« 平成二十三年度秋風寄席 | トップページ | 平成二十三年度駒場寄席 »

中川日記2011年10月

31日(後1月!!)

今日はハロウィンのようでしたね。僕の寮でも一昨日にハロウィンパーティーがあった・・・らしい。当然土曜日はバイト&予備校なので出られる訳もなく。暇でも出てたかどうか・・・まぁでも今日はハロウィンらしいものをバイト帰りの夕食で食べましたよ!
作り置きしたカレーにカボチャを投入!
・・・それだけ(^-^;
正直ハロウィンはクリスマス以上によく分からんので何を食べてええのやら?思い返せばカボチャを食べるって・・・

冬至やろ!!

ハロウィンではお化けを食べてることになるんやな・・・という訳で、
ハロウィンとかけまして、まだ見ぬ事態とかけまして、無くなった方の遺体と解く、その心は・・・

どれも、(仮装/仮想/火葬)します。

月の終わりは綺麗に。

さて、日記らしく昨日のバイトの話題から一つ。昨日はテスト監督(というか僕の自習時間)でした。そこで生徒から受けた質問。
「この問題、9番まで無いんですけど・・・」
そこで僕の答え、
「その問題、裏があるよ。」
何が言いたかったかというと・・・

裏面もあるってだけ!

単純な話。
さて、最後に一つ告知を。ついに秋風寄席の出順が決まりました!!これでサイトでしっかり宣伝ができます。みんな、頑張ってきてや~!!いや、僕は模試の前日なので・・・今から駒場祭の準備を仕込んでいるのでそちらでお会いしましょう!

それでは中川日記も後1ヶ月ですが、どうぞよろしくお願いします。


30日(お茶目さん)

今日は母の誕生日。やっぱり家族の誕生日はきちんと覚えておかんとね!!家族は大事にしましょう。誕生日おめでとう!!ところで・・・

何歳?

それでも家族は大事だと言ってみる(^-^;
また聞きます。

今日も日曜恒例のがっちりマンデー。なんか飽き飽きされてるかもしれませんが、それだけ好きやし、話題に溢れているということです。今日はJR九州の特集。万年赤字の企業の反撃策が多数紹介されていました。

まずはご当地列車。「あそボーイ」という名前で子供でも楽しめるように工夫された車両や、昔の機関車を復活させるなど、特色のある路線が8路線。連日満席の大人気のようです。その中に、昔話をテーマにした列車があったのですが、その中で、浦島太郎をテーマにしたものが。列車から降りると、突然スモークが。

わ~、老けるやんか~!!

玉手箱をイメージ。

さて、他にもJRの社有地を生かしたマンション経営など多数の戦略を見せてくれた社長さんは・・・これまたユニークでした!それでは、印象に残る発言ベスト3を。
3位:耕作放棄地を生かして農業をするという話題で卵も作るという話に。社員の人は嫌がらないですか?という加藤さんの問いに、適材適所です。と答えた社長さん。じゃあ卵にはどういう人が向いているのかと聞かれて・・・
「卵の好きな人です。」
う~ん、それだけやと向いてへん気が・・・

2位:色々と路線を作っていますけど、どうやっているんですか?と聞かれて・・・
「それは、工事の人が・・・」
それ位分かるわ!ボケも忘れへん社長さん。

1位:しかし変な名前のご当地路線が多いですよね~などと加藤さんが言った後に質問で、これ以上路線を増やさないんですか?と聞かれた時にもう作らないと答えました。その理由は・・・
「さっき名前をけなされたから。」
根に持つタイプ・・・なかなかユニークな人でした!という訳で最後に、
JR九州の名物とかけまして、謎の病と解く、その心は・・・

どちらも、(新幹線正直/新感染症じき)はやります。

お母さんの年齢は・・・またその内聞くとしましょう。今日は忙しいんです。


29日(誇大妄想)

今日テスト監督をしていて目にした珍回答。問題は分からないのですが、おそらく「戦国時代に広まったとある宗教を信じる大名を何というか?」位の問題でしょう。それに対する答えが・・・

きりたんぽ大名!!

正解は当然キリシタン。きりたんぽって、「山形魂~!」とか言いながら敵陣にきりたんぽで突っ込む部隊。殺傷能力は無いけどなんかねちゃねちゃしてうっとうしい、でもやっぱり弱いか。とか色々想像させられる・・・誇大妄想その1.

今日の予備校の話その1。今日は後半の管理会計の授業で短答試験の過去問の内、前回の内容から集めたものを20問、60分で解くというテストをしました。過去問演習は9月の休みを使ってこなしていたので、見覚えのある問題も多く、僕は20問中19問正解で95点と書いて先生に提出。その後休み時間明けに先生が点数の集計結果を言いました。
「平均点は・・・11.88点でした。」
対して僕が思ったこと。

えっ!?平均の8倍以上!?

当然そんなはずもなく、1問1点で採点した時の話。平均は59点位のようです。そんなに難しくなかったやろ!と思わず言われそうな、誇大妄想その2。

最後は休憩明けの話題で出た、実際の企業の財務諸表の話。どこの企業かというと・・・
オリンパス!
今世間をにぎわすこの企業の成績を見てみました。この企業はかなり特徴的で、建物よりも在庫商品よりも資本金よりも圧倒的に値段が高い資産がありました。その名も・・・

のれん!!

当然、会計上ののれんは実際に店に入る時にくぐるものではなく、イメージで言うと近いのが、「のれん分け」という言葉に出てくるのれん。師匠が弟子にのれん分けをするとき、別にお金を渡す訳ではないですが、それでも弟子としては自分の店を開くときに大変プラスになるものを貰うことになります。それは、長年師匠が培ってきたブランドイメージです。企業でも同様で、やっぱり長年トップを走ってきた企業の製品には安心感が持てるし、逆に今回のオリンパスのように不祥事を起こした企業のようにイメージを悪くすると売上にも当然響いてきます。このように企業のイメージを表すのれんも価値があるのです。

オリンパスは、例えば建物などの資産の価値が100の企業に120のお金を出して買収し、差額の20をのれんとして計上したというようにどんどんのれんを積みながら買収を繰り返していて、そのうち今回問題になったような買収案件にも手を出すようになったということになります。その額はなんと、1700億円!これ位稼げるはず?という見通しで買収を進めていました。何かウソ臭い気がしますよね?
例えば、子供が成績について言い訳をするとき、
「今は偏差値50。でも頑張れば、偏差値70取れるよ!」
と言うようなもの。先生がこの子はやる気はあるから伸びると思えば信用できますが、一般的にどうなんやろ?オリンパスも同様で、1700億稼げると主張し、それに対して監査をした会計士もそれを認めたということは、まぁ稼げるんかなぁ?う~ん、それも誇大妄想では?という訳で最後に、

企業の資産構成とかけまして、最新の流行と解く、その心は・・・

どちらも、(のれん/乗れん)ばかりでは困ります。

僕も流行に乗れてへん?いやいやそうやなくて、初めから無視してるので乗るか乗らんかは問題ではないから大丈夫ですよ!という言い訳。


28日(思い出すのはいつも・・・)

昨日夜遅くに、塾から謎のメールが。ミーティング資料はきちんと見ておいてくださいという内容のメールで、僕もたまに見忘れるのでちゃんと確認せなアカンなぁ・・・と思っていたら下の方に、出勤しているのに閲覧印が無い先生の名前がリストアップされていました。その中に・・・
26日(水)中川
僕が思ったこと。

ラッキー♪出勤してへんのに給料が出るで~!!

なんて甘いことは無いので訂正のメールを大人しく送りました。大体、勤務申告書に何て書いたらええんや?
「業務内容:相棒の観賞」
・・・時給いくら?

続いて今日の話。帰り最寄りの駅から自転車に乗って帰ろうとすると、自転車が見当たれへん!これはヤバイ!と必死になって探してもアカン。もしかして・・・盗まれた?とか思いつつ探していたら10分位かかってようやく発見。いや~、盗まれてしまった。えっ、何も盗まれてない?いや、奴は大変なものを盗んでいきました。
僕の記憶をね。
・・・ただどこに停めたか忘れただけやろ!

ということで、今日は記憶に関する話。昼休みに、珍しい人に会いました。理科1類時代のクラスメートでした。僕もクラスでは成績は半分よりは上やったのですが、それでも絶対に敵えへんという人が2人いて、その内の1人。基本的にテスト対策は自力でやっていた僕も、その人の数学の試験対策プリントだけは頼りにしていて、先生が最終授業に試験範囲の演習プリントをくれたのですが、あまりにも難しいので、その人の答えを頼りにしていた位です。
さて、久しぶりに会って驚いたのが、理学部物理学科に行っていたこと。絶対数学科やと思っていたのですが・・・理論系の勉強をしたいけど、週3で実験ばっかりや~とかボヤいていました。週3で実験か・・・そんなに頻繁やったら僕は、
その内実験器具を破壊するな(^-^;
やはり経済で良かった。実験だらけやとボロが出る。

さて、その人と別れてから感じたのが、あのクラスが懐かしいなぁ~ということ。過去のことやから綺麗な思い出になるのかもしれないですが、この時期やと思い出すのは駒場祭。クラスコンパに行かんかったこと、フライドポテトをやっていたクラスの店番で、一心不乱にポテトをつまみ食いしたこと、そして何より・・・
落研やってるで~!というメールを流しても誰も来やんかったこと。
・・・ロクな思い出が無い・・・という訳で最後に、
前のクラスの思い出とかけまして、かなり頑丈な壁と解く、その心は・・・

どちらも、(美化/微瑕)すらできません。

まぁ、色々な組織に溶け込んだかと思えば気付けばふらりと消えていた。そんな流れ者のような人生が僕には合ってるのかもしれません。・・・そもそも溶け込めてたんかな??


27日(僻み)

今日読んだ新聞の特集記事。
「スマホが凍りつくとき」
う~ん、-20度位?という話ではありません。スマホはパソコン並みの性能を誇るので、回線を使いまくって後3年もしたらパンクするかも?という話です。回線の使用量はスマートじゃないようですね。上位1%の人が回線の3分の1を使っているようで、そういう無駄遣いを防ぐべく、定額料金の上限を撤廃する可能性もあるそうです。3分の1も使うとか、理解できませんよね?
そんなに友達できるかぁ!
ただの僻みです(^-^;

さて、木曜は6限まである過酷な日ですが、5,6限目のミクロ経済でいつも苦労するのは最後よりむしろ最初。毎回初めに宿題を集める授業なので、出席率が異常に高く、席が詰め詰めになります。やむなく最前列に座るも、後から来た人に隣いいですか?と2度も言われ、手前から詰めればええものを、2度とも僕が手前に寄って、奥側を譲ることに。その後入ってきた人が仲良さそうに話すので、
おのれ文Ⅱめぇ・・・
僻みその2。理系出身に友達ができるのは、3年のゼミまで我慢です。

さて、今日は最後の方も辛い思いをしたのですが、単純に、
「腹減ったぁ~。」
というだけ。7時を超えるとキツイ。ただ、最後は狙い通り、7時半までのところを15分早く終わってくれたので、終わるや否や教室を飛び出しました。授業後に友達と話す連中を尻目に。
やっぱり僻み。・・・という訳で最後に、
今日の授業とかけまして、南国旅行と解く、その心は・・・

どちらも、最後は(ミクロ/身黒)です。

腹が減って仕方が無かったので、大急ぎで・・・寮に帰って食べました!学食?
金がもったいねぇ!
というか、最初から、帰ったらシイタケ雑炊を作って食うと決めていたので。安いからという理由で買い込んだので、嫌いながら上手く料理してシイタケを克服しようとしています。今のところは順調。細かくすれば平気です。


26日(翻弄2)

昨日の予備校の話。第2回コンパをするということで、出席表のところに参加者は黒丸をしてくれとのこと。先生達と教室を出る前に出席表を見ると、半分だけ黒く塗りつぶしている人が。参加したいけど、まだ予定が・・・という人なのか?と思っていたら、10月11日の出席欄のところに半分黒丸を付けている人が。そこで僕が言ったこと。
「凄いなぁ。2週間前からコンパを予知してたとは・・・」
周りは大笑い。僕の言ったことがウケるとは、珍しい・・・(笑)

さて、昨日はもう一つ翻弄されたことが。予防接種の後、大学に寄って書店で会計士試験の模試の申し込みをしてきました。自分の予備校で3回受けられるのですが、たまには他のところで武者修行をしたくなるものです。ということで、クレアールという予備校の模試を申し込みました。理由?当然値段ですよ。他は5000円、クレアールはネット申し込みで3500円、書店申し込みで1割引の3150円なので決まりです。
ところが、昨日は2つ思わぬ出来事が。まず1つ目は、僕もネットで検索してたら3年前の模試情報とかを見て不審に思っていたことなのですが、書店の担当者の人が、クレアールに気になったことを聞いていました。そして、衝撃の事実が。
今年から、2100円から3150円に値上げしたそうです。」
今年から!?なるほど、どおりで前は安かったんか・・・どこも最近値上げしてるねんなぁ・・・
とはいえ、これは分かっていたこと。さらにダブルパンチ。
「それでは、3日以内に、水道橋校まで行って正式に申し込んでください。
・・・はぁっ!?!!(゚ロ゚屮)屮
1割引の罠・・・電車賃かかるんやったらネットの方が安い。

ということで、今日行ってきました。水道橋駅まで行き、他学部で本郷通いしている人の苦労を感じつつ、駅を出ました。適当に出たら、目的地に近い東口ではなく、西口の方に出ました。ちょっと遠いかな?と思いながら迷いつつ歩いていると、無事に到着しました。

「お~、ここが東口か!」

方向音痴は健在。そこからは案外すんなりと到着。ホンマに遠いし、金かかるし、えらい目に遭ったものです・・・という訳で最後に、
わざわざ水道橋までとかけまして、剣道で小手を狙わない人とく、その心は・・・

どちらも、とにかく(面倒/面、胴)です。

あ~遠出で今日は勉強する気なくすほど疲れた。まぁここまで苦労したからにはええ点取るで~!!
じゃあ勉強せえ!


25日(翻弄1)

とある用事で大学の書店に寄った時のこと。レジに謎の商品が置いてありました。

動物園のど飴!

うわっ、臭い悪そう・・・とか思ってよく見たら、植物園のど飴でした。動物園のど飴って、どんなんやろ?

さて、今日は色々とお金を遣う1日でした。まずはいきなり景気良く、1万円札を使って・・・
160円の切符を買いました!
お釣りが多いせいか、券売機の動作が鈍かったです。お釣り出ぇへんちゃうの?とか一瞬冷や冷やしました。機械をビビらせてしまった・・・

さて、今日は切符を買ってどこに行ったかというと、インフルエンザの予防接種に行ってきました。バイト先の塾から強制的に行かされるのですが、1回なら納得ですが、2回やれというお達し。一応割引価格で1800円とはいえ、電車賃を入れると4000円位するし、言ったら悪いけど、冬にあんまり働く気無いし・・・行く時間が無い、面倒、色々ありますが、何より嫌なのが・・・

注射嫌い!!

子供みたいなこと言うなと言われそうですが、打つ時はもちろん、終わってからも若干クラクラするような気分になるし、血液検査とかやると精神的にゲッソリします。まぁ昨日は行ってきたのですが。

病院に着いた後も大変でした。問診、検温などを済ませ、診察書が入ったファイルを渡され、カゴに入れて近くで待っていてください。と言われ、カゴや受付の近くで待っていました。すると奥の方から僕を呼ぶ声が。えっ、そっちなん?まぁ注射やなと覚悟を決めて行くと、
「とりあえず問診をします。」
・・・意表を突かれた・・・早く打って下さい。結局ちょっと聞かれた後で、また外で待つことに。さっきの病室の前で待機していると、再び呼ばれました。

「今度は受付の方!?」

注射するまでもてあそばれ放題。券売機といい、病院といい、今日は色々と翻弄された1日でしたという訳で最後に、
インフルエンザ対策とかけまして、十分な栄養と解く、その心は・・・

どちらも、(接種/摂取)が必要です。

次は4週間後。駒場祭のちょっと前か。とりあえず会計士試験の頃には効き目が出てるはず。


24日(小ネタ集)

今日新聞の記事を読んだ時の話。人口減少で縮小しているという日本市場でシェア拡大を狙う外資系在日企業の特集で、日本マクドナルドの原田社長が出ていました。まぁ、「日本マクドナルド」という名前で海外進出は無理ですからねぇ。さて、その原田社長が言っていたことは、
「日本人の4割は着きに1回マクドに来ているが、まだ6割は来ていない!」
マクド位の大手の外食屋に行かない人とか、どこにいるんでしょうねぇ?
僕です!!
朝は納豆と卵料理とバナナでいけるし、昼以降は言うと失礼ですが、マクドで食べる位なら学食か食欲が無かったら抜く位の方が金銭的にも健康的にもええような気がするので・・・
(非常に偏った僕の感想であり、一般の人の感覚は逆だと思われます)
ふぅ、言い訳できた。
ただ、原田社長の発言は非常にポジティブで印象的だったので、これを僕の生活に応用したらどうなるか?ということを考えてみました。状況は、雨が降るかもしれへんけど、荷物が多いからできれば傘を持って行きたくない時。
「降水確率は4割やけど、まだ6割は大丈夫!!」
・・・ただの自分への言い訳やないか!そういう時に限ってよく降るのは、いつものこと。

話題その2。統計の授業で、先生が何かのデータを持ってきました。
1:80,2:45,3:0,4:82,5:30・・・0~100までの数字が36個羅列されていました。これは何やろ?と思って僕が考えた答えは・・・
ビンゴゲーム!!
んなこと授業でやるか!後もう一つ、
同じ数字がある!!
また86番ですね~ってビンゴゲームではありえへん。答えはテストの点。4割位の生徒が優ですが、不可も2割位いたので、脅すつもりやったのか?「ちゃんと内容を習得するまで学生にはもう1度履修し直してもらいます。」とか鬼やろ・・・

話題その3。午後からは1週間で最も楽しみな経営の授業。経営学科には1年で大学院修士を取れるコースがあるらしく、経営が面白そうならそういう道もありかも?今日は企業の多角化の話題で、車を作っていた会社がバイクを作ったり、エンジンを航空機に応用するという日本人のイメージに合う「水平的」もしくは「同心的」な多角化の話や、アメリカでかつて流行した、M&Aで異業種に参入する「コングロマリット型」などの話などがありました。
さて、今日は授業中にした衝撃発言ベスト3を。

3位:調味料のみならず食用油など多種の食品を手掛ける企業「味の素」がかつてやっていた看板商品「味の素」の売上アップの技の話で・・・

「消費量を増やすために・・・穴の数を増やしました!

セコイ・・・実は僕は高校の時の化学の授業で先生の雑談で聞いたことがあったのですが、他にも料理の味を濃くして原価率の低いドリンクを売り込もうとする居酒屋があったりと、最近も色々な手が取られているよう。

2位:こういった企業調査には統計が密接に関わっている。日本の国勢調査による人口統計は正確なんですという話題で10数年前の中国についてのコメント。

「発表された人口は・・・12億±1億でした!」

誤差でけぇ・・・ただ、統計データを誤差を小さく取るのがホンマに大変というのは色々な授業で習っていたので、若干分からんでもないですが。

1位:40年ほど前の小田急電鉄の話。

「この頃の小田急電鉄は・・・利益操作をして運賃を吊りあげていた!

先生は時効やからええやろう・・・と言っていましたが、確かに時効やないと言ったらアウトの爆弾発言。運賃を上げるには、赤字が出てヤバイと認められないと国からOKが出ない。つまりわざと微妙に赤字にしていたらしいのですが、その技が、僕にとっては馴染みがある「連結飛ばし」という技。
小田急電鉄という親会社があり、その中にはバス、ホテル、百貨店など色々な部門がありましたが、儲かり出した部門は分社化して子会社にすることで利益を圧縮していたよう。さらに賢いことに、本社が赤字まみれになった時は逆に子会社の建物から高額の家賃を貰うことで赤字を圧縮できるようにしていたとか。今では小田急電鉄本社ではなく、小田急グループという連結グループ単位で利益が公開されるので、この手は使えないのですが、連結に関する話はなかなか面白いです。

この手の話題で、覚えておくと友達をびっくりさせられるようなネタを1つ。
Q:有名なソフトバンク株式会社の毎年の売上原価はいくらでしょう?
さすがにそれ位の大企業になれば売上も原価もえげつないやろうと思いきや、正解は・・・

ゼロ!!

ソフトバンク株式会社は、売上350億位の会社ですが、売上原価はゼロです。理由は2つ。まず、従業員の給料などは営業費と言い、別物で、売上原価とは、売った商品を作ったり仕入れたりするのにかかった費用のことです。とはいえ、営業費は別にしてもそれでも原価ゼロというのはおかしい?と思いきや・・・こちらが最大の理由

理由2:売上=株の配当

ソフトバンク株式会社というのはソフトバンクグループの親会社であり、子会社の株を持って経営を管理するのが仕事なので、売上は子会社(ケータイ会社など)の配当ということです。これも親会社単体と子会社込みの連結の違いで、ちなみにソフトバンクグループ全体では売上3兆!!こちらはイメージ通りの規模ですね。連結を見ないと分かりませんねという訳で最後に、
今日の授業内容で学んだ企業とかけまして、ヤミ金の利子と解く、その心は・・・

どちらも、(多角化します/高く貸します)。

結構長くなった・・・やっぱり連結とかの説明は大変ですね。


23日(やりたくても・・・)

昨日知ったことなのですが、絢香さんが復帰するようですね!ファンというほどではないですが、"I believe"は好きな曲なので是非また色々と聴きたいなぁ~と楽しみです。それとは別に気になったことが。
「絢って漢字、明日のテストに出ぇへんかなぁ?」

ということで、今日は漢字検定を受けてきました!去年の6月に3回目のチャレンジでようやく準1級に受かって以来の挑戦。ということで1級やったのですが、多分「絢」って1級配当の字ちゃうかな?と思ったので・・・まぁさすがに出ないですよね。
そんな急に問題は差し替えられへんし。
そういう問題とちゃう?

舞台は法政大学。前に英検準1級の筆記試験を受けたところ。前は電車で行きましたが、今日は運動がてらチャリンコで行きましたが、40分位で着いて案外近かったです。免許をその近くの教習所で取ったので、懐かしいわぁ♪とか思いながら行きました。さて、大学に着いた時に気になったのが、自転車置き場がどこか?ということ。まぁええわ。と正門から突っ込んだところ・・・

止められました。

自転車置き場を教えてもらい、きちんと停めた後に、いよいよ試験会場へ。案外早く着いたので、少し時間を潰してから突入。検定試験の度に気になるのが、他の受験者。特に年齢層が気になっていました。準1級は結構年代にばらつきがあり、老若男女問わず受けていた感じでしたが、1級はどうだったかというと・・・

4人しかおらん!!

6人受験予定で、来たのは4人。少ない・・・
その後、試験についての説明があり、終わると5分位待ち時間があったのですが、僕はその間不安で仕方ありませんでした。

「問題をちゃんと切り離せるかなぁ・・・?」

どうでもええやろ!と言われそうですが、漢字検定は結構厳重で、まず問題の周りの紙を切り離さないと問題が開けず、すかし読みもロックされています。毎回ここで手間取るので不安やったということです。そして、いよいよ切り離す時間に。左端を切り離せということなので、左端の紙を悪戦苦闘しながら切り離していたら・・・

「解答用紙だけを切り離してくださいね。」

やり方変わってる!!四隅を切り離すはずやったのに・・・今回は単に四隅をのりづけしてあって、普通にめくれば開けました。さて、肝心のテストはというと、予想的中です!!

THE END

さぁ、これで今年は会計士試験だけや!一応6月から少しづつ準備をして、9月からはかなり真面目に勉強してたんやけどなぁ・・・さすがにあの宇治原さんが落ちただけのことはある。その難易度を例えると・・・

電卓検定:2度とやりたくない!!
漢検1級:やりたくても無理!!

国民の誰もが知る一番メジャーな検定の最高峰をいつか取ってみたい・・・でも難易度はヤバイ・・・という訳で最後に、
今日の試験結果とかけまして、引き換え券の期限切れ?と解く、その心は・・・

どちらも、(漢検/換券)はうまくいきません。

理系の皆さん!数学検定を受けましょう!!漢検よりよっぽど楽ですよ!


22日(戦略VS策略)

今日の朝のバイトの話。普段通り仕事をしていたら、先輩の先生から声をかけられて、
「僕は、荻窪でも授業をしているのですが、そっちはもっと学生講師が少ないのに上手く回っているんですよ。それは、1人1人が周りを見て何をすべきか考えながら行動しているからだと思います。だから吉祥寺校の講師も、もっと周りを見て行動するべきだと思うんです。」
と言われました。まぁそうかな?とか突然なんや!?とも思いましたが、僕が感じたのは、
講師が余っていて減らしたいなら教室長に相談してください!
要はそういうことですよね?僕も色々考えながら行動しているんですけど・・・それはまた後ほど。まぁ僕は人に説教じみたことを言われても、ムカッとするよりむしろ都合よく解釈する方なので、感じたのは、要は、
いつ辞めてもOK!!
どうせ2年の終わりにキャンパスを移るついでに辞める予定なので、そこで引きとめられずにあっさり辞められるのは嬉しい限り。一つの組織に固定的に縛られるより、ふらふらと流動的に生きる方が僕の好みでもあります。

何か重い話で始まりましたが、これは今日の予備校の授業内容というか休憩明けの話に関係する話題です。管理会計の授業で、それに関する会計士の仕事ということで、コンサル業務の紹介がありました。まだまだ将来のビジョンが定まっていない僕にとってはためになる話。
その話の中で、コンサル職に必要な資質の話が。それは思考方法に関するものなのですが、「まず目標を定め、全体を見据え、まず結論から簡潔に考える」というもの。そんなことやったことないわぁ~と思ったら、普段ネタ作りでやっていること。まず目標「とにかく面白いネタを!」とか「新境地の開拓を!」とか。どっちかというとどういうオチか?という結論から進むとしても、全体として、ここのパートは無駄に冗長やな・・・このパートに回すか?とか全体を見ながらバランスを取ったり、当然ボケはあんまり深いものやと分かりにくいので、できるだけ簡潔なフレーズを考えたりと、落研のスキルが生かせるやん♪ということが発覚。・・・まぁ当然ですが、

舞台でウケるかどうかは別の話(^-^;

逆に面白いボケを考えるのが苦手やから構成とかネタの枠作りで勝負しているとか、舞台での掛け合いが下手とか色々な要因があるので、漫才は大変です。

さて、そういう普段のネタの構成を練るということが生かせそうなコンサル業務ですが、他にも今までの手段や知識が通用しないことに対応する地頭力なども必要とされているのですが、僕にはあんまり向いてへんかも?と思うことも。コンサルといえば企業のプランを立てる「戦略家」ですが、僕はどっちかというと「策略家」やとつくづく感じます。
違いが分かれへん?それではバイトの例で説明しましょう。ということでバイトの話に戻ります。

戦略家:常に、「どうやったらテスト監督をしながらできるだけ多く塾のために貢献できるか?」を考える
策略家:常に、「どうやったらテスト監督業務をさぼっていると言われない範囲で一問一答問題集に時間を割けるか?」を考える
・・・要はセコイやつということなんです。という訳で最後に、
コンサルで直面する問題とかけまして、先輩が優しいサークルと解く、その心は・・・

どちらも、(先例/洗礼)がありません。

そろそろこういう綺麗な謎かけのストックを放出していきたい・・・じっくり長いのを考えるのもいいですが、やっぱり謎かけといえばこういうもの。後40日足らずやったら、ストックが切れることはないはず。
さて、明日は地頭力よりむしろ知識勝負のとある検定試験を受けてきます!一夜漬けというか悪あがきはしっかりとやりました。多分アカンのは分かっていますが、どこまで点が取れるか?・・・詳細は明日で。


21日(澱み)

今日の会計の授業の時の話。
先生が、自分の息子も僕らと同じ年やから僕らのこともほっとかれへんのよ~という話になった時に、息子さんの話をしていました。
「うちの息子もそろそろ就職の歳なんだけど、この年になってもポケモンをやってて、全部のポケモンをMAXまで育ててるんですよ~。」
・・・アホやろ!!

スゲ~!と思った僕!!

ポケモンの攻略で感動したのは、クリスタルのラスボスにレベル2のイシツブテ1体で勝利!のレポートを見て以来。立派な息子さんですね(笑)
ゲームをガチでやる人には評価が甘くなる僕。ホンマにアホですね。

さて、昨日、今日と落研では24時間大喜利をやっておりました!僕は昨日の昼間、そして今日の朝と2回に分けて顔を出したのですが、まず昨日はいつも通りの普通の屋外大喜利という感じでした。特に変わったところは無く、僕はいつも通り良い答えが思いつかなかったです。・・・アカンやん。

それより印象的だったのが今日の朝。1限目の金融の授業の前にちょっと早めに行って顔を出したのですが、その時まず中嶋さんに掛けられた一言。
「爽やかそうですね。」
ついに僕がイケメンだと気付いてくれました!・・・ではなくて、24時間大喜利ということで真面目に一晩中学校に残っていた人達の空気がどんよりと澱んでいたのです。ともかく僕が加わったということで、再び大喜利再開。ここは僕がバンバン答えを出して空気を明るくしよう!と思って答えを書くペンと紙を取った瞬間、横尾さんに、
「それ、ホワイトボードマーカーだよ。」
・・・どうやら僕の方がボケていたようです。う~ん・・・という訳で最後に、
今日朝の大喜利の様子とかけまして、重すぎる物を水に投げ込んだ時と解く、その心は・・・

どちらも、沈んで浮かびません。

空気が沈んで答えが浮かべへんということです。謎かけに解説が要るようではあきませんね。


20日(贖罪)

昨日の晩は、今月、いや先月の終わりから楽しみにしていた番組の初回放送でした。と言えば何かはバレバレですが、相棒Season10が始まりましたね!!落研内で相棒といえば泉君ですが、昼間暇になることも多い大学生、特に夏休み中とかはしょっちゅう夕方の再放送を見ていたりと、僕も結構好きやったりします。ちょうどええことに、今月から水曜夜のバイトを抜けさせてもらっていたので、運よく毎週相棒を見られるんですよ。ラッキー♪えっ、
作為の臭い??
細かいことを気にするのは悪い癖ですよ。いやいや、僕がバイトを抜いたのは、交通費は休み中の9月しか出ぇへんから・・・ってつまらん言い訳させんといてください!10月からは授業が忙しなりそう・・・と思っていたというのが理由・・・だけでもないですが、まぁ色々あったんですよ!時間の余裕ができて、良かったとは思っています。

さて、その相棒でしたが、今回も面白かったです♪最初は単純に過去の冤罪を暴くだけで、僕ごときが見ても明らかに不審な点がはっきりしてる事件やなぁ~と思っていましたが、途中で真犯人があえて自ら出頭して、証拠が見つかれへんうちに無罪を確定させて一時不再理で2度と捕まれへんようにするという高等戦術を持ち出してくるなど、単純に犯人を暴くだけではなく、犯人やその裏で糸を引く者の罪をどう暴くかなどの駆け引きがあるところが相棒で個人的に好きなところです!かなり序盤の方から犯人をばらしてもなお見ごたえのある番組にするなんてなかなかできませんからね・・・

さて、番組の最後の方で、神戸君が過去の自分の偽証罪を告白するシーンがありましたが、誰しも過去に過ちを犯すことはあります。・・・というか、杉下警部自身も時々違法な捜査をしてますし・・・さて、自分はどうかと考えた時に、1つ思い当たる節が。よし、今こそ告白します!!

相棒を見るためにバイトを抜きました!!

ばれたらそんなんやったらまたやれ!とか言われそうですが、まぁもう担当も変わったし、実際忙しいのは事実ですからこっちも時効でしょうという訳で最後に謎かけを1つよろしいですか?
相棒の魅力とかけまして、回せと言われた怪しそうな手紙と解く、その心は・・・

どちらも、(水谷は足し/見ず他に渡し)ます。

水谷さん呼び捨てで失礼しました。良い謎かけをついつい無理をしてしまうのは、僕の悪い癖。・・・くれぐれも
謎かけの出来にいちゃもんをつけないようにお願いします(^-^;


19日(現代のポトラッチ)

今日は、大して野球ファンではない僕も注目するニュースが。
「ベイスターズ、DeNAが買収で合意」
横浜は毎年最下位のチームですが、スポンサーが代わって、その状況に変化が来るのでしょうか?ファンに対してDeNAならではのサプライズなどがあるんかな?など色々思ったり。日本ハムとか楽天みたいに横浜もご当地チームとして盛り上がると良いですね!例えば考えたサプライズは・・・
「試合を見に来てくれた人に、球場限定携帯ゲームをプレゼント!!」
おおっ!さすがDeNA!!子供も大人もゲームに夢中。って、

試合も見てくれてへんやん~!!

ゲームは止めたほうがええ??

水曜日といえば、先週から始まった経済史の授業。全ての授業を受けて感じたのが、授業が面白い先生の法則。それはずばり、
スライドを使わない!
授業レジュメを印刷して持ってきてください~とか言う先生の授業は、大抵先生のやる気がない。どうせ毎年同じものを映すだけやから楽なのでしょう。レジュメを見てたら点が取れるんやから、別に大した授業をせんでも・・・というのもあるんかな?とりあえず授業が面白い経営、経済史はともに板書のみで、先生、学生ともに板書で大変ですが、それでも僕はやっぱり板書というレトロなスタイルが好きです!まぁ、

字は汚いですけどね(^-^;

さて、今日は経済史の本題、まずは前近代の話でした。時代でいうと、日本の室町時代以前の話です。この時代の特徴は、何と言っても人々が「規範」に支配されていたということ。簡単に言うと、「朝起きたら礼拝を。」みたいな宗教的な教えのようなものにあらゆる行動を規定されていたということ。今でも規範はありますが、それでも「努力は報われる。」などの一般的なものばかりで、具体的にあ~しろ、こ~しろという話は無いですよね。さて、そこの話題なのですが、まずは先生が僕に、「努力は報われると思っていますよね?」と聞かれて僕はうなずきました。その後別の人に、「正義は必ず勝つと思っていますよね?」と聞いて、その人は、「私はそうは思いません。」と答えていて、先生は若干驚いた様子。そこで僕が思ったのは・・・

正義が勝つと思う人は経済学部におらんやろ・・・

自分だけが儲かればええという人は少ないでしょうが、僕も含めて、多少ルールを曲げてでも全体が幸福になるならかめへんという人が多い・・・と思います。まぁそれは各々の考え方やから良しとして、もう一つ話題が。

その後最後の方で、共同体の諸類型という話になりました。昔から人々は村などで共同生活を営んでいましたが、特に個人の所有物という点で、かつては家屋すら共用の物だったのが、徐々に一部の耕地まで私有物になるなどの変遷を話してくれました。さて、その中で、余った収穫物をどう使うか?ということについての話題が。来年に備えて蓄えるというのも一つの考えですが、アラスカ地方の原住民の習慣で「ポトラッチ」というのがありました。収穫物がどっさり余ったら、隣の町まで知り合いを呼んで宴会をしたそうです。収穫物を使い果たすまでごちそうをして、「太っ腹やな~。」などと言われると、最後は調子に乗って・・・
豪快に家を燃やしたそうです!!
スゴイなぁ・・・と思いましたが、良く考えたら今もそういう太っ腹の人がいましたね。

キャバクラでお金をばらまくおじさん!!

人間、時代が変わっても、特にお酒が入ると本性は変わってへんのやね~と感じますよねという訳で最後に、
収穫物を食べつくすとかけまして、全国に付属高校を作ると解く、その心は・・・

どちらも、(前近代/全近大)のやり方です。
どこでも私立大学の付属は多いものですが、近畿という名前で広島まで付属を作るとは・・・まぁええか。自分の出身校の姉妹校の話。


18日(研究者の逆襲)

採点業務の疲れがまだ微妙に残っている状況ですが、今日は授業が無いので、まぁ大丈夫です。また昨日はバイト前に学生食堂で疲労回復に効果があると聞いたことのあるタウリンを含む「イカのぶっかけ丼」を食べてきたのでバッチリですね!今月は東北地方の料理を学生食堂が宣伝しているようで、その中の一つだったのですが、三陸産のイカはめっちゃ美味しかったです♪ただ、食べている最中に考えていたことは・・・

タウリンってタコと違ったっけ??

※イカにもタウリンは多いようです。一安心。

さあて、先週は体育の日だったので、昨日が月曜初の授業。まずは統計。
つぶやきシローさんが出てきました。終わり。

・・・いや、だって一人でぼそぼそ喋って一人で時折にやにやしてる気持ち悪い先生ですから!!正直外れ?・・・まぁ数学も統計も僕はある程度心得があるし、会計士試験で統計学を選択科目にする位なら大丈夫でしょう。

次は経営の授業。ここでは多数の著書を出す有名人、高橋伸夫先生が出てきました!!ひょっとしたらご存知の方もいるかもしれませんが、2004年にベストセラー「虚妄の成果主義」を出版した人です。・・・まぁ僕も、大学に入ってから有名な人なんや~と知った位なので、知らん方が普通です。その授業は・・・

面白い!!

話のテンポが良く、時折ボケを混ぜたりと普通に予備校で働けるレベル。経済史の先生と並ぶクオリティの高さ。午前中のつぶやき授業とは大違いです。初回のテーマは知的財産のビジネスということで、元理系の僕にはなかなか興味深い話題でした。青色LED訴訟の控訴審で実際に関わった先生の経験を交えながら多くのネタについて語ってくれました。

講義で繰り返し言っていたのが、
「特許単体では何もできへん!!」
ということ。青色LEDがいかに科学的に凄くても、実際に特許単体では何もできへんのは明らかで、それを活用するまでに、生産ラインや工場の建設、他社からのいちゃもんの処理(無効審判)、逆に技術はパクられるリスクの対応、周辺特許の購入(大抵特許というのは大きな機械のごく一部なので、機械全体に組み込むには別の特許も必要)、販売促進活動と、実際に売れるまでの資金繰りなど色々な努力があってこそというのは当然ですよね。
また、特許自体も一人では普通取れず、実験設備を作る人、共同実験者、それを支援する経営者など他の人の協力が必要なのは言うまでもない。青色LED訴訟の1審で、発明者ばかり優遇するのはおかしいのでは?というのが先生の主張でした。

これは当然のことで、芸能界では当たり前のこと。例えば笑い飯がダブルボケという漫才スタイルを発明したとして、それだけでM-1優勝は不可能。ネタや掛け合いの技術を磨く2人の努力はもちろん、M-1などの活躍の場を設ける他の芸能関係者の協力、スランプでも応援し続けるファンの存在など、様々な要素が必要なのです。まぁ・・・

1発ギャグだけでバカ売れする人もいますが(^-^;

ただ、企業も芸人も末長く活躍することが重要なので、それにはやはり1人だけではどうにもなりませんよね。

ただ、いくらなんでも特許を軽視し過ぎでは??と思うところまで踏み込んでいきました。企業は利益を重視して、発明家の意向を無視するような行動を取りまくるという話に。

クロスライセンス(2社間で互いの特許を共同使用)→俺の特許で金を取ってくれ!!
ストレートライセンス(特許活用の設備投資ができへんので他社に特許を売却)→ちゃんと製品にしてくれ!!
特許を侵害されてるなら訴えてくれ!!→訴訟コストは高いんや!そんなことより、次の開発をせんかい!

Σ( ̄ロ ̄lll)
・・・なかなかひどい扱い。ただ、今度は研究者側の態度に変化が
レベル1:特許を製品化してください!(純粋な願い)
レベル2:特許侵害を訴えてください!えっ、そんなにコストが・・・じゃあしゃ~ない。(現実を知る)
レベル3:特許は安くしてもいいですよ。ただし、技術使用料は弾んでくださいね~!!
・・・金の亡者・・・

なかなか面白い授業でしたという訳で最後に、
技術で勝負する企業とかけまして、微妙な判断の分かれ目とかけまして、敵意むき出しの人と解く、その心は・・・

どれも、(研開次第/見解次第/喧嘩意思大)です。
研開は、研究開発の略でよく使われます。


17日(ゴーストハンド)

1つの部屋に集められた大人たち。お菓子とコーヒーが並べられた部屋の中で、赤ペンで怪しげな呪文を記す者たち。スーツ姿のその顔には、もはや表情は宿っていなかった。その真相は・・・

採点業務

・・・ということで、怪しいバイトとは採点業務のことでした!!普段は小、中学生専門のうちの塾も、臨時で高校部門の方から添削教材の採点をしてほしいと頼まれました。割が良さそうな話やったので、僕も昨日少しやってから予備校へ行き、今日は10時間近くやっていました。今までで一番稼いだ1日なのは確かですが、も~やりたない。ホンマにきつい・・・出来のいい子は良しとして、悪い子に何を書くか迷うところ。それに対する対応が、疲労蓄積につれ、徐々に変わっていきました。

最初:「どう書いたらええんやろ?」と考え込む
中盤:「どう書いたらごまかせるかな?」と考え込む
終盤:手が勝手に動く

まさにゴーストハンド状態・・・
とはいえ、集中して採点できましたよ!!
雑念も無く、
一心不乱に、
無我の境地で採点・・・要するに

思考停止

・・・疲れて日記もまともに書かれへんのでこのへんで勘弁して下さいという訳で最後に、
採点中の精神状態とかけまして、明日予定あったっけ?とかけまして、刃物と解く、その心は・・・

どれも、(狂気/今日、気/凶器)になります。
ちなみに今日何人かいたのですが、1日でこなした数のランキングは・・・
4~6位:他の先生
3位:僕
2位:他の先生・・・じゃあ1位は誰やねん!?というと・・・

1位:ゴーストハンド

勝手に働いてくれた手に感謝。って今日って16日のことですよ!疲れててその辺があいまいや・・・


16日(にーろく)

なんか日曜恒例になってしまいましたが今日も「がっちりマンデー」の話を。書くつもりは無かったのですが、地元の話が出たので嬉しかったので書きます。

今日は国道沿いのビジネス特集でした。国道8号線沿いばかりに出店して、店名まで変えた「8番ラーメン」や、トラック運転手用の駐車スペースを作ることでトラック運転手の人気を集める「山田うどん」などの後、ついに来たのが・・・

国道26号線!!

地元も地元。家族で車で出かけたら毎週のように通る道。そこで特集されたのが、「まいどおおきに食堂」という店。「岸和田食堂」とか「浜寺食堂」のようにその地域の名前が店名になっているのですが、看板を見たら誰でもチェーン店とすぐにわかる店。たしかにあの看板しょっちゅう見てたなぁ~!と思い、懐かしくなりました。そんな僕が見ていて思った感想は・・・

1回行きたいなぁ・・・

実は行ったことは無かったり(^-^;
まぁ看板はよく知っているので懐かしいわぁ~という訳で最後に、
渋滞の多い道路とかけまして、とりあえずカラフルにしたい時と解く、その心は・・・

どちらも、(無理26見合わせます/無理に色組み合わせます)。
ちなみに26は「にーろく」という呼び方です。別の道で旧の「にーろく」と呼ばれる道がある位「にーろく」にはなじみがあります。ちなみに僕は旧の方をよく使っていましたが・・・

さて、その後もう一つ関西圏(国道1号線の大阪寄り)のところで、これまた「にーろく」にもある「サイクルベースあさひ」が登場。店の紹介で一人のおっちゃんが「買うんですか?」とインタビューされていました。当然お店のイメージアップに貢献して、「買います!」と言うと思いきや・・・

「もうちょっと安なったら買うわ~」

さすが関西人・・・


15日(気楽に行こう!)

さて、ついに忌まわしき電卓検定の不合格通知が届きました。う~ん・・・そして昨日は先週の土曜に受けた会計士試験の模試の結果も発表されました。マークシートで人数が少ないとホンマに結果発表が早いですね。さて、その結果は・・・(偏差値で発表)
財務会計:52.2
管理会計:65.4!!
監査論:52.6
企業法:48.8
総合:54.9(1213人中400位)
要するに・・・イマイチ・・・
松本先生はいけると言ってくれましたが、どうも自分では納得できへんというのが本音。元々自己満足で生きてる人間なので、不満大有りです。上位10%しか受かれへんことを考えると、怪しい気が・・・やっぱり2年前、東大オープンで全戦全勝していたかつての自分からの没落ぶりは感じさせられました。
さて、この試験ではいくつか気になることが。まず、AとかEとか判定が出てへんこと。そしてそれ以上に気になったのが、優秀者の得点。満点が500点、平均が240点位のはずなのですが・・・
1位・・・493点!
2位・・・490点!・・・
絶対ズルしてるやろ!!
正確には覚えてないですが、トップ層は大体こういう点。東大オープンでトップを取るような、頭の出来が僕より3段違う人間でもせいぜい8割位しか取れてへんのに、同じ位の平均点の会計士試験でトップとはいえそんなに取れるわけがない。せいぜい8割と偉そうに言う僕の点?なめたらアカンで~!

せいぜい6割!

威張るな!さて、会計士の模試で点を取れる理由は簡単。そのほとんどの受験方法が、web受験というもの。要するに、パソコンの画面を見ながら、時間を湯水のごとく使い、テキスト見放題という環境で受けてるからセコイことをしてるんちゃうの?というもの。まぁええか・・・

さて、そんなこんなで最近あんまりええことが無いんですね。来週日曜も不合格確定のとある資格試験を受けますし・・・今日もバイト先から予備校に向かう電車で不幸な目に。何か電車が来るんが遅いなぁ?と思っていたら、急行が来るはずのところで普通車が来ました。吉祥寺から渋谷やったら急行が速いのですが、まぁ電車が他に無いことやし・・・ということで乗ると、電車が遅れた分満員のぎゅうぎゅう詰め。そこで流れたアナウンスが・・・
「只今人身事故の影響でダイヤが乱れております。なお、渋谷にはこの後出ます急行が先に到着します。」
・・・げっ!!Σ( ̄ロ ̄lll)
急行待ってたらこんな窮屈な目に遭わんかったのか・・・とはいえ人が詰まりまくってて降りることもできへんまま電車が発車。すると次に流れたアナウンスが・・・
「ダイヤの乱れにより、急行電車は来ません。この電車が先に渋谷に到着します。
大どんでん返し。人生何があるか分かりませんね。

今日はあんまり気分が上がらず、つまらんことをダラダラと書いているような気もしますが、希望の持てる話も。それは予備校の授業の休憩明けの話。意思決定会計の話で、会計士を目指すか?という意思決定に直面した時の話。会計士になれば収入は上がるけど、なるまでの勉強が大変やし・・・なってからの利益となるまでの苦労のどっちがでかいか?という話でした。
まず、給料データによると、会計士の平均年収は1100万、大企業に勤める普通のサラリーマンが600万位。苦労して勉強せんかったら過ごせたであろう有意義な大学生活を犠牲にして在学中合格をすることで得られる生涯収入の差は、なんと・・・
1億6000万!!
これを聞いて、僕はウソやろ~!?と思いました。
勉強せんで済むからって有意義な大学生活は送られへんで~!!
疑ったのはそっち。まぁ、収入面もそんなに差はないやろ~?とは思いましたが、恋愛やサークル活動に明け暮れる大学生活は僕には合えへんと思います。受験のような厳しい環境に身を置くのが似合ってるし、受験勉強と言っても日記のネタも多数もらったりとサークル活動にも還元できてるし・・・まぁでもそんなに稼げるんやったら意欲が湧きますよね♪という訳で最後に、
会計士の年収予測とかけまして、深夜に親友と語り合うと解く、その心は・・・

どちらも、(良過ぎる/夜過ぎる)話です。

明日は怪しげなバイトに行ってきます。割はええらしいのですが、これまたどうもウソ臭い・・・まぁ詳細は明日ということで。


14日(真面目に生きましょう。)

今日は今学期初の部会・・・のはずが今日は男の大事な物を取り返すために僕はお休みしました。えっ、大事な物って何かって?そりゃもちろん・・・

クリーニングに出してたスーツですよ!!

長い休み中に出すのをすっかり忘れてて、衣替えを機につい先日出したということです。閉店時間は早いとは言えませんが、ゆっくりしてると閉まってしまうのでなかなか取りに行けないという事情です。さて、今日は帰る途中にスーパーに寄ったのですが、クリーニング屋が閉まるとアカンので急いで商品を選んだのですが、レジの手前でクリーニング屋より優先すべきことを思い出しました。

「あっ、この鶏ささみ半額のやつちゃう!!」

・・・細かい・・・

さて、今日も授業を受けたのですが、まずは金融の授業。色々と複雑ながら元理系としては興味深い数式変形がたっぷり出てきて、実験が嫌いかつ大学数学に挫折した理系は経済学部に行くべきやなぁ~と改めて感じました。既存の金融商品を組み合わせたり分解したりして投資家のニーズに合った多彩な金融商品が生み出されていくことに凄いなぁ・・・と思いながら授業を受けていたのですが、そこで投資家がうまく利ざやを得る話に。
「投資家は常にパソコンの画面を注視して、債券の価格が変化した瞬間に一気に割高な債券を売って割安な債券を買うんですよ。」
と言っていました。へ~、やっぱり金融投資はプロがやったら儲かるねんなぁ・・・投資額の1%位を稼ぎだしていて、1億投資をすれば100万円儲かるという結果が。ただ僕がそこで感じたのは・・・

「庶民はコツコツ働いた方が金になるなぁ・・・」

普通一般庶民は100万円位しか投資に回せず、まぁ1日に儲かって5000円位がやっとと考えると、真面目に働いた方がパソコンに1日中かじりつくのと同じような労力で倍くらい稼げ、リスクも少ないということです。金融を勉強して、真面目に働くことの大切さを学ぶことになろうとは。

さて、続いては会計の授業。今日授業を受けていて驚いたのは・・・

先生が真面目に授業してる!!

・・・先週はホンマにグダグダで、これでええんか?と思っていましたが、今日はちゃんと真面目に貸借対照表と損益計算書の話をしていました。やっぱり会計士を目指している以上、既に知っている話題でも聞くと興味深いもの。一問一答問題集も進むし、一石二鳥!って
集中して受けましょうね(^-^;
・・・まぁどうでもええところは先生も寝ててくださいね~とか言う位なのでええでしょうという訳で最後に、
簡単には稼げない金融取引とかけまして、昔の猟師のトラブルと解く、その心は・・・

どちらも、(楽ばかり/落馬狩り)できません。
馬に乗って狩りっていつの時代なんでしょうねぇ?


13日(欲、欲、欲って恐ろしい・・・)

昨日は恐ろしいテレビ番組を見ました。「池上彰が伝える世界の今」という番組です。久々に水曜夜の池上さんの番組や~!ということで見てみましたが、ゾッとすることばかりでした。

最初は北朝鮮の話でしたがそれは後ほど。続いて中国、そして今緊迫している中東情勢の話でした。恥ずかしながら新聞を取っていない僕は、大学で読むのみなので、大学に行けへん夏休み中のニュース事情が全然分かってへんなぁ・・・ということに気付かされました。独裁政権が倒れてめでたしめでたしと思いこんでいたエジプトの実情を池上さんが現地から取材をしていて、様子が想像と全然違ったのです。
独裁政権が倒れたことで、無理矢理押さえつけられていた国民の怒りが爆発して、なかなか民主化が進まない暫定政府や独裁政権を支えてきたアメリカなどに反発するデモが今もなお続いていました。言いたいことが言えるようになって、やりたい放題やって国の中が混乱しているという様子。早く収まることを願うばかりです。
そんなに国民には不満がたまってたんかぁ・・・さて、じゃあ僕も今何でも言いたい不満をぶつけてと言われたら何と言おうかな?・・・今自分の周りで最もホットな話題。そう、

木曜5限で終われ~!!

・・・ちっちゃい悩みですね。

とはいえ、僕が恐ろしいと思うのは、そういう人の本音より、むしろ人の思惑の方です。同じく独裁の国としてカタールという国がありますが、こちらでは民主化運動が起こっていません。ここは天然ガスで儲かった金を再投資してどんどん経済成長に役立てて、その旨みを国民に還元することで不満を抑えているとのこと。税はタダ、社会保障も充実という国の状況を聞いて感じたのは、
物欲って恐ろしい・・・
経済史の授業が思い出されました。人は物欲に縛られる・・・平和なのが逆に恐ろしく思えました。成長が未来永劫続く訳じゃないですし、それが止まった時、どうなることやら?金の怨みは恐ろしい。その後も中東で、石油をめぐる先進国の思惑が出たりと、物欲が出まくっていました。
さて、カタールについて池上さんが補足していたのは独裁の強み。意思決定がスムーズなので、やりたいと思ったらすぐに実行できること。そこで池上さんが若干爆弾発言らしきことを。
「どこの国とは言いませんが、言い争ってばかりで、全く何も決まらない国がありますよね~。」
どこやそんな国!?絶対そんなとこでは住みたない!ずっと日本で居てるで~!!
・・・矛盾してる(笑)

さて、最後は最初に見た北朝鮮の話。日本人は入られへんのちゃうの?と勝手に思い込んでいましたが、今は年に日本人が100人、外国人が10万人以上訪れ、外貨を獲得すべく観光誘致に躍起になっているよう。ここも物欲が・・・
池上さんが現地から中継していましたが、外国人は、専用の店でしか買い物ができず、ケータイは取られ、地下鉄は1駅しか乗れないなどの制約はありますが一通り歩き回っていました。見かけ上は豊かですが、やっぱり田舎はかなりヒドイという現実が明らかになっていました。
さて、そんな北朝鮮、来年は色々な節目の年を迎えるらしく色々な準備を進めているよう。2012年は、「強盛大国」にするというのがキャッチフレーズのよう。そこで僕が思ったのは・・・
強制大国の間違いやろ?」
今でも十分です。ともかく来年を見据えて、中国やロシアとの結びつきを強めるなどしており、やっぱり近隣の国としては目が離せませんよね。という訳で最後に、
東アジアの火種とかけまして、負けず嫌いの人と解く、その心は・・・

どちらも、(北朝鮮/来た挑戦)は無視できません。
朝物欲について学び、夜にその現実を目の当たりにする・・・嫌な1日でした。


12日(欲、欲、欲だぁ!)

さて、本日予備校の松本先生が30歳の誕生日を迎えられました!!おめでとうございます!!1月14日の日記にも書いたとおり、僕は自分の誕生日より他の人の誕生日を祝う方が好きなのです。やっぱり歳を取るにつれ、歳を取るのが虚しくなってきますからね~。皆さんはいかがでしょう?誕生日と聞いていつまでワクワクしていましたか?僕は・・・

中学生の時点で歳を取るのが虚しくなっていました・・・

早い・・・

さて、今日は授業がありましたって午前中だけ。木曜は結局経済原論を抜くことにしたので、結局月、木、金が4コマ、水曜が2コマ、火曜は授業なしという結果に。案外ラクです。先週6コマ→4コマというコンボで始まった時はヤバイ・・・と思いましたが。授業自体は7種類しかないので、教科書も必要最低限に抑えると2冊だけで済み、わずか5000円でした!
去年は1年で50000円したのになぁ・・・
買ってへん分は図書館をしっかり活用します。

今日の授業は経済史。なんや歴史やったら暗記ばっかりか?などと思っていたら先生が来ました。授業を受けた第一印象は・・・
この先生、大当たり!!
ハキハキ喋るし、板書も分かりやすくまとまっている。それでいて随所で学生に質問をしたりと、授業が大変上手で、ホンマに大学の先生か?どっかの予備校から派遣されたんちゃうの?という位。授業の上手さでは僕が受けた中でベスト3に入ります。まぁ、東大の授業はこんなもんです!って外部に宣伝するんやったらこの先生の授業やなぁ・・・間違っても会計はアカン。途中で先生のトイレタイム!?とか悪いイメージを与えかねん。いくら大学の先生は教えるのがあんまり得意とちゃうと言っても、限度というものがあります。

さて、授業内容は、さすがに大学の授業で暗記ものは無く、歴史学とは実証性と論理性がなくてはならないなどと言って、抽象的なネタに。その初めのネタとして、「経済学とは、際限なく湧いてくる物欲を満たす学問である」という話に。
例として、人間は自分一人しかいなくて、飢えて死にそう。柿の木が1本あるが、そこは動物の餌場になっているがどうする?とある学生に質問すると、別の柿の木を探すと答えました。ただ他に柿の木は無く、そこの柿を食べるしかないとこたえると、それならそこの柿を取ると答えました。すると猿が襲ってくるかもしれないよと言われると、猿をやっつけると答えました。猿は手ごわいけどいいのかい?と聞くと、それでも生きるためには構わないと答えました。これが先生の描いていたストーリー。ただ、僕は正直別意見でした。別に柿の木が無いと知った時からずっとこの答えでした。
僕の答え:大人しく死を受け入れる
動物をやっつけてまで生き延びんでも・・・先生はそれだけ人間は欲深いと言いたかったのでしょうが。

その後は、人間はその後その柿を全て自分のものにすべく干し柿にして保存したりまた種を植えて増やそうとするなど、物欲を満たしながらもっと増やしたい!もっと食べたい!という物欲が生まれると話していました。
ただ、聞いていた僕は何故か腑に落ちない感じが。僕も欲深いはずなのですが全てを一人占めして食べつくすという気にはどうしてもなれませんでした。何でかなぁ?と考えてみると・・・
それは、貧乏症やな。
どうもモノをじゃんじゃん使ったり食べたりというのは合わないようです。お金をため込む欲なら人一倍ですが(笑)
まぁ教えるのが上手い先生なので楽しく受けていけそうです♪という訳で最後に、
あれもこれも欲しい!とかけまして、大会に向けて猛練習と解く、その心は・・・

どちらも、(物欲/部、強く!)という気持ちによるものです。
同じ「ぶつよく」でも全然違いますね・・・


11日(はっきりしてよ!)

今日は、何かはっきりしないことが多い1日でした。今日は大学の授業は無く、昼からポスティングのバイトをしてから大学へ行き、ちょっと勉強と用事を済ませてから予備校へ行くという1日でした。
まずはポスティングを終え、大学へと向かうべく三鷹台駅に行く途中で見た塾の看板。

「塾なのに家庭教師!?」

いや、塾やろ!!生徒を校舎に呼んでる時点で。ただ、宣伝効果のインパクトはでかそう・・・まぁ、塾なのか家庭教師なのかはっきりせえ!と言いたいですね。

さて、次は用事その1。そろそろ他の予備校の会計士試験の模試も受けた方が良いと言われ、色々調べたのですが全然情報が無い。という訳で、大学の書籍部で聞いてみました。
「会計士試験の模試を受けたいのですが、申し込み用紙はありますか?」
「あちらのパンフレットの中から申し込み用紙を取りだして提出してください。」
あるのか無いのか分からんまま、模試を受けたい予備校のパンフを取って見てみると・・・
模試の案内が無い!!ネットで調べた時と同様で、ほとんどが通学の案内。東大オープンは比較的楽に受けられたのになぁ・・・模試で一番大変なこと?それは問題ちゃう。

申し込みや!

後でネットで苦労して調べた結果、ようやくネット申し込みのページを発見!どうやら申し込みの時期はまだっぽいです。まったく書籍部の人も、通学やなくて模試の案内があるかどうかって聞いたのに、はっきり分かれへんのやったら変に教えんといてほしいものです。

さて、最後に用事その2の話を。僕が最近不安に思っていたのが会計士の外部模試のことともう一つが4月からの住まいのこと。本郷に移るので、引っ越しせなアカンのですが、次は大学の寮の収容人数がグッと減るので、これやと自慢の収入状況でも入られへんかも・・・ということで別の住居も探しに生協の住まい探しの相談コーナーへ行ってきました。ところで、自慢の収入って、東大生の家の平均収入は有名ですが、その中で自慢と言えば、当然・・・

低い方(^-^;

・・・別に親の文句を言っている訳ではなく、むしろ好き勝手に一人暮らしさせてもらっているのでちゃんと感謝しているので勘違いのないよう。
さて、という訳で、引っ越し先も安めのところ希望。とはいえ単に安いとこならネットで探せそうですが、ネットやと大外れのところを引き当てそうなので、ある程度質が信用できそうな生協を頼りにしたということです。さて、着くと早速担当の人に自分の状況を説明し、早速本題に入りました。
「安いところといえば埼玉の辺りの聞きましたが、どの辺りがオススメですか?」
「埼玉まで遠いところは情報が無いので分かりませんが、本郷周辺とあまり変わらないかと・・・」
「確かに定期代のことを考えると、自転車で通える大学近くの方がよさそうですが、どれくらい家賃が違うのですか?」
「あまり変わらないと思います。多くの人が大学周辺を選んでいますね。」
「具体的にいくら位違うのですか?」
「あまり把握していないので分からないですが、大して変わらないと思います。」
「じゃあ具体的にいくら位かを知りたいので、物件を1例見せてくれませんか?」
「北の方は物件情報がないので分かりませんが、あまり家賃は変わりませんよ。」

・・・政治家を問い詰めてるみたい。
結局大した情報は得られず。最後に、今探しに来るのは来月位に引っ越す人で、あなたみたいに3月に寮に移れるかの結果が出てから引っ越そうと言う人はまだ来なくて大丈夫ですよという、要するに、
「何今頃来てんねんアーホ!」
と言わんばかりのセリフをかけてきました。さらに、大抵の人が2月中旬までに新居を決めるので多分3月やと遅いですよとまで言われました。じゃあ大学周辺は取られてもてむしろ埼玉まで行かんと物件残ってへんのちゃうの?とか思ったり。まぁどないするかはまた考えますわ~という訳で最後に、
質問に対する説明とかけまして、升田の将棋とかけまして、真面目な顔をして欲しい時と解く、その心は・・・

どれも、(明確/名角/目、威嚇)を望みます。
何か謎かけもはっきりしませんね・・・


10日(小ネタ集)

今日は・・・ハチに襲われました!!ビックリしました!!パソコンをしていた時なのですが、文字を入力する画面のところでいきなり、

8888888888888888888888888888888888888888888888888・・

キーボードがバグって数字のハチが大量に打ち込まれました。ホンマに気持ち悪くて、何が起こったのか分かりませんでした。まぁ再起動したら治ったので一安心。別に虫の蜂に襲われた訳ではないのでご安心を。

さて、今日はQさま漢字王決定戦でしたね!・・・とクイズのことを書けば大体察しがつくと思いますが、当然今日も松尾依里佳さん贔屓です!!今日はバイトだったので、録画して後で見ることになりましたが、とりあえず予選は一番に勝ちぬけたので一安心。・・・まぁ元々予選で負けへんこと位は分かっているのですが。続きは明日。ここのところ上位に食い込むことが多いので、そろそろ優勝も?なんて期待を持ちながら明日からちょっとずつ見たいと思います。もう一つ、純粋に漢字を勉強したいという気持ちで録画したというのもあるのですが、その理由はまた後日。無謀な戦いを挑むという話。
さて、Qさまの中でも一番好きなこの漢字王のスペシャルを確実に録るべく、今日はちょっとした裏技を使いました。普通にパソコンを付けると勝手に切れやがることもあるので、今日はスリープ状態にして家を出るという手段を使いました。これでばっちりやな!

あっ、コンセント抜いてもた!

危なかった(^-^;
さすがにノートパソコンでも、充電だけで録画は無理です。

さて、今日は予備校→7:40~にずらしたバイトという敬老の日以来のパターンだったのですが、今日の予備校の授業は凄かった!隣の教室が。隣の教室がやけに騒がしい。わぁ!とかなんか喚き声みたいな音が聞こえたり・・・松本先生に負けず劣らずの熱血授業のようでした。ちょこっと休憩時間に除きましたが、ああいう熱血授業は、生徒に与える影響がさぞかし大きいんやろなぁ~と思いました。
きっと生徒の集中力を高めるんでしょう。
周囲は気が散るんですがね。
そういう影響もあります。

それでは最後に、今日にちなんだ謎かけをということで最後に、
体育の日だけで肉体改造とかけまして、ギャンブルにずっと勝たれへん・・・と解く、その心は・・・

どちらも、(運動しても/運どうしても)良くなりません。

「継続は力なり」ですからね!まぁ、ギャンブルは継続しても強くなれへんのでしょうが。


9日(絶対不可侵領域)

3日連続で日記のタイトルが重々しい・・・まぁ今日は無理矢理。遊戯王のカード名からパクってきたというと一気にしょぼく感じられますが。ちなみに白状すると、日記を例によって3連発で更新しています。
金曜:翌日の模試に備えて、日記の更新どころか、ナイトスクープの録画予約すらせずに寝た
土曜:・・・が、華麗に撃沈(^-^;
家に帰るやいなや疲れてダウン。
日曜:疲れたので家から一歩も出たくないということで日記更新
大体こういう流れです。ただ、昨日の分がアホみたいに長くなってますね・・・どうしても僕の世間一般の大学生から隔絶された多様な趣味の話はついつい話過ぎてしまいます。読む人の迷惑は申し訳ないですが考えてないです。ちなみに昨日の採点結果。
企業法:50
監査論:65
管理会計:70
財務会計:72
何や、昨日「財務破綻」とか言っときながら財務会計が一番上やんか~とか思うかもしれませんが・・・

財務だけ200点満点!!

・・・・・・・

さて、今日は昨日の疲れは残っているとはいえ、朝は6時に目が覚め、バッチリ毎週恒例の「がっちりマンデー」を見ました。そう、
今日も僕の趣味の世界ですよ~!
まぁ朝早く起きて、日記を3連発で更新しているということは、多分午後に疲れが回ってくると思うので、悪いですがナナペーハーのライブは見に行けそうにないです。今日もやっているので元気な方は是非お越しください。

今日の「がっちりマンデー」は、知られざるシェアNo.1の企業という話。ミクロ経済学では、企業が価格決定権を全く持たない(市場価格で固定)完全競争市場というものを学んだ後に、それとは全く逆で企業が完全に価格決定権を持つ独占というものを学ぶのですが、実際にそんな企業があるのか?例えばビールではキリンとアサヒ、ケータイではau、ドコモ、ソフトバンクなど1社ではなく数社による寡占がほとんど。今まで僕は地元大阪の河内長野の爪楊枝位しか知らなかったので、非常に興味あるテーマでした。

今日見ていて思ったのが、独占には2つのタイプがあるということ。
まず1つ目が、日本の技術力。30年以上資生堂に化粧に使うビューラー納入し続けるメーカーや、海外のものを「粗悪品」と言い放った世界シェア30%のおもちゃのゼンマイのメーカー、世界シェア驚異の60%、10カ国の安全基準をクリアしグローバルスタンダードを獲得した自転車の反射板のメーカーなどがこの部類。何より感動したのが世界シェア50%の航空機の化粧室や厨房を作るメーカー。航空機!!ということで、安全性にはとにかくうるさく、そんな基準をクリアできる日本の技術力には心底感動しました!!

というのが僕の本音ではありますが、優等生的なことばかりを書いていても仕方がないので、続いて2つ目のタイプを。
それは・・・誰も真似したがれへん領域!!まぁ単純な話です。番組の最後で森永先生が神社のおみくじを作るメーカーの話をしていたり、番組中では警察署や交番にある警察の金ぴかのシンボル(名前忘れた・・・)を作るメーカーが出てきました。特にシンボルの方は30年経っても金メッキが剥げないという技術を持っているのですが、なかなかマイナーなええ領域に踏み込んだなぁ~と思いました。これが「絶対不可侵領域」というお話。

さて、僕がこういう誰も真似せーへん商売をするとしたら何がええか?と考えた結果、浮かんだのが・・・
会計士「裏」予備校!!
別に怪しいことをする訳ではありません。普通の大手予備校では教えない短答試験の裏技を伝授するというもの。例えば昨日の「4000円差に注目!」や、「100円単位の話の答に半端な数字が出るのはおかしい!」などというテク。これらは自分で編み出したワザなので、別にやっても誰も怒りはしません。さて、その売り文句は・・・

「確実に上手く行く保証はありません」

売り文句というより責任逃れやろ!!というツッコミが入ったところで最後に、
考え着いた独占商売とかけまして、不確定な会計上の数字と解く、その心は・・・

どちらも、(アタイ参入/値算入)しようかどうか迷います。

わざわざ「あたい」までかける必要は無いというか下手すると逆効果の気もしますが、まぁそこは冒険。まぁ日記3連発を書いてみて、言いたいことは2つ。
まずは、良いネタが書けて大満足!!
そしてもう一つは・・・

趣味の世界にはまってごめんなさい!!

次のweb担当の人はもっと落研らしい日記を書いてくれると期待しています。後2ヶ月の辛抱ですよ!


8日(財務破綻)

また日記は謎の題名。まぁ内容は似たようなものなんですが・・・落研はナナペーハーのライブで忙しいこの日に、僕も一人で大勝負をしてきました。

・・・ということで、今日は公認会計士試験の模試を受けてきました!!自分の予備校なので、申し込みは不要、うちは多くてなんと3回!!もあるという、恵まれた環境。他の予備校は1回か2回しかないのです。高3時代、東大オープンを合計5回も受けた僕は模試マニアとでも呼ぶべきものだったのですが、(同じ学校の他の人は2,3回が平均)それは相変わらずのようです。基本的に僕は、将棋とか模試とか、ある程度長い時間そこそこの集中力を保って、時間にある程度追われるような勝負が好きで、短距離とか、あの忌まわしい電卓検定のように短い間でも集中力マックスにせなアカンというタイプの勝負は嫌いです。そんな模試好き(自分で言っても変な趣味な気がしますが・・・)の僕は今日、初めての会計士試験の模試に高い目標を掲げて臨みました。それは・・・

楽しむ!!

アホか!!僕は誰からも模試で点を取れとか、もっと言うと大学入試頑張って受かってこい!とか言われた記憶が無いので、昔からこんなふざけた目標を掲げて試験に臨んでいました。大学入試も当日に取材のカメラを気にしたり、「うわ、生の赤門や!」とか思う位ですから。
さて、事前に松本先生から、「模試は1回目が一番難しくて、そこから徐々に、本番レベルの簡単な問題になる」と聞いていたので、どんなんか心してかからなアカンなぁ・・・とは思っていました。ただ、「本番レベルの簡単な問題」というのは、分からなくもないですが変な言い方の気が。東大オープンはS台予備校の問題、それ以上に採点が厳し過ぎる数学を除くと、本番レベルで収まっていたので。物理もヤバかったかな?

ともかく、試験開始。まずは企業法。やっぱり水曜にやった過去問よりムズイなぁ・・・と思いながらも解き終え、途中退出。1時間も要らん。それより体力を温存する作戦。それが効いたのが次の管理会計・監査論。どうせ管理会計は時間足らんやろ・・・ということで、あんまり水曜と難易度が変わらず楽だった監査論を30分足らずで終わらせ、得意の管理会計へ。やっぱりムズイ!でも何とかならなくは無い!と思いつつ、ある程度はヤマ勘で答えながらも、一応全部の問題にある程度手を付けられました。

そして最後が財務会計。元々苦手な科目ですが、時間は足りるかなぁ?と思っていましたすると・・・時間はばっちり足りました!!

分からん問題ばっかりで時間があってもしゃ~ないという意味で(^-^;

実は休憩時間とかに、今日の日記の題名は熱く試験問題と勝負していた高3の頃を思い出してZARDの曲名をもじって「少年の頃に戻ったみたいに」にしようと思っていたのですが、昨日の金融の授業の如く、「従業員数が不明のストックオプション!」、「中途解約したリース契約!」、「減算一時差異をスケジューリングする税効果会計!」と、会計士の勉強をしたことが無い人はもちろん、ある人も吐き気がする計算問題が連発され、果てには、「合併と株式の売買が入り混じった空欄だらけの株主資本等変動計算書の2ヶ所の期末残高の合計」という僕が見て3秒で切り捨てた問題まで。ということでタイトルが「財務破綻」になったということです。そんな僕の受験中の気持ちは?という訳で最後に、
財務会計の試験中の僕とかけまして、大食いの人の牛丼のサイズと解く、その心は・・・

どちらも、(涙目/並ダメ)です。

とはいえ、自分で言うのも難ですが、入試の現役を退いて1年半以上になるとはいえ、数多の資格試験や模試をくぐりぬけてきた僕がこのままで終わる訳ではありません。僕には松本先生も教えてくれなかった秘策がありました。例えば最後に話したカオスレベルの株主資本等変動計算書の問題。見たのは答だけです。

1.2132742、2.2134500、3.2136742、4.2138500、5.2145102
関係無い数字がぎっしり・・・ではありません!よく見ると、1と3、2と4の答の差が4000になっていますね!これはつまり、4000という差額に何らかの意味があるということになります。例えば、「期中に4000円払ったのだが、その処理を忘れていた」と書いてあったなら、それを読み飛ばした人を引っ掛けるために、正解より4000円多い選択肢も入れてあるという感じです。かなり意地の悪い引っ掛けですね。だから僕は財務会計が嫌いなのですが・・・まぁ、

そんな引っ掛けを逆用する僕の方が意地が悪いのですが。
まぁ要するに、4000円という差に意味があるのなら、そんな差に関係がない5番は間違いよって4択問題になると10秒位で絞れるのです。5択が4択になってもそんなに嬉しくはないでしょうが、例えばある程度答えに近い計算結果が出て3択まで絞れたんやけど、ぴったりとは合えへんなぁ・・・という時にこの戦法を使って2択にできたという問題もあって、なかなか使える裏技です。普段は答えが正解かどうかの見直し用の裏付けに使うテクなのですが、破滅的な難易度を誇った昨日はこのテクを6回発動して、全部バッチリ4択まで絞れたのですから、効果は大したこと無くても、まぁ失敗するリスクが低いワザだということは分かりました。ちなみに、さっき3択をこのワザで2択まで絞ったと言いましたが、結局はやはり・・・

不正解(^-^;

まぁお決まり。とはいえ最後の5分で難敵の一角「従業員数が不明のストックオプション」を撃破するなど、意地は見せつけました。試験中はこりゃアカンなぁ・・・と思っていましたが、難問とやり合う内に、僕が最も頼りにしている高3の頃の試験の勘が戻ってきたのでまぁ今日は良かったとしましょう。何より、
「楽しむ」という目標は達成されました!まぁその後2時間半位松本先生の毎週の授業に合流して大変な思いはしましたが・・・


7日(金融危機)

昨日から授業が始まりましたが、普段は周りを気にしない僕もやっぱり初めは周りの人のことが気になるもの。友達できるかなぁ?という話ではなく・・・

暑苦しいから、早く3割減って!!

・・・何て奴や・・・
まぁでも空間的にゆとりをもって授業を受けたいという気持ちは分かりますよね?

ということで、授業2日目。まずは順番はおかしいですが2コマ目の話から。2コマ目は僕の本業の会計。一応予習ということで、先に先生のHPを見たのですがそこに過去問が。ちらっと覗いてみたところ・・・
今受けたら成績はやな・・・
これは冗談抜きです。公認会計士を目指していればある程度は取れますが、それでも結構難し目という印象。会計士試験は難しいことを選択問題で聞き、駒場の試験は簡単なこととはいえ記述問題なのでうろ覚えではアカンということ。何より試験の内容が「新会計基準」を採用していたのでビックリ!前はどうせ古臭い論点ばっかりやってるんやろ・・・とか思っていたのですが、結構最新に近い内容も触れていたので、こりゃ僕も受けたら多少はためになるかな?と思って授業へ。その時の先生の印象は・・・

「この先生、ダメ講師やな・・・」

まぁ、そう思わせた発言ベスト3を見れば分かるはずです。
3位:授業中に、「トイレに行っていいですか?」
・・・先生はストレス性頻尿症らしく、それはまぁ仕方ないとして問題はその後。
「大学院の授業とか会議のように集中するところではトイレは我慢できるのですが、学部の授業では我慢できないんですよ~。」
要するに、授業やる気無し

2位:「こんな試験前の日に5,6時間見直したら単位は取れますよ~。」
何と、最終授業で前バラシ宣言。甘くしたら生徒から人気が出ると思ったら大間違いやで~!

1位:半分終わった休憩明けの発言。
「思ったより皆さん帰らないんですね。家に帰って楽しいこととか無いんですか?私なんか・・・

戦国無双がやりたくてたまらないんですよ!!

・・・こりゃアカン。いくら会計士を目指していると言っても、3年になってこの先生のゼミとかはお断り。まぁ独立してコンサル業務に役立つ、経営か金融関係のゼミにしようかな?とはいえ授業内容はそこそこ役に立ちそうなので、授業は会計士試験の一問一答を見ながら気軽に受けるとしましょう。その方が有意義ですし、先生曰く、「寝ててもOK」らしいので・・・

さて、順番は前後しますが今日の1コマ目は金融。(マーケットとファイナンス)
オモロそうやな~と期待していた科目。正直理系出身で、数学とか扱えたら楽勝やろ?と思っていたら・・・
謎の用語連発!!
最初は会計士試験でも出てくる貨幣の時間価値の話で、(今の100円と年利10%で運用した1年後の110円は同じ価値みたいな話)そこは楽勝だったのですが、いざ後半の本番の債券分析の話になる意味不明。デュレーション!イミュニゼーション!コンベクシティ!・・・こりゃ予習なしやったら無理やな・・・という声がちらほら。ただ面白そうなので、僕としては予習しがいはあるかと。何より、先生がノンストップのマシンガントーク。
「イミュニゼーションというのは予防接種という意味なんですが、債券の話にこういうユーモラスな用語が出てくるとは面白いですね!」
要するに・・・

一休さんのとんちを見て爆笑

という状態。ヤバイ・・・そういう意味の金融危機でしたという訳で最後に、
金融危機とかけまして、債務超過の会社と解く、その心は・・・

どちらも、(債券/再建)は厳しいです。
さて・・・昨日言っていた経済原論の本は半額コーナーに無かったなぁ・・・生協で買うと3000円!!するから勘弁して欲しいところ。実用性はほぼゼロらしいし、まぁ取るかどうかは来週の水曜日に決めることにします。


6日(6連コンボ!!)

さて、昨日の演習大会の結果を・・・
企業法:80
監査論:75
管理会計:95!!
財務会計:134
合計:384(76.8%)
・・・要は余裕でした♪合格最低点より20点以上上の点数。2008年はこんなに楽やったのか・・・
・・・ただ、日記に書くコメントが無い(^-^;

さて、今日からいよいよ大学だったのですが、いきなり経済学部名物の地獄の6連コンボ。普通大学といえば90分×5コマ授業の内、1日に3,4取るものですが、木曜日は90分×6コマというセット。さすがに初回やし・・・ということで全部出ましたが、ホンマに疲れました。

Round1:マクロ経済学
 先生が地味。以上。(印象薄い・・・)

Round2:経済原論
取ろうかどうか迷っている教科。どう見ても理系出身には不利そうな教科やし、前後2つは経済学のコアになる教科=実質必修ということで抜かれへん・・・と思っていましたが、授業を受けると、なかなか面白い!単なる「マルクス主義経済学」を超えた「マルクス経済学」を掲げ、自説を語る先生のスタイルは、型を破っているという点で面白いという並の視点以上に面白いのが・・・

先生はグラサンのおっちゃん!

ちょいワルのダンディさが出てて僕も後40年位したらこういうイケてるオヤジになりたいなぁ~という感じ。授業内容も悪くないということで、明日教科書半額販売コーナー(学生会館3階)に行って、教科書があれば迷わず履修。無かったら・・・また考えよう!というレベル。ちなみにこの先生の一番笑える出来事。
スライドを使って黙々と授業をしていたのですが、どうしてもツッコミを入れたい出来事が。
「先生、スクリーンに『信号が入力されていません』って出てますよ!」
気付いた後に先生はこっそりと直していましたが、若干パニクってくれるともっと面白かったのになぁ~

Round3:ミクロ経済学
先生がチャラい。以上。
・・・ではなくて、まぁ実際チャラい先生なのですが、これは少し考えさせられる出来事が。成績評価は宿題+期末試験で、小テストはやれへんよう。つまり、宿題さえ出せれば授業に出やんでもOKということ。内容を見る限り、前半の競争市場のところは僕が前の学期三輪先生の授業で取ってたネタと同じっぽいので、年内は出ず、ゲーム理論に入る年明けから出ても良さそう。・・・というか6コマ連発はキツイので、取りうる作戦は以下の3通り。

Ⅰ:時折仮眠を取りつつ、おとなしく6コマ耐え忍ぶ
Ⅱ:若干興味はあるが、教科書が若干高いので経済原論をパス
Ⅲ:ミクロ経済?前の学期やったわ~ということで、宿題を出して前半だけ受けて帰る

Ⅱは8種類中の授業の内6種類の単位を取ればいいので別に1教科パスは大丈夫。
Ⅲは・・・他の人に聞かれて、
「木曜キツイらしいね?」
「1教科を2コマぶっ続けでやって、木曜は5コマもあるんよ~。」
「コマ数が奇数っておかしいやろ!」
ツッコミを受けそうな。ただ6コマ受けると朝9時から夜7時半!までかかるので、さすがに5コマ目で帰りたい・・・まぁ宿題はHPにアップされるらしいので、それが2,3週間ほど余裕でこなせるようならサボりも考えます。さぁ、来週は木曜を乗り切れるかな?という訳で最後に、
経済学の目的とかけまして、詐欺師と相手のやり取りと解く、その心は・・・

どちらも、(経世済民/形勢、催眠)で良くします。
って催眠商法はアカンやろ・・・
まぁええか。明日は金融と会計。会計はテキストを買うまでもなく楽勝として、金融は楽しみ!
金儲けの道具を学びます!
まぁ、不純な動機の方が、やる気は出るということで・・・


5日(・・・警報?)

さて、メールアドレスを変えて2日が経ち、落研のみならず色んな知り合いに変更を伝えたのですが、毎朝来るはずの天気予報のメールが来ない(受信設定してるのに・・・)など、迷惑メールフィルターが効きすぎてるのか?と思う位メールが来ない。メール送ってるのに返事がない!という方がいましたら、メールが届いていない可能性がありますので、すぐに僕にメールをして知らせてください。
・・・って届けへんのか。

さて、今日は長い、長い、長~~い夏、秋休みの最終日。明日から大学かぁ・・・学校というと、高校までは始まるのが億劫なものでしたが、大学はそうでもない。家で居てると暇過ぎ。それより、大阪から東京に戻る時の方がよっぽど億劫。ということで、明日を迎える気持ちは万全。早速授業ですが、教科書は一切買わずに初回に臨みたいと思います!!
・・・準備万端は気持ちだけ。まぁ一部教科書は図書館で仕入れているので、後は必要に応じて買います。大学の教科書は、高いやつ、買っても使えへんやつが大量にあるので。

休みの最終日ということで、今日は自分にちょっとしたイベントを用意していました。
「公認会計士試験平成20年度過去問大会!!」
・・・を盛大に一人でやる予定でした。
・・・が、バイト先から召集がかかって、なんと朝7時に出勤という事態。まぁ過去問大会はばっちりできたので、結果は明日ということで・・・

今日のバイトは、校門前配布というもの。塾のチラシを中学校の前で配りました。・・・が、僕はあんまりこれに効果があるとは思えません。
何故か僕はチラシがあんまり配られへん・・・
落研のビラなら結構配れるのですが。
さて、今日はどれ位配れたかというと、もちろん・・・

全然アカンやないか!!

別の先生と正門の左右で分かれて配ったのですが、僕の方はあんまり人が来ないと事前に聞いていたのですが、ホンマに来ない。合計20人位しか通らなくて、学年閉鎖??と思う位。ただ、2人配った後に校長先生に会って注意されましたが・・・ついてへん。学校の敷地内はやめてくれと言われたので、敷地内って別に学校内に入ってる訳ちゃうのに・・・と思いつつもそこから30メートル位離れたところで配布再開。
ホンマに人が全然通れへんので、その理由を考えていました。

1:学年閉鎖・・・まぁ平凡な考え
2:少子高齢化の影響・・・って子供減り過ぎ!
3:何でこんな日に雨降るんよぉ~と気分もよくなかったのでしょうか、考え着いた訳は・・・

小雨警報??

小雨で学校が休みになったんか??とかめちゃくちゃなことを考えながら終了。まぁもう一人の先生の方は全部配れてたので良かったです。僕はおってもおらんでも変わらん働きでしたが、まぁ何とか終わらせましたという訳で最後に、
今日の校門前配布とかけまして、面倒を見きれやん位手のかかる人と解く、その心は・・・

どちらも(貢献/後見)できません。

さて、その後塾へと戻って教室長の先生に成果を報告した時のこと。残ったチラシを見せて言ったことが・・・
「僕達のところでこれだけ余りました。」
お前一人の分やろ!!ちゃっかりもう一人の先生に一部責任転嫁・・・セコイ。


4日(準備革命!)

相変わらず迷惑メールが続いていたので、昨日アドレスを久しぶりに変更しました!さらにメールフィルターなるものも付けて万全の対策!!とりあえずメーリスのアドレスを変更したら「変更手続きを完了させるメールを送信しました」とのこと。あれ、何も届いてへん。もう一度メ―リスのプロフィールを確認すると前のアドレスのまま。なるほど、
これがフィルターの力か!!
・・・ってアカンやん・・・メーリスから回るメールもロックする程強力なようで、20個まで受信許可のアドレスを入れられるのでとりあえず落研のメ―リスは許可して、後は要ると分かったものを入れていきます。メール件数がぐっと減ったので、もしかしたら要るメールをロックしてるかも・・・

さて、今日はナナペーハーのコントライブの準備に行ってきました!ナナペはかなり前から準備するし、コントともなれば他の演者に都合を合わせて練習に出なアカンので、忙しめ、かつ自分だけのフリータイムを好む僕はなかなか参加できへんのですが、準備には参加しました。
まず、会場の駒場小空間に着いた時のこと。みんながマスクをしているので、1年の三浦君に、「風邪?」と聞くと、違うとのこと。もしかして舞台で作る木材を切る時に木くずが舞い散るからそれを吸わないようにしてるんかと思って聞いたのが・・・

「木片が飛んでくるから?」

マスクしてなくても木片のサイズなら吸う訳ないやろ!三浦君をキョトンとさせちゃいました。単に本番前やから風邪を引かんようにしているだけとのこと。

さて、その後今日は進行が速く、午前中に幕吊りまで終わりました。僕は上で幕を引き上げる側だったのですが、ロープを下ろして下の人が幕に結び付け、それを引き上げることの繰り返しを何度も行い、何度も見ていました。一旦暗幕を全て吊り終わると、次は白い幕を吊るために幕を汚さないようにと手を洗いに上のメンバーは一旦下に降りたのですが、その後数人上に戻ってこない。
下に呼び掛けて階段から上がってきてもらったのですが、何度も幕を吊った光景からもっと手っ取り早い方法を一つ思いつきました。
ロープを下ろして人を引き上げる!!
うちの部は悪ノリする人が多いから危ないか?って悪ノリせんでも危ないやろ!と言われそう。じゃあ・・・と考えたのは最後に、

楽なライブの準備とかけまして、ダイエットを決心した人と解く,その心は・・・

どちらも、(暗幕は無くなります/あんま食わなくなります)。

暗幕無かったら、舞台そでが丸見えで、次に誰が入るかバレバレやろ~と思いきや・・・
舞台の後ろと壁の間の隙間にうつ伏せに待気していた人が突然登場!
2階客席からジャンプ!
大きな布を舞台床に置くとそこから人が湧いてくる!
・・・無しか。


3日(読心術)

調子に乗って10月2日に3日分更新しちゃいます!!話題はもちろん、塾を途中退出してまで見た、「平成教育委員会」の話。

元々この番組は昔から好きで、名物は何といってもたけし先生のボケと、給食をこの上なく美味しそうに食べる高島アナの表情。問題の解説も分かりやすく、この歳になってもなるほどなぁ~と思うこともあります。ということで、単に松尾依里佳さん目的という訳ではなく、今日の見る目的は、7:3でした。やっぱり番組が面白くないと。
・・・まぁ出演者が7なのは当然。

さて、クイズ番組を見て1人で偉そうにするのが僕の習慣なのですが、今日もそんな感じでした。最初の国語の2択問題で、僕がB,依里佳さんがAを選んだ時、
「じゃあBやな!」とつぶやきました。そして正解がBだったら、
「ほら言うた通りやろ!」

その後、再び意見が割れることが。今度は僕がA、依里佳さんがBを選んだ時、
「じゃあBやな!」ところが、正解がAでもやっぱり・・・
「ほら言うた通りやろ!」
何て都合のええやつなんや・・・

しかし、今日一番目立っていたのは流通ジャーナリストの金子哲雄さん。まず記号で答える最初の2択問題で、「やおら立ち上がる」の意味を「素早く」と言葉でうっかり答え、しかも僕ともども間違えるという1問目からのボケをかまし、(正解はゆっくりとという意味です)その後2択で5連続位で外し、果てにはチーム戦で勝って手に入れた賞品のキャビアを食べて、
「生まれて初めて食べたので、まぁこんな味なのかと思いました。」
というテレビそっちのけの率直のコメントをしたりと目立ちたい放題。

ところで、番組中に驚きの出来事が。漢字の成り立ちの問題です。
「夕方暗くなってきた時に、人が自分の存在を知らせるために声を出していた」
ということから出来る漢字。良ければお考えください。僕がパッと浮かんだのは、暗いところ、声と言えば音・・・「闇」?
さて、その後解答者の答えを確認する時に、まず「松尾君の答え。」と言って出た字が「闇」だったのです。よっしゃ合ってる!!と思いきや不正解。正解は、「夕」+「口」で「名」らしいです。他の出演者の人は闇以外の答えを書いていて、僕は1人の答えを予測して当てたということになります。結構依里佳さんとは、他のクイズ番組を見てても同じ答えで不正解というパターンが多く、もしかしたら頭の構造が似てるのかな?と思うことも多かったりします。まぁそれを人に言ったところで、
「大丈夫、育ちが違うから。」
と言われるのがオチですね。

さて、さっきが人の心を読む読心術の話。ただ、僕の専門はそっちではありません。一人でクイズ番組を見てわめき散らし、贔屓のタレントの活躍に興奮し、一人でおっても暇せず寂しさも感じずに暮らすことのできるスキルこそが僕の本職。そう・・・

独身術!!

・・・将来身を滅ぼしそうなスキルやな・・・という訳で最後に、
本当の僕とかけまして、免疫のない弱い存在と解く、その心は・・・

どちらも、(孤独/子、毒)に弱いです。

ホンマかいな!?かつて庄司君に、
「彼女がいなくても平気って変わってるね。」
と言われた位ですから、自分でもこの感覚は変かな?とは思っているのですが・・・まぁ当分独身術はフル活用されることでしょう。

そんなことより、依里佳さんトップ賞後1点やった!!ホンマに残念。さすがに三浦奈保子さんは手ごわい。・・・まぁ次のQさまに期待ですね。


2日(ポーカーフェイス)

今日朝に1日の分の日記を更新したのですが、そこから少し日記を変えてみました!何を変えたかというと・・・タイトルです!
「中川日記2011年11月」から
「中川日記2011年10月」にイメチェン!!

・・・すみません、僕のミスです(^-^;
ちゃんと訂正しました。泉君、通報ありがとう。

さて、今日は朝からバイトでした。昨日の授業を欠席した子の振替と、中学生の定期テスト前の自習を監視が仕事でした。最初、日曜日が空いてますか?と教室長の先生に聞かれた時、ヤバイ!重要な用事が・・・と思いました。
「松尾依里佳さん出演の平成教育委員会をリアルタイムで見たい!!」
いや~関東に居てると出演してても放送されへん番組とか、ナイトスクープのように週がずれる番組とか、Qさまのように、月曜バイトやねん!という番組ばかりで、しかもパソコンの性能上録画失敗!!という悲劇も結構な頻度で起こるので、生放送ではなくても、番組をリアルタイムでチェックしたいというのがファンの心情。
ということで昨日、
「明日は何時から何時までですか?」と聞いて、
「11時から6時頃までです。」と聞いて、
おっしゃあ!!見られるやん♪と最近味わったことのない感動を覚えたりもしました。時間が7時からに間に合うぴったりなタイミングだったので、もしかして僕の趣味を知ってるんかな?とまで思ったり。好きなタレントの話なんてしたこと無いはずなんやけどなぁ・・・
若干不気味・・・まぁ良しとしましょう。

さて、仕事の方はというと、非常に充実していました!まずは振替授業の子。公立中高一貫対策の受験学年の子で、初めて公立中高一貫の問題を見て、この形式はオモロイなぁ・・・などと若干生徒そっちのけで見入っていました。(そういう時は、生徒が優秀なので教えることは無いなどと言い訳をしてみる)
何よりも充実していたのが自習管理。勉強熱心でした。生徒は静かにペンを動かす。
僕は静かに会計学の一問一答をやり込む。
・・・そういう意味の充実です。何故か理科をやる子が多く、数学をしなさい数学を!と念じていましたが、質問の中心も理科。物理、化学は高校時代も専門でしたが、生物とか天体とか、中学以来やってへん教科の質問が。そんな時心がけるのは、生徒を不安がらせないこと。あくまでもさも分かっているように振る舞うこと。ポーカーフェイスが大事。

分からないことを質問されてもポーカーフェイス。
若干ウトウトしている時に質問されてもポーカーフェイス。

・・・そりゃ人間ですから。だから、先生が自分の勉強道具を持ち込むというのは眠気覚ましにもなるのでいいことなんですよ!と自分を正当化。さて、最後にもポーカーフェイスが。6時を過ぎても生徒がいましたが、これでは7時に間に合えへん!ということで、6時半前に、
「すみませんが、用事があるので、そろそろ失礼します。」
用事って何?と聞かれる前に即効退散。さすがに恥ずかしくて言われへん事情なので・・・という訳で最後に、
都合が悪くなった時とかけまして、本因坊秀策と解く、その心は・・・

どちらも、よく(誤魔化し/碁、負かし)ます。

どうやら明日から、関西の朝日放送の夕方のニュース番組が「キャスト」という番組に変わるそうです!そのテーマ曲"Unlimited View"を松尾依里佳さんが演奏されるそうです!!
何かこの日記で宣伝する内容は、依里佳さんとか予備校の松本先生とか完全に僕の趣味の世界ばかりですね(^-^;
落研も宣伝せんかい!と言われそうなので、告知を。
今週の土曜日、日曜日(8,9日)にコント集団ナナペーハーのコントライブがあります!是非お越しください!!


1日(スパッと変える!!)

さて、いよいよ今日から10月ですね!間もなく新学期が始まるなど、色々と動き出そうとしています。僕はまず心機一転、インターネットを契約プランを変えてみました。毎月2730円のプランから・・・

毎月2730円、12月だけ無料のプランに!

・・・変わってねぇ~・・・
僕のインターネットの会社は、寮専属の会社で、寮を出る時まで継続して使えば、7,8,12月が全て無料になるというプラン。来年3月で本郷近くに引っ越す僕は1ヶ月しか無料になれへんのですが、それでもまぁええやん!ということで申し込みに行きました。ところで、その宣伝のパンフレットに意味不明な記載が。
「寮に後2ヶ月しかいない人も申し込めます!!」
要はすぐに寮を出る人もOKと言っているのでしょうが、後2ヶ月で出るということは・・・

前のプラン:10月、11月ともに2730円払う
新プラン:10月、11月ともに2730円払う
・・・一緒やん!!3ヶ月無料のメリット無し。

さて、昨日は予備校でこれに似た内容の授業がありました。2つのプランがあって、その内どっちの方がどれだけ有利かという問題を扱う「意思決定会計」というものです。そこには、無視してOKの「埋没原価」と考慮すべき「差額原価」の2種類の原価があります。
例えば例として、さっきのインターネットのプランで行くと、
12月以外の料金・・・どっちのプランでも払うことになるので、2つのプランを比較する時には考慮しなくてもよい(埋没原価)
12月の料金・・・新プランならタダ、前のプランなら2730円の出費と2つのプランの間に差が生じる(差額原価)
2つのプランを比較すると、差額原価だけに注目して、新プランの方が出費が2730円少なくてお得という結論になります。実際の会計士試験で問われるのもこれだけ。ということで、非常に簡単な分野です。

さて、松本先生も具体例を挙げて話してくれたのですが、その例というのが、
新宿にいる5人組が渋谷に遊びに行くことになった。プランは2つ。
A:映画を見に行く(1人1800円)、B:カラオケ(ルーム代5000円)
この時、埋没原価になるのは、A,Bどちらでも払う、新宿―渋谷間の電車賃。
差額原価になるのは、映画代(1人1800円)と、カラオケ代(1人当たり1000円)。よって差額原価を比較して、Bの方が800円お得。というのが結論です。

ところがその後、松本先生がツッコミを入れました。
「一番安いのは、新宿でカラオケに行くことですよねぇ・・・」
当然それでは電車賃が埋没原価にならへんので意味がないのですが、それに対し僕はこう思いました。
「一番安いのは・・・友達の家で映画鑑賞!!
お金のことを考えるのならアリかと。まぁ今までそういう節約路線で生きてきた人間の意見です。という訳で最後に、

2つのプランの選択に直面とかけまして、何となくむしゃくしゃする時と解く、その心は・・・

どちらも、(意思決定来ます/石蹴って行きます)。
月初めの謎かけとしてはなかなかの出来?まぁ僕はイライラして石を蹴っていると、人の車に当てそうになってイライラが冷や冷やに変わったものでした。

|

« 平成二十三年度秋風寄席 | トップページ | 平成二十三年度駒場寄席 »