« 第1回 大若獅子落語会 | トップページ | 活動報告(平成27年度) »

庄司日記 15’02

2月28日(土)

まだお昼ですが、今晩には落語会がございますので。

演芸まつりで刺激をいただいてきた折ですし、何か新しい噺をやりたかったのですが、もろもろの事情で(おもに怠慢)焼き直しをさせていただきます。前回は個人的にひどく失敗したと思っているものですので、再挑戦するのはまあ、悪いことではないでしょう。前座ですから、お後を楽しみに多くの皆様のご来駕を期待申し上げる次第でございます。

今日の落語会が終わればやっと私も休みらしい休みの1か月、ということで、TSUTAYAの宅配レンタルに登録いたしました。1か月間の無料登録を利用して、余暇を大いに楽しもうという魂胆でございます。数年前の邦楽でも、iTunes Storeでダウンロードできないものはほぼ持っておりませんので、この機会に取り揃えたいところです。

そうそう、木曜日に申しあげたとおり、昨日は浅草に行ってまいりました。本日の寄席に使う高座扇を買うためです。一緒に行く相手がどうしても見つからず、畏れながら叔母様(この日記の読者のひとり)を誘ってまいりました。この叔母様は私にとって神に等しいと言って過言であるではない存在で、大変に素晴らしい方です。都民であるにも関わらず、スカイツリーに異様な興奮を示していらっしゃいました。そんな方のお伴をできたわけで、昨日は本日の落語会にもまして今月の集大成にふさわしい1日であったと申し上げて過言ではありません。(この段落は事実をもとに再構成されたフィクションです)

2月26日(木)

2月ももう26日。早いものですね。今月は試験とお仕事で過ぎてゆきました。本日の庄司日記も充実のラインナップでお送りいたします。

試験の話

進級はできるでしょう。

お仕事の話①

高円寺演芸まつりのスタッフをしました。たのしかったです。

お仕事の話②

演芸まつりが終わったのちは在宅のお仕事をしておりました。大学受験に関するものですのでここ1~2週間が最大の繁忙期だったのです。別に楽しくはございませんでしたが多額の収入を確保いたしました。このままいけばビル・ゲイツに追いつくのもすぐでしょう。

大学入試の話

昨日・今日と国公立大学の前期入学試験でしたね。1年前には私が受験生の立場だったと思うと、早いものです。昨夜試しに何問か取り組んでみました。全然できなくなっていたり自分の成長を実感できたりするとよい日記になると思ったのですが、格別の変化はございませんでした。こんなものでしょう。

ボールペン(ペン先に小さな鋼球を内蔵し運筆とともに回転することで軸内のインクを滲出させて筆記する構造を持つ筆記具。精密機械だそうです。)の話

本日、自室にてボールペンを用いた筆記を行っていたらじょじょに文字がかすれてきました。新しいペンで書けば解消されるのではないかとの仮説を立て、近所のお店に買いに走りました。実際、新しいペンによる字は鮮明そのもの。仮説の証明に成功したわけです。

飲み物の話

水を頻繁に飲んでおります。朝には水とフルーツジュースを飲むことが習慣でございます。いずれ、この日記にフルーツオレの作り方(ミックスジュースと牛乳を1:2程度の体積比で混ぜる)を掲載したいところです。

言語の話

いくつかの言語を習得することに関心がございます。

明日の話

浅草にゆきます。

あさっての話

落語会です。ぜひお越しください。

2月8日(日)

期末試験を口実に日記を放置していたら気づけば2月。2月も残り1か月を切ってしまいました。試験はまだ2日続くのですが、先週金曜日までの試験で進級は確保できたようであるという低い水準の安心感を得ております。

本日は、かねてよりの野望であった写真満載の記事を展開してまいります。ラーメンの有名店に行った時やわらび餅を作った時など、これまでも写真を掲載したい日はあったのですが、月末で携帯電話の通信データ容量が限界近かったという事情で実現いたしませんでした。撮影してきても転送できなかったのです。

閑話休題。

第1回の料理レポートは、この日記でも何度か申し上げたキムチ鍋でございます。

材料はこちら。

Dnivsinboa9vls01423401658_142340168

まずは白菜を切ってゆきます。包丁を使用いたしました。

9pypz7h82a7zmyq1423401911_142

水、鍋ポーションとともに鍋に入れ、加熱してゆきます。入れた後、鍋ポーションの容器は空になりました。

7d0i4j_ucszdy9d1423402176_1423402_2

加熱する際、鍋にはふたをかぶせました。(端の方に料理本体が写り込んでしまいましたね)

6xizslfin72seak1423402313_142340233

それなりに加熱した後は、豆腐、豚肉、ニラも加えてさら加熱してまいります。これらを入れた結果、空いたトレイが発生しました。

A01qjudoii5edbz1423402611_142340262

豆腐を切るのに使用した包丁がこちら。白菜の時と同じものでございますが、豆腐の破片がついていることが確認できるでしょう。

L7rxzsqsye2d3eh1423402801_142340281

また、鍋の中の水が少々足りていなかった(白菜から水が出ることに配慮し、最初少なめにしていたのです)ようですので、50mlほど水を追加いたしました。

6_z_ublgzh290cz1423403061_142340307

ふたたび、それなりに加熱してまいります。完成後のようすはCMのあと。

―第1回 大若獅子落語会

日時…2月28日(土) 開場17:30 開演18:00
場所…東京大学駒場キャンパス学生会館

出演
駒亭舞鷲
永福亭灰松
辿々亭茉莉
くじら亭しぇぱぁど
たちつ亭トン吉
遊亭犬公
寿亭夢

我が落研のエース格が総出演致します!
いつもは漫才・コントの間でしか見られない東大落研の落語を、たっぷりとお見せする初の機会です。
なんと、5年目のあの舞鷲まで出ます!磨き抜かれた芸の数々、惜しげもなくすべて見せましょう!
是非お越しくださいませ!

さて、完成直後のなべのふたがこちら。水滴が付着しております。

Lj56rp5optbpjw21423403300_142340331

具をとりわけ、さっそく食べてゆきます。はしでいただきました。

Lxw7dfzdustfsva1423403734_142340376

具をとりわけている間はラーメンを煮込んでゆきます。スープまでおいしいのが鍋料理のよいところですよね。今回は細麺のラーメンを使用いたしました。

Gt2jonch9_tkiiw1423403580_142340359

少々煮込み方に失敗しラーメンの出来は悪かったのですが、おいしくいただきました。しかしやはり、キムチ鍋にはラーメンよりうどんがよいかもしれませんね。

さて、残る試験はあすに1つ、あさってに2つ。進級を確保したといえど、成績が良いに越したことはありません。あさっての2科目ともちっとも勉強が進んでおりませんが、大丈夫。私は徹夜の威力を知っているのです。試験の翌日からは落語関係のアルバイトをさせていただけることになっており、楽しみなところです。

まともな写真がないのは自覚しております。これが落研クオリティなのです。本当の完成品はこちら。盛り付けが汚いですね。

Qzc_hjw_j42qymq1423404295_142340431

|

« 第1回 大若獅子落語会 | トップページ | 活動報告(平成27年度) »