« 活動報告(平成27年度) | トップページ | 庄司日記 15'04 »

庄司日記 15’03

3月27日(金)

本日は大きな用事はございませんでしたので、意欲的に自室の清掃を行いました。新学期も目前ですので、不要なものは積極的に処分してゆきます。こういったことは始めるのは気が重いのですが、始めてみるとなかなか楽しいもの。気づいたら数時間が経過しておりました。

先ほど、某ウェブサイトを見て料理に挑戦いたしました。現在冷やしている途中で、明日試食してみます。きっとおいしくできたのではないでしょうか。失敗しようのない工程でございました。

3月26日(木)

4月から大学に入ってくる方々を迎えるためのお仕事をしてまいりました。指サックの有用性を約20年の人生で最も強く実感した1日です。私の人生における革命の日と言えます。

この作業中、当団体の部員何人かとも顔を合わせました。当人たちの許可を得てないので詳しくは申しませんが、東京大学落語研究会の部員2人が新たな団体を設立するそうです。宝塚歌劇団に対してなんらかの感情を発揮する組織のようで、私も雀の涙ほどの関心を抱いております。応援する気持ちはございますので、当事者の承諾が得られたらこの日記だけでも宣伝してゆきたいところです。こんなことを書いて向こうから拒絶されたら悲しいですね。

ところで、昨夜から本日にかけて、ビビンバや焼き肉やキムチを食べたい感情が高まりつつあります。一度に実現できるお店はないものでしょうか。調べてみて、見つかったら明日にでも行ってみます。

3月24日(火)

昨夜から今朝にかけて早寝早起きを実現し、喜ばしいかと思いきや体調に異変を感じました。まだ冬の寒さが残る時期に温泉になど行ったのがいけなかったでしょうか。

病院に行き、診察を受けてまいりました。医薬品も処方していただいたのですが、これが噂のジェネリック。幸せです。

3月23日(月)

私の数年来の友人たち4人が久々に集まって温泉地に宿泊しております。

福島県民と中心としたメンバー(3人が福島県民、1人が秋田県民)ということで、飯坂温泉にある聚楽というホテルを選びました。

一言に福島と申しましても各々が離れた地域に住んでおり、気軽に会うことはできません。今回はホテルに移動する前にまず福島駅に集合し、参加者のひとりが運転する自家用車で現地まで向かいました。ホテルによる無料送迎バスも駅から出ているのですが、明日バスの定刻で帰ったのでは間に合わない用事を抱えた参加者がいるのです。

昼過ぎに福島駅に集合し、出発。途中で渋滞にもみまわれましたが、ホテルへの到着は予定通り。無事チェックインを済せました。夕食まで少々時間がありましたので、各々が一風呂浴びたり部屋でくつろいだりして休暇を満喫いたしました。

夕食はビュッフェスタイルで、東北の食材が活かされた料理の数々。値段を考えれば、かなり豪華なメニューだったと言えましょう。出会ったころには飲めなかったアルコールも、宴に華を添えます。腹十二分目まで達したところで、惜しみつつも部屋に戻りました。

料理の感想も交えつつ、改めて互いの近況報告に花が咲きます。学業に専心する者、部活動に打ち込む者、アルバイトに精を出す者…それぞれの学生生活があります。かたちは違えど、みんな懸命に生きているのだな、と実感いたします。

再び温泉に入り、今度は本格的に入浴を楽しみました。日々の疲れが取れてゆく心地でございます。気の置けない旧友と一緒ですとつい長風呂してしまい、のぼせるところでした。

全員が部屋に戻ってきたところで、宴の始まりです。話は尽きません。夜はまだまだ続きます…

(庄司は参加しておりませんので、参加者から受けた連絡をもとに想像で補って書いております。)

3月22日(日)

20代の日本人女性の摂取エネルギー量が終戦直後以下、という衝撃的な報道を発見いたしました。

日本人のダイエットへの意識は病的、のような主張はなんとなく耳にするものですが、このような数値を伴う話を聞くと実体を帯びて感じられます。

情報化が進む今日においては通念の浸透も一層進みやすく、モデルやタレントなどに感化される人も多いのでしょうか。テレビや雑誌は昔より見られていないようですけれども。

貧しさを抜け出して勝ち得た飽食と情報化の時代は人を本当に幸せにしてくれたのでしょうか。可能性が見えるほど、欲とそれが満たされない不満が生まれてしまうのかな、などと考えます。

どうにもまとまりがないというか、とびとびのような話になってしまいましたが、真剣にやりだしたらそれこそ学術研究になってしまうので読者の方でまとめてください。

…ここまで書いて、昨日と同じ様な話題を取り上げていたことに気づきました。こんな話題を無意識に選ぶ私がいちばん病的?

3月21日(土)

周りの人のBMIが大きい人はBMIが大きい傾向にあるという研究がハーバード大学の教授により発表されたそうです。(体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

もちろん、文字通り「感染」するわけではないでしょう。もしそんなことがあるならば私は細長いものを買い込んで自室においておくところです。家庭内や友人同士で生活習慣や行動の志向が似ている、ということのようです。両親が大食いの家族では大盛りの食事が供されたり、スポーツの団体の中ではみんなに運動の習慣があったり…

しかし、周囲に適応しない私のような人間にはあまり当てはまらない話でしょう。ですから、もし小学生あたりからやり直せるならば、社会性をより高いレベルで獲得し、運動の習慣を与えてくれる団体に所属し、周囲に迎合してゆけば理想的な体型を手に入れられることと思います。そんなわけで、どなたかにタイムスリップや若返りの技術を開発していただきたいと考えた日でございました。

3月20日(金)

壮麗な料理の調理法を発見いたしました。 バレンタインデーにもぴったりですね。

このメニューをきっかけにいちごへの学識を深めようと考えた私は、これまでの人生でとんでもない過ちを犯してきたことを認識することになったのでした。ここに記すこともはばかられるほどの大事ですので詳細は伏せたいのですが、事態の概要としては私が「茎・実・種」すべてを誤認していた、ということです。

これを機に関心を持たれた方は調査を決行されることもありましょうが、くれぐれも身の安全は確保なさってください。

3月19日(木)

「400℃の法則」というものを知りました。東京近辺における桜の開花時期を示すものです。
「2月1日以降、各日の平均気温を足してゆき、その合計が400℃を超えたころに桜が開花する」
というもの。

情報源にて例年のデータによる裏付けを見てみると対してあてにならないように思われるのですが、この法則によれば近いうちに開花するようです。

気象の長期予報はまず当たらないものと思っておりますが、桜の開花はどうなのでしょうか。気象予報がいざ外れてみて後から振り返る人もいませんが、桜が開花したころに気温の合計を計算してみてはいかがでしょうか。私は計算しません。

3月18日(水)

来月より、NHKのど自慢に出場するための年齢制限が、「15歳以上」から「中学生以上」に変更されるそうです。(15歳の中学生も出場できなかったようです)

この日記をお読みの中学生諸子はぜひのど自慢に出場し、東大落研の名を広めていただきたいところでございます。

本日の話題、当初は飛び級に関する問題や「公共の福祉」と言った切り口から妄言を広げようと画策していたのですが、話がまとまりませんでした。そこで無理して失敗して記事自体を投げ出すことになるよりは、自分を諦めるのが賢明というものなのでしょう。

3月17日(火)

家は人生で最大の買い物、などと申しますが、昨日の私は今週最大の買い物をしてしまったかもわかりません。

事の発端は、いわゆる朝方の生活習慣を志したことでした。4月より変更される時間割りに備え(1時限目がより早くに始まります)、ひいてはQ.O.L.の改善のため、数年来の怠惰な生活習慣に終止符を打つことにしたのです。

しかし、完全に狂った私の生活リズムを脱却するのは容易なことではありません。そこで、睡眠の質の向上に焦点を当てることといたしました。結果購入したのが…

耳栓とアイマスクです。

耳栓とは耳の穴を塞ぐ道具で、このことで音を遮断することを目的とします。

アイマスクは説明不要でしょう。先日、屋外から差し込む弱い光や室内の機器が発する小さな光なども睡眠には害だと学んだのです。(昔、真っ暗だと身体が警戒するから薄明りの中の方が安眠できると聞いたこともあるのですが…)

結果、よく眠れました。

3月15日(日)

私の高校時代の友人のひとり、Yのお話をいたします。(Yというのは偽名です)

彼の好きなものとして、ジャニーズ、モーニング娘。、相撲、アイドルマスター、そば、とうふなどが挙げられます。

ジャニーズ…嵐はあまり好きではないようです。Kis-My-Ft2のSHE! HER! HER!を彼とふたりで歌うのは私にとって大きな楽しみのひとつです。

モーニング娘。…SEXY BOY ~そよ風に寄り添って~の歌とダンスを完璧に習得しているようです。SHE! HER! HER!同様、私も一緒に楽しみたいのですが、いまだ覚えるに至っておりません。ミュージックステーションを録画して繰り返し見ることで技を磨く彼の熱意には敬服するばかりです。

相撲…我々の高校時代、相撲の八百長問題が世間で取りざたされた時期がございました。そのとき彼は、
「相撲は本来神事であって、事前の取り決めのもとに行われるのも自然なことである。そういった取り決めを『八百長』として批判するまでに競技性ばかり肥大させてしまった今日の相撲のありようが本質的な問題である。」
といった旨の主張を表明していました。すごいと思います。

アイドルマスター…多田李衣菜というキャラクターを応援しているようで、かなりのお金を費やしたそうです。すごいと思います。

そば、とうふ…あっさりとした食物を好むようです。以前、私が焼肉に誘った折にはそれを理由に断られたほどです。(真偽は定かではありません)

彼はとても痩せているので、私は彼にあこがれております。

3月12日(木)

Wikipediaのどのページからでも、6回リンクをたどればどのページにもゆける」
というお話をご存知でしょうか。 証明されているわけもございませんし、
「多くの項目間に広くリンクが張られている」
ということの比喩にすぎないとは思うのですが。(そういえば、知人の知人の…と6人たどれば世界中の人と結ばれる、とも聞いたことがあります。数も一致していますし、こちらが先にあったのでは?)
先ほど、この件が気になって検索をかけてみましたら、こんなサイトを見つけました。Wikipedia内の任意のページから任意のページへのリンクのたどり方を教えてくれるプログラムのようです。さっそくやってみました。

「東京大学」から「精神疾患」へのリンクの検索結果…

  1. 東京大学                                    
  2. 医学                                    
  3. 精神医学                                    
  4. 精神疾患

なるほど。おもしろくはありません。妥当です。

もう少しやってみましょう。「おジャ魔女カーニバル!!」に着想を得て。

「宿題」から「ゴミ箱」へのリンクの検索結果…

  1. 宿題                                    
  2. 大韓民国                                    
  3. 東京ドーム                                    
  4. なりた洋                                    
  5. 炎神戦隊ゴーオンジャーの登場人物                                    
  6. ゴミ箱

これでこそWikipediaらしいというものです。それぞれがどうつながっているか想像もつきませんし、なりた洋さんを存じ上げません。(今ページを開いてみたら、後楽園ゆうえんちでのヒーローショーの関係者だそうです。これで、3から5へはつながりました。)

いよいよ核心的な問題に迫ってゆきます。わたくし自身の生まれた星を占うことといたしました。Wikipedia占いでございます。

「庄司」から「偉人」へのリンクの検索結果

  1. 庄司                                    
  2. 荘官                                    
  3. 吉川弘文館                                    
  4. 伝記                                    
  5. 偉人

なかなか遠い道のりのようです。

自分自身以外への責任を求め、今一度わが大学に関する調査に回帰することといたしました。

「東京大学」から「コミュニケーション障害」へのリンクの検索結果…

  1. 東京大学                                    
  2. 1944年                                    
  3. 知的障害                                    
  4. コミュニケーション障害

主たる責任の所在は1944年であることが判明。何があったのでしょうね。ともあれ、そんな昔に原因を求めても仕方ありません。大切なのは過去ではなく今、そして未来です。これから私は幸せになれるのでしょうか。

「東京大学」から「幸福」へのリンクの検索結果 …

進学すべき学科を示しているのでしょうか。しかし、学科以前の問題がございます。目下の進級です。

「庄司」から「進級」へのリンクの検索結果 …

「6回のリンクじゃ見つからなかった…ごめんね!」

かくして、件の説は否定されたのでした。それにしても不吉です。

3月7日(土)

私の人生における重大なファクターのひとつとして、森永マミーが挙げられます。本日もふと恋しくなり、ウェブサイトを訪問いたしました。すると、なんとゲームコーナーが設けられていました。これこそ青天の霹靂というのでしょう。あまた取り揃えられたゲームの数々のなすこのウェブページは、これまでも、これからも、多くの子どもたちの笑顔を生み出す安らぎの空間であるに違いありません。文字通り百福といったところです。私自身も我慢ならず、てくてくマミーレオへと歩を進めました。

0

出で立ちの矢先に大蛇が待ち構えており、前途多難です。しかし、百獣の王による跳躍はそんな卑劣な応接をものともしません。

1

百獣の王に対しては獰猛な猛禽類までもが襲いかかってきます。喫急しゃがみこみ、回避せねばなりません。

しばらく続けますが、終わる様子がありません。向上を目指してたゆまぬ努力を続ける者にゴールなど存在しないという教育的暗示でしょうか。人生のようなゲームです。

2

つまらないのでやめました

3月5日(木)

本日は安藤百福さんの生誕105周年だということで、チキンラーメンのウェブサイトを訪問いたしました。すると、なんとゲームコーナーが設けられていました。これこそ青天の霹靂というのでしょう。あまた取り揃えられたゲームの数々のなすこのウェブページは、これまでも、これからも、多くの子どもたちの笑顔を生み出す安らぎの空間であるに違いありません。文字通り百福といったところです。私自身も我慢ならず、バッティングセンターへと歩を進めました。

ステージ1。楽勝です。

1

ステージ2。さっそくホームランを出してしまいました。

2

完全勝利と言えましょう。

3


当然の結果です。こちらは東大落研の看板を背負っているのですから。ステージ3の行方など目に見えています。

4


どうしてこうなってしまったのでしょうか。試合前半にして、瀕死の状態です。ちなみに、ピッチャーの鋭い眼光は次に変化球を繰り出すことの表現であり、この変化球こそ私への最大の刺客だったのです。結果、前半5球が投げ終わった段階で私の夏は終わったのでした。そしてゲームオーバー…かと思いきや、すでに結果は決まっているにも関わらず試合は続行されました。いかなる危機的状況においても、逃げ出すことはできません。人生のようですね。最後まで全力を尽くす大切さを学んだ私は、最終打席にホームランを生み出すことに成功いたしました。そんな私に神様からの贈り物でしょうか。コンティニューの権利をいただきました。諦めなければ何度でもやり直せる、それもまた人生ということなのでしょう。この機会を逃す手はございません。やられたらやり返す。倍返しです。

5_2


第1打席こそ空振りに終わったものの、その後ストライクを2連発、ヒットを1本はさんでさらにホームラン。10倍返しくらいにはなってしまいました。

6


7


かくして私は、チキラー島のエースバッターとして大成したのでした。

To be continued...

3月4日(水)

金のびょうぶに うつる灯を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒召されたか

赤いお顔の 右大臣

着物をきかえて 帯しめて
今日はわたしも はれ姿

春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひな祭り
 

3月3日(火)

きょうはたのしいひなまつり。昨日に引き続き、「うれしいひなまつり」の2番を紹介いたします。

お内裏様とおひな様
二人ならんで すまし顔
お嫁にいらした ねえさまに

よく似た官女の 白い顔

近頃、某SNSの積極的な利用を始め、休暇のいくらかを古い知人との連絡に費やしております。日常的な接点があったころよりも親しく話しているかのような雰囲気が生まれるのが不思議なところです。

しばらく学んでいなかった某言語をまた学び始めました。今月中にそれなりのものにしてしまいたいのですが、分量と時間を考えるとどれほど現実的か…?理数系の学問で特に関心のある分野や、とある国家資格取得に向けての勉強も並行して行っていることを考えると、いずれもいちどきに大成させるのはなかなか希望が持てません。

目標を一度にたてるより、優先順位をつけて準備を計画せねばならないというのでしょうね。

3月2日(月)

落語界にカメラを持ってきてくださった泉さんから写真をいただいたので、活動報告の方に掲載してみました。泉さんからのメールには個人的な励ましのお言葉まで記していただき、大変に喜んでいるところでございます。

明日、3月3日が何の日か調べてみましたら、ひなまつりというお祭りの日のようですね。。女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事だそうです。これにまつわる「うれしいひなまつり」という歌もあり、4番まで見つけることができました。イブの本日は1番を紹介させていただきます。

あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花

五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひな祭り

明日はたのしいひな祭りです。

3月1日(日)

昨日の落語会にご来場くださったみなさま、ありがとうございました。なかなかの盛況で、初回としては大成功と言ってよいでしょう。各演者の写真も撮影しておりましたので、しばらくはこの日記の題材にも困らないことでしょう。個人的な事情を不特定多数に発信することに対するためらいは本日記の更新頻度の低さの大きな原因で、できるだけ部全体のことや社会全体のことを話題にしてゆけば続くであろうと考えております。

さて、昨日の寄席についてはカメラの持ち主からまだ写真が届いておりませんので、私の携帯電話で撮影した写真からなぞかけを。この写真は何を表すか、お考えください。

Dcim0115

正解はもちろん丸山さんでございます。簡単すぎたでしょうか。

|

« 活動報告(平成27年度) | トップページ | 庄司日記 15'04 »