« そ~しゃる大喜利決勝戦 | トップページ | 平成25年度新歓ライブ »

赤田日記2013年3月

31日
第121話「クライマックスオブキューアンドエー」

こんばんは。今日はまずホールの片づけを行うところから始まりました。実際は昨日の記事でも書いた通りホールの片づけをしている最中には日付が変わっていましたが。片づけが終わった後は打ち上げに。皆さん本番を終えた直後に片づけまでするというハードな状況の中テンションが凄く高くて楽しい打ち上げでした。打ち上げが終わったらまたホールに戻り、ホールで寝泊まりすることに。起きた後は撤収作業を行い、ホールにある物を部室などに運び入れてコント集団ナナペーハー第24回公演Q&Aの作業は完全に終了したのでした。

僕は第23回公演にも参加したので今回は二回目という事になるのですが、皆さんに様々な場面で迷惑をかけたと思っています。突然風邪をひいて休んだり、ネタで使うクラッカーに恐れをなしたり、ホール入りでは力仕事が全くと言っていいほどにできなかったり・・・一つ変な迷惑が入っていた気がしますが。

ともかく迷惑をかけた、とは思っています。それと同時に自信を無くす事もありました。しかし自信が付いた事はもっとたくさんありました。特に本番で自分の演技でお客さんが笑って下さった時は当然嬉しくなるし自分に自信も付きます。コント作りや演技の面だけでなく精神的にも得るものがある、そういうのを含めて今回のナナペは貴重な経験になったと言えます。次回のナナペに参加できるかどうかはわかりませんが是非参加したいと思える、そんな素敵な公演になったと思います。

こんな素敵な公演になったのも演者の方々、スタッフの方々、そして公演を見に来て下さった方々全てのおかげです。皆さん本当にありがとうございました。そしてこれからも赤田渉をよろしくお願いします!




30日
第120話「ふつかめななぺ」

こんばんは。今日はナナペ本番二日目でした。昨日が本番一日目だったので皆疲れているであろうという事で集合はいつもよりも一時間後でした。座長の山下さんの粋な計らいですね。一日目の反省を活かして少し練習や舞台の調整をした後、リハーサルに。・・・そう、魔の二日目リハーサルに・・・

東大落研ではナナペーハーに限った事ではないそうなのですが、ホールに入った後に行うリハーサルの中でも二日目の方では「ふざけにふざける」という事が伝統?となっているそうです。例えば衣装でボケてみたり、ボケ台詞を少しいじってみたり、調光室にいる方々も音響や映像でボケてみたり。「思わぬアクシデントに対応するためのアドリブ力を鍛えるため」という名目のもと演者がふざけにふざけたのでした。

リハーサルの後は気持ちを切り替えて本番に。本番は特に大きな問題も無く順調に進み、無事に終える事ができました。本日来て下さった皆さん、本当にありがとうございました。本番が終わった後は片づけをし、そのまま打ち上げをして帰ってきたらホールで寝泊まりして撤収作業へ。片づけをする最中くらいに31日になっていたのでここからは次の記事で。



29日
第119話「本番の日は簡潔に」

こんばんは。今日はナナペ本番一日目でした。午前中は舞台の最終調整を行い、午後にリハーサルをして本番に臨みました。今回は準備期間が短かったのもあってビラやアンケートなどの準備も本番ギリギリだったのですが何とかなりました。

本番についても書きたいところなのですが、よく考えたらまだ一日目で二日目に見に来る方がここを見ている可能性もあるのでネタのことなどを書いてしまうとネタバレになってしまうのですよね。・・・実際は本番一日目を終えてもう疲れ切っているので日記を簡潔にしたいから、という事かもしれませんが。今回の日記は今日ナナペを見に来て下さった皆さんへの感謝をして終わりたいと思います。皆さん本当にありがとうございました。

明日は本番二日目になりますがその後片づけや打ち上げがあるので日記を書くのは明後日の日曜日になると思います。その時ナナペ公演自体について細かくレポートできるかと言われると非常に怪しいですが気にしないでいきましょう。



28日
第118話「用語に愚痴る男」

こんばんは。今日も昨日や一昨日に引き続きホールでの練習を行いました。今日は出ハケ確認とリハーサルをしました。「出ハケ」とは舞台用語のようなものであり、演者が舞台に登場する事を「出る」、舞台から退場することを「はける」と言ってこの二つを合わせたものが「出ハケ」という事ですね。出ハケ確認では演者が舞台に登場したり舞台から退場するタイミングや位置、小道具をいかに設置するか、といったことを確認するのですよ。

このような舞台用語は落研でも結構使われています。舞台の「側」を表す「上手」や「下手」はとても頻繁に使われるのですが、未だに混乱する事が良くあります。「右」や「左」といった言葉だと演者から見て右なのか、客席から見て右なのか分からなくなるためこのような言葉を使う、それは良くわかるのですが・・・

一つどうしても納得できない舞台用語?があります。「りゃんめん」です。ハテナマークを付けた通り、実際は舞台用語でもなんでもないのですがホール入りの時によく聞いたので勝手に舞台用語扱いしてしまいます。「りゃんめん」とは、あろうことか変換することもできるのですが、「両面」の事です。更には「両面テープ」の事です。恐らく両面を中国読み?すると「りゃんめん」になるのでしょう。少し調べてみたところ麻雀が関係しているそうです。同期の方も先輩方も結構使われる用語?なのですが・・・

なぜ納得できないかって、まず使う必要性が全く無いんですよこの用語。最初は両面を「りょうめん」と読むと何かと勘違いするからだと思ったのですが少し調べてみたところそんな事は全く無いようで、特に意味もなく「りゃんめん」と言われているそうです。別に「りょうめん」は両面そのものの事であり、「りゃんめん」が両面テープの事であったりするわけでもないそうです。そして納得できない最大の理由が、単に響きが気に入らないからです。元が中国語というのもあってか日本語とは妙に馴染みのない響きであり、妙に不快な気分になる事だって考えられる妙な響きだと思うのです。正直言ってパソコンで打ってるだけでも妙に不快な気分になってきます。

でも少し調べただけでも結構浸透している表現みたいなのでここで愚痴を書いても仕方ないですね。これに限らず用語に関する愚痴は前にも書いた気がしますし。用語愚痴シリーズというなんともネガティヴなシリーズができてしまう前に今日は終わりにします。今日の記事を終えたところでまたいつか用語愚痴シリーズが再開する可能性もありますがその時はその時です。

こんな事を書いてて忘れそうになってしまいましたが明日はついに本番一日目です。本番前日だろうとその日に書こうと思ったことを書く、それが赤田日記なのですよ。



27日
第117話「ホール練習のあれこれ」

こんばんは。今日も昨日に引き続きホールでの練習を行いました。ネタの台詞を完全に覚えたり演技を練習したりするほか、舞台での立ち位置や小道具の置き場所の確認、衣装の着替えの練習、照明や音響の調整といった事をやりました。特に本番は衣装を着替える時間があまりないので早着替えの練習をする必要もあります。着替えの練習というと何か変な感じもしますがこれも重要な練習の一つなのですよ。

今日はホールに10時集合で10時までホールで活動しました。・・・もちろんこれは集まって即解散、というわけではなく朝の10時に集まって夜の10時まで練習したり小道具を作っていたりしたという事ですよ。当然途中で休憩を挟んではいるものの12時間も作業していると当然疲れます。疲れたら眠くなります。なのでもう寝ます。おやすみなさい。

ナナペ本番まであと二日。よく寝て次の日の練習に備え、本番までに体調を整えることも重要な事なのですよ。



26日
第116話「ダイソーとホール入りとクレープと(後)」

こんばんは。今日は・・・とその前に前日の話の続きをする必要がありますね。よくわからない方は第115話を先にご覧になってください。なんと前後編になっているのです。ホール入りの話からでしたね。

ホール入りの作業は25日の夕方に始まりました。まずは部室の荷物や買い出ししたばかりの衣装・小道具などをホールに運び入れます。それからホールでの多くの作業を始めました。そもそもナナペで使っている駒場小空間というホールは、舞台や客席を作るための平台や箱が大量に積んであるだけでほとんど何もありません。調光設備などは整っていますが肝心の照明器具も設置はしていません。舞台や客席、暗幕や照明などは自分たちで設置しないといけないのです。作業は多くて大変でしたが先輩方の指示がうまくいき非常に効率的に進める事が出来ました。また、ナナペの演者以外のスタッフの方々もホール入りに協力してくださったため更に作業効率が上がりました。大変ありがたいばかりです。

ホール入りの作業は25日中には大体終わったのですが、まだいくつか作業が残っています。そのため、ナナペメンバーやスタッフの方の一部はホールで寝泊まりする事に。僕もホールで寝たのですがベッドや布団のようなものはなく固い平台の上で寝たので寝心地は良くなかったです。あと結構寒かったです。

26日に起きてからはホール入りの作業の続きをやってほとんど完了しました。それからはコントの小道具や衣装を作ったり、各自でコントの練習をしたり、音響や照明を調整したり、各々でナナペ本番に向けて準備を進めました。ナナペ一日目まであと三日。ここから一気に完成へと向かっていくのですよ。

・・・26日の記事のはずなのにほとんどが25日の出来事でしたね。まぁ、そこは気にしないようにしましょう。



25日
第115話「ダイソーとホール入りとクレープと(前)」

こんばんは。今日からはナナペの準備で更に忙しくなるので日記の更新が遅れると思います。既にこの日記は26日の夜に書いていたりします。しかし忙しいと書きたい事が多くなるのに書く時間は減っていくというのは皮肉な事ですね。実際は日記を書くのにはそこまで時間がかかるわけでもないので日記の更新は遅れても短くなるかどうかはわかりません。こんな事を書いている時点で既に結構長くなっていますし。

今日はまず買い出しに行きました。買い出しはいくつかのグループに分かれて行ったのですが僕たちのグループは原宿に行ってダイソーという店でお買い物をしました。ダイソーと言うと有名な百円ショップですが百円ショップだからと言って小物程度しか無いなんて事は全くなく、服などもあったりするのですよ。そのような商品は百円ではないのですが。そう、なんと百円ショップなのに百円でない商品もたくさんあるんです。そもそも百円ショップと決めつける事自体が間違っていたのでしょう。

買い出しが終わった後は折角原宿に行ったという事で皆でクレープを食べました。外は少し寒かったのでクレープは程よく温かく、とても美味しかったです。原宿とクレープの関連性もよくわかりませんが道行くイマドキ女子の多くがクレープを食べていたので多分有名なんだと思います。ちなみにクレープを食べたのは皆には秘密ですよ。日記に書いている時点で既に秘密でもなんでもありませんが。

買い出しが終わった後はホール入りの作業をしたのですが、長くなるし内容が繋がっているので次の回の方に書こうと思います。そもそも同じ日に書いているので分ける意味があるかどうかは不明です。



24日
第114話「工場見学」

こんばんは。今日は実質最後のナナペ会議がありました。というのも明日の活動は買い出しとホール入りであり、ホール入りした後はホールでの練習のみとなるので会議という形は今日が最後だったのですよ。今までたくさん行われた会議を通して改良されていったネタをこれから何度も練習を繰り返してより洗練させていって皆さんにお見せする、という事です。ナナペのネタはこのようにして作られているのですよ。まさにネタの工場見学や~!

・・・本当に工場見学という例えで良いのかどうかは置いておきまして。今日は明日の買い出しに向けて必要な小道具や衣装を挙げていきました。物によっては誰かの私物を使えたり、店で買う必要があったり、店で材料を買って自分たちで作る必要があるのですよ。コントにおいて小道具や衣装はとても大切な物であり、コントの面白さを左右しうる物なんですね。

そんなわけで先ほど書いた通り明日は買い出しの後ホール入りをして、そのままホールで寝泊まりして明後日までホール入りの作業を続ける事になります。そのため日記の更新は早くとも明後日の作業が終わって家に帰った後になりますね。明日に限らずナナペが終わるまではしばらく日記の更新が遅れたり、日記がとても短く済まされたりする可能性がありますがご了承ください。



23日
第113話「先延ばし運動」

こんばんは。今日はナナペ会議が無かったのでまた友達と遊んで一日過ごしました。ここ最近は一日おきにナナペ会議があり、来週はホール入りして毎日ナナペの練習があるので3月中で遊べる日は今日が最後。4月になったら僕も友達も大学が始まってまた忙しくなるので会う機会は減りそうです。その分今日はたっぷり遊んできましたよ。

しかし友達と遊びに行って改めて実感するのが、僕がいかに普段運動していないかという事ですよ。数十分歩くだけでもう足がスティックパンのようになります。
・・・足が棒のようになる、もしくは足がパンパンになるのどちらかですね。足がパンパンになるのは数十分歩いた後の話でもないような気がしますが、そんな事を気にしている場合ではありません。こんな拾いにくいボケをかまして自分で処理に困っている場合ではないのですよ。

ナナペのホール入りの作業の際には重い物を運んだり力仕事をすることもあるでしょうしこの運動不足っぷりのままでは大変です。でも今から運動をして来週までに何とかなるとも思えませんし逆に無理して運動をする事でろくでもない事になりそうです。そうして問題を先延ばしにしていくのでした。



22日
第112話「回数合戦」

こんばんは。今日はナナペ会議がありました。第24回公演Q&Aの記念すべき第20回目の会議だったそうです。なぜこんなことが分かったかと言えば、座長の山下さんが毎回ホワイトボードに回数を書くからなのですよ。回数を書くことによって記念すべき回がわかるというのはこの赤田日記と同じものがありますね。しかしナナペ会議は第20回目、この赤田日記はなんと112回目!桁が違いますよ、桁が。

・・・そんな事を言ったら過去の23回分のナナペーハーの会議数を持ち出されそうですね。しかも今回のナナペは期間が短く会議の回数も他のナナペよりは少ないという事で他の23回は更に回数が多いということになります。足し合されると500回を超えるような勢いであり112回の赤田日記では到底勝ち目がありません。

仕方ない、そちらが歴戦の勇士の力を借りるというのであればこちらだって!過去の広報の方々の力を借りれば、赤田日記は第14代目なので過去の13代分の日記の回数を足し合せる事で広報の方々が日記を毎日書いてらっしゃったと仮定すると4000回を上回る回数で相手を圧倒する事ができるのです!見ましたか、これが広報の力ですよ!

こんな良くわからない事でもなんとなく満足したので今日はここまで。



21日
第111話「カウントダウン日記」

こんばんは。今回は第111回目です。1が3つで111、ワンが3つでワンワンワン。だったら今日は犬の日なのかと言ったらそんな事は全くなく、3月21日で3、2、1というカウントダウンの日なのでした。カウントダウンの日というと新年のカウントダウンという意味で大晦日なイメージですが実際は今日だったんですよ、ええ!

今日はまた高校時代の友達と遊びました。もちろんとても楽しかったです。風邪で1週間近く休んでいたので遊ぶのは久しぶりだったりします。そして来週になってナナペホール入りしてからは暇がほとんどないので遊べるような日ももうほとんどありません。今週の貴重な休みを有効に使いたいところです。風邪の日はほぼ1日中家にいて寂しかったのでこれからの休みは積極的に外に出て友達と遊びたいですね!

それでは今日の赤田日記はここまでにしましょう。3、2、1・・・
ってこの日記を書いてる時点で既に3月22日じゃないですか!なんという事でしょう!そんなわけで今日は楽しい1日でした。



20日
第110話「暗記ナナペ」

こんばんは。今日も昨日ほどではないものの暖かくて過ごしやすい一日でしたね。今日はナナペ会議がありました。ナナペ会議もいよいよ大詰めといったところで、細かい台詞の修正や演技の練習がメインとなってきました。ネタの順番や配役もほぼ確定といったところで、台詞覚えも本格的にスタートしたといったところでしょうか。

ちなみに僕の出番のあるコントはそこまで多くないのですが出番のあるコントでは結構重要・・・というよりは奇抜な役が多いですね。これがボケの宿命ですね。あととても長いコントの出番があるので台詞を覚えるのが大変です。それだけやりがいがありますけどね。

そんなわけで僕も台詞覚えを始めているのですが中々覚えられずに苦戦しています。台詞覚えの時は単に手で台本を隠しながら覚えていくという英単語のような覚え方をしているのですが・・・はい、僕は面倒だったのでマイ単語帳を作って一つ一つ書き込むなどという事はせずに市販の単語帳を手で隠しながら覚えていました。未だに覚える時はそんな事をしています。赤文字で書いて赤シートで隠して・・・などという高度な事はせず、非常に原始的な暗記方法で今日も頑張っています。



19日
第109話「運動週間?」

こんばんは。今日はとても暖かい日でしたね。僕は相変わらず家でぼーっと過ごしていましたがそれでも結構暑かったです。こんな日は外で運動でもしたらいいと思うのですが暑いのでちょっと無理です。冬は寒くて風邪を引くから、夏は暑くて汗をかくから運動はできないという引きこもり理論です。今日は5月くらいの暖かさだったのでしょうか。春、というよりは夏よりですね。という事で運動はできませんでした。

しかし少し前に書いたような気もしますが運動しないと健康的にはなれないのです。今は病み上がりなので激しい運動をするわけにはいきませんが何もせずに家に引きこもっていてはまた風邪を引く可能性が高まります。ナナペのホール入りが始まってからは非常に疲れるので普段から運動をして体力を高めておくべきだったんですよ。

改めて運動の大切さを実感しながらも既に夜だし・・・と言い訳をしながら日記を書いて寝るのでした。家の中でも軽い運動くらいならできるかもしれないのでやってみるといいかもしれませんね。



18日
第108話「運動量上昇?」

こんばんは。長引いた風邪もようやく治りそうです。とはいえまだ完全に治ったわけではないので油断はできませんね。先週の水曜に風邪を引き始め、もう一週間近く日記の内容が風邪日記になってしまっていますね。何とかしていきたいところです。

今日はここ最近の休みの日よりは動いていたと思います。何がって自分がですよ。動いていたと言ってもぼーっと座っていたことが多かったのですが、ここ最近は一日中寝ていた日が多かったのでこれでもまだ動いた方なのです。座ることは寝ることよりも運動量が大きいですからね。

・・・すみません今全く根拠のない、恐らく間違っている事を言いました。多分「運動量」の話で言えば座ることも寝ることも基本的に動かないので変わらない、と思います。どれくらい体に力が入っているか、などの話なら変わってくるのだと思われますが「体にどれくらい力が入っているか」を表す数値を知らないのでそれを表現することはできません。医療やスポーツなどに携わっている方に聞けばわかるかもしれませんね。そんな事しないでもインターネットで調べればわかる時代なのですが、そうすることで更に座る時間が増えて運動量は減っていくのですよ。



17日
第107話「病み上がり?ナナペ」

こんばんは。今日は体調がそれなりに良くなってきたのでナナペ会議に出ました。まだまだ頭が痛かったり体がだるかったりするので油断は禁物ですが休んでばかりでもいられません。ここ最近寝てばかりだったので少し歩くだけで足が痛むという凄まじい運動不足っぷりを体で感じつつ、なるべく元気を出してナナペ会議に臨むことに。

ついに大まかなネタの配役やネタの順番が決まり、本番目前ムードが高まってきました。衣装や小道具の手間等の諸事情により僕のネタは没に・・・でもいいんです、ナナペは今年の夏にもありますから!そんなわけでナナペの練習もより本格的になっていきます。僕はとりあえず明日明後日の休みで風邪を完全に治してしまわないとですね。できれば休みながらも台詞覚えに取り掛かる事ができればと思っています。

運動不足ついでにパソコン不足でもありキーボードを打つ速度と正確さが落ちているのが日記を書いていて感じたので今日は短めに。



16日
第106話「薬漬け事情」

こんばんは。今日は朝から熱が高かったのですぐに病院に行って薬を貰ってきました。実は水曜日にも薬を貰っていたのですが二日分しかなく、風邪が予想以上に長引いて二日分の薬では足りなかったのでまた貰ってきたというわけです。詳しい事情を説明すると少し面倒なのですが・・・

水曜日は夜に熱が高くなってきたので夜に病院に行きました。普通の病院は夜には診察しないので休日夜間診療所といって名前の通り他の病院が診察しない休日や夜間に診察してくれる病院に行ったのですよ。そこで二日分の薬を二種類もらいました。そして今日は朝から熱が高かったので朝に病院に行きました。朝なので水曜日とは違って普通の病院に行き、水曜日とは違う種類の薬をもらいました。それも四種類も・・・

食後に毎回四種類もの薬を飲んでいると薬漬けみたいで何か嫌になってきますがこれも風邪を治すため。早く風邪を治して元気になって皆さんに会いたいです。



15日
第105話「泣き面に超巨大隕石」

こんばんは。今日はナナペ会議があったのですが相変わらず風邪を引いていたので休ませていただきました。誠に申し訳ありません。実際は風邪は治りつつありました。今嘘をつきました。誠に申し訳ありません。たった今謝罪をネタに使いました。最低の行為ですね。誠に申し訳ありません。今日成績発表があったのですが必修科目二つ不可でした。誠に申し訳ありません。風邪は治りつつあるといっても完全に治すために今日休ませていただきました。誠に申し訳ありません。もう何度目かわからないしょうもない繰り返しネタです。誠に申し訳ありません。

この「誠に申し訳ありません」ラッシュの中、(個人的には)とても重大な情報を混ぜたのですが多分この文章をまともに読む方はいないのでバレずに済みますね。バレたくない事なら日記に書かなければいいのに、と思いますが隠してあるので多分大丈夫です。ほら、秘密の宝のありかが書かれている地図とかあるじゃないですか。秘密なら地図なんか作らずに秘密のままにしておけばいいのに、隠してあるから大丈夫と言って作っちゃうんですよ。なんでしょうか、隠れた自己顕示欲の現れ、というものでしょうか。違いますかね、はい。

問題はこの情報が秘密の宝なんてものではなく、タイトルにもなっているような悲惨で深刻なものである事なのですが・・・



14日
第104話「風邪日記」

こんばんは。今日はちゃんとその日の夜に書いているのでこんばんはで合っていますよ。とはいえ風邪は中々治らず今日も一日寝て過ごしたのですが・・・デスガー日記はもう終わったはずなのにまた「ですが」を使ってしまいました。気をつけなくては。

僕はしょっちゅう風邪を引いて皆さんに迷惑をかけてしまうので何とかしないといけないとは思っています。実際明日はナナペ会議がありますが風邪を完全に治すために休まざるを得ない状況です。風邪予防に関しては日記でも書いた気がします。そしてその直後に風邪を引いた気がします・・・やはり抵抗力をつけるしかないそうです。そのためには運動をするしかありませんね。

ちなみに明日はナナペ会議だけでなく、成績発表もあります。嫌な予感のする科目ばかりですが果たして「不可」をいくつに抑える事ができるのでしょうか・・・「不可」がある前提で話を進めている時点でどうしようもない気もします。



13日
第103話「デスガー日記」

こんばんは。実際は次の日の朝に書いているのでおはようございますなのですが。更に実際は朝と言っても11時過ぎに書いているのでどちらかと言えばこんにちはなのですが。ちょうどブランチの時間でしょうか。ブランチと言っても王様のブランチではないのですが。でも実際は王様のブランチを放送している時間ではあるのですが。とはいえ実際は王様のブランチは土曜日の番組なので今日は放送していないのですが。

「ですが」が続いてわけのわからない事になってしまっているのですが、まずは状況を説明しましょう。13日は風邪を引いてほぼ一日中寝込んでいたので日記を書くどころではありませんでした。書いたとしても書くような事がほとんど無かったのですが。そんなわけで日記を書くのは次の日になったのです。やはり書くことが無いのですが。

書くことが無い時は意味不明な言葉遊びで埋めることは赤田日記では良くある話です。言葉遊びどころかただの読みにくい繰り返しなのですが。このように「ですが」を文章の最後に置くのは便利です。非常に読みにくくなるのですが。英語で言うと「But」を文頭に置くようなものでしょうか。特に根拠はないのですが・・・

ですがですがうるさいわっ!
お前はデスガー総統かっ!
誰やねんそいつっ!いい加減にしろ!
どうも、ありがとうございました~。



12日
第102話「努力ナナペ」

こんばんは。今日はナナペ会議がありました。本番で皆さんにお見せするネタが決まったという事で今回のナナペ会議ではネタの改稿をメインに進めていきました。ネタが決まったといってもむしろ本番はこれからで、よりそのネタを面白くしていくために頑張っていこうと思います。僕のネタの改稿は困った事に中々進んでいないのですが次の会議までには改稿したいところです。

ネタを面白くしていく上でもちろん改稿は重要ですがやるべき事はそれだけではありません。コントである以上、演技の練習をしていく必要があるのです。コントは言ってしまえば演劇のようなものですから、演者の演技力が必要となるのですよ。演者の演技力が高ければ高いほど演劇がより感動的な物となるように、演者の演技力が高ければ高いほどコントはより面白くなっていくのです。僕は演技することは好きなのですがあまり上手ではないので演技練習にも力を入れていきたいです。

更にコントライブに欠かせないのが衣装や小道具です。東大落研の部室には大量の衣装や小道具があるのでそれを使う事も出来ますが当然部室に無い物が必要になる事もあるのでその場合は買い出しに行く必要があります。物によっては材料を買って自分で作らないといけない事もあります。

このようにコントライブは非常に大変なのですが努力した分だけ面白くなっていく、それを信じて頑張っていこうと思います。ナナペーハーはメンバーの努力によって出来ているのですよ。



11日
第101話「101匹わんちゃん in 田舎」

こんばんは。今回は記念すべき第101回目です。あの有名な「101匹わんちゃん」の101、という事で記念すべき回です。100回目に比べ盛り上がりに欠けるのは101匹わんちゃんの偉大さが100という数字の偉大さに負けているからかと思われます。頑張れ101匹わんちゃん。負けるな101匹わんちゃん。「ミュウを含めた初代ポケモンの数」である「151」よりは偉大であると信じてる。

今日は高校時代の友達と遊びました。せっかくの春休みですからたくさん外に出て遊びたい!もう寝てばっかりの日記からは卒業したい!という事でナナペ会議の無い日はバンバン遊びに行ってます。今日は友達の家に行ったのですが行く途中周りに林やら森やらが生い茂っていたり小さなビニールハウスの中で作物が育ててあったり、のどかで平和な場所でした。都会の喧騒から離れた静かな田舎の土地、いいですね。個人的には渋谷のビル街のような所に行くとすぐに迷ってしまうので田舎の方がずっといいと思っています。迷う迷わないの問題でもないような気がしますが、それは気にしないことにしましょう。



10日
第100話!「第100回記念!第1回タイトル選手権!」

こんばんは!ついに赤田日記は記念すべき第100回目を迎えました!念のために数え直しましたがよく考えたら12月と1月が31日、2月は28日で3月は10日まで来たので31×2+28+10=100で特に数え直す必要が無かったのかもしれません。ともかくついに100回目ですよ100回目!何かテンションが上がってきたので特別な事をしたいと思います。しかし困った事に、完全にノープランなのですよ。さて、一体何をしましょうか。

とりあえず参考に過去の広報Web担当の方々の日記を見てみましょう。果たして先輩方は100回目記念に何をやっていたのでしょうか。・・・あれ、回数がわからない。どうやら日記に回数を付けているのはこの赤田日記が初めてみたいです。確かに最後まで書き終えた時に365回になっていないと何処かで空きがあった事がバレてしまいますからね、わざわざ回数を付ける人もいないわけです。という事で第100回記念に何かをやるというのもこの赤田日記が初めてという事ですね!・・・先輩方の日記を細かく読んだわけではないので同様の企画を行った方が過去にいたら誠に申し訳ありません。

ちなみにこれも赤田日記が初だと思い込んでいたタイトル付けは中川さんの日記でも行っていました。なんという事でしょう!しかし折角毎回毎回無駄に時間をかけてタイトルを考えているのですから、それを活かした事をしたい!という事で第100回目を記念し、「今までの日記のタイトルで最もセンスの良かったタイトル選手権」を行いたいと思います!わーぱちぱちぱちー!自分で考えたタイトルを自分でセンスが良かったなどと褒めるという凄まじく自画自賛な企画ですが、盛り上がってまいりましょう!

今までの日記のタイトル、といっても流石に100個もあるタイトルを全て同時に考慮するのは大変です。12月部門、1月部門、2月+3月部門に分けてそれぞれの部門の最もセンスの良かったタイトル、「ベストセンスタイトル」を発表していきたいと思います。

まずは12月部門!赤田日記が始まった2012年12月、始まったばかりという事もあってタイトルも初々しいながらも気合のこもったタイトルが揃ってい・・・るはずです!
その中でもベストセンスタイトルに選ばれたのは・・・

第12話「幻の13月」!今読み返すと全く意味不明なのが評価されました!

次に1月部門!2013年が始まったばかりという事もあってタイトルも初々しいながらも気合のこもったタイトルが揃ってい・・・ってナレーションが同じじゃないですか!そもそもこのナレーションに何の意味があるんですか!そんな事はどうでもいいので発表に移ります!
1月のベストセンスタイトルは・・・

第47話「単調作業の鬼」!なんとなく響きが素敵なのが評価されました!評価基準テキトー!

そして最後に2月+3月部門!2月は他の月よりも短く、3月は今回含めまだ10日しか経っていないので一つにまとめられた結果他の月よりもだいぶ長くなったこの激戦区!その中でベストセンスタイトルに選ばれたのは・・・

第72話「おひさナナペ」!「おひさ」という言葉が何か面白いという事が評価されました!もはやタイトル関係なし!

以上、タイトル選手権でしたー。わー、ぱちぱちぱち。
色々と意味不明でしたがこれからも赤田日記をよろしくお願いします。第100回と言ってもまだ全体の3分の1すら行ってないですからね、つまりこの意味不明企画もあと2回ある可能性が・・・次はもっとまともな企画を考えたいですね。はい。



9日
第99話「サンキューギビングの日?」

こんばんは。今回は第99回目、ついに次回は記念すべき第100回目です!更に今日は3月9日でサンクスギビングの日ですね!・・・嘘です、サンキューの日でした。ちなみにサンクスギビングとはアメリカで11月にある日で、日本で言う勤労感謝の日のようなものでしょうか。サンクスギビングと言えば七面鳥でして、この日は皆で大きな七面鳥を食べてお祝いするのですよ。残念ながら僕は今日七面鳥を食べることはできませんでした。なぜならここはアメリカではないし、そもそもサンクスギビングの日ですらないからです。何一つ合っていないですね。

今日は新歓のビラのデザイン作業をしていました。前にも書いたように、このようなビラのデザインも広報の仕事なのですよ。日記を書くのだけが広報の仕事というわけではないのです。今回は新歓のビラという事もあって、非常に重要である・・・という事も前にも書いた気がします。ともかくそのビラのデザインがある程度まで終わり、あとは修正したり改善したりしていくのみです。本来は明日の東京大学前期入試の合格発表にビラを間に合わせて合格発表時にビラ配りをすることもあるそうですが今年は間に合いそうになく、申し訳ないです。

サンキューの日のはずなのに謝罪で終わってしまった事を深くお詫びいたします。
ってまた謝罪かい、いい加減にしろ!
どうも、ありがとうございました~。
・・・漫才の定番のこの終わり方も、漫才を最後まで見てくださったお客様への感謝なのですよ。心のこもった「ありがとうございました」をしていきたいところです。



8日
第98話「未来予知できない人」

こんばんは。記念すべき第100回目が刻一刻と近づいて参りました。でも今回はこれといって特別な事はしません。なぜなら今回はまだ第100回目ではないからです。

今日はナナペ会議がありました。今日は事実上ネタの締め切りという事もあって、多くのネタが投稿、改稿されました。果たしてたくさん投稿されたネタからどのネタが選ばれ、皆さんに見せることになるのか。それは僕にはさっぱりわかりません。果たして僕のネタは選ばれるのかどうか。それも僕にはさっぱりわかりません。果たして僕が演じるのはどのネタなのか。当然それも僕にはさっぱりわかりません。

ナナペ会議の後は有吉君と一緒にキャンパスプラザに向かいました。五月祭のおススメ企画の審査に行ったのです。五月祭といえば東京大学本郷キャンパスにて名前の通り五月に開かれる学園祭の事ですが、もちろん東大落研も五月祭に参加し、「五月寄席」と称して皆さんに落語、漫才、コント、ピン芸、大喜利などを見せる事になります。その際、五月祭のパンフレットにおいて「おススメ企画」として紹介される出し物がいくつかあるのですが、そこで東大落研の五月寄席を紹介してもらうために今日審査に行きました。審査では五月寄席の見せどころや東大落研の活動についてなどを聞かれ、あろうことか全て有吉君に答えてもらうという役立たずっぷりを発揮した後、出し物の紹介という事で有吉君とストライクターキーとしての漫才を見せました。

果たして五月寄席がおススメ企画に選ばれるのかどうか。それは僕にはわかりません。



7日
第97話「久々の再会」

こんばんは。三月に入って7日も経ってとても今更な事なのですが、3月は1日の記事が第91回目だったので日数と回数の一桁目が同じですね。つまり3月10日で記念すべき100回目になるという事。100回目だからといって特別な事はしないと思いますが。まぁそれは100回目になってから考えることにしましょう。

今日は高校の時の友達と久しぶりに一緒に遊びました。その人は浪人生でつい最近受験が終わったという事で会うのも結構久しぶりでした。遊ぶ、と言っても街をテキトーにぶらついたり店を見たり食事をしたりとそんな感じにのんびり時間を過ごしました。それでも久しぶりに会うものですから話したい事がたくさんあって時間があっという間に過ぎていきました。幸せな時間というのは早く過ぎるものなので、時間があっという間に過ぎたという事はそれだけ幸せだったという事ですね。

最近はナナペ会議かぼーっと過ごすかと単調な生活を送っていたので外に出て遊べたのは良かったです。春休みはまだまだあるので時間があればもっと友達と遊びたいです。ついでにナナペの宣伝もすればもう言う事無しですね!



6日
第96話「個性ナナペ」

こんばんは。今日はナナペ会議がありました。もう最近は一日おきでナナペ会議があるのでこの日記もナナペ会議の日とぼーっと過ごす日が交互に繰り返されているだけですね。なんというワンパターン、いや、ツーパターンでしょうか。

だけどナナペ会議はそんなに単調ではありません。毎回投稿されているネタが違うので当然毎回違うネタを見せ、違う議論を交わす・・・その議論の後に改稿されたネタを見る時もまた違う議論が展開され、それを繰り返しネタが成長していく・・・といった内容の事は前に書いた気がするのでこの程度にしておきましょう。

あれ、前に書いた・・・という事は・・・単調?いやいや、そんなことは全く無いんです。何しろナナペでは十本以上のネタを皆さんに披露しますからね。そしてそのネタの一つ一つが個性的であるように作られているのです。というより似ているネタはあまり選ばれずバランス良く色々なタイプのネタが採用され、個性豊かなナナペを作り上げているのですよ。赤田日記は単調でもナナペーハーは個性豊かな公演なのです。

赤田日記も単調にならないように頑張ります・・・



5日
第95話「新歓について悩んでみる」

こんばんは。今日は一日ぼーっと過ごしました。落研での活動が無い日はぼーっと過ごすのがいつもの事なので今更驚きません。もし東大落研に入っていなかったら毎日ぼーっと過ごす事になっていたのでしょう。いやー、入ってて良かった東大落研!皆さんも是非東大落研に入りましょう。インカレサークルなので他大学からも入る事ができますよ!

・・・なぜこんなにも必死に宣伝しているかと言うと新歓期が近づいているからです。春ナナペが終わって四月になったらすぐに新歓関連のイベントが続きます。特に新歓オリや新歓ライブは東大落研を宣伝するのにとても大切なチャンスなのですよ。ちなみに新歓オリとは4月の始めに行われる新入生が自由にまわって部活やサークルの説明を自由に受けるというイベントなのですよ。

そしてその際に配るビラを作るのは執行代の広報Web担当、つまり僕なんですね。有吉君にビラを作るよう急かされたりするかもしれませんがいいデザインが中々思い浮かばない。このビラのデザインは新入生にとっての東大落研のイメージを作る物でもあるので非常に大切なのですよ。果たして僕はどんなデザインのビラを作るのか、新入生の方乞うご期待・・・ってほどの事でもないような。



4日
第94話「追い出し寄席と滑舌」

こんばんは。今日は追い出し寄席がありました。今年で卒業される先輩の方々を送り出すための完全に内輪なライブという事で内輪ならではの事が色々と起こりましたよ。

少し前の記事にも書いた通り、我々ストライクターキーは堂々のトップバッターだったのですがここで早速トラブルが生じました。ネタ開始直後に有吉君が諸都合により一旦抜けなくてはならなくなったのです。舞台に取り残されたのは僕一人。どういうわけか(?)場繋ぎで謎の早口言葉コーナーをやる事になったのですが、これが案外ウケてよかったです。

ストライクターキーの漫才の後は泉さん、日野君、そしてまさかの中村さんの落語三連発で、これぞ落語研究会と言ったところでしょうか。中村さんの落語はもはや落語だったかどうかは不明ですがそもそも僕は落語が何かすら良く理解していませんでした。その後は先輩方の大喜利や漫才やピン芸が続き、最後は卒業生の方々による内輪ネタ全開の大喜利で締めとなりました。

追い出し寄席の後は皆で打ち上げをしました。僕は大学から割と遠い実家に住んでいることもあって皆との食事に参加する機会があまりないのですが今日の打ち上げは早く始まったので参加できました。卒業生の方々だけでなく普段は会わないOBの方々とも会話ができて良かったです。



3日
第93話「さんさんひな祭り」

こんばんは。今日は3月3日、ひな祭りです。ひな祭りという事で桜餅を食べました。あとひな祭りと言えば東大落研はひな祭りライブというお笑いライブを行った事があるそうな。普通はこの時期は春ナナペの練習で忙しいのでライブは無いのですが恐らくその年は春ナナペは無く、その代わりにひな祭りライブを行ったのだと思われます。実際に出たわけでも見たわけでもないのでなんとも言えませんが。

ついでに今日は2013年3月3日です。2012年12月12日に比べるとだいぶ珍しさが減りますが、それは相手が強すぎるだけだと思います。次にアイツに勝てるのは2013年13月13日くらいしかないものです。ついでに今日の日記は僕が間違っていなければ第93回目です。3で終わるし3の倍数です。世界のナベアツさんがアホになりまくりです。

明日は追い出し寄席です。そのため、帰りが遅くなって日記の更新が次の日になる可能性を大いに含んでいます。ご了承ください。これが2014年4月4日の記事なら何としてでもその日に更新する可能性があったかもしれないですが、その時期は既に日記の担当が変わっているはずですよね。


2日
第92話「大盛りナナペ」

こんばんは。今日はナナペ会議がありました。今回は普段よりも開始が少し遅く、それに伴って会議時間も普段より少し短かったのですがネタの数がとても多く、忙しいながらも充実した会議でした。実は僕も今日の会議に向けて自分の書いたネタを改稿してきたのでそれを見てもらったりもしました。

今回のナナペは最初はネタの投稿がそこまで多くなかったのですが最近になって一気に増えてきて盛り上がってきました。やはり試験が終わってナナペに全力を出せる方が増えたからでしょうか。それとも春が近づいてきてなんとなくやる気が出た方が増えたのかもしれません。たくさんのネタが投稿されると会議も楽しくなるのでとても嬉しいことです。しかし本番で演じることのできるネタの数は当然限られているのでネタの数が多ければ多いほど競争率も高くなります。恐ろしい競争社会です。

会議の後は有吉君とストライクターキーとして追い出し寄席のネタの練習をしました。ひょっとしたらこの日記で追い出し寄席について話題にしたことがなかったかもしれないので説明しておきます。追い出し寄席とは、3月に卒業生やOBの方に向けて行われる落研の内輪のライブの事です。なので、一般公開ではありません。ご了承ください。そしてそのライブで我々ストライクターキーは堂々のトップバッターに抜擢?されました。最初という事もあって緊張が高まりますが緊張に負けないよう頑張ります。内輪ライブだって人前でネタをやる貴重な経験の一つですので全力でやっていきたいですね。



1日
第91話「月初め散髪」

こんばんは。今日から三月ですね。三月という事でページも変わり、気分も一新して日記を書いていきたいところですね。話数はちゃんと確認したのでズレてはいないはず・・・2月28日の記事が第90回目だったので第91回目で合っているはずです。もし間違っていたらそれはそれは大変な事になりますが多分合っているので大丈夫です。

今日は床屋さんに行きました。散髪屋、と言った方がいいのでしょうか。もしくは理髪店でしょうか。美容院という言う方もいるかもしれませんがそれはちょっと違う店のような気もします。更にはヘアサロンとか。色んな呼び方があってややこしいですね。でも床屋さんという響きが好きなのでそちらにさせてもらいます。

最近髪が伸びてきて特に前髪がうっとおしかったので床屋さんに行って良かったです。あと僕は眉毛がやたら太くて少し悩んでいるので毎回床屋さんに細くしてもらっているのですがすぐに太くなるので困ったものです。ただ落研的には眉毛が太い方が個性があっていいのかもしれません。悩みどころですね。

|

« そ~しゃる大喜利決勝戦 | トップページ | 平成25年度新歓ライブ »