですが、これが非常に大変でした。
間違いが無さすぎて!!
どれだけ探してもミスが見つかれへん。ミスありませんでした~などと報告するとサボってると思われるとかなわんので、必死に探すと、何とか解答用紙の小さな数字の抜けを発見しましたが、他が見つかれへん。これはマズイ。うちの塾はテストの作成ミスが多いからいつも助かっているのですが・・・(問題ある発言(^-^;)

その時ボ~っと解答用紙を眺めてみるとある違和感が。そこで取りだしたのが・・・
定規!!
問題番号の四角1番とか2番の四角の大きさが違うことに気が付きました。
「2番が8mmで、4番が14mmで・・・」
細かすぎるやろ!!

そんな感じで無事?中3を終え、続いて小5算数。こちらはミスがいつも通り多かったです。早速長さやのに平方センチとか書いてるやん!とか、円周率は3.14ですとか抜けてるやん!などとツッコミを入れ、無事校正終了♪と思って終わろうとした時に気付いたこと。
「あっ、解答間違ってる!!
そこ一番大事やろ!!大事なところより、間違えやすいところばっかり見ていると危うく見逃しかけましたという訳で最後に、

僕にチェックされるテスト作成者とかけまして、危険な場所を不安に思う親心と解く、その心は・・・

どちらも、(細かい/子魔界)と嘆きます。
明日から7月。僕は日記という重大な任務があるので、節電せんでええですよね??・・・というのは冗談で、片手団扇で更新していきま~す!!


29日(片方だけで!!)

今日朝9時前に学校に着いた時の出来事。化学実験では、毎週実験後にレポートを出すことになっているのですが、その期限は翌週の火曜日。ただ忘れっぽい僕はレポートを紛失する危険を考え、いつも翌日位に出すようにしているのですが、今日も朝来て出しにいこうとすると・・・
「回収は終了しました。」
・・・終了早いなぁ!!
多分前の提出分の締め切りが残ってるんやろうと2限終了後12時過ぎに出しに行くと・・・
「回収は終了しました。」
・・・ホンマに回収終わったんかも?明日要確認。

今日も三輪先生の経済の授業が。今日のテーマは「抱き合わせ販売」というもの。簡単にいうとセット販売。これが問題になった事例として、20年ほど前に大流行した(らしい)ドラクエⅣの話。メーカー希望小売価格の5000円で販売していたのですが、あまりの人気に販売店側が、別のゲームとセットで8000円という売り方をしたところ批判が殺到したという話です。
これだけ聞くと店側が利益を拡大するためにセコイ売り方をしたと思うかもしれませんが、実際は、超過需要に対処するための値上げのようなものです。値上げをして、買いたい!と思う人を減らさんと、
「20000円出してもええ位欲しかったのに買われへんかった!!悔しい!!」
という思いをする人が続出するので値上げも時には必要ということです。ただ、ドラクエは代々5000円で売ってきたのに人気があるから値上げするとかセコイゲームや・・・とかいう悪評が立つので値上げはできず、やむなくセット販売で需要を減らそうとしたということです。

このように、時にはセット販売も必要ということです。スーツの下だけ!サンダルの片方!挙句の果てには車のエンジンだけ!!なんて売り方は普通ないですよね。店側の在庫管理が大変でかなわん!
落研でもセットは必要。片方だけでは無理!たとえば僕に関して言うと・・・
僕なしの落研・・・さすがに規模が大きいので一人くらいおらんでもええか?
僕なしの戎・・・2人が1人はキツイ!と思いきや泉君。
駒亭舞鷲という抜け道が!うちの代自慢の落語の名手!!なんか僕不要感が強まってくるので宣伝はこれ位で。
なんかセット販売は必要っていうのがウソ臭くなってきましたねという訳で最後に、

一緒にしたい2つとかけまして、交渉のプロと解く、その心は・・・

どちらも、(セット組みたい/説得見たい)です。
最後に、僕なしの中川日記。そんなんありえへん!!こともない?
代わりに泉君が・・・というのは冗談!!いくらサボり魔の僕でもそんなことは、十中五六ありえません!(結構あるんかい!)・・・まぁ今後もよろしくお願いします。


28日(落とすといっても・・・)

今日は落研杯の準備のためのホール入りでした。いよいよか!といった感じで準備開始。

まず午前中。舞台を組み立てたり、バインド線を巻いたりといった下準備からでした。ある程度慣れていたので特に支障はなかったのですが、気になったのは舞台の落とし穴。木がしっかり固定されているように見えて、一部足を乗せると底が抜ける部分があり、何人かの人が引っかかって落ちていました。まぁお笑いで怖いのはスベることで、落ちるのは大丈夫でしょう!いや、落ちる、つまり
ネタ開始して即オチがついたらネタ終了やな・・・
ネタ時間30秒!それもかなわんなぁ・・・

さて、午後は化学実験。その後に夕方再びホールに入ってみると、照明を吊るしていました。また予備校があったので、時間に制約があったのですが、実は初めての作業ということもあり、とりあえず上でお手伝い(実質見学)を少しさせてもらいました。照明を通路から外に出し、引っ掛けるところに引っ掛けて、その後ネジで固定するという作業なのですが、当然その間、落ちへんようにしっかりと持っておかないといけません。その後照明の微調整をしているところなどを勉強して、時間が来たので終了。良い勉強になりました!ところで、ふと思い浮かんだよくある失敗。

「照明落として~!!」
「了解!!」

・・・ガシャーン!!

滅多にない失敗やろ!という訳で最後に、
あれ、照明が手元に無い!とかけまして、ひさしぶりに会う祖父母と解く、その心は・・・

どちらも、(落としとった/お歳取った)と気付きます。
さすがに僕でも、落としたらすぐに気付きます。(^-^;


27日(まだまだ若いで~!)

松尾依里佳さんのブログによると、自宅の前でホタルが飛んでいたとのこと。ええとこ住んではるなぁ・・・僕の寮ではようやくゴキブリが飛ぶ!時期が終わったところやのに・・・
飛ぶというのは冗談やなくて、実際トイレのドアを開けるといきなり上から飛びかかられたこともありました。ようやくここ数日の猛暑で大人しくしてくれたようです。ただホタルはけ~へんなぁ・・・

今日はバイトが朝、晩とありました。まず朝は、学校に行く前に吉祥寺の家を回ってチラシ投函のポスティングをやってきました。昼からは雨やったので、降れへん内にできて良かったです♪その途中で、面白い光景を見ました。とあるスーツのお店の前を通りかかった時のこと。
「人気商品、家で洗えるスーツ!」
そしてその隣には、アライグマの絵が。なるほど、かわいらしくしてイメージアップ+洗えますアピールか。でもちょっと待ってや!?
アライグマって洗濯機で洗えたっけ?
・・・そんな誤解をする人は僕ぐらいかな?(^-^;

さて、夜のバイトは個別授業。いつもの高1の女の子に加えて、今日は、夏期講習から入ってくる中1の子の補習をしました。早速、ポスティングの効果が出たようです!(嘘)
特に英語なんかは、学校と比べて進むスピードがふざけてる位速いので補習が必要なようです。さすがに人生初めての塾ということで、不安いっぱいの表情でしたが、
「若いんやから、もっと元気に、そして自意識過剰って言われる位自信を持って!先生位の歳になると、元気は無いし、自信満々に総理大臣になるで~!なんて言ってもコイツアホちゃう?とか思われるだけやから・・・」
などと言ってあげると、ちょっと元気を出してくれて良かったです。こんなことを言っていると、
あ~歳とったなぁ・・・(19歳のセリフ)と感じます。塾で働く目的の一つに生徒の若さを吸い取るというのがあったりなかったり。

入会テストの点がめちゃくちゃ悪かったですが、実力自体はあったようで、後はテスト慣れと知識不足をなんとかすればついていけそうな子で、「おとなしい、まじめ、僕の小ボケに笑ってくれる」の3拍子揃った類まれなる相性のいい子で、授業をしてても楽しくて良かったです♪それでは、最後に中1でよくある英語のミスを。
She is your father.”
僕もよくやったものです。結構外国の人ってこの名前男か女か分かれへん!!ってことも多いですよねという訳で最後に、
新たな教科に悪戦苦闘とかけまして、これ運ぶのラクそうやん♪でも実は・・・と解く、その心は・・・

どちらも、(中1から/注意、力)必要です。
右は「ちゅういりょく」ではないのでご注意を。それやと謎かけになれへんので・・・
何はともあれ、今日はええ授業ができたなぁ~
んっ?それは自己満足の自意識過剰
ってことはまだ僕も若いんですね!!ってええことなのか!?


26日(パソコンが拒絶!?)

今日は比較的涼しかったですね♪ちょっと出かけよっかなぁ?でもなんか面倒・・・なんて思ってたら曇ってるやん!よっしゃ家でゴロゴロするで~!!などと口実を作ってゴロゴロしていました。まぁ休める内に休んどかなあきまへんということで・・・

さて、そんな暇を生かして今日は担当になっている物性化学の試験対策プリント(略してシケプリ)を作っていました。理系は数式が出てきますが、そこはワードの底力。分数、ルート、上付き文字、下付き文字、行列、図形の挿入など様々なツールを用いて、自他共に認めるパソコン音痴の僕が何とか作りあげました。(そんな人が落研のweb担当というのだから笑えます)先週までの内容で、授業がまだ残っているので、実際は全体の4分の3位なのでしょうが・・・

さて、先週からシケプリに取り掛かっていて、さて今週も作るで~!ということで作り始め、よっしゃ完成!ということでもう一人の試験対策係にメールで校正してもおうと添付した時のこと。一応念のためにチェックしようと開くと・・・

「このファイルは内容に問題があるため開けません」

な・・・なんやって~!!パソコンに拒絶された∑(゚∇゚|||)
さすがパソコン音痴!とかもっとちゃんとしたもん作れよ~!とか言ってる場合ではなく、
「作り直し!?(;;;´Д`)」
ぼ、僕の5時間を返してくれ・・・

さすがに諦める訳にもいかんかったので、なんとかならんかと対処法を探してみると、何とか対処法が見つかりました。Microsoft Wordでは開けなかったのですが、なんと!ワードパッドで開けました!
いや~存在すら忘れてたわぁ~(^-^;
というか使ったことがある人の方が少ないのでは?基本的に簡単な文章はメモ帳、ちょっと手が込んだ文章はWordという使い分けをしていると使うことはないですよね。まさかこんな時に活躍するとは・・・びっくりです。まぁワードパッドは数式が使われへんので、ワードパッドからコピー→Wordに貼り付け→数式、図形を入れ直しということで何とか1時間で修正完了。1から作り直すと5時間はかかっていたので助かりました♪
そして、改めてメールに添付。チェックすると・・・いけた!パソコンも僕のシケプリをOKしてくれたようです。
内容一緒やねんけどなぁ・・・
まぁ無事復活して良かったです!という訳で最後に、

シケプリが開けないというピンチとかけまして、丁寧にやってたら面倒で仕方ないと解く、その心は・・・

どちらも、(蘇生/粗製)で対処します。
僕のシケプリは・・・蘇生はしたけど粗製ではない!はず?


25日(データなんて・・・)

今日朝バイトに行こうと最寄りの駅に着いた時に、怪しい人を見ました。踏切の遮断機は降りていないのに、何故か進まずに右手で目を押さえてじっとしていました。何やってたのか今でも気になるのですが、可能性としては・・・
1:瞑想にふけっていた←家でやってほしいものです
2:耳で電車の種類を聞き分ける←電車オタクじゃない僕には分かりませんが、可能・・・かも?
ただ、僕が一番大きいと思う可能性は・・・

3:前方から来る僕のオーラが眩しすぎた
・・・自分で言ってても恥ずかしいです・・・逆に、見てられへんほどいたたまれへんかったんちゃうの?などと言われそうですね。

さて、今日も朝バイト、昼夜予備校という予定ぎっしりの土曜日だったのですが、今日は予備校の話題を。休憩明けに松本先生が、5月末に行われた会計士の短答試験(大学のセンターみたいな1次試験)の合格発表について話してくれました。この試験は12月中頃と5月末の年2回あり、ばっちり五月祭とかぶっているので、次の12月で落ちたら五月祭に出られへんということになります。それは辛い・・・みんなはどう思うんやろ?
「中川出ぇへんの?そりゃあ出場枠が増えて嬉しいな!!」
・・・とりあえず12月を目標に頑張ります。

さて、その5月の試験の合格率は3、5%というふざけている位低い割合だったのですが、昨今の会計士の就職難などが噂で流れて志望者、さらには受験者が減っているから合格者数は15%位減っていますが合格率は10%位にまで上がるでしょう。とか色々な話をしてくれましたが、正直僕にはあまり興味のない話でした。あんまり合格率と自分の手ごたえが関係ないからです。
合格率8割の英検準1級2次試験で落ちかけたことは一生忘れへん・・・
合格最低点ジャストでした。1次試験(合格率2割)は比較的余裕だったのですが。まぁテストはデータ分析より、自分がベストを尽くせりゃええ!という自己満足主義でなんとかやってこられたからええんですよ~という訳で最後に、

わずか3、5%とかけまして、財源豊かな東京の公営の建物と解く、その心は・・・

どちらも、(合格率/豪華、区立)に驚きです。
区立の建物が豪華かどうかは正直あまり知らんのですが、関西人としては地方交付税ゼロでやってける東京はずるいと思います。
.

24日(見かけにはよれへん!)

今日朝洗濯をしようと寮のランドリーに行ったところ、中から人が出てきたのですが、なんと、
上半身裸でした!!いくら暑いからって外で脱がんでも・・・自分の体に自信があるからできるのでしょう。鍛え方が足らん僕には真似できへん・・・でも大丈夫!人間中身がしっかりしていたらいいんですよ!!
・・・って言える位中身がしっかりしていたらなぁ~(願望)

さて、もう一つ見かけにはよらんという話題を。今日経済の授業の小テストで、
「1:モノは少なければ高価、2:アフリカ・マサイ族は目がいいのはライオンに食べられなかった者だけが残ったからだという二つの条件を使って、「将来、目が小さくて太った人間がもてる」という命題を証明せよ。
という問題が出ました。何故経済の授業で?なんか文章がおかしくない?とかいうことはさておき、目が小さくて太った人がモテるというのは驚きの事実ですよね!
ちなみに答えとしては、
「マサイ族(目が大きい、やせている)はライオンに食べられへんから増える→逆に目が小さくて太っている人は少数派に→少数派=高価=モテる」だから目が小さくて太った人がモテるといった感じです。

そっかぁ・・・目が小さくて太った人がモテるんかぁ・・・と思って僕が真っ先に思いついたのは、
芋洗坂係長
太った人と言っても、松村さんみたいな人は目が結構はっきり開いてるし・・・と思ったので。ただ問題が、係長は動きが俊敏でライオンに食われへんタイプの人なんですよね(^-^;これまた見た目によらんという訳で最後に、

見かけによらない俊敏な動きとかけまして、一番離れた存在とかけまして、感じるプレッシャーに屈しないと解く、その心は・・・

どれも、(体格/対角/他、威嚇)を気にしません。
僕は全部気にするタイプ?


23日(ツッコミを超えて・・・)

今日もすっかり夏という気候でしたねという訳で、

夏、本格到来とかけまして、興奮した人の顔と解く、その心は・・・

どちらも、(葉、夏至/激し)過ぎると色が変わります。う~ん、季節を感じる。
・・・って、葉はとっくの昔に緑色に変わってる?それは失敬。

さて、今日も落研杯の看板の準備。ほとんど残っている作業がなかったので、その後ゆっくりとビラの準備をしたりしました。手待ち時間ができると、暇つぶし?のためか何故か長谷川君がえらくいじられていました。長谷川君が、ツッコミの練習をしたいと言うと、それやったらと中村君がボケ担当を名乗り出て喋り始めたのですが、中村君が地面からミカンを拾って「これ食べたら?」というと、長谷川君が「地面!」ツッコんで、逆に中村君から「ツッコミ省略しすぎやろ!」とツッコミ返されたり。

さて、そんな中でも特に反響を呼んだのは、中村君がパイロンに腰掛けて「刺さった!」とボケた時に長谷川君が・・・
「・・・とんがりコーン!!」
・・・見たまんまでもないし何とも・・・というツッコミを見せ、何間を開けてんねん!とか周りからツッコミ返されていましたが、30分経ってもその話題が続いていたので、僕は心の中で、
「いつまで続けてんねん!」
とツッコミ返したりもしました。まぁ口には出しませんでしたが。

普段はツッコミにまわることのない僕ですが、昨日は僕も一つ鋭いツッコミを。長谷川君が藤野君と前にやった合コンの話で、女の子の裏話をした時に藤野君が、
「逆に女の子に俺について余計なこと喋ってるんじゃないだろうな?」
と聞いて、そんなことないと否定した時に、僕が、
「長谷川君は無意識の内に喋ってることもあるからなぁ・・・」
と言うと、長谷川君が、
「本質を突いてるよ・・・」
と言いました。よっしゃあ!鋭くツッコめたで~!と思いましたが、
鋭過ぎて、ツッコミというより・・・
突き刺し?う~ん、ツッコミは難しいという訳で・・・また明日~
って謎かけは無いんかい!!まぁ最初にやったのでご勘弁を。

ともかく落研杯の準備はできてきたし、後はネタの練習やなぁ・・・って、
出られへんのか(^-^;


22日(灯台もと暗し)

今日はとにかく暑かったですね。いよいよ夏といった感じで、ついでに梅雨が明けてくれたらええのですが・・・蒸し暑いのは勘弁。こんな日はクーラーの効いた部屋でゆったり・・・

としたかったのですが、今日は落研杯の立て看板製作をしていました。今回は2枚看板ということで、普段の倍サイズで、その分手間もかかるので、今日から準備していました。まず今日は、板に貼りつける紙を印刷して看板サイズにつなぎ合わせ、それを実際に板に貼り付けて固定し、雨対策にビニール袋をかぶせるところまでやりましたが、これがなかなか大変。当然屋外での作業なので、暑苦しくてたまらん・・・

紙を室内で準備して、屋外での作業はまず紙をピンで留め、さらにテープで固定することだったのですが、中村君がピンの入ったケースを開けるのに苦労していました。僕に渡されましたが、非力な僕がやってもしゃーないやろと取っ手らしきものを引っ張り上げると・・・
ピンが散乱しました!!!(゚ロ゚屮)屮
どうやらパカッと開くタイプではなく、上に付いた取っ手を引き上げるタイプらしくそりゃ開け方分からんでもしゃーないわと思いました。何とか全部ピンを拾い集め、ほんじゃあ作業開始!ということで作業用のハサミを学生会館に借りに行っている時のこと。足の裏に違和感を感じました。そこで、靴の裏を見てみると、
ピンが刺さっていました!
全部拾えてたってウソやん!!身近なところは案外気付けへんものですね。

さて、ハサミを借りて紙を切り貼りして隅を修正したりしてようやく紙を貼り付け、ビニールをかぶせてとりあえず今日の作業は終了♪という時。一つ足りないものに気付きました。
「あれっ?ハサミがないで!」
これはヤバイ。借り物なので、なくすと責任重大。でも僕がどっか変なトコに置いてものをなくすような不注意な人間ちゃう!という自信はありました。実際どこにも落ちてへんかったのです。その後、ハサミが見つかりました。どこからかというと・・・

僕のポケット

なくしたらアカンと思って入れておいたのでしょう。まったく、
余計なことを。
まぁでもええ看板に仕上がりそう!!という訳で最後に、
落研杯のアピールとかけまして、将棋で生きる閃きと解く、その心は・・・

どちらも、(看板/勘、盤)で見せつけます。
ちなみに僕は勘より陥を盤で見せつけてました。要は失敗ばっかり。それじゃあアカンやん・・・


21日(権利行使!)

さて、今日は火曜日恒例の化学実験でした。今日はうまくいったのでしょうか?

今日は試料を硫酸とか水酸化ナトリウムとか緩衝液などの液体に溶かして、それを特殊な機械に入れてスペクトルを測るという実験をしました。・・・といっても、よく分かりませんよね。
やってる本人も分かってへん(^-^;
機械をいじくるのはめんどくさそうだったので、極力機械から離れたところに座りましたが、4人グループのうち、なりゆきで僕が機械をいじくることに。そこで自信満々に言った言葉が・・・

「こんな機械、機械オンチの僕の手にかかれば5分で壊してくれる!!

・・・近くに説明書がありました。壊さずに済んで良かった良かった。

さて、機械に試料を入れると、よく分かりませんが紙に曲線を印刷してくれて、曲線を硫酸、水酸化ナトリウム、緩衝液の3種類で取ればいいのですが、これが結構大変。3本が1点で交わらないとやり直しになり、実際僕も2回やり直しを食らいました。ホンマに大変でした・・・
さて、やり直しの後、ようやくほぼ1点で交わったグラフが得られました。そこで僕が言ったのは・・・
「ほぼ1点やからええと思う人!(4人全員手が挙がる)
よっしゃ、生徒という衆議院で可決されたから次は先生という参議院に送る。そこでもしアカンといわれても、また生徒という衆議院で3分の2以上の賛成があれば可決されるからOKやな!!」
これを、公民用語で衆議院の優越といいます。まさか化学実験でこんな知識が生きるとは・・・って先生がOKしてくれたので問題なくいけました。

さて、その後pHなどを関数電卓を使って計算し、先生に試問を受けにいったのですが、その時、
先生「なぜ厳密に1点で交わらなかったか分かりますか?」
僕達「・・・」
先生「溶液の濃度がずれていたからだと思いますか?」
僕達「・・・」
先生「えっとこれはですね、溶液の濃度だけでなく、緩衝液のpHがずれていたのも原因で・・・」
よっしゃあ!!説明を引き出したで~♪これを公民用語では黙秘権と言います。
・・・って言えへんやろ!!今日は、憲法で保障されている権利を有効活用して実験を乗り切りましたという訳で最後に、

スペクトルのグラフとかけまして、銃弾をも弾く強化ガラスと解く、その心は・・・

どちらも、(交わる/マジ割る)のは難しいです。
今日の日記は公民の勉強になって良かったですね♪えっ、
権利の濫用・・・?それを言われたらかなわん。


20日(詰まってます!)

昨日は無事ゆっくり出来ました♪いや~休みって素晴らしい!!ゆっくり物性化学の試験対策のプリントの準備ができました!!などと仕事はあったのですが、まぁ気持ち的にリフレッシュできました。ところで、昨日は寮で運動会があったようで、僕は休ませてくれ~ということで行きませんでしたが、「大運動会!」という名前だったので、結構マジでやるんかな?と思っていました。ところが、寮のホワイトボードの出欠表を見ると、欠席だらけでした。種目は詳しくは覚えてへんのですが、サッカー、ドッヂ、バスケ、バレーの4種目?だったようですが、ほとんど人がおらんのに4種目に分けたら・・・
サッカー:キーパー+1人
ドッヂ、バスケ:1チーム2人、そして・・・

バレー:1人でトスの練習

とかになったんちゃうかなぁ?寂しい!!ちなみに、何で僕が種目を覚えてへんかというと、運動会の開催を知らせるチラシが終わった日に即撤去されたからで、まだ翌日やのに1枚も残ってへんかったからです。
人がおらんでよほどつまらんかったから早く忘れたいんでしょうねぇ・・・

さて、昨日試験対策のプリントを作っていたと言いましたが、その教科が物性化学という教科で、月曜日は毎週学術俯瞰講義とこの物性化学の2コマなのですが、多分物性化学の話題を出すのは初めてだと思います。理由は単純。
先生が地味やから!!
・・・単位をくれへん!とかこの先生はラク♪などと先生の評価書いた「逆評定」という本で、その先生は、「顔が印象に残らない」と書かれていましたが、失礼ですが僕も同感やったりします。特に悪い先生でもないし、かといって良い先生でも・・・ってまぁええです。

さて、今日の授業内容は、高校化学でおなじみの、(化学習ってへん人にはおなじみではないですが)、結晶格子の話でした。簡単に説明すると、身の回りの物は全て細かく砕いていくと、最小単位の原子というものに行き着くのですが、金属などでは、原子は結晶格子という形で、立方体などの形をした箱の中に規則正しく収まっているというものです。その原子の収まり方について学習したのですが、六角柱の中に原子を納める六方最密充填という構造は、その中に球形をした原子が積み上がっていくのですが、立体的にイメージするのが難しく、苦労しました。その中で先生が言ったのは、
「格子中のこの原子から見た景色とこの原子から見た景色は違いますよね。」
・・・はぁっ!?意味分かれへん!イメージできへんって!!どうやら、
先生と見えている景色が違うようです(^-^;

ちなみに、「最密」と書きましたが、どれ位密に詰まっているかというと、六角柱の体積の74%詰まっています。ちなみにもう一つ、立方体の形をした、立方最密充填という構造も、74%詰まっています。名前が紛らわしい・・・色々な構造がありますね。
という訳で最後に、
最密充填とかけまして、法律に関する用語と解く、その心は・・・

どちらも、(六方や立方/六法や立法)があります。
ちなみに74%というと、しょぼく感じるかもしれないですが、角柱の中に球を隙間なく詰めるのは大変なので、よく詰まってるんちゃうかな?と思います。多分整理整頓が下手な僕が詰めると・・・
30%?
・・・自然ってよくできてますね。


19日(休みやで♪)

今日は久しぶりに1日フリーの休みです♪ほぼ1ヶ月ぶりちゃうかな??あ~、何もしたないわぁ~という訳で日記もお休み・・・
とはいかんので、18日にまとめてやっちゃいますね!

さて、続いて午後の予備校の話を。まずは1コマ目に耳よりな話が。小規模の会社を営む人が、車を買う時、会社の所有物にするのが得か個人所有の方が得かという話を休憩明けに松本先生が話してくれました。答えは会社の所有物にする方が得なのですが、その理由は、
車は年々価値が下がる→価値が下がった分を毎年費用で処理する(減価償却といいます)→費用が増えた分会社の利益が減る→払わなアカン法人税が減るということで、減税効果があるとのことです。その後、松本先生は自宅を自分の会社の社宅扱いにして、家賃を費用化して節税効果を享受しているという話、さらには外国には非常に税率の低いところがあるのでそこでペーパーカンパニーを作って・・・などと税務のプロが節税のコツを教えてくれましたが、そこで僕が思ったのは・・・
松本先生、見かけによらずセコイなぁ・・・親しみを感じるわぁ・・・
僕も同類やったり。

今度は僕の方の話。原価計算のところで、費用の100万円をまず切削と組立という2つの製造部門の費用に分け、その後で2つの製品にその費用をそれぞれの部門作業時間で振り分けるという問題がありました。普通に解くと、切削に596750円が集計され、それを製品1,2にそれぞれ2000時間:3000時間の比で分け、組み立てに403250円が集計され、それを製品1,2に1000時間:1500時間の比で分けるという、596750円を求める面倒な過程を踏む必要がある問題なのですが、そこで僕が気付いたのは、
2000:3000も1000:1500も結局2:3の比なんやから、100万円を製品1と2で2:3の比で分けたらええやん!つまり製品1に40万、2に60万を集計して終了!実際答えもそうやったということで、松本先生にそれを話すと・・・
「それは賢い方法ですね。まぁ実戦ではそういう考えも必要かもしれませんね・・・」
松本先生、若干引いてました(^-^;
ちょっとセコ過ぎたか?という訳で最後に、

実戦で役立つ知恵とかけまして、あいつには身長で負けたない!!と解く、その心は・・・

どちらも、(セコさない/背超さない)といけません。
一応正義感はある方なので、セコイとはいってっも、僕はきっと将来はまっとうな道を歩むでしょう!
・・・ウソくさい・・・


18日(個別か!!)

今日の昼食は駅弁で鯖寿司を食べました♪・・・などと言うと聞こえが良さそうですが、実際は、朝食に自分で作って残った焼き鯖寿司を持って行って、バイト終了→予備校に行くために駅で電車待ちなんやけど正直食べる暇がないし車内で食べたらマナー違反やからホームの片隅で食べていたということです。食べていると、周りの視線が気になるわ、どんどん席が埋まっていって座られへんようになるわで気分は良くなかったです。・・・最初に比べると惨めな感じがしますよね?でも、一つだけ良かったことが。
時間を置くと、朝食べた時より味がよく馴染んでいました!
・・・それだけです。

さて、まずは午前中のバイトの出来事から。昨日夜に塾から電話が来て、明日朝からテスト監督の途中で臨時で個別授業をやってくれという依頼の電話が。どんなんかなぁと思い出勤し、まずは普通どおりのテスト監督の準備を。ところが、いつもは1人位手伝ってくれる先生がいてるのですが、今日は皆さん忙しいようで、一人で2教室3学年のテスト監督をすることに。生徒に各々のコースの用紙を配り、集めたやつをスキャンし、その他諸々の用事をしながら生徒を見張るという内容で、今日はホンマに忙しかったです。そんな中で個別の子がやってきました。「おっ、個別か!」その後に僕が思ったこと。

「楽できる!!」

正直1人を相手にしてる方が圧倒的に楽で、他の先生に任せられて良かったです。・・・とはいえ他の先生は相変わらず忙しく、僕も時々テストの方を見やなアカンかったりしたのですが、まぁ気持ち的にはある程度楽でした。何より時々ほったらかしにして、個別の子に悪いなぁ~と思ったり。90分授業でしたが、内容は・・・
30分個別授業、30分テスト関係の業務、30分生徒が問題を解くのを眺めながら・・・

リラックス(^-^;

ホンマに疲れてたのでご容赦を。やっぱり2つ同時は無理やで~という訳で最後に、
2つの仕事を同時にする時とかけまして、軽い方の荷物を持ちたい時に考えることと解く、その心は・・・

どちらも、どっち(も付かずが多い/持つ数が多い?)
なんか微妙な謎かけ。これこそどっちも付かず。


17日(部員紹介UPしました!)

今日は久しぶりの部会。2週間連続簿記1級の勉強に集中するためにお休みしていたので・・・今日は2つ目的を持って行きました。まずはそろそろやろっかなぁ?と思っていたHPでの新入生の自己紹介。書いてもらうとして、ただ紙を渡すだけやったら何を書くか困るとアカンなぁ~と5限前の休み時間に気付き、記入用紙に例とかを書いておきました。
例・・・名前:落研太、コンビ名「落研を研究する集い」、紹介文:宇宙語でツッコミを入れるという正統派のツッコミで相方の英理安を支える。座右の銘は、「落語を研究するんじゃない。落研を研究するんだ!」
例で思いっきりボケてみたり。まぁ、
スルーされましたが(;ω;)
もう一つショッキングなことが。僕が部会に行くと、何やら怪しげな紙きれに新入生が書き込みをしてありました。なんと、部員自己紹介!!・・・
先越されてました(;ω;)
準備は何やったのやら?

何はともあれ、紹介文を書いてもらっている間にもう一つの目的を遂行していました。それは7月2日に開かれる落研杯について。内容は近日公開の予定ですが、そこで出るコンビの話を。庄司君側に諸事情あって、うちの代の目玉コンビ「シーサーペント」が出られへんとのことなので、それやったら中村君がフリーやから、僕が中村君と「グリーンキーパー」で出られそうやなぁ?と策を練っていました。この策に狂いはない!そう信じていました。ところが・・・
中村君「ピンクピーポーで出たいなぁ。」
なんか固有名詞が大量に出てきて訳分からんことになっていますが、要は中村君は長谷川君と組む予定ということです。元々長谷川君が組みたいと言っていたところに中村君がOKと答えたので、長谷川君の希望が通ったようです。長谷川君はメインがピンのはずなんやけど・・・と思っていましたが、その後の発言で長谷川君の真意が分かりました。
長谷川君「五月祭のマーヤン(中村君のピン)は上手かったなぁ~。ピンで負けたと思ったよ。」
なるほど、狙いはマーヤン潰しか!!ピン対決したら負けると読んでコンビに誘う。一方僕は落研杯に出られへん。
長谷川君の計算高さにやられました(ノω・、)

さて、一方の部員紹介。いたって普通のことを書いてくれましたが(こちらです)、それを僕が面白おかしく改編しようと思いましたが、やめておきました。僕が去年の12月に書き足したように(日記上でですが)、次のweb担当に12月にきちんと書きなおしてもらうためにシンプルな形にしておこうという意図です。また駒場祭で新コンビが誕生することもありますからね。ついでに僕が書き足す手間も省けて・・・いや、何でもないですよ!?(怪)

ともかく、内容なのですが、シンプルな紹介の中に、何か読みとられへんところが。石井さんのところなのですが、最後に、「たかみな推し」とあって、何やこれは?と思いました。はたして何やったのか?という訳で最後に、
石井さんとかけまして、交流戦で快進撃のソフトバンクとかけまして、アルフィーのあの人の寝ぐせと解く、その心は・・・

どれも、(たかみな推し/鷹見直し/高見(高見沢さん)直し)ます。
さて、「たかみな推し」ですが、渋沢君のところを見て分かりました。「麻里子様推し」
・・・AKBでした。


16日(謎かけでおふざけ)

昨日、今日と少しはのんびりできる時間が増え、ようやく簿記検定が終わった解放感を享受してるなぁ♪という感じになってきました。昨日は久しぶりに大規模に買い出しに行き、閑古鳥が鳴いていた冷蔵庫内が少し豊かになりました。農家の人の直売所にも夏野菜が並び始め、季節を感じるなぁ~ということで、ピーマン、キュウリ、茄子、大根など色々と野菜を買えて大満足でした!あれ?
大根は夏野菜ちゃうなぁ・・・なぜか売ってたんやけど・・・

さて、季節を感じるといえばもう一つ。6月の花で僕が真っ先に思い浮かぶのはアジサイです。学校に行く途中の道にもいくつか咲いているところがあったのですが、今日は気が向いたので一番多く咲いていたところで写真を撮ってみました。季節の花を写真に収めるというのは、松尾依里佳さん辺りがやると俗世界を脱した上品な行為として見えるのでしょうが、僕がアジサイを撮っている時の通りかかる人の視線を見ていると、僕の行為は、
俗世界を脱した奇怪な行為として見えたようです。う~ん、まぁ綺麗な花が撮れたから良しとしましょう!

さて、ゆっくりできるようになったといっても、次なる資格試験とか学校の期末試験とか予備校の授業の予習、復習などの勉強などの所用があって完全フリーとはいかないのですが、今日はもう一つ雑務がありました。バイト先の塾の模試の問題の校正という仕事でした。バイトを始めるまでの僕を含めて多くの人が、模試に大きな間違いとかある訳ないやん、せいぜい細かなミスやろ~と思っているでしょうが、実際は結構大きな間違いがあるとこの業界でバイトをして知りました。僕が今日見つけたミスには、
Q.南北朝の争いを描いた書物は?
A.土佐日記!
場所おかしいやろ!!南北朝は京都と奈良、土佐は高知やから・・・正解は・・・書くと問題のリークと言われそうなので、ぎりぎりセーフ?のところでご容赦ください。

このように、解答が間違っているなどの大きなミスもあるのですが、個人的に一番致命的やと思ったミスは、
「あれ、このテスト・・・110点満点やな?」
配点ミス!!これは致命的で、答えが間違っているのならそこを修正したら終わりなのですが、配点を間違えるとテスト全体に影響を及ぼしてしまうからです。でももしかしたらミスやなくて故意なのかもしれません。問題の難易度を変えず、テストの平均点を高くすることができる裏技?という訳で最後に、

浮かび上がる驚きのテストのミスとかけまして、強力な後輩の出現とかけまして、一気呵成の敵の猛攻とかけまして、練り上げられた完璧な流れとかけまして、光り続ける星のエネルギーとかけまして、昔のワルが驚異の豹変とかけまして、一切の不平等なしとかけまして、国民年金と比べたらめっちゃ多いやん!と解く、その心は・・・

どれも、(校正/後生/攻勢/構成/恒星/更生/公正/厚生)おそるべしです。
前に5つ位かけたら、泉君から、「お前かけ過ぎなんだよ~。」と言われました。今回は調子に乗って8つもかけてしまいましたが、たまにはこんなおふざけもお許しください(^-^;


15日(マイクロを超えて)

さて、どうせ水曜はネタがないやろ~ということで、実は学校にて14日分との連続更新をしているのですが、学校のパソコンはなかなか面白い変換をしてくれます。
1段落より:学校来てまで→学校着てまで
これはよくあるミス。個人的に笑えたのは、
2段落より:三輪先生→美和先生
・・・「美」ってもう50過ぎたいいオジサンですよ!

さて、続いて火曜日恒例の実験の話を。今日はスライムのような感触のものを薄く延ばしたゲルというものに負に帯電したたんぱく質をちょっと流し込み、その後電圧をかけて正極の方にどれくらいたんぱく質が引き付けられるかでたんぱく質を特定(正確には分子量を特定)するという実験でした。

2人1組の実験でしたが、まずは4人でゲルを作りましょうということだったので、他の人に委ねて(オイ!)、その後ゲルにたんぱく質を流し込むという作業だったのですが、これがなかなか大変。
5μℓ(マイクロリットル)ずつ入れるのですが、普通の器具では量られへん位の少量です。なんと、
0、000005ℓ!
少ないなぁ~。そこで、マイクロピペットという特殊な器具を使うのですが、そういう秘密兵器をもってしても大変。とりあえず量って流し込んでということを続けていたのですが、色付きたんぱく質の青色が出てけえへん!まぁ5μℓやから目に見えへんくらい少ないんかなぁ?などと思っていたら指導教官の人が来て、
「全然入ってないですね。あれ、先端のチップが壊れて吸えてないですよ。」
ええっ!?!!(゚ロ゚屮)屮
ということは、量っていたのは、マイクロじゃなくて、
pℓ(ピコリットル)!?つまり、リットルに直すと、
0、000000000005ℓ位!?
そりゃ凄いなぁ・・・って当然チップを変えて入れなおし。

さて、最後の方にもちょっとした難所が。最後はゲルを染色液で青く染めてから脱染し、それを乾かないようにビニール手袋の中に入れるのですが、ゲルが引っ付いてなかなか入れるのが難しい!隣の班の様子を見ながら、入れるのに失敗して落としたら、脱染やなくて脱線やな。などというとばっちり無視されて、僕の実験の相方が入れるのをちょっと手伝いましたが、苦労しながらもなんとか入りました。相変わらず実験は難所がありますね。という訳で最後に、
ビニール手袋になかなか収まれへんとかけまして、怖そうな人に会った時の度胸ある人の選択肢と解く、その心は・・・

どちらも、すぐ(にゲル/逃げる)は入りません。
ちなみに、ビビリと名高い僕の選択肢は、すぐ逃げるしか入りません。


14日(Monopoly)

まずは今日図書館内での出来事。図書館でパソコンを使っている人の中に、何やら画像を見ている人が。なんか見たことある光景やなぁ・・・と思ったら、
松本先生やん!!
つまり、同じ予備校で、会計士の勉強をしている同業者でした。僕はまだ理系ということもあり、初めて大学で同業者に会ったのですが、さすがに邪魔するのも悪いので声をかけずにその場を立ち去りました。にしても、学校来てまで過去の授業を観るって真面目やなぁ~
・・・ってことは前の授業を休んでたから真面目やない?
いやきっとやむをえない事情が・・・ってどうでもええですね。

さて、今日は三輪先生の授業があったのですが、そのテーマはMonopoly、つまり独占でした。内容としては、普通なら市場で競争があって値下げ競争の結果、需要と供給がつりあうように販売量と価格が決定するのですが、売り手独占、つまり1社しか売り手がない状態では、その会社が好きに値段を決定できるので、普通よりも高い価格に設定して儲けようとする時に何が起こるかという話でした。例えば、アホみたいに高い価格にしても、ほかの会社にシェアを取られることはないですが、そもそも消費者が買ってくれへんので、ちょっと高めで、ある程度売れるような価格になりますよね。なんていう話を聞きました。

その後、じゃあ実際に独占って存在するのか?という話になり、色々と考えてみました。鉄鋼、ケータイ、自動車、どれも日常には欠かせん品やけど数社であって1社ちゃうなぁ・・・そんな時に、ある答えが思い浮かびました。
「大阪の河内長野では、日本で消費される爪楊枝のほとんどが作られています。」
クスクス笑いが起こりました。よっしゃぁ、ウケたでぇ!!いや、
バカにされただけ!?
まぁケータイとかに比べたら安いし、見た目しょぼいけど・・・その後先生が、
「まぁ彼なりに考えた答えなんでしょう。」
見下された(;ω;)
とはいえ関西人らしい答えができてよかったです。ちなみに合ってるかどうか不安やったので後で調べてみると、日本の95%が河内長野市で作られているようです。河内長野は関西サイクルスポーツセンターだけちゃいますよ!!

とはいえ先生も同じような例を出してきて、マージャンの机に敷く緑の布は一つの工場で日本の8割以上が作られているという話でした。なんや同じようなもんやん!でも知らんかったぁ・・・という訳で最後に、
マージャンのアレが実は・・・とかけまして、ロックの世界で芽が出ないと解く、その心は・・・

どちらも、(盤独占/バンド苦戦)しています。
って盤やなくてあれは卓って言うんやで~とか、卓でもなくて布が独占やで~などとは言わないでくださいね。


13日(相談相手)

今日バイトからの帰り道。通りかかった郵便局に明かりが付き、サイレンが回っていました。(音は出てなかったですが)
一体何なんやろう?と思いながらその場を通り過ぎましたが、いまだに気になっています。
「うちのATM9時過ぎでもやってるでぇ~!」
・・・という宣伝ではなさそうですね・・・

さて、今日は先週に引き続き、学術俯瞰講義という授業で、労働がテーマでした。先週同様、先生が熱く僕たちの将来のために講義してくれました。まずは就職の面接に関する話題で、松下政経塾に入るための面接で面接官が代々重視していることという話題になりました。わざわざ講義でやるんやから真面目そうとかコミュニケーションが上手いなどというありきたりなこととはちゃうやろなぁと予想していたら、
1、愛嬌がある
2、運が強そう
3、面接後立ち去る時の背中に感じるもの
と、納得できへんことはないけど非常に抽象的な答えが。ちなみに僕が考えていたのは・・・

瞳がキラキラしていること!!

・・・少女マンガかい!!

さて、その後転職に関する話題が。
「転職では誰に相談するかが大事です。家族や友人などの普段から一緒にいて意思が通い合う人よりも、例えば小学校時代の同級生など、あんまり会えへんけど、信頼できる人にするといいですよ。」
という話が。小学校の同級生とかは、今の自分とは全く違う道を歩んでいるので、自分にとっては新鮮な世界を見せてくれるからとのことです。自分とは違うタイプの人と交流する。確かにこの落研も、色んなタイプの人がいるから、多彩な笑いが生まれていいんやなぁ~と思って納得して聞けました。落研って良い交流の場なんやなぁ~という訳で最後に、

東大落研とかけまして、挑戦を応援する親心と解く、その心は・・・

どちらも、(個性派/子、制覇)を歓迎します。
会計士って転職の多い職種やからなぁ・・・僕が転職するんやったら誰に相談しよう?落研部員は度々顔合わしてるし、あんまり会えへんし、信頼できる人・・・おった!
松尾依里佳さん!!
・・・ってあんまりやなくて、全く会えへんやろ!!


12日(運命の2択)

今日朝簿記検定の会場に行く途中の出来事。横断歩道を渡った時に、
「信号が変わります。」
いきなり言われて焦った~何やいきなり!?音声で知らせる信号は目の見えへん方には優しいのでしょうが、僕にはビックリして逆に事故を起こしそうになるものです。例えば街を歩いてて知らん人にいきなり
「今日は日曜日ですよ。」
とか言われたら焦りますよね?・・・それとは話が違う?

とはいえ、今日はもう一つ焦ったことが。それは試験中。簿記1級は難しいというより2級とは比べ物にならん位出題範囲が広いからキツイのですが、それでも過去14回分の問題を解いたので、他の範囲も会計士対策の教材で勉強したからどこから出ても見覚えくらいはあるはず!と思っていたら、とある1問に、
「P社は米国に在外子会社を設立し・・・」
やっぱり親子会社のトコが出てきたなって・・・在外子会社!?

人生初挑戦やん!∑(゚∇゚|||)

数学の見たことない問題を考えて解くのならともかく、簿記は会計処理が決められていて、そのルールを覚えてへんの話にならんのでこれは致命的。資本金10000ドル、売上40000ドルとか書かれているのを円に直せばいいのですが、決算時相場(CR)は1ドル90円、期中平均相場(AR)は1ドル94円、商品を売った時は1ドル98円、会社設立時は1ドル105円とか色々あり過ぎて、項目ごとにどれを使うかを知らんと下手したら全滅するという問題でした。

5問あって、とりあえず全滅せんかったらなんとかなる、2つ合わさな・・・と思ったのですが、そのためには当期純利益という項目にARを使うか、CRを使うかという運命の2択を迫られることになりました。一旦他の問題に逃亡し、試験時間も残りわずか、しゃーない、よっしゃ、ARで勝負や!!と踏み込んで試験終了。その後配られた解答速報では、
5問中3問正解♪
ここを全滅すると6点位失っていたので、多分落ちてたんちゃうかな?と思います。実際、合格最低点70点で、僕の予想では75点位なので相当危ない橋を渡っていたということになります。何はともあれ、7割位の確率で受かってるかな?という訳で最後に、

想定外の出題範囲とかけまして、資金のない会社が大型投資?と解く、その心は・・・

どちらも、(在外って/財が要って)無理です。
とりあえず、松本先生にはそこそこ良い知らせが出来るんちゃうかな?最後に、今日の勝因は、僕の実力ではなく・・・
パチンコ好きやなかったこと!!
CRってどうしてもパチンコを連想してまうんです(^-^;


11日(仲間がいれば)

さて、最近の話題といえば、AKB48の総選挙がありましたね!大してファンじゃないので、僕としては誰が1位とかでも問題はないのですが、高い順位というのは、日頃のファンサービスの積み重ねによるものなんやなぁ~と思い、政治家も見習ったらどうよ?とか思ったりもします。例えば政治家全員でCDを出して、CD1枚につき1票の投票権を得るようにしたら、国の財政も潤い、斬新で話題が出て良いと思うのですが。ただ・・・
人気なさ過ぎて100票取ったら1位とかになるかも?有権者の投票率は0、01%でした~って切ない・・・今のままでええか?

さて、何故この話題を出したかというと、今日の会計の授業で松本先生がこの話題を出したからです。初めに、ペルーの大統領戦の話をして、結構真面目な話題の後に、
「そういえば、日本でも大きな選挙がありましたよね~。」
とか言って、引き合いに出してきたのです。中間発表で大島さん優勢のところで最後に前田さんが逆転したように、選挙では大逆転があります。それと一緒で、会計士試験も特に初学者の皆さんには大逆転のチャンスがあります。頑張ってくださいという話でしたが、正直そのためだけにAKBを話題に出さんでも・・・と思いました。

が、この話には続きが。その後、初学者の皆さんは、受験のベテラン達と戦わないといけません。そのために、切磋琢磨し合える仲間を作りましょう。という話になり、AKBの話題には繋がりませんでしたが、なるほど、大人数でお互いを高めあうAKBってこっそり話をつなげてるねんなぁ・・・流石先生や!などと感心しました。・・・ただ、これは僕の想像に過ぎず、実際は・・・
先生がAKB好きなだけかも?詳細は不明。

何はともあれ、そろそろ会計のクラスの人とも親交を深めなアカンやなぁ・・・という訳で最後に、
仲間がおらんでも1人でできることとかけまして、みんな集まってもできへんことと解く、その心は・・・

どちらも、(同志用もない/どうしようもない)ことです。
いよいよ明日は五月祭が終わってからひたすら準備してきた簿記1級の試験。はたしてどないなることやら?とりあえず今日は最重要事項をチェックして寝ます。
受験会場は、亜細亜大学やな!・・・そこかい!まぁでも間違えるとやばいですからね。(以前間違えかけた未遂前科者
試験さえ受けられたら、なんとかなる!僕の周りには答えを見せてくれる仲間がいてる!・・・のはさすがにルール違反やなぁ・・・まぁ頑張ってきますね♪


10日(RTA!)

昨日新聞を読んでいて知ったのですが、M-1が去年で終わった代わり?かどうかは知らないですが、今年はTHE MANZAIが久しぶりに復活するらしいですね!僕が生まれてへん時代の話なので知らんのですが・・・まぁ年末の決勝が楽しみです♪今回は10年以内という制限もなく、プロオンリーとのことなので、決勝ではプロの漫才の職人芸が見られそうですね!

さて、職人芸といえば、僕は案外ゲーム好きで、中2まではゲームばっかりやっていたのですが、特にFFの5~9が大好きで、結構やりこんでいました。マニアックな話題になりますが、制限を付けてやるのが好きで、タクティクスで主人公1人旅をしたり、8でノージャンクションでクリアしたり、5で4人の平均レベルが2という極限低レベルでクリアしたりとしていたのですが、職人芸なのが“ULTIMAGARDEN”というサイトで、偉大なる先人達がめっちゃキツイ制限を付けた攻略のレポートなどを読むのが趣味でしたし、今でも時々読み返したりしています。スーファミ時代からやってて一番好きな5でレベル1のキャラ1人で全ボスを倒した攻略を見た時はもう感動して・・・
アカン!オタクモード突入してもた(^-^;

さて、なぜ今日この話題を出したかというと、一番好きなFF5で新しい攻略が出てきたからです。RTA(Real Time Attack)というプレイスタイルで、ゲーム内で表示される時間を縮める普通のタイムアタックとは異なり、初め録画開始からノーセーブでエンディングまでクリアし、録画終了までの現実の時間をどれだけ縮められるかという攻略でした。その記録がなんと・・・

4時間20分8秒!!

どのFFでもそうですが、普通にやってたら急いでも20時間はかかるし、それをノーセーブというのが凄いです。何より驚いたのはプレイ動画。動画サイトという文明の利器が攻略の凄さを表現していました。ラストダンジョンの名だたるボス達を速攻で撃破し、ダンジョンを最短歩数で突き進み、ボス戦の準備を恐ろしい速さで終え、一瞬でラスボスのところまで行く様子がばっちり記録されていました。その時のラスボスの発言が笑えました。

「遅かったな。」

・・・これより速い攻略はそんなないやろ!と思いっきりツッコミました。RTAはゲームを速くクリアするので、節電にもなるからエコなのでいかがですか?という訳で最後に、
RTAのボス戦とかけまして、明らかに無罪の被告と解く、その心は・・・

どちらも、即(敵葬り/適法無理)で勝利です。
・・・えっ?
RTAは録画前に長時間準備プレイをしてるからエコとちゃう?
・・・ごもっともです。


9日(会社って実は・・・)

昨日から木曜にも会計士の予備校の授業が始まりました。土曜は2コマになるし、週4コマとなり、結構キツくなりそうですが、まぁ頑張ります。

さて、昨日から始まったのは、企業法の授業です。企業法?字を見たら何やってるか余裕で分かるし~とか思ってはる方もいてると思いますが、それは甘い。企業法を専門的な視点から説明すると・・・
会社の法律について勉強するのです!
結局見たままやないかい!!

さて、法律の授業は司法試験対策の先生が担当することになっているらしく、残念ながらいつもの松本先生ではなく、内田先生という先生が担当でした。一目見て、僕はただならぬオーラを感じました。
「この先生・・・麻雀強そうやな・・・
全然法律に関係ない印象を持ちました。

さて、授業内容ですが、法律関係は全く勉強したことがないので、なかなか難しかったです。企業法とは、会社法、民法、商法、金融商品取引法の内、会計士に必要な部分(8割位は会社法)を勉強するのですが、独特の用語がよく出てきて厄介でした。
会社法で社員とは株主で働く人(従業員)のことではないということ位は知っていたのですが、それでも知らんかったことが多く、その中でも驚いたのは・・・

「法律上、会社は人です。」
・・・ええっ!?Σ(゚д゚;)と思いましたが、案外驚くべきことでもなかったです。会社は法人という人で、人間は自然人と呼ばれ、どちらも人の仲間に入るということです。ちなみに「人」の定義は「権利能力を有する者」ということで、要するに権利とか義務を持つことができる存在だそうです。例えば会社が資産を持つように、会社には財産権という権利があります。一方、犬とか猫に洋服を着せてあげても、その洋服はあくまでも飼い主のものであるように、動物は財産権を持たず、人ではないということです。

色々目新しいことが出てくるなぁ・・・という訳で最後に、
会社も権利能力を有するとかけまして、適当に選んだ2つの数字と解く、その心は・・・
どちらも(人は/比と和)色々あるものです。
ちなみに僕は、「犬の洋服って犬の物ちゃうねんな・・・」ということにも少し驚いていたりしました。


8日(星に願いを)

「留年!?何もしてへんのに!?」
何もしてへんから留年なのです。

ということで、今日まで進学振り分けが登録期間でした。何もしなかったら本当に即留年という重要な登録で、忘れへんようにというメーリスが3,4回も流れたというホンマに大事な登録でした。僕は迷わず第一志望を経済学部にしたのですが、第二選考では第三志望まであったので、あと2つどないしよう?などとつまらんことを考えていました。

頭がおかしい位良い一部の連中が経済学部を全員志望するという事態にでもなれへん限り点数は足りているはずなのですが、それでも一応・・・と考えて、第二志望に置いたのは・・・
理学部惑星物理学科でした。ここは天文学科とよく似たことをする学科で、空を見上げながら、
「星よりも君の方がずっと綺麗だよ。」
「流れ星?見えなかったな。君しか見てなかったからね。」
などという口説き文句を学ぶ学科・・・ではなく、ケプラーの法則など、星の運動や変化などを研究する学科のようです。あんま調べてへんのですが・・・後、自分で言ってて難ですが、
口説き文句吐き気がする~!!

もし僕が経済に落ちて惑星物理学科に行ったらどないなるか?正直宇宙にはあんまり興味がなかったのですが、やっぱり宇宙にはロマンがありますからね。何億、何兆光年とか言うバカでかい数字・・・
単位が円やったら・・・
なんちゅうロマンや!!
相当よこしまな理由で選んだ第二志望でしたという訳で最後に、
新たな存在を生み出す宇宙とかけまして、時効まで諦めない刑事と解く、その心は・・・

どちらも、星を(創作/捜索)し続けます。
ちなみに第三志望は理学部数学科。理由は・・・
工学部は第三志望に登録できへんから。こんなルール初めて知ったわぁ~
是非、経済に決まるように願うばかりです。


7日(熱中の余り・・・)

今日は火曜日恒例の化学実験。全12回中7回目ということで、残り半分の折り返し地点。大事な節目なので・・・
ラクしたいなぁ~
・・・いつも通りの心境でした。

さて、いつもは色が変わったとか物質の性質を見る定性的な実験が多いのですが、今日は濃度を求めるといったような定量的な実験でした。要するに、雑な僕の天敵ということです。さて、まずは使う溶液を2mlずつ正確に4回測りとって8mlにするところから始まったのですが、なかなか2mlの線のところに合えへん!もうええやん!とか妥協したくなりましたが、あまり精度が低いとやり直しになるのでやむなくちゃんと測りました。かなりの集中力が必要でしたが、なんとか測りとれました。
「2ml、2ml、何とかちゃんと測れるようになってきたな。・・・で、
何回入れたっけ?
4回を数えられへんかったり。

さて、その測りとった8mlの溶液に試薬を加えて、さらに上から反応させる溶液を滴下していって、何ml入れたら色が紫から黄色になるかという結果から濃度を求めるということをしたのですが、色の変化は一瞬で、最初はシャーと上から落としたのですが、最後の方は、1滴ずつぽたぽたと、さらに進むと、1滴落とす→コックを閉める→フラスコを振って色が変わるかを見る→もう1滴・・・といった感じだったのですが、これがなかなか神経を使いました。実際は、
1滴落とす→コックを閉める→フラスコをしっかり振って・・・
振りすぎて溶液をこぼす→やり直し
・・・やってもた(^-^;
今日は熱中しすぎて失敗というパターンが多かったですという訳で最後に、
一気に加えると反応が終わる時とかけまして、朝家を出る時に言う言葉と解く、その心は・・・

どちらも、(1滴増す/行ってきます)。
ちなみに今日は予備校の授業がないのでゆっくりできる!ということを今日の朝知りました。危ない危ない・・・


6日(能力より価値)

今日学校に行く電車での出来事。隣の席に外国人留学生が座り、英語で喋り始めました。これはリスニングの練習になるなと思って聞いていても、雑音もあったりしてなかなか聞き取れませんでした。結局聞き取れたのは・・・
「three hundred yen」
・・・結局かい!まぁでも効果は絶大でした!よかったです♪
よく眠れました(^-^;

さて、今日は学術俯瞰講義という授業で、労働をテーマにした講義を受けました。受ける前は堅苦しい講義なんやろなぁ・・・と思っていましたが、受けてみると全然ちゃう。先生がとにかく生徒を笑わせにかかりまくってホンマに面白い講義でした。

テーマの一つに就職難が出たのですが、就職にはコミュニケーション能力が必要なのか?という話題で、必要なのは話す力よりむしろ聞く力という話をしてくれました。そして、うまく聞く極意を教えてくれました。誰も知らん裏技が出るんかな?と期待していると・・・
1、相手に対して気持ち前のめりになって話を聞く
2、相手が何か言ったらとりあえずうなずく
・・・誰にでもできるやろ!とツッコミを入れそうになりましたが、最後は応用編とのこと。これは難しいのか?と思っていると・・・

3、うなずくだけじゃなく、たまには首をかしげる

・・・それだけ!?!!(゚ロ゚屮)屮
まぁでも今後は意識して実践するようにします。

さて、もう一つ就職に大事なものとして、資格を持っているとかその職業固有のスキルを身につけているという能力は当たり前、ホンマにアピールできるのは、同業者が持っていない固有のヴァリュー(価値)だと言いました。確かに松尾依里佳さんは京大卒という肩書きがあるから他のヴァイオリニストと一線を画してはるなぁ・・・とか納得して聞きました。(もちろん、他の要素もたくさんあるのですが)
会計士で僕独自にできることって何やろう?落研らしさ・・・
扇子を広げて計算する?
アホか!高座扇持ってへんやろ!!・・・ってそっちが問題かい!
自分だけの価値を創出せなアカンねんなぁ・・・頑張ろかぁ~!という訳で最後に、

就職で使える武器とかけまして、将棋で強い成り駒と解く、その心は・・・

どちらも、(バリュー/馬竜)が強力です。
将棋の馬は「うま」って訓読みするやろ!などと細かいツッコミを入れてみたり。


5日(禁断の一言)

「日本をテストします。」
全国統一小学生テストの合言葉で、CMでも聞いたことがある方も多いと思います。ということで、今日はこのテストの運営に行ってきました!

僕の塾は四谷大塚ではないのですが、そこと関わりがあるということで、僕の塾も試験会場になっていました。ちなみに、監督の先生が、このテストの合言葉は「日本をテストします。」と聞いて、僕はちょっと驚きました。
「えっ、絶対満点取るぞ~!とちゃうの!?」
何年か前のCMで小学生が言っていたのが今も印象に残っています。

さて、このテストの宣伝役として、大橋のぞみちゃんがよく出てくるのですが、前に塾の生徒が驚きの事実を教えてくれました。
「のぞみちゃんってもう小6だから、テストを受けられる年齢じゃないよね。」
小2から小5までのテストです。こりゃ問題やな・・・代役をどうするか?サザエさんからカツオとワカメを出すというのが、一生歳をとらんからええと思うのですが、現実の人物でと言われるときついなぁ・・・う~ん・・・
まえだまえだ?いやアカンわ!
関西統一小学生テストになってまうやん!!

さて、テスト自体は残念ながら?日記に書くようなトラブルもなく、強いて言えば、試験終了5分前僕が教えてようやく解答用紙にマークし始めて0点を免れた子がおった位です。生徒より手がかかったのは、保護者の方でした。テストは5階で、6階で保護者会をやっていたのですが、エレベーター前で誘導していると、なぜか保護者の方々がよく降りてきて、「保護者会はどちらでしょうか?」と聞かれました。理由を聞くと、「下の運営員の人が5階に行ってください」と言ったからですと答えました。ともかく6階ですと言って行ってもらいましたが、他にも答え方があるんちゃうかな?と考えて、こりゃやったらアカンなぁという答え方ベスト3を考えてみました。

3位「6階って知ってるんやったら、何と言われようと6階に行ったらええやないですか!」(逆ギレ)
2位「こちらの部屋です」と言って、試験会場に案内して、場の空気を乱す

そして僕がパッと思いついてしまった第1位、その心は・・・

1位「5階と言われた?そりゃ(5階/誤解)です。」
ついに謎かけですら無くなってもた(^-^;
まぁ寒過ぎて、2位の答え以上に場の空気が乱れるでしょうね・・・


4日(人の力)

さて、今日は予備校の話題から。今日は製造業を扱う管理会計という授業で、費用の一種として労務費を扱いました。それに関する話題として松本先生が、
「人材には、企業にとって貴重な人財、どこにでもいそうな人在、おったら困る人罪の3つがあります。」
と言っていました。つまり例文を作ると・・・

1、不要な人罪を解雇する
2、わが社には人在があふれている
3、どうしても欲しい!・・・ぜんざい!!
・・・今年は食べてへんのです!というか小豆を処理してとかできへんし・・・僕にとってはお袋の味のようなもんなので・・・

少し脱線しましたが、今日は労務費の話。労働時間に入るのは、加工と段取時間が直接作業、間接業務と手待時間が間接作業の時間ですよなどと習い、練習問題で、実際に計算するというのがあったのですが、松本先生が
「賃率が1時間あたり900円・・・って安いですね。」
とつぶやきました。するとその次の例題で・・・
賃率800円!
松本先生はノーコメントで素通りでした。さて、そのまた次の例題で、
Aさんは月給40万、200時間労働で、直接作業はその内150時間してたから、直接賃金は・・・
40万×150=6000万か!

時給40万円!?

・・・正しくは40万÷200×150=30万です。時給40万って何やってんねん!一生に一回でええからそういう仕事をしてみたいわぁ~という訳で最後に、

時給40万も稼ぐ労働者とかけまして、時間は大切と解く、その心は・・・

どちらも、(工員/光陰)軽んずべからずです。
40万も稼ぐとは、やっぱり人ってすごい!僕も人罪を目指すで~!!・・・って字がちゃうやろ!


3日(ヒントになれへん・・・)

今日の東京は久しぶりにカラッと晴れ渡っていましたね!日差しに感動、帰りの夕焼けに感動でした♪改めて太陽のありがたさに気付いた1日でした。

さて、実は今週も4月にやっていた家庭教師の会社のビラ置きの仕事を臨時でやっていたのですが、そのチラシにツッコミどころが。そこに書かれていたのは・・・
「東大生8600人登録中!」
さて、1か月前、僕が配っていたビラに書かれていたのは・・・
「東大生8600人登録中!」
つまり・・・

登録者増えてへんやん!!

そんなこと宣伝せんでもええと思うのですが・・・

さて、今日は金曜恒例の鐘先生のオモシロ経済学でした。まずはおなじみのなぞなぞです。
「自宅の庭で行われた太郎のお母さんの葬式に出席したのは太郎一人だけ。太郎を除いて出席して泣いたのは誰?」
ヒント:誤字と慣用句

最初誤字で気付いたのは「行われた太郎」のところが冗談抜きで「行った桃太郎」って見えたところです。ホンマに字が汚い先生です。元々誤字が多くて、誤字とかヒントになれへんわぁ~と思いました。例えば、今日書かれた説明。
「損益分岐点では、収益と費用が、
とh
とh

です。」
2行に分けて何書いてんねん!と思ったら、とんとん(収益=費用)と書いてあったそうです。分かれへんわ・・・

さて、さっきのなぞなぞの答え。誤字は「泣く」で正しくは[鳴く」だそうです。答えは「閑古鳥が鳴く」だそうです。ふ~んとしか思いませんでした。それより印象的なのは、問題が出た瞬間に僕の前に座っていた席の人が小声で、
「お母さん?」
と答えたこと。そっちの方が正解のような気が・・・とにかく謎のなぞなぞでしたという訳で最後に、

役に立てへんなぞなぞのヒントとかけまして、サマータイムのアフター4と解く、その心は・・・

どちらも、(誤字/五時)前からあります。
時事ネタ。アフター4って間違っても、朝4時に早起きして生まれる自由時間のことではないのでお間違いなく。僕は今5時半。う~ん、5時起きが限界です。


2日(千円しか持ってへんけど・・・)

今日は梅雨らしい雨でした。僕は普通の傘を持っていくと傘立てに忘れる常習犯なので、折り畳みしか持っていかないようにしているのですが、濡れた傘を大学の教室内のどこに置いたらええかな?といつも悩んでいました。今日も悩み、ふと机を見ると、微妙に出っ張りが。こりゃええなぁ~とかけておくと、無事授業中、傘を気にせずに受けられました♪そして、授業が終わっても傘を気にすることなく次の授業へ。って気にしてへんかったら・・・

傘忘れてもた!!

相変わらずの常習犯ですな(^-^;

さて、今日はちょっと調べ物を。以前予備校でイオンの連結財務諸表について松本先生に質問して、一昨日ちゃんと売上債権が多い理由を調べてくれてるかなぁ~と思って行ったら調べてくれてなくて、さすがに考えが甘かったかと自分で理由をしらべてみました。
すると予想通り、スーパーでは掛け売上は少なく、イオンクレジットサービスという子会社が分割払いの割賦売掛金の大半を占めていました。よし調べ物完了!と思ったのですが、もう一つ面白い事実が。

イオンの親会社は現金預金を367億持っていたのですが、その内現金はわずか100万円で、後はほとんど預金という事実が。理由は持株会社という形で、別に親会社がスーパーで物を売っている訳ではなく、現金が入ってこないからなのですが、それにしても少ない!!身近な例で例えると、家と財布を合わせて現金1000円しか無いねんとか貧乏人ぶっている人が・・・

預金3600万円!!

金持ちは見た目だけでは分からんということですなぁ~という訳で最後に、
思わぬ金持ちとかけまして、建築会社の倉庫と解く、その心は・・・

どちらも、(隠し財/各資材)をため込んでいます。
あ、そうそう!僕は見た目通りの貧乏人なのでご心配なく。仕送りゼロで、奨学金+バイト代だけで過ごしております。


1日(折り返し点)

ついに今日から6月、この日記も始まって半年が経過!!ということで今日は出血大サービス!の謎かけから。

中川日記とかけまして、クーデター成れりと解く、その心は・・・

どちらも、(半期/反旗)成功です。
・・・って謎かけ一つだけかい!!いやいや謎かけ一つで出血大サービスというのが僕らしいやないですか。
ケチくさくて。それじゃあアカンやん・・・

さて、早速ですが、問題です。
「ダフ屋に対し、どう対処すべきか?
1:規制して取り締まる
2:放置する」

今日の三輪先生の経済の授業の問題なのですが、正解は2です。この理由が面白かったです。僕は単に、ダフ屋のような希少チケットを転売する存在により、大金を出してでも本当にチケットが欲しい人の手に渡るから2番と考えたのですが、実際はもっと深い理由が。

ダフ屋を取り締まるべきと考える人の主張の一つに、「暴力団の資金源になるから」というのがありますが、普通なら、「暴力団が絡む→警察が出るべき」と考えるでしょうが、実際は、
「みんなが転売(みんなの利益に)→何故か警察が取り締まってきた→一般の人は逮捕されたくないので転売をやめる→逮捕されるのをあまり厭わない暴力団だけが転売を続け(ダフ屋)、利益を上げる=暴力団の資金源)」

つまり・・・警察が暴力団の利益に貢献しているということです!!こりゃ驚き。いわゆる故事成語の助長というやつですが、よく考えてみると、身近にもこういう例がありました。

「三輪先生の授業でみんなが発言(みんなの経済学の理解度UP)→何故か三輪先生が発言者に対して厳しい質問を浴びせまくる→普通の人は質問攻めに遭いたくないので発言しなくなる→恥知らずの僕が質問ばかりする(僕の理解度だけがUP)」

今日は僕が積極的に発言したということもあり、特に色々ときつい反撃に遭いました。まぁ経済学の力が付いて得してる?からええのでしょうが・・・ところで上の2つの連想から行くと、僕は暴力団的立場になるのですが・・・
どうりで僕は悪者扱いされるんや!!

僕のことを指さして、「彼のような人がいると節電もままならない」とか、「彼のようにずる賢い人がいると・・・」とか言われまくっています。何はともあれ今日はためになる授業でしたという訳で最後に、

警察の思わぬ働きとかけまして、煮物を美味しく作るコツと解く、その心は・・・

どちらも(悪/灰汁)を(救い/掬い)ます。
2か所でかけられたし、日記の折り返し点は好調な滑り出し♪明日からもよろしくお願いします!

|

« 平成二十三年度七夕寄席 | トップページ | 中川日記 »