« 平成25年度落研杯(落研天王山) | トップページ | 平成25年度七夕寄席 »

赤田日記2013年7月

31日
第243話「夏合宿イブ」

こんばんは。今日は7月最後の日です。そして最初にお知らせがあります。
明日は間違いなく日記を更新できません。
なぜなら明日から落研の夏合宿があるからです!

明日明後日と落研では夏合宿があるのですよ。千葉県の南房総に行って合宿をするそうです。落研の合宿と言うと何をするのでしょうか。ネタの練習?演技の練習?それともツッコミの素振り1000回?もしくは運動部の夏合宿のように砂浜マラソン10km、遠泳5kmをした後に腕立て1000回腹筋1000回という恐怖の合宿メニューをこなす事になるのでしょうか・・・

僕は去年にも夏合宿に行ったのでわかるのですが、そんな事はしません!
落研の夏合宿でする事、それは「海で遊ぶ」です!皆で海に行って遊ぶのですよ!
もちろん、それだけではありません・・・「花火で遊ぶ」もありますよ!

そんなわけで落研の夏合宿は皆で夏を満喫するという内容なのですよ。合宿というよりは遠足ムードですね!ちょっと不安なのが明日の夕方以降雨が降る可能性があるという事なのですが、天気予報が外れてくれることを祈るしかありませんね。



30日
第242話「ぶろぐ」

こんばんは。今日は第4回目のナナペ会議がありました。本当に第4回目だったかどうかよくわかりませんが、前回の記事には第3回目と書いてあったので多分第4回目なのでしょう。ナナペーハーには公式の「ついったー」があり、それを見れば会議の度に「ついーと」があるので何回目の会議だったかも一発でわかります。最新のナナペーハー情報が知りたい方は是非「ふぉろー」しましょう。

ちなみに僕は「ついったー」というものはやっていないのであまり詳しくありません。なにせ「ついったー」を始めるためには「さいんいん」して「あかうんと」を作る必要がありますからね。そして「あかうんと」を作るためには「めーるあどれす」が必要なのです。長い道のりですね。しかし「ついったー」を始めれば「ついーと」をしたり他人の「ついーと」に「りぷらい」したり「ふぁぼ」ったりする事ができるそうです。「りむーぶ」もできるそうです。東大落研には「ついったー」をやっている人が結構多いそうなので、その辺の用語はよく聞きます。

ちなみに東大落研にも公式の「ついったーあかうんと」があります。東大落研の情報が知りたい方はこちらも「ふぉろー」するといいでしょう。

・・・今日のナナペ会議について書こうと思っていたのにただの宣伝で終わってしまいました。まぁ、こんな日もあるでしょう。



29日
第241話「早い」

こんばんは。今日も特に何も無かったので一日のんびりしていました。明日はナナペ会議です。・・・もうですか!?

前回のナナペ会議は一昨日でしたよね。そして次のナナペ会議は明日なので昨日、今日と二日の空きがあったわけです。しかし空いている二日で何をしたのかと言いますとほっとんど何もしていません。二日あったはずなのに一日しか経っていないかのように感じます。

二日の休み、と言いますと普段大学に行く日において土日の休みがそれに相当しますよね。金曜日、家に帰ってきて一週間頑張った、これで二日間休みだ・・・そうワクワクしながら週末に突入し、土曜日曜とエンジョイして(必ずしもエンジョイできるとは限りませんが)月曜日に備えるわけですよ。二日間休んでまた五日間頑張ろうとやる気を高めるのですよ。二日間の休みとはそれくらい有意義なものであり、それくらい有意義であるべきものなのです。

しかし夏休みの二日間と言うと話は違ってくるのかもしれません。そもそも週五日は大学に行っている中での二日間の休みとほぼ毎日休んでいる中での二日間の休みとでは二日間の休みの価値がまるで違いますからね。
早く感じるのは仕方ないのですが、なるべく有意義な一日を過ごしたいですね!



28日
第240話「放棄日記」

こんばんは。今日は特に何も無い一日でしたので昼寝したり遊んだりしていました。典型的なグータラデーですね。

今年の夏休みはこのような日が多くなりそうです。と言いますと、去年の夏休みでは9月に試験があったので(理系の人は一年の時はどういうわけか理系科目の試験が9月にあるのですよ。7月の後半に試験が終わり夏休みが始まって、9月という中途半端なタイミングに再び試験が挟まれる・・・まるで嫌がらせのようですね!7月に全ての試験が同時に行われるより夏休み中勉強できるので楽という考えもありますが、僕は夏休み中勉強したくないのでこの制度は嫌です!)・・・

・・・はい、またカッコ書きの中が異様に長くなるパターンですね。ともかく去年は9月にも試験があったので夏休み中勉強する必要があったのですよ。そして一昨年は(「一昨年」は「おととし」と読みます。ついでに「おととい」は「一昨日」ですね。「一昨日」の対義語とも言える言葉は「明後日」であり、「一明日」ではありません。ついでに「明後日」の次の日は「明々後日(しあさって)」ですが、「しおととい」や「しおととし」などという言葉は無いようです。)

・・・またカッコ書きが長くなった上に特に大切な話でも無いので今日はここまで!流石にこんなものは日記とは言いがたいので明日は日記と言えるものを書けるように少しは充実した一日を送りたいですね!おわり!



27日
第239話「コメント力」

こんばんは。今日は第3回ナナペ会議がありました。多分、第3回・・・だと思います。最初の会議は第0回、次の会議が第1回、その次は第2回ですが僕はここを休んで今回が第3回!ここまで確認したので多分合っているのでしょう!

今日のナナペ会議ではいつも通り、ネットにあげられた台本のネタを見て、それについて面白かった所や修正すべき所をコメントしました。ネタを見てコメントする、と単純に言っても実際にそれをやるとなると結構大変です。テレビでお笑い番組を見て、お笑い芸人がコントをやっていて、それに対してコメントしろ・・・と言われてもそうすぐには思い浮かびませんよね。「面白かった」「微妙だった」こういった曖昧なコメントにしかならなそうです。

しかしナナペ会議でのコメントは違います。皆印刷してある台本を持っているので、「ここのセリフは前後の整合性が取れていなかった」や「このツッコミをするタイミングが違う」といった台詞単位での細かいコメントをする事ができるのですよ。こういったコメントを受けて台詞単位で修正し、ネタをより面白いものとしていく・・・これが会議の流れなのですね。

僕は他の方のネタにコメントするのが得意でないので、つい「面白かった」「僕にはちょっと理解できなかった」こういった個人の感想のようなコメントをしてしまいますが、それでも僕がそのネタを見てそう思った事は間違いないのですから全く無意味というわけではないと思うのですよ。



26日
第238話「赤田グータラ日記」

こんばんは。ついに今日から待ちに待った夏休みです!ついに今日から待ちに待ったグータラ・ライフ!そしてついに今日から待ちに待ったグータラ赤田日記が始まるのですよ!今回はその記念すべきグータラ赤田日記の第一回ですよ!

といっても今日はそこまでグータラしていませんでした。何せ今日は久しぶりに姉と遊びに行ったのですから!いつも長期休暇になると僕も姉も暇なのでたまに一緒にそこら辺で遊びに行くのですよ。遊ぶ、といってもカラオケに行ったりゲーセンに行かなかったりするくらいですけどね。特にたいしたことはせず、帰りにミスタードーナツ略してミスドのドーナッツを買って帰ってきました。やっぱりミスドのドーナッツは美味しいですね!

・・・結局はグータラ日記になりましたが気にしないでいきましょう。夏休み開始早々長々と記事を書くと今後ネタギレになりそうなので今日はここまで!明日はナナペ会議ですので明日もグータラ日記ではありません!断言します!



25日
第237話「最後かつ最強の敵」

こんばんは。今日はついに最後の試験、物性化学です。この試験さえ終われば待ちに待った夏休み!もう試験勉強のことなど気にせずに思い切って遊べる楽しい楽しい夏休みが来るのですよ!しかしその最後の試験がとてつもない強敵なのです。何せこれは必修科目ですからね!3学期は必修科目が非常に少なく、英語と実験とこの物性化学しか無かったのですが英語の試験はそこまで大変ではなく、実験は試験すら無かったのでこの物性化学こそが今学期最強の必修科目だったのですよ!

しかしこの物性化学の試験は大きなハンデを与えてくれました。自らの強さに自信があるからこそ相手にハンデを与える、最強の必修科目なだけあって漢気溢れる試験ですね!
そしてそのハンデとは、そう、A5判のメモを持ち込んでいいのです!早い話、カンペですよカンペ!そんなわけで僕は前日にA5判のメモ用紙に書けるだけの情報を書き込んだのですよ。

そして肝心の試験はと言いますと・・・運よくカンペに書き込んだ内容が一部出てくれたのは良かったのですが、それ以外の問題がとことん難しくてさっぱりでした!流石は最強の必修科目ですね!結果はわかりませんがとにかく試験が終わった事に喜びを覚えた、そんな僕なのでした。



24日
第236話「試験日記」

こんばんは。今日は数理科学IIと人間行動基礎論の試験がありました。ここ最近期末試験関連の記事が続いておりますが、それも明日で最後です。そう、この期末試験もついに明日で終わり!明後日から待ちに待った夏休みです!ナナペ会議がある日はともかく、それ以外の日はとことん堕落した毎日を送りそうで今から楽しみですね!果たして夏休みの赤田日記はどんなものになってしまうのか!

・・・と明後日以降の事を考える前にまずは今日の事を書きましょう。今日の事を書くのが日記ですからね!数理科学IIは昨日書いた通りほとんど勉強していなかったので正直どうしようもありませんでした!ちゃんと勉強したところで解けるかどうかは怪しい、そんな難しい問題が4問だけ問題用紙に並んでいました。まさに少数精鋭!中学や高校の頃の試験は最初の方に小問集合があったりしてそこで確実に点を稼げるのですが、大学の試験にそんなものがあるとは限らなかった!恐ろしいですね。

そして人間行動基礎論の試験は記述、記述、そして記述!試験時間は他より短く60分間なのですが、その60分間みっちり書かせる試験でした。形式としてはこちらの方が部分点で稼ぎやすくて少数精鋭よりもやりやすいのですが、難点として「手が疲れる」と言うのがありますね!日頃からノートを取って手を動かしていないとこういうところで苦労をする、それを思い知ったのでした。



23日
第235話「哀しき決断」

こんばんは。今日は一日お休みでした。明日は試験が二つもあるのでそれに備えたいところ・・・だったのですが・・・。

ここで僕は「履修の手引き」、そしてUtaskWebで自分の成績表を見ました。履修の手引きには取得すべき単位数が、成績表には自分の今まで取った華々しい単位達が書いてあります。当然ながら取得すべき単位数から自分の取った単位数を引いた数がまだ足りない単位数、つまりこれから取るべき単位数です。そして8-6+8という複雑な計算をした結果、今学期で総合科目の単位を一つ落としても取得すべき単位数に足りる事がわかりました。

明日の試験の話に戻ります。明日の試験は「人間行動基礎論」と「数理科学II」。どちらも総合科目です。ついでに明後日の試験は「物性化学」。これは必修科目なので絶対に取らないといけません。そしてここである大胆な仮定をします。そう、今までレポートを提出した科目、そして試験を受けた科目は全て単位を取得できたと考えるのです!そうすると明日の総合科目二つのどちらかは単位を落としても、つまり捨てても大丈夫なのです。

明日の科目をどちらか捨て、明後日の必修科目である物性化学の単位を確実に取るようにする・・・これが僕の決断です。そして明日捨てる事にした科目は・・・

「数理科学II」

・・・毎週レポートを提出し、マセマを買って中間試験にも果敢に臨んだこの科目を、僕は捨てる事にしました。正直言って勿体ないとは思います。しかし、僕はこの道を選びました。もちろん捨てると言っても試験は受けますよ。流石に試験撤退はしません!捨てながらも無謀に立ち向かう、それが僕のポリシーです!



22日
第234話「赤田 対 記号論理」

こんばんは。今日は記号論理の試験がありました。昨日書いた通り持込可な試験だったので一応授業プリントを持って行きました。これで全く勉強していない「ぺあのさんじゅつ」や「じゅんじょしゅうごうろん」の問題が出てもこのプリントを読めば問題無し!

そう思っていたのですが、僕の予想は裏切られました。良い方向に!
ペアノ算術や順序集合論といったよくわからないものを取り扱った問題は出たのですが、問題文にも解説が書いてあり、それらの知識が無くとも気合で解ける問題でした。持ち込んだプリントは用無し・・・かと思いきやそうでも無く、今回の試験では計算用紙が配布されなかったので計算用紙として活躍してくれました。ありがとうプリント達よ!

この試験は基本的な知識だけで解ける問題が多くて助かりました。知識はそこまで無くとも大丈夫、ただその知識を使っていかに問題を解くか・・・それが重視された試験でした。また、問題の難易度は初っ端からかなり高いのですが、なんと各問題にヒントが書いてあるという親切設計なのでそれを頼れば割となんとかなったと思います。なんとかなったのなら結果オーライです!

さて、明日は一日お休みで明後日明々後日と試験が続きます。特に明後日は一日に二科目ある山場となっています。試験終了まであと三日間、最後まで頑張りますよ!



21日
第233話「『持込可』」

こんばんは。今日は明日の記号論理学の試験に備えてひたすら記号論理学の勉強をしていました。「ひたすら記号論理学の勉強をしていた」と書くと一日中勉強していたみたいですね。でも実際は違います。少し勉強をして、その勉強をしていた時間の中でひたすら記号論理学の勉強をしていた、という事です。つまり記号論理学しか勉強しなかった、という事ですね。多分、見栄を張ったんだと思います。

どうやら明日の試験は「持込可」らしいです。それならなんでもやりたい放題ですね!紙に公式を書きこんでおけば公式を覚える必要も無し!もしかしたら過去問と全く同じ問題が出てくるかも!ついでに頭のいいお友達を持ち込む、というか連れ込めば何でも答えてもらえます!これで百点間違いなし!

・・・当然そんなはずは無く、持ち込める物は制限されている、と思います。多分授業で配布されたプリントのみ。でも恐らく予めそこに書き込んでおくのはオッケーなので、古典的なカンニングが通用・・・はしないとは思います。さっきから「思います」「多分」「恐らく」といった不確定な言葉が多いですが、実際この辺はわからないのでどうしようもありません。間違いなく言えるのは、頭のいいお友達を連れ込むのはダメだと思います。そんな事をしたら記号論理学どころか今学期の全ての科目の点数が0点になってしまいますので皆さんご注意を!



20日
第232話「遠くの運動場」

こんばんは。今日はナナペ会議があったのですが、試験勉強をするために休ませていただきました。来週の試験科目、特に数理科学IIと物性化学が思ったよりも大変そうだったの会議を休んで勉強することにしました。休んで実際に勉強ができたのかと言いますと・・・少しはやりましたよ!物性化学のシュレーディンガー方程式なるものを学びました。基本中の基本で試験に出るかどうかすら怪しいですが、基本の積み重ねが大切なのですよ。

勉強のためだけにナナペ会議に休んでもいいのかと思われる方もいるかもしれませんが、ナナペーハーは全ての会議に出席することができなくても問題無いのですよ。準備期間前半の会議でやる事といったらネットにアップされた台本のネタを演じて、それに対しコメントをする事がメインです。というわけで会議を休んだ場合は余裕があればネットにアップされている台本を読み、ネタの内容を把握しておくと今後の会議に役に立つかもしれません。

そして会議ではネタに対してコメントをする以外にも演技について触れる事があります。本格的な演技練習が始まるのは準備期間後半以降ですが、アップされたネタを演じる段階で少しは演技を意識することになりますからね。そんなわけで会議を休んだ場合は余裕があれば・・・自分なりに演技の練習をしましょう!家で!一人で!



19日
第231話「記録の喜び」

こんばんは。今日は一日中家にいて遊んだり寝たり勉強したりしました。そんないつもの休日でした。

本当にこれくらいしか書くことが無いのでこの1行、もしくは2行(ブラウザによって違いますよね)で終わらせて赤田日記最短記録を更新させてもいいのですが、多分今までの最短記録が10行くらいで(当然数えたことなど無いのでどの記事が最短だったか、その最短が何行だったかなど知りません)突然それが2行に更新されるのは趣が無いと思うのでやめておきます。

記録とは少しずつ更新するものなのです。10行が9行に、9行が8行に、8行が7行半に・・・!7行半という大記録を叩きだしたら10行や9行などもはや最短でも何でもないのですが、初めて10行を出した時にはこれが最短記録だ、と喜んでいたのは間違いありません。記録の数だけ喜びがあります。その喜びは、例えその記録が塗り替えられても思い出として残り続けるでしょう。

たまには初心に戻って初めて10行というキリのいい行数で日記を終わらせた喜びを振り返ってみるといいでしょう。最初は無理だと思っていたのに、僕はあの時初めて10行の日記を書くことができたのだ、と。その時の喜びが今の僕を支えているのだ、と・・・

もはや意味不明なので今日はここまで。



18日
第230話「統計とはなんぞや」

こんばんは。今日は基礎統計の試験がありました。基礎統計とは、統計学を扱う科目であり、統計学とは・・・様々なデータを扱う学問、といえばいいのでしょうか。正直僕もここ数日で詰め込んだだけなので統計学のなんたるかまではさっぱりわかりません!

センター数学IIBの大問5辺りにあったヤツ、といえば伝わりますかね。確かセンター数学IIBは大問1から6まであるのですが、そのうち大問1と2は必ず解かないといけないのに対して残りは大問3から6の中から自由に2つ選べるのですよ。しかし普通は教育課程の関係で大問3と4を解くことになっています。大問5で扱われている統計学と大問6で扱われているプログラミング(でしたっけ?)は授業では習わないのですから。たまーに大問3のベクトルがさっぱりわからずに大問5の統計に挑戦してみた結果、そこそこの点数が取れたという報告もありますが・・・あれ、何の話でしたっけ。

そんな基礎統計の試験ですが、やはり数日で丸暗記するだけではどうにもなりませんね!なんとか単位は貰えるとは思うのですが、それもわかりません。とはいえ今更そのことを考えてもどうにもならないので来週の科目に向けて勉強していこうと思います。



17日
第229話「決戦前夜の計画立て」

こんばんは。ついに明日から夏学期期末試験です。明日の科目は基礎統計。授業はさっぱりでしたが教科書を読んで大体なんとかなるような、ならないような気がします。本当にここ数日間で範囲分の教科書を読み、暗記事項をまとめて覚えるだけといういつもの丸暗記戦法です。既にこの戦法は何度か失敗していますが今回はなんとか・・・せめて単位だけでも・・・!

僕の今週の試験はこの科目だけで、残りの4科目の試験は全て来週となります。来週の月曜日から次の科目、記号論理の試験があるので明日の試験が終わった後、金曜土曜日曜と三日間は猶予がある事になります。もし明日の基礎統計がここ数日の勉強だけでなんとかなったのなら記号論理も数日の勉強だけで何とかなるでしょう!そして月曜日の記号論理の試験の後は水曜日に2科目、そして木曜日に最後の1科目・・・あれ、これ間に合うんでしょうかね。

当然明日の試験もうまく行くように頑張りますがそこで燃え尽きずに来週の4科目をなんとかするために計画的に勉強する必要がありますね。特に物性化学と数理科学II!この二つは少しの勉強で何とかなるものでは無いとわかっているのでかなり頑張らないと単位が危ういです!



16日
第228話「正真正銘ラスト実験」

こんばんは。三連休が明けて今日も大学に行きました。三連休が明けて今日も授業がありました。三連休が明けて今日も化学実験がありました。・・・最初の二つは至って普通なのですが最後だけ違和感がありますね。化学実験は金曜日だったはずではないのか、と。しかし今日は火曜日なのに何故か実験があったのですよ。僕は特に補講が無いのでこれが正真正銘・夏学期最後の授業です。そしてなんと!これが正真正銘・夏学期最後の化学実験なのですよ!
はい、当たり前ですね。

今日の実験ではニトロ化、というものをやりました。高校の有機化学で習った気がしますが当然の如く忘れています。忘れているのなら仕方ない、ただ教科書に書いてある実験操作を何も考えずに行うのみです!途中で黄色い物質が指について指が黄色く染まるという悲劇があったりもしましたが、割と早めに実験を終える事ができました。毎週の実験によって僕も少しは実験操作が上手になったのではないかと思っています。大雑把なのは相変わらずですが。

しかしこれで終わりというわけではありません。遠足は帰るまでが遠足、化学実験はプリント提出までが化学実験なのです!いつもは次の週の実験の時に前の週の実験プリントを提出すれば良かったのですがもう次の実験は無いのでプリントは自分で提出しに行く必要があります。果たして僕は試験期間中に実験プリントを忘れずに提出することができるのでしょうか!?

・・・と日記に書いておけば忘れる危険性が少しは減るのではないかと思って書きました。ここはお前のメモ帳かっ!



15日
第227話「海の日ミステリー」

こんばんは。今日は海の日で一日お休みでした。休日は大変ありがたいのですが、「海の日」という名前に疑問を覚えた方はいらっしゃらないでしょうか。海の日だから皆で海に行こう、そんな日なのかもしれませんが僕は今日一日家に引きこもって遊んだり試験勉強をしたりしていました。海に行かなかったどころか、外に一歩も出ませんでした。海の日なのに・・・

海の日、と言いますと海開きの日なのでしょうか。しかし海開きはもっと前だった気がします。ついでにニュースでたまに海開きについて報道していますが地域によって様々ですよね。沖縄ですと東京だと考えられないような時期に海開きをしているそうです。ひょっとしたら北海道の海開きは海の日にあるのかもしれません。でも何も調べていないので根拠は特にありません。テキトーです。

今の世の中は便利なものでして、こんな時ヤフーやグーグルで「海の日」とでも検索してしまえば海の日の名前の由来がすぐに出てくるのでしょう。しかしなんでもかんでもネットで調べると何か負けた気分がしますよね。確かに海の日の名前の由来なんて考えてもわかるものでは無いのですが、考えてみる事が大切なのですよ。多分。

・・・ついでにもし今「海の日」で検索して海開きの日である、などと書いてあったらそれこそ負けた気分になりますので調べません。無知の勝利です!



14日
第226話「衝撃の真実」

こんばんは。今日は朝起きて遊んで昼寝して昼ご飯を食べて昼寝して昼寝して昼寝して昼寝して夜ご飯を食べて多分これから寝るであろう素晴らしい一日でした。今日は日曜日ですし、何より明日は海の日でお休みなのでこうやってまったり過ごすのもいいと思うのですよ。試験さえなければ・・・

そう、散々日記にも書いている通りこれから試験が始まるのです。僕も決してそれを忘れていたわけでは無かった・・・!しかし遊びたい時は遊び、寝たい時は寝るという、猫並みのマイペースさが原因でこのような一日を過ごしてしまったというわけですよ。仕方ないですね。いや、仕方なくないか。流石にこのまま一日を終えるのはあまりにも酷いと思うので、これからレポートをやろうと思います。そう、レポートを。

レポートなら先週辺りに全て終わったはずではないか、そう思われる方もいるかもしれません。しかし、終わっていなかったのです。すると先週辺りに書いた「今学期のレポートは全て終わった」という内容の記事は嘘だったのか、そう思われる方もいるかもしれません。いえ、僕はあの時嘘は書いていませんでした。一体どういう事なのでしょうか。この謎を解き明かす、ただ一つの真実!それは!

先週半ばに新たなレポート課題が出た

・・・まさか授業の最後にレポート課題が出るとは思っていませんでしたよ。幸いそこまで大変なものでは無いので、これからちゃちゃっと終わらせちゃいたいと思います。



13日
第225話「始まりの運動場」

こんばんは。今日はナナペ会議がありました。前回は第0回という事だったので、今回が第1回目という事になります。さて、今回のナナペ会議では非常に重要な事が決まりました。そう、ナナペの公演名が決まったのですよ。前回第24回目のナナペの公演名は「Q&A」でした。そして今回、第25回目のナナペの公演名は!

運動場

に決定いたしました!つまりフルネーム(?)で言いますと「コント集団ナナペーハー第25回公演・運動場」という事になりますね!今回の公演名は大喜利形式で皆で考えたのですが、結局は座長の片山さんが考えた公演名に決定しました。なぜ運動場なのかと言いますと、片山さんによると「運動場という概念が面白いから」との事です。

確かに面白いですよね、運動場。空間的にはただの広くて何も無い空間なんですよ。あえて特徴を挙げるなら地面が土やら砂利やらで覆われている、くらいでしょうか。そしてその何も無いだだっ広い空間に与えられた役割、それが運動場だと思うのですよ。しかしその役割も非常に曖昧です。例えば会議場は会議をするための場所ですし、ボウリング場はボウリングをするための場所です。これらは明確ですね。しかし運動場、と言いますと・・・運動をするための場所なのですよ。運動をするための場所、て。運動なんて運動場以外でもできるのに運動場て!

確かに面白いですね、運動場!この面白さに気付いた片山さんは素敵だと思います。そしてその素敵な片山さんが座長を務める第25回目のナナペ、運動場の公演日は10月12日、そして13日です!皆さん是非見に来て下さいね!



12日
第224話「一応笑ってはいけない」

こんばんは。今日は毎週恒例、実験と部会の日・・・なのですが、その前に。本日部員紹介のページを更新いたしました。遅くなって申し訳ありません。そしてまだ未完成ですので、なるべく早めに平成二十五年度入部の方の紹介を全て載せられるように頑張ります。今年も個性溢れる方々がたくさん入ったので皆さん是非読んでみてくださいね!

さて、本日の実験ですが、内容的には溶液や固体を混ぜる良くある実験であり、待ち時間がやたら長かった以外は特筆すべき点も無く、特別早く終わったわけでも、遅く終わったわけでもないので今週はこれについては書かない事とします。と言っておいて結構長く書いた気もしますが。

そして今日の部会では、最初の二時間ほどは皆で集まって自由に話すいつもの部会だったのですが、途中で先輩の千葉さんの意見により「笑ってはいけない部会」という企画?が始まりました。内容としては毎年年末にやっているガキの使いのパロディ・・・というわけでもなく、部会にいた部員全員が2チームに分かれて片方のチームが笑いを仕掛ける側、もう片方のチームがそれを見る側となり、笑わないように努力する、といったものでした。

僕は最初に仕掛ける側のチームにいたのですが、これといったネタが思い浮かばず、そこら辺にあった物を使って即興の出オチネタを出す事に。それに対し次に仕掛けたチームはストーリーが割と出来上がっていて結構しっかりとしていて面白かったです。次に同様の企画があれば今度はしっかり考えたいところ・・・なのですが、このような企画は一度きりだからこその良さがあるのかもしれませんね。



11日
第223話「夏が来た」

こんばんは。今日は昨日書いた通り一日お休みでした。最初の試験日まであと1週間となった今日、本格的な勉強を始めないといけないのはわかっていたのですが・・・いやー、それにしても今日も暑かったですね!これほど暑いと早くもクーラーをつけないとやっていられませんね。まだ夏本番からは程遠いですが、それでも暑いものは暑いのですよ。

暑いと言ったら、皆さん熱中症には気を付けて下さいね!外で運動をする人はもちろん、外に出ない人も運動をしない人もこまめな水分補給が大切ですよ。暑いと思ったらちゃんとクーラーをつけましょう。もちろんつけすぎると良くないのですがつけないと室内は暑すぎますからね!大丈夫だと思っている人が熱中症で倒れてしまうものなのですよ。僕は大丈夫ですが。

・・・試験勉強ですか?こちらは大丈夫ではないです!



10日
第222話「夏が来る」

こんばんは。今回は記念すべき第222回目です。第200回目と比べたらめでたさがだいぶ減りますが、それでも一度しか訪れない回なのですから充分記念に値しますよね。その考えでいくと毎回毎回記念すべき回という事になりますが。

今日で夏学期の授業が大体終わりました。大体、というのはまだ今週の金曜日と来週の火曜日に化学実験があるからなのですよ。でも化学実験は演習であって授業ではない!そう考えると今日が最後の授業日だったのですね。明日はどういうわけかお休みで明後日が実験の後、今学期最後の部会という事でしょうか。

来週の火曜日の化学実験で本当に最後の授業を終えたら、次はその週の木曜日から試験が始まり、来週再来週にかけて5科目の試験を受けたら待ちに待った夏休みです!いやー、ここまで長かったですね!今年も夏休みはナナペ漬けになりそうですが、せっかくの夏休みですのでたくさん遊ぼうと思いますよ!夏休み楽しみ!

・・・とその前に試験がありますね。明日から本気出す。



9日
第221話「試験の時間割を調べる裏ワザ!」

こんばんは。試験が徐々に近づいてきましたが、今日も赤田日記は平常運行です。今日やった試験勉強と言えば・・・試験日程を調べました!18日の木曜日に最初の試験があるという事は知っていたのですが、それ以外の情報はなーんにも知らなかったのですよ。そんなわけで今日それを調べたという事です!

試験日程を調べるためには試験時間割を全部見てその中から自分の取っている科目を探さないといけない・・・と思われる方もいるかもしれませんが、今の世の中は便利なものでして、そんな面倒な作業をする必要はないのですよ。

東大生用のウェブサーバー、Utask-Webにログインして「学期末試験情報確認」なる文字をクリックすると自動的に自分の受ける必要のある試験の時間割が表示されるのです。時間割だけでなくどの教室で試験が行われるのかも表示されますよ。便利ですね!というわけでまだ試験日程を確認していない東大生の皆さんはこの方法で確認しましょう!大丈夫、まだ間に合いますよ!

・・・ホントに今更こんなことをやっていて間に合うのかどうかは、知りません。



8日
第220話「突然の試験」

こんばんは。ついに3学期も終わりが近づいてきました。ほとんどの授業は今週が最後でして、残すは試験のみとなります。ちなみに今週の木曜日はなぜかお休みなので木曜日の授業は先週が最後でした。また、金曜日の化学実験はどういうわけか来週の火曜日にもう一度あるというよくわからない事態となっております。

試験も近づいてきましたね・・・と思っていたら、なんと今日英語の試験がありました。英語の中でも英語二列(C)という科目でして、この科目は何人かいる教授の中から好きな教授の授業を受ける事ができます。僕が受けていた授業は外国人の教授の授業でして、授業ではプリントに書かれた英文を読んで問題を解いたり、リスニングをしたり英語のニュースなどを観たりしました。毎週小テストがあるので人によっては大変だと思うかもしれませんが、個人的には楽しかったと思います。

しかしそのテストが今日あるとは思ってもいませんでした。試験勉強なんて全くしていません!・・・ですが、大丈夫です。なぜならこの科目の試験は初見問題なのですから!そもそも試験勉強なんてする必要無かったのですよ。初めてのリスニング問題を解いて、筆記問題を解いてそれでおしまい!筆記問題は少し難しかったですが多分なんとかなりました。でも試験日くらいはちゃんと確認すべきでしたよね。



7日
第219話「無計画リポーターの顛末」

こんばんは。今日は7月7日、七夕の日ですね。皆さんは短冊にどんな願い事を書きますか?書きましたか、ではなく書きますか、なあたり僕は何も書いていないのが伺えますね。僕が書くとしたら・・・「単位が欲しい」
これしかないですね!ついでにクリスマスにも同じ事をサンタさんに頼むと思います。

しかし願ってばかりでは何も変わりません、願いをかなえるためには自分で行動をする必要があります!という事で今日は現代技術:環境とエネルギーという科目のレポート課題を2つも終わらせました。前に書いた課題を4つ選んで提出する科目ですね。ちなみに昨日ナナペ会議の後に2つやったのでこの科目のレポート課題はもうおしまい!もう一つの科目のレポートは全て終わったのでこれで今学期のレポート課題、8つが全て終了いたしました!

結局最初の方に終わらせるという計画はうまく行かなかったわけですが、試験「直前」に急いで終わらせるような事がなくて本当に良かったです。

・・・あれ、試験直前って一週間前からですよね?既に二週間前を切っているわけですがまだ直前ではありませんよね?大丈夫ですよね?そう考えてしまうダメ学生なのでした。



6日
第218話「ナナペ日記第0話」

こんばんは。今日は第25回ナナペーハー会議がありました。今回は会議というよりは説明会でして、扱いとしては「第0回」会議でした。第25回目のナナペーハーに対して第200回目を突破した赤田日記は誇り高いですが、第0回を経験しておらず妙に負けた気分がします。

ナナペーハーについて詳しく説明しますと・・・長くなるのでここでは説明しません!1月の記事から春ナナペの事がこれでもかというくらいに書かれていますのでそちらをご覧になってください!そう考えるともうあれから半年が経つのですね。ナナペ本番は3月末なのでそこから数えると4か月程度なのですが。ナナペの準備にかける時間がいかに長いかがよくわかります。

今回の会議、というよりは説明会ではナナペーハーの概要の説明や係決め、今後の会議の日程などが決められました。ナナペーハーの公演タイトルはまだ決まっておらず、それは次の会議あたりで決まるそうです。正直僕は第25回ナナペーハーに参加するかどうかかなり迷っていたのですが参加することに決めました!またナナペ日記が始まると思いますが、これからもよろしくお願いします。



5日
第217話「たーなーばーたーさーらさらー」

こんばんは。今日は七夕寄席でした!7月5日でまだ七夕では無いのに七夕寄席、というしょうもない突っ込みどころがありますが気にせずに行きましょう!今回は昨日書いた通りキャンパスプラザ(キャンプラ)でのライブとなりましたが内容はコミュニケーションプラザ(コミプラ)でのライブと同じ。色んなコンビやピンの方が出てきて漫才やコント、ピン芸をやるというシンプルな内容です!もちろん落語もありますよ、落語研究会ですからね!

・・・とその前に金曜日なのでいつも通り化学実験がありました。先週は未知試料分析という難関をサクサク乗り越えたので今週は楽勝なはず!という根拠のない自信に満ち溢れながら臨んだ今週の実験。
・・・しかし手順がとても多く待ち時間も長く、予想をはるかに上回った時間がかかり終わったのはなんと本来の終了時間の4時20分を40分も過ぎた午後5時でした!なんということでしょう!

本来は4時20分に授業が終了した後、部室に向かって部室の荷物をキャンプラに移動するという作業があるのですが、今回は既に時間オーバーという事で直接キャンプラに向かいました。実験が長引いたので仕方ないですね!そして今回は七夕寄席では出番が特に無かったのでまったりとした気分で準備を進めることに・・・

と思いきや、今回は有吉君と前説としての役目があるのでした。「前説」というのはライブが始まって最初に出てきて、ライブの注意事項を説明する人達の事ですよ。前説は今までやったことが無かったので結構緊張しました。ついでに照明の仕事もやる事に。照明といってもタイミングに合わせて明かりをONOFFするだけなのでそこまで大変ではありません。更に後ろからとはいえ皆さんのネタが全て見られるというお得な仕事なのですよ!

そんなわけで七夕寄席が無事に終了しました。今回は場所がキャンパスプラザとちょっとわかりにくかったのですがお客さんがかなり多く来て下さって嬉しかったです。見に来て下さった皆さん、本当にありがとうございました!



4日
第216話「大学迷子ちゃん」

こんばんは。ついに明日は七夕寄席の日です。場所がキャンパスプラザA棟と少しわかりにくいですが、東大駒場キャンパスの正門を入って右の所に置いてある立て看板に地図が載っているのでそれを参考にしてください。

ちなみにあの地図は僕の手作りですよ!というのも落研杯の時に立て看板に駒場小空間への地図を載せようとしたのですがどこにも見当たらず、去年の落研杯のビラに載っていた地図を参考にしてペイントで作りました。直線や四角形、円を描く機能をフル活用してなんとか地図を作ったのですよ。今回はキャンパスプラザという事で落研杯で使った地図を少しだけ改造して無理矢理キャンパスプラザ仕様に!もう面倒な地図作成作業は要りません!

当日は開場した後にキャンパスプラザの付近で落研部員がビラを配っていると思いますので、もし場所が分からなくなった場合には訪ねて下されば誘導いたします。僕も去年の新歓ライブの時にキャンパスプラザの場所がなかなかわからなくて困ったので、このような思いをするような人が出ないように工夫していきたいところですね。



3日
第215話「無計画レポーター」

こんばんは。七夕寄席まであと2日となりました。今日も昼休みに生協食堂前でビラを配っていました。僕が広報担当となってからは落研のライブのビラは毎回僕が作っているのですが、今回はおふざけが特にひどいです。もし昼休みにビラを配った落研部員を見かけましたら是非受け取ってくださると嬉しいです。そして金曜日のライブを是非見に来てくださいね!

さて、今日は家に帰った後、人間環境一般という科目のレポートを一つやりました。かなーり前に日記に書いた気がする、11つくらいある課題の中から自由に4つ選んで提出する、というものです。確かあの時は早めの4つを選んでしまえばすぐに終わるので試験間近になってレポートに追われる事は無くなる、などと書いていた気がします。

ちなみに今日やったので4つ中3つ終わりました。後1つですね。ついでに任意で4つレポートを提出する科目はもう一つ取っているのですが、そちらはと言いますと、まだ1つも終わっていません。

・・・やっぱり、試験間近に溜まるのでした。



2日
第214話「おいらはてーらー」

こんばんは。今日は落研のホームページをちょっとしました。今更ながら落研天王山の結果を活動報告のところに載せたり、告知のところに七夕寄席のお知らせを載せたりしました。毎度毎度ホームページの更新が遅くて申し訳ありません。平成25年度に入部した部員の方々の部員紹介も早く載せなくてはと思ってはいるのですが、まだ揃っていないのでもう少しお待ちください。もう彼らが入部して3ヶ月が経とうとしていますからね。モタモタしてられません。

モタモタしていられないと言うと明日のレポート課題の事を思い出しました。ちょうど今。科目はあの恐ろしき数理科学IIです。でも数理科学はマセマで勉強したし中間試験もそこそこの点数が取れたはずだから大丈夫!と思ってレポート課題を見てみたら何故か行列の問題でした。数理科学IIは微分方程式の内容のはずなのに、行列の問題が出題されていました。更に「てーらーてんかい」やら「おいらーのこうしき」やらの知識が必要なようで、それらがさっぱりな僕は既にどうしようもありませんでした。おいらーの公式、て!おいらはおいらーってか!

・・・ちなみにオイラーの公式に関しては全く知らないわけでもないのでご安心を。何を安心しろと言うのか、と言われたらわかりません。



1日
第213日「七夕ネタ見せ」

こんばんは。今日から7月ですね!赤田日記も新たなるページで頑張っていこうと思います。7月というとついに夏が来た!という感じでしょうか。これから暑くなっていくと思いますが皆さん体調管理には気を付けて下さいね。

さて、月曜日はいつも2限目と3限目の授業を受けてそれで帰るのですが、今日は違いました。一年生の水谷君にお願いされて一年生のネタ見せを見に行くことになったのですよ。今週末に行われる七夕寄席では、一年生のユニットが6組も出場し、初出場となる方の不安も大きいだろうという事で一度ネタの見せ合いをすると良いという横尾さんの素敵な考えによるものでした。そして少し上級生という事で、僕と日野君もそれを見る事になりました。

そんなわけでネタ見せが始まる6時まで3時間30分という凄まじく長い暇な時間の後に一年生のネタを見る事になりました。とても初めての方が多いとは思えないほどネタの完成度が高く、キャラも活きていて面白かったです。今年の七夕寄席は凄い事になりそうですよ!何せ僕らが一年生だった頃は七夕寄席に出た一年生ユニットはストライクターキーと加藤パン工房だけだったはずですからね!今年はユニット数も多くネタも面白い!そんな七夕寄席は7月5日、金曜日です!皆さん是非見に来てくださいね!

|

« 平成25年度落研杯(落研天王山) | トップページ | 平成25年度七夕寄席 »