赤田日記2013年11月

30日
第365話「赤田日記・完」

こんばんは。ここは赤田日記終わりの地。そして田口日記始まりの地です。嘘です。田口日記のページはここではありません。二度バックスペースを押した後、「田口日記」のリンクをクリックして下さいね。

さて、ついに今日で最後の赤田日記となりました。
最終回を迎える今日、どうしても確かめたい事があったのです。
そう、それは因縁。決意。そして、夢。
僕は・・・

グーグルで、「赤田」と検索しました。

皆さんは覚えていらっしゃるでしょうか。第2回目に書いた、このブログの最終目標を。
その時は確か「野望」と書いていましたね。今思えば、なんて無茶な目標を立てたんだろうと思います。しかし、その目標を目指して僕は毎日(実際は二日分同時に更新する日がかなり多かったのですが)日記を更新し続けました。
そして、その結果・・・

一番上に出てきたのは、赤田将吾さんのwikipediaの記事でした。

・・・何も、変えられませんでした。一年間日記を書き続けてきましたが、赤田将吾さんにはかないませんでした。赤田将吾さんのブログは684個もの記事があったので、その差だったのかもしれません。

本当に何も変えられなかったのでしょうか?確かに、検索ランキングでは全く変化はありませんでした。しかし、この一年間日記を書き続けた事で、僕の中に変化があったとすれば・・・結局最初から最後まで怠惰な生活を送っていましたね。変わったかと言ったら、一年経っても大きくは変わらなかったと思います。

それでも、この日記を読んでくださった皆さんが、少しでも楽しむことができたら、少しでも楽しみにすることができたら、少しでも「世の中にはこんなダメ人間がいるんだな。よし、俺は頑張ろう」と前向きに生きる事ができたら、赤田日記は読者の方々の人生を、ごく僅かながら変える事ができたと今まで書いてきた意義を感じるというものなのですよ。

第一回目からここまで読んでくださった皆さん、今回初めてこの日記を読んだ皆さん、そして第二回目から第三百六十四回目のどれかを読んでくださった皆さん。
こんな日記でしたが、読んでくださり本当にありがとうございます。
皆さんの中に、ほんの少しでも変化があれば、それはとても、とても・・・

素敵です。

Photo

先週の駒場祭の打ち上げの時に一年目の方々から頂いたお花です。素敵です。




29日
第364話「赤田、日記やめるってよ」

こんばんは。今日は久しぶりに部会がありました。今日もまた一年目の部員がたくさん集まり・・・もう「一年目の部員」という言い方も間違いかもしれませんね。あと半年もしないうちに彼らは二年目の部員となっていくのですから。そしてその頃には僕は三年目の部員となり、また新たな一年目の部員を迎える事になるのです。こうして月日の経過と共に人が入れ替わっていく。当然の事ですが、嬉しい事でもあり、寂しい事でもあります。

今日は次の広報担当の田口君に広報のなんたるかを少しだけ説明しました。なんたるか、といっても仕事の概要などです。思えば僕は去年の今頃には中嶋さんに広報のなんたるかを教わっていたのです。そんな僕が今度は田口君にそれを教え、その田口君は来年には更に次の広報担当にそれを教え・・・こうして「広報のなんたるか」というよくわからないものが引き継がれていくのです。東大落研は歴史の長いサークルですから、こうして何度も何度も、役職が引き継がれていったのでしょう。

果たして僕は広報としての役割を成し遂げる事ができたのでしょうか?とりあえず日記は毎日書きました。ビラや立て看板のデザインもそれなりに頑張りました。それ以外の仕事も更にそれなりに頑張りました。「更にそれなり」と言いますと程度が全くわからないのですが、多分「それなり」よりも大雑把なんだと思います。「それなり」が既に大雑把なイメージがありますからね。それなりに。

いや、むしろ広報の仕事として重要なのはこれから、田口君に広報の仕事を教え、引き継いでいく事なのかもしれません。東大落研の長い歴史の中で続く広報の長い歴史を作っていく、それも広報担当の重要な仕事なのでしょう。管理人日記一覧のページに赤田日記の名を刻み、田口日記の始まりを見届ける・・・こうして広報の歴史に残っていく事に、誇りを感じる。素敵です。



28日
第363話「行き当たりばったり日記」

こんばんは。今日はソフトウェアIというよくわからない科目の中間試験がありました。中間試験の話題がしばらく続いていますが、結局のところ「全然勉強していなかったので当然さっぱりわからなかった。どうしよう。」という内容で終わってしまいますので、今日は中間試験の話はこれ以上はしません!暗い内容は書かない、それがこの日記のモットーですからね!という今更。

さて、ついに第363回目ですよ、第363回目!逆から読んだら目回363第!たまに車とかに右から左に読ませるように漢字が横書きに書いてあったりしますが、あれは一体どういうことなのでしょう。「記日田赤」みたいに。鏡に映すと正しく読める・・・というわけでもありませんね、多分。

それはともかく、もう363回目なのですよ。あと明日と明後日で赤田日記はおしまいです。長かったようで、短かったようで、多分長かったと思います。初日から読み返したら数時間は潰せる長さだと思います!いや、もっと時間がかかるかもしれません。でもおススメはしませんよ、赤田日記を読んで数時間潰したら時間を無駄にした感じが半端ないと思うので!

今回含めてあと3回となったわけですが、何か特別な事を考えているというわけでもなく。まだ最終回イブイブですからね。最終回イブになってから考えればいいのですよ。明日できる事は今日やらない、これがダメ人間への第一歩なのです!皆さんは明日できる事だからこそ今日やりましょう、そうしましょう。

・・・ラスト3回に関わらず話題の一貫性の無さが凄いですが、今日はここまで。



27日
第362話「がんばれあかだ」

こんばんは。今日は電気回路というよくわからない科目の中間試験がありました。電気回路といえばアレですね、「V=RI」!Vは電圧、Rは抵抗、Iは電流。この三つの要素を繋ぐ関係式、その名もオームの法則!これさえ知っていればなんとかなるでしょう!

・・・と思っていた自分が間違っていました。よく考えればオームの法則など中学校で習うものであり(もっと前でしたっけ?)、その知識だけで大学の試験を乗り越えられるはずも無かったのです。しかし、全く勉強していなかった以上どうしようもなく、よくわからない試験問題を前にただ茫然としていました。明日はソフトウェアIというよくわからない科目の中間試験があります。しかし勉強をする気が一向に起こらない、それがダメ人間です。

全くわからない試験ほど退屈なものはありませんよ。試験問題が配られ、全力で解いてみる。しかし、すぐに行き詰まる。下手すりゃ最初の問題でもうさっぱりなのですよ!最初の問題がわからなかったとしたらすぐに飛ばして次の問題に取り組む、これが大学受験の時に身に着けた自分なりのテクニックのようなものなのですが・・・やっぱり次の問題もわからないのです。大学受験の時はいくつかわかる問題もあって、それらを解けば受かるようになっていたはずなのですが・・・

という事で受験生の皆さん、頑張ってください!僕はもう頑張れません!



26日
第361話「ダメ人間日記再び」

こんばんは。今日は一日お休みでした。なんでお休みだったかと言いますと、それは僕は今学期の火曜日には授業を取っていないからです!それは別に僕がサボったからというわけでも無く・・・と、火曜日が休みである事の説明を前にもした気がするのですが、実際に火曜日に一日中休めたのは久しぶりだったりするのです。

というのも今学期始まってから落研関連の用事で火曜日にも大学に行く日が多かったからです。ナナペーハーの終了と同時に今学期が始まりましたが、その後すぐに秋風寄席があり、それが終わると次はすぐに駒場寄席があり、そのたびに火曜日を使って打ち合わせや練習をしたので当たり前といえば当たり前ですね。

そして火曜日に限らす一日丸々休むこと自体久しぶりだったりするのです。先週の土日は駒場祭でしたし、先々週はその練習がありましたし、その前の週も確か日曜日は練習に使いましたし、その前はナナペの打ち上げで九龍城に行ったような気がします。ここ最近ずっと落研関連で忙しい事が多かったのですよ。充実してて良かったのですが疲れたのもまた事実。12月は10月、11月よりもずっと余裕があると思うのでたっぷり休みたいところです。

そんな久しぶりの休みを使って何をしていたかと言いますと、ほぼ一日中ゲームをしていました!はい、典型的なダメ人間ですね!何のゲームをしていたかといいますと、駒場祭の最中にこっそり「ノンリニア」という同人ゲーム製作サークルに遊びに行った時に買った「だんじょんぷらいむ!」というゲームをやってました。楽しくてどんどん進めてたらプレイ時間がとんでもないことに。恐ろしいですね。

でも、大丈夫です!今日は一日お休みなので!ついでに落研関連で忙しかった事も全て終わり、これからは余裕のある人生を送れるので!一日中ゲームしてるような日があっても全く問題無いのですよ!!

・・・あっ、明日の中間試験・・・



25日
第360話「赤田日記の延長一回」

こんばんは。昨日で広報の仕事は引き継ぎとなったわけですが、昨日書いた通り11月中は書き続けたいと思います。今日含めてラスト6回ですね。でもラスト6回だからといって何か特別な事をするというわけでもなく、いつも通りの日記を書きます。

今日は午前中は休みでした。駒場祭の後片付けのためでしょうか。しかし、駒場寄席の片づけは全て昨日の夜に終えたため、今日は行く必要はありませんでした。駒場祭運営側のよくわからないシステムによって落研からも数人午前中に行く事になったそうですが、その方達にはお疲れ様ですとしか言えないです。

そして今日の午後には先週書いた通り、電磁気学の中間試験がありました。全く勉強していません。試験問題が配られます。全くわかりません。ひたすらぼーっとして過ごす。試験終了。どうしよう。
勉強してないので当たり前ですね。期末試験で頑張りましょう。はい。

ちなみに水曜日には電気回路の中間試験があります。明日は一日お休みなので頑張って勉強すれば乗り越えられそうですが、果たして。



24日
第359話「三百五十九日のうちの三百五十九日目?」

こんばんは。今日は駒場祭の最終日。そして、僕の広報担当としての最後の日でもあります。一度にたくさん書くとよくわからなくなっちゃうので、まずは駒場祭について書きましょうか。

駒場寄席は三日目も二日目同様に多くのお客さんで賑わいました。日曜日ということもあって昨日よりも更に盛りあがったのではないでしょうか。・・・日曜日と土曜日との差はいわゆる「ゆとり世代」である僕にはわからないのですが。今日の僕の出番は最後のオールスター大喜利だけだったのですが、皆さんがたくさん笑って下さったおかげで答えがポンポンと出てきて僕も楽しく大喜利をすることができました。駒場寄席に来てくださった皆さん、本当にありがとうございました!!

駒場祭の終了後はまずは後片付け。舞台を形成していた長机を運んだのですが、持ち方を間違えて肩を痛めるという事態に。どうしようもなく道端で辛うじて長机を持ちながら立ちすくんでいたところ、見知らぬ優しい大学生二人がなんと一緒に運んでくれたのです!おかげで僕は無事長机を運ぶことができたのでした。優しい方々の名前はわかりませんし、暗かったので姿もよくわからなかったのですがそれでも優しい事には変わりません。優しい方々、ありがとうございました。

後片付けの後は打ち上げです。ライブ後の打ち上げは帰宅時間と終電の関係から出れないことが多かったのですが、駒場祭の打ち上げは比較的時間に余裕があったので出る事ができました。そして、その打ち上げで執行代の引き継ぎが行われました。つまり、現在の2年生の代から1年生の代へ、部長や副部長、会計、そして広報の役割が引き継がれるという事です。

結果、広報の役割は田口君に引き継がれることに決定しました。その他の役職に関してもそのうちホームページに載せるようにしておきます。引き継ぎは今日行われたので、僕の広報としての仕事は今日でおしまいです。これからは次の広報担当である田口君の指導や補佐をしていくことになります。あれ、広報がおしまいという事はこの日記も・・・?

と思ったのですが、田口日記が始まるのは12月からということで(赤田日記もそうでしたね)11月いっぱいは赤田日記を書き続ける事に。キリのいいところで終えたいですからね!そんなわけであと6日間、短い期間ではありますが赤田日記を最後まで応援よろしくお願いします!!



23日
第358話「三日のうちの二日目」

こんばんは。今日は駒場祭二日目です。駒場祭のちょうど真ん中。三日間ですと一日目が「初日」、二日目が「中間日」、三日目が「最終日」とどれも目立つ要素があるのがいいですね!

今日は土曜日で昨日とは違い休日だったので、昨日とは比べ物にならないくらい多く方が駒場寄席に来ていました。正門でビラを配っていてもその差は明らかで、ビラ配りもかなり忙しかったです。その分駒場寄席に足を運んで下さった方も非常に多く、満席になって立ち見の方が現れる状況にまでなったそうです。今日駒場寄席に来てくださった方、本当にありがとうございました。

僕は普段のストライクターキーに加え、日野君とのコンビ「ギョーザシャーク」、そして加藤君とのコンビ「アポカリプズ」で出演しました。今まで相方の人やコンビ名について書かなかったのは駒場寄席の楽しみを少しでも奪いたくなかったからなのですが、今日こうして日記に書いたというのはもうこのコンビでの出演は無いという事であり・・・今回これらのコンビで出演するのは今日が最後となったわけですが、普段とは違うコンビで組んだことはいい経験になりましたし、何より楽しかったです!楽しい事が一番大事なのですよ!

という事で駒場祭を楽しむために空いた時間に出店で食べ物をたくさん買って食べたのですが、タコ焼きといった昼ご飯になるものとチュロスといったお菓子になるもの、合計して1000円分以上買っちゃった。お祭りの食べ物は高い。でも楽しんでナンボなのですよ!楽しまずに後悔するよりも楽しんで後悔する方が気分がいいのです!



22日
第357話「三日のうちの一日目」

こんばんは。今日はついに駒場祭一日目です!そう、まだ金曜日なのに駒場祭一日目なのです。例年は勤労感謝の日が金曜日だったり、勤労感謝の日が日曜日で月曜が振替休日になったりしてそうですが(勘で書いてるので不明です)、今年は勤労感謝の日が土曜日で休日がいつも通り土曜日・日曜日の二日しかないので、一日目は平日である今日行われることになりました。

平日である以上、駒場祭自体に来る方も少なく、駒場寄席を観に来てくださる方も少ない・・・と思っていたのですが、駒場祭は予想を上回る盛り上がりを見せており、駒場寄席にも多くの方が足を運んで下さりました。やはりお笑いをやるならお客さんが多い方がやっている側も楽しいので、非常に嬉しい事です。今日見に来てくださった方、ありがとうございました。

駒場祭は明日、明後日と続きます。三日間もあるなんて長いですね。これだけ長いと体調管理も重要になってきます。既に若干体調を崩しつつある気もするので不安なのですが、気合で治そうと思います。明日に備えて今日は早めに寝よう、そんな一日目なのでした。おやすみなさい。



21日
第356話「サボテンコンボ」

こんばんは。今日は駒場祭の前日準備がありました。東京大学は学園祭の前日にも関わらず、午前中は平常通り授業を行うという恐ろしい大学なので準備は午後からです。幸い僕は午前中は元から授業が無かったので一日中授業が無かったのですが、駒場寄席で使う教室が午前中は授業で使われていたため、やっぱり準備は午後からとなりました。

平日である上にクラスの出し物の準備をする必要のあった方が多く、準備に参加できた人数は限られていたのですが、皆で頑張って準備を進めました。駒場寄席が行われる7号館の724教室は本当にただの教室ですので舞台も照明もありません。そのため、大量の長机を運んでそれを組み合わせて舞台を作り、照明となるライトも自前で設置することになりました。

ついでに7号館の中に宣伝用のビラを貼ったりしました。しかし、我々東大落研がビラ貼りに向かった時には既に他の多くの団体が7号館内部にビラを貼っており、貼れるスペースが限られていたので高瀬君が僕を肩車して壁の上の方にビラを貼るという無茶をしました。肩車なんて中学の組体操の時以来な気がします。ちなみに中学の組体操では肩車のあと「サボテン」に繋ぎましたが、今日はサボテンはやりませんでした。当たり前ですね。はい。



20日
第355話「駒場祭目前の大問題」

こんばんは。今日は駒場祭の準備は特に無く、普通に授業を受けてきました。水曜日は1限目から5限目がビッシリ詰まっているのでそれはもう大変です。しかし、今週はまだマシな方なのです。一番大変なのは来週なのですよ。

そう、来週は中間試験があるのです。それもたくさん。まず、月曜日には電磁気学の中間試験があります。そう、電磁気学。前期冬学期に不可を付けられた科目ですね!そして水曜日には電気回路の中間試験。よくわからない科目です。木曜日にはソフトウェアの中間試験。毎週レポートが出されますが、さっぱりです。最後に、金曜日には数学演習の中間試験が・・・って多すぎます!

そして最大の問題は、そう、ここ最近は駒場祭の準備や練習で忙しかったので中間試験の準備や対策など全くしていないことなのです。中間試験などおまけ程度に過ぎないと思い込んで無策で飛び込むのか、それとも何とか足掻いてみるしかないのか・・・!駒場祭前に駒場祭と関係無い事で悩むのでした。おわり。

肝心な問題が全く解決してない・・・!



19日
第354話「計画性の話をしよう」

こんばんは。駒場祭まであと3日ですね。今日もいつも通り大学に行って駒場寄席に向けて練習をしていました。今回は普段よりも多くのユニットで出演することになるのでその分準備も大変なのです。

ライブの練習といえば今年の秋風寄席や落研杯、五月寄席の練習はギリギリだったと思うのですが、今回は比較的余裕を持って練習できていると思います。出演ユニットが多い分、直前に忙しくなることを見込んで早い段階から打ち合わせをし、ネタ作りを進めていたのですよ!

一部のユニットではネタ作りだけでなく小道具の準備をする必要もあったのですが、それも早めの段階で済ませる事で直前期にたっぷり練習できるようにしたのです。毎回毎回「直前に忙しくなるから早い段階で準備をしておこう」と思いながらも何故かネタの完成がギリギリで結局直前に練習を詰め込んでいた時とは大違いですね!

このように時間に余裕が持てたのは今日のように火曜日に授業が全く入っていないことの影響が大きいと思われます。一日丸々空いていれば誰かしらと打ち合わせや練習ができますからね。休日は賢く利用することが大事なのです。

ちなみに空コマも少しはあるのですが、何故か僕の空いている時間はコンビの相方は授業が入っている時が多く、賢く使おうにも使えないのでした。おわり。



18日
第353話「けろけろ」

こんばんは。駒場祭まであと4日ですね。東大駒場前駅を出てすぐ近くのところに大きな大きな駒場祭の立て看板があり、そこに駒場祭までのカウントダウンが書いてあるのであと何日かすぐにわかるのですよ。その看板に描かれているのは、駒場祭のマスコット・黄色いカエルの「こまっけろ」。つぶらな瞳がチャーミングで可愛いです。

そんなこまっけろが今日、昼休みの時間に生協食堂前に出没していました。駒場祭直前のこの時期になるとたまに現れるのですよ。黄色い体に黒い帽子、お腹には銀杏の葉(東京大学のシンボルだとか?)のマークがあり、白い尻尾が生えてます。カエルなのに尻尾?と思われるかもしれませんが、オタマジャクシっぽい尻尾が生えているのですよ。カエルとおたまじゃくしの間の存在なのかもしれません。

そんなこまっけろですが、駒場祭当日にも出没するそうです。東大落研の駒場寄席が行われる7号館、その前には駒場祭委員会の本部があり、そこでのエンカウント率が高いとも言われています。そんなわけでこまっけろに会いたい方は是非7号館の近くを探してみてください!そしてついでに724教室にも寄っていって駒場寄席を観に行きましょう!

以上、こまっけろと駒場寄席の宣伝でした。



17日
第352話「赤田は今日も字が汚い」

こんばんは。今日もいつも通り大学に行ってネタの練習をしてきました。日曜日に大学に行くという異常とも言える事態が「いつも通り」になっているという恐ろしい状況となりつつありますが、それも来週の駒場祭までになりそうですね。

練習はいつも部室でやっているのですが、今日はそこで日野君が「めくり」を書いていました。「めくり」とはライブの時にステージの前の方に置くユニット名が書いてある物です。・・・非常にわかりにくい説明ですが、これ以上うまく説明できる気がしません!

去年の駒場祭の後に僕たちの学年が執行代になってからはほぼ全てのめくりを日野君が書いているそうで、大量のめくりをスラスラと書いていました。「寄席文字辞典」なる本を読み、目当ての字を探し、その本に書いている通りに字を書いていく。どうやらめくりに使う文字は決まっているようで、寄席文字辞典はその決まった文字が書いてあるそうですね。読めない字もたくさん書いてありますが、普段使っているような漢字でも寄席文字だとやたら難しかったりするケースもあるみたいです。

とりあえずそんな難しい寄席文字をスラスラ書いてる日野君を見て思った事は、字が超ド級に汚い僕には絶対真似できないな、という事でしたとさ。おわり。



16日
第351話「ドンドンドンドンドンッドン ドンキッホーテッ」

こんばんは。今回は特に記念すべき回でも無いので4コマ漫画は描きませんよ!あの4コマ漫画は描くのにかなり時間がかかったのに散々な出来でしたからね。画質?が荒いのは保存形式の問題だと思いますが、色々とそういう問題じゃない点が多すぎますね。はい。

今日はほとんど一日中家でボーっとしていました。なぜ「ほとんど」なのかと言いますと、昼頃に少しだけ外出したのですよ。近くのドンキホーテに行って駒場寄席で使う衣装を探してきたのです。

衣装といってもそこまで派手なものではありませんけどね。小道具同様、あくまで「それっぽく」見せるための必要最低限の物を買ったまでです。お笑いライブはファッションショーでは無いのでそこまで衣装にお金をかける必要性も余裕もありません!

それにしてもドンキホーテってホントになんでもありますね。服もあるし靴もあるし帽子まであります。衣類ばかり書くと「なんでもある」の説得力がまるで無いわけですが、衣類の専門店でも無いのにこれだけたくさん衣類があるという事を説明すれば他の物だってたくさんある、つまり「なんでもある」の説得力を高めることができるのですよ!多分。



15日
第350話「7回目の記念すべき回」

こんばんは。今日はついに350回目ですよ!!記念すべき350回目です!!
・・・あれ、おかしいですね。記念すべき回のはずなのにあんまり記念感がありません。50回目はもっと記念感があったはずなのに。

でも日記において重要なのは記念感などというよくわからないパラメーターでは無く、その内容なのですよ!そこで今回の記事に何を書いたらいいか部会で高瀬君に聞いたところ、「動画が見たい」と言われました。

でも流石に動画を撮って貼るのは色々と問題がある・・・というか僕にはできないので、代わりに漫画を描こうと思います!今日の出来事を描いた4コマ漫画です!
赤田日記初の、そしておそらく最後となるであろう漫画をどうぞ!!

Photo_2

描いてみた感想
漫画家さんって凄いですね。おわり。



14日
第349話「ダンボール川柳」

こんばんは。今日は授業は3限目からだったのですが、少し早めに大学に行って部室で駒場祭の準備をしていました。何の準備をしていたのかと言いますと、そう、コントで使う小道具ですよ!

何のユニットでその小道具を使うかはここでは敢えて言わないでおきますが、たくさん小道具を使うコントを駒場祭でやる予定なのですよ。コントで使う小道具に関してはナナペ関連の記事でも書いたと思いますが、ナナペで使う小道具はナナペメンバーで協力して揃えたり作ったりするのに対し、普通のコントで使う小道具はユニットの人達だけで調達する必要があるので大変です。

そんなわけで今日は部室でダンボールを切ったり貼ったりしていました。小道具の規模に関わらずダンボールは万能です。しかし自分は不器用なのでダンボールを切るだけで一苦労です。ハサミでうまくジョキジョキ切れたらいいのですが、大抵どこかで引っかかったり直線で切ってたつもりがずれたりします。

ダンボール、生かすも殺すも、君次第。
皆も小道具、ゲットじゃぞ。



13日
第348話「1108の呪い」

こんばんは。今日は1限目から5限目まで授業がビッシリ詰まっているという世にも恐ろしい一日でした。そして何故かそのうち1限目から4限目までという実に5分の4を占める授業が1108教室で行われたのですよ。

最初の時間割には3限目と4限目の電気回路の授業のみが1108教室だったのですが、それに合わせたのか2限目の電気電子計測も(最初は別の建物の別の教室だったにも関わらず)1108教室になり、それを追うかのように1限目の情報通信理論も1108教室になったのでした。このまま5限目の信号解析の授業も1108教室になるのではないかと恐れていますが、この授業だけは1313教室というプライドを守って欲しいですね。

確かに連続する授業が同じ教室で行われれば教室移動の必要性が無くなって楽ではあるのですが、個人的には気分が変えられないためか何となく嫌なのですよ。やっぱり一つの授業が終わったら次の授業は違う教室で受けたいじゃないですか!前の授業とは違う教授、違う教室、これが大学の授業だと思うのですよ。高校までは基本的に同じ教室で授業を受けていたのにすっかり大学に慣れたもんだな、と思いましたとさ。おわり。



12日
第347話「時間ビッシリ」

こんばんは。今日は火曜日で授業がありませんでしたが、駒場祭に向けてネタの打ち合わせや練習をするために大学に行くことに。これだけなら最近では毎週のようにある事なのですが、ネタの打ち合わせの量がいつもとは比べ物にならないほど多かったのです。

普段はストライクターキーとしての出番しかないことがほとんどなので有吉君と時間を決めてその時間に会ってネタ練習をしていたのですが、今回は他にもユニットを組んでいるのでその分の練習も必要になったのですよ。自分は火曜日は全く授業が無いのでネタ練習を入れるのには最適な曜日です。そんなわけで色んなユニットのネタ練習時間をここで確保しました。1限目の時間は○○君との打ち合わせ、2限目の時間は☆☆君との練習・・・こんな感じに。

こう、たくさん予約が詰まっているとなんというかカッコいいですよね!無駄な時間無くスケジュールを組みこめている感じがします。実際は無駄な時間も結構あったりするのですが、大切なのはスケジュールを組む段階での「予定がビッシリ詰まってる感」なのですよ!多分。



11日
第346話「急に寒くなる日」

こんばんは。今日は普通に授業を受けてきました。昨日打ち上げが終わったのが夜遅くだったため、睡眠不足でした。しかし、最大の問題はそれではありません。

筋肉痛です。全身がやたら痛いのです。足の痛みはきっと川崎の町中を歩いたり走ったりしたからでしょう。腕の痛みはきっとボール投げやダーツ投げをしたからでしょう。運動してすぐに筋肉痛がくるのは若さの証拠らしいですが、そこまで嬉しくもないですね!

そんなわけで筋肉痛に悩まされながら大学に行ったのですが、今日はやたら寒かったですね!正確に言うと夕方以降が、でしょうか。朝大学に着いたときはそこまで寒くなかったはずなのですよ。昼ご飯の時もそこまで寒くなかったはずです。3限目から4限目の教室移動の時に雨がパラパラと降っていたのですが、4限目が終わったあとには雨はやんでいました。

しかしその時やたら寒かったのです!もうあまりの寒さにびっくりしました。つい「さむっ!」と言ってしまいました。それまでそんなに寒くなかったのに急に寒くなるとびっくりしますよね。声に出したくなりますよね。なりませんかね。はい。



10日
第345話「打ち上げの運動場」

こんばんは。今日はナナペの打ち上げがありました。
そう、ナナペですよ。第25回ナナペーハー公演運動場の、打ち上げがありました。
ナナペについては先月の日記に書いていたのでは、と思われるかもしれませんが、実際そうなのですよ。公演自体はちょうど1ヵ月ほど前だったのです。そして、その打ち上げを今日やったのです。そういうものなのです。

打ち上げでは川崎に行き、電脳九龍城という場所で遊びました。ゲームセンターが入っているアミューズメント施設なのですが、その雰囲気がなんというか・・・異様なのですよ。ただ電脳九龍城についてここで長々と書いても仕方ないので、気になる方は検索してください!電脳九龍城について一言書くとしたら、入口がとても怖かったです!

ゲームセンターといえば友達とたまに行ったりするのですが、実際に遊んだことはそこまで無かったので久しぶりでした。マリオカートをやったり、ボールを投げるゲームをやったり、クレーンゲームをやったり。マリオカートを4人でやろうとしたのに100円を入れるタイミングが早くて一回1人でやってしまったとか、クレーンゲームで狙ってたのと違う商品が取れたとか、ちょっとした悲劇も起きましたが楽しかったです。特にボールを投げるゲームは我ながらうまかったと思います!

その後は一旦電脳九龍城を出て、川崎の町中でナナペ座長の片山さんを探すというゲームをやりました。ヒントを頼りに町中をひたすら歩いて探していきます。歩くだけでは無く走ったりもします。全力で走ったのは久しぶりだったのでかなり疲れましたが最終的に見つける事ができて良かったです。

そして再び電脳九龍城に戻り、今度はビリヤードやダーツをやりました。どちらも悪の組織が暇つぶしにやってそうなスポーツですね!ビリヤードに関しては経験ゼロな上、過度な運動音痴が祟って全く点数が取れないという事態に。ダーツもやはり経験ゼロでしたがなんとなく投げたら割と当たりました。0点は回避しました!

九龍城でたっぷり遊んだ後は皆で食事をして終わりました。あっさり書いていますが、集合が午後1時に始まり終わったのが午後10時くらいだったので実際はかなりたっぷり楽しめた素敵な打ち上げでした!この打ち上げをもって第25回ナナペーハーが完全に終了した、といったところでしょうか。最初から最後まであらゆる面で楽しめた、まさに「運動場」のような多様性溢れる公演だったと思います!おわり。



9日
第344話「凄い日記」

こんばんは。今日は土曜日であるにも関わらず大学に行き、駒場祭のためのビラを刷ってきました。ビラ刷りについては五月祭の時も書いたような気がしますが、せっかくなので今回も書こうと思います。

駒場祭当日には大量のビラを配ります。少し前にも書いた通り、僕のデザインしたビラですね。自分のデザインしたビラが大量に印刷されるとなると結構嬉しいのですが、なんと3000枚も印刷するそうです!しかも大きめの紙1枚に4枚分デザインされており、それを切って使うのでビラの枚数はなななんと12000枚だそうです。凄いですね!

そんな枚数のビラをどうやって刷って切るのかと言いますと、学生会館にある「ゲスプリンター」というものを使うのですよ。下衆なプリンター、という名前に反して(?)、このプリンターはとにかく凄い勢いで紙を刷ってくれるのです。こいつに任せれば千枚などあっという間!とりあえず凄いですね!

そして刷った紙は同じく学生会館にある裁断機を使って切り分けます。こいつはかなりの大きさであり、百枚以上もの紙を一発で真っ二つにしてしまいます!こいつも凄いですね!百枚以上の紙を重ねてザクッと切る事ができるのですよ!とにかく凄い!

そんな凄い学生会館の凄い兵器を使いこなした結果、1時間もかからずに12000枚ものビラを作る事ができたのでした。凄い!



8日
第343話「人生色々ユニット色々」

こんばんは。今日は久しぶりに部会がありました。先週は秋風寄席で部会がありませんでしたからね。そんな今日の部会では、駒場寄席について少し決めたりしました。駒場寄席は三日間もあるという事で、それだけ多くのユニットが出演するのですよ。

そしていつもよりも多くのユニットが出演するという事は、当然新しいユニットもあるという事なのです!そんなわけで今日の部会中も新しいユニットを組んだりしていました。新しいユニットというのはいいものですよ。

といっても僕は今までは二つのユニットにしか入っていなかったのですが。少し前にも書いた通り、有吉君とのコンビ、「ストライクターキー」と有吉君と高瀬君とのトリオ、「ピスタチオ大使館」ですね。どちらも有吉君がいたので、今までライブで漫才やコントをやる際は(ナナペを除いては)いつも有吉君と一緒だったという事になりますね。そしてほとんど彼にネタを書いてもらっていたのです。

今回は有吉君以外の人ともユニットを組むので、いつもとは違う気持ちでネタを考え、練習をし、ライブに臨むことになります。人が異なれば作るネタも大きく異なり、その演じ方も異なってきます。普段のライブを観に来てくださっている方も新鮮に楽しめる駒場寄席!是非見に来てくださいね!

・・・駒場寄席まではずっと宣伝記事になる気がしないでも無いです。



7日
第342話「ビラ作りストの苦悩」

こんばんは。今日も夜遅いので簡潔に書きます。

今日は駒場寄席のためのビラを作りました。少し前にも書いた通り、これが僕の広報生活の中で作る最後のビラとなるので凝ったデザインにしよう・・・と思ったのですが、駒場寄席のビラは普段のライブ(この前の秋風寄席や、新歓ライブ、七夕寄席など)の半分以下の大きさであり、その大きさの中に場所や時刻等の必要な情報を盛り込むとなると凝ったデザインは作りにくいのでした。

特に駒場祭では東京大学の学生以外の方が数多く来るという事でビラの中に地図が必要になるのですよ。そんなわけで地図を描いて必要な情報を盛り込んだらそれだけでスペースが無くなってしまったのでした。ちなみにこの地図は手作りです!1からペイントショップで作りました。これを手作りと言えるかどうかはわかりません。

駒場祭まであとほぼ2週間、当日は色んな場所でビラを配っておりますので見かけたら是非受け取り、ライブを観に来てくださると嬉しいです!以上、宣伝でした。



6日
第341話「大学生の運命とは」

こんばんは。今日はもう夜遅いので簡潔に書こうと思います。

今日はついに物性化学の追試の結果が出ました。この追試に合格しないと留年が確定するという非常に重要な追試ですが、その結果は・・・
無事、合格することができました!これで三年生に進める、はずです!

一応他の単位数も足りているかどうか確認したのですが、必修科目も総合科目も主題科目も、二年生までに取る必要のある単位は全て取れていたので問題無く三年生に進めると思います。相変わらず曖昧なのは自分がシステムをよく理解していないせいです。成績表の見方すらよくわかっていません!

・・・2年生の冬学期になってもこんな有様ですが、とりあえずこれで一安心です。これからもまたたくさん試験があって、単位に悩まされたりするのだと思いますがそれでこそ大学生なのだと思います。多分。



5日
第340話「駒場祭計画、始動」

こんばんは。今日は有吉君とストライクターキーの打ち合わせをしました。先週秋風寄席が終わったばかりなのに一体何のための打ち合わせかと言いますと、それは当然次の東大落研のライブ、駒場寄席のためですよ!

駒場寄席まであと2週間以上あるわけですが、逆にあと2週間程度しか無いと考えるとあっという間に感じてしまいますよね。そんなわけで今回こそは早めに準備をしようという事で今日最初の打ち合わせをする事にしました。いつもギリギリですからね。そして、いつも最初は早めに準備をしようと言っていますからね。つまり、今回も結局ギリギリになる気もします。

駒場寄席では一人が複数のユニットでネタをやる事も多いということで、僕もストライクターキー以外でも何かしらのユニットでネタをやろうと思っています。今年の五月際では有吉君と高瀬君と一緒に「ピスタチオ大使館」というトリオを組んでコントをやりましたが、果たして駒場祭ではどのようなユニットで現れるのか!お楽しみに!



4日
第339話「三連休最後ですって」

こんばんは。今日は一日ぼーっとしていました。三連休もこれが最後。一昨日の記事に書いたように明日は月曜時間割であり結局今週の授業数自体は変わっていないのですが、やはり三連休だと違いますね。パワーが違う!スピードも違う!

今日はぼーっとしたとはいってもちゃんとレポート課題はやりました。それも明日のレポート課題だけでは無く、なんと明後日のレポート課題もやったのです!明々後日のレポートは学校の情報教室のパソコンを使わないとできないものだったので、今日やるのは明日のレポートまでとしておきました。仕方ないですね。

しかし今学期は毎週レポート課題がある科目が多くて大変です。電磁気学と、電気回路と、あとソフトウェアI(情報科学みたいなものです)と・・・毎週ちゃんと授業内容を復習するのにはいい機会なのですが、相変わらずレポートの内容が授業内容と比べて難しいので割とすぐに諦めます。諦めない心をモットーに生きていたはずなのに、割とすぐに諦めます。難しいなら仕方ないですね。おわり。



3日
第338話「余裕綽々でもない」

こんばんは。今日は友達と一緒に遊んでいました。三連休なのでこんなことをする余裕もあるのですよ。いや、三連休でなくとも一日遊ぶくらい全く問題無いと思うのですが、気持ちの問題だと思います。多分。

追試も秋風寄席も終わった事ですし、駒場祭があるとはいえこれからは余裕がある・・・と思っていたのですが、科目によっては中間試験があったりするそうです。それも駒場祭の次の週にあったりするとか。今のところ何の科目に中間試験があるのか全く把握していないので、せめてそれくらいは調べておくべきですね。

あと数日後に早くも追試の結果が出るそうです。先月の下旬に追試を受け、結果が出るのは早くとも駒場祭の後くらいでそれまではまったりと生きていられると思ったのですがそうもいかないようです。恐ろしいですね。しかし、今更恐れたところでどうにもならないので気にせずまったりと生きていく事にします。

なんだかんだ言ってそこまで余裕が無いことが明らかになってしまいましたが、友達と遊んでいる時はそんな事も忘れることができる。素敵ですね!



2日
第337話「火曜日男」

こんばんは。今日は特に何も無い一日でした。昨日秋風寄席を終えて、少し疲れたので一日中ぼーっと過ごしていました。思えば今週の秋風寄席、そして先週の追試とちょっとだけ忙しかったですからね。とはいえ今月も駒場祭があるのでまた忙しくなりそうです。

今週は三連休です。土曜日、日曜日、そして月曜日。嬉しいですね!
しかし来週の火曜日は振替で月曜日程です。そして火曜日は僕は授業が無い日なのに対し月曜日は普通に授業があります。つまり、結局休める期間は変わっていない、という事になるのですよ!授業が無いはずの火曜日が月曜日の時間割になっているのですから!損した気分ですね、というか実際に損していますね!

思えば少し前にも火曜日が月曜時間割だった時があった気がします。他の振り替えよりも多いですよね、このパターン。それだけ月曜日が休日であることが多いという事だと思うのですがそれなら今度は火曜日が足りなくなるのではと思ったりします。火曜日に授業が入っていない自分としては火曜日が足りなくなることは大問題です。ギブミー火曜日!!

1日
第336話「秋風ピューピュー吹いている」

こんばんは。ついに11月のページまで来ました。何が「ついに」かって、これが赤田日記最後のページとなるのですよ!来月12月からは次の広報の方の日記が始まりますからね。残りわずかですが最後まで読んでくださると幸いです。

さて、そんな11月の初日ですが今日はついに秋風寄席当日でした!何が「ついに」かって・・・そりゃライブ当日だったのですよ!しかしライブ当日にも関わらずなんと授業が5限まであったのですよ。ライブは開場18:00、開演18:30。そして5限目の授業が終わる時間、18:00。ギリギリなんてもんではありませんね。

思えば前学期までは金曜日に5限目まで授業が入る事は無かったのですよ。平日に行うライブは基本的に金曜日の放課後ですからね。もちろんなるべくその時間に授業が入らないようにしていた、というのもありますが必修が入らなかったのは割とラッキーだったのかもしれません。しかし、4学期の過密スケジュールは容赦してくれなかった。恐ろしいですね。

こうしてギリギリライブ会場に着いたわけですが、ライブの方はといいますとお客さんもたくさん来てくださりネタも我ながらウケたと思うので良かったです。今日来てくださった皆さん、誠にありがとうございました。駒場祭でまたライブをやりますので、お時間がありましたら足を運んで下さると嬉しいです。

|

赤田日記2013年10月

31日
第335話「プチハロウィン」

こんばんは。今日はハロウィンですね。ハロウィンって日本では馴染みの薄い行事でしてまともにやってるのはディズニーランドくらいなものだと思っていたのですが、コンビニでハロウィンフェアという事でカボチャのお菓子を売ってたりレストランでカボチャのメニューを出していたり、そこそこ意識されている行事みたいですね。

今日もいつも通り秋風寄席のビラを配っていたのですが、なんと道行く人にハロウィンの仮装をしている人がいたではありませんか。それも一人だけでなく、何人も。皆様々な仮装をして歩いていたのですよ。

でも実際はハロウィンといいますと、仮装をして近所の家にお菓子を貰いに行くイベントですよね。もしかしたらこの方たちもどこかにお菓子を貰いに行っている可能性も、あるかもしれないですね!

ついに明日は秋風寄席です。18時開場、18時30開演なのですよ。場所は学生会館地下の第三音楽練習室です!いつもと違うのでご注意ください。宣伝おわり、ついでに今日の記事もおわり!



30日
第334話「幻の授業」

こんばんは。今日はいつも通り大学に行きました。水曜日は1限目から5限目まで授業がビッシリ詰まっている恐ろしい日・・・なはずなのですが、今日は1限目は休講でした。いや、今日も1限目は休講でした。

そう、水曜日の1限目は先週も休講だったのですよ。そして先々週はといいますと、台風により1限目だけ休みだったのです。(僕は電車が止まった影響で2限目にも出れませんでしたが。)そして先々・先週はといいますと、ナナペの準備で授業に出られませんでした。

つまり・・・僕はまだこの授業に一回も出たことが無いのです!もう10月最後の週だと言うのに、まだ一度も出ていない授業があるだなんて!恐ろしい話ですね。せっかくだし今ここで予習をしてみましょう。とりあえず科目名を見てみます。「情報通信理論」・・・よくわからない科目ですね。しかも教科書も指定されていないと来たもんだ。どのような課題を出されているのかもわからないので・・・

・・・来週頑張って追いつくようにしましょう。流石に来週は休講ではない、はず!



29日
第333話「アホになる回」

こんばんは。今回は第333回目。3が3つある回ですね。更に10月29日です!・・・残念ながら日付には3は一つも入っていませんでした。これで3月33日だったら完璧だったのですが、それは時空に革命的な変化が起きない限りは無理そうですね。もしくは日付の定義。

3は「さん」、つまりは「sun」、すなわち太陽!という事で今日の天気は・・・雨でしたね、はい。久しぶりの雨だったでしょうか。いや、少し前に台風が来たばかりなのでそんな事ありませんでした。雨であろうと秋風寄席のビラは配りました。相変わらずビラ配りの人数が多くて嬉しいばかりです。

今日は授業は無かったのですが有吉君とストライクターキーのネタの練習をしました。秋風寄席の練習をするのは3回目・・・かどうかはわかりません。ネタのページ数は確か3ページでした。練習に使った落研の部室は学生会館の3階。今日の昼ご飯はかなり奮発して560円。もうよくわからなくなってきたので今日はここまで。



28日
第332話「秋風のもろもろ」

こんばんは。今日は授業が終わった後、5限目に有吉君とネタの練習をしました。秋風寄席はもう今週末なのに今日から練習を始めるというギリギリっぷりですが、いつも気合で何とかしてきたので今回も何とかしてみせます。多分。

あと今日は昼休みの時間に秋風寄席のビラ配りをしました。東大落研ではいつもライブが近づいてくると昼休みの時間に食堂前でビラを配っているのですよ。他にもビラ配りをしているサークルはたくさんあるのですが、その人数で比較すると東大落研はトップクラスでは無いでしょうか。今日も6人ほどの部員が来て食堂前でビラを配っていました。そこまでの人数が必要なのか、と思われるかもしれませんがビラ配りは声だしにもなるのですよ。多分。

このビラは七夕寄席や五月寄席同様僕がデザインしたものなんです。相変わらずふざけたデザインですがお笑いライブのビラなのでこれくらいがちょうどいいのかなと思っています。次回のライブは駒場祭の駒場寄席であり、これが終われば代替わりで広報も変わります。つまり、ビラを作るのは次回が最後。ラスト一個前がこんなふざけたビラでいいのでしょうか。いいのでしょう。多分。



27日
第331話「秋の告知」

こんばんは。今日は秋風寄席に向けて有吉君とストライクターキーのネタの打ち合わせ的なものをしました。打ち合わせの場所は東京大学駒場キャンパス。つまりいつも行ってる大学ですね。まさか日曜日に大学に行く事になるなんて、と言いたくなりますがライブ前にネタの打ち合わせや練習で日曜日に大学に行く事はよくある話なのです。

どうやら秋風寄席ではストライクターキーの出番はかなり最後の方にあるそうです。出番が最初だと緊張しますが、最後だとそれはそれで緊張しますよね。しかしど真ん中でも緊張する・・・結局順番に関係無く緊張するのだと思います。

そんなわけで秋風寄席は11月1日(金)に行います。
18時開場、18時半開演です。
場所はいつものライブと異なり、学生会館の地下にある第三音楽練習室という部屋となります。僕もこの部屋でライブをするのは初めてなのでこれまた緊張しますね。練習室でライブ本番て!



26日
第330話「家の中は今日も平和です」

こんばんは。今日は一日ぼーっとして過ごしていました。一昨日物性化学の追試が終わったことですのでもう心配することは何も無く、ぼーっと過ごすことができたのですよ。実際は追試前であった先週の土曜日もぼーっと過ごしていたのですが、それでもやっぱり落ち着きませんからね。

僕はぼーっと過ごしていたのですが外の様子はそうでは無かったようです。どうやら今日は台風が接近しており、かなり荒れた空模様だったらしいです。「ようです」「らしいです」と推測ですが、台風が接近している日はなるべく外に出るべきではありませんからね!とはいえ台風が接近していなかったとしても外に出なかったと思いますが。

台風といえば少し前にも大型の台風が来たばかりなのにまた来るとはテンポが速いですね。もう少し休憩があってもいいと思いますね、台風にも。先週は台風で電車が止まったり遅れたり散々な目に遭った日があったので、台風にはもうしばらく休んでいてもらいたいですね。



25日
第329話「思いだし日記」

こんばんは。今日は久しぶりの部会がありました。久しぶり、と言いますと、先週は部会が無く、その前の週はナナペ直前で部会が無く、その前の週も部会が無く・・・とこうやって数えていくときりがないくらいには久しぶりの部会でした。

そんな久しぶりな部会のわけですが、どれくらいの人数が集まったかと言いますと・・・とにかく多くの方が来ていました!やはりこちらも数えていくときりがないくらいには多くの方が来ていました!素晴らしいことですね!

来週は秋風寄席という事で部会はありません。11月に入りますと数回部会があった後に駒場祭の準備でまた部会の無い週があったりします。実は今年の部会は残り少なかったりするのです。そんな中たくさんの方が来るというのはとても素敵な事なのですよ!

・・・そうだ、そろそろ秋風寄席の告知ページ作らないといけませんね。何か忘れてると思いましたよ!こうして日記を書いて思い出すと日記を書いてて良かったと思いますね!おわり。



24日
第328話「なんとかなったのか」

こんばんは。今日はついに運命の物性化学の追試の日です。この追試に落ちてしまうと留年がほぼ確定するという非常に重要な試験なのですが、相変わらず体調が悪くて色々と心配です。どれくらい体調が悪いかと言いますと、試験会場が建物の4階だったのですがその階段を上りきるだけでヒィヒィいってしまうくらいには体調がよろしくなかったのです。

そしてそんなコンディションで受けた非常に重要な試験。試験直前にせめて最後の足掻きという事で本試の問題の中で唯一調べて解決しそうな問題をネットで調べて答えを丸暗記なんてこともしてみたのですが・・・

なんとこれが見事に当たり、その問題は問題無く答える事ができたのでした。他の問題も本試と同じような問題が多く、本試の問題くらいしか勉強できていなかった僕にはありがたい追試でした。結果がどうなるのかはまだわかりませんが、多分なんとかなった・・・と思います。ならなかったらならなかったで今更どうにもなりませんからね!



23日
第327話「エンジョイ・マイペース」

こんばんは。何だか熱っぽいです。それに咳も出ます。どうやら風邪を引いてしまったようです。また。少し前にも風邪を引いていて、それが治りつつあったのですがぶり返したのかまた引いてしまったのか、とりあえず早く治したいところですね。

さて、明日はついに物性化学の追試です。しかし何を勉強すればいいのか良くわからない上に風邪を引いたと来ました。もう最悪ですね。できる人は徹夜で勉強して乗り越えるそうですが、僕は本試だろうと追試だろうと徹夜で勉強はしない主義・・・なのでは無く、そんな凄いことできないのでいつも通りの時間に寝ます。いや、体がダルいのでいつもよりも早めに寝ると思います。

マイペースって良いことと悪いことがありますよね。実際風邪が悪化しないように早く寝るのは良いことだと思うのですが、それだと色々困る事が出てくると思います。時には自分の調子を無視して突っ切る事も大切だと思うのですが、僕は超の付くマイペースだと我ながら自覚しておりますので、今日は寝ます。誰が何と言おうが今日はいつもよりも早めに寝ます!マイペースですからね!おわり。



22日
第326話「根性論万能説?」

こんばんは。今日は一日ぼーっとしていました。平日なのにぼーっとしていた?と思われる方がいるかもしれませんが、今日は授業が全く無かったのですよ!大学が休みだったのかな?と思われる方がいるかもしれませんが、僕が授業を取っていないだけなのですよ!サボって授業取ってないの?と思われる方がいるかもしれませんが、4学期は大半の人が火曜日は授業が無いそうなのですよ!

どうやら火曜日は3学期までで選択科目の単位が足りてない人が選択科目を取るために空けてあるそうなのですが、僕は選択科目の単位「は」足りているので大丈夫なのです。そう、選択科目は・・・肝心の必修科目は物性化学の追試がまだなので足りていません!

今日はそんな物性化学を少し勉強しようと思ったのですが、何を勉強すればいいのかよくわからない!とりあえず本試を、と思ったのですが、当時さっぱりだったものは今もさっぱりなのでした。ネットで調べる等してみましたが、それでもよくわかりません。結果、テキトーに教科書やプリントに目を通すだけとなったのでした。

物性化学の追試はついに明後日です。それなのにほとんど勉強できていない僕。この追試に落ちたら色々とヤバイそうなので気合で乗り越えます!困ったときは気合で解決しようとする、いつもの根性論なのでした。



21日
第325話「因縁」

こんばんは。今日は普通に授業がある一日でした。月曜日の授業は2限から4限までであり、今学期の中では比較的楽な方だと思います。それでも1日授業が2コマしか無かった前学期と比べると3コマあるので大変ですが、それは前学期が楽過ぎただけだと思います。楽過ぎた前学期と大変過ぎる今学期。極端ですね。

月曜日の授業は先週の火曜日に受けたのですが、その日は4限目が休講だったので4限目の授業を受けるのは初めてです。授業名は「数学1D」。

・・・D!?数学1Aなら知ってますよ。なにせこの僕が2度も不可を取った恐ろしい科目ですからね!あと数学2Bも知っています。これは何とか不可を免れた気がします。しかしDとは。まさか数学1Aから1Zまであるのではないかと思ってしまいます。もちろん2Aから2Zまでもあります。高校三年生の時に数学3Cという授業を受けた覚えがあるので、3Aから3Zまでもあるのかもしれません。全部合わせた授業数は・・・計算するのが面倒なのでしません。アルファベットの総数を3倍すればいいだけなのに。

そんな数学1Aの肝心の授業内容ですが、微分方程式を解くというものでした。微分方程式なら前学期に数理科学IIという授業で習ったので楽勝ですね。ついでにマセマも持ってます。まぁその数理科学IIは余裕の不可でしたけどね!!

・・・今回は頑張ります。



20日
第324話「応用することが基本?」

こんばんは。今日は昨日手帳に書いたやるべき事を色々と実行しました。まずはレポート課題。先週は多くのレポート課題が出たので、それをいくつかやりました。しかし、わかってはいたのですが・・・とても難しい!まだ授業について行けてないわけでは無いと思うのですが、レポート課題は授業で学んだ基本事項を応用させないと解けないものが多いので応用力の無い僕はさっぱりなのですよ。

そもそも応用力って何でしょうね。授業聞いて板書するだけで身につくものでは無さそうです。多分、問題を何個も解くべきなのでしょう。できる人は過去問をネットから拾ったり他の人から貰ったりしてそれを解いているのだと思いますが、できない人は問題集を買って解くしか無さそうです。しかしその問題集も授業に沿った内容とは限らないのでイマイチ買う気も起きず・・・結局何もしないまま試験に臨んで玉砕するのがいつものパターンなのですよ!

今回はそんな事にならないように早いうちから問題を解くべきだと思ったのですが、僕には過去問を入手する手段もよくわからないし問題集もイマイチ買う気が起きないので結局何もしませんでした。おわり。



19日
第323話「手帳日記」

こんばんは。今日は特に何も無かったので一日ぼーっとして過ごしていました。思えば先週のナナペのホール入り以来忙しい日が続き、ゆっくりと休む日が無かったので今日の休みはかなり久しぶりなお休みだったと思います。

しかしのんびりしている暇もあまりありません。今週の授業で課題がたくさん出ましたし、来週には忌々しき物性化学の追試があります。更に11月1日には東大落研の次のライブ、秋風寄席があるのでそれに向けて準備もしないといけないのです。

今日まったり過ごした分、明日は溜まってしまったやるべき事を片付けないといけないのですが、そうだとわかっていてもまったり過ごしてしまいそうな気がして怖いです。とりあえずやるべき事を忘れないようにどこかにまとめておくのが一番いいですね。というか何で今までそれをやってこなかったのでしょうか!

という事で明日やるべき事をせっせと手帳にまとめるのでした。こういう時手帳が活躍しますよね!今の時代手帳じゃなくてスマートフォンに記録する人も多いと思うのですが、僕はなんとなく手帳にします。手帳っていいものですね。おわり。



18日
第322話「すげーくない授業」

こんばんは。皆さん元気にお過ごしでしょうか。僕は相変わらず若干風邪っぽいです。でも今日は2限目に始まって5限目まで授業というビッシリスケジュールなので頑張っていきましょう。2限から5限というととても恐ろしいのですが、水曜日は更に恐ろしく、なんと1限から5限まですべて授業が入っています。全部て。全部授業て!

今日も今学期の授業について書きましょうかね。決してネタ切れというわけでは無いですよ。いや、実際ネタ切れではあるのですが。
今日の最初の授業である「電子デバイス基礎」。科目名からしてよくわからないですね。でも「デバイス」という言葉はなんとなくカッコいいですね。とてもハイテクな響きです。科学の力ってすげー!と言いたくなります。きっとすげー授業なのでしょう。

・・・と思っていたらよくわからない計算式をあーだこーだする授業でした。電子の動きがどうとか、シュレーディンガー方程式がどうとか、ハミルトニアンがどうとか。どうやら機械そのものでは無く機械を動かす仕組みを学ぶ授業だったそうです。シュレーディンガー方程式、と言うと前回単位を落とした物性化学でもしょっちゅう聞いた言葉です。もう二度と聞きたくないと思っていたのですが、早くも聞かされるとは思ってもいませんでした。すげー。



17日
第321話「よくわからないそふとうぇあ」

こんばんは。今日は台風も過ぎ去り、いつも通り授業を受けてきました。いつも通り、と言っても僕にとっては初めて今学期の授業を受ける週なのでいつも通りでは無いですね。せっかくなので今学期の授業についてでも書きましょうか。

今日の4限目と5限目にはソフトウェアIという授業がありました。いかにも電気系っぽい授業ですね。ソフトウェアと言うからには何かしらのソフトをいじったりするのでしょうか。正直僕は電気系に入ったにも関わらず機械にとても弱いのであまり、というか全く自信がありません。一体何をやるのか・・・

と思ったら普通のプログラミング系の授業でした。情報教育棟にあるパソコンを使い、「まっく」の「たーみなる」なるものでよくわからないコードを打ち込んで色々やったりするそうです。早速文字を表示させたり、計算させたりしました。ワープロとか電卓とか使った方が楽だと思うのですが、このよくわからない「たーみなる」によくわからないコードを打ち込む授業なので仕方ないですね。

そして最後に課題が出ました。来週までの課題だそうですが・・・
さっぱりわからない・・・



16日
第320話「台風日和」

こんばんは。今日は台風が接近して大変な事になっていたそうです。「そうです」と他人事のように言っていますが、全然他人事では無かったのですよ。台風が来ると言えば学校の休校を期待しちゃいますね。一度休講になると後々補講があったりして面倒なのは事実なのですが、それでもやはり期待してしまうものです。そしてその結果・・・

1限目は全て休講、2限目以降は平常通り授業が行われるという事になりました。話によると日本の大学で本日午前中に授業を行ったのは東京大学だけだったという噂がありますが、別にそうだったところで2限の授業には出ないといけないことには変わらないので家を出て大学に向かいます。

しかし困った事に電車が止まりました。電車がしばらく止まりました。電車が長らく止まりました。そして何とか大学に着いた頃にはもう2限目の授業の終わりの時間でした。いつも30分ほど余裕を持って家を出ているはずなのに遅刻どころか間に合いすらしないとは恐ろしいものです。それでも頑張って3限以降の授業は受けて帰ってきました。帰りでも電車が止まりました。台風はもうこりごりです。



15日
第319話「できない人」

こんばんは。ついに今日から授業が始まりました。実際は先週から始まっていたのですが、ナナペで忙しくて全て欠席したのは昨日書いた通り。まぁ初週はガイダンスだろう、と思っていたのですが・・・

初週の授業で課題を出していた科目があったそうです。いきなり先週出した課題を集めるなどと言われてもどうしようもありません。できる人なら欠席したとしても知り合いに授業内容や課題を聞くことができるそうですが、僕はできる人では無いのでそんな事はできませんでした。できる人になりたいです。

あと昨日から少し風邪を引いたのか、今日は一日中喉が痛かったです。恐らくナナペで疲れが溜まっていたのでしょう。疲れている時は無理をせずにゆっくりと休んだ方がいい、と言いたいところですが流石に今週の授業も欠席するわけにはいかないので気合で乗り切ろうと思います。自分の体調管理も含めて、できる人になりたいですね。



14日
第318話「あとのまつり」

こんばんは。昨日ナナペ公演が終わり、忙しかったけど楽しかった第25回目ナナペが終了いたしました。今年の夏休みもナナペに関わる日が多かったですが、それも昨日で終わり。暇で暇で仕方ない夏休みが始まります・・・あれ、夏休みっていつまででしたっけ・・・?

・・・日記には書いていなかったのですが、実は夏休みは先週の月曜には終わっていたのですよ。つまり、先週の月曜には授業が始まっていたという事です。しかし、月曜はホール入りだったので授業は欠席することに。当然先週の火曜日以降も授業があったのですが、ホールでの練習や準備が忙しかったので授業は欠席することに。火曜日も、水曜日も、木曜日も、金曜日も、ほぼ一日中ホールにいたので授業には一切出ていなかったのです。そう、僕は2年冬学期の初週の授業を全て欠席したのですよ。

初週はガイダンスだから大丈夫、などと思う方もいらっしゃるかもしれませんが全ての授業がそうだとは限りません。初週でいきなり課題を出しやがる授業もあります。何とかその欠席した分を補わなければいけません。

という事で昨日の公演終了後の準備も途中で抜けさせてもらい、今日は明日からの授業に備えて必要な教科書を確認したり時間割を調べたり、様々な準備をしていたのでした。ポケモンをやる暇など・・・それなりにありました、はい。



13日
第317話「最終日の運動場」

こんばんは。今日はコント集団ナナペーハー第25回公演「運動場」の二日目でした。昨日よりも更に良いライブになる事を目指して午前から早速コントの最終確認などをして、午後にリハーサルをしました。

しかしこのリハーサルはただのリハーサルではありませんでした。少なくとも、昨日や一昨日に行ったリハーサルとは全く違ったものとなりました。その内容とは・・・と引っ張ったところで前回ナナペの時の記事にも似たような事を書いたのですが気にしないことにしましょう。そう、二日目のリハーサルは皆でふざけるという、とてもリハーサルとは言えないようなものだったのです!そんなわけで皆で色々とふざけましたとさ。はい、このリハーサルについてこれ以上書くことはありません!

そして迎えた本番。昨日以上に多くのお客様が来てくださって嬉しいばかりです。やはりお客様が多い方がこちらも楽しくコントができますからね!皆様の笑いが僕たちの力になる、と言うとなんだかカッコいいですが実際そうだと思っています。オラに笑いを分けてくれ!

大盛況で終えた二日目も無事に終え、ナナペーハー第25回公演「運動場」は幕を下ろしました。実は今回のナナペには最初は参加するかどうか迷っていたのですが、参加して本当に良かったと思えるナナペになったと思います。次回のナナペの時には既に赤田日記は終わっていると思いますが、昨日見に来てくださった皆さんも今日見に来てくださった皆さんも、是非次回の公演も見に来ていただけると嬉しいです!



12日
第316話「一日目の運動場」

こんばんは。今日はついにナナペ公演一日目でした。今更ですが「ナナペ公演」とだけ書いてもイマイチわかり辛いですよね。なにせこの赤田日記では前回ナナペ公演であるQ&Aの事を書いていた時期もあったのですから、半年近く離れているとはいえごっちゃになってしまう可能性が無いわけでも無いかもしれません。という事で、今日はコント集団ナナペーハー第25回公演「運動場」の一日目でした!

公演開始は夜7時とかなり遅い時間ですので、それまでの間は最後の準備をしたり、昨日と同じようにリハーサルをしたりしました。リハーサルは昨日の時点でも割と完成していましたが、今日は午前中に会場を真っ暗にする「完全暗転」というものをやったので昨日以上に暗転時の舞台が真っ暗で、昨日と同じようにはいきませんでした。それでも昨日よりも高い完成度でリハーサルを終える事ができたと思います。

そして迎えた本番。「練習を本番のように、本番を練習のように行え」とは言いますが、まさにその通りでして、今回はそこまで緊張せずにできたと思います。大きな失敗も無く、お客様にもいっぱい笑えてもらえて素晴らしい公演になりました。本日ご来場して下さった皆様、誠にありがとうございました。明日ご来場の予定の皆様は明日の公演をお楽しみに!

公演当日の割に記事が簡潔ですが、もう夜遅いので今日はここまで。



11日
第315話「当日前夜の完結日記」

こんばんは。今日は最初のリハーサルをやりました。本番の前に本番同様に一通りのコントをやるこのリハーサルは非常に重要なのですが、このリハーサルを最初に行うタイミングは回によって違ったりするそうです。当然ライブ当日にはリハーサルを行うのですが、それより前の日のどのタイミングで行うかは結構異なるとの事。今日はライブ一日目の前日という事もあって最初のリハーサルを行うのには最高のタイミングだったと思います。

最初のリハーサルという事で色々と問題もあるだろうと思っていたのですが、大きな問題は無くすんなりできたので良かったです。ホール入りの時は果たしてあと一週間も無いのに完成するのかと不安になったものですが、案外何とかなるものなのですよ。そういえば前回ナナペでも、前々回ナナペでも似たような事を思った気がします。そろそろナナペの感覚を掴んでもいい頃だとは思います。

さて、明日はついにライブ本番一日目です。ライブは明日明後日どちらも同じ時間・同じ場所・同じ内容で行うので、どちらか一日来れる方だけ来ていただければと思います。明日はいち早くポケモンをやりたい方は明後日に、明後日はバイトで一日中忙しい方は明日来ていただければよろしいかと思われます。今回のナナペも多数のメンバーの情熱がこもった素敵なものとなっておりますので、皆さん是非来てくださいね!



10日
第314話「良くわかる出ハケ確認」

こんばんは。今日は出ハケ確認というものをしました。前回ナナペの時も出ハケ確認については書いたと思うのですが、確か前回は出ハケ確認はホール入りの日に行ったので出ハケ確認自体についてはあまり細かく書いていなかった気がします。残念ながら出ハケ確認についての記事を確認していないので確証はありません。

出ハケ確認とは、コントが始まる際に演者が出てくる場所や(これが「出」)コントが終わる際に演者が出ていく場所(これが「ハケ」)を確認することです。演者だけでなく小道具や大道具の場所も非常に重要でして、これらの置き場所も確認したりします。

机や椅子といった舞台に設置するタイプの道具は舞台のどこに置けばいいか具体的にわかるように目印となる蓄光テープを舞台に貼ります。このテープは名前の通り、光を蓄えます。具体的に言いますと、事前に光に当てて光を蓄えさせておくと暗い中で光るのですよ。演者はこの光を目印に、暗転中でも舞台上に正しく道具を置くことができる、という事ですね!

以上、赤田渉の良くわかるホール知識のコーナーでした。また明日、お会いできるかどうかは、わかりません!



9日
第313話「出来立て新鮮映像コント」

こんばんは。今日も夜遅いので短く簡潔に。

今日も昨日に引き続きホールで道具を作ったり練習をしたりしていました。昨日は道具を作るのでほぼ一日終わったのですが、今日は練習もする事に。
本番で演じるのと同じ舞台で練習することで、立ち位置や動きといった場所の感覚を身に着けるのと共に、本番の雰囲気を少しでも味わう事ができる・・・のだと思います。多分。

それと映像コントも完成してきました。映像コントの方はほとんど担当者の方に任せており、完成形がどのようなものになるのかはナナペメンバーも知らなかったりするので完成形を見るのが楽しみだったりします。リハーサルの時に皆さんよりも一足早く見る事になるとは思うのですが、皆さんが見るときと同じような新鮮な気持ちで映像コントを見る事ができるのでとても楽しみです。

既に夜1時近くなので今日はここまで。明日も朝からみっちり練習なので今日はもう寝ます。ぐーすかぴー。



8日
第312話「大波小波、大道具小道具」

こんばんは。今日からしばらくナナペ直前準備なのですが、帰りが遅くなるため夜に日記を書く余裕もあまりありません。という事で日記は短く簡潔に書こうと思います。

今日は朝から晩までずっとホールで作業をしていました。基本的に舞台で使う道具や衣装の作業をしたり舞台でコントの練習をしたりするのですが、今日は主に小道具大道具、そして衣装を作っていました。

小道具大道具にはそれを作るための材料を買い出しで準備してある物も多いですが、1からダンボールで作る物もかなり多いです。生協の購買や書店で要らないダンボールを頂き、それを解体してガムテープで貼りつけるといういつもの作業をします。中学高校の文化祭でもダンボールとガムテープのコンビは大活躍でしたが、大学のライブでもこの最強コンビは活躍し続けるのでした。

今回は凝った小道具大道具、そして衣装が多いとの事で作業に時間がかかるのですが手分けして頑張ってます。一体どんな道具類がコントに登場するのか、お楽しみに!



7日
第311話「ホール入りと謎の音響」

こんばんは。昨日は体調が悪くて寝込んでいたのですが、今朝起きてみると思いっきり元気!昨日が元気40%くらいだとしたら今日は元気90%くらいです!やはり寝ればなんとかなるものですね!そんなわけで元気に大学に向かい、ホール入り作業へと臨みました。

ホール入りについては前回ナナペの時や落研杯の時も記事にしたので、そちらを読んで頂ければ・・・で済ませてしまうのも流石にどうかと思うのでちゃんと書きます。今回のホール入りでは多くの一年生部員含むたくさんの方が協力して下さったので、いつもより円滑に進んだと思います。舞台や客席を作るための平台や箱馬を運んだり、それらに釘を打ち付けて木端で固定したりする作業は単純に人数が多い方が早く終わりますからね!しかし、今日問題となったのは人数ではどうにもならない作業でした。

そう、音響です。僕は片山さんに呼ばれて伊久君と調光室に行き、そこで音響の準備をしました。倉庫からスピーカーを運び、調光室にある大きな装置とスピーカーを繋ぎ合わせたり、装置同士をつなぎ合わせたり、機器の接続に苦労しながらも片山さんにやり方を教えて頂いたため、なんとか最後までたどり着きました。そして、いざ音を鳴らしてみると・・・

鳴らない。音が、鳴らない。配線な完璧なはずなのに、音が鳴らない!コードの断線や機器の不調といった様々な可能性を考え、色んなパターンを試行錯誤してみましたが結局うまく行かず、行き詰る事に。諦めムードが漂う中、片山さんが操作してみたところ・・・

今まで全く鳴らなかった音が急に鳴り始めたのでした。しかし問題は、うまく行ったときと行かなかったときとで配線は全く同じなのですよ。全く同じことをやっただけのはずなのに、どういうわけか鳴り始めたのです。当然この状況だと次にまた鳴らなくなった時に困るので原因究明する必要があるのですが、今日はここまで。



6日
第310話「エア買い出し?」

こんばんは。今日は買い出しの日・・・だったのですが、僕は学科関連の書類に手を付けないといけなかったので行けませんでした。といってもその書類自体は案外早く終わり、これなら買い出しに行けたのではないかと思っていたら何か気分が悪かったり熱が高かったりしたので皆さんに迷惑をかけないためにも休まざるをえなかったかなと思いました。

体調は大切な時に限って崩すものです。最近は涼しいというか寒い日が続いたので、その影響もあると思います。何とか明日までに治して万全の体調でホール入りに臨みたいところですが、それもどうなるかはわかりません。といってもそんな事を考えても仕方ないので今日は早めに寝る事にします。

さて、そんなわけで買い出しについての記事は書くことができないのですが前回ナナペの時の記事があるのでそちらを見ると良いと思います。確か、3月後半に買い出しに関する記事があった気がします。原宿に行ってクレープを食べたことは覚えています。この事は秘密にしておくつもりだったのですが、3月の記事にも普通に書いてあるので最早秘密でもなんでもないですね。今自信を持って言えることは、今日はクレープは食べていないという事です。おわり。



5日
第309話「さいごかいぎ」

こんばんは。今日は第27回目のナナペ会議がありました。明日は買い出しで明後日がホール入りなので、ナナペ会議はこれで最後となります。最後のナナペ会議です。

午前中は明日の買い出しに備えて小道具や大道具、衣装等について話し合いました。それぞれのコントにおいてどのような物が必要か、それはどこで買えるのかを話し合ったのです。買い出しは基本渋谷や原宿で行うのですが、今回はそこに浅草が加わって浅草ならではのグッズについての話が出たりもしました。

午後はいつも通りコントを見たり、練習したりしました。ついにオープニングコントとエンディングコントの案が出て、それを皆で見ました。オープニングコントはライブの開幕を務めるコント、エンディングコントはライブの最後を務めるコントという事でどちらも非常に重要だと僕は思います。お客様を最初から笑わせたいし、最後まで笑っていて欲しいのですよ。そんなわけでオープニングやエンディングの会議ではちょっと張り切っちゃいました。もちろん他のコントも負けず劣らず重要ですよ!

練習では台詞を覚えたり、演技の練習をしたりしていました。台詞はもう大体覚えられたと思うのですが、演技面にはまだ不安が残ります。これはホール入りをしてから本番と同じ舞台での練習を繰り返して上達させていきたいですね。



4日
第308話「秋の寒さ対策」

こんばんは。今日は一日ぼーっとしていました。でも少しは外に出た方がいいと思い定期券を更新しに行きました。結局4学期からも駒場に通う事になったので、定期券は今までのを継続して使う事になります。

外に出た時に思ったのが・・・今日はかなり寒かったですね!今までは涼しいといった感じだったのですが、今日は寒いとも思いました。もはや秋の到来なんてもんではありませんよ。冬ですよ冬!寒かったのでちゃんと上着を羽織って外に出ました。少し前は夏の恰好で外出していた気がしますが、もう冬の恰好・・・とはいかないまでも冬寄りの恰好でしたよ。

来週は月曜日にホール入りをし、それからホールでの作業が続きます。ホールの中は結構涼しかった気もするので、ちゃんと上着を羽織って作業をした方が良さそうですね。ナナペ公演を見に来てくださる皆様も、公演は夜ですので忘れずに上着を着ていくようにしましょう。夜7時に公演が始まり終わるのは夜9時近くになるので、終わって外に出る頃には多分涼しいを通り越して寒いと思います!



3日
第307話「前向きナナペ」

こんばんは。今日は第26回目?のナナペ会議がありました。先週の集中練習を会議と数えるか否かで回数が変わってきますが、数えるとしたら第26回目なはずです。多分。

先週の集中練習で大まかな配役が決まり、今日の会議ではその配役が更に固まっていきました。本番まであと10日を切ったのにようやく配役が決まったのか、と思う方もいるかもしれませんが(というか僕もそう思います)、最後の一週間で追い込むのがナナペーハーです。

そんなわけで僕も何のコントに出るか大体決まったので、台詞を覚えたり演技の練習をしたりすることになりました。台詞は今後の改稿次第で変わる可能性もあるので、完全に覚えてしまうと変わった時に覚えなおすのが大変ですが、僕はそんなに早く完全に覚えることはできない人間なのでその点は問題ありません。

とはいえ今回はメンバーの数が多いだけあって個人の負担は軽めで、案外すんなり台詞を覚えられるのではないか、と楽観的に見ています。人生前向きが一番。でも、前向きと楽観的は、ちょっと違いますね。はい。



2日
第306話「ポケモン日記?」

こんばんは。今日も一日ぼーっと過ごしていました。ついにポケモンXY発売まであと10日ですね!・・・違った違った、第25回ナナペーハー公演「運動場」一日目まであと10日ですね!昨日もポケモンを引き合いに出していましたしこのままではポケモン日記になってしまいます。これはポケモン日記じゃなくて赤田日記なんですよ!!

今日はポケモン赤緑をアニメ化した「ポケットモンスター オリジン」なるものをテレビでやっていましたね。オリジンと聞いてお弁当を思い浮かべる方は普通の方、ギラティナを思い浮かべる方はポケモン通。僕の世代だとポケモン赤緑発売当初はちょっと幼すぎたのであんまり覚えていないのですが、それでもポケモン赤緑世代に含まれてると思います。そんなわけで最近のポケモンを知らないポケモン赤緑世代の方も今日の放送は見たのではないでしょうか。

リザードン、カッコ良かったですね。でも、僕はカイリューの方が好きです。ポケットモンスターオリジンにも一瞬だけカイリューが出てきたのですが、ラプラスの冷凍ビームの犠牲となりました。そしてそのカイリューを使っていたのが、そう、ドラゴン使いのワタルです!僕の下の名前はワタル(渉)なのでワタルさんにはちょっと親近感?を覚えます。シバさんの「ウー!ハー!」が見れたのでワタルさんの「しっぽをまいてかえるかい!」も見れるかと思ったのですが、ワタルさんはそこまでは目立てなかったようです。

赤緑では四天王の最後という微妙なポジションだったワタルさん・・・いや、微妙じゃないですよ!今となっては四天王を倒した後にチャンピオンと戦うのは誰もが知っている事ですが、当時は更にもう一人と戦わないといけないことに驚いたはずなんですよ。多分。まぁそれはいいとしまして、そんなワタルさんも金銀ではチャンピオン、すなわちラスボスとして君臨するわけですよ!やったねワタルさん!・・・金銀では真のラスボスのレッドが強すぎて結局ワタルさんが微妙なポジションになっているのも否めないですね。はい。

・・・という事でなんとかポケモン日記になるのを阻止してワタル日記にしたのでした。めでたしめでたし。赤田日記じゃないんかい。



1日
第305話「募集企画」

こんばんは。今日から10月です。赤田日記も新たなるページで頑張って更新していきたいと思いますので、今月もよろしくお願いします。この月初めの挨拶をするのもついにあと1回のみとなりました。話数も凄まじいですね。305話て。ポケモンでもこんなに話数は無いだろと思ったのですが、調べてみたら800越えしているそうです。流石はポケモン、圧倒的ですね。

今日は一日ぼーっと過ごしていました。一昨日の集中練習、そして昨日の学部ガイダンスと忙しい日が続いたのでこういう日もいいですよね。来週になったらホール入りした後ホールでの練習が毎日ありますので休む暇が全くと言っていいほどありません。その分今のうちに休んでおきたいところです。

今のうちに休んでおく、といっても「休み溜め」みたいな事ができるかどうかは良くわかりませんね。熊みたいに冬眠して春からの活動に備える事ができたらいいのですが、残念ながら人間には冬眠システムは無いのでそれはできません。でももしかしたら冬眠したことのある人もいるかもしれません。

という事で!冬眠したことのある方(最低1ヵ月以上)!!是非10月12日・13日の第25回ナナペーハー公演「運動場」に来てアンケートに「冬眠しました」と書いて下さい!それによる特典はありません!

|

赤田日記2013年9月

30日
第304話「ながいだんす」

こんばんは。今日は工学部のガイダンスがありました。本当はナナペ集中練習二日目でもあったのですが、ガイダンスに出ないと後々困りそうなのでガイダンスに出る事に。という事で今日は駒場では無く本郷キャンパスに向かったのでした。

最初は工学部の全体ガイダンス。その次に電気情報学科の学科ガイダンス(僕は電気情報学科に内定したのですよ)。これで終わりなので途中からナナペ練習に参加できるかもしれない、と思っていたのですが学科ガイダンスの終了時間がなななんと夜6時、そこから更に懇親会なるものがあるそうなので無理だと悟りました。悟りを開きました。

僕は4学期の授業については右も左もわからない状態だったのでガイダンスは非常に重要です。特に重要なのが時間割。4学期になったら授業は全部本郷で受ける事になり、そのコマ数は今までよりもずっと少ないに違いない・・・と思っていたら、なんと!

全ての授業が駒場キャンパスで、更にコマ数が凄まじく多いではありませんか!!

てっきり4学期になったら毎日本郷に通う事になるかと思いました。僕の家からは駒場よりも本郷の方が近いので、楽になるとずっと思っていました。それがこんなことになるだなんて・・・でも、部会は毎週駒場で行われるので落研の活動に参加しやすいという点では嬉しいです。

ガイダンスの後は3年生の方々による懇親会がありました。肉食べたりジュース飲んだり自己紹介したりしました。学科に進んでからは今まで以上に交友関係が大切との事なので、工学部電気系の皆と仲良くやっていきたいです。



29日
第303話「集中練習と消えた靴」

こんばんは。今日は第24回目のナナペ会議がありました。しかし、今日はただの会議ではありませんでした。集中練習の日だったのです。午前中はいつも通りコミュニケーションプラザで部屋を取ってネタを見たりしたのですが、午後は和館で練習をする事に。その時間、なんと午後の1時から午後の9時までの8時間!集中練習なだけあって非常に長いです。

今日は日曜日なので生協食堂は開いておらず、外のコンビニでお弁当を買って和館で食べる事に。そして食べ終わった後、ゴミ箱は外にあったので外に出ようと思ったのですが・・・僕の靴が無い。

和館は入るときに靴を脱ぐようになっておりまして、当然僕も靴を脱いだのですが何故かそこに僕の靴が無かったのですよ。靴箱を確認しても無い。他のナナペメンバーの方が間違って履いたわけでも無く・・・本当に消えてしまったのかとも思いましたが和館を使っている他のサークルの方が間違えて履いて行ってしまっただけのようで、幸い少し経ったら戻ってきたので良かったです。

そんな事もありながらネタ見せや演技練習は続きました。午後6時以降はナナペスタッフさんの方々が来てくださり、全てのネタを見せて意見を言ってもらったりしました。ナナペメンバーは何度も何度も同じネタを見ているため、こういった初めてネタを見る人の意見も大切なのですよ。おわり。



28日
第302話「東大前」

こんばんは。今日は特に何も用事が無く暇だったので父と一緒に東京大学本郷キャンパスまで行ってきました。僕も冬学期からは本郷キャンパスで授業を受けるので、どんな場所か軽く下見に行ったのですよ。本郷キャンパスには五月祭で何度か行っていますが、五月祭の時と普段の時とでは全然違いますからね。

「駒場東大前駅」という名前の時点でここで降りればいい事がわかる駅が存在する駒場キャンパスと違い、本郷キャンパスは降りる駅の候補がいくつかあるそうです。本郷キャンパスは駒場キャンパスよりも遥かに大きく、キャンパスの端から端まで歩くとなるとかなりの時間がかかります。そしてどの建物で授業を受けるのかは学部や学科によって違うそうなので、どこが本当の「最寄駅」かは人によって違ってくるそうです。

五月祭のときはいつも「本郷三丁目駅」で降りていましたが、今日は「根津駅」で降りる事にしました。自分は工学部なのでこっちの方が近いそうです。ただ、それでも駅からキャンパスまでは結構距離があります。駒場東大前駅は出ればすぐに目の前に駒場キャンパスがありますが、本郷はそうもいかないそうです。本郷東大前駅があれば楽なんですけどね!



27日
第301話「クイズ明け」

こんばんは。今日は特に記念すべきでも無い第301回目の記事です。ちなみに、昨日は第23回目のナナペ会議がありました。昨日は300回目記念でナナペ会議について全く触れられなかったのでその代り今日それについて書くというのもアリだと思ったのですが、それだと日記の意義が疑われるのでやめておきます。

今日は寒かったですね。というか今でも寒いです。急に気温が下がり、秋になったという感じがします。なのでパジャマも長袖長ズボンになりました。半袖半ズボンとはもうお別れです。例年は最初はズボンだけ長ズボンにしてその後半袖を長袖にしたり、その逆だったり、とりあえずどちらかだけを先に変える事が多かったのですが今日は急に寒くなったのでそれどころでもありませんでした。

何度か書いた気もしますが、急に気温が変わると体調を崩しやすいです。特に夜寝るときはちゃんと毛布をかけて暖かくして寝るようにしましょう。僕もナナペが迫ってきて風邪を引くわけにはいかないので気を付けたいところです。



26日
第300話!!!「第300回記念!ザ・赤田クイズ10!」

こんばんは。今回はついに第300回目の記事となります!数字がずれていなければ最終回は第365回となるはずなので、これが最後の「100の倍数回記念」です。今まで100の倍数回記念に何をやってきたのか見ていきましょう。

まずは第100回記念。初の100の倍数回記念となるこの第100回記念では、「今までの日記のタイトルで最もセンスの良かったタイトル選手権」という凄まじく自画自賛な企画を行いました。ちなみに肝心のこの記事のタイトルは「第100回記念!第1回タイトル選手権!」となっていましたが、第2回はもうやらないと思います。多分。

次は第200回記念。この日は100の倍数回記念であるにも関わらず落研杯のホール入りという記事のネタにするような出来事があったので、悩んだ挙句「日記の文面をゴージャスかつ読みにくくするという一発ネタ」になりました。久しぶりに見ると目がチカチカしますね。あとこれは企画というかただのお遊びだと思います。はい。

そして今回の第300回記念では何をやるのかと言いますと・・・

「第300回記念!ザ・田クイズ10」を行います!
まぁ要するに僕に関するクイズです。自分に関するクイズを自分で出題するという痛々しさ極まりない企画ですが、張り切ってやっていきます。

クイズに入る前に、いくつか注意事項を。
・このクイズは僕に赤田日記を読んでくださっている方が全問正解できるようになっています。つまり、クイズは全て赤田日記の中から出題されます。
・普段から僕に会っている落研部員の方にとっては簡単に感じられるかもしれませんが、予めご了承ください。
・答え合わせは最後にまとめて行います。

それでは早速参りましょう!

初級編~基本的な事項
第1問目!
僕のフルネームを答えよ。

第2問目!
僕の東大落研における役職を答えよ。

第3問目!
僕が有吉君と組んでいるコンビ名を答えよ。

第4問目!
僕の現在の年齢を答えよ。

多分、僕に会っている人にとっては非常に簡単な問題ばかりだったと思います。ここから少しずつ難易度を上げていきますよ!

中級編~ちょっと難しい事項

第5問目!
僕が今住んでいる都道府県を答えよ。

第6問目!
僕の誕生日を答えよ。

第7問目!
僕が取っていた第二外国語を答えよ。

そろそろ僕に普段会っている方にもわからない問題が出て来たのではないでしょうか?でも、全部赤田日記には書いてあることなんです。それではラスト、上級編!

上級編~自分でも難しいと思う事項!
第8問目!
僕イチオシの参考書、マセマ。この三つの中でマセマを使わなかった科目はどれか。
1.物性化学
2.数理科学II
3.電磁気学

第9問目!
今年の落研杯における僕と有吉君とのコンビ(第3問目の答え)の順位を答えよ。

第10問目!最終問題!
僕がどうしても納得できない舞台用語?を答えよ!

・・・

・・・

・・・

はい、お疲れ様でした!クイズはここまでです。それでは早速答え合わせをしましょう!

第1問目。僕のフルネーム。
答えは赤田 渉です。人の下の名前って案外忘れるものですよね。

第2問目。僕の東大落研における役職。
答えは広報です。Web担当でも可。日記を書くのは広報のお仕事の一つです。

第3問目。有吉君と組んでいるコンビの名前。
答えはストライクターキーです。確か僕がなんとなくで付けた名前だったと思います。

第4問目。現在の僕の年齢。
答えは19歳です。自分の年齢をたまに忘れそうになるのは僕だけでしょうか。

第5問目。僕の住んでいる都道府県。
答えは千葉県です。生まれも育ちも千葉県、だったかどうかは覚えていません。

第6問目。僕の誕生日。
答えは1月26日です。人の誕生日をたくさん覚えている方は凄いと思います。よって、この問題に正解した方は凄いです。

第7問目。僕が1年で取っていた第二外国語。
答えはドイツ語です。大学1年生は出会って二番目くらいに第二外国語を聞くという都市伝説がありますが、意味不明だと思います。

第8問目。僕がマセマを使わなかった科目。
答えは物性化学です。数理科学IIはマセマを使いましたが、必修でなかったので捨てた結果不可でした。電磁気学は不可でしたがマセマを使って追試に合格しました。物性化学は不可でしたが、追試は・・・まだまだこれからです。そして全く勉強していません。

第9問目。ストライクターキーの落研杯での順位。
答えは第3位です。初出場でこれは我ながら凄いと思います。応援してくれた皆さん、誠にありがとうございました。

第10問目。僕がどうしても納得できない舞台用語・・・?
答えはりゃんめん(両面)です。問題のネタが無くなって過去の日記からテキトーに探してきたのがバレバレですね。今回のナナペのホール入りでもこのワードを聞くという事を考えると、今から陰鬱な気分です。

さて、皆さんは何問正解だったでしょうか?
落研部員で僕によく会っている人には簡単だったかもしれません。
あまり正解できなかった方もいるかもしれませんが、ご安心下さい。

こんなクイズ、たくさん正解したところで何の得にもなりませんから!!

・・・赤田日記を今まで応援してくださりありがとうございます。終わりまであと少しですが、最後まで応援してくださると嬉しいです。皆さんよろしくお願いします。



25日
第299話「秋雨コラム」

こんばんは。今日もナナペ会議が無く、一日中ぼーっとしていました。まぁ午前中に床屋には行ったのですが、それは「ぼーっとしている」の範疇に入りますよね。あれ、入りませんかね?まぁいいか。

今日は久しぶりに雨が降っていましたね。久しぶり、かどうかは前に雨が降ったのがいつだったのか覚えていないので断言できないのですが、何となく久しぶりに思ったので久しぶりという事にしておきましょう。その「いつだったか忘れたけど前に雨が降った時」は台風だったような気もします。降ったりやんだりを繰り返す台風らしい雨でした。しかし今日の雨は一日中しとしとと降り続いている秋らしい雨だと思ったのですが、よく考えたら外に出たのは床屋に行ったときだけで今日の外事情などほとんど知らないのでこれも断言できません。

雨の日は当然空が曇っているのが普通ですが(たまに雨降ってるのに晴れてる時もありますが)、その曇っている中でも白っぽく曇ってるのと灰色っぽく曇っているのがある気がします。一日中降ってる日は白で、突然降り出すのは灰色。春や秋は白で、夏の夕立は灰色。そんなイメージです。空が灰色に曇っているのを見ると気分がどんより暗いですが、白く曇っていると雨なのに少し明るい気分になったりしますよね。しませんか。そうですか。はい。



24日
第298話「諦めない心!」

こんばんは。今日はナナペ会議も無く、一日中ぼーっとしていました。いや、ぼーっとしたかったのですが、朝から早速重要な出来事が。

そう、今日は「第二段階内定者発表」なるものがあったのですよ。漢字ばっかりで意味わかりませんね。そう、今日は「だいにだんかいないていしゃはっぴょう」なるものがあったのですよ。余計意味わからなくなりました。この「第二段階内定者発表」をなんとか上手に説明したいのですが、そもそも僕もどういうものかよくわかっていないので残念ながら説明できません。

しかし、この発表の結果をどうやって見るのかはわかっていたので僕も見る事にしました。そう、僕は第一段階では落ちてしまったのですよ。そして第二段階の結果・・・見事、第一志望の学部に内定していました!凄くあっさり伝えましたが実際は結構嬉しいのですよ。何せ第一段階の時点では内定者の最低点よりもだいぶ点数が足りていなかったので無理だと思っていたからです。それでも最後まで諦めなかったからこそ勝ち取った!これが諦めない心です!

実際あれほど点数が足りていなかったのにどうして内定したのだろうと自分でも不思議だったのですが、おそらく、第一段階で僕よりも高い点数で落ちてしまった人達が諦めてしまったのだと思っています。僕は、わざわざ変えるのが面倒だった・・・のではなく、最後まで諦めずに第一志望を変えなかったので無事内定を勝ち取ったのですよ!改めて諦めない心の大切さを知りました!



23日
第297話「お楽しみコントライブ」

こんばんは。今日は秋分の日です。それにも関わらず第22回目のナナペ会議がありました。国民の休日でも休まずより良いコントライブを目指して活動するのがコント集団ナナペーハーです。そもそも国民の休日に大学が開いているのかどうか少し不安でしたが、いつも通り開いていました。国民の休日でも休まずより良い大学を目指して活動するのが東京大学です。でも、生協食堂は閉まっていました。

今回の会議でついに本番で行うコントとその順番が決定致しました!その内容は・・・
・・・当然ここでは紹介しません!コントのタイトルだけ見て内容がわかるわけでも無いのですが、やはりそこを含めて本番の楽しみとしたいのですよ。一つのコントが終わり、舞台が暗転し、再び明転して次のコントが始まる・・・一体次はどんなコント、もしくは映像が始まるのか、皆さんには楽しみにしてもらいたいのです。

ちなみにそれぞれのコントにはちゃんとタイトルがあります。しかし、コントの始まりにそのタイトルが出るわけではありません。最初にタイトルが出ちゃったらコントが始まる時の楽しみも少し薄れちゃうかもしれないじゃないですか。そうするとタイトルは最後までわからないのかと言いますとそんな事はなく、エンディング映像にタイトルが出たりするみたいです。もっとも、僕はエンディング映像の製作には携わっていないのでわかりませんけどね!そういう点も含めて、楽しみにするといい・・・かもしれません。



22日
第296話「パラッパッパッパー アイムラビィンニィェッ」

こんばんは。今日は一日家でぼーっとしていました。普段のスケジュールなら会議は火曜木曜土曜なので月曜である明日も一日ぼーっとできるのですが、今週は火曜の会議が月曜に移動したのでぼーっとできるのは今日だけです。

今朝は6時半に起きてアニメを二本見て、その後最近見てなかったポケモンスマッシュ(通称ポケスマ、1時間番組)を何となく見て、その後またアニメを一本見ました。アニメを見終わった頃には朝9時になっていました。朝からテレビを2時間半見続けるという非常に不健康な生活ですが、これが日本児童の日曜日!・・・かどうかは知りません。

このような朝の番組を見ていて思うのですが、CMが非常に偏っていますよね。ポケモンの時間にはポケモン関連のCMをやる。子供向け番組の時間には子供向けのCMをやる。当たり前と言えば当たり前なのですが、この偏りによって知っているCMのバリエーションも偏ってきます。

例えば、僕からしたらマックのハッピーセットのCMはおもしろCMの王道中の王道なのですが(今回のミニオン→トムとジェリーはどっちも面白いので個人的には当たりです)、どうやら伝わらない方も多いそうです。でもゴールデンタイムにやってるCMは他の時間にもやっていたりするのでゴールデンタイムのCMを知っている人がマックのハッピーセットのCMを知らなくとも、その逆はあまり無いそうです。不条理ですよね!おわり。



21日
第295話「決戦ではない」

こんばんは。今日は第21回目のナナペ会議がありました。前回のナナペ会議で新作台本は締め切ったので今回からは改稿台本のみの会議となります。果たしてこの中からどの台本を本番でやる事になるのか・・・今回の会議でその決定に大きく近づきました。

座長の片山さんからメンバーに突如配られたアンケート用紙。「あなたの考えるコントライブ『運動場』」と書かれたそのアンケート用紙には、自分が本番で見たいコントとその順番を書くようになっていたではありませんか。そう、これこそが「運動場」総選挙・・・

・・・では無かったりします。あくまでこのアンケートは本番でやるコントの参考となるだけで、皆さんのアンケートから得票数を計算してその上位コントを本番でやる、というバトル形式では無いそうです。少し安心。

それでも今まであがってきた数多くのコントの中から自分の中の上位を決めないといけないことは事実です。片山さんが親切にも今まであがったコントのリストを作ってくださったので非常にわかりやすかったのですが、コントと映像案合わせて71もの候補がありました。71ものコントや映像案の中から十数個を選ばないといけないのですから、大変でしたよ。

本番でやるコントは来週にも決まるそうです。果たしてどのコントが選ばれるのか・・・!を皆さんが知るのは、10月12日・13日のライブ当日となりますね。乞うご期待!



20日
第294話「秋の話」

こんばんは。今日で9月も20日です。少し前までは9月になって夏が終わって寂しいと・・・あれ、このような事は前に書いた気がするので別の事を書きます。今日は暑かったですね!ここ最近は涼しい日が続いていて、一昨日の撮影があった日も比較的涼しくて過ごしやすかったのですが、今日は久しぶりに暑かったです。久しぶりにクーラーを付けました。

こう暑い日と涼しい日が繰り返されると夏が秋に移行していくのを感じますね。9月20日と言うと日付的にはもう秋に入ると思うのですが、まだ夏の暑さも残っているようです。寒暖差が大きいと風邪を引きやすいので、皆さん気を付けましょう。

あとどうやら今はお月見の季節みたいです。今日は全く外に出ていないのでわからないのですが(引きこもりの悲しい宿命)、昨日家に帰る途中に空を見てみたら月が大きく綺麗に輝いていました。確かに秋と言えば月見のイメージはあります。マックで月見バーガーのCMをやる季節です。最近は月見バーガーよりもビッグマックを一つ買うともう一つタダで付いてくるキャンペーンのCMをやっているので月見バーガーのCMはあまり見ませんが。

話題がコロコロ変わったところで今日はここまで。おわり。



19日
第293話「ナナペリーグ」

こんばんは。今日は第20回目のナナペ会議がありました。20回目ですよ、20回目!記念すべき20回目なのですよ。今日は新作台本の締め切り日でした。ナナペ会議ではネットに台本をあげてそれを会議で見るのですが、今までこのネットにあがる台本には二つ種類があったのですよ。

一つは新作台本。その名の通り、新しい台本ですね。
そしてもう一つは改稿台本。一度会議で見てメンバーの意見をもらい、その意見を元に改稿してあげなおした台本です。微修正程度の改稿である事もあれば、コンセプトが同じ程度で大幅に変わっている改稿もあります。そして今日がこの一つ目、新作台本の提出締切だったという事ですね。

つまりこれからは二つ目にあげた改稿台本のみとなります。今回含めて20回の会議であがってきた台本たち、その改稿のみがあがってくるというわけですね。そして近いうちに今まであがったネタの中から本番で演じるネタ、すなわち勝者が決まるそうですよ!今はまだ選手が出そろった段階です。本当の戦いはこれからです!



18日
第292話「5W1H」

こんばんは。今日はナナペ会議は無かったのですが、ナナペメンバーがとある場所に集まってとある事をしました。一部、ナナペの演者で無い方も来てくださりました。これだけでは情報量が少な過ぎて何の意味も持たないので、少しずつ情報を出していきましょう。

状況をわかりやすくするために、「5W1H」で考えます。「5W」は「why(なぜ)」「where(どこで)」「who(誰が)」「when(いつ)」「what(何を)」、そして「1H」は「how(どうやって)」です。これを順番に考えていきましょう。

まずは「why」。今回のナナペーハーで使うため。
次に「where」。これは冒頭で「とある場所」と書いた通り、敢えて伏せておきます。
「who」。冒頭で書いた通り、ナナペメンバーです。演者でない方も含まれているそうです。
「when」。午後3時から午後5時まで。
そして肝心の「what」。映像撮影をしたのです!

ついでに「how」ですが、映像撮影なのでビデオカメラを使って撮影しました。・・・これでちゃんと答えになっているのかはわかりませんが。



17日
第291話「朝のちょっとした波乱」

こんばんは。今日は第19回目のナナペ会議がありました。回数が本当に合っているかどうかいよいよ不安になってきましたが、「毎回回数を書く前にその前の会議の回数を確認してその数字に1を足した数字をその回の回数とする」という非常に画期的な方法を取っているので、多分合っていると思います。

会議のある日は毎朝ネットにあげられている台本を印刷して持って来ているのですが、今朝はどういうわけかプリンターがうまく動かなくて印刷することができませんでした。更に今朝はどういうわけか毎朝乗っている山手線がやたら止まって大学まで行くのに時間がかかりました。更に先日の台風の影響かキャンパス内に置いた立て看板が大変な事になっていました。朝から色々あって疲れました。

それでも会議は会議です。今日も多くのネタがあげられていて、ネタをあげるどころか書いてすらいない自分はそろそろ焦ってもいい頃だと思うのですがいつも通りまったり会議に出ていました。会議で見たネタそのものやそれを見た皆さんのコメントを参考にして自分のネタに取り入れられるものがあるといいのですが、参考にするというよりはネタそのものを楽しんでいるので結局何もできないのでした。ネタを楽しむというのは根本にして一番大切な事だと思いますけどね!

今日もいいことを言えた。終わり。



16日
第290話「Typhoon(英訳)」

こんばんは。今日はこの記事は自分の家のパソコンで書いています。今日台風が接近したようですが、自分は特に影響を受けずに帰ってくることができました。今日台風が過ぎ去ったので明日は台風一過になるのでしょうか。「台風一過」と言うと前は「台風一家」だと思っていてどんな一家やねんと・・・あ、これ結構あるあるネタだと思うのでわざわざ日記で言及するのはやめましょう。

今回の台風が台風18号だったようですが、今年はそんなに台風が来ているイメージがありませんでした。今回のが18号な時点で結構来ていたようですが、何故かそのようなイメージが無かったのですよ。台風が日本にたくさん来たと言っても自分のいる場所の近くに来ないとあまり来たというイメージが湧きませんからね。それでも今回の台風はニュースでも大々的に報じていたので今年の台風の中でも規模の大きい台風だったようです。

台風の季節というとピンとこないのですが、どうやら9月は台風がたくさん来る季節なようです。なんとなく6月くらいにたくさん来ると思っていたのですが、これは梅雨とゴッチャになっているだけだと思います。ともかく、これからも台風が接近することは充分考えられるので皆さん気を付けましょう。

うん、いいこと言った。終わり。



15日
第289話「嵐のお泊り会(誇張表現)」

こんばんは。今日はこの記事は自分の家では無く、友達の家のパソコンで書いています。というのも今日は友達の家でお泊りしているのですよ。先週の記事を読んでくださっている優しい方々は少し前にお泊りしたばかりだと思われるかもしれませんが、その時は僕の家だったのに対し今日は友達の家で泊まっているので全く問題ないのですよ!・・・何の問題かと言われたら僕もよくわかりません。

話は変わりますが台風が近づいてきているそうですね。外は晴れていたり雨が降ったりと忙しい空模様でした。本格的に上陸するのは明日ということで色々と不安ではありますね。果たして僕は自分の家に帰れるのか!帰れなかったら明後日友達の家からナナペ会議に向かうことになって、それはそれで楽しそうなのでいいのですが。よくはないですね。

台風が来たら何が怖いって、電車が止まるのが一番怖いですよね。我々現代人の移動は電車に依存することが多いので、台風で電車が止まってしまいますと何もできなくなってしまいます。だからといって歩いて行くなどと考えないように!少し前に大規模な竜巻もありましたし最近は何があるかわかったもんではありません。川が増水したり暴風で色んな物が飛んで来たりと非常に危ないので大人しく家にいましょう。

うん、いいこと言った。おわり。



14日
第288話「佳境ナナペ」

こんばんは。今日は第18回目のナナペ会議がありました。9月も中旬になり、ナナペ会議も佳境へと入っていきました。・・・そう、もう9月中旬なのですよ。考えられませんね。少し前まで「もう8月が終わってしまう、ああ僕たちの美しき夏が終わってしまう、でも僕たちは大学生なので美しき夏休みはまだまだこれからだ」などと言っていた気がするのに、もう9月も半分終わったときましたよ。恐ろしいですね。

さて、佳境に入ったナナペ会議なのですが何が変わったかといいますと、毎回の会議で提出される台本の数が大幅に増えました。少し前までは一度の会議につきネタは5つ程度でしたが、最近は8つ9つが普通になってきたのですよ。

どうして提出されるネタの数が増えたのかといいますと、新ネタ提出の締め切りが近づいてきたからですよ。ナナペーハーではコントを作るのも大切ですが、本番に向けてそのコントのセリフを覚え、演技の練習をするのも非常に大切です。よって、何のネタをやるかはある程度の段階で決めないといけないのですよ。その締切に間に合わせるために皆さん頑張ってネタを書いているということですね!

・・・まるで他人事のようですが、僕はどうかといいますと・・・改稿が間に合いません!終わり!




13日
第287話「ホラーバトルスペシャル!」

こんばんは。今日は13日の金曜日ですね。一週間前に予告した通り、13日の金曜日ですね。13日の金曜日といえばフレディかジェイソンのどっちかです。フレディかジェイソンのどっちかが何かしらやらかして13日の金曜日が不吉とされるようになったのでしょうか。多分、違いますね。13日の金曜日が何等かの理由で不吉とされてるから、フレディかジェイソンのどっちかが13日の金曜日に何かしらやらかしたのでしょう。

フレディかジェイソンのどっちかと言いますが、全然違う存在ですよね。ジェイソンは殺人鬼的な存在だと思うのですが、それに対しフレディは葉っぱです。「フレディVSジェイソン」というホラー映画があるそうですが、この二者が戦う事で一体何が起きるのでしょうか。人を殺す事を厭わない凶悪殺人鬼ジェイソンと、命の大切さを考えさせるフレディとの対決。力のジェイソン対知力のフレディと言ったところでしょうか。

ジェイソンは凄まじい戦闘能力を誇るそうです。マッハ2の速度で走り、東京タワーの半分の高さの跳躍力を持ち、月にクレーターを作る威力の頭突きを放つそうです。ただでさえ凄いのに武器を多数持っています。ナイフや銃はもちろん、戦車や戦闘用人工衛星、更にはマントルの力を操ると言われています。それに対しフレディのできる事、それはたった一度の「落下」のみです。その一度の落下に命の重さが詰まっています。一枚の葉ですが、その命の重さは・・・

実際こんなバトル映画があったら面白いと思うのですが、タイトル以外は全て嘘です!本物のジェイソンに「クレーター作れるんですか!?」「葉っぱのフレディとの戦いはどうでしたか!?」などと聞いて迷惑をかけないようにしましょう。



12日
第286話「不毛な争い」

こんばんは。今日は第17回目のナナペ会議がありました。9月に入ってから週3のペースでナナペ会議があるので、ナナペ会議の回数がどんどん増えていきますね。このまま赤田日記の回数を抜く日が来るのでは・・・と危惧してしまうほどですが、既に269回分(電卓って便利!)もの差を付けてリードしている赤田日記をナナペ会議が抜くためには一日に何度も会議をする必要があり、それは無理なので問題ありませんでした。えっへん。

しかし大切なのは回数ではなくその中身でしょう。ナナペ会議は毎回午前10時に始まり、午後4時に終わります。間に40分程度の昼休みが入る事を考慮してもなんと5時間20分もの長さを誇るのですよ。大学の授業が1コマ90分とすると3.5コマ分ほどですね。かなりのボリュームです。

それに対し赤田日記は毎日10分から20分程度で書いているので、時間の面においてはそこまで差は無いのかもしれません。赤田日記を毎回20分(見栄を張って)、ナナペ会議を昼休み含めて毎回6時間、すなわち360分としますと・・・

赤田日記:20分×286=5720分
ナナペ会議:360分×17=6120分

・・・なんという事でしょう。接戦ながらも赤田日記が負けてしまったではありませんか。それにしても電卓って便利ですね。元の計算方法が間違っている可能性も大いにあるので何とも言えないのですが、ナナペ会議はこれからも続いていくので差は更に広がっていきそうですね。

一体、何を争っていたのでしょうね。



11日
第285話「手動話題作り機」

こんばんは。今日は一日ぼーっと過ごしていました。最近は友達と遊んだり歯医者に行ったりよくばりカーニバルを観に行ったりと何かしら用事がある日が多く、一日ぼーっと過ごすのは久しぶり・・・と思ったのですが日記を見るに6日もそんな感じだったようです。いや、5日間もぼーっとしていなかったのならそれはもう久しぶりに入りますね!

一日ぼーっと過ごしていたので特に書くことが無いのですが・・・こんな時はいつもその日の話数や日付に関連した事を書いていましたね。話題作りの常套手段です。ちょっと漢字が難しいのですが、「常套手段」は「じょうとうしゅだん」と読むそうです。なんとなく「じょうようしゅだん」と読んでいたのですが、この機会に改めるようにしましょう!

さて、話数は285回目ですね。にやご、にはご、にはちご、にーぱっご・・・特に何も無いですね。流石に無から話題を作り出せるほど赤田日記は未来を生きる日記(?)ではないので話数に関連したネタはできなそうです。

さて、日付の方は・・・えーっと、今日は9月11日・・・
・・・やめておきましょう。



10日
第284話「無欠席会議」

こんばんは。今日は第16回目のナナペ会議がありました。今日はちょっと凄い事がありましたよ。なんと・・・会議に演者が全員集結したんです!!

そこまで凄くないように思われるかもしれませんが、これは結構凄い事なのですよ。何せ今回のナナペーハーは演者だけで18人もいますからね!中学や高校の1クラスの半分近くですよ!・・・1クラスの人数は学校によって差が大きすぎるのでこの例えはイマイチだった気もしますが。

その18人の演者が全員会議に揃うというのは今までほとんど無かったのですよ。まだ大学は夏休み期間中で何かと用事が入る事の多いこの時期に、演者全員の会議の時間の予定が空くというのはちょっとしたミラクルなのです!

そんな賑やかな会議でしたが、いつもと同じようにネタを見ました。午後からはコミュニケーションプラザの舞台芸術実習室という非常に広い部屋での会議となったので、人数が多くてもスペースを広々使って会議する事ができましたよ!



9日
第283話「キューキューの日」

こんばんは。今日は9月9日。九九の日です。九九と言えば、一一が一、一二が二、一三が三、一四が四、一五が五、三六(さぶろく)十八、三九二十七、九九八十一。の、あれですね。流石にこの記事で九九を全て紹介するのはどうかと思ったので、一部抜粋しました。良い子は全て覚えましょう。

インドでは九九を二桁まで覚えるそうですね。最低でも二十二十が四百、まで覚えるそうです。十三十七、なんて急に聞かれてもピンとこないと思いますがインドの方なら我々が七四二十八と言うように素早く答えてしまうようです。インド人凄いですね。実際このような計算が頭の中に入っていれば筆算する回数も減るので試験等で大幅に有利ですね。それ以外のメリットは、僕にはちょっとわかりません。

さて、こんな九九の話は置いておいて今日何をしたのかと言いますと、昨日からの続きで友達と遊んでいました。夏休みの10分の1は友達と遊んでいる気がします。平和ですね。しかし友達と遊ぶたびにそればかりを日記に書くのもどうかと思ったので、今日は九九の話になりましたとさ。おわり。



8日
第282話「効果音を文字であらわす」

こんばんは。今日は友達と一緒に遊んでました。僕の家でお泊りする事になっていたのですが、その前にポケモンセンターに行ってお買いものをする事になりました。

ポケモンセンター、わかりますかね。ポケモンのゲーム中に登場する回復施設、と同じ名前の実在するポケモングッズのお店です。ゲームでのポケモンセンターと同じく回復施設だったら「リンリンリコピン♪」で怪我とか病気とか一瞬で治せそうなのですが(しかも無料!)、残念ながら現実のポケモンセンターはお店なのでした。

世間一般の夏休みはもう終わったわけですが、今日は日曜日という事もあって子供はたくさんいました。それは普通の光景なのですが、最近は僕と同じくらい、もしくはそれ以上の年齢の人もたくさんいるそうですね。

一番人気は「エルフーンのみがわり人形」。これを聞いてピンと来た方はポケモンに詳しい方。本当にこんな名前のグッズです。僕くらいの年齢の人々に人気のようでした。これがあれば帰りたくなった時やトイレに行きたくなった時に「みがわり」を出せます!

・・・僕ですか?みがわり人形は結構大きく、僕の部屋に置くスペースが無かったのでお菓子等を買って帰りました。おわり。



7日
第281話「会議メシ」

こんばんは。今日は第15回目のナナペ会議がありました。9月に入ってナナペ会議の頻度が増えたわけですが、それでも台本がたくさんあがっていて有意義な時間を過ごせたと思います。皆さんの台本をあげるペースが一定であれば会議の頻度が増えたら一回の会議あたりの台本数は減るはずですからね。それでも一会議における台本数が減るどころか増えているというのは皆さんのやる気が上がっている証拠!僕もネタを一本書いたのですが、これで満足せずに更に新しいネタを投稿し、その中でも有望なネタは改稿していきたいですね!

毎回毎回ナナペ会議の日にナナペ会議の事だけを書いているとすぐにネタ切れになってしまうので、それ以外の事を書きます。8月の土曜日のナナペ会議の時は生協食堂が開いていなかったので購買で昼ご飯を買っていたのですが、9月以降は土曜日も生協食堂が開いているという事で今日は生協食堂で昼ご飯を食べました。

前回のナナペ(第24回)では会議が日曜日にあって、日曜日は8月も9月も生協食堂や購買が開いていなかったので毎週日曜日は駒場東大前駅の近くにあるコンビニでお弁当を買っていたのが懐かしいです。そのコンビニは少し遠くてそこまで歩くのが若干面倒だったのですが、たまには食堂以外で食べるのもいいですよね。今回はもう毎回食堂が開いているので遠征(?)する必要はないのですが、たまにはいつもと違った場所で違ったものを食べてみたいものです。



6日
第280話「プラマイ」

こんばんは。昨日よくばりカーニバルを観た後、家に着いた頃には結構遅い時間でした。なるべく早く寝たつもりだったのですがそれでも今日は朝から非常に眠い一日でした。それだけ昨日が充実していたという事なのでプラスに考える事にしましょう。今日が全く充実していない一日だった分、昨日一日が充実していた。これでプラマイゼロですね!

・・・いま「プラマイゼロ」と打ち込んで気付いたのですが、「±」という記号があるそうです。そのまんま、「プラマイ」から変換することができました。「プラスマイナス」でもできました。この記号は「プラス、マイナスの2パターンがある」といった感じの意味でしょうか・・・数学の解の公式で初めて目にした記憶があります。「にえーぶんのまいなすびーぷらすまいなするーとびーじじょうまいなすよんえーしー」だった気がします。懐かしいですね。

しかしノートに書く時は「±」よりは「土」と書いていた気がします。土ですよ、土。そのまんま、「つち」。実際は「プラスマイナス」と「つち」は全く違うものなのですが、数式に土が現れる事なんてまず無いので別に土と書いても問題無いのですよ。逆に数式に土が現れる状況を少し考えてみましたが、すぐに諦めました。それくらい、数式と土は無縁なものなのですよ。

・・・この変換して気付いたシリーズも結構多くなってきたような気がしますね。そんな時は書くネタが無かったという事で、今日はここまで。



5日
第279話「よくばった日」

こんばんは。今日は色々と忙しい一日でした。まず、第14回目のナナペ会議がありました。9月からは木曜日にもナナペ会議があるのですよ。10月の公演に向けて会議の回数も増え、皆さんのやる気も高まってきたといったところでしょうか!

そしてナナペ会議が終わって帰宅・・・では無かったのですよ。今日はナナペ会議が終わった後、そのまま加藤君と中嶋さんと一緒に江戸川橋駅の近くにある劇場に向かいました。「よくばりカーニバル」という演劇企画を観に行ったのですよ。「よくばりカーニバル」さんにはナナペ公演のビラを折り込んでもらっているので、そのお礼も兼ねて観に行きました。

観に行った理由はそれだけではありませんでした。なんと、その場でナナペ公演の宣伝をする時間を設けて下さったのです。実はこの「よくばりカーニバル」は4日間もある凄い企画でして、僕たち三人以外のナナペメンバーもそこで宣伝することになっていたのですよ。そして僕たちは「よくばりカーニバル」二日目である今日に宣伝することになっていたのです。この日のために短めのコントを作り(エチュードのネタを元にさせていただきました)、三人で練習して披露しました。

その後は「よくばりカーニバル」をなんと無料で観る事ができました。演劇というのはほとんど見たことが無かったのですが、この「よくばりカーニバル」は15分程度の短めの演劇を8本公演するという事で演劇初心者な僕でも見やすかったです。また、8本の演劇はそれぞれ違う団体の方によるものでしたので、より飽きずに最後まで楽しむ事ができました。タイトル通り、いい意味で「よくばり」な公演だったと思います。



4日
第278話「日本からのスタート」

こんばんは。今日は一日ぼーっとしていました。昨日歯医者に行ったおかげで歯の痛みもおさまりつつあって安心です。実は歯の痛みの原因は虫歯では無く親知らずで、虫歯を治療したところでこいつを何とかしないと歯の痛みは治まらないらしいのですが、とりあえず治まったからこれでいいのですよ。親知らずも早めに何とかしたいところですが・・・って昨日の歯コラムがまだ続いちゃっていますね。ここで話題転換!とうっ!

実は明日は結構忙しい一日なので、そのための体力を蓄えようと今日は一日ぼーっとしていました。別に明日が忙しい一日でなくとも今日はぼーっとしていたと思いますけどね。話題転換!とうっ!

今日は9月4日、串の日ですね。串といえば牛串!なのでしょうか。牛串は学園祭で頻繁に見かけるので何となく学園祭の印象が強い食べ物になりました。結構おいしいですよね。話題転換!とうっ!

とうっ!とうっ!とうっ!・・・

・・・話題転換を繰り返し、ついにアラスカ北西部にまで来てしまったので今日はここまで。ネタが無いとこのような意味不明な記事が量産されます。皆さんも気を付けましょう。



3日
第277話「歯の大切さを考えるコラム」

こんばんは。今日は第13回目のナナペ会議がありました。「ちょうど」13回目だそうですよ!今回(火曜日)の会議は13回目、そして来週の金曜日は13日だそうです。この不吉な偶然が意味するものとは一体・・・って偶然でも何でもないですね。
ちなみに今、会議の回数を知るために8月の記事にさかのぼる事になりました。でもこれで9月の記事に回数を書いたのでもうさかのぼる必要はありません!

今日もいつも通りネタを見たのですが、僕には少し気がかりな事がありました。昨日、健康診断の後に歯医者に行ったのですが虫歯がいくつかあったそうなのですよ。昨日の夜は歯が酷く痛み、大変だったものです。幸い今日はそこまで痛くないのですが、やはり虫歯があると言われると不安ですよね。

そんなわけで今日会議終了後、自宅の最寄り駅のすぐ近くにある歯医者に行って治療をしてもらう事に。虫歯が複数あるので何度か通う事になりそうですがとりあえずこれで安心ですね。

皆さん、歯は大事にしましょう!お兄さんとの、約束だぞっ!



2日
第276話「休みでも大学に行く人」

こんばんは。今日もナナペ会議は無かった・・・のですが、大学に行きました。朝の10時には家を出て、昼の11時半くらいには駒場キャンパスに着きました。そう、今日は大学に行く用事があったのですよ。

まずはナナペーハーのビラ配りです!そう、今日明日明後日は理系の1年生の試験があり(僕も去年ありましたよ!)、一応夏休み中ですがキャンパスにたくさんの人が来るのですよ。そこでビラ配りをするというわけですね!ナナペ公演は10月12日、13日なので今からビラを配るのは早く感じますが、今が一番多くの人に配れる機会なのですよ。

用事はそれだけではありませんでした。もう一つの用事として、健康診断を受けに行きました。健康診断といえば春頃に受けたのですが、その後もう一度受けろとの連絡があったのですよ。その時は春の健康診断で引っかかったのかと思いましたがそういうわけでも無く、どうやら春の健康診断の時に僕と同じ講義を取っていた人に感染性の高い病気にかかっていた人がいるらしく、それで感染している恐れのある人全てが再診の対象だったのです。

実際行ってみたら思ったよりたくさん人がいて、ある意味安心しました。自分一人だけ、とかだったら限りなく心配ですからね!そんなわけでちゃちゃっと健康診断を受けて帰ってきたのでした。おわり。



1日
第275話「ポジティヴ9月」

こんばんは。9月になってページも変わりました。今日からまた新しい赤田日記の伝説が始まる・・・!のですが、相変わらず夏休みなのでぐだぐだ日記であることには変わらないと思います。

しかし今週は割と忙しいのでそうぐだぐだする余裕も無いのですよ!まず、ナナペ会議が3回もあります!・・・が、これは9月は毎週そうなので別に特別忙しいわけではありません。しかし、その他にも用事が色々とありまして・・・まぁそれはその時に記事にすると思います。その時書くべき事を今書いてしまったらその時ネタ切れになってしまいますからね!

さて、もう9月です。今日は相変わらず暑かったですが、それでももう9月です。時が過ぎるのは早いものですね。8月に何度も書いた気がしますが、夏休みの期間に関わらず夏が終わるというのは寂しいものです。夏休み中は大学に行くために電車に乗っていると旅行中の家族連れをたくさん見たものですが、もうそれも無いのでしょう。何だか寂しいですが9月は9月で楽しい事が一杯あるはずなので前向きに楽しみましょう!

|

赤田日記2013年8月

31日
第274話「ここのつななぺ」

こんばんは。今日は第12回目のナナペ会議がありました。ついに今日で8月も終わりです。・・・が相変わらず暑いですね!暑い中、学生会館でクーラーを効かせて行う夏の会議はまだまだ続きそうです。

そんな暑い中ですが、今日はたくさんの台本があげられました。その数、なんと8つほど。普段は多くて5つくらいなので8つというのがいかに多いかが良くわかると思います。更に前回時間の都合で見れなかった台本もあるので今回見るべき台本はなんと9つ!「ここのつ」ですよ、「ここのつ」!!

しかし限られた会議の時間の中、9つものネタを見ると言うのも結構厳しい事でして、余ったネタは次回に回す事になりました。余るほどのネタを皆さんが書いて下さるというのはとても嬉しい事ですね!自分も頑張ろう、という気分になります。

でも夏休みの宿題は9月まで余らせちゃダメだよ!お兄さんとの、約束だぞっ!



30日
第273話「プチ出張?」

こんばんは。今日は他大のお笑いライブを観に行きました。青山学院大学の「ナショグル」と一橋大学の「IOK」の合同ライブでして、新宿バティオスというライブ会場で行われていました。なんとこの合同ライブで第25回ナナペーハー「運動場」のビラを折り込んでくれるとの事で、お礼の意味も込めて観に行きました。

ライブ会場の「新宿バティオス」というのは聞いたことの無い場所ですが、名前の通り新宿にある事は間違いないみたいです。問題は「バティオス」。カッコいい名前ですね。似たような名前の眼鏡の似合うとても強いポケモンがいたような気がしますが、多分関係ありません。

とそんなよくわからない事を考えるよるも先にネットで検索すればいいのが今の時代ですよ!検索したら新宿よりも西武新宿という駅で降りた方が近いとの事で、西武新宿駅で降りてみたら案外すぐに見つかりましたよ新宿バティオス!

そんなわけで合同ライブを観てきました。漫才・コントともにテンポの良いものが多くて最後まで楽しめました!
・・・お笑いライブの感想って案外書きにくいものですよね。印象に残ったネタをここで書いてもライブを観ていない方には伝わりませんし・・・という事で今日はここまで。



29日
第272話「前半戦を終えて?」

こんばんは。ついに8月が残り2日となり、夏が終わる寂しさが増していくばかりです。秋になれば涼しくなり、ずっと過ごしやすくなると思うのですが、それはそれで少し寂しさがあるのですよ。

外に出た時、うだるような暑さな上に日が照っていたら「夏だー!!」って思いません?早朝でも、真昼間でも、夕方でも、真夏は一日中暑かったので外に出たらいつでもそんな気分になるのでした。といっても今年の夏休みはいつも通り家に引きこもってばかりいたのでそのような気分になる事もあまり多くありませんでしたけどね。

思えば今年も夏っぽい事があまりできずに夏が終わってしまいそうです。海、花火、スイカ割り・・・は全て落研の夏合宿でやったからいいのですが、プール、お祭り、27時間テレビ・・・まだまだやっていない事がたくさんあるのですよ!27時間テレビはもう終わりましたけどね。プールはともかくもうお祭りはほとんど終わってしまったでしょうし今更後悔しても遅いのです。夏は非情に過ぎ去っていくのみ・・・

大学2年生の夏休みという事で、もしかしたら今年が一番遊ぶ余裕のある夏だったのかもしれません。それを不完全燃焼のまま終えてしまうというのは悲しい事です。夏は終わってしまっても、まだまだ9月も夏休みです!後半戦で取り返していきましょう!はい!



28日
第271話「ぐーたら日記を少し振り返る」

こんばんは。今日は一日お休みでした。昨日の立て看板を作る作業は結構時間がかかり、力仕事もいくつかあったので昨日家に着いた時点で既にヘトヘトでして、今日もその疲れが残っている状態でした。

そんなわけで今日はぐっすり寝ていました!もちろん一日中ずっと寝ていたわけでは無いのですが、特に何かをする必要があるというわけでも無く、ひたすら眠かったので寝たり起きたりを繰り返しながらぼーっと過ごしました。

8月28日にもなって何をやっているのか、と自分でも思うのですが、前にも書いた通り大学生の夏休みは長いので問題ありません!前に一日一日を大切にする、と書いた気もしますが気にしないようにしましょう。夏休みの赤田日記はぐーたらで構成されているのです!

・・・明日から本気出す。



27日
第270話「立て看板を立てよう」

こんばんは。27日で第270回目ですよ!そんないい感じの今日は第11回目のナナペ会議がありました。残念ながら第27回目ではありません。今日もいつも通りネタを見たのですが、会議終了後に皆で立て看板を作ることになりました。

普段のライブの立て看板は駒場キャンパスの正門前に一つだけ立てる事が多いですが、ナナペは特別という事で正門前の他、コミュニケーションプラザの近くにも一つ立てるのですよ!食堂の近く、と言った方がわかりやすいでしょうか。

今回の立て看板はビラのデザインを意識したデザインとなっておりまして、ビラ同様、「運動場!」という感じのする素敵な立て看板です。貼る写真を印刷し、それを板に貼り付けていき、いつも通り釘打ちをして設置場所に運び・・・文字で書くとたいしたこと無さそうですが、実際は結構な作業量でして中々時間がかかりました。

そして完成した立て看板は・・・是非皆さんの目で見てくださいね!正門前に一つあるので東大駒場キャンパスに行けば必ず目につくと思います!



26日
第269話「上級者向け」

こんばんは。今日は一日友達と遊んでました。夏休み入ってから週一のペースで遊んでいる気がします。しかし家に居ても僕は一日中部屋に引きこもって外にも出ないで誰とも話さず一日が終わる事が多いので、友達と遊ぶことは楽しいだけでなく外に出て人と話すいい機会になるのですよ。

前に昼ご飯にサブウェイに行った事を書いたと思いますが、今回はファーストキッチンという場所に行きました。パスタやハンバーガーのお店でした。パスタとハンバーガーの組み合わせって珍しい気がするのですが気のせいでしょうか。ハンバーガーはハンバーガー専門の店の印象が強すぎるからかもしれません。ともかく、そんなファーストキッチンで昼ご飯を食べたのですよ。

サブウェイではパンの種類や中に入れる野菜まで、色々聞かれて困ったのですが今回このファーストキッチンでもいきなり聞かれた事が。
「ポテトの種類はどれにしますか?」
ポテトとは、アレですよ、マックやケンタッキーでも入っているフライドポテト。その、種類を聞かれたのですよ。

ポテトの種類ですって?そんなの、ポテトはポテトと思うじゃないですか。しかし、カウンターに貼ってあったメニューを見てみると、なんと7種類ほどポテトの種類が書いてあったのですよ。7種類ですよ、7種類!焦ってしばらく黙ってしまったのですが、とりあえず「じゃがバタ」という言葉が目についたのでそれにしました。色々選べるのは嬉しいですが、初心者には厳しくない店、増えてます!



25日
第268話「夏の終わり?」

こんばんは。今日は8月最後の日曜日です。最近は昼でも涼しくなってきて夏の終わりを少しずつ感じますね。それでもまだ暑いのでクーラーは付けたくなりますしこまめな水分補給は必須です。

夏の終わり、と言うと夏休みの終わりなのが普通なのですが、大学生の夏休みは非常に長いのでまだまだ後1ヵ月もあります!前半戦が終わってこれから後半戦、という時期なのですよ。しかし夏の終わりが近づくと妙に焦ってしまうのは高校までの夏休みの名残みたいなものでしょうかね。

夏休み後半な9月に入るとナナペ会議の頻度も増えて忙しくなってくるため、実質的な休みの日数は結構減りますね。そういう事もあって焦りを感じるのかもしれませんが、大学生の夏休みは宿題も何も無いのでやはり焦る必要が無い気もします。最大の宿題はナナペの台本書き!落研たっぷりな夏なのです。



24日
第267話「映像ネタ一人大喜利」

こんばんは。今日は第10回ナナペ会議がありました。ついに10回目ですよ、10回目!記念すべき回という事になりますが今回もいつも通りネタを見たりエチュードをやったりしました。記念すべき10回目だからといって今回はネタを見るかわりに皆でパーティします!などとはならないのですよ。

さて、最近の会議でよく話題となるものがあります。それは映像コントです!ナナペーハーでは映像を使ったコントが何本かあるのですよ。それは完全に映像のみのコントの場合もあれば、普通のコントの中に映像を使ったネタを組み込んでいたりもします。いずれにせよ、映像を使ったネタはナナペならではなので、皆さん張り切って映像ネタを出すのですよ。

何しろ映像ネタは普段はできないような事も色々できますからね!映像編集の力に頼れば逆立ちした人が駄菓子屋の前で行列を作っているネタだって多分作れます!鉛筆削りでシャーペンが削れるネタだって多分作れます!ペットショップのハムスターのカゴに大型犬が詰め込まれているネタだって多分作れます!映像ネタは可能性に溢れているのですよ!



23日
第266話「改稿する人」

こんばんは。今日は久しぶりにナナペのネタを書いていました。ネタを書く、といっても新しく書くのではなく改稿ですけどね。しかし書いている途中に行き詰ってしまい、中断することに。時間を置くことでネタが思い浮かぶと信じて今日はここまで!

あっ、「今日はここまで!」は日記では無くてネタの改稿の事ですよ。今の「ここまで!」で今日の記事が終わったらいくらなんでも短すぎますからね。

ネタの改稿と言いますと細かい変化程度だと思うかもしれませんが、大幅に変える事もしょっちゅうあるのですよ。今日僕が取り組んでいた改稿は大きなものでして、ほぼネタそのものを書き換える形となっています。最初と同じなのはテーマくらいなものです。
改稿は会議でもらった意見を元に、自分のネタをより良いネタに変えていく重要な作業です。頑張っていきたいところですね、とフツーな事を書いたところで今日はここまで!



22日
第265話「ロクジノノロイ」

こんばんは。今日は朝11時くらいに起きました。いくらなんでも遅すぎますね。実際は6時20分くらいに一度起きた気がするのですが、そこから2度寝3度寝を経て結局起きたのは朝11時という酷い時間でした。

なぜ朝6時20分という正確な時間を覚えているのか?もちろん時計を見たから、でもあるのですが他にも理由があるのですよ。そう、僕はやたら朝6時20分に一度起きてしまう傾向にあるのです!例え土曜だろうと日曜だろうと、今日みたいな夏休みの休日だろうと、早く起きる必要が全く無い日でも6時20分という異例の早さで起きてしまう。これは一種の呪いなのでしょうか。

といっても原因はなんとなくわかります。大学に通う時、一限目の授業に出るときは必ず6時20分に目覚まし時計をかけていたのでそのときの6時20分起床が体に染みついたのだと思います。それで今でも6時20分という早すぎる時間に起きているのですよ。面倒な話ですね。でも呪いではないとわかったので一安心ですね!



21日
第264話「よく引っ張る記事」

こんばんは。今日は朝9時40分くらいに起きました。実際はもっと前に一度起きた気もしますが、すぐに二度寝したのでこれはノーカウントとします。朝9時40分くらいに起きて、スマートフォンを手に取り、その場を動かずじっと待っていました。ただただ、待っていました。そして10時まであと1分という時間になり、スマートフォンを素早く操作してとあるページを開きました。そのページとは・・・

・・・そう、「U-task Web」です。東大生なら誰もが知っているこのページ、普段は休講情報をチェックするときなどに見るのですが今は夏休みなのでそんなものをチェックする必要はありません。今日このページを、朝10時ピッタリに見た理由、それは・・・

・・・そう、今日朝10時に夏学期の成績発表があったのですよ!といっても一年生は9月にも試験があるので、今日成績発表があったのは二年生だけとなります。二年生夏学期、すなわち3学期といえば進学振り分けを直前に控えた非常に大事な時期であり、この時期の成績が進学振り分けに使われるので非常に大事なのですよ。そんな大事な成績を僕は公開時間ピッタリに見たというわけですね!そして僕の成績は・・・

・・・ちょっと思い出したくありません・・・



20日
第263話「宣伝の宣伝・ブルジョワジー」

こんばんは。今日は第9回ナナペ会議がありました。今日も皆で楽しく台本を見たり、エチュードをしたりといつものナナペ会議をしたのですが、ここで重大発表が!

ついにナナペーハー第25回公演「運動場」のビラが完成しました!ビラについては何度か書いた通り、西村さんがデザインして下さったのですが素晴らしいデザインです!そして普段の落研ライブのビラとは違い、業者さんにお願いして刷ってもらっているので紙も高級感あふれる紙なのです。

見てください、この紙質!いつもの紙と比べてみると、ほら、こんなにも違うんです!見るだけでわかるこの違い、ほら、「運動場」のビラは光に照らされてピカピカと輝いているではありませんか!見るだけでは無く手に取ってみてください、そして感じてみてください、この質感を!どうですか、ツルツルでしょう!表だけでなく裏も触ってみてください、ほら、裏もツルツルなんです!素晴らしい紙質ですね!

そんな高級感あふれる「運動場」のビラですが、ナナペメンバーが配っておりますので知り合いにナナペメンバーがいる方がおりましたら「運動場のビラ下さい」と声をかければ喜んで差し上げます!



19日
第262話「散歩の重要性を語るコラム」

こんばんは。今日も一日中家に引きこもっていました。ずっと家に引きこもっていると不健康だとは思うのですが、外が暑過ぎるのがいけないのですよ!仮に外がそこまで暑くなかったとして外に出るのかと言われたら、よくわからないのですが。

実際家の中だと熱がこもるので外より暑いときもあると思うのですよ。外は太陽が照っている時間はともかく、日の当たっていない場所や風の吹いている場所はそれなりに涼しいのではないかと思っています。外の風はとても気持ちいいのでたまには気分転換に外に散歩にでも出たいと思うのですが、そうしない理由があったのです。

そう、クーラーですよ!家の中は熱がこもるから外より暑い事がある、それは冷房を付けない場合の話です。冷房を付けてしまえばこっちのもの、こもった熱なんてあっという間にどうでもよくなってしまいます!恐るべしクーラー!

しかしそれでは健康にも環境にも良くないので、たまには外に出よう!と言う話だったのでした。これぞ論理の破綻!



18日
第261話「点対称」

こんばんは。今日は8月18日。「818」は逆から読んでも「818」。更に凄い事に、「1」を縦棒一本で書くと・・・(パソコンではフォントの関係で「1」が縦棒一本では無いのですが、紙に書くなりしてみてください)なんと!ひっくり返しても「818」になるのですよ!本当ですよ、これ!それを言うなら「88」だってそうなのですが、「818」の方が何か凄い感じがしますよね。

8月8日の時も数字の形状に関することを書いた気がするのでこの話はこの辺にしておいて、そろそろ日記らしく今日の出来事を書きましょうか。前ふりを数字ネタで埋めている時点で賢い読者の皆さんは「恐らく今日も何も書くことが無かったんだろうな」と思うでしょう。しかし、なんと!

はい皆さんの予想通り、今日も何も書くことがありませんでした!こういう何も無い日は前やったように些細な事を書けば良いと今気付いたのですが、既に結構長く書いているので今日はここまで。



17日
第260話「夏の風物詩」

こんばんは。今日は第8回目のナナペ会議がありました。お盆明けの久しぶりの会議となったわけですが、今日はいつもよりも人数が少なめで上がっていた台本も少なかったので早めに終わりました。まだ実家に帰っている方も多いのだと思います。僕もお盆で実家に帰りましたよ!そりゃ実家暮らしですから毎日実家にいるのですよ。

今日は上がっていた台本が少なかったのでエチュードを二回やりました。いわゆる、エチュード二本立てです。エチュードの話は既に日記で何度も出しているはずなのに話を出す度にちゃんと説明したかどうか気になってしまうのですが、多分どこかで説明したはずなのでそちらをご覧になってください。

・・・エチュードの説明ができない言い訳にかかる行数を使えばエチュードの説明をすることができるような気がしますが、気のせいでしょう。多分、賞味期限の欄に「パッケージ側面に記載」などと書いてあるようなものです。(アレは恐らく賞味期限は製造やら出荷やらの時にそれぞれ機械で打ち込んでいるから、だと思います。説明になっていない気がしますが。)ちなみにエチュードとは、即興コントの事です。

何が恐ろしいって、このエチュードに関して説明するネタは過去の日記で書いた気がすることですよ!日本の夏、ネタ切れの夏。内容ダブりは夏の風物詩です。



16日
第259話「無意識を称賛する記事」

こんばんは。明日は久しぶりにナナペ会議があります。何日ぶりか、と聞かれたら久しぶりと答えるくらい久しぶりです。といってもナナペ会議があるからといって家で特にすることも無く、一日ぼーっとしていました。

本当はネタをたくさん書いて会議でたくさん出したいのですよ。少数精鋭、よりも下手な弾も数撃ちゃ当たる、の方が何か楽しいじゃないですか。でもネタを書いて、そして会議で出すと「今回のナナペではこのネタをどんどん改稿していこう」と思っちゃうのですよ。そもそも下手な弾も数撃ちゃ当たる、と言えるほど弾数が無いのです。ネタがそんなにポンポン思い浮かぶ人間ではないのですよ。

ネタがどのような状況で思い浮かぶのか、と聞かれるとよくわかりません。しかし、既にネタをいくつか会議に出している以上いくつか思い浮かんだのは間違いないのですよ。ただ、それらのネタがどのような状況で思い浮かんだのかは全く覚えていません。多分、電車の中でぼーっとしている最中に思い浮かんだのがほとんどだと思います。つまり、ぼーっとすることはネタを作る上で有意義なのですよ!つまり、今日一日ぼーっとしてたのも明日のナナペ会議と関係のあることだったのですね!

・・・ネタは何も思い浮かびませんでしたが。



15日
第258話「なぜか遊びについて考える記事」

こんばんは。今日は昨日に引き続きお泊り会的な事をした後・・・その後は特に何もしないで今に至ります。夕方くらいまで一緒に遊んでいましたからね。といっても僕の家には友達が来た時に一緒に遊べる物がそこまであるわけでは無いので、二人でのんびり喋ったりしてました。

友達が来た時に一緒に遊べる物といったら何があるでしょうか?トランプのようなカードゲームは定番ですね。トランプは万能性がありますが、ウノも結構楽しいですね。ガッツリ遊ぶならボードゲーム。定番は人生ゲーム。他にも色々種類がありますが、ルールがすぐに理解できるのは人生ゲームだと思います。ワイワイ楽しむのならテレビゲーム。特にメジャーなのはスマブラやマリオカートでしょうか。こういったものはやってる人がうまいのは当たり前なのですが、テキトーにスティックをガチャガチャしているだけで楽しめます。今はスティック式とは限りませんけど。

そして僕はトランプはもちろん人生ゲームもスマブラも持っているので一緒に遊べる物もそれなりにあるのでした。部屋を見渡してみたらウノも見つかりました。なぜか物入れに青い4のカードだけ入っていました。この一枚で何ができるかと言ったら、何もできないと思います。



14日
第257話「日記を書いてない日」

こんばんは。今日は一週間ぶりに友達と遊びました。ナナペ会議が無いとどうしても家に引きこもってしまうので友達と遊ぶことは積極的に外に出るいい機会なのですよ。いつもは近くの町でテキトーに遊んでいるのですが、今日は少し遠出して遊ぶことに。

しかし今日も非常に暑かったですね!確かに今年の夏ではまだマシな方、だった気もします。今年の夏はとても暑い日が多いようで、実際ナナペ会議の日などもとても暑い日ばかりでした。そういった日と比べると今日はまだマシな暑さだったのかもしれません。それでも暑い事には変わらないのですよ!

そんなわけで外で遊んでいたのですが途中であまりの暑さと足の疲労(しばらく引きこもっていてまともに歩いていなかったのが原因)で限界が来たので僕の家でお泊りすることに。僕の家に友達を泊めるのもかなり久しぶりです。少なくとも今年で初めてです。そして友達の前で日記を更新するのもどうなのかと思ったので今日は日記を更新しませんでした!

・・・はい、意味はわかるのですが意味不明な一文ですね。



13日
第256話「セミの日 後編」

こんばんは。今回はタイトルの時点で既に不穏な雰囲気がしますね。前回は散々引っ張った挙句セミオチというしょうもなすぎる記事だったのに今回もセミの話を持って行くのがバレバレです。でもセミシリーズは今回で最後にしたいと思います。これが本当のセミファイナル、なんちって。

でもセミファイナルだと最後の一つ前なのでこれが最後では無いという事になってしまいますね。つまり次回もセミの日になってしまうのでしょうか。「セミの日 シーズン2」とか「セミの日 OVA」とかが始まってしまうのでしょうか。そして記事の内容はと言いますと、ほとんどセミとは関係のないしょうもない話が延々と続いて、最後に全く面白くないセミオチ。セミ記事なんて所詮はこんなものなのですよ。

東大落研ではブログをやっている人はそんなにいないと思います。僕が知らないだけなのかもしれませんが、皆ツイッターをやっているのでわざわざブログを作る必要もないと思うのです。しかしもしブログをやっている、もしくはこれから始めたいという人がいれば、一つ忠告しておきます。
セミ記事は、書かない方がいいと思います!
世間がセミ記事ブーム真っ盛りだと言ってセミ記事を書く、そんな悲しい連鎖はここで終わりにしましょう。セミ記事はこれで最後にしましょう。そう、これこそが本当のセミファイナル、なんちって。

このままだと永遠に繰り返されそうなので本当に終わりにします。
さて、誰も期待していないセミの話ですが、今日は朝からセミが非常にうるさくてその声で起こされたのですが、あまりにうるさいものでおかしいと思ったらなんと部屋の窓の外側に張り付いていました。非常に気持ち悪かったので窓を叩いたら飛んでいきました。終わり。



12日
第255話「セミの日 前編」

こんばんは。今日は一日ぼーっと過ごしていました。しかし、今までのぼーっと過ごしていた日よりも昼寝時間が長かった気がします。昼寝時間が長かったという事は、つまり眠かったという事です。眠かったという事は、つまり昨日よく眠れなかったという事です。そして昨日よく眠れなかったという事は・・・

突然なんですけど、「日記」ってその日の出来事を書くものですよね。赤田日記はその日の事を書けていないことが多いのですが、そんなことは気にせず改めてその日の事を書くことをもっと意識してみようと思いました。しかし、ここに一つの疑問が生じたのです。

「その日の事を書く」と言いましても、日記を書く時間帯によってはその日の事を書ききれないこともあると思うのですよ。例えば夜10時に日記を書いた場合、夜10時までの出来事の中から何か書くことができますが、夜10時以降に起きた出来事はどうしてもその日記には書けないという事です。

もし夜11時に家の隣にUFOが落ちてきてその中から出てきた宇宙人としばらく談話した・・・という超面白エピソードがあったとしても、もう日記は書いてしまったのでその日の日記には書けないのです。しかし、次の日の日記に書くとなるともう日を跨いでしまっているのでそのエピソードの事は書くことができません。つまり、この超面白エピソードの事は日記に書かずに終わってしまうということですよ。

それではいけないと思うので、僕は日記の定義をあまり気にせず、その前の日の事であろうと書き漏らしてしまった事はしっかり書こうと思っているわけですよ。

そして日記の定義について考え直してまで書こうと思った昨日の夜のエピソードなのですが、昨日の夜はセミが非常にうるさくで全然眠れませんでした。終わり。



11日
第254話「運動場とポケモン」

こんばんは。今日はナナペ会議も無く、一日ぼーっとして過ごしていました。いつもは火曜日と土曜日にナナペ会議が入るのですが、今週の火曜日はお盆という事でナナペ会議もお休みだそうです。つまり土曜日まで完全に暇な人間になってしまいました。俺たち暇人間です。早く予定を入れたい。

暇という事で、ナナペ用にコントを作ったりしたいですね。といっても既に会議でコントをいくつか出しているので、これの改稿もしたいところ。ナナペーハーに参加するのは今回で3回目となりますが、新しくコントの投稿と既に書いたコントの改稿とのバランスで悩むことは多いです。あのコントはもう少し成長させたい、でも新たな戦力も入れたい・・・!まるでポケモンみたいですね。既に持っているポケモンを育てるのか、新しいポケモンをゲットするのか。

ポケモンといえば最新作のX・Yの予約が昨日始まったそうですね。ついでにX・Yの発売日は10月12日、ナナペ公演一日目と被っています。予約して発売日からプレイする方も多いと思いますが、ナナペ公演も是非見に来て頂きたいのです!多分今作も「すれ違い通信」
を利用した要素があり、ナナペ公演を見に行けばたくさんの人達とすれ違えると思います!ポケモンを買う人も、買わない人も10月12日・13日のナナペーハー公演「運動場」をよろしくお願いします。



10日
第253話「運動場のホーム」

こんばんは。今日は第7回ナナペ会議がありました。前回はビラの告知をしたわけですが、今回はそれに続いてホームページの話をしたいと思います。

コント集団ナナペーハー第25回公演・運動場のホームページができたそうです。ここでリンクを貼ってもいいと思うのですが、リンクを貼ることに対して色々と厳しい世の中ですのでリンクは貼りません。URL冒頭の「h」を抜いたリンクも貼りません。ナナペーハー公式ツイッターにリンクが貼っておりますので、是非そちらからご覧になってください。ナナペーハー公式ツイッターをフォローしていない方は、この機会にフォローしましょう。

今回のホームページは岡田さんが製作して下さりました。「岡田さん」と言いますと、ホームページに書いてあるメンバー一覧を見ての通り竜大さんと千穂さんがいますが、竜大さんの方がホームページを作って下さりました。メンバー一覧を改めて見ると今回の公演はいかに演者がたくさんいるかがよくわかりますね。なんと18人ですよ18人!今回は凄い公演になりそうです。

ホームページにはビラ同様に公演日時や公演場所といった公演情報に加え駒場小空間への地図も書いてありますので是非ご覧になってください。そして公式ツイッターに書いてある「ほんのりふざけた感じ」とは・・・皆さんの目で確かめてくださいね!



9日
第252話「連休インフレーション」

こんばんは。今日は三連休最後の日です。といってもここで言う三連休とは火曜日のナナペ会議と土曜日のナナペ会議の間にナナペ会議の無い日が三つあるというだけで、そもそも今は夏休みなので全体として見れば六十連休くらいはあると思います。

少し数えてみたのですがもう夏休みが始まって二週間も経ったようです。夏休みが六十連休だとしますとそのうち二週間、つまり十四連休というのは結構大きな割合を占めますよね。単純計算で残り四十六連休です。実際は夏休みは六十連休よりもだいぶ長いのでまだまだあるのですが、それでも十四連休が終わったことには変わらないのですよ。残りの期間、もっと充実した日々が過ごせるようにしたいですね。

・・・普段の二連休やら三連休やらといった連休とは比べ物にならない超大型連休が飛び交っていますね。四十六連休て。これが連休のインフレでしょうか。やはり夏休みは偉大、そんな当たり前のことを改めて実感したのでした。終わり。



8日
第251話「今日は何の日デラックス」

こんばんは。今日は8月8日です。ハチ月ハチ日なので蜂の日ですね。東大駒場キャンパスにはよくスズメバチが現れるようで注意が必要です。スズメバチに出くわしてしまったら刺激せずにそのまま立ち去るしかありません。行きたい場所に大量のスズメバチが待ち構えていた場合は・・・武力行使!なんて言わずに対処できそうな方に相談した方が良いと思います。

ついでに「8」という数字が雪だるまっぽい形をしているので雪だるまの日と言ってもいいかもしれません。思いっきり季節外れですけどね。南半球なら8月8日に雪だるまを作ることも可能!・・・なのかどうかはわかりません。雪だるまと言いますと日本の雪だるまは2段構成なのに対してアメリカの雪だるまは3段構成となっております。つまり日本の方が雪だるまは作りやすいという事であり、更に言うとアメリカでは8月8日は雪だるまの日とはならないわけですね!

もう一つ、「8」という数字は丸を二つ描くだけで書くことができるので丸の日でもありますね!8月8日の「月」と「日」はどう頑張っても丸だけで書くことはできないのですが、細かい事は気にしないようにしましょう。



7日
第250話「記事の最後に明日使える豆知識があるよ!メモの準備をしてね!」

こんばんは。今日はついに記念すべき第250回目です!「記念すべき50の倍数回目」5回目です。しかし第100回目、そして第200回目では「記念すべき100の倍数回目」が優先されますので、「記念すべき50の倍数回目」としては3回目なのでしょうか。そして「記念すべき50の倍数回目」は「記念すべき100の倍数回目」よりも「記念すべき度」が低いので、今日は普通に記事を書こうと思います。色文字など使いません!

今日は久しぶりにお友達とそこら辺をぷらぷらして遊びました。朝10時に集まってしばらくぷらぷらしてたのですが、今日はかなり暑かったもんで11時半くらいにはどこかに入って食事をしたくなりました。いつもはサイゼリアやジョナサンといったファミレスに行ってピザやハンバーグ等食べているのですが、たまには違う場所にしようと思い今日はサブウェイに行きました。

サブウェイ、わかりますかね。パンに野菜や肉を挟んだサンドイッチ的なものを売っているお店です。サンドイッチと言ってしまうと誤解を招きそうなのでサンドイッチ的なものと言っておきます。「サブウェイ」という名前を日本語に直訳しますと「地下鉄」ですが、別に地下鉄ではありません。ついでに地下鉄にあるわけでもありません。元々はアメリカで展開しており、僕もアメリカにいたときはよくサブウェイのサンドイッチを食べていたのですがそれが日本にも来たようです。

日本でサブウェイに行くのも初めてではないのですが、行くたびに思う事があります。
「パンの種類はどうしましょうか?」
「お野菜はこれら6種類がありますが苦手なものはありますか?」
「多くしてほしいお野菜はありますか?」
「ソースはソーセージにはおススメのあらびきソースでよろしいでしょうか?」
「お野菜にはおススメのシーザーソースでよろしいでしょうか?」
・・・
聞いてくることが多すぎませんかね!要求してくるコミュニケーションスキルが高すぎませんかね!?パンの種類ってなんですか!知りませんよそんなの!全部「あっ、おススメで・・・」と返すしかないじゃないですか。でもタマネギは少なめで、お願いします・・・

ちなみにこのサブウェイですが、世界的に見るとあのマクドナルドよりも店舗数が多いそうですよ!これ、明日使える豆知識です!



6日
第249話「運動場を宣伝するビラ」

こんばんは。今日は第6回ナナペ会議がありました。今日もいつも通りネタの台本を見たりエチュードをやったり・・・だけでなく、今日はちょっと特別?な事をしましたよ。

ついにコント集団ナナペーハー第25回公演「運動場」、そのビラデザインが決定しました!今年度落研ライブのビラは広報担当である僕がデザインしていることが多いのですが、今回は落研のライブでは無くコント集団ナナペーハーのライブとしてのビラですのでデザイン担当は僕ではないのですよ。今回のビラデザインは西村さんが担当して下さりました。そしてその決定したデザインが・・・!

・・・まだ完成はしていないのでこちらでは発表することができません!是非、皆さん手に取って確かめてください!ここで少しだけ言ってしまいますと、まさに「運動場」!そんな感じのデザインとなっております。もちろん公演日時や公演場所といった公演情報、そして駒場小空間への地図も書いてあるそうですよ。駒場小空間の場所はちょっとわかりにくいので、是非この運動場感溢れるビラを持って来て下さいね!



5日
第248話「かわってないこと」

こんばんは。今日も特にかわったことをしていないので特に書くことがありません。いや、かわったことを書かないといけないと思うから書くことがないように見えてしまうのでしょう。別にかわったことを書く必要などありません。今までの記事だってそうだったではありませんか。おんなじようなことばかり書いていたではありませんか。という事で、今日あった特にかわったことでないことを書こうと思います。

今日は歯磨きをしました。今日は朝起きるのが結構遅かったので、確か10時くらいに歯磨きをしました。朝ご飯を食べた後でした。歯ブラシを持って、歯磨き粉を出して。確か銀色のチューブだった気がします。味はそこまで甘くはない感じです。一般的な「歯磨き粉の味」とは少し違うような気がします。

そして、なんと今日は一度のみならず二度も歯磨きをしたのですよ!夜、風呂から上がった直後でした。こちらも10時くらいだったでしょうか。10時といっても一度目の歯磨きは午前10時、二度目の歯磨きは午後10時ですよ。一度目と同じ歯ブラシを持ち、同じチューブから同じ歯磨き粉を出して同じように歯を磨きました。といっても今考えると午前の方が少し長めに歯を磨いたような気もします。毎日繰り返されるさりげない動作にも変化はあることなのですよ。

・・・ちなみに毎日ちゃんと二度歯を磨いています。ご安心ください。



4日
第247話「本番はこれから?」

こんばんは。今日は一日休みでした。今は夏休みなのでむしろ休みである事の方が自然であり、こんな報告は要らないかのように思われます。

しかし、思えば先々週の木曜日に最後の試験が終わって以来、毎週火曜日と土曜日にナナペ会議があり、そして先週は夏合宿がありました。実は休みだった日よりも落研に関わってた日の方が多かったのではないかとさえ思えます。僕は休みの日は大抵一日中家に引きこもって遊んだり昼寝したりしているだけであり、全く有意義でない一日を送っています。これがナナペ会議に出るだけで午前10時から午後4時までみっちり笑いを追求する有意義な6時間(実際は昼休みも挟まりますが)を送ることができるのですよ。

といってもナナペ会議は先ほど述べたように毎週火曜日と土曜日の週二日。夏合宿も終わったのでそれ以外の落研に関する用事はしばらくありません。ナナペ会議以外の日、週五日間は完全に暇な日なのですよ。これから暇な日がこれまで以上に増えてくるわけですが、なるべく有意義な一日を送れるようにしたいですね!



3日
第246話「ハマり役を探せ」

こんばんは。今日は第5回ナナペ会議がありました。昨日夏合宿から帰ったばかりでまだ疲れも取れていない中での会議という事で少々大変でしたが、有意義な時間を過ごせたのではないかと思っています。

今回もいつも通り皆がネットにあげた台本を皆で見ました。ネタを見るときは当然役をふる必要があるのですが、この時の役はあくまで暫定的なものであり、本番での役とはそこまで関係ない事が多いです。前にも書いた通りナナペのコントは会議で見た後に皆でコメントをしてそのコメントを元に改稿していくのですが、改稿したコントを見せる時には改稿前に見せた時と配役を変える場合も多いのですよ。

これはコントのイメージに合う配役を探すためにも大切な事でして、とにかく色んな人に役を演じてもらう事でピッタリ合う人を探すという試行錯誤なのですよ。最初からハマり役が見つかってそれで固定する場合や、元々特定の人物に役をやらせる事を意識してコントを書く場合もありますけどね。それらの場合は第一稿目から本番まで全く同じ役だったりもします。コント色々、配役色々。それがナナペーハー!



2日
第245話「海派と山派」

こんばんは。今日は夏合宿2日目です!朝起きたら朝ご飯を食べ、その後は昼ご飯の時間まで自由行動という事になりました。海に行った方もいれば部屋で寝ていた方もいましたが、僕は水谷君を引きつれて海の周りを散策することに。これが命がけの冒険の始まりであったことも知らずに・・・

最初は海沿いを歩きはじめました。途中で南国っぽい植物がやたら生えてる場所があったと思ったら「ハワイ村」などと書いてありました。確かに近くに海があるし気分は南国・・・なのでしょう。きっと。しかしそのまま進んでも特に面白いものも無さそうだったので引き返そうとしたら山側にちょっとした神社があったので二人でちょっとしたお参りをしました。

お参りもしたことだしそのまま帰ろう、と思ったら山の方でなんだか気になる寄り道が。少し奥の方に行ってみると「高崎公園」と書かれた看板があり、更に奥には階段があって山の上の方に繋がっているではありませんか。何があるのか気になったので二人で階段を上る事に。階段といってもちゃんと整理されたものでは無く、やっている事は完全に山登りでした。山のような階段を登って、登って、登って・・・地面に生い茂る草に躓きそうになり、たまにやたら高い段差があって上るのにも一苦労し、蜘蛛の巣をかき分けて・・・何が問題かってこの時の服装が半袖半ズボンサンダルだったことですよ!完全に山をなめてます!

そして階段を登った先には一つのベンチがあり、そこから海がそれなりに見下ろせるようになっていました。そしてその奥には更に階段が・・・しかしこの時点で二人とも汗だくのへとへとだったのでここで引き返す事に。無理して先に進んで倒れたら笑えませんからね。帰り道ではなんとなく階段の段数を数えていたのですが、ベンチがあった地点から最初の看板までで370段以上はありました。既に土に覆われていて本来は階段であったはずのものはカウントしていないので実際はもっと上っていたと思います。もはやちょっとした冒険でしたよ。

その後、無事に二人で宿に入って風呂に入って昼ご飯の時間まで休んでいました。昼ご飯を食べたら割とすぐに宿を出て駅に向かい、そのまま電車で帰りました。こうして今年の夏合宿は終わったのです。夏をフルに満喫できた楽しい夏合宿でした!


1日
第244話「夏の海で花火して」

こんばんは。今日は夏合宿1日目です!早速駅で集合してそのまま電車で千葉県の岩井という場所に向かいました。千葉県というと僕も千葉県に住んでいますがかなり東京よりなので千葉よりの千葉に行くことはほとんどありません。千葉も南の方に行くと海に囲まれていますからね!そんなわけで岩井駅に辿り着いたわけですよ。

岩井駅に辿り着いたら民宿に向かい、民宿に着いたらすぐに着替えて海に行く事に。海に行くのなんてとっても久しぶりです。どれくらい久しぶりかと言いますと1年ぶりです。つまり、去年の夏合宿ぶりですね。もう自分から海に行く機会なんてほとんど無いのでこの夏合宿は海に行くいい機会なのですよ。

海では軽く泳いだりフロート?を持ってぷかぷか浮いたり水鉄砲で遊んだり、砂浜に上がって城のような丘を作って遊んだりしていました。その後皆でスイカ割りをすることに。そしてなんとこの僕がスイカを割る役になったのですよ!スイカを割る刀?は部室に置いてあったオモチャの剣であり、こんなものでスイカが割れるのかどうか怪しいですがちゃんと目隠しをしてスイカ割りに挑戦しました。結果、スイカを完全に割るまではいきませんでしたがヒビを付けるくらいならできました。その後包丁を使って綺麗に切って皆で仲良く食べました。

海から戻ってきたら風呂に入り、豪華で美味しい夜ご飯を食べて再び海に向かいました。都会と違って街灯がほとんど無い場所もあり、海に向かう途中も真っ暗でした。海についても遠くに少し明かりがあったとはいえほぼ真っ暗。こんな真っ暗な海で何をやったのかと言いますと、まぁタイトルに書いてある通りなのですが花火をしました。最初は手持ち花火や線香花火を楽しんだ後、最後は派手に打ち上げ花火をやりました。やはり夏と言えば海と花火!そんな一日でした!

|

赤田日記2013年7月

31日
第243話「夏合宿イブ」

こんばんは。今日は7月最後の日です。そして最初にお知らせがあります。
明日は間違いなく日記を更新できません。
なぜなら明日から落研の夏合宿があるからです!

明日明後日と落研では夏合宿があるのですよ。千葉県の南房総に行って合宿をするそうです。落研の合宿と言うと何をするのでしょうか。ネタの練習?演技の練習?それともツッコミの素振り1000回?もしくは運動部の夏合宿のように砂浜マラソン10km、遠泳5kmをした後に腕立て1000回腹筋1000回という恐怖の合宿メニューをこなす事になるのでしょうか・・・

僕は去年にも夏合宿に行ったのでわかるのですが、そんな事はしません!
落研の夏合宿でする事、それは「海で遊ぶ」です!皆で海に行って遊ぶのですよ!
もちろん、それだけではありません・・・「花火で遊ぶ」もありますよ!

そんなわけで落研の夏合宿は皆で夏を満喫するという内容なのですよ。合宿というよりは遠足ムードですね!ちょっと不安なのが明日の夕方以降雨が降る可能性があるという事なのですが、天気予報が外れてくれることを祈るしかありませんね。



30日
第242話「ぶろぐ」

こんばんは。今日は第4回目のナナペ会議がありました。本当に第4回目だったかどうかよくわかりませんが、前回の記事には第3回目と書いてあったので多分第4回目なのでしょう。ナナペーハーには公式の「ついったー」があり、それを見れば会議の度に「ついーと」があるので何回目の会議だったかも一発でわかります。最新のナナペーハー情報が知りたい方は是非「ふぉろー」しましょう。

ちなみに僕は「ついったー」というものはやっていないのであまり詳しくありません。なにせ「ついったー」を始めるためには「さいんいん」して「あかうんと」を作る必要がありますからね。そして「あかうんと」を作るためには「めーるあどれす」が必要なのです。長い道のりですね。しかし「ついったー」を始めれば「ついーと」をしたり他人の「ついーと」に「りぷらい」したり「ふぁぼ」ったりする事ができるそうです。「りむーぶ」もできるそうです。東大落研には「ついったー」をやっている人が結構多いそうなので、その辺の用語はよく聞きます。

ちなみに東大落研にも公式の「ついったーあかうんと」があります。東大落研の情報が知りたい方はこちらも「ふぉろー」するといいでしょう。

・・・今日のナナペ会議について書こうと思っていたのにただの宣伝で終わってしまいました。まぁ、こんな日もあるでしょう。



29日
第241話「早い」

こんばんは。今日も特に何も無かったので一日のんびりしていました。明日はナナペ会議です。・・・もうですか!?

前回のナナペ会議は一昨日でしたよね。そして次のナナペ会議は明日なので昨日、今日と二日の空きがあったわけです。しかし空いている二日で何をしたのかと言いますとほっとんど何もしていません。二日あったはずなのに一日しか経っていないかのように感じます。

二日の休み、と言いますと普段大学に行く日において土日の休みがそれに相当しますよね。金曜日、家に帰ってきて一週間頑張った、これで二日間休みだ・・・そうワクワクしながら週末に突入し、土曜日曜とエンジョイして(必ずしもエンジョイできるとは限りませんが)月曜日に備えるわけですよ。二日間休んでまた五日間頑張ろうとやる気を高めるのですよ。二日間の休みとはそれくらい有意義なものであり、それくらい有意義であるべきものなのです。

しかし夏休みの二日間と言うと話は違ってくるのかもしれません。そもそも週五日は大学に行っている中での二日間の休みとほぼ毎日休んでいる中での二日間の休みとでは二日間の休みの価値がまるで違いますからね。
早く感じるのは仕方ないのですが、なるべく有意義な一日を過ごしたいですね!



28日
第240話「放棄日記」

こんばんは。今日は特に何も無い一日でしたので昼寝したり遊んだりしていました。典型的なグータラデーですね。

今年の夏休みはこのような日が多くなりそうです。と言いますと、去年の夏休みでは9月に試験があったので(理系の人は一年の時はどういうわけか理系科目の試験が9月にあるのですよ。7月の後半に試験が終わり夏休みが始まって、9月という中途半端なタイミングに再び試験が挟まれる・・・まるで嫌がらせのようですね!7月に全ての試験が同時に行われるより夏休み中勉強できるので楽という考えもありますが、僕は夏休み中勉強したくないのでこの制度は嫌です!)・・・

・・・はい、またカッコ書きの中が異様に長くなるパターンですね。ともかく去年は9月にも試験があったので夏休み中勉強する必要があったのですよ。そして一昨年は(「一昨年」は「おととし」と読みます。ついでに「おととい」は「一昨日」ですね。「一昨日」の対義語とも言える言葉は「明後日」であり、「一明日」ではありません。ついでに「明後日」の次の日は「明々後日(しあさって)」ですが、「しおととい」や「しおととし」などという言葉は無いようです。)

・・・またカッコ書きが長くなった上に特に大切な話でも無いので今日はここまで!流石にこんなものは日記とは言いがたいので明日は日記と言えるものを書けるように少しは充実した一日を送りたいですね!おわり!



27日
第239話「コメント力」

こんばんは。今日は第3回ナナペ会議がありました。多分、第3回・・・だと思います。最初の会議は第0回、次の会議が第1回、その次は第2回ですが僕はここを休んで今回が第3回!ここまで確認したので多分合っているのでしょう!

今日のナナペ会議ではいつも通り、ネットにあげられた台本のネタを見て、それについて面白かった所や修正すべき所をコメントしました。ネタを見てコメントする、と単純に言っても実際にそれをやるとなると結構大変です。テレビでお笑い番組を見て、お笑い芸人がコントをやっていて、それに対してコメントしろ・・・と言われてもそうすぐには思い浮かびませんよね。「面白かった」「微妙だった」こういった曖昧なコメントにしかならなそうです。

しかしナナペ会議でのコメントは違います。皆印刷してある台本を持っているので、「ここのセリフは前後の整合性が取れていなかった」や「このツッコミをするタイミングが違う」といった台詞単位での細かいコメントをする事ができるのですよ。こういったコメントを受けて台詞単位で修正し、ネタをより面白いものとしていく・・・これが会議の流れなのですね。

僕は他の方のネタにコメントするのが得意でないので、つい「面白かった」「僕にはちょっと理解できなかった」こういった個人の感想のようなコメントをしてしまいますが、それでも僕がそのネタを見てそう思った事は間違いないのですから全く無意味というわけではないと思うのですよ。



26日
第238話「赤田グータラ日記」

こんばんは。ついに今日から待ちに待った夏休みです!ついに今日から待ちに待ったグータラ・ライフ!そしてついに今日から待ちに待ったグータラ赤田日記が始まるのですよ!今回はその記念すべきグータラ赤田日記の第一回ですよ!

といっても今日はそこまでグータラしていませんでした。何せ今日は久しぶりに姉と遊びに行ったのですから!いつも長期休暇になると僕も姉も暇なのでたまに一緒にそこら辺で遊びに行くのですよ。遊ぶ、といってもカラオケに行ったりゲーセンに行かなかったりするくらいですけどね。特にたいしたことはせず、帰りにミスタードーナツ略してミスドのドーナッツを買って帰ってきました。やっぱりミスドのドーナッツは美味しいですね!

・・・結局はグータラ日記になりましたが気にしないでいきましょう。夏休み開始早々長々と記事を書くと今後ネタギレになりそうなので今日はここまで!明日はナナペ会議ですので明日もグータラ日記ではありません!断言します!



25日
第237話「最後かつ最強の敵」

こんばんは。今日はついに最後の試験、物性化学です。この試験さえ終われば待ちに待った夏休み!もう試験勉強のことなど気にせずに思い切って遊べる楽しい楽しい夏休みが来るのですよ!しかしその最後の試験がとてつもない強敵なのです。何せこれは必修科目ですからね!3学期は必修科目が非常に少なく、英語と実験とこの物性化学しか無かったのですが英語の試験はそこまで大変ではなく、実験は試験すら無かったのでこの物性化学こそが今学期最強の必修科目だったのですよ!

しかしこの物性化学の試験は大きなハンデを与えてくれました。自らの強さに自信があるからこそ相手にハンデを与える、最強の必修科目なだけあって漢気溢れる試験ですね!
そしてそのハンデとは、そう、A5判のメモを持ち込んでいいのです!早い話、カンペですよカンペ!そんなわけで僕は前日にA5判のメモ用紙に書けるだけの情報を書き込んだのですよ。

そして肝心の試験はと言いますと・・・運よくカンペに書き込んだ内容が一部出てくれたのは良かったのですが、それ以外の問題がとことん難しくてさっぱりでした!流石は最強の必修科目ですね!結果はわかりませんがとにかく試験が終わった事に喜びを覚えた、そんな僕なのでした。



24日
第236話「試験日記」

こんばんは。今日は数理科学IIと人間行動基礎論の試験がありました。ここ最近期末試験関連の記事が続いておりますが、それも明日で最後です。そう、この期末試験もついに明日で終わり!明後日から待ちに待った夏休みです!ナナペ会議がある日はともかく、それ以外の日はとことん堕落した毎日を送りそうで今から楽しみですね!果たして夏休みの赤田日記はどんなものになってしまうのか!

・・・と明後日以降の事を考える前にまずは今日の事を書きましょう。今日の事を書くのが日記ですからね!数理科学IIは昨日書いた通りほとんど勉強していなかったので正直どうしようもありませんでした!ちゃんと勉強したところで解けるかどうかは怪しい、そんな難しい問題が4問だけ問題用紙に並んでいました。まさに少数精鋭!中学や高校の頃の試験は最初の方に小問集合があったりしてそこで確実に点を稼げるのですが、大学の試験にそんなものがあるとは限らなかった!恐ろしいですね。

そして人間行動基礎論の試験は記述、記述、そして記述!試験時間は他より短く60分間なのですが、その60分間みっちり書かせる試験でした。形式としてはこちらの方が部分点で稼ぎやすくて少数精鋭よりもやりやすいのですが、難点として「手が疲れる」と言うのがありますね!日頃からノートを取って手を動かしていないとこういうところで苦労をする、それを思い知ったのでした。



23日
第235話「哀しき決断」

こんばんは。今日は一日お休みでした。明日は試験が二つもあるのでそれに備えたいところ・・・だったのですが・・・。

ここで僕は「履修の手引き」、そしてUtaskWebで自分の成績表を見ました。履修の手引きには取得すべき単位数が、成績表には自分の今まで取った華々しい単位達が書いてあります。当然ながら取得すべき単位数から自分の取った単位数を引いた数がまだ足りない単位数、つまりこれから取るべき単位数です。そして8-6+8という複雑な計算をした結果、今学期で総合科目の単位を一つ落としても取得すべき単位数に足りる事がわかりました。

明日の試験の話に戻ります。明日の試験は「人間行動基礎論」と「数理科学II」。どちらも総合科目です。ついでに明後日の試験は「物性化学」。これは必修科目なので絶対に取らないといけません。そしてここである大胆な仮定をします。そう、今までレポートを提出した科目、そして試験を受けた科目は全て単位を取得できたと考えるのです!そうすると明日の総合科目二つのどちらかは単位を落としても、つまり捨てても大丈夫なのです。

明日の科目をどちらか捨て、明後日の必修科目である物性化学の単位を確実に取るようにする・・・これが僕の決断です。そして明日捨てる事にした科目は・・・

「数理科学II」

・・・毎週レポートを提出し、マセマを買って中間試験にも果敢に臨んだこの科目を、僕は捨てる事にしました。正直言って勿体ないとは思います。しかし、僕はこの道を選びました。もちろん捨てると言っても試験は受けますよ。流石に試験撤退はしません!捨てながらも無謀に立ち向かう、それが僕のポリシーです!



22日
第234話「赤田 対 記号論理」

こんばんは。今日は記号論理の試験がありました。昨日書いた通り持込可な試験だったので一応授業プリントを持って行きました。これで全く勉強していない「ぺあのさんじゅつ」や「じゅんじょしゅうごうろん」の問題が出てもこのプリントを読めば問題無し!

そう思っていたのですが、僕の予想は裏切られました。良い方向に!
ペアノ算術や順序集合論といったよくわからないものを取り扱った問題は出たのですが、問題文にも解説が書いてあり、それらの知識が無くとも気合で解ける問題でした。持ち込んだプリントは用無し・・・かと思いきやそうでも無く、今回の試験では計算用紙が配布されなかったので計算用紙として活躍してくれました。ありがとうプリント達よ!

この試験は基本的な知識だけで解ける問題が多くて助かりました。知識はそこまで無くとも大丈夫、ただその知識を使っていかに問題を解くか・・・それが重視された試験でした。また、問題の難易度は初っ端からかなり高いのですが、なんと各問題にヒントが書いてあるという親切設計なのでそれを頼れば割となんとかなったと思います。なんとかなったのなら結果オーライです!

さて、明日は一日お休みで明後日明々後日と試験が続きます。特に明後日は一日に二科目ある山場となっています。試験終了まであと三日間、最後まで頑張りますよ!



21日
第233話「『持込可』」

こんばんは。今日は明日の記号論理学の試験に備えてひたすら記号論理学の勉強をしていました。「ひたすら記号論理学の勉強をしていた」と書くと一日中勉強していたみたいですね。でも実際は違います。少し勉強をして、その勉強をしていた時間の中でひたすら記号論理学の勉強をしていた、という事です。つまり記号論理学しか勉強しなかった、という事ですね。多分、見栄を張ったんだと思います。

どうやら明日の試験は「持込可」らしいです。それならなんでもやりたい放題ですね!紙に公式を書きこんでおけば公式を覚える必要も無し!もしかしたら過去問と全く同じ問題が出てくるかも!ついでに頭のいいお友達を持ち込む、というか連れ込めば何でも答えてもらえます!これで百点間違いなし!

・・・当然そんなはずは無く、持ち込める物は制限されている、と思います。多分授業で配布されたプリントのみ。でも恐らく予めそこに書き込んでおくのはオッケーなので、古典的なカンニングが通用・・・はしないとは思います。さっきから「思います」「多分」「恐らく」といった不確定な言葉が多いですが、実際この辺はわからないのでどうしようもありません。間違いなく言えるのは、頭のいいお友達を連れ込むのはダメだと思います。そんな事をしたら記号論理学どころか今学期の全ての科目の点数が0点になってしまいますので皆さんご注意を!



20日
第232話「遠くの運動場」

こんばんは。今日はナナペ会議があったのですが、試験勉強をするために休ませていただきました。来週の試験科目、特に数理科学IIと物性化学が思ったよりも大変そうだったの会議を休んで勉強することにしました。休んで実際に勉強ができたのかと言いますと・・・少しはやりましたよ!物性化学のシュレーディンガー方程式なるものを学びました。基本中の基本で試験に出るかどうかすら怪しいですが、基本の積み重ねが大切なのですよ。

勉強のためだけにナナペ会議に休んでもいいのかと思われる方もいるかもしれませんが、ナナペーハーは全ての会議に出席することができなくても問題無いのですよ。準備期間前半の会議でやる事といったらネットにアップされた台本のネタを演じて、それに対しコメントをする事がメインです。というわけで会議を休んだ場合は余裕があればネットにアップされている台本を読み、ネタの内容を把握しておくと今後の会議に役に立つかもしれません。

そして会議ではネタに対してコメントをする以外にも演技について触れる事があります。本格的な演技練習が始まるのは準備期間後半以降ですが、アップされたネタを演じる段階で少しは演技を意識することになりますからね。そんなわけで会議を休んだ場合は余裕があれば・・・自分なりに演技の練習をしましょう!家で!一人で!



19日
第231話「記録の喜び」

こんばんは。今日は一日中家にいて遊んだり寝たり勉強したりしました。そんないつもの休日でした。

本当にこれくらいしか書くことが無いのでこの1行、もしくは2行(ブラウザによって違いますよね)で終わらせて赤田日記最短記録を更新させてもいいのですが、多分今までの最短記録が10行くらいで(当然数えたことなど無いのでどの記事が最短だったか、その最短が何行だったかなど知りません)突然それが2行に更新されるのは趣が無いと思うのでやめておきます。

記録とは少しずつ更新するものなのです。10行が9行に、9行が8行に、8行が7行半に・・・!7行半という大記録を叩きだしたら10行や9行などもはや最短でも何でもないのですが、初めて10行を出した時にはこれが最短記録だ、と喜んでいたのは間違いありません。記録の数だけ喜びがあります。その喜びは、例えその記録が塗り替えられても思い出として残り続けるでしょう。

たまには初心に戻って初めて10行というキリのいい行数で日記を終わらせた喜びを振り返ってみるといいでしょう。最初は無理だと思っていたのに、僕はあの時初めて10行の日記を書くことができたのだ、と。その時の喜びが今の僕を支えているのだ、と・・・

もはや意味不明なので今日はここまで。



18日
第230話「統計とはなんぞや」

こんばんは。今日は基礎統計の試験がありました。基礎統計とは、統計学を扱う科目であり、統計学とは・・・様々なデータを扱う学問、といえばいいのでしょうか。正直僕もここ数日で詰め込んだだけなので統計学のなんたるかまではさっぱりわかりません!

センター数学IIBの大問5辺りにあったヤツ、といえば伝わりますかね。確かセンター数学IIBは大問1から6まであるのですが、そのうち大問1と2は必ず解かないといけないのに対して残りは大問3から6の中から自由に2つ選べるのですよ。しかし普通は教育課程の関係で大問3と4を解くことになっています。大問5で扱われている統計学と大問6で扱われているプログラミング(でしたっけ?)は授業では習わないのですから。たまーに大問3のベクトルがさっぱりわからずに大問5の統計に挑戦してみた結果、そこそこの点数が取れたという報告もありますが・・・あれ、何の話でしたっけ。

そんな基礎統計の試験ですが、やはり数日で丸暗記するだけではどうにもなりませんね!なんとか単位は貰えるとは思うのですが、それもわかりません。とはいえ今更そのことを考えてもどうにもならないので来週の科目に向けて勉強していこうと思います。



17日
第229話「決戦前夜の計画立て」

こんばんは。ついに明日から夏学期期末試験です。明日の科目は基礎統計。授業はさっぱりでしたが教科書を読んで大体なんとかなるような、ならないような気がします。本当にここ数日間で範囲分の教科書を読み、暗記事項をまとめて覚えるだけといういつもの丸暗記戦法です。既にこの戦法は何度か失敗していますが今回はなんとか・・・せめて単位だけでも・・・!

僕の今週の試験はこの科目だけで、残りの4科目の試験は全て来週となります。来週の月曜日から次の科目、記号論理の試験があるので明日の試験が終わった後、金曜土曜日曜と三日間は猶予がある事になります。もし明日の基礎統計がここ数日の勉強だけでなんとかなったのなら記号論理も数日の勉強だけで何とかなるでしょう!そして月曜日の記号論理の試験の後は水曜日に2科目、そして木曜日に最後の1科目・・・あれ、これ間に合うんでしょうかね。

当然明日の試験もうまく行くように頑張りますがそこで燃え尽きずに来週の4科目をなんとかするために計画的に勉強する必要がありますね。特に物性化学と数理科学II!この二つは少しの勉強で何とかなるものでは無いとわかっているのでかなり頑張らないと単位が危ういです!



16日
第228話「正真正銘ラスト実験」

こんばんは。三連休が明けて今日も大学に行きました。三連休が明けて今日も授業がありました。三連休が明けて今日も化学実験がありました。・・・最初の二つは至って普通なのですが最後だけ違和感がありますね。化学実験は金曜日だったはずではないのか、と。しかし今日は火曜日なのに何故か実験があったのですよ。僕は特に補講が無いのでこれが正真正銘・夏学期最後の授業です。そしてなんと!これが正真正銘・夏学期最後の化学実験なのですよ!
はい、当たり前ですね。

今日の実験ではニトロ化、というものをやりました。高校の有機化学で習った気がしますが当然の如く忘れています。忘れているのなら仕方ない、ただ教科書に書いてある実験操作を何も考えずに行うのみです!途中で黄色い物質が指について指が黄色く染まるという悲劇があったりもしましたが、割と早めに実験を終える事ができました。毎週の実験によって僕も少しは実験操作が上手になったのではないかと思っています。大雑把なのは相変わらずですが。

しかしこれで終わりというわけではありません。遠足は帰るまでが遠足、化学実験はプリント提出までが化学実験なのです!いつもは次の週の実験の時に前の週の実験プリントを提出すれば良かったのですがもう次の実験は無いのでプリントは自分で提出しに行く必要があります。果たして僕は試験期間中に実験プリントを忘れずに提出することができるのでしょうか!?

・・・と日記に書いておけば忘れる危険性が少しは減るのではないかと思って書きました。ここはお前のメモ帳かっ!



15日
第227話「海の日ミステリー」

こんばんは。今日は海の日で一日お休みでした。休日は大変ありがたいのですが、「海の日」という名前に疑問を覚えた方はいらっしゃらないでしょうか。海の日だから皆で海に行こう、そんな日なのかもしれませんが僕は今日一日家に引きこもって遊んだり試験勉強をしたりしていました。海に行かなかったどころか、外に一歩も出ませんでした。海の日なのに・・・

海の日、と言いますと海開きの日なのでしょうか。しかし海開きはもっと前だった気がします。ついでにニュースでたまに海開きについて報道していますが地域によって様々ですよね。沖縄ですと東京だと考えられないような時期に海開きをしているそうです。ひょっとしたら北海道の海開きは海の日にあるのかもしれません。でも何も調べていないので根拠は特にありません。テキトーです。

今の世の中は便利なものでして、こんな時ヤフーやグーグルで「海の日」とでも検索してしまえば海の日の名前の由来がすぐに出てくるのでしょう。しかしなんでもかんでもネットで調べると何か負けた気分がしますよね。確かに海の日の名前の由来なんて考えてもわかるものでは無いのですが、考えてみる事が大切なのですよ。多分。

・・・ついでにもし今「海の日」で検索して海開きの日である、などと書いてあったらそれこそ負けた気分になりますので調べません。無知の勝利です!



14日
第226話「衝撃の真実」

こんばんは。今日は朝起きて遊んで昼寝して昼ご飯を食べて昼寝して昼寝して昼寝して昼寝して夜ご飯を食べて多分これから寝るであろう素晴らしい一日でした。今日は日曜日ですし、何より明日は海の日でお休みなのでこうやってまったり過ごすのもいいと思うのですよ。試験さえなければ・・・

そう、散々日記にも書いている通りこれから試験が始まるのです。僕も決してそれを忘れていたわけでは無かった・・・!しかし遊びたい時は遊び、寝たい時は寝るという、猫並みのマイペースさが原因でこのような一日を過ごしてしまったというわけですよ。仕方ないですね。いや、仕方なくないか。流石にこのまま一日を終えるのはあまりにも酷いと思うので、これからレポートをやろうと思います。そう、レポートを。

レポートなら先週辺りに全て終わったはずではないか、そう思われる方もいるかもしれません。しかし、終わっていなかったのです。すると先週辺りに書いた「今学期のレポートは全て終わった」という内容の記事は嘘だったのか、そう思われる方もいるかもしれません。いえ、僕はあの時嘘は書いていませんでした。一体どういう事なのでしょうか。この謎を解き明かす、ただ一つの真実!それは!

先週半ばに新たなレポート課題が出た

・・・まさか授業の最後にレポート課題が出るとは思っていませんでしたよ。幸いそこまで大変なものでは無いので、これからちゃちゃっと終わらせちゃいたいと思います。



13日
第225話「始まりの運動場」

こんばんは。今日はナナペ会議がありました。前回は第0回という事だったので、今回が第1回目という事になります。さて、今回のナナペ会議では非常に重要な事が決まりました。そう、ナナペの公演名が決まったのですよ。前回第24回目のナナペの公演名は「Q&A」でした。そして今回、第25回目のナナペの公演名は!

運動場

に決定いたしました!つまりフルネーム(?)で言いますと「コント集団ナナペーハー第25回公演・運動場」という事になりますね!今回の公演名は大喜利形式で皆で考えたのですが、結局は座長の片山さんが考えた公演名に決定しました。なぜ運動場なのかと言いますと、片山さんによると「運動場という概念が面白いから」との事です。

確かに面白いですよね、運動場。空間的にはただの広くて何も無い空間なんですよ。あえて特徴を挙げるなら地面が土やら砂利やらで覆われている、くらいでしょうか。そしてその何も無いだだっ広い空間に与えられた役割、それが運動場だと思うのですよ。しかしその役割も非常に曖昧です。例えば会議場は会議をするための場所ですし、ボウリング場はボウリングをするための場所です。これらは明確ですね。しかし運動場、と言いますと・・・運動をするための場所なのですよ。運動をするための場所、て。運動なんて運動場以外でもできるのに運動場て!

確かに面白いですね、運動場!この面白さに気付いた片山さんは素敵だと思います。そしてその素敵な片山さんが座長を務める第25回目のナナペ、運動場の公演日は10月12日、そして13日です!皆さん是非見に来て下さいね!



12日
第224話「一応笑ってはいけない」

こんばんは。今日は毎週恒例、実験と部会の日・・・なのですが、その前に。本日部員紹介のページを更新いたしました。遅くなって申し訳ありません。そしてまだ未完成ですので、なるべく早めに平成二十五年度入部の方の紹介を全て載せられるように頑張ります。今年も個性溢れる方々がたくさん入ったので皆さん是非読んでみてくださいね!

さて、本日の実験ですが、内容的には溶液や固体を混ぜる良くある実験であり、待ち時間がやたら長かった以外は特筆すべき点も無く、特別早く終わったわけでも、遅く終わったわけでもないので今週はこれについては書かない事とします。と言っておいて結構長く書いた気もしますが。

そして今日の部会では、最初の二時間ほどは皆で集まって自由に話すいつもの部会だったのですが、途中で先輩の千葉さんの意見により「笑ってはいけない部会」という企画?が始まりました。内容としては毎年年末にやっているガキの使いのパロディ・・・というわけでもなく、部会にいた部員全員が2チームに分かれて片方のチームが笑いを仕掛ける側、もう片方のチームがそれを見る側となり、笑わないように努力する、といったものでした。

僕は最初に仕掛ける側のチームにいたのですが、これといったネタが思い浮かばず、そこら辺にあった物を使って即興の出オチネタを出す事に。それに対し次に仕掛けたチームはストーリーが割と出来上がっていて結構しっかりとしていて面白かったです。次に同様の企画があれば今度はしっかり考えたいところ・・・なのですが、このような企画は一度きりだからこその良さがあるのかもしれませんね。



11日
第223話「夏が来た」

こんばんは。今日は昨日書いた通り一日お休みでした。最初の試験日まであと1週間となった今日、本格的な勉強を始めないといけないのはわかっていたのですが・・・いやー、それにしても今日も暑かったですね!これほど暑いと早くもクーラーをつけないとやっていられませんね。まだ夏本番からは程遠いですが、それでも暑いものは暑いのですよ。

暑いと言ったら、皆さん熱中症には気を付けて下さいね!外で運動をする人はもちろん、外に出ない人も運動をしない人もこまめな水分補給が大切ですよ。暑いと思ったらちゃんとクーラーをつけましょう。もちろんつけすぎると良くないのですがつけないと室内は暑すぎますからね!大丈夫だと思っている人が熱中症で倒れてしまうものなのですよ。僕は大丈夫ですが。

・・・試験勉強ですか?こちらは大丈夫ではないです!



10日
第222話「夏が来る」

こんばんは。今回は記念すべき第222回目です。第200回目と比べたらめでたさがだいぶ減りますが、それでも一度しか訪れない回なのですから充分記念に値しますよね。その考えでいくと毎回毎回記念すべき回という事になりますが。

今日で夏学期の授業が大体終わりました。大体、というのはまだ今週の金曜日と来週の火曜日に化学実験があるからなのですよ。でも化学実験は演習であって授業ではない!そう考えると今日が最後の授業日だったのですね。明日はどういうわけかお休みで明後日が実験の後、今学期最後の部会という事でしょうか。

来週の火曜日の化学実験で本当に最後の授業を終えたら、次はその週の木曜日から試験が始まり、来週再来週にかけて5科目の試験を受けたら待ちに待った夏休みです!いやー、ここまで長かったですね!今年も夏休みはナナペ漬けになりそうですが、せっかくの夏休みですのでたくさん遊ぼうと思いますよ!夏休み楽しみ!

・・・とその前に試験がありますね。明日から本気出す。



9日
第221話「試験の時間割を調べる裏ワザ!」

こんばんは。試験が徐々に近づいてきましたが、今日も赤田日記は平常運行です。今日やった試験勉強と言えば・・・試験日程を調べました!18日の木曜日に最初の試験があるという事は知っていたのですが、それ以外の情報はなーんにも知らなかったのですよ。そんなわけで今日それを調べたという事です!

試験日程を調べるためには試験時間割を全部見てその中から自分の取っている科目を探さないといけない・・・と思われる方もいるかもしれませんが、今の世の中は便利なものでして、そんな面倒な作業をする必要はないのですよ。

東大生用のウェブサーバー、Utask-Webにログインして「学期末試験情報確認」なる文字をクリックすると自動的に自分の受ける必要のある試験の時間割が表示されるのです。時間割だけでなくどの教室で試験が行われるのかも表示されますよ。便利ですね!というわけでまだ試験日程を確認していない東大生の皆さんはこの方法で確認しましょう!大丈夫、まだ間に合いますよ!

・・・ホントに今更こんなことをやっていて間に合うのかどうかは、知りません。



8日
第220話「突然の試験」

こんばんは。ついに3学期も終わりが近づいてきました。ほとんどの授業は今週が最後でして、残すは試験のみとなります。ちなみに今週の木曜日はなぜかお休みなので木曜日の授業は先週が最後でした。また、金曜日の化学実験はどういうわけか来週の火曜日にもう一度あるというよくわからない事態となっております。

試験も近づいてきましたね・・・と思っていたら、なんと今日英語の試験がありました。英語の中でも英語二列(C)という科目でして、この科目は何人かいる教授の中から好きな教授の授業を受ける事ができます。僕が受けていた授業は外国人の教授の授業でして、授業ではプリントに書かれた英文を読んで問題を解いたり、リスニングをしたり英語のニュースなどを観たりしました。毎週小テストがあるので人によっては大変だと思うかもしれませんが、個人的には楽しかったと思います。

しかしそのテストが今日あるとは思ってもいませんでした。試験勉強なんて全くしていません!・・・ですが、大丈夫です。なぜならこの科目の試験は初見問題なのですから!そもそも試験勉強なんてする必要無かったのですよ。初めてのリスニング問題を解いて、筆記問題を解いてそれでおしまい!筆記問題は少し難しかったですが多分なんとかなりました。でも試験日くらいはちゃんと確認すべきでしたよね。



7日
第219話「無計画リポーターの顛末」

こんばんは。今日は7月7日、七夕の日ですね。皆さんは短冊にどんな願い事を書きますか?書きましたか、ではなく書きますか、なあたり僕は何も書いていないのが伺えますね。僕が書くとしたら・・・「単位が欲しい」
これしかないですね!ついでにクリスマスにも同じ事をサンタさんに頼むと思います。

しかし願ってばかりでは何も変わりません、願いをかなえるためには自分で行動をする必要があります!という事で今日は現代技術:環境とエネルギーという科目のレポート課題を2つも終わらせました。前に書いた課題を4つ選んで提出する科目ですね。ちなみに昨日ナナペ会議の後に2つやったのでこの科目のレポート課題はもうおしまい!もう一つの科目のレポートは全て終わったのでこれで今学期のレポート課題、8つが全て終了いたしました!

結局最初の方に終わらせるという計画はうまく行かなかったわけですが、試験「直前」に急いで終わらせるような事がなくて本当に良かったです。

・・・あれ、試験直前って一週間前からですよね?既に二週間前を切っているわけですがまだ直前ではありませんよね?大丈夫ですよね?そう考えてしまうダメ学生なのでした。



6日
第218話「ナナペ日記第0話」

こんばんは。今日は第25回ナナペーハー会議がありました。今回は会議というよりは説明会でして、扱いとしては「第0回」会議でした。第25回目のナナペーハーに対して第200回目を突破した赤田日記は誇り高いですが、第0回を経験しておらず妙に負けた気分がします。

ナナペーハーについて詳しく説明しますと・・・長くなるのでここでは説明しません!1月の記事から春ナナペの事がこれでもかというくらいに書かれていますのでそちらをご覧になってください!そう考えるともうあれから半年が経つのですね。ナナペ本番は3月末なのでそこから数えると4か月程度なのですが。ナナペの準備にかける時間がいかに長いかがよくわかります。

今回の会議、というよりは説明会ではナナペーハーの概要の説明や係決め、今後の会議の日程などが決められました。ナナペーハーの公演タイトルはまだ決まっておらず、それは次の会議あたりで決まるそうです。正直僕は第25回ナナペーハーに参加するかどうかかなり迷っていたのですが参加することに決めました!またナナペ日記が始まると思いますが、これからもよろしくお願いします。



5日
第217話「たーなーばーたーさーらさらー」

こんばんは。今日は七夕寄席でした!7月5日でまだ七夕では無いのに七夕寄席、というしょうもない突っ込みどころがありますが気にせずに行きましょう!今回は昨日書いた通りキャンパスプラザ(キャンプラ)でのライブとなりましたが内容はコミュニケーションプラザ(コミプラ)でのライブと同じ。色んなコンビやピンの方が出てきて漫才やコント、ピン芸をやるというシンプルな内容です!もちろん落語もありますよ、落語研究会ですからね!

・・・とその前に金曜日なのでいつも通り化学実験がありました。先週は未知試料分析という難関をサクサク乗り越えたので今週は楽勝なはず!という根拠のない自信に満ち溢れながら臨んだ今週の実験。
・・・しかし手順がとても多く待ち時間も長く、予想をはるかに上回った時間がかかり終わったのはなんと本来の終了時間の4時20分を40分も過ぎた午後5時でした!なんということでしょう!

本来は4時20分に授業が終了した後、部室に向かって部室の荷物をキャンプラに移動するという作業があるのですが、今回は既に時間オーバーという事で直接キャンプラに向かいました。実験が長引いたので仕方ないですね!そして今回は七夕寄席では出番が特に無かったのでまったりとした気分で準備を進めることに・・・

と思いきや、今回は有吉君と前説としての役目があるのでした。「前説」というのはライブが始まって最初に出てきて、ライブの注意事項を説明する人達の事ですよ。前説は今までやったことが無かったので結構緊張しました。ついでに照明の仕事もやる事に。照明といってもタイミングに合わせて明かりをONOFFするだけなのでそこまで大変ではありません。更に後ろからとはいえ皆さんのネタが全て見られるというお得な仕事なのですよ!

そんなわけで七夕寄席が無事に終了しました。今回は場所がキャンパスプラザとちょっとわかりにくかったのですがお客さんがかなり多く来て下さって嬉しかったです。見に来て下さった皆さん、本当にありがとうございました!



4日
第216話「大学迷子ちゃん」

こんばんは。ついに明日は七夕寄席の日です。場所がキャンパスプラザA棟と少しわかりにくいですが、東大駒場キャンパスの正門を入って右の所に置いてある立て看板に地図が載っているのでそれを参考にしてください。

ちなみにあの地図は僕の手作りですよ!というのも落研杯の時に立て看板に駒場小空間への地図を載せようとしたのですがどこにも見当たらず、去年の落研杯のビラに載っていた地図を参考にしてペイントで作りました。直線や四角形、円を描く機能をフル活用してなんとか地図を作ったのですよ。今回はキャンパスプラザという事で落研杯で使った地図を少しだけ改造して無理矢理キャンパスプラザ仕様に!もう面倒な地図作成作業は要りません!

当日は開場した後にキャンパスプラザの付近で落研部員がビラを配っていると思いますので、もし場所が分からなくなった場合には訪ねて下されば誘導いたします。僕も去年の新歓ライブの時にキャンパスプラザの場所がなかなかわからなくて困ったので、このような思いをするような人が出ないように工夫していきたいところですね。



3日
第215話「無計画レポーター」

こんばんは。七夕寄席まであと2日となりました。今日も昼休みに生協食堂前でビラを配っていました。僕が広報担当となってからは落研のライブのビラは毎回僕が作っているのですが、今回はおふざけが特にひどいです。もし昼休みにビラを配った落研部員を見かけましたら是非受け取ってくださると嬉しいです。そして金曜日のライブを是非見に来てくださいね!

さて、今日は家に帰った後、人間環境一般という科目のレポートを一つやりました。かなーり前に日記に書いた気がする、11つくらいある課題の中から自由に4つ選んで提出する、というものです。確かあの時は早めの4つを選んでしまえばすぐに終わるので試験間近になってレポートに追われる事は無くなる、などと書いていた気がします。

ちなみに今日やったので4つ中3つ終わりました。後1つですね。ついでに任意で4つレポートを提出する科目はもう一つ取っているのですが、そちらはと言いますと、まだ1つも終わっていません。

・・・やっぱり、試験間近に溜まるのでした。



2日
第214話「おいらはてーらー」

こんばんは。今日は落研のホームページをちょっとしました。今更ながら落研天王山の結果を活動報告のところに載せたり、告知のところに七夕寄席のお知らせを載せたりしました。毎度毎度ホームページの更新が遅くて申し訳ありません。平成25年度に入部した部員の方々の部員紹介も早く載せなくてはと思ってはいるのですが、まだ揃っていないのでもう少しお待ちください。もう彼らが入部して3ヶ月が経とうとしていますからね。モタモタしてられません。

モタモタしていられないと言うと明日のレポート課題の事を思い出しました。ちょうど今。科目はあの恐ろしき数理科学IIです。でも数理科学はマセマで勉強したし中間試験もそこそこの点数が取れたはずだから大丈夫!と思ってレポート課題を見てみたら何故か行列の問題でした。数理科学IIは微分方程式の内容のはずなのに、行列の問題が出題されていました。更に「てーらーてんかい」やら「おいらーのこうしき」やらの知識が必要なようで、それらがさっぱりな僕は既にどうしようもありませんでした。おいらーの公式、て!おいらはおいらーってか!

・・・ちなみにオイラーの公式に関しては全く知らないわけでもないのでご安心を。何を安心しろと言うのか、と言われたらわかりません。



1日
第213日「七夕ネタ見せ」

こんばんは。今日から7月ですね!赤田日記も新たなるページで頑張っていこうと思います。7月というとついに夏が来た!という感じでしょうか。これから暑くなっていくと思いますが皆さん体調管理には気を付けて下さいね。

さて、月曜日はいつも2限目と3限目の授業を受けてそれで帰るのですが、今日は違いました。一年生の水谷君にお願いされて一年生のネタ見せを見に行くことになったのですよ。今週末に行われる七夕寄席では、一年生のユニットが6組も出場し、初出場となる方の不安も大きいだろうという事で一度ネタの見せ合いをすると良いという横尾さんの素敵な考えによるものでした。そして少し上級生という事で、僕と日野君もそれを見る事になりました。

そんなわけでネタ見せが始まる6時まで3時間30分という凄まじく長い暇な時間の後に一年生のネタを見る事になりました。とても初めての方が多いとは思えないほどネタの完成度が高く、キャラも活きていて面白かったです。今年の七夕寄席は凄い事になりそうですよ!何せ僕らが一年生だった頃は七夕寄席に出た一年生ユニットはストライクターキーと加藤パン工房だけだったはずですからね!今年はユニット数も多くネタも面白い!そんな七夕寄席は7月5日、金曜日です!皆さん是非見に来てくださいね!

|

赤田日記2013年6月

30日
第212話「猪木理論」

こんばんは。今日は久しぶりに高校時代の友達と遊びました。久しぶり、といっても2か月ぶりくらいでしょうか。久しぶりですね。たまにはこうやって遊ぶのもいいものですね。家でぼーっとするのもいいですが、やはり仲の良い友達と一緒に喋っているだけで元気になるというものですよ。しかし久しぶりにそこそこ歩いたので足は疲れました。歩くだけで疲れるとは酷い運動不足っぷりですね。

そんなわけで今日お友達に元気を貰ってきたので、この元気で来週も頑張りたいですね。来週の七夕寄席・・・は何度も言うように参加はしないのですがビラ配りなどは当然しますからね。ちなみに立て看板は金曜日の実験が終わった後に有吉君と日野君と一緒に作りました。あとはビラを配って宣伝するだけ!

そしてそろそろ試験勉強も始める必要がありますね。普通なら2週間前から!などと言っていられる余裕があるのですが、今回は科目が少ない代わりにさっぱりな科目が結構あるので早めに勉強を始めないと間に合わないのですよ。これからも忙しいですが元気に頑張ります!元気があれば、なんでもできる!そんな言葉を信じて!



29日
第211話「ぐーたらサンデー」

こんばんは。今日は朝起きて早々に体が少しだるかったので一日休んでいました。実際はやるべき事がいくつかあったのでやるべき事をやっては休み、やっては休みを何度か繰り返していました。そうしたら、、あら不思議!あっという間に夜7時ではありませんか。恐ろしいものですね。やるべき事は大体終わったので問題無いのですが。

落研杯が終わって一息つけるかと思ったらすぐに授業日になったので、一日丸ごと休めるというのは久しぶりです。久しぶり、と言ってもせいぜい2週間ぶりくらいでしょうか。2週間頑張った程度で体がだるくなるようではいけない気がしますが仕方ないですね。これで来週の七夕寄席にも参加していた場合、今日明日も練習しないといけなかった可能性もありますが七夕寄席には参加しないので休めます。休憩大事です。

ちなみに七夕寄席には参加しない、といっても出演しないだけですので何等かの形で登場するかもしれません。しないかもしれません。少なくとも準備のお手伝いくらいはしますよ!



28日
第210話「実験できるかな」

こんばんは。今日は金曜日、化学実験と部会の日です。思えば先週は落研杯の直前準備だったのですね。落研杯からはもうだいぶ時間が経ったかのように思っていたのですが、まだまだ先週の話だったのでした。

今日の実験は未知試料分析と言いまして、10種類の中からランダムで選ばれた3種類の金属イオンの溶液が入った試験管を渡されるのでその3種類の金属イオンを当てる、というものでした。10種類の中からランダムで3種類と言うと120通りのパターンが考えられるそうですが(皆さんも計算してみましょう!)、当然それをカンで当てるなどという事は無く、様々な実験操作を通して候補を絞っていき、最終的には3種類全てがわかるようになっています。

主な操作としては特定の溶液を加えて濾過(「濾」の字が難しいので良く「ろ過」と書かれる、アレです)をし、その溶液に溶けるかどうかで分類する・・・というのが基本となっております。特定の金属が特定の溶液に溶けるかどうかは大学入試でも頻出の問題となっており、高校化学でやる内容ですよね。それにこの実験では実験操作が全て教科書に書いてありので、自分でどのタイミングでどの溶液を加えるか・・・といった事を考える必要は無く、ただただ書いてある事をやればいいだけ!楽勝ですね!

・・・しかしここで問題が。そう、正しい結果を得るためには、教科書に書いてある事を正しく、そしてなにより正確にやらないといけないのですよ!教科書を読んだところで僕の実験はいつも
「あっ、入れすぎちった!まぁいっか!」「3分加熱・・・もう大体3分っしょ!」
といった、とても正確とは言えないものなのでした。
そんな大雑把過ぎる操作を繰り返した結果・・・

・・・3つともちゃっかり当てちゃいました!1つかなり怪しかったものがあったのですが正しい3つがはっきり出てくれたおかげで無事当てることができました。いやー、やればできるもんですね!そんなわけでほくほく気分で部会に行く事ができたのでした。終わり!



27日
第209話「ボケとボケ」

こんばんは。今日は木曜日、いつもと同じように1限目の授業を受けて2限目が空コマで3限目まで暇な日です。空コマを利用して翌日の実験の予習をし、まだ2限目の時間なので空いている食堂で優雅な食事を楽しめるのですがここで問題が発生します。そう、食事をしてから3限目が始まるまで1時間ほどあり、暇で暇で仕方ないのです。

余りに暇だったのでテキトーに大学構内を歩いていたら高瀬君と出会い、二人で喋っていました。高瀬君はコンビ・加藤パン工房のボケとして活躍していますが、ここで問題が生じます。そう、僕はコンビ・ストライクターキーのボケとして活躍(我ながら)しているのですよ。そう、ボケ対ボケになってしまったのです。

普段の会話の時って特にボケやツッコミを意識することなんて無いと思うのですが、実際は特に意識せずとも勝手にボケ対ツッコミの構図ができていたりしますよね。その役割は予め決められたものでは無く、会話の流れで自然と変わってくるものだと思っています。しかしコンビ内では大抵ボケとツッコミが決まっている、つまり役割が与えられているのでそれを意識せざるを得ないのですよ。コンビの外でボケ同士が話したら一体どうなるのか!?

・・・高瀬君がひたすらボケまくって、僕はそれにツッコむくらいしかありませんでした。こっちがボケようにも彼のボケが強すぎてついて行けず、ツッコミに徹するしかなかったのです。ボケ役赤田、敗れたり。



26日
第208話「話題のオープンキャンパス」

こんばんは。今日は昨日と打って変わって梅雨らしい雨でした。昨日も雨が降っていたので「打って変わって」とはおかしい気もしますが、昨日は梅雨らしくない雨が降っていたのに対し今日は梅雨らしい雨が降っていたから「打って変わって」なのですよ。打って変わって、と言うほど変わってない気もしますが気にしないでいきましょう。

だいぶ前にも書いた気がしますが、この東京大学落語研究会(何故かここで正式名称!)のホームページはココログというブログ形式で作られており、編集ページに「話題のキーワード」のランキングが載っているのですよ。1位「曽田茉莉江」・・・うーん、誰だろう。2位「大堀恵」・・・こいつも誰や。3位と4位は飛ばして5位「東京大学 オープンキャンパス2013」・・・おお!東大の名前が載っているではありませんか!オープンキャンパスみたいですね。あれ、今日がオープンキャンパスの日だったのでしょうか。オープンキャンパスの日には一般の方がたくさん来るイメージがありまして、今日は特に多かったイメージは無いのですが・・・

それにしても大学のオープンキャンパスが話題って何か凄いですね。僕のイメージだとオープンキャンパスって高校生くらいにしか関係の無い話だと思っていたのですがそうでも無いそうです。オープンキャンパスという言葉、結構長いのにそれを何度も書くことになって大変だった本日の日記はここまで。コピー&ペーストすれば良かった。



25日
第207話「夕立疑心暗鬼」

こんばんは。今日も天気の良い一日・・・かと思ったらいきなり雨が降り出しましたね!ゲリラ豪雨、というヤツだそうです。幸い僕はそこまで影響を受けなかったのですが、行きの電車に乗っている間に急に雲行きが怪しくなり、激しい雨が電車の窓を打ち付けて凄い音が鳴っていましたよ。東大駒場前に着いた後も雨はそれなりには降っていたのですが、授業が終わって帰る時になると何事も無かったかのように晴れていました。

どうやらまだ梅雨のようですが今日の雨は夕立みたいでしたね。実際は昼頃から降っていたので夕立とは言わないでしょうけど。これからの季節、今日のように突然雨が降る事が多くなるでしょうから皆さんお出かけの際には傘を忘れないようにしましょう。朝の天気予報で降らないと言っていても傘は持って行く!これくらいの疑心暗鬼感が必要なのですよ!

この程度で疑心暗鬼などと言っていたらどうしようも無い気もしますけどね。



24日
第206話「ぐーたら日記再び」

こんばんは。落研天王山も終わり、今日はまったりとした一日を過ごしました。いつも通り2限目の時間にゆったりと大学に行って、2限目3限目と授業を受けてそれで帰ってきました。家に着いたらパソコンを付け、レポートを少し進めつつテキトーに遊ぶ、といういつものぐーたらライフが帰ってきました。

実際は落研天王山の直前の時も割とまったりライフを送れる日はあったのですが、やはりライブ本番が迫っているという事を考えると心の底からはまったりできないのですよ。こんなことをしている間に台本を確認してネタを覚えた方がいいのではないか、とかそんな事を考えてしまうのですよ。しかし今は違います。落研天王山を3位という好成績で終えた満足感に浸りながらまったりできるのです。これが大勝負を終えた者のまったりライフ!

何の目標も無くぼーっと生活するのは自他楽などと言われるかもしれませんが、こういう時間も大切だと思うのですよ。僕の場合は「こういう時間」があまりに長すぎるのが問題なのですが。



23日
第205話「天王山の後処理」

こんばんは。前回の記事の続きで、22日の落研杯が終了した直後の話からです。
落研杯終了後、余韻に浸る暇も無く片づけが始まりました。舞台や客席をバラし、幕や照明をおろし、幕を皆で綺麗に畳んで片づける・・・といった事をやってホールをホール入りをする前の状態に戻すのが片づけの目的なのです。ホール入りで時間をかけて作った舞台や客席がどんどんバラされていくのはちょっと寂しさを感じますが、これも仕事なのですよ。結構多くの方が残って作業に協力してくださったので案外早く終わったと思っています。

作業が終わった後は近くのコンビニに行って夜ご飯を買い、ホールのロビーで皆で食べながら喋ったりしていました。既に12時をまわっていたため帰られた方も多く、このような形での打ち上げ?となりましたがこれはこれでのんびりできて良かったのではないかと思います。そしてそのままホールで寝泊まりをして次の日の朝を迎えました。

次の日の朝にもまだ作業は残っています。ホールの掃除です。駒場小空間にはホールだけでなく楽屋もあり、そういう部屋も含めて掃除をしないといけないので結構時間がかかります。そして何より朝の7時には他の団体にホールを渡さないといけないので急いで作業をしないといけないのですよ!大変ではありましたが皆で協力してなんとか作業を終える事ができました。皆さんお疲れ様でした。

そんなわけで落研杯・落研天王山が後片付け含めて完全に終了いたしました。
落研杯に出場するのは初めてでしたが、このような対戦式のライブは新鮮でとても楽しかったです。いい結果が出せなくともいい経験になる、とは思っていたのですが3位というかなりの好成績を残せたので嬉しかったです。

次の東大落研のライブは7月5日の七夕寄席ですが、僕は参加しないので前期期末試験までは結構時間が取れそうです。とりあえず落研杯で疲れたので今はまったりライフを送ろうと思っています。明日からまったり日記が再開しますが、皆さんこれからも赤田日記をよろしくお願いします!



22日
第204話「決戦!落研天王山!」

こんばんは。今日はついに!落研杯・落研天王山当日ですっ!!
早速朝早くホールに行ってネタの練習を少しした後、午前中はまだ吊っていなかった幕を吊るといった直前の準備をしました。

そして午後になるとリハーサルがありました。リハーサルという事で本番と同様に音響と照明を付けてネタをやるのですが本番と違う点は余裕のある人は客席側に行って他のユニットのネタを見ていい、という点ですよ。落研杯は対戦式のライブなので対戦相手ともなる他のユニットのネタを見れる、というのは大きな点なのですよ。といっても皆さんのネタがあまりに面白くて不安になるばかりですけどね!勝利のためには適度な緊張感も必要なのですよ。

リハーサルの後も少し練習をしてついに迎えた本番。僕らストライクターキーの出順は2番目でして、案外いいポジションだと思いました。ネタも特にミスもなく無事に終了。ちょっと今回は人を選ぶネタかな、と思ったのですが皆さんちゃんと笑ってくださったので良かったです。しかし順位がどうなるかはわからないので終わった後も不安でいっぱい。とりあえず最下位だけは全力で回避したいと思いつつも勝負である以上必ず敗者が存在するというこの世の無情さを感じつつ・・・!

そしてついに結果発表となりました。結果発表ですが、緊張し過ぎて他のユニットさんの順位や得点をあまり覚えていないのでそれは後々活動報告のページに載せようと思っています。でも我々の順位は当然覚えていますよ!
では発表致します。ストライクターキーの順位は8ユニット中・・・

3位でした!!

・・・はい、嬉しさのあまりまた色文字を使っちゃいました。3位という事で銅色ですよ、わかりますかね、はい。
ともかくこれは凄い事なんですよ!なにせ僕らはまだ2年生で落研杯初出場ですからね、これで上位、それもトップ3に入っちゃうというのは我ながらとっても凄い事だと思うのですよ!しばらくは幸せ気分に包まれましたよ!

というわけで落研杯が無事に終了いたしました。余韻に浸るまでもなく片づけが始まるのですがそれについては次の日の記事にまとめて書くことにします。
ご来場してくださった皆さん、本当にありがとうございました!これからも東大落研を、そしてストライクターキーをよろしくお願いしますっ!!



21日
第203話「教え教わり」

こんばんは。今日は夜遅いので短めに。
今日はいつも通り化学実験をやった後、駒場小空間に行ってホールの準備の続きをやったり、出ハケ確認をしたりしました。実験に関しては毎週似たようなことしか書いていないので今週はカットで!

ホールの準備では舞台を少し整えたりホール入りの時にはかけられなかった場所の暗幕をかけたりしました。また、当日に手伝ってもらう一年の人達に少し指導をしたりしました。二年以上の人達はほとんど落研杯でネタをやるので、落研杯には出られない一年の人達にお手伝いをしてもらうのですよ。

お手伝いと言ってもそんな簡単な話では無く、舞台の照明を付けたり音響や映像を流したりと中々大変な仕事なのですよ。これらをちゃんと一年生に伝えるのが我々の仕事・・・なのですが僕の代には音響や照明の扱いに詳しい人がほとんどいないという悲惨な状況なので今日三年の丸山さんに少し教えてもらったりもしました。早く覚えてこちらが教える側にならないと困りますからね!そして音響や照明は出ハケ確認の時に調整してもらい、あとは明日のリハーサルで練習するという感じですね。落研杯は落研部員皆の力で成り立っているのですよ!

とうとう明日は落研杯当日です。終わったらすぐにでもこの日記にリポートしたいところですが、片づけの関係で当日はホールで寝泊まりすることになるので日記は遅れます。予めご了承ください。



20日
第202話「よく配る人達」

こんばんは。今日は有吉君と時間の都合が中々合わずネタの練習をする時間が取れなかったのでいつも通り授業を受けて帰ってくるだけの一日でした。もう本番は明後日に迫っており不安しかありませんがこういう時こそちゃっかり自主練をするものなのですよ。筋トレの代わりに声だし、素振りの代わりに声だし。スポーツ選手が体が資本と言うならお笑い芸人の資本は声と演技力なのです。演技練習は何処に・・・

今日は一日雨でしたがこんな日でもビラ配りは行います。実際はビラ配る場所である生協食堂前は屋根っぽいものが付いておりビラを配る上で雨が降っていようがいなかろうがあまり関係ないのですが、やはり雨の日には皆さん傘を持っているため中々ビラをもらってくれないという難点はありますね。それにも関わらずビラ配りには5人ほど集まり、皆で声を出しつつビラを配りました。

ビラ配りをしているのは東大落研だけではなく、他のサークルの方々も配っているのですが二人や三人くらいでして人数的には東大落研がダントツな気がします。これ、今日だけじゃなくて毎日そうなのですよ。宣伝に熱心なサークル、東大落研のナンバー1を決める落研杯・落研天王山。皆さん是非見に来てくださいね。

・・・ほら、宣伝する癖が出ちゃったでしょ?



19日
第201話「ネタ・イン・ホール」

こんばんは。昨日の記事がゴージャスで読みにくかったのは200回記念という事で、今日からはまたいつも通りの日記を書いていこうと思います。昨日でホール入りは終わり、今日はこれといって特別な作業はしませんでした。ただホール入り前後で違うのは、ホールを使えるかどうかですね!

今日は三限目が休講で二限目しか授業が無かったのですがこの三限目の時間を使ってストライクターキーの写真撮影、そしてネタの練習をホールで行いました。写真撮影というのは落研杯のための写真撮影でして、オープニング映像で使うための写真を撮ったのですよ。そう、落研杯にはオープニング映像なるものがあるのですよ!皆さんご期待下さい!

ホールで写真撮影をした後、そのままホールを使ってネタの練習をしました。本番の舞台がホールですからそこで練習するに越した事は無いのですよ!いつも練習に使っている部室よりも断然広いので声の響き具合等違ってきますからね。今後も時間があればホールを使って練習していきたいところです・・・と言っても落研杯まで時間はあとわずかなんですけどね!本番までみっちり頑張ります!



18日
200落研杯ホール入り!

こんばんは!!今日は落研杯ホール入りがありました。朝9時に集合して部室から駒場小空間に荷物を運び入れ、そこから駒場小空間でホール入りの作業を行う。ここまではナナペーハーのホール入りと同じですね。もホール入り3回目という事でろ慣れてきた、と思っていたのですが・・・

ナナペーハーのホール入りと最も違う点は作業が平日に行われる、という事ですよ。つまり大学授業があるのです。一限目の時間(朝9時から10時半まで)は一年生の方も結構手伝ってくれたのですが二限目以降は授業があるそうで有吉君日野君高瀬君の二年生組と横尾さん五人で作業を進めていました。僕も四限目五限目と授業があったのでその時は一旦抜けさせてもらいました。

五限目の授業の後は再び駒場小空間へ。作業の終了後は落研杯のを行いました。普通のライブの出順決めは部会で部長を中心に皆で決めるのですが、真剣勝負である落研杯ではそのような事はないのですよ。そう、落研杯の出順はくじ引きで決める事が恒例となっているのです。ちなみに僕らストライターキーの順番は・・・2番目でした
本番のお楽しみ、という事にしておきましょうかね!

そんなわけで落研杯のホール入りの体終了し、あとは曜日に控える本番まで練習あるのみとなりましたよ!僕はまだ台詞覚えすら怪しい段階なので頑張ろうと思います、はい。

・・・そんなわけで落研杯のホール入りネタとの被りを悩んだ200回目ネタですが、日記の文面をゴージャスかつ読みにくくするという一発ネタになりました。これ、結構大変だったんですよ!?次回からは普通の日記に戻っているはずです。皆さん今まで応援ありがとうございます。これからも赤田日記を応援よろしくお願いします!



17日
第199話「配ったり覚えたり」

こんばんは。ついに第200話まであと1話となりました。まだ明日何を書くかは全く決めていませんが明日の事は明日考える事にしましょう。念のために話数がずれていないかどうか数え直すかもしれませんが、数え直して実は今日が200回目だったりしたら悲しいですね。

今日から落研杯のビラ配りを始めました。ビラ配りにも一年生の方がたくさん来てくれて賑やかで嬉しいです。三限目に授業がある人にとっては12時40分までビラを配るというのは中々のハードスケジュールですが皆さん協力してくださって有り難いばかりです。もちろん僕もビラ配りましたよ!ビラ配りって声を出しながら行うので声出しにもなるのですよ。五月寄席の後はしばらく声出しはしていませんでしたしちょうどいいですね。

落研杯のネタは完成したわけですがまだ覚えられていないので今必死に覚えている最中です。明日からホール入り作業でその後落研杯までゆっくり練習できる期間がほとんど無いので早めに覚えてしまう必要があるのですよ。というわけでネタ覚え頑張ってきます!



16日
第198話「忍び寄る落研杯」

こんばんは。今日は床屋さんに行って髪を切ってもらいました。床屋さんと美容院って違いがよくわからないのですが名前からして床屋さんは髪を切ってもらうだけの場所で美容院はもっと他にも美容に関することをしてくれるのでしょう。恐らく。あの赤と青と白のグルグルする物体が店の前に置いてあるのがどっちなのかはわかりませんが、僕がいつも行っているのはそのグルグルする物体が置いてあるお店です。

6月もちょうど半分終わってこれから暑くなってくる時期ですからね。先週は雨の日が多かったですがまた晴れるようになってきましたし。このままホール入りの日まで晴れてくれたら嬉しいですね。・・・とちょっと話題がそれちゃいましたが、これから暑くなるので今日床屋にいって髪をさっぱり短くしてもらったというわけですよ。このままさっぱり気分で落研杯に臨みたいですね!

あと落研杯とは関係ないのですが今日七夕寄席のビラを作りました。落研杯が終わって次の週あたりから配り始めると思うのでこちらもよろしくお願いします。また、落研杯のビラは明日から配り始めるのでこちらもよろしくお願いします。

・・・ところどころに落研杯の内容が入っててよくわからなくなっていますね。今日はここまで。



15日
第197話「三日前の選択」

こんばんは。第200回目まであと3回ですね。そして今複雑な計算をしてみたところ、第200回目を迎えるのは6月18日の火曜日であることがわかりました。ただの18日の火曜日なら問題無いのですが・・・

そう、この日は落研杯ホール入りの日なのです。落研杯のホール入りは平日に行うのですよ。平日なので当然授業があるのですが授業が無い時間にホール入りの作業を手伝い、手の空いている人で作業を進めていくというわけですね。僕は火曜日は1限目から3限目まではずっと空いているので最初の方の作業には参加することができそうです。

そしてホール入りというイベントがある以上その日の日記はそれに関することを書くのが普通ではありませんか。ここは落研の日記なので落研のイベントを全力でリポートする、それがこの赤田日記の使命なのですよ。それを第200回目記念などという完全に日記内部での話で埋めるわけにはいきませんよね。

しかしせっかくの200回目、何か特別な事を書きたい・・・と悩んでいたら今日一日が終わりました。200回目にホール入りについて書いて更に特別な事を書くという選択肢は「手間が多すぎる」という致命的な原因により排除されたそうです。なんてこった。



14日
第196話「燃えないマッチと燃える部会」

こんばんは。今日は毎週恒例実験と部会の日です。実験の方は来週も再来週も今学期はずっとありますが、部会の方は来週は落研杯の準備、そして7月5日には七夕寄席と部会以外の活動がある日が多くなってくるので毎週恒例ではなくなりますね。

今日の実験は金属イオンの定性分析というもので、実験はいつもはペアで行っていたのですが今週からの3回は一人で行うという事でペアの人に頼らず自分でやらないといけないので大変でした。特にガスバーナーは中学くらいの時からいっつも他人に頼っているというサボりっぷりを発揮していたので完全に自分でつけるのは初めてだったかもしれません。酷いですね。幸い火をつけるのはマッチではなくライターで、ガスバーナーの操作もすぐに覚えられたので良かったです。ちなみにマッチは未だに付けられません、シュッ、シュッ、ポキッ!が定番です。

実験は無事に終わって(といって30分くらい時間オーバーしたのですが!)部会の時間に。相変わらず一年生が多くて賑やかです。七夕寄席もこのままでは人数が足りないと最初は思っていたのですが一年生のユニットがたくさん参加してくれることになって逆に人数が多いという嬉しい事態に。
・・・ちなみに最初にも触れた七夕寄席についてですが、僕は試験勉強で出られなそうです。二年の人の多くは進振り直前という事もあって中々出られなそうです。その分を一年生の方々が補ってくれるという状況なら落研の未来は明るいですね!



13日
第195話「カバーフォーエバー」

こんばんは。今日も一日雨でしたね。特に今日は結構強めに降っていた気がします。朝出るときに折り畳み傘と普通の傘で迷って結局折り畳み傘にしたのですが普通の傘の方が良かった気がします。

多分ほとんどの折り畳み傘もそうだと思うのですが、僕の折り畳み傘はチャックのついたカバーに入っていまして閉じた後にそこに入れるのですがカバーに入れたところでどういうわけか水が外にしみこんで鞄の中に入っているものも濡れてしまうのですよ。仕方ないのでカバーを被せた後にビニール袋に入れてそれを鞄に入れるというよくわからない行動を取っていたのですが・・・

今日、そのカバーがなくなってしまいました!恐らくカバーを外した後そのカバーを傘と同じ手で持っていたらいつの間にか落としてしまった、という事だと思うのですが・・・いくら必要かどうかわからないカバーだとしてもなくなっちゃうと悲しくなりますよね。カバーよ、永遠に。



12日
第194話「捨てる神あれば?」

こんばんは。今日は一限目に有吉君とストライクターキーのネタの打ち合わせをした後、二限目に数理科学の中間試験がありました。ここ一週間ほどマセマで猛勉強とは行かないまでもそれなりに勉強していたのでなんとかなるはず・・・!とりあえず半分は取れるはず・・・!少なくとも0点は回避できるはず・・・!

そんな気持ちで試験に臨んだのですが、実際割と何とかなった気がします。マセマで勉強したのがそのまま出るはずも無く、マセマが役に立ったのは基本的な公式くらいなのですがそれを知っていると知らないのとでは大違いでそのおかげで救われた問題も当然ありました。試験までに自分が勉強した範囲(基本的にマセマしかやってなかったので間に合ってない部分もありました)に関してはどうしようも無いので捨てましたが。

試験の際にわからない問題を捨てるというのはとても重要な事なのですよ。その問題で詰まってる時間で他の問題に取り組める可能性もありますからね。東大入試の際に数学に関して言われたコツとして、最初に全ての問題をざっと見てすぐに解けそうな問題と解け無さそうな問題に分けると言われました。このコツは当然大学に入ってからの試験でも通用するのですよ。

なんて言っておきながら僕はこのコツを実践したことが無いのですが・・・だって一つの問題を解き終えてページをめくって、次の問題を見るワクワクが減っちゃうじゃないですか!最初から問題を全部見るなんてネタバレそのものですよ!その問題がわからなかったらどうするって?

ご安心を、最初に問題を確認するまでもなく少し考えてわからなかったらあっさり捨てて次に行っちゃう人間なので・・・根気強さの欠片もありません!



11日
第193話「梅雨入り立て看板」

こんばんは。今日は2限目の時間に行ってストライクターキーのネタ合わせ・・・をしようと思ったのですが、その前に落研杯の立て看板を作る作業がありました。落研杯の立て看板はいつもの立て看板二枚分の大きさなのですよ。二倍の立て看板で気合も二倍ですね!

という事で僕と有吉君と日野君の三人で立て看板の作業をしました。立て看板には看板に直接ペンキ等で色を塗るパターンと印刷した紙を貼るパターンの2種類があるのですが落研杯では後者、紙を貼る方法を採用しています。看板2枚分塗るのは大変ですものね。という事で僕がパワーポイントを用いてデザインしたのを業者さんに拡大印刷してもらっておいたのです。今日は三人でそれを立て看板に貼る作業をしました。後は釘を打って立てるだけ!

・・・だったのですが雨が強くなり始めたので今日は断念することに。今年は梅雨入りが遅かったようでこれから雨の日が続くそうなのですが一体いつ看板を立てられるのでしょうか。なるべく早く立ててしまいたいですね。



10日
第192話「日記はホームページの一部に過ぎなかった話」

こんばんは。今日は落研のホームページをちょっと更新しました。今更ながら落研杯の告知と、更に今更ながら平成25年度の活動報告のページを作りました。といってもまだ新歓ライブと五月寄席だけですが・・・それぞれのライブの出演ユニットは後々書くので少々お待ちください。この「少々」が1ヵ月にならないように気を付けます。

ホームページの更新というのも広報の大切な仕事なのですがついつい忘れがちなのですよ。特に告知は重要なのでライブの日時が決まり次第すぐに告知する気持ちでいるのですがどういうわけかライブ直前になってしまうというミステリー。あとまだ更新していない、というよりできてないのは新入生の部員紹介のページですね。これも次の部会の時に書いてもらって更新してしまいたいところです。

部員紹介といえば去年僕が書いた自己紹介文を見てみたのですが思った通り意味不明でした。まぁ僕はこのホームページを自由に更新できるので自分の自己紹介なんて簡単に変える事ができるんですけどね!もちろん他人の自己紹介を変える事もできますがそんな恐ろしい事はしませんできません。ご安心を。



9日
第191話「パシャッ」

こんばんは。今日は卒業生の方々のサークル集合写真撮影がありました。卒業生対象と言ってもこの写真撮影には落研部員なら誰でも参加できるので僕も本郷まで行って写ってきましたよ。ただ今日は忙しい方が多かったのか卒業生以外の方はあまりいませんでした。ちょっと寂しいですがあまり気にせずに。3、2、1、パシャッ!

写真撮影の時にうまく写るのにはコツがあるそうです。一番重要なのはパシャッ!の時に目を瞑らないようにすることではないでしょうか。そのやり方は簡単でして、「3、2、1、」の「1」のタイミングで一瞬目を瞑っておけばパシャッ!の時に目を瞑った状態である事は無いというものです。このコツは高校生だった頃に何かの模試で英語のリスニングで出題された問題で言われてたのですが、当時はただただ「へー、すげー!今度やってみよ!」と思っていました。

今日もちゃんとこのコツを実践してみたのですが、何せ屋外撮影で空が眩しいものでして「1」のタイミングで目を瞑ったところでパシャッ!でちゃんと開けてたかどうかは不明です。目が開いていることは開いているけど半開き、という状態だと悲しいですが・・・まぁこの写真は卒業生の方々のアルバムに載るもので僕が見ることは無いと思うので気にしないことにしましょう。



8日
第190話「広報担当、寄席を観る」

こんばんは。今日は先輩の横尾さんに誘われて関東落語連合という、名前の通り関東にある様々な大学の落研から人が集まったところの寄席を観に行きました。横尾さんは僕より三代前の広報で、もちろん日記も残っているので皆さん是非見ましょう。

僕と横尾さんは寄席が行われる青山学院大学のある表参道の駅で待ち合わせて大学に向かいました。するとなんとそこには先輩の中嶋さんがいたではありませんか。特に待ち合わせをしていたわけでもなく、本当に偶然だったのですよ。こんな偶然もあるんですね。中嶋さんは僕より一代前の広報で、もちろん日記も残っているので皆さん是非見ましょう。

僕は他大学のお笑いライブを見たことは少しだけあったのですが寄席を観に行った事は無かったので新鮮でした。漫才やコント(というかピン芸)もあったのですがメインは落語でしたからね。落語、というと難しいイメージを持つ方も多いかもしれませんが(落語研究会なのに!)今日の寄席で見た落語は細かいボケで笑いを取るものが多く、僕のように普段落語を見ない人にとっても見やすく笑いやすいものであったと思います。

そして寄席の後は僕と横尾さんと中嶋さんの広報担当三人で仲良く渋谷駅まで歩いて帰りました。僕も広報としての仕事を頑張りたいと思います。



7日
第189話「部室キャパシティ」

こんばんは。今日は毎週恒例実験と部会の日です。毎週金曜日は似たような内容になっているのはどうかと思ったのですが、良く考えたら毎日似たような内容なので気にしないでいきましょう。

実験は分光光度計を用いて安息香酸という物質の酸解離定数という数値を求めるものでした。分光光度計を使うのはこれでもう3回目くらいではないでしょうか。大学での化学実験ではやたら使います。操作方法は毎回親切に書いてありますし実験をする分には問題無いのですが仕組みは未だによくわかりません。恐らく物質に光を当ててその物質がどれくらい光を吸収するか、という値である吸光度を求めるための装置なんだと思います。フィーリングです。

実験の後は部室に行って有吉君と日野君と会って五月祭のDVDを少し見た後、図書館に行って数理科学の勉強をしました。流石はマセマ、難しい微分方程式の解き方もわかりやすく書いてあるし演習問題もしっかり準備されています!

そしてその後部会に行きました。早めの時間に行ったはずなのですが着いた頃には既に一年生の方々がたくさん集まっていました。時間が経つにつれて先輩方が来たり、逆に一年生の方は五月祭のDVDを見るために一斉に部室に行ったり。10人近くが一気に部室に押し寄せたそうですが狭い部室にどうやってそれほどの人数が入ったのか、ずっと和室にいた僕にはわかりません。あの部屋は5人くらいが限界です!



6日
第188話「健康診断の戦略性」

こんばんは。今日は健康診断がありました。1年生の時は皆同じタイミングで健康診断を受けたのですが2年生は期間があってその間の自由なタイミングで健康診断を受けられるのですよ。そして今日は男子の健康診断の一日目なのです。普通ならこのテのものは最後の方まで受けないで期間が終わるギリギリの頃に行ったら皆も同じ考えで混雑して大変・・・というパターンに陥るではないですか。しかし僕はそれを読んで一日目である今日に行ったのですよ!なんて知的な!

そう、木曜は1限目の授業を受けた後2限目が休講なのでその時間に行けたのですよ。1限目が終わったらすぐに保健センターへと向かい健康診断を受けました。作戦が功をなしたのか人もほとんどおらず、とてもすんなり健康診断を受けることができました!読みが当たったのですね!・・・と思って健康診断が終わった後に振り返ってみたらかなりの行列ができていました。単に1限目の授業が終わったタイミングの問題だったようです・・・そして、皆同じ考えだったそうです・・・

そして今日は3限目が休講だったのでそのまま帰りました。なんて楽な一日だったのでしょう!



5日
第187話「マセマン再び」

こんばんは。数理科学の中間試験まであと一週間です。あと一週間、と言いましても中間試験なのでそこまで緊迫感は無いですね。高校までだと中間試験と期末試験はそれぞれでちゃんと成績が出るので中間試験のウェイトは非常に大きいですが、大学の場合は科目によっては中間試験がある、程度でしてその中間試験も学期の成績にどれくらい反映されているかよくわからないのですよ。教員によっては参考程度の扱いだったりすることもあるそうです。教員によっては期末試験並みのウェイトである可能性もあるので侮れませんけどね。

しかし中間試験があまり成績に重要でない、可能性があるからといって点数が低くていいわけがありません。良い点数が取れるように全力で頑張るまでなのですよ。今日も数理科学の授業があったので中間試験に備えてちゃんと授業も聞く・・・ように心がけましたよ!内容が更に高度になってきてさっぱりな事が多いですけどね。すでに取り残されている感が凄いです。

そこでマセマで頑張って追いつくのですよ。中間試験は今まで授業内容について行けなかったのを追いつくいい機会だと思って勉強していきたいですね。

・・・最近数理科学の中間試験に関する内容が続いた気がしますが「激闘!追試編」のようにシリーズ化はしませんよ!所詮は中間試験ですからね!



4日
第186話「マセマン」

こんばんは。今日は先週同様、有吉君と落研杯のためにストライクターキーのネタの打ち合わせをしました。落研杯本番は6月22日という事で、まだまだ先のように思えますが案外すぐ来るものなのですよ。そのため、少し早いと思うくらいの段階からネタを決めて、その後ガッツリ練習することが面白いネタを披露するために欠かせない事なのです。そして面白いネタを披露する事こそ勝利に欠かせない事なのですよ!

その後の空コマではついにおとといの日記で書いた常微分方程式のマセマをやりました。微分に関連した方程式という事で微分の逆の操作とも言える積分も扱うわけですが、正直僕は積分にはあまり自信がありませんでした。微分積分のマセマに取り組んだのも結構前の話になりますからね。でもご安心を、常微分方程式のマセマには積分の応用公式もちゃっかり書いてあるのですよ!流石は僕たちのマセマですね!この調子で進めていけば中間試験までには間に合いそうです!

・・・マセマで勉強した内容が試験にそのまま出てくるとは限りませんけどね。マセマには頼りすぎてもいけないというリスクがあるのです。まさに諸刃の刃ですね!



3日
第185話「疲れた人」

こんばんは。今日は普通に二限目と三限目の授業を受けて帰ってくるという、楽な一日でした。月曜日は毎週そうなのですけどね。そして帰って明日の物性化学のレポートをやろうと思ったのですがそのまま疲れて2時間ほど寝てしまいました。

ちょうど昨日おとといと休んだばかりですし今日もそこまで大変では無かったのに自分でもびっくりです。帰りの電車で寝ないでずっとスマホでゲームしてた事が原因かもしれませんが。電車の席が空いている時は寝たくなっちゃいますが寝ると乗り過ごす可能性があるのが怖いですよね。ゲームをしていれば寝る危険性は無いし楽しんでいられますが帰ってから疲れる・・・という二択です。その時の気分やコンディションと相談して決めましょう。

ちなみに起きたあとに物性化学のレポートはちゃんとやりましたよ。
さっぱりわかりませんでしたが・・・これ、教科書とプリント読んで何とかなるものじゃないですよ!しかもこいつは必修科目なので単位は絶対に取らないといけません。マセマも無かった気がします。どうすればいいんでしょうかね、これ。



2日
第184話「希望の戦士」

こんばんは。今日も一日休みでした。ここ最近課題や広報の仕事を溜めこみ気味だったので今日一気に消化しよう・・・と思ったのですが僕にはまだ早かったようで、ほとんど何もできずに一日が終わりました。来週また頑張りましょう。

・・・とそんな悠長な事を言っている場合ではないのですよ。なぜなら6月12日に数理科学IIという恐ろしい科目の中間試験があるからです!この科目については前に書こうと思って結局書いたかどうか記憶が曖昧なのですが6月になってページも変わったところですしまた書こうと思います。

この「数理科学II」という科目は必修科目ではなく総合科目、つまり取っても取らなくてもいい科目です。内容は常微分方程式。高校でも最後の方でおまけ程度に扱う内容ですがそれをメインに学んでいくというわけですね。そしてこの科目は1年生も2年生も取れるので1年の必修科目で学んだ知識が無くても大丈夫!と思って僕はこの科目を取る事にしたのですよ。1年で学んだ知識はもはやないようなものですが、後々微分方程式は使うと思ったので・・・

しかしこれが大きな過ちでした。何が間違っていたのかって?「この科目は1年生も2年生も取れるので」 ここですよ!
なんとこの科目、2年生のみの総合科目だったのです!!
これは大変です、なにせ2年生のみの総合科目と来たら1年の必修科目で学んだ知識をバンバン要求してくる可能性が高いのですよ!その点を除いても内容がやたら高度で授業を聞いても全然理解できない、恐ろしい科目だったです。あぁ、もうおしまいだ・・・

いや、まだ諦めてはいけません。我々には希望があるではないですか!
そう、マセマという・・・!(マセマについては4月中旬くらいの日記で連載?した「激闘!追試編」をご覧になってください。)
生協の書店にもちゃっかり置いてありましたよ、常微分方程式のマセマ!これさえ勉強すればもう怖いもの無しですよ!数理科学でも中間試験でもなんでもかかってこい!

・・・そして今日は勉強をせずに一日が終わったのでした。来週から頑張ります・・・



1日
183話「『( )』」

こんばんは。今日から6月です。6月という事で、赤田日記もこの新しいページで書いていこうと思います。皆さん6月も応援よろしくお願いします!

早速今日はこれといって書くような出来事が無い方の休日だったので(ちなみに「これといって書くような出来事が有る方の休日」と「これといって書くような出来事が無い方の休日」の比率は、大体1:9だそうです。この数値は実際に数えて算出されたものではなく、僕の勘です。あてにしないでください。)・・・

・・・はい、久しぶりの「カッコ書きが長すぎて本題を忘れるパターン」ですね!カッコ書きの中にカッコ書きがあってもはやわけのわからない事になっています。ちなみに数学では大カッコ、中カッコ、そして普通のカッコがあって外側から順に[ 、 { 、 ( となっていますね。つまり[ { ( ) } ] という感じになっているわけです。

しかし普通式を書く場合は左の方から順番に書くので、[ や { を書き忘れるという事態がしょっちゅう起きます。大抵式を書く時にその式の全体を意識して書くことはないですからね。その場その場で書くので本当は[ と書くべきところでも( と書いてしまうのは良くある話です。しかしこの大カッコやら中カッコやらというものもそんなに重要なものでは無く、大学の教授などもよく授業中に全部のカッコを( で書いているのを見ます。そんなわけで結局 ( ( ( ) ) ) という大カッコや中カッコを含まない式のまま満足するのでした。実際それで困る場面もそうありませんからね。

・・・あれ、何の話でしたっけ。

|

赤田日記2013年5月

31日
第182話「シンフリってなんすか」

こんばんは。今日は5月最後の日ですね。そして今日は金曜日、毎週恒例実験と部会の日です。その前にアドミニストレーション棟というところで進学振り分けの手引きとかいうよくわからない冊子を貰ってきました。どうやら必要な物らしいです。ほー。

今日の実験はゲルというゼリー状の物体を作ってその中にタンパク質を入れて電気を流してタンパク質の移動距離を測定する実験でした。この説明だとさっぱりですが「電気泳動」という言葉でわかる方はわかるのかもしれません。実験操作はそこまで大変では無かったのですが・・・まずゲルを作って固まるまで10分待ち、次にタンパク質を入れて電気を流してタンパク質が移動し終わるまで20分待ち、さらにそのゲルをホットプレートに乗せて温めて6分待ち、一度取り出して3分待ち、更に取り出して3分待ち・・・一体何分待たせるんですか!といった感じの実験でした。作業は全て順番になっているので待っている間に他の事ができるというわけでもなく、ただただ待つ必要があるのですよ。なんて退屈な!

散々待った割には早めに終わったので部室に行って暇をつぶしていました。実験時間がいかに待ち時間ばかりだったかがよくわかります。部室でぼーっとしていたら日野君が来て、有吉君が来て、高瀬君も来ました。あと卒業した先輩の山下さんも来ました!久しぶり・・・というほどでも無く五月祭の時にお会いしていたのですが。

そしてしばらく部室でだらだら過ごした後、部会の時間になりました。相変わらず一年生の方がとっても多くて賑やかで嬉しいです!今日は三年の先輩の三浦さんに進学振り分けなるものについて相談してもらったりしました。なるほど、結構大変なんですね。・・・と他人事のように言っていますが僕にとっても非常に重要な問題なのですよ。皆さん、自分の進路はちゃんと自分で考えましょう。

・・・と他人事のように言っていますが僕にとっても非常に重要な問題なのですよ・・・



30日
第181話「小雨が迫る選択」

こんばんは。今日の東京は雨でした。昨日も雨が降っていましたしそろそろ梅雨入りといったところでしょうか。梅雨ってつい忘れそうになる存在ですよね。少し前まではどんどん暑くなってきてもうそろそろ夏か、と思っていたところだったのにそういえばその前に梅雨があった、そんな感じです。これからも雨の日が多くなりそうなので皆さん傘を忘れないようにしましょう。

基本的に一つの校舎内で授業を受けていた高校までとは違って大学ではいくつもの建物を行ったり来たりするので教室移動の際に外に出ることが多いですね。この際、今日みたいな中途半端な雨ですと傘をさすかどうかは悩みどころです。もちろん雨が降っていれば傘をさすに越したことはないのですが移動距離が短く、雨も小雨となるとわざわざ傘をさして閉じるのは面倒ではありませんか。

そんな時、周りに流されやすい僕は他の人たちの様子を見ています。傘をさしている人の方が多いのであれば恐らく傘をさした方がいいのでしょう、と思って僕も傘をさします。傘をさしていない人ばかりであれば別に傘をさす必要などないのでしょう、なので僕も傘をさしません。さて、皆さん傘をさしているでしょうか・・・?

・・・どっちも、半分半分でした・・・



29日
第180話「スピードレポート」

こんばんは。今日は人間環境一般という、よくわからない科目のレポート課題をやりました。僕の取っている授業では「国際プロジェクトを考える」というお題のもと様々な分野から国際プロジェクトを取り扱っていくという内容となっております。毎回違う分野の教授が来て講義をする、という形なのですがなんと毎回レポート課題が出されます。

・・・こう書くと大変おそろしい授業に見えますがご安心を。この毎回出されるレポート課題の中から任意に4つ選んで提出すればいいのですよ。しかもその枚数はA4で2枚ほどという事で割と良心的ですね。この形式の魅力的なところは、早い段階のレポート課題で4つ出してしまえば試験近くのレポート課題はもうやらなくていいという事ですよ!

そんなわけで早い段階からレポート課題に取り組んでいる次第であります。既に先週1つ提出して今日も1つ提出したので後2つですね。このまま来週再来週と提出してしまえばもうこの科目の事を心配する必要が無いのですよ!ただ、一つ注意すべき点があります。それぞれの課題に締切があるのです。そのレポート課題が出される3週間後までには提出しないといけないのです。つまりしばらく授業が進んだ後に取り組みやすいと思ったレポート課題を4つ選んで一気に片づける、という手段は通用しないのです。

僕の場合は先週からそろそろやった方がいいかな、という気分になって締切直前のレポートに手を付け始めただけなのでそんなに問題ありませんけどね!本来なら自分の関心に合う内容のレポートを選択すべきなのでしょうけど、とにかく4つ出せればいいのですよ!



28日
第179話「戦いの始まり?」

こんばんは。今日は2限目に行って有吉君とストライクターキーのネタの打ち合わせをしました。五月祭は終わったばかりだと言うのに何の打ち合わせですって?それは6月22日に開催される「落研杯」のネタですよ!

・・・落研杯については前にも少し書いたと思うのでもう詳しくは書きませんよ。今ざっと見てきたところ、今月21日の日記に書いてあったので「落研杯ってなんぞ?」という方は是非そちらをご覧になって頂ければ、と。そしてその記事を見たところ、落研杯は駒場小空間で行われる2年生以上限定のお客様の投票で順位が決まるライブと書いてあるではないですか!はい、もしわざわざ21日の日記まで逆戻った方がいたらなんとなくすみませんでした。

そして我々ストライクターキーは1か月近く先のこの落研杯に向けて既に準備を始めているという事なのですよ!我々は勝ちに行っていますからね!更にこんな事をこの日記に書くことで他の参加者の方にプレッシャーを与えるという心理作戦まで行っているではないですか。そう、落研杯の戦いは既に始まっているのです・・・!



27日
第178話「久しぶりループ」

こんばんは。今日は月曜日、久しぶりの授業日でした。
・・・久しぶり、と言っても2日ぶりなのですが。いや、土日と2日挟んでいるから2日ぶりじゃなくて3日ぶりでしょうか?相変わらずこのような日付の計算?は苦手です。

ちょっと気になったので調べてみると、3日ぶりで合っているそうです。金曜日が授業日だったので土曜日に次の授業日があったとしたら1日ぶり、日曜日に次の授業日があったとしたら2日ぶり。実際の次の授業日は今日、月曜日だったのでそのままの流れで3日ぶりというわけですよ!何か賢くなった気分がしますね!・・・しませんか、はい、そうですか。

しかし3日ぶりだろうと全然久しぶりではないのですが久しぶりと感じたのは少し前にも書いたように土日休み自体が久しぶりだったからでしょうね。土日休みが久しぶりだとその次の月曜の授業日も久しぶりになるそうです。良くわかりませんがそういう事です。



26日
第177話「ポジティヴ・シンカー」

こんばんは。今日も一日ぼーっとして過ごしました。この書きはじめも一日ぶりのような気がします。僕の一日は70パーセントの睡眠で構成されています。他の30パーセントは娯楽です。

今までの赤田日記を読んで下さっている大変親切な方ならお気づきでしょうけど、僕の休日はほとんど昼寝したり遊んだりというどうしようもない自他楽で構成されています。特に昼寝で一日がほとんど終わってしまった時のむなしさと言ったら。

でも今日は相変わらず長時間昼寝をしていたにも関わらず一日を無駄にしたという感じはほとんど無かったのですよ。何故なら事前に「先週先々週と忙しかったから今週の土日は寝て過ごそう」と決めていたからです!そう、土日を寝て過ごしたのは仕方なかった事、むしろこれが明日以降の幸せライフに繋がると考えれば土日を一週間分潰す事などなんてことない事なのですよ!

・・・それでも昼寝で潰した時間を使って何ができたかを冷静に考えれば気が重くなりますが、その辺は気にしないようにしましょう。



25日
第176話「糖分ライフ」

こんばんは。今日は一日ぼーっとして過ごしました。この書きはじめも久しぶりのような気がします。赤田日記は80パーセント自他楽で構成されています。他の20パーセントは糖分です。

ボーっとしていたと言っても実際にやる事が無かったわけではないのですよ。当然勉強したりレポートしたり、広報としての仕事も一応ありますからね。でも明日やればいいやと思って後回しにしてしまう、そんな悪い癖が相変わらず治りません。そんな事をしているからこの日記の自他楽成分が増していくのですよ。何とかして他の成分の割合を増やさないといけませんね。糖分を摂りましょう。糖分を取れば脳が活性化し、物事に集中できるようになり自他楽ライフから解放されるのです!他の20パーセントは糖分、とはそういう意味なのですよ。

しかし僕は糖分を摂りすぎな気もします。朝ご飯は甘めのパンである事が多いし、毎日のように甘いお菓子を食べています。それでいて全く太らないのは永遠の謎です。いい事ではあるのですが。しかし糖分をこれだけ摂っているのに赤田日記の自他楽成分の割合が一向に減らないという事はつまり・・・糖分と物事への集中力は関係が無い、という事なのかもしれません・・・

集中はしているけどその対象が勉強ではなくゲームだった、の可能性も充分考えられますけどね。



24日
第175話「敵対的滴定」

こんばんは。今日は金曜日、毎週恒例の実験と部会の日です!金曜日は日記のネタに困らないのでいいですね!ただ今日あった事を書くのみです!これが本来の日記というものなんですけどね!

今日の実験は温泉水に含まれる鉄の濃度を求める実験でした。滴定で濃度を求め、分光光度計というよくわからない機械を使って良くわからない数値を求めました。分光光度計は仕組みはさっぱりわからなかったものの、書いてある通りに操作するだけなのでそこまで困らなかったのですが滴定がとにかく大変でした。滴定と言えば高校でやった酸化還元滴定ですね。そう、それと全く同じ事をするだけなのですよ。いいですか、ビュレットとホールピペットは使用する溶液で共洗い、ですよ!これ結構試験に出ますからね!高校のですけど。

やる事は高校の滴定と同じですし実際高校の実験でも滴定はやったのですが数値のバラつきが大きくて中々うまくいきませんでした。僕は特にピペットで溶液をはかり取るという基本中の基本の操作が苦手でして・・・ちゃんとやっているはずなのに空気が入って分量が変わるんですけど、何なんですかねあれ!

ともかく無事に実験を終えて部会まで時間があったので部室に行くことに。そこで日野君と岡田さんが五月寄席のDVDを見ていたので一緒に見ました。五月寄席ではその時ネタをやっていない人たちは基本ビラ配りで忙しいので他の方のネタを見ることができないので、撮影してDVDに焼くことで後日それを見て他の方のネタを参考にしたり、自分のネタの反省をしたりするのですよ。

そして6時になって部会に行きました。相変わらず新入生の方がとても多くて嬉しいです!先輩の方々も新入生の多さにびっくりしていましたよ。今日は唐突に大喜利バトルが始まって僕も参加したりしてとても楽しかったです。やはりメンバーが多いと盛り上がりますね!



23日
第174話「一限目は辛いよ」

こんばんは。今日は一限目に行って授業を受けて二限目は空コマで三限目の授業を受けたらもう帰ってこれる木曜日でした。木曜日は毎週そうなのですが先週は五月寄席の練習で木曜以外でも一限目に大学に行く日が多かったので一限目に行くのは久しぶりに思いました。やはり一限目通学は疲れますね!
という事で皆さんに一限目通学の大変さを知ってもらうために「ここが辛いよ!一限目」リストを作りました。箇条書きです。

・朝早く起きる必要がある。→睡眠時間が短くなる。眠い。

・睡眠時間を確保するために夜早く寝る必要がある。→夜にやりたい事が出来ない。

・それなのになぜか睡眠時間が確保できない。→眠い。

・朝早いと電車が混む。→満員電車とか普通にある。辛い。

・昼休みまでかなり時間がある。→お腹がすく。疲れる。

ざっと考えただけで5つも挙がりました。もっと考えれば100個は軽く上回るのではないでしょうか。恐ろしいですね。ちなみにただでさえ恐ろしい一限目ですがそこに「月曜」が加わった「月曜一限目」はより人々に恐れられています。一体どのような存在なのでしょうか・・・



22日
第173話「暑かった日」

こんばんは。今日はとても暑かったですね!暑いのは今日に限った事ではないのですが。ついでにこの赤田日記はネットのブログなのでパソコンや携帯電話さえあればどこからでも見れる以上「東京では暑かった」という情報を出して共感を求めても今日涼しかった地域に住んでいる方からしたら共感を得られませんね。北海道とかどうだったのでしょう。日本が夏だと南半球では冬ですね。北極や南極は年中極寒で・・・

はい、かなりどうでもいい話ですね。ともかく今日の東京は暑かったのですよ。東大のキャンパスは教室によっては冷房が中々効かなかったりするので暑い日は大変です。駒場キャンパスはまだまだ新しい建物が多い方なのでマシなようですが・・・本郷キャンパスだと更に大変という話も聞きます。教室の冷暖房設備がちゃんとしていないと夏も冬も大変ですよね。



21日
第172話「勝ちに行く男」

こんばんは。今日は授業が4限目からだったので昼ご飯を家で食べてから大学に行くというとてもまったりした朝を送りました。いや、午前中の授業をサボったわけではないですよ?結構前の方に書いた気もしますが火曜日は4限と5限しか取っていないのですよ。しかし4限目から行くのは久しぶりな気がします。少し前までは五月祭のネタ決めやネタ練習などで早めの時間に行くことが多かったからですね。

五月祭が終わってしばらくのんびり、と思いきや案外そうでも無いのかもしれません。というのも次の落研のライブがこれまた大イベントだからですよ!そのライブは、そう、6月22日の落研杯です!落研杯はナナペーハー同様に駒場小空間を使って行うイベントでして、他のライブと大きく違う点が二つあります。

まず、出演者は二年生以上でないといけない事。僕も去年は一年生だったので落研杯には出られませんでしたが今年は二年生なので出演資格がある、という事ですね。
そしてもう一つは・・・順位が決まるという事です!落研杯では観客の皆さんにネタを投票、と言うよりは採点してもらってその点数によって順位が決まるのですよ。

僕、ゲーム大好き人間・赤田渉、勝ち負けにはこだわる人間なのです。順位が決まるからには一位にこだわる、そんな人間なのですよ!という事でこの落研杯、勝ちに行きますよ!



20日
第171話「サボらない人たち」

こんばんは。今日は五月祭三日目・・・ではありませんよ!五月祭は昨日で終わっちゃいました。三日間続くのは駒場祭です。そう、駒場祭は三日間も続くのですよ!楽しみですよね。

さて、五月祭が終わった直後の今日。五月祭の片づけは昨日全て終わったし今日は特にする事が無いので・・・普通に授業があるのですよ。普通学園祭が終わった直後の一日くらいは休みがある、もしくはその一日で片付けをするものだと思うでしょう。しかし東京大学にはそんなものはありません!学園祭が終わったら即授業です!大変です。他の大学の事情は全く知らないのでこれが普通な可能性も充分考えられますが。

そんなわけで今日も授業を受けるために五月祭直後の疲れた体で大学へと向かったのですが、やはり疲れていると授業にも集中できませんね。ずっとぼーっとしてしまいました。やはり学園祭の直後の一日は休みであるべきなのですよ!ほら、他の皆さんだって授業をサボっていて食堂だってこんなに空いて・・・いないじゃないですか!いつも通り混んでいるじゃないですか!誰ですか、五月祭が終われば皆やる気が無くなって食堂も空いてくると言った方は!こんなの聞いてませんよ!!皆さん凄いやる気ですね!!



19日
第170話「晴れのち曇りな二日目」

こんばんは。今日は五月祭二日目です!今日は日曜日という事もあってか東大本郷キャンパスに来る方が昨日よりも多く、更に賑わっていました。土曜日も休日である今の学生にはなぜ土曜日よりも日曜日の方が人が多いのか良くわかりませんが、多分土曜日には頑張って働いていた方がたくさんいたのでしょう。天気も昨日に引き続き晴れ。数日前の天気予報だと今日は雨だったので心配だったのですがその心配は杞憂だったようで・・・

と最初は思っていたのですが、徐々に曇ってきて雨が降りそうな雰囲気になってきました。それに伴い五月寄席に来る方も少しずつ減ってきました。それでも元気にネタをやるのみですけどね!

僕は今日の最後の最後にオールスター大喜利での出番もありました。オールスターって響きが素敵ですよね。最初のお題、「ひと手間加えて猫カフェを台無しにしてください」は中々いい答えが思い浮かばなかったのですが二つ目の「こんなパン屋のサービスは嬉しくない」、そして三つ目の「エビに立ち直れないくらいの精神的ダメージを与えてください」は我ながらいい答えがポンポン出せたと思っています。三つ目はお題の時点でなんだこりゃって感じですが何とかなるものですね。

こうして無事に終わった五月寄席。しかし帰るまでが遠足、と同じように片づけるまでが五月寄席、なのです。舞台をバラして荷物を三浦さんの車に運び入れて駒場に持って行きました。三浦さん、車で荷物を運んでくださってありがとうございます。

長くなりましたが五月寄席のリポートはここでおわり。皆で力を合わせ、とてもいい五月寄席になったと思っています。来場者の方が是非また東大落研のイベントを見に行きたい、と思ってくださればとても嬉しいです。見に来て下さった方、本当にありがとうございます!



18日
第169話「晴天の一日目」

こんばんは。今日は五月祭一日目です!気候にも恵まれて多くの方々が東大本郷キャンパスに来場なさった一日目。東大落研の五月寄席にもたくさんの方が来てくださりました。たくさんの方が来てくださるとそれだけ僕らもテンションが上がります。そんな上がりきったテンションで僕もネタをやる事ができました。来てくださった皆さん、本当にありがとうございます。そして五月祭は明日も続くので今日来れなかった方も是非来てください!

数日前に五月祭をリポートできるように頑張ると書いておいてこれだけで終わるわけにはいかないですね。五月寄席の会場は工学部8号館という正門からも赤門からも奥の方にある建物の83号室という地下一階にある部屋です。非常にわかりにくい場所にある上にビラに地図が載ってないので更にわかりにくくなってしまいました。しかもそのビラを作ったのは僕なんです。迷惑をかけて申し訳ありません。

しかしわかりにくい部屋はそれだけではありません。毎回五月寄席では荷物や小道具を置くための楽屋があるのですが今回はなんと五月寄席が行われる83号室から二階も上に上った所にあったのです。そのせいで移動が大変でした。そのかわり楽屋の「楽屋っぽさ」は去年よりも高かったのですが。入った瞬間に楽屋だ!という感じでした。

そして肝心のネタの方はと言いますと、ストライクターキーもピスタチオ大使館も少しのミスがあったとしても勢いで乗り切れたと思います。勢いはネタでウケを取るために一番大切ですからね!ネタに限らず今日失敗してしまった事は明日より良くなるように頑張ればいいのですよ。

そんなわけで一日目のネタが全て終わり、明日に向けて反省会をしよう・・・と思っていたところに何と、何と!!テレビ局の方が取材に来たのです!しかもあのTBSですよ!!まずはサークルを代表して部長の有吉君がインタビューを受けた後、何人かで短いインタビューを受けました。テレビに出たくて仕方ない僕も答えましたよ!出る可能性は低いとは思いますが。

さて、五月祭とは直接関係のない話題で終わりましたが一日目のリポートはここまで。二日目は後片付けもあるので日記の更新が遅れる可能性が高いですが、ここはいつも通り・・・その時はその時で!



17日
第168話「サボタージュレス」

こんばんは。今日は五月祭前日です。東大落研は工学部8号館という建物の83号室という場所で「五月寄席」を行います。午前中は落語オンリーの若獅子落語会、そして午後は漫才・コント・ピン芸・落語・大喜利の全てが詰め合わさったまさに東大落研の集大成とも言える本編となります。是非足を運んで下さいね!ちなみに僕は本編の方でコンビ「ストライクターキー」とトリオ「ピスタチオ大使館」として出ます。

そんな五月寄席の前日である今日はひたすら五月寄席の準備をしていました。僕は幸い午前中は特に授業が無かったので午前中から駒場キャンパスの部室にある荷物を本郷にある教室へと運ぶための作業をしていました。まずは部室から必要な荷物をだし、そして三浦さんの運転する車に詰め込んで本郷へと運んでいく、という方法です。三浦さん、車で荷物を運んでくださってありがとうございます。

そして本郷についたら舞台等を組み立てる作業・・・だったのですが僕はしばらく駒場の部室で待機することに。サボりじゃないですよ!万が一駒場に忘れ物があった時に本郷へと持って来れるようにするための要員なのです。これもれっきとした仕事なのですよ。同じ東京大学と言っても駒場キャンパスと本郷キャンパスでは距離は結構ありますからね、忘れ物がある度に往復していたらきりがないのです。幸い忘れ物は特に無かったのですが。

そして僕も途中で本郷キャンパスに向かって舞台の組み立てを少し手伝ったり軽くネタ合わせをしたりしました。かなり時間にギリギリでしたが果たして明日どうなる事でしょうか。皆さんに最高の状態のネタを見せる事ができるよう頑張りますよ!



16日
第167話「早い2日前」

こんばんは。今日は5月16日。五月祭まであと2日です。・・・えっ!?
まだ2週間前と思っていたらあっという間に1週間前になり、1週間前と思っていたらもう2日前ですよ。ストライクターキーの方はなんとかなりそうですがピスタチオ大使館の方の都合が合わず練習の時間が取れなくて大変です。

今日は僕は2限目が空コマだったので部室に行って誰にも見られないような所で素振りをするかのごとく一人で台詞練習をしていました。誰にも見られない所で素振りしている人ってカッコいいじゃないですか。僕はこんな日記にデカデカと書いた時点でそのカッコよさは間違いなく失われていますけどね。雰囲気も何もあったものではないです。

明日は午前中は授業で午後から五月祭準備・・・なのですが僕は午前中に授業が無いので午前から五月祭準備です。明日以降日記の更新が遅くなる可能性もありますがその時はその時で。準備の段階から五月祭をしっかりリポートできるように頑張ります!



15日
第166話「昼食英会話」

こんばんは。少し前にチキンカツミート丼の話で食堂の話を書いたばかりな気がしますが今日もまた生協食堂の宣伝シリーズで。ちょうどチキンカツミート丼の提供が終わった直後くらいに今度は九州・沖縄フェアが始まりました。名前の通り九州や沖縄の郷土料理を東京大学の生協食堂で食べることができるという物なのですよ!素敵ですね!

そんなわけでここ最近の昼食はすっかり九州や沖縄に染まっています。まぁ沖縄も九州の一部なのですが。言い方的には「アメリカ・ハワイフェア」と言っているようなものでしょうか。しかしハワイはアメリカの一部とはいえアメリカの食べ物、と言った場合とハワイの食べ物と言った場合とでは全然違うものが出てくるようにしか思えないのでこのネーミングも正しいのかもしれません。例えが極端ですが。

今日はタコライスを食べました。九州沖縄でタコと言うくらいなので海に住んでて足が八本あるあの生き物を思い浮かべますが実際はそうではなく、食堂によると「メキシコ生まれ沖縄育ちの料理」だそうです。「タコ」じゃなくて「Taco」みたいです。発音的には「タコ」ではなく「タァーコォーゥ」でしょうかね。さっぱりですね、はい。
そのタコライスですが、程よく辛くて今日みたいな暑い日にはぴったりでしたよ!皆さんも是非食べてみましょう。そして注文の時は発音よく「タァーコォーゥライスで」と言いましょう。いいですか、「rice」ですよ、ちゃんと「R」の発音を正しくしてくださいね!!



14日
第165話「復活のピスタチオ」

こんばんは。今日は僕と有吉君、それと高瀬君の三人でネタの打ち合わせをしました。実は僕は有吉君とストライクターキーというコンビを組んでいるだけではなくそこに高瀬君を加えたピスタチオ大使館というトリオを組んでいるのです!ピスタチオ大使館は去年の駒場祭の時に結成しそれ以来特にネタをやっていなかったのですが今回の五月祭で記念すべき復活を遂げました!

ネタ作りが案外すんなり進んだストライクターキーとは対照的にこのピスタチオ大使館はトリオという事もあってネタ作りに苦戦したのですがストライクターキーのときと同様に有吉君がなんとかしてくれました。特に今回は僕が五月祭でやりたかったことを勝手に言い出したことから始まった見切り発車的な状態でのネタ作りだったので今朝有吉君から渡された台本を見て「こんな凄いネタができたのかっ!!」と感動しちゃいましたよ。

・・・流石にそれは大げさだったかもしれませんが凄いネタであることは事実です。皆さん乞うご期待!・・・まずはあと三日で覚えないといけないのですが。



13日
第164話「勝利」

こんばんは。今日は嬉しいお知らせがあります。先月受けた数学IAと電磁気学の追試ですが、どちらとも合格しました!この追試については先月の中旬あたりの日記を読んでいただければ、それはもう嫌になるくらい書いてあります。特に数学IAは難しかったので(というかヤマを張って大きく外れたので)合格するかどうかわからなかったのですが合格できてよかったです。これで進学に一歩近づきました!

さて、「追試なんて合格する以前にそもそも引っかからない」と思う方も多い事でしょう。僕だって大学入学当初はそう思っていましたよ。しかし1学期、2学期と共に数学IAの追試に引っかかってきました。この科目はもはや僕にとっては天敵です。本当はIAとIBのどちらかを選ぶことができ、IBを選んだ方が簡単だったそうなのですが何も調べず何も考えずにIAを選んだ事をずっと後悔していました。それも今日でオサラバです。もう僕は数学IAという恐怖の科目とは無縁の人生を送る事ができる!

・・・といいのですが実際は今後も使う事になると思います、だって微分や積分って数学の基本ではないですか・・・



12日
第163話「超ビギナー営業マン」

こんばんは。今日は高島平ふれあい館という場所に営業に行きました。今まで大会に参加しに行くことはあっても営業に行くことは初めてだったので緊張しました。メンバーは僕と有吉君のストライクターキー、高瀬君と吉田君の加藤パン工房、そして落語をやる日野君、と二年生部員の多くが参加することになりました。今回はストライクターキーも加藤パン工房も漫才をやることに。

高島平ふれあい館は主にお年寄りの方が利用する施設でして、落語はともかく僕たちがやるような漫才とは客層は違うかもしれません。しかし色んな方に笑ってもらってこその漫才だと思っているので僕たちも全力で頑張りました。実際五月祭などの大きなライブではお年寄りの方もたくさんいらっしゃるので幅広い年齢層にウケないとダメなのですよ。そんなわけで今回の営業はいい経験になったと思います。

さて、これが僕の初めての営業となったわけですがこれからも沢山経験を積むためにも色んな営業をやってみたいと思っています。ネタを見せる営業はもちろん、他のタイプの営業にも挑戦したいですね。



11日
第162話「困ったときのクリップアート」

こんばんは。今日は五月祭のためのビラ作りをしました。五月祭までちょうどあと一週間。ビラ作り、といってもまだデザイン段階でビラ刷りは更に後になるのでギリギリになるかと思われます。ついでにネタの方もかなりギリギリになりそうです。そんなわけで毎回毎回余裕をもってネタを作りたいと思っているのに結局またギリギリになってしまうのでした。学ばない人です。

去年の五月祭や駒場祭は前年度の広報担当の中嶋さんが作ったのですが、物凄い凝っててカッコよかったです。果たして僕にこんなカッコいいビラが作れるのかと心配になりましたが、僕は僕なりのビラを作ればいい、そう思っていつも通りのやっつけ仕事でビラを作りました。困ったらとりあえず文字を大きく!文字が大きい方が読みやすいですからね!そしてスペースが余ったらクリップアートでテキトーに埋めておく!これで完成です!

そう、五月祭といえば告知のページもまだ作っていなかった気がします。完全に忘れました。その辺もギリギリですね。さて、いつ作ればいいのでしょう?

・・・今、ですよね。はい。



10日
第161話「スペクトルってなんすか」

こんばんは。今日は化学実験とストライクターキーの打ち合わせと部会がありました。昨日書いた予定通りですね。化学実験は分光計というよくわからない機械を使って原子のスペクトルというこれまた良くわからない物を探す実験で大変だったのですが案外早く終わりました。

この「スペクトル」という物は高校のころから聞いた言葉ではあったのですが確か高校では「大学受験にはたいして関わってこないので別に気にしなくていい」という感じだった気がします。なので僕は「そうか、スペクトルというのはどうでもいい物なんだな」と思って今まで生きてきました。しかし大学になるとそのどうでもいいはずのスペクトルという言葉をやたら聞くようになり、「結局スペクトルってなんなんじゃ」と思いながら今を生きています。はい、結局スペクトルが何なのかは良くわかりません。多分光の線みたいなものだとは思います。はい。

実験が早めに終わったのでストライクターキーの練習もちゃんと行う事ができ、その後の部会では五月祭の直前という事でたくさんの新入生の方々が五月祭の話で盛り上がっているのが見えました。大体10人くらいでしょうか。去年の僕らの代よりも遥かに多い気がします。いやー、これだけ多いと賑やかでいい物ですね。2年の代も負けずに頑張っていきたいです。



9日
第160話「覚えやすい度」

こんばんは。今日はストライクターキーの打ち合わせも無く(実は昨日は書いていませんが練習していたのですよ)普通に授業を受けて帰ってきました。空きコマは明日の化学実験の予習をしていました。教科書見るだけで器具が複雑そうでなんとも長引きそうな実験ですが僕は大丈夫なのでしょうか。とはいえ金曜日は5限目が空いていて部会まで暇なので実験が多少長引いたところで問題無いのですが。それでもできれば明日の5限目の時間にもネタの練習をしたので頑張って早めに終わらせたいところです。

そしてネタの練習といえば、そう、台詞覚えの時期がやってきました。電車の中で余裕があれば台本を開いて、いつも通り台詞を一行ずつ手で隠しながら覚えるという古典的な暗記方法でネタを覚えていきます。個人的な意見ですが、ネタの長さが同じくらいでも覚えやすいネタと覚えにくいネタがある気がします。ネタの台本作りに多く関わっているネタは覚えやすくて有吉君に丸投げ気味なネタ(毎度毎度ごめんなさい)は覚えにくいという事でしょうか。

今回は案外すんなり頭に入ってきた気がします。それでも結構丸投げネタなのですが。



8日
第159話「beef or meat?」

こんばんは。まず皆さんにお詫びしなければならない事があります。昨日の記事に書いた「チキンカツビーフ丼」ですが、実際は「チキンカツミート丼」でした。サイフに入っていたレシートを見て確認したので間違いありません。皆さんの混乱をまねいた事を深くお詫びいたします。

さて、そんなチキンカツミート丼ですが今日は無事買う事ができました。幸い二限目の授業が少し早めに終わったのでダッシュ気味で食堂へと向かい・・・既に結構な列ができていましたが何とか買う事ができました。特に数量限定ではないようですがそれもわからないので早めに行って良かったと思います。チキンカツミート丼は300円という非常にお得な価格ながら他の丼物に負けず劣らずむしろ勝ってしまうのではと思えるくらいのボリュームであり、お金に厳しい学生の方々の強い味方となってくれそうです。問題は5月10日まで、つまり明後日までしか販売しない事なのですが・・・

長い列ができるほど売れるのならもっと長く売ればいいのにと思うのですがあえてこの短期間に限定することで売り上げが伸びるという事があるのでしょう。また、後々復活したら話題になって更なる売り上げ向上が見込めるという事でしょうか。売る側の詳しい事情はわかりませんが買う側は安さに感謝して食べましょう。



7日
第158話「行列のできる」

こんばんは。今日は久しぶりに授業がありました。久しぶりの授業だと言うのに一限目通学でした。一限目に行った理由は有吉君とストライクターキーの打ち合わせをするためであり授業は関係ないのですが。もう五月祭までそう長くはないのでネタ決めネタ合わせを急いでやる必要があるのですよ。

授業は二限目と三限目であり、いつも通り二限目の後は昼休みなのですが・・・てっきりゴールデンウィークが終わった後はいわゆる五月病で学生の数が減っていると思ったのです。つまり、それだけ食堂が空いていると思ったのですよ。

ところがどっこい!食堂が普通に混んでいるではありませんか!しかも今日から10日までという超短期間での限定メニュー、チキンカツビーフ丼(300円!)を食べようと思ったのに丼物コーナーが凄まじい行列!二限目の授業が少し長引いたのもありますが少し侮っていたようです・・・学生の活力とチキンカツビーフ丼の人気を・・・



6日
第157話「イングリッシュ予習」

こんばんは。今日は4連休最終日です。つまりゴールデンウィークも今日まで、という事ですね。明日からはまた授業があり、来週末にはもう5月祭です。また忙しくなりますが今日までたっぷり休んできたので頑張れる、そう思っています。

はい、そんなわけで今日ものんびり休んでいました。おかしいですね、今日は一日課題をやったりレポートをやったりするつもりだったのですが・・・一応明日の課題はやりました。英語のやたら長い文章を読む、それだけの課題です。課題というよりは予習ですね。しかし予習と言うと復習や自習と言ったように先生に言われなくともやる事のように感じるのですがどうでしょうか。英語の予習と言うときは大抵来週までにこの文章を読んでおきなさい、と先生が言う場合ですよね。更には文章を読んで問題を解いてきなさい、と言われた場合にも予習という事がある気がします。提出があるかどうかの差が大きいのでしょうか。

それにしても英語をあれほど読むのは久しぶりだったので疲れましたよ。英語は僕の数少ない得意教科なので読める事には読めるのですが内容が難しくなってくると単語も予想するだけではわからないような単語だらけなので辞書に頼りっきりです。辞書で調べた単語を覚えるのならそれでいいのですがその単語を授業の時まで覚えているどころか次の段落に再び出てきた時にもう一度辞書を引いてしまうくらい覚えが悪いので困りものです。かといって単語テストがあるわけでもないのでわざわざ単語帳を作るのも面倒ですよね。結果、単語の意味も文章の内容も忘れた状態で授業に臨むのでした。予習した意味は・・・



5日
第156話「マイホームにゴー」

こんばんは。今日は4連休3日目です。ついでに5月5日、ゴーゴーの日です。GO!GO!GO!
そういうとプロアクティブしか出てきません。最近はあのCMをあまり見なくなったような気もします。まぁいっか。ついでに今日はこどもの日でもあります。はい。

さて、そんなプロアクティブの日兼こどもの日に何をしたかと言いますと、昨日同様にぼーっとしてました。流石に二日連続引きこもりライフはまずいな、と思いながら家で寝てました。眠かったのなら仕方ないですね。

5月祭のネタ決めは明日からやっていけばまだ間に合う、という余裕な態度でいます。毎回毎回ネタは早めに作ろうと思っているのに結局できるのが1週間前だったりします。今回こそは早めに作りたいものです。もう1週間前もすぐそこでネタは大筋すらできているかどうか怪しいのですが。



4日
第155話「一日坊主」

こんばんは。今日は4連休二日目です。これほどの連休となりますと旅行をされる方が多いのでしょうか。一人暮らしの方の中には実家に帰る方も多いと思います。東大落研には一人暮らしの方がたくさんいます。東大落研に限らず東京大学自体一人暮らしの方が多いです。東京大学に限らず大学自体一人暮らしの方が多い気もするのですがそこまではわかりません。ともかく、楽しい連休をお過ごしください。

そして僕は今日一日何をしていたかというと、ただひたすら家でボーっとしていました。なるべく毎日外に出たいというようなことを昨日書いたばかりなのに早速引きこもっていました。どうしようもありませんね。明日から本気出す。

このフレーズも懐かしいですね。思えばこのような自堕落な生活も久しぶりなのかもしれません。ここ最近新歓関連のイベントや追試の勉強などが続きましたからね、とそれは昨日書いたばかりのような気もします。全く久しぶりではないですね。

3日
第154話「話して歩いて食べて拾って」

こんばんは。今日から4連休です!新歓ライブに追試に合宿と今まで頑張った分ちゃんと休もうと思います。そして五月祭に備える!休養も大切なのです。皆さんも休日はしっかりと休みようにしましょう。

そう言いながらも今日は高校の友達と遊んできました。遊んで来た、と言っても地元の駅周辺をお話ししながらぶらーっと歩いたり買い物をしたくらいなのですが。あとクレープも食べました!クレープを食べるのはナナペの時の買い出しで原宿に行った時以来なのですがとても美味しかったです!

僕は一人だとつい家に引きこもってしまいがちなので友達と一緒に外で遊べて良かったです。できれば毎日少しは外に出たいものですね。休養が大切、といっても一日中パジャマで家に引きこもっているだけだと何かマズイ気がします。ついでに日記に書くネタもできません。・・・日記のネタに関しては少し外に出て散歩した程度で思いつくかどうかは不明ですが。そこら辺に落ちていないですかね、日記のネタ。



2日
第153話「こうないにこーない?」

こんばんは。今日も普通に授業がありました。明日からついにゴールデンウィークです!やったね!・・・いや、もう世間的にはゴールデンウィークなのだとしたら明日からゴールデンウィークと言うのは間違っているのでしょうか。何せ「ウィーク」ですからね、明日からゴールデンウィークと言うと来週の金曜まで休みのように聞こえます。もちろんそっちの方が嬉しいのですが。
ともかく明日から連休です。四連休です。先週の土日は落研の新歓合宿で忙しかったのでたまった疲れをここで取りたいですね。

明日の事ばかり書いていますが今日はどうだったのかと言いますと、普通に授業がありました。最初に書いた通りですね。木曜は一限と三限を取っているので二限が暇でして、特にやるべき課題等も無かったので図書館でボーっとしていました。もしくは、構内をぼーっと歩いていました。今気付いたのですが「こうない」を変換しようとすると「校内」と「構内」の二種類があるのですが(もちろん他にもたくさんあります)「校内」は学校の中、という意味で「構内」は敷地の中、という意味だそうです。
しかし「構内」の使用例として「大学の構内」という文が書かれていたのですよ!ややこしいですね!!

特に書くことも無いので今日はこの辺で・・・



1日
第152話「メーデーの曜日感覚」

こんばんは。今日から5月ですね!赤田日記も新たなるページでのスタートとなります。だんだんと暖かくなってきて春のぬくもりを感じられますね。そんな事を言っているとすぐに暖かいどころか暑くなってきてあっという間に夏が来る。そんなもんなのですよ。何が?と聞かれたらわかりません、と答える他ありません。ともかく、そんなもんなのですよ。

今日は水曜日なのにどういうわけか授業が金曜日程でした。「どういうわけか」で片付けずに自分なりに原因を分析してみますと、恐らく金曜日は今週が休みで更に後には五月祭の関係で休みになる日があったはずですので金曜日の授業は不足しているですね。そこで水曜日にそのしわ寄せが来た、という事だと思われます。ついでに来週の月曜日も火曜日程の時間割となっております。授業が違うと曜日感覚が狂いますよね。今日は化学の実験をやってそれで終わりだったのですが先週の金曜みたいに実験の後に部会に行ってその次の日は休み・・・という気分になってしまいます。本当に休みなのは明後日からです。勘違いしないようにしましょう。

|

赤田日記2013年4月

30日
第151話「失意のGW」

こんばんは。今日はゴールデンウィークで一日お休み・・・ではありませんでした!そう、東京大学は今日も明日も明後日も普通に授業があるのですよ。僕は休日は昨日と今週の金曜、そして来週の月曜だけだとばかり思っていたのですが、人によっては今日明日明後日も休みな方もいるそうで、そんな方は先週の土曜から来週の月曜までの実に十日間も休みがあるそうです。羨ましいばかりです。

そんなわけで今日も大学に行った僕なのですが普段よりも早めに行きました。そのワケは、そう、五月祭のネタの準備ですよ!五月祭は五月に本郷で開かれる学園祭でして東大落研はそこでネタをやるので早速その準備をしていた、というわけですね。五月祭までまだまだ期間はあるように思われますがゴールデンウィークが入って準備ができそうにない日もあるので早めに準備を始めたのですよ。そう考えると今日が休みでは無かったのはある意味ラッキーなのかもしれません。休日にネタの準備をするためだけにはるばる東大まで行くのも面倒ですからね。ついでに授業もあった方がお得感があるというモノですよ!

・・・まぁ、「ついで」ではないのですが。



29日
第150話「記念すべきな回(二、三回目あたり)」

こんばんは。今日は記念すべき第150話です!・・・えっ!?
そう、たった今気付きました。今の今まで気付きませんでした。150話ですよ、記念すべき回なのですよ。それなのに気付きませんでした。忘れていました。今日が150話どころか150話が近づいている事すら忘れていました。酷い有様ですね。

そんなわけで迎えた第150話ですが特に企画などは用意しておりません!昨日まで新歓合宿でしたし・・・と言い訳してみるも今日は昭和の日という事で一日休みだったので言い訳になっていないような気がします。とりあえず第50話に何を書いたか振り返ってみましょうか。1月19日の記事です。

第50話「記念すべき回(一回目)」

うおぉ、タイトルからして祝賀ムードにあふれていますね。当然振り返るまで50話のタイトルを忘れていたので今必死に「今回は『記念すべき回(二回目)』というタイトルにすべきかどうか・・・」というしょうもない問題に頭を抱えているところです。いや、二回目は第100話ですし今回は三回目なのでしょうか・・・ちなみに50話の記事はその後も祝賀ムードにあふれた記事となっています。さて、今回はどうしましょうか・・・

第150話を迎えた赤田日記はこれからもまだまだ続きます!皆さん応援よろしくお願いします!あっ、もうこんな時間ですね!それでは皆さん、また明日~!!おわり



28日
第149話「反逆のマスコット」

こんばんは。今日は新歓合宿二日目。今日は旅館の外にあるグラウンドを借りてそこで皆で遊びました。毎回新歓合宿の二日目ではグラウンドでキックベースをする事が恒例のようで、今年も皆でキックベースをやりました。キックベースとはサッカーと野球が融合したスポーツであり、野球においてボールをバットで打つ代わりに足で蹴る、そんな感じのスポーツです。

そしてそのキックベースでどういうわけか僕と有吉君のストライクターキー組(?)が分かれてそれぞれ監督?となり、チームメンバーを選んで対決しました。ちなみに僕のチームはマスコット力を重視したマスコット性にあふれるマスコットチーム、その名も「チームマスコッツ」!有吉君のチームは人間力を重視した人間性にあふれる人間チーム、その名も「チーム人間」でした。

さぁ、始まりましたチームマスコッツ対チーム人間・・・と実況風ダイジェストをお送りすると長くなってしまうので結果だけ書くことにします。結果は我々チームマスコッツの勝利でした!16点対13点とかそんな感じの点数だったと思います。うろ覚え。

グラウンドから再び旅館に帰ってきた後は昼ご飯のカレーを食べ、バスで駅に向かって電車に乗って池袋に帰りました。去年は新入生として参加した新歓合宿、今年は2年生という事で新入生たちを盛り上げていく側に回ったわけですが皆とわいわい楽しむことができて良かったです。ゆる~く楽しめる合宿でした!



27日
第148話「ゆるやか新歓合宿」

こんばんは。今日は新歓合宿一日目。皆で埼玉県の秩父という場所に行きました。池袋から電車で約2時間。そこには東京の都会のビル群からは程遠い、まさに田舎!といった感じののどかな光景が広がっていました。辺りには畑があり、遠くを見回すと大きな山がいくつも連なっていて壮大です。そんな秩父に行った東大落研、一体何をやったかと言うと・・・

一日目はほとんどこれと言ったことはしませんでした。はい。そもそもこの合宿は新入生とそれ以外の方との交流を主な目的としているようなものなので(新歓合宿という名前の通りですね)特にたいした事もせず皆でワイワイ盛り上がる、そんな感じのゆるーい合宿なのですよ。ちなみに新入生は5人来ました。それ以外の方も沢山来てとても賑やかでしたよ。

そんなこんなで旅館に行ってのんびり過ごし、夜ご飯は焼き肉を食べました。お肉がとても柔らかくて美味しかったです。そしてその後は温泉に入りました。程よい暖かさで気持ち良かったです。更にその後はコンパで盛り上がってテキトーに寝ました。本当にこんな感じに皆で旅行を満喫しよう!というノリの合宿なのですよ。合宿だからと言って砂浜に行って腕立て1000回腹筋1000回・・・といったハードなスケジュール(?)をこなすようなサークルではないのです。

新歓合宿二日目については次の記事で!



26日
第147話「明日サンドイッチ」

こんばんは。明日から新歓合宿なので今日の日記は手短にします。予めご了承ください。

今日は化学実験の授業がありました。僕は2学期に物理実験の授業をやったので3学期は化学実験なのですよ。物理化学どちらも実験では指定されたペアを組んで二人で行うのが基本なのですが、出席番号1番の宿命でしょうか、前のクラスの最後の出席番号の方と組むことになりました。つまり違うクラスの方とペアになった、という事ですね。しかもどういうわけか物理実験の時とはクラス編成が違い、今回はまた別の方とペアになりました。
とはいえ実験を行う上でペアの方が同じクラスかどうか、知り合いかどうかなど関係の無い事ですしむしろラッキーだと思って知り合いを増やしていきたいですね。

実験の後は部会がありました。新入生の方々が来るようになってもう3回目ほどの部会ですがまたまた新しく見学しに来た方もいらっしゃいました。毎回のように初めて会う方がいるとは嬉しいばかりです。僕が新入生だった頃はここまで多くの人はいなかったような気もします。今年の東大落研は更に盛り上がっていきそうですよ!

そんなわけで明日から新歓合宿なので明日の日記は遅れます。予めご了承ください。



25日
第146話「休み時間の悲しき一コマ」

こんばんは。今日は比較的暖かくて過ごしやすい一日でしたね。僕は1限目から授業があったので大変でしたがその後2限目が空いていて3限目に授業があってそれで最後、という時間割でした。そのため少し早めに昼ご飯を食べて3限目の授業が始まるまでのんびりしていたのですが・・・

何という事でしょう、急に喉が渇いてきたのです。僕はいつも水筒を持って行ってそこに麦茶を入れて飲んでいるのですが、よく考えたら生協食堂に給水器?があってそこで水やお茶などを入れる事ができるのですよね。しかしわざわざ水筒を持って来てるので水など飲まず、優雅に麦茶を飲んでいたのですが・・・全て飲んでしまったのです。

それでも授業はあと1コマしかないし大丈夫だろうと思い食堂を出て3限目の授業の準備をしている時に喉が渇いてきた、というわけです。食堂で素直に水を飲んでおけばまだ水筒の麦茶が残っていただろうに困ったものです。食堂はまだ混雑している時間なので今から食堂に行って水だけ飲んで帰ってくるのも考え物です。そんなわけで・・・買ってしまいました。教室の割とすぐそばに都合よく売店があったのでそこでスポーツをするわけでもないのにスポーツドリンクを買ってそれを飲みました。何か負けた気分です。



24日
第145話「平穏!日常編」

こんばんは。激闘!追試編が終わってまたいつもの赤田日記が始まります。そう、僕のいつもの平穏な日常を描いた赤田日記が・・・あれ、いつも日記に何を書いていましたっけ?

しばらく激闘!追試編だったのでもう忘れてしまいました。(しばらくといっても一週間程度なのですが・・・)そもそも追試編が終わったら次は何編なのでしょうか。平穏な日常編か。第1話から第130話くらいまでは平穏な日常編、第130話くらいから第140話くらいまでは激闘!追試編、そして第140話くらいから最後までは平穏な日常編なのかもしれません。追試編が明らかに浮いていますね。そもそも一週間程度で編として独立させるなら「新春記念編」やら「冬学期試験編」やら「ナナペーハー準備編」やらがあっても良かったはずですよね。なぜ追試編だけ編として扱ったのか・・・いや、もう過ぎた事は気にしない事にしましょう。

ともかく追試が終わったのですからこれからは授業の勉強に専念する事になりますね。落研の方も新歓合宿はすぐそこですし5月に入ったら今度は五月祭と、これから忙しいけど楽しい時期に入っていきます。赤田日記ではこういったイベントの楽しさをしっかりとリポートするよう頑張っていきますので、皆様これからもよろしくお願いします!



23日
第144話「終結」

こんばんは。今日は電磁気学の追試でした。電磁気学は勉強を始めるのが少し遅れた上に結局丸暗記のままでろくに理解しておらずどうしようも無かったので仕方なく本試の勉強だけをしていた・・・という悲惨な状態で今日の試験に臨みました。正直言うと、自信は全くありませんでしたね。はい。
そしてその試験はどうだったかと言うと・・・

なんと、追試の問題の半分が本試と全く同じ問題だったのです!結果、本試ばかりを勉強するという壮大なヤマを張った僕はサクサク問題を解くことができました。数学IAでは大きな賭けに失敗してしまいしたがこちらでは読み勝ったという事ですね!追試は心理戦なのです!・・・違いますが。

そんなわけで僕の追試は全て終わりました。全てといっても二科目だけでしたが疲れましたよ。追試が終わったので1週間と少し続いたこの激闘!追試編もお終いです。明日からはまた僕ののんびりライフをリポートするいつもの赤田日記になるかと思われます。これでもう勉強しなくていいんだ!・・・なんて言ってるとまた大変な事になるのでちゃんと勉強しようと思います。はい。



22日
第143話「立ち上がれマセマ戦士よ」

こんばんは。今日は数学IAの追試でした。この試験で失敗したら留年の可能性が大いに高まるという事で、絶対に負けられない戦いといったところでしょうか。本試の前に渡された演習プリントの勉強もバッチリでもう大丈夫。そう、数学IA追試マスターという恥ずかしい称号を持っている僕は前期の数学IAの追試で演習プリントからそのまま問題が出る傾向にある、という事はわかっているのですよ!今回はその演習プリントをたくさん勉強したのだからもはや完璧!負ける要素など一つも無し!

・・・そう思っていた僕が甘かったようです。

ななななななんと、肝心の追試では演習プリントからの問題など一問も出なかったのですよ!せめてサービスで一問くらいあるだろうと思っていたのに全く無かったのです!こうして演習プリントしか勉強していなかった僕は成す術もなく・・・

いや、これまで勉強してきたんです。こんな所であっさり負けるわけには行きません!
そうこの問題、よく見ると演習プリントで解いた問題と似ている気がします!しかも僕は演習プリントだけではなくマセマもしっかりと勉強したマセマ戦士なのです。マセマ戦士の誇りを忘れてはいけません!

こうして勇敢にも解答用紙へと向かった僕、果たして試験の結果やいかに!
・・・それが明らかになるのは5月の中旬くらいだったと思います。あと明らかになったところで日記に書くかどうかはわからないのですよ。

そんなこんなで数学IAの追試が終わりました。ほっと息をついている暇などありません。明日は更なる強敵、電磁気学が待っています。数学IAの事など忘れようではありませんか。今日はもう無理をせず早めに寝ようと思います。



21日
第142話「決戦前夜の大ポカ」

こんばんは。明日はついに運命の追試一日目です。今日は電磁気学を多めに勉強しました。なぜなら一日目の追試は電磁気学だったからです。僕は、そう思っていたからです。
でも、現実は違いました。

なんと、一日目の追試は電磁気学ではなく、数学IAだったのです。これに気付いたのは夕方くらいでした。手帳にちゃっかり書いてありましたよ。それを見た時はまぁ驚きましたよ。てっきり明日は電磁気学だと思っていましたからね!皆さん、手帳はこまめにチェックするようにしましょう。そのための手帳ですからね!

そんなわけで大変な目に遭ったわけですが、僕はそこまで慌てませんでした。むしろラッキーだとも思いましたよ。なぜなら数学IAの方が電磁気学よりも多く勉強してきたのですから。激闘!追試編の最初の方に記事に書いたのですが、電磁気学は参考書が売っていなかった関係で勉強の開始が数学IAよりも遅れたのですよ。その分明日も勉強できるというのですからお得な気分ですね!

妙に空しさを感じるお得感ですが、気にしないようにしましょう。明日の追試、頑張ってきます。



20日
第141話「『それなり』を上回れ!」

こんばんは。今日は特に何も用事が無かったので家でぼーっとしたり勉強したりしていました。しっかし今日は寒かったですね。明日も寒いそうで、家の中でも暖かい恰好でいる必要がありますね。皆さんも気を付けましょう。

さて、激闘!追試編が始まって1週間が経ちました。実は始まったのは12日だったので一週間経ったのは昨日だったのですが・・・てっきり12日は部会だったと勘違いしておりましたよ。良く考えたら12日は入学式の日だったので部会は11日で追試編が始まったのが12日で合っていたのですね。まぁそんな細かい事は気にしないようにしましょう。

それで問題は1週間で勉強がどれほど進んだのか、ですね。数学IAと電磁気学という二つの科目をどちらも勉強する必要があります。当然どちらも合格しないと困りますからね!考えてみれば、どちらも「それなり」には勉強できていると思います。良くてそれなり、悪くてそれなり。果たしてそれなりの勉強で合格する事ができるのか。運命の追試一日目は明後日です。それまでに「それなり」を上回る勉強をしたいところですね。



19日
第140話「ときどき、部会」

こんばんは。今日は金曜日なので部会がありました。僕もちゃっかり部会に出ましたよ。追試まであと3日だと言うのに部会に出ている暇などあるのかと言われそうですが、今日の授業は4限だけだったので部会が始まる6時まで暇な時間があったのですよ。ここで部会に出ることによりこの暇な時間を使って追試の勉強ができる!そう考えて部会に出ることにした・・・というよりは新入生の方々に会いたかったからですけどね!家にいるよりも大学にいた方が勉強できる気もしますしこうやって言い訳しておくことが大切なのですよ。

そして向かった今日の部会、前回よりも更に多くの新入生の方が来ておりましたよ!前回もかなり多くて賑やかでしたが今回はそれ以上だったかもしれません。まだ見学段階ではあるのでこのうちどれくらいの方が部員として正式に加入するかはわかりませんがこれは期待が高まりますね。次は来週の部会、そしてその次の日にある新歓合宿。この合宿にどれくらいの新入生が来るかで新入部員の方の大まかな数もわかるかと思われます。たくさん増えると嬉しいですね!



18日
第139話「世界丸暗記」

こんばんは。今日は暑かったですね!もうすっかり春が来たという感じでしょうか。しかし明日はまた少し冷え込むそうなので注意が必要ですね。さて、激闘!追試編が始まってそろそろ1週間となるわけですが、果たして僕の勉強がどれほどに進んだかと言うと・・・

数学IAの方に関しては、マセマも大体勉強し終わってそこそこ進んだのではないかと思われます。演習プリントも四苦八苦しながらも頑張って解いています。昨日も書いた通り答えがどこにも書いていないのでわからない問題に関してはどうしようもないのですが。その問題に関しては出ない事を祈るしかないですね!そもそも演習プリントに書いてある問題が出ること自体祈っているに過ぎないのですが。

電磁気に関しては・・・そもそも本試前にも結構勉強して重要な公式も全て覚えたはずなのですよ。そして今は忘れてしまったその公式を必死に覚えなおしている最中なのですが・・・本試の結果を見るに公式を丸暗記して何とかなる科目ではないそうです。(大学の科目はほとんどそうかもしれません)しかし今僕は公式の丸暗記で何とかしようとしている、さぁ一体僕はどうなる!?

・・・このままだと本試と同じ結果になる気がしてならないのですよ。



17日
第138話「答えの無い問題は困る」

こんばんは。最近暖かくなってきましたね。そんな中、来週にある追試に向けての勉強も少しずつ進んでいます。マセマという最強の参考書を手に入れ、晴れてマセマ戦士(?)となった僕。しかしマセマだけでは足りないのです。

そう、演習問題を解く必要があるのですよ。幸い数学IAは本試の事前に渡された演習プリントがあり、高確率でそのプリントから問題が出るという僕は読んでいます。既に壮大なヤマを張っている気がしますが僕の読みは案外当たるのですよ!何の根拠もありませんが。

しかしそのプリントには致命的な問題点がありました。そう、答えが無いのです・・・
答えが無いというのは、その問題自体に答えが無いというわけではないですよ。「世の中に存在する問題にはむしろ答えが無いものの方が多い。大学生である君たちは・・・」の「答えが無い」ではないですよ。単純に、答えが書いてあるプリントがない、つまりは答え合わせができるようになっていない、という事です。

高校の教科書には例え後ろの方にさりげなくであったとしても答えが書いてある事が多かったのに大学の教科書だと答えが書いていない事の方が多い気がします。既に書いてある答えなどに頼るな、という意図でしょうか。しかしこれは非常に困る事です。せっかく頑張って答えを出したところでそれが合っているかどうかわからなかったら困りますよね。ついでに過去問も答えが載っていない物が多くこれも困りものです。

答えが存在しない問題に挑戦するどころか、答えが存在する問題の答えの明示を求める・・・そんな大学生なのでした。



16日
第137話「超午後勤」

こんばんは。今日は授業が4限目からだったので家で昼ご飯を食べてから登校するというとても楽なスケジュールでした。その分朝たっぷり勉強することができた・・・かと言われるとそうでもなく、家を出るのが遅いとその分朝起きるのも遅くなってしまうという油断っぷり?のせいでそこまで勉強することができませんでした。

取っている授業が少ないと家を出るのが遅いか大学から早く帰ってこれるかのどちらかで空き時間が多くなるのは当然ですが大学から早く帰ってこれる方がお得感がありますよね。具体的に言うと、昼ご飯を家で食べるという点では共通していても授業が1限目と2限目で午前中に帰ってこれるのと授業が4限目と5限目で帰ってきたらもう夜というのでは話が違うという事ですよ。1限目はキツいという方もたくさんいるとは思いますが5限目もそれはそれでキツかったりしますよね。



15日
第136話「春バテ」

こんばんは。運命の追試一日目まであと一週間。果たして僕はあと一週間も勉強をする気力があるのでしょうか。あるか無いかと言われると、多分無いですね。今日家に帰った時点で既にバテてたので・・・激闘!追試編といっても追試の勉強に関する内容ばかりだとネタ切れどころの騒ぎじゃないので普通の日記も書こうと思います。

先週はほとんどの講義がガイダンスだったので本格的な講義は今日から始まりました。皆さん教科書やノートといった必要な物はちゃんと揃えたでしょうか。参考書も早めに買った方がいいですよ。でないと昨日の日記みたいな事態が起こりますからね!授業の予習や復習もしっかりと行った方がいいですよ。でないと今の僕みたいな事態が起こりますからね!

笑える話ではないですね、はい。



14日
第135話「集いしマセマ戦士」

こんばんは。激闘!追試編、まだまだ続きます。今日は3月末に行われたナナペーハーの公演の打ち上げがあったのですが追試の勉強のため欠席とさせて頂きました。それほど僕の中では重要視されてる追試ですよ!落ちたら進級が危ういので当たり前と言えば当たり前ですが。そんなわけで他のナナペメンバーの方々が楽しんでいると思われる最中も僕は追試の勉強をしたり、しなかったりしていました。

今日は注文していた電磁気学のマセマが届いたのでそれを勉強しました。マセマについては昨日の記事をご覧になってください。昨日勉強したのは数学IAのマセマ、というよりは微分積分のマセマであり電磁気学のマセマはまだ持っていなかったのです。少し前に東大の生協書店を探したのですが電磁気学のマセマは置いていなかったのです。微分積分や、他の多くのマセマは置いてあったのに・・・なぜでしょうか?

少し考えてわかりました。微分積分の中でも積分は2学期に勉強するのですが微分は1学期に勉強するので1学期である今も「微分積分」のマセマは置いてある。しかし電磁気学が必修科目となっているのは2学期なので1学期である今置いても買う人は少ないから置いていない・・・僕はそう判断しました。書店に見放されたようで悲しいですね。



13日
第134話「復活のマセマ戦士」

こんばんは。今日は数学IAの勉強をしました。僕が追試に引っかかっている科目は数学IAと電磁気学でして、もちろんその両方を勉強しないといけないのですが・・・どちらの科目も自分が授業中に取ったノートを見てもさっぱりわからず、数学IAは教科書があるもののちんぷんかんぷん、電磁気学に至っては教科書すらない、とかなりどうしようもない状態でした。

教科書もノートも頼れない、そうなったら何に頼るか・・・そう、参考書です。参考書を自分で買ってそれでなんとかするしかないのです。そこで僕が買った参考書は「キャンパス・ゼミ」シリーズ、通称?マセマ。前に数学IIの授業がさっぱり理解できず試験対策に困っていた時にこのマセマを買って試験を突破したことから、とりあえず困ったらこのマセマに頼っておくという安直な考えによるものです。表紙には「単位なんて楽に取れる!」という素敵なお言葉まで書いてありますよ!単位が取りたくて取りたくて仕方ない僕には最適の参考書ですね!

・・・何かマセマの宣伝みたいになってきましたね。少し前に流行った言葉で言うと「ステマ」ですね。マセマのステマですね。はい。



12日
第133話「衝撃の新章突入!?」

こんばんは。4月に入ってサークルオリエンテーション、新歓ライブ、そして今年度初めての部会と新歓に関する行事が続きました。昨日の部会でもたくさんの新入生が来て下さったので新しいメンバーがたくさん加わるのも期待できます。これで東大落研は安泰ですね!ほっと一息。

・・・してる暇が僕にはないのでした。この日記を初めて読む方がいる事を祈って、3月の日記に書いたことをもう一度書きます。そう、あれは3月15日、僕が風邪で寝込んでいた日の日記でした・・・

今日成績発表があったのですが必修科目二つ不可でした。誠に申し訳ありません。」

僕としてはこっそり書いたつもりだったのでそれを掘り返すのもどうかと思うのですが、これが現実なのです。現実から目をそむけてはいけないのです。幸い(?)不可だった必修科目はどちらも追試験が行われるものであり、これに合格すれば可になります。頭の良い方々は可程度では満足できないとは思いますが、不可よりはずっとマシです。なにせ必修科目が不可だと進級にかかってきますからね!

という事でこの追試は僕の運命を分けるとても重大なものなのです。そしてその追試の日程が、4月22日と4月23日。再来週の月曜日と火曜日ですね。今日が12日なので最初の追試は後10日。長いようでほとんど無いようにも思われます。

さぁ大変だ。運命を分けるとても重要な追試が10日後にあって、僕はその勉強をほっとんどしていないと来たもんだ。さてどうしましょう。・・・勉強を始めるしかありませんね!たかが10日、されど10日。二科目程度なら10日もあれば間に合います。そんなわけで今日から僕の何日ぶりかわからない勉強がスタートするのでした。

この日記も追試が終わるまでの間は新章「激闘!追試編」となります。勉強できない東大生が追試に向けて勉強するという何ともビミョーな内容の新章ですね。毎日僕の勉強レポートが見られるのは赤田日記の「激闘!追試編」だけ!ただ日記の更新が遅れる事もありますのでご了承ください。今日みたいに・・・



11日
第132話「フレッシュ部会」

こんばんは。今日は今年度初の部会がありました。実質今年初でもあるのでしょうか。新入生の方々もたくさん来てくださって盛り上がりました。この中で東大落研に入る方はどれほどいるのでしょうか。メンバーが多い方が部会も楽しいですしライブも盛り上がりますし良い事尽くしです。東大落研に新たな仲間が加わるのがとても楽しみです。

今日の部会ではまずは自己紹介や東大落研自体の活動や一年間の予定等の説明といった事をした後、新入生も含めて皆で大喜利をやりました。大喜利といっても皆で答えを紙に書いてそれをシャッフルし読み上げるという形であり、誰がその答えを書いたかわからないようになってるという少し変わった大喜利でした。普段の大喜利よりもこちらの方が新入生の方々も答えやすい、という配慮でしょうか。年度初めの部会では恒例行事となっているそうです。皆で楽しく大喜利をする事ができたと思います。

もちろん自己紹介の時にこの赤田日記に関する告知もしましたよ!新入生の方はこの日記を読んで下されば僕、赤田渉がどんな人間かが大体わかると思います。
そして突然なのですが明日から新章に突入するそうです。一体どんな内容になるのか、お楽しみに・・・できるような内容ではない気もしますが、それも明日のお楽しみ。



10日
第131話「使いまわしをリユースという」

こんばんは。今日は新歓ライブがありました。新歓ライブは新入生の方々に東大落研に入ってもらうために東大落研の魅力をアピールするとても重要なライブです。思えば去年僕もこのライブを見てとても面白いと思ったので東大落研に入ったと言っても過言ではない、そんなライブです。そのためこのライブでやるネタはとびっきりの自信作である必要があるのですが・・・

何しろこのライブ、3月末のナナペから10日ほどしか準備期間が無いのですよ。それを言ったらライブ同士の合間が短い事は他にもあるとは思うのですが、ナナペの準備の忙しさとこのライブの重要さを考えるとここまで大変な事も少ないのかもしれません。そんなわけで我々ストライクターキーは過去のライブでやったネタからとびっきりの自信作を引っ張ってくる事に。既に一度やってウケたネタだったので台本を新しく作る必要もなく、練習もそこまでする必要はなく(もちろん練習自体は必要ですが)、そこそこのウケが保証・・・されるかどうかはわかりませんが。

でも今日やって実際にウケたので結果オーライです。今日のライブで東大落研の魅力が少しでも伝われば嬉しいです。そして東大落研の魅力が伝わった方には明日部会に来てもらうのですよ。果たして明日の部会にはどれくらいの新入生が来るのでしょうか。今から楽しみです。



9日
第130話「おそとでおおぎり」

こんばんは。今日は昼休みの時間に野外大喜利というものをしました。野外大喜利とは、名前の通り野外で大喜利をする企画です。野外というのは、具体的には生協のコミュニケーションプラザの前でして、そこにビニールシートを敷いて落研部員で集まって大喜利をするというわけです。一応新歓企画の一部ですね。明日に控えた新歓ライブを多くの人に見てもらうために、東大落研のウリの一つである大喜利を皆さんにお見せする機会なのですよ。

といっても皆さん忙しいようで中々人が集まらず、結構大変でした。幸い有吉君が考えてくれた大喜利のお題は答えやすい物が多く、答えがバンバン浮かんだのでそこまで困りはしなかったのですが。僕は大喜利が得意とよく言われますがお題による事が多いです。お題によってはそもそも何を答えればいいのか全くわからずだんまりしてしまうこともありますからね。

そんなこんなで今日の野外大喜利は無事に終了、明日もやるので生協前を通る方は是非見ていってください。更に明日は先ほど書いたように新歓ライブもあります。新入生の方もそうでない方も是非見に来てください!



8日
第129話「混んだりサボったり」

こんばんは。今日は3学期最初の授業日でした。昨日書いた通り講義は毎日2コマ、月曜日は2限目と3限目を取っているのですが今日は1限目の時間に大学に行って有吉君と新歓ライブのネタの練習をしました。思えば新歓ライブはもう明後日です。新入生の方々に東大落研の魅力が伝わるようなネタをしたいですね。

講義の方はと言うと、今日は第一回目だったのでほとんどガイダンスでした。しかしどの講義も(まぁ一日2コマしか取っていないのですが)受講生がとても多かったです。あと食堂で昼食を食べる時もとても混んでいてびっくりしました。思い出せば僕が1年生だった時も昼休みの食堂にはこれくらいたくさんの生徒がいた気がします。それが時と共に少しずつ減っていったのは果たしてどういう事なのか・・・冬学期だと2年生が必ずしも駒場で授業を受けているわけではないそうなのでそれもあると思いますけどね。1学期の最初はやる気があったのに時と共にやる気が無くなって講義をサボる学生も多いのだと思われます。

果たして僕も人の事を言っていられるのでしょうか?・・・いや、僕は講義に「は」出て「は」いるんですよ!サボってないんですよ!それ以上は言えません!



7日
第128話「履修のあれこれ」

こんばんは。今日は一日暇だったので明日からの授業開始に備えて履修科目を決めていました。1学期2学期は必修科目がたくさんあったので総合科目(つまり、任意で履修できる科目)を取る余裕はそこまで無かったのですが3学期は必修科目が少ないのでその分総合科目をたくさん・・・取ったとは限りませんよ!

取った総合科目の数自体は1学期2学期よりも多い、つもりなのですが必修科目の数の差が大きいので1学期2学期よりも余裕のある時間割となりました。毎日2コマ(大学の講義は1コマ90分です)というゆとり感を存分に発揮。これで1単位も落とさない!・・・というより落とすわけにはいきません。4学期は「よくわかりませんが」総合科目を取っている余裕が無いので3学期までに必要な単位を取らないと留年確定のようです。東大落研は優秀な方が多く留年している方はほとんどいないとの事なのでここで僕が留年するわけにもいきません。エイプリルフールの嘘を現実にするわけにはいかないのですよ!

・・・なんで4学期は総合科目が取れないんですかね。「これ読めば大体なんとかなる」と言われている履修の手引きを読んでも4学期までに必要な単位、としか書かれていないのでよくわかりませんでした。情報弱者、略して情弱は困る世界です。



6日
第127話「嵐の昼に」

こんばんは。今日の東京は風や雨がとても強く、まるで嵐でした。もしかしたら嵐が来ていたのかもしれません。天気予報の晴れや曇りには基準があるそうですが嵐にも基準があるのでしょうか。台風、とはまた違いますよね。よくわかりませんが多分今日は嵐だったと思います。はい。

そんな嵐の中、二日目のサークルオリエンテーション、略してサーオリが行われました。嵐のため終了時間も1時間早まる事に。実際嵐が来たのは夕方以降だったようで途中で雨は降りましたが特に問題なく終わったと思います。ただ強風を懸念して立て看板は予め倒しておかないといけなかったので看板による宣伝効果は見込めなくなってしまいました。仕方ないですね、東大落研の看板には新歓ライブの前に頑張ってもらいましょう。



5日
第126話「サーオリ」

こんばんは。今日は久しぶりに大学に行きました。何のため、ってそれはサークルオリことサークルオリエンテーションですよ!オリエンテーションは「オリ」と略しているのにサークルを何も略していない事が妙に不満ですがそこはおいておきましょう。「サーオリ」でも良さそうですけどね。

サーオリとは新入生が自分の入るサークルを決めるため、そして上級生たちは新入生を自分のサークルに入れるために必死で頑張るイベントです。この説明だとサーオリについて何も伝わってきませんね。わかりやすく言いますと新入生たちが自分の気になるサークルが設けてるブースへ行って説明を受けてくるイベントです。上級生たち・・・すなわち我々新二年生以上の学生たちは何をするかと言いますとそのブースで首を長くして説明を聞いて下さる新入生を待ってそのサークルの魅力といった事を説明するのですよ。

サーオリ自体の説明はこれくらいにしましょう。ともかく東大落研もたくさんの新入生に入ってもらうためにも当然このサーオリに参加したわけです。しかし今日は金曜日。新三年生の方々はなんと既に授業が始まっていたのです。という事で落研のサーオリに参加できた方は非常に少なく、なんと僕含めて5人でした。落研五年目にも関わらず協力して下さった岡田さん、本当にありがとうございました。

人数が少ないもんですからそれはもう大変でした。僕は4時間ほどずっと立ちっぱなしでビラを配っていましたからね!新入生たちに東大落研の魅力をわかりやすく説明できる自信が無いので僕にはビラ配りの方が向いているのですが。流石に4時間は疲れました。流石です。



4日
第125話「大丈夫な人」

こんばんは。今日も一日ぼーっとしてました。唯一やった活動と言えば定期券を更新しに行ったことですね!はい、ホントにそれだけです。明日ついに新歓関連の行事の中でも特に重要なサークルオリの日だと言うのに大丈夫なのでしょうか。

明日明後日はサークルオリ、日曜日は休みで来週からは平常授業の始まりです。授業何を取るかまだ全く決まっていないのですが大丈夫なのでしょうか。そもそも必修科目がどの時間に入ってるかよくわからないので決めようがないのですが大丈夫でしょうか。時間割表のようなものが書いてある冊子をまだ貰っていないのですが大丈夫でしょうか・・・

でも逆評定だけは買いました!大丈夫です!一学期二学期では買わなかったのですが三学期ではちゃっかり買いました。これで三学期こそ優秀な成績を取ってやりますよ!大丈夫です!

・・・これで、大丈夫なのでしょうか・・・



3日
第124話「用事で忙しい人」

こんばんは。日記の更新が遅れまくってもう「こんばんは」なのか何なのかよくわかりませんがとりあえずこんばんは。こうも日記の更新が遅れたのは、「日記を書くのを忘れる」という用事があったからです。用事があったのなら仕方ないですね。

ここ最近暇な日が続いています。と言ってももうすぐサークルオリや新歓ライブといった新歓関連の行事が始まるしそもそも少し前はナナペの準備や練習で大変だったのだからたまにはこうやって家でのんびり休める日があるのもいいですね。できれば「たまには」よりもう少し多くあってくれると嬉しいのですがそうもいかないようです。果たして新入生の方はどれくらい東大落研に入ってくれるのでしょうか。たくさん入ってもらえるように新歓のイベントを頑張らないといけませんね。

今日は「日記を書くのを忘れる」という用事があって忙しいので今日はここまで。



2日
第123話「ポジティヴ話数」

こんばんは。昨日ふざけにふざけたので今日の話数がちょっと怪しいのですがちゃんと確認したので多分大丈夫かと思われます。話数と言えばナナペの準備期間中に丸山さんに僕の日記は数字に関するネタが多いと言われました。全くもってその通りだと思います。なぜこんなに話数ネタが多いのかと言うと、それ以外に書くことが無い日が多すぎるからですよ。今日みたいに・・・

今日は第123話、123の回ですね!前は3月21日で321の回をやった気がします。数字が下がっていく321に対して123は上がっていくのでポジティヴなイメージがありますね!しかし1月23日には特に123については触れなかったみたいです。なぜならその日には英語の試験という他にネタにできる事があったからですね。

いま、僕が1月23日に書いた記事の内容まで覚えている事に感動してくれた方、誠にありがとうございます。そしてすみません。普通に過去の記事を読んだだけなので覚えていません。あと僕の日記を読んで指摘して下さった丸山さん、誠にありがとうございます。そしてすみません。また話数ネタでした・・・



1日
第3409話「壮大なる過去の振り返り」

こんばんは。今日は新入生の諸手続きの日であり、新入生がテント列という最初の洗礼を受ける日です。僕も一年生の時はこのテント列を数時間かけて潜り抜け、最後の方で大人しく配られていた東大落研のビラを受け取ったのでした。別に落研に入ったキッカケはこのビラというわけではなく、実際はキャンパス内にあった立て看板を見て入ろうと思ったのですが。

・・・思えばもう10年前の出来事なんですね。

そう、あの時の僕は大変輝いていました。東大に入ってたくさん勉強していい成績を取って理想の学部に進学し理想の場所に就職する。更には東大落研に入ってお笑いの腕も磨いて何度もライブに出てはウケまくる。こんな文武両道?な大学生活を夢見ていたのです。

それが今となってはどうでしょうか。1年生の時点で既に試験で不可を出しては追試に引っかかり、何とか2年生にはなったもののその後不可を量産し追試にも落ちて留年の連続。まさか10回も留年するなんて最初は思ってもいませんでしたが2回目辺りから「2度ある事は3度ある」理論で留年を恐れなくなり、それから10回目の留年が確定するまで何があったかはよく覚えていません。

1年の駒場祭の後の打ち上げで与えられた広報Web担当の役割はどういうわけか後輩には引き継がれず僕がずっと担う事になり日記を書き続けてもう10年。第100話で喜んでいた頃が懐かしいですね。今となっては第3300話だろうが第3400話だろうが特に感動も無く、ただただ怠惰の毎日を綴るのみ・・・どういうわけか僕が二年間日記を書き続ける事が決まった時は本当に大変だと思いましたが「2度ある事は3度ある」理論で3年目の日記を書くことにも何の違和感を覚えず、それから10年目の日記を書くことが確定するまで何があったかはよく覚えていません。

これからも赤田日記をよろしくお願いします。・・・もうこの言葉も何百回書いたのかわかりませんね・・・

という事で今日はエイプリルフールなのでした。実際は午前中しか嘘はついてはいけないようでこの記事を書いているのは夜なので思いっきりアウトな気もしますがいつも通り気にしないようにしましょう。しかしこのまま怠惰な毎日を続けていると本当に10回留年しかねないので2年生になったという事で気持ちを切り替えて勉強も頑張っていこうと思います!
(実際は留年できる回数は決まっていて10回留年するのは不可能だと思われますがそもそも留年なんて一度もしないに越した事はないですよね。)

・・・話数をいじって遊ぶのは当初から考えていたネタなのですが当初は「タイムワープして未来or過去に来ちゃった!」的な明るく楽しい嘘記事を考えていたのですよ。どうしてこんなネガティヴな内容になった・・・

|

赤田日記2013年3月

31日
第121話「クライマックスオブキューアンドエー」

こんばんは。今日はまずホールの片づけを行うところから始まりました。実際は昨日の記事でも書いた通りホールの片づけをしている最中には日付が変わっていましたが。片づけが終わった後は打ち上げに。皆さん本番を終えた直後に片づけまでするというハードな状況の中テンションが凄く高くて楽しい打ち上げでした。打ち上げが終わったらまたホールに戻り、ホールで寝泊まりすることに。起きた後は撤収作業を行い、ホールにある物を部室などに運び入れてコント集団ナナペーハー第24回公演Q&Aの作業は完全に終了したのでした。

僕は第23回公演にも参加したので今回は二回目という事になるのですが、皆さんに様々な場面で迷惑をかけたと思っています。突然風邪をひいて休んだり、ネタで使うクラッカーに恐れをなしたり、ホール入りでは力仕事が全くと言っていいほどにできなかったり・・・一つ変な迷惑が入っていた気がしますが。

ともかく迷惑をかけた、とは思っています。それと同時に自信を無くす事もありました。しかし自信が付いた事はもっとたくさんありました。特に本番で自分の演技でお客さんが笑って下さった時は当然嬉しくなるし自分に自信も付きます。コント作りや演技の面だけでなく精神的にも得るものがある、そういうのを含めて今回のナナペは貴重な経験になったと言えます。次回のナナペに参加できるかどうかはわかりませんが是非参加したいと思える、そんな素敵な公演になったと思います。

こんな素敵な公演になったのも演者の方々、スタッフの方々、そして公演を見に来て下さった方々全てのおかげです。皆さん本当にありがとうございました。そしてこれからも赤田渉をよろしくお願いします!




30日
第120話「ふつかめななぺ」

こんばんは。今日はナナペ本番二日目でした。昨日が本番一日目だったので皆疲れているであろうという事で集合はいつもよりも一時間後でした。座長の山下さんの粋な計らいですね。一日目の反省を活かして少し練習や舞台の調整をした後、リハーサルに。・・・そう、魔の二日目リハーサルに・・・

東大落研ではナナペーハーに限った事ではないそうなのですが、ホールに入った後に行うリハーサルの中でも二日目の方では「ふざけにふざける」という事が伝統?となっているそうです。例えば衣装でボケてみたり、ボケ台詞を少しいじってみたり、調光室にいる方々も音響や映像でボケてみたり。「思わぬアクシデントに対応するためのアドリブ力を鍛えるため」という名目のもと演者がふざけにふざけたのでした。

リハーサルの後は気持ちを切り替えて本番に。本番は特に大きな問題も無く順調に進み、無事に終える事ができました。本日来て下さった皆さん、本当にありがとうございました。本番が終わった後は片づけをし、そのまま打ち上げをして帰ってきたらホールで寝泊まりして撤収作業へ。片づけをする最中くらいに31日になっていたのでここからは次の記事で。



29日
第119話「本番の日は簡潔に」

こんばんは。今日はナナペ本番一日目でした。午前中は舞台の最終調整を行い、午後にリハーサルをして本番に臨みました。今回は準備期間が短かったのもあってビラやアンケートなどの準備も本番ギリギリだったのですが何とかなりました。

本番についても書きたいところなのですが、よく考えたらまだ一日目で二日目に見に来る方がここを見ている可能性もあるのでネタのことなどを書いてしまうとネタバレになってしまうのですよね。・・・実際は本番一日目を終えてもう疲れ切っているので日記を簡潔にしたいから、という事かもしれませんが。今回の日記は今日ナナペを見に来て下さった皆さんへの感謝をして終わりたいと思います。皆さん本当にありがとうございました。

明日は本番二日目になりますがその後片づけや打ち上げがあるので日記を書くのは明後日の日曜日になると思います。その時ナナペ公演自体について細かくレポートできるかと言われると非常に怪しいですが気にしないでいきましょう。



28日
第118話「用語に愚痴る男」

こんばんは。今日も昨日や一昨日に引き続きホールでの練習を行いました。今日は出ハケ確認とリハーサルをしました。「出ハケ」とは舞台用語のようなものであり、演者が舞台に登場する事を「出る」、舞台から退場することを「はける」と言ってこの二つを合わせたものが「出ハケ」という事ですね。出ハケ確認では演者が舞台に登場したり舞台から退場するタイミングや位置、小道具をいかに設置するか、といったことを確認するのですよ。

このような舞台用語は落研でも結構使われています。舞台の「側」を表す「上手」や「下手」はとても頻繁に使われるのですが、未だに混乱する事が良くあります。「右」や「左」といった言葉だと演者から見て右なのか、客席から見て右なのか分からなくなるためこのような言葉を使う、それは良くわかるのですが・・・

一つどうしても納得できない舞台用語?があります。「りゃんめん」です。ハテナマークを付けた通り、実際は舞台用語でもなんでもないのですがホール入りの時によく聞いたので勝手に舞台用語扱いしてしまいます。「りゃんめん」とは、あろうことか変換することもできるのですが、「両面」の事です。更には「両面テープ」の事です。恐らく両面を中国読み?すると「りゃんめん」になるのでしょう。少し調べてみたところ麻雀が関係しているそうです。同期の方も先輩方も結構使われる用語?なのですが・・・

なぜ納得できないかって、まず使う必要性が全く無いんですよこの用語。最初は両面を「りょうめん」と読むと何かと勘違いするからだと思ったのですが少し調べてみたところそんな事は全く無いようで、特に意味もなく「りゃんめん」と言われているそうです。別に「りょうめん」は両面そのものの事であり、「りゃんめん」が両面テープの事であったりするわけでもないそうです。そして納得できない最大の理由が、単に響きが気に入らないからです。元が中国語というのもあってか日本語とは妙に馴染みのない響きであり、妙に不快な気分になる事だって考えられる妙な響きだと思うのです。正直言ってパソコンで打ってるだけでも妙に不快な気分になってきます。

でも少し調べただけでも結構浸透している表現みたいなのでここで愚痴を書いても仕方ないですね。これに限らず用語に関する愚痴は前にも書いた気がしますし。用語愚痴シリーズというなんともネガティヴなシリーズができてしまう前に今日は終わりにします。今日の記事を終えたところでまたいつか用語愚痴シリーズが再開する可能性もありますがその時はその時です。

こんな事を書いてて忘れそうになってしまいましたが明日はついに本番一日目です。本番前日だろうとその日に書こうと思ったことを書く、それが赤田日記なのですよ。



27日
第117話「ホール練習のあれこれ」

こんばんは。今日も昨日に引き続きホールでの練習を行いました。ネタの台詞を完全に覚えたり演技を練習したりするほか、舞台での立ち位置や小道具の置き場所の確認、衣装の着替えの練習、照明や音響の調整といった事をやりました。特に本番は衣装を着替える時間があまりないので早着替えの練習をする必要もあります。着替えの練習というと何か変な感じもしますがこれも重要な練習の一つなのですよ。

今日はホールに10時集合で10時までホールで活動しました。・・・もちろんこれは集まって即解散、というわけではなく朝の10時に集まって夜の10時まで練習したり小道具を作っていたりしたという事ですよ。当然途中で休憩を挟んではいるものの12時間も作業していると当然疲れます。疲れたら眠くなります。なのでもう寝ます。おやすみなさい。

ナナペ本番まであと二日。よく寝て次の日の練習に備え、本番までに体調を整えることも重要な事なのですよ。



26日
第116話「ダイソーとホール入りとクレープと(後)」

こんばんは。今日は・・・とその前に前日の話の続きをする必要がありますね。よくわからない方は第115話を先にご覧になってください。なんと前後編になっているのです。ホール入りの話からでしたね。

ホール入りの作業は25日の夕方に始まりました。まずは部室の荷物や買い出ししたばかりの衣装・小道具などをホールに運び入れます。それからホールでの多くの作業を始めました。そもそもナナペで使っている駒場小空間というホールは、舞台や客席を作るための平台や箱が大量に積んであるだけでほとんど何もありません。調光設備などは整っていますが肝心の照明器具も設置はしていません。舞台や客席、暗幕や照明などは自分たちで設置しないといけないのです。作業は多くて大変でしたが先輩方の指示がうまくいき非常に効率的に進める事が出来ました。また、ナナペの演者以外のスタッフの方々もホール入りに協力してくださったため更に作業効率が上がりました。大変ありがたいばかりです。

ホール入りの作業は25日中には大体終わったのですが、まだいくつか作業が残っています。そのため、ナナペメンバーやスタッフの方の一部はホールで寝泊まりする事に。僕もホールで寝たのですがベッドや布団のようなものはなく固い平台の上で寝たので寝心地は良くなかったです。あと結構寒かったです。

26日に起きてからはホール入りの作業の続きをやってほとんど完了しました。それからはコントの小道具や衣装を作ったり、各自でコントの練習をしたり、音響や照明を調整したり、各々でナナペ本番に向けて準備を進めました。ナナペ一日目まであと三日。ここから一気に完成へと向かっていくのですよ。

・・・26日の記事のはずなのにほとんどが25日の出来事でしたね。まぁ、そこは気にしないようにしましょう。



25日
第115話「ダイソーとホール入りとクレープと(前)」

こんばんは。今日からはナナペの準備で更に忙しくなるので日記の更新が遅れると思います。既にこの日記は26日の夜に書いていたりします。しかし忙しいと書きたい事が多くなるのに書く時間は減っていくというのは皮肉な事ですね。実際は日記を書くのにはそこまで時間がかかるわけでもないので日記の更新は遅れても短くなるかどうかはわかりません。こんな事を書いている時点で既に結構長くなっていますし。

今日はまず買い出しに行きました。買い出しはいくつかのグループに分かれて行ったのですが僕たちのグループは原宿に行ってダイソーという店でお買い物をしました。ダイソーと言うと有名な百円ショップですが百円ショップだからと言って小物程度しか無いなんて事は全くなく、服などもあったりするのですよ。そのような商品は百円ではないのですが。そう、なんと百円ショップなのに百円でない商品もたくさんあるんです。そもそも百円ショップと決めつける事自体が間違っていたのでしょう。

買い出しが終わった後は折角原宿に行ったという事で皆でクレープを食べました。外は少し寒かったのでクレープは程よく温かく、とても美味しかったです。原宿とクレープの関連性もよくわかりませんが道行くイマドキ女子の多くがクレープを食べていたので多分有名なんだと思います。ちなみにクレープを食べたのは皆には秘密ですよ。日記に書いている時点で既に秘密でもなんでもありませんが。

買い出しが終わった後はホール入りの作業をしたのですが、長くなるし内容が繋がっているので次の回の方に書こうと思います。そもそも同じ日に書いているので分ける意味があるかどうかは不明です。



24日
第114話「工場見学」

こんばんは。今日は実質最後のナナペ会議がありました。というのも明日の活動は買い出しとホール入りであり、ホール入りした後はホールでの練習のみとなるので会議という形は今日が最後だったのですよ。今までたくさん行われた会議を通して改良されていったネタをこれから何度も練習を繰り返してより洗練させていって皆さんにお見せする、という事です。ナナペのネタはこのようにして作られているのですよ。まさにネタの工場見学や~!

・・・本当に工場見学という例えで良いのかどうかは置いておきまして。今日は明日の買い出しに向けて必要な小道具や衣装を挙げていきました。物によっては誰かの私物を使えたり、店で買う必要があったり、店で材料を買って自分たちで作る必要があるのですよ。コントにおいて小道具や衣装はとても大切な物であり、コントの面白さを左右しうる物なんですね。

そんなわけで先ほど書いた通り明日は買い出しの後ホール入りをして、そのままホールで寝泊まりして明後日までホール入りの作業を続ける事になります。そのため日記の更新は早くとも明後日の作業が終わって家に帰った後になりますね。明日に限らずナナペが終わるまではしばらく日記の更新が遅れたり、日記がとても短く済まされたりする可能性がありますがご了承ください。



23日
第113話「先延ばし運動」

こんばんは。今日はナナペ会議が無かったのでまた友達と遊んで一日過ごしました。ここ最近は一日おきにナナペ会議があり、来週はホール入りして毎日ナナペの練習があるので3月中で遊べる日は今日が最後。4月になったら僕も友達も大学が始まってまた忙しくなるので会う機会は減りそうです。その分今日はたっぷり遊んできましたよ。

しかし友達と遊びに行って改めて実感するのが、僕がいかに普段運動していないかという事ですよ。数十分歩くだけでもう足がスティックパンのようになります。
・・・足が棒のようになる、もしくは足がパンパンになるのどちらかですね。足がパンパンになるのは数十分歩いた後の話でもないような気がしますが、そんな事を気にしている場合ではありません。こんな拾いにくいボケをかまして自分で処理に困っている場合ではないのですよ。

ナナペのホール入りの作業の際には重い物を運んだり力仕事をすることもあるでしょうしこの運動不足っぷりのままでは大変です。でも今から運動をして来週までに何とかなるとも思えませんし逆に無理して運動をする事でろくでもない事になりそうです。そうして問題を先延ばしにしていくのでした。



22日
第112話「回数合戦」

こんばんは。今日はナナペ会議がありました。第24回公演Q&Aの記念すべき第20回目の会議だったそうです。なぜこんなことが分かったかと言えば、座長の山下さんが毎回ホワイトボードに回数を書くからなのですよ。回数を書くことによって記念すべき回がわかるというのはこの赤田日記と同じものがありますね。しかしナナペ会議は第20回目、この赤田日記はなんと112回目!桁が違いますよ、桁が。

・・・そんな事を言ったら過去の23回分のナナペーハーの会議数を持ち出されそうですね。しかも今回のナナペは期間が短く会議の回数も他のナナペよりは少ないという事で他の23回は更に回数が多いということになります。足し合されると500回を超えるような勢いであり112回の赤田日記では到底勝ち目がありません。

仕方ない、そちらが歴戦の勇士の力を借りるというのであればこちらだって!過去の広報の方々の力を借りれば、赤田日記は第14代目なので過去の13代分の日記の回数を足し合せる事で広報の方々が日記を毎日書いてらっしゃったと仮定すると4000回を上回る回数で相手を圧倒する事ができるのです!見ましたか、これが広報の力ですよ!

こんな良くわからない事でもなんとなく満足したので今日はここまで。



21日
第111話「カウントダウン日記」

こんばんは。今回は第111回目です。1が3つで111、ワンが3つでワンワンワン。だったら今日は犬の日なのかと言ったらそんな事は全くなく、3月21日で3、2、1というカウントダウンの日なのでした。カウントダウンの日というと新年のカウントダウンという意味で大晦日なイメージですが実際は今日だったんですよ、ええ!

今日はまた高校時代の友達と遊びました。もちろんとても楽しかったです。風邪で1週間近く休んでいたので遊ぶのは久しぶりだったりします。そして来週になってナナペホール入りしてからは暇がほとんどないので遊べるような日ももうほとんどありません。今週の貴重な休みを有効に使いたいところです。風邪の日はほぼ1日中家にいて寂しかったのでこれからの休みは積極的に外に出て友達と遊びたいですね!

それでは今日の赤田日記はここまでにしましょう。3、2、1・・・
ってこの日記を書いてる時点で既に3月22日じゃないですか!なんという事でしょう!そんなわけで今日は楽しい1日でした。



20日
第110話「暗記ナナペ」

こんばんは。今日も昨日ほどではないものの暖かくて過ごしやすい一日でしたね。今日はナナペ会議がありました。ナナペ会議もいよいよ大詰めといったところで、細かい台詞の修正や演技の練習がメインとなってきました。ネタの順番や配役もほぼ確定といったところで、台詞覚えも本格的にスタートしたといったところでしょうか。

ちなみに僕の出番のあるコントはそこまで多くないのですが出番のあるコントでは結構重要・・・というよりは奇抜な役が多いですね。これがボケの宿命ですね。あととても長いコントの出番があるので台詞を覚えるのが大変です。それだけやりがいがありますけどね。

そんなわけで僕も台詞覚えを始めているのですが中々覚えられずに苦戦しています。台詞覚えの時は単に手で台本を隠しながら覚えていくという英単語のような覚え方をしているのですが・・・はい、僕は面倒だったのでマイ単語帳を作って一つ一つ書き込むなどという事はせずに市販の単語帳を手で隠しながら覚えていました。未だに覚える時はそんな事をしています。赤文字で書いて赤シートで隠して・・・などという高度な事はせず、非常に原始的な暗記方法で今日も頑張っています。



19日
第109話「運動週間?」

こんばんは。今日はとても暖かい日でしたね。僕は相変わらず家でぼーっと過ごしていましたがそれでも結構暑かったです。こんな日は外で運動でもしたらいいと思うのですが暑いのでちょっと無理です。冬は寒くて風邪を引くから、夏は暑くて汗をかくから運動はできないという引きこもり理論です。今日は5月くらいの暖かさだったのでしょうか。春、というよりは夏よりですね。という事で運動はできませんでした。

しかし少し前に書いたような気もしますが運動しないと健康的にはなれないのです。今は病み上がりなので激しい運動をするわけにはいきませんが何もせずに家に引きこもっていてはまた風邪を引く可能性が高まります。ナナペのホール入りが始まってからは非常に疲れるので普段から運動をして体力を高めておくべきだったんですよ。

改めて運動の大切さを実感しながらも既に夜だし・・・と言い訳をしながら日記を書いて寝るのでした。家の中でも軽い運動くらいならできるかもしれないのでやってみるといいかもしれませんね。



18日
第108話「運動量上昇?」

こんばんは。長引いた風邪もようやく治りそうです。とはいえまだ完全に治ったわけではないので油断はできませんね。先週の水曜に風邪を引き始め、もう一週間近く日記の内容が風邪日記になってしまっていますね。何とかしていきたいところです。

今日はここ最近の休みの日よりは動いていたと思います。何がって自分がですよ。動いていたと言ってもぼーっと座っていたことが多かったのですが、ここ最近は一日中寝ていた日が多かったのでこれでもまだ動いた方なのです。座ることは寝ることよりも運動量が大きいですからね。

・・・すみません今全く根拠のない、恐らく間違っている事を言いました。多分「運動量」の話で言えば座ることも寝ることも基本的に動かないので変わらない、と思います。どれくらい体に力が入っているか、などの話なら変わってくるのだと思われますが「体にどれくらい力が入っているか」を表す数値を知らないのでそれを表現することはできません。医療やスポーツなどに携わっている方に聞けばわかるかもしれませんね。そんな事しないでもインターネットで調べればわかる時代なのですが、そうすることで更に座る時間が増えて運動量は減っていくのですよ。



17日
第107話「病み上がり?ナナペ」

こんばんは。今日は体調がそれなりに良くなってきたのでナナペ会議に出ました。まだまだ頭が痛かったり体がだるかったりするので油断は禁物ですが休んでばかりでもいられません。ここ最近寝てばかりだったので少し歩くだけで足が痛むという凄まじい運動不足っぷりを体で感じつつ、なるべく元気を出してナナペ会議に臨むことに。

ついに大まかなネタの配役やネタの順番が決まり、本番目前ムードが高まってきました。衣装や小道具の手間等の諸事情により僕のネタは没に・・・でもいいんです、ナナペは今年の夏にもありますから!そんなわけでナナペの練習もより本格的になっていきます。僕はとりあえず明日明後日の休みで風邪を完全に治してしまわないとですね。できれば休みながらも台詞覚えに取り掛かる事ができればと思っています。

運動不足ついでにパソコン不足でもありキーボードを打つ速度と正確さが落ちているのが日記を書いていて感じたので今日は短めに。



16日
第106話「薬漬け事情」

こんばんは。今日は朝から熱が高かったのですぐに病院に行って薬を貰ってきました。実は水曜日にも薬を貰っていたのですが二日分しかなく、風邪が予想以上に長引いて二日分の薬では足りなかったのでまた貰ってきたというわけです。詳しい事情を説明すると少し面倒なのですが・・・

水曜日は夜に熱が高くなってきたので夜に病院に行きました。普通の病院は夜には診察しないので休日夜間診療所といって名前の通り他の病院が診察しない休日や夜間に診察してくれる病院に行ったのですよ。そこで二日分の薬を二種類もらいました。そして今日は朝から熱が高かったので朝に病院に行きました。朝なので水曜日とは違って普通の病院に行き、水曜日とは違う種類の薬をもらいました。それも四種類も・・・

食後に毎回四種類もの薬を飲んでいると薬漬けみたいで何か嫌になってきますがこれも風邪を治すため。早く風邪を治して元気になって皆さんに会いたいです。



15日
第105話「泣き面に超巨大隕石」

こんばんは。今日はナナペ会議があったのですが相変わらず風邪を引いていたので休ませていただきました。誠に申し訳ありません。実際は風邪は治りつつありました。今嘘をつきました。誠に申し訳ありません。たった今謝罪をネタに使いました。最低の行為ですね。誠に申し訳ありません。今日成績発表があったのですが必修科目二つ不可でした。誠に申し訳ありません。風邪は治りつつあるといっても完全に治すために今日休ませていただきました。誠に申し訳ありません。もう何度目かわからないしょうもない繰り返しネタです。誠に申し訳ありません。

この「誠に申し訳ありません」ラッシュの中、(個人的には)とても重大な情報を混ぜたのですが多分この文章をまともに読む方はいないのでバレずに済みますね。バレたくない事なら日記に書かなければいいのに、と思いますが隠してあるので多分大丈夫です。ほら、秘密の宝のありかが書かれている地図とかあるじゃないですか。秘密なら地図なんか作らずに秘密のままにしておけばいいのに、隠してあるから大丈夫と言って作っちゃうんですよ。なんでしょうか、隠れた自己顕示欲の現れ、というものでしょうか。違いますかね、はい。

問題はこの情報が秘密の宝なんてものではなく、タイトルにもなっているような悲惨で深刻なものである事なのですが・・・



14日
第104話「風邪日記」

こんばんは。今日はちゃんとその日の夜に書いているのでこんばんはで合っていますよ。とはいえ風邪は中々治らず今日も一日寝て過ごしたのですが・・・デスガー日記はもう終わったはずなのにまた「ですが」を使ってしまいました。気をつけなくては。

僕はしょっちゅう風邪を引いて皆さんに迷惑をかけてしまうので何とかしないといけないとは思っています。実際明日はナナペ会議がありますが風邪を完全に治すために休まざるを得ない状況です。風邪予防に関しては日記でも書いた気がします。そしてその直後に風邪を引いた気がします・・・やはり抵抗力をつけるしかないそうです。そのためには運動をするしかありませんね。

ちなみに明日はナナペ会議だけでなく、成績発表もあります。嫌な予感のする科目ばかりですが果たして「不可」をいくつに抑える事ができるのでしょうか・・・「不可」がある前提で話を進めている時点でどうしようもない気もします。



13日
第103話「デスガー日記」

こんばんは。実際は次の日の朝に書いているのでおはようございますなのですが。更に実際は朝と言っても11時過ぎに書いているのでどちらかと言えばこんにちはなのですが。ちょうどブランチの時間でしょうか。ブランチと言っても王様のブランチではないのですが。でも実際は王様のブランチを放送している時間ではあるのですが。とはいえ実際は王様のブランチは土曜日の番組なので今日は放送していないのですが。

「ですが」が続いてわけのわからない事になってしまっているのですが、まずは状況を説明しましょう。13日は風邪を引いてほぼ一日中寝込んでいたので日記を書くどころではありませんでした。書いたとしても書くような事がほとんど無かったのですが。そんなわけで日記を書くのは次の日になったのです。やはり書くことが無いのですが。

書くことが無い時は意味不明な言葉遊びで埋めることは赤田日記では良くある話です。言葉遊びどころかただの読みにくい繰り返しなのですが。このように「ですが」を文章の最後に置くのは便利です。非常に読みにくくなるのですが。英語で言うと「But」を文頭に置くようなものでしょうか。特に根拠はないのですが・・・

ですがですがうるさいわっ!
お前はデスガー総統かっ!
誰やねんそいつっ!いい加減にしろ!
どうも、ありがとうございました~。



12日
第102話「努力ナナペ」

こんばんは。今日はナナペ会議がありました。本番で皆さんにお見せするネタが決まったという事で今回のナナペ会議ではネタの改稿をメインに進めていきました。ネタが決まったといってもむしろ本番はこれからで、よりそのネタを面白くしていくために頑張っていこうと思います。僕のネタの改稿は困った事に中々進んでいないのですが次の会議までには改稿したいところです。

ネタを面白くしていく上でもちろん改稿は重要ですがやるべき事はそれだけではありません。コントである以上、演技の練習をしていく必要があるのです。コントは言ってしまえば演劇のようなものですから、演者の演技力が必要となるのですよ。演者の演技力が高ければ高いほど演劇がより感動的な物となるように、演者の演技力が高ければ高いほどコントはより面白くなっていくのです。僕は演技することは好きなのですがあまり上手ではないので演技練習にも力を入れていきたいです。

更にコントライブに欠かせないのが衣装や小道具です。東大落研の部室には大量の衣装や小道具があるのでそれを使う事も出来ますが当然部室に無い物が必要になる事もあるのでその場合は買い出しに行く必要があります。物によっては材料を買って自分で作らないといけない事もあります。

このようにコントライブは非常に大変なのですが努力した分だけ面白くなっていく、それを信じて頑張っていこうと思います。ナナペーハーはメンバーの努力によって出来ているのですよ。



11日
第101話「101匹わんちゃん in 田舎」

こんばんは。今回は記念すべき第101回目です。あの有名な「101匹わんちゃん」の101、という事で記念すべき回です。100回目に比べ盛り上がりに欠けるのは101匹わんちゃんの偉大さが100という数字の偉大さに負けているからかと思われます。頑張れ101匹わんちゃん。負けるな101匹わんちゃん。「ミュウを含めた初代ポケモンの数」である「151」よりは偉大であると信じてる。

今日は高校時代の友達と遊びました。せっかくの春休みですからたくさん外に出て遊びたい!もう寝てばっかりの日記からは卒業したい!という事でナナペ会議の無い日はバンバン遊びに行ってます。今日は友達の家に行ったのですが行く途中周りに林やら森やらが生い茂っていたり小さなビニールハウスの中で作物が育ててあったり、のどかで平和な場所でした。都会の喧騒から離れた静かな田舎の土地、いいですね。個人的には渋谷のビル街のような所に行くとすぐに迷ってしまうので田舎の方がずっといいと思っています。迷う迷わないの問題でもないような気がしますが、それは気にしないことにしましょう。



10日
第100話!「第100回記念!第1回タイトル選手権!」

こんばんは!ついに赤田日記は記念すべき第100回目を迎えました!念のために数え直しましたがよく考えたら12月と1月が31日、2月は28日で3月は10日まで来たので31×2+28+10=100で特に数え直す必要が無かったのかもしれません。ともかくついに100回目ですよ100回目!何かテンションが上がってきたので特別な事をしたいと思います。しかし困った事に、完全にノープランなのですよ。さて、一体何をしましょうか。

とりあえず参考に過去の広報Web担当の方々の日記を見てみましょう。果たして先輩方は100回目記念に何をやっていたのでしょうか。・・・あれ、回数がわからない。どうやら日記に回数を付けているのはこの赤田日記が初めてみたいです。確かに最後まで書き終えた時に365回になっていないと何処かで空きがあった事がバレてしまいますからね、わざわざ回数を付ける人もいないわけです。という事で第100回記念に何かをやるというのもこの赤田日記が初めてという事ですね!・・・先輩方の日記を細かく読んだわけではないので同様の企画を行った方が過去にいたら誠に申し訳ありません。

ちなみにこれも赤田日記が初だと思い込んでいたタイトル付けは中川さんの日記でも行っていました。なんという事でしょう!しかし折角毎回毎回無駄に時間をかけてタイトルを考えているのですから、それを活かした事をしたい!という事で第100回目を記念し、「今までの日記のタイトルで最もセンスの良かったタイトル選手権」を行いたいと思います!わーぱちぱちぱちー!自分で考えたタイトルを自分でセンスが良かったなどと褒めるという凄まじく自画自賛な企画ですが、盛り上がってまいりましょう!

今までの日記のタイトル、といっても流石に100個もあるタイトルを全て同時に考慮するのは大変です。12月部門、1月部門、2月+3月部門に分けてそれぞれの部門の最もセンスの良かったタイトル、「ベストセンスタイトル」を発表していきたいと思います。

まずは12月部門!赤田日記が始まった2012年12月、始まったばかりという事もあってタイトルも初々しいながらも気合のこもったタイトルが揃ってい・・・るはずです!
その中でもベストセンスタイトルに選ばれたのは・・・

第12話「幻の13月」!今読み返すと全く意味不明なのが評価されました!

次に1月部門!2013年が始まったばかりという事もあってタイトルも初々しいながらも気合のこもったタイトルが揃ってい・・・ってナレーションが同じじゃないですか!そもそもこのナレーションに何の意味があるんですか!そんな事はどうでもいいので発表に移ります!
1月のベストセンスタイトルは・・・

第47話「単調作業の鬼」!なんとなく響きが素敵なのが評価されました!評価基準テキトー!

そして最後に2月+3月部門!2月は他の月よりも短く、3月は今回含めまだ10日しか経っていないので一つにまとめられた結果他の月よりもだいぶ長くなったこの激戦区!その中でベストセンスタイトルに選ばれたのは・・・

第72話「おひさナナペ」!「おひさ」という言葉が何か面白いという事が評価されました!もはやタイトル関係なし!

以上、タイトル選手権でしたー。わー、ぱちぱちぱち。
色々と意味不明でしたがこれからも赤田日記をよろしくお願いします。第100回と言ってもまだ全体の3分の1すら行ってないですからね、つまりこの意味不明企画もあと2回ある可能性が・・・次はもっとまともな企画を考えたいですね。はい。



9日
第99話「サンキューギビングの日?」

こんばんは。今回は第99回目、ついに次回は記念すべき第100回目です!更に今日は3月9日でサンクスギビングの日ですね!・・・嘘です、サンキューの日でした。ちなみにサンクスギビングとはアメリカで11月にある日で、日本で言う勤労感謝の日のようなものでしょうか。サンクスギビングと言えば七面鳥でして、この日は皆で大きな七面鳥を食べてお祝いするのですよ。残念ながら僕は今日七面鳥を食べることはできませんでした。なぜならここはアメリカではないし、そもそもサンクスギビングの日ですらないからです。何一つ合っていないですね。

今日は新歓のビラのデザイン作業をしていました。前にも書いたように、このようなビラのデザインも広報の仕事なのですよ。日記を書くのだけが広報の仕事というわけではないのです。今回は新歓のビラという事もあって、非常に重要である・・・という事も前にも書いた気がします。ともかくそのビラのデザインがある程度まで終わり、あとは修正したり改善したりしていくのみです。本来は明日の東京大学前期入試の合格発表にビラを間に合わせて合格発表時にビラ配りをすることもあるそうですが今年は間に合いそうになく、申し訳ないです。

サンキューの日のはずなのに謝罪で終わってしまった事を深くお詫びいたします。
ってまた謝罪かい、いい加減にしろ!
どうも、ありがとうございました~。
・・・漫才の定番のこの終わり方も、漫才を最後まで見てくださったお客様への感謝なのですよ。心のこもった「ありがとうございました」をしていきたいところです。



8日
第98話「未来予知できない人」

こんばんは。記念すべき第100回目が刻一刻と近づいて参りました。でも今回はこれといって特別な事はしません。なぜなら今回はまだ第100回目ではないからです。

今日はナナペ会議がありました。今日は事実上ネタの締め切りという事もあって、多くのネタが投稿、改稿されました。果たしてたくさん投稿されたネタからどのネタが選ばれ、皆さんに見せることになるのか。それは僕にはさっぱりわかりません。果たして僕のネタは選ばれるのかどうか。それも僕にはさっぱりわかりません。果たして僕が演じるのはどのネタなのか。当然それも僕にはさっぱりわかりません。

ナナペ会議の後は有吉君と一緒にキャンパスプラザに向かいました。五月祭のおススメ企画の審査に行ったのです。五月祭といえば東京大学本郷キャンパスにて名前の通り五月に開かれる学園祭の事ですが、もちろん東大落研も五月祭に参加し、「五月寄席」と称して皆さんに落語、漫才、コント、ピン芸、大喜利などを見せる事になります。その際、五月祭のパンフレットにおいて「おススメ企画」として紹介される出し物がいくつかあるのですが、そこで東大落研の五月寄席を紹介してもらうために今日審査に行きました。審査では五月寄席の見せどころや東大落研の活動についてなどを聞かれ、あろうことか全て有吉君に答えてもらうという役立たずっぷりを発揮した後、出し物の紹介という事で有吉君とストライクターキーとしての漫才を見せました。

果たして五月寄席がおススメ企画に選ばれるのかどうか。それは僕にはわかりません。



7日
第97話「久々の再会」

こんばんは。三月に入って7日も経ってとても今更な事なのですが、3月は1日の記事が第91回目だったので日数と回数の一桁目が同じですね。つまり3月10日で記念すべき100回目になるという事。100回目だからといって特別な事はしないと思いますが。まぁそれは100回目になってから考えることにしましょう。

今日は高校の時の友達と久しぶりに一緒に遊びました。その人は浪人生でつい最近受験が終わったという事で会うのも結構久しぶりでした。遊ぶ、と言っても街をテキトーにぶらついたり店を見たり食事をしたりとそんな感じにのんびり時間を過ごしました。それでも久しぶりに会うものですから話したい事がたくさんあって時間があっという間に過ぎていきました。幸せな時間というのは早く過ぎるものなので、時間があっという間に過ぎたという事はそれだけ幸せだったという事ですね。

最近はナナペ会議かぼーっと過ごすかと単調な生活を送っていたので外に出て遊べたのは良かったです。春休みはまだまだあるので時間があればもっと友達と遊びたいです。ついでにナナペの宣伝もすればもう言う事無しですね!



6日
第96話「個性ナナペ」

こんばんは。今日はナナペ会議がありました。もう最近は一日おきでナナペ会議があるのでこの日記もナナペ会議の日とぼーっと過ごす日が交互に繰り返されているだけですね。なんというワンパターン、いや、ツーパターンでしょうか。

だけどナナペ会議はそんなに単調ではありません。毎回投稿されているネタが違うので当然毎回違うネタを見せ、違う議論を交わす・・・その議論の後に改稿されたネタを見る時もまた違う議論が展開され、それを繰り返しネタが成長していく・・・といった内容の事は前に書いた気がするのでこの程度にしておきましょう。

あれ、前に書いた・・・という事は・・・単調?いやいや、そんなことは全く無いんです。何しろナナペでは十本以上のネタを皆さんに披露しますからね。そしてそのネタの一つ一つが個性的であるように作られているのです。というより似ているネタはあまり選ばれずバランス良く色々なタイプのネタが採用され、個性豊かなナナペを作り上げているのですよ。赤田日記は単調でもナナペーハーは個性豊かな公演なのです。

赤田日記も単調にならないように頑張ります・・・



5日
第95話「新歓について悩んでみる」

こんばんは。今日は一日ぼーっと過ごしました。落研での活動が無い日はぼーっと過ごすのがいつもの事なので今更驚きません。もし東大落研に入っていなかったら毎日ぼーっと過ごす事になっていたのでしょう。いやー、入ってて良かった東大落研!皆さんも是非東大落研に入りましょう。インカレサークルなので他大学からも入る事ができますよ!

・・・なぜこんなにも必死に宣伝しているかと言うと新歓期が近づいているからです。春ナナペが終わって四月になったらすぐに新歓関連のイベントが続きます。特に新歓オリや新歓ライブは東大落研を宣伝するのにとても大切なチャンスなのですよ。ちなみに新歓オリとは4月の始めに行われる新入生が自由にまわって部活やサークルの説明を自由に受けるというイベントなのですよ。

そしてその際に配るビラを作るのは執行代の広報Web担当、つまり僕なんですね。有吉君にビラを作るよう急かされたりするかもしれませんがいいデザインが中々思い浮かばない。このビラのデザインは新入生にとっての東大落研のイメージを作る物でもあるので非常に大切なのですよ。果たして僕はどんなデザインのビラを作るのか、新入生の方乞うご期待・・・ってほどの事でもないような。



4日
第94話「追い出し寄席と滑舌」

こんばんは。今日は追い出し寄席がありました。今年で卒業される先輩の方々を送り出すための完全に内輪なライブという事で内輪ならではの事が色々と起こりましたよ。

少し前の記事にも書いた通り、我々ストライクターキーは堂々のトップバッターだったのですがここで早速トラブルが生じました。ネタ開始直後に有吉君が諸都合により一旦抜けなくてはならなくなったのです。舞台に取り残されたのは僕一人。どういうわけか(?)場繋ぎで謎の早口言葉コーナーをやる事になったのですが、これが案外ウケてよかったです。

ストライクターキーの漫才の後は泉さん、日野君、そしてまさかの中村さんの落語三連発で、これぞ落語研究会と言ったところでしょうか。中村さんの落語はもはや落語だったかどうかは不明ですがそもそも僕は落語が何かすら良く理解していませんでした。その後は先輩方の大喜利や漫才やピン芸が続き、最後は卒業生の方々による内輪ネタ全開の大喜利で締めとなりました。

追い出し寄席の後は皆で打ち上げをしました。僕は大学から割と遠い実家に住んでいることもあって皆との食事に参加する機会があまりないのですが今日の打ち上げは早く始まったので参加できました。卒業生の方々だけでなく普段は会わないOBの方々とも会話ができて良かったです。



3日
第93話「さんさんひな祭り」

こんばんは。今日は3月3日、ひな祭りです。ひな祭りという事で桜餅を食べました。あとひな祭りと言えば東大落研はひな祭りライブというお笑いライブを行った事があるそうな。普通はこの時期は春ナナペの練習で忙しいのでライブは無いのですが恐らくその年は春ナナペは無く、その代わりにひな祭りライブを行ったのだと思われます。実際に出たわけでも見たわけでもないのでなんとも言えませんが。

ついでに今日は2013年3月3日です。2012年12月12日に比べるとだいぶ珍しさが減りますが、それは相手が強すぎるだけだと思います。次にアイツに勝てるのは2013年13月13日くらいしかないものです。ついでに今日の日記は僕が間違っていなければ第93回目です。3で終わるし3の倍数です。世界のナベアツさんがアホになりまくりです。

明日は追い出し寄席です。そのため、帰りが遅くなって日記の更新が次の日になる可能性を大いに含んでいます。ご了承ください。これが2014年4月4日の記事なら何としてでもその日に更新する可能性があったかもしれないですが、その時期は既に日記の担当が変わっているはずですよね。


2日
第92話「大盛りナナペ」

こんばんは。今日はナナペ会議がありました。今回は普段よりも開始が少し遅く、それに伴って会議時間も普段より少し短かったのですがネタの数がとても多く、忙しいながらも充実した会議でした。実は僕も今日の会議に向けて自分の書いたネタを改稿してきたのでそれを見てもらったりもしました。

今回のナナペは最初はネタの投稿がそこまで多くなかったのですが最近になって一気に増えてきて盛り上がってきました。やはり試験が終わってナナペに全力を出せる方が増えたからでしょうか。それとも春が近づいてきてなんとなくやる気が出た方が増えたのかもしれません。たくさんのネタが投稿されると会議も楽しくなるのでとても嬉しいことです。しかし本番で演じることのできるネタの数は当然限られているのでネタの数が多ければ多いほど競争率も高くなります。恐ろしい競争社会です。

会議の後は有吉君とストライクターキーとして追い出し寄席のネタの練習をしました。ひょっとしたらこの日記で追い出し寄席について話題にしたことがなかったかもしれないので説明しておきます。追い出し寄席とは、3月に卒業生やOBの方に向けて行われる落研の内輪のライブの事です。なので、一般公開ではありません。ご了承ください。そしてそのライブで我々ストライクターキーは堂々のトップバッターに抜擢?されました。最初という事もあって緊張が高まりますが緊張に負けないよう頑張ります。内輪ライブだって人前でネタをやる貴重な経験の一つですので全力でやっていきたいですね。



1日
第91話「月初め散髪」

こんばんは。今日から三月ですね。三月という事でページも変わり、気分も一新して日記を書いていきたいところですね。話数はちゃんと確認したのでズレてはいないはず・・・2月28日の記事が第90回目だったので第91回目で合っているはずです。もし間違っていたらそれはそれは大変な事になりますが多分合っているので大丈夫です。

今日は床屋さんに行きました。散髪屋、と言った方がいいのでしょうか。もしくは理髪店でしょうか。美容院という言う方もいるかもしれませんがそれはちょっと違う店のような気もします。更にはヘアサロンとか。色んな呼び方があってややこしいですね。でも床屋さんという響きが好きなのでそちらにさせてもらいます。

最近髪が伸びてきて特に前髪がうっとおしかったので床屋さんに行って良かったです。あと僕は眉毛がやたら太くて少し悩んでいるので毎回床屋さんに細くしてもらっているのですがすぐに太くなるので困ったものです。ただ落研的には眉毛が太い方が個性があっていいのかもしれません。悩みどころですね。

|

赤田日記2013年2月

28日
第90話「充実ナナペ」

こんばんは。今日は二月最後の日です。今年の二月は試験に始まり、全体を通してナナペの活動もあり外部の大会にも出たりした、落研としても色んな活動ができたのではないかと思います。明日からは三月です。まずはページを変えないといけないですね。それから・・・思いつかないのでそれは明日になってから考えましょう。

今日もナナペ会議がありました。最近はほぼ一日おきにナナペ会議があって忙しいですが落研として頻繁に活動できて充実している時期でもあります。その反動かナナペ会議が無い日はそれはそれはぼけーっと一日を過ごす事が多いですが、今日は充実している方の日だったという事で。

今回のナナペ会議では普段よりも多くのネタを見たので時間たっぷり会議に使う事になりました。前回ナナペでは毎回このくらいのネタ数が上がっていた気がしたのでこれでこそナナペ、という印象でもあります。一つしかネタを上げていない僕が偉そうに言えることではないですが。そして今日やったネタの一つに10分を上回る超長編ネタがあったのですがそれを僕が演じる事になったのでそこそこ疲れました。疲れた以上に楽しかったので結果オーライ、ですけどね。

結果オーライの使い方が間違っている気がするので今日はここまで。



27日
第89話「失意のスターバックス」

こんばんは。今日も一日ほとんど寝て過ごしました。そして夜になり、日記を書く時間が来ました。良かった、今日は日記を書くのを忘れなかった。さて、しかし困ったもんだ。なにせ今日一日寝てばかりだったから書く事がないのだ。なぜこんなに寝てばかりなのか、なぜこんなに眠いのか、どうすれば眠くなくなるのか・・・

そういえば前に眠くなくなるための方法を日記に書いた覚えがある、そうだ、コーヒーについてだ。あの回はいつだっただろうか、日付は覚えていないが「沈黙のスターバックス」というタイトルだけは覚えている。久しぶりにカッコいいタイトルを付けることができた回だったからな。確かコーヒーを飲めば眠くなくなるという話で、それでコーヒー屋であるスターバックスの従業員は皆眠っていて・・・

アレ?

ふと恐ろしい事に気づいてしまった。あまりの衝撃に文字が太字になる。何かがおかしい、何がおかしいのかはわからないがとにかく何かがおかしい。そう思い僕は過去の日記に逆戻った。あの回は確か試験前の話だった、という事は一月か二月。結構前だったから一月かな。一月のページを開き、コントロールキーとFを同時に押して検索機能を開き「スターバックス」でページ内検索をする。そして出てきたのが1月4日、第35回目の記事だ。題名は記憶通り「沈黙のスターバックス」。そしてささっと読んでみると・・・やってしまっていた。なんとなく嫌な予感はしていた。まさかそれが本当の事であったとは。これがその記事の問題の箇所である。

よくコーヒーを飲めば眠くなくなると言いますが、~中略~というかコーヒーを飲むだけで眠くなるのだとしたらスターバックスの従業員さんは一日中眠っていると思います。沈黙のスターバックスというカッコいい響きを思いついた所で今日の日記はおしまい。

一見すると普段の日記と同じようなしょうもない事を書いてあるだけのように見える。特に最後の一文はしょうもなさが出まくっているのが伺える。しかし、よく読んでいただきたい。「よくコーヒーを飲めば眠くなくなると言いますが」「コーヒーを飲むだけで眠くなるのだとしたら」・・・完全に矛盾している、というかそれ以前の問題であった。ちなみに中略の部分は「実際にコーヒーを飲んだら眠たくなった」という僕個人の体験談であり、「コーヒーを飲むだけで眠くなるのだとしたら」という完全に間違っている仮定とは全く無関係である。

ああ、なんてことだ。こんな支離滅裂な事を日記に書いて、更にその支離滅裂な内容を元にしたタイトルを思いつきそれを「カッコいい響き」などと言ってしまうとは。できるならばこの箇所は書き換えてしまいたいところだが、日記でそれをやったらどうしようもない気がするのでこのままにしておこう。これも思い出だ、うん。失意のスターバックスというカッコいい響きを思いついたところで今日の日記はおしまい。

・・・これで結局間違えていなかった、というオチが付いたらそれはそれは悲惨ですね。



26日
第88話「真面目ナナペ」

こんばんは。今日は東京大学の入試の二次試験二日目ですね。でも昨日のように去年の入試について書くかと思ったら大間違いですよ!なぜなら今日はナナペ会議があったからです。ちょうど10回目の会議との事。結構早いものですね。

今日は入試により東京大学に入る事が出来なかったのでオリンピックセンターという場所にある会議室を借りてナナペ会議を行いました。実はQ&Aの最初の会議もオリンピックセンターで行っていたのですよ。

今回の会議ではネタ二つ見て、それからグループ改稿というものを行いました。グループ改稿とはその名の通りグループに分かれて改稿を行うものであり、ネタを書いた人にそのグループの人が意見を出し合ってそのネタをよりよくしていく、というものです。なんだか説明が難しいですが、ただの意見の出し合いのようなものです。僕も自分の書いているネタが行き詰ったらグループ改稿してもらおうと思っています。

ナナペのネタは最初は一人で書くことが多いですがその後皆の意見を取り入れて改稿をしていき、ネタの質を向上させていくのですよ。コント一つとってもナナペメンバーの団結が詰まっているのです。

・・・なんかとてつもなく真面目な記事になりましたね。たまにはこういうのもアリ、という事にしておきましょう。



25日
第87話「去年の話」

こんばんは。今日は東京大学の入試の二次試験一日目ですね。国立大学なら東京大学以外でも今日が入試でしょうか。僕も去年は入試を頑張っていたんですね。今となっては東京大学の問題などほとんどわからないと思います。特に理科。逆に英語ならそこまで問題なく解けそうです。要約問題はともかく文整序や誤文訂正などは東大に入った後も英語の試験で頻繁に出る問題なので。

今日は一日目という事で国語と数学でしょうか、僕は理系なので確かそうだったと思います。この辺は文系も理系も同じなのかな。国語は苦手だったのでかなり勉強した覚えがあるのですが結局最後は勘に頼る部分も多かったですね。数学は僕の「わからない問題は即飛ばす」能力が活きたと思います。簡単な問題と難しい問題の差がはっきり出ていたので、わかる問題から解いていってわからない問題は飛ばし気味でも十分な点数が取れるようになっていたのですよ。ちなみに大学に入ってからの試験でもこの能力は活躍していてわからない問題を飛ばしに飛ばした結果、解答用紙がほぼ白紙で終わるという凄まじい成果を残しているそうです。

・・・何か去年の事ばかり書いていますが、今日一体何があったのかはご想像にお任せします。むしろ何も無かったのか。



24日
第86話「明日から本気出す・リターンズ」

こんばんは。今日は朝起きて朝ご飯を食べて寝て昼ご飯を食べて寝て夜ご飯を食べました。この日記を書いている時点で既に夜遅いので書き終わったら寝ると思います。一日に三度も寝ているなんて「一粒で三度美味しい」みたいでお得ですね。僕は一体何を言っているのでしょうか。

何か似たような事を前にも書いたことがある気がします。それも何度も。あれは冬休みの時だったでしょうか、それと期末試験前だったでしょうか。ここで試験前に有吉君に言われた事を思い出します。「試験が終わったら日記に何を書くの」・・・そう、試験前はもちろん冬休み中も一応試験に向けて勉強する必要があったので(実際に勉強していたかどうかは別の問題です)日記に書く内容が全く無かったわけではないのですが完全にフリーとなった今、日記に書く内容が全く無い事がざらにあるという状況になってしまったのです。

このままの調子で日記が続くとそれはそれは大変なことになります。まず、最初に必ず「朝起きて寝て朝ご飯を・・・」のくだりを入れる事になります。なぜならその日にあった事・した事がそれくらいしかないからです。そして、その後その日に特に何もしなかった言い訳のような物を延々と書いてテキトーに締めるという、それはそれは悲惨な内容になります。そうなるわけにはいかない、という事で・・・明日から本気出す。

このフレーズも前に書いた事があるような。



23日
第85話「お疲れ経験」

こんばんは。今日は大学芸会の予選に行ってきました。大学芸会はグループ戦となっていて、1グループにつき漫才、ピン、コントの3ユニットで出場することになります。我々東大落研は山下さんと中村さんの漫才コンビ「エールフランス」、山下さんのピン「Xe(キセノン)」、僕と有吉君のコントコンビ「ストライクターキー」での出場となりました。という事で山下さんと中村さんと有吉君と一緒に大会に行ってきたという事ですよ。

出てみた感想は、とりあえず疲れました。はい。司会が自ら「地獄の5時間」と言っていたようにこの予選は非常に長く、やる側も見る側もかなり疲れるのですよ。AからCブロックまである中で我々はBブロックの真ん中ほどに出番があったのでちょうど全体の真ん中くらいに出番があったという事になりますが待ち時間も長いもので緊張して疲れましたね。

出番が終わった後は客席で見ることができたのですが今まで大学お笑いという物を見る機会がほとんど無かったので新鮮でした。東大落研として行う普段のライブとは客がウケるポイントが違ったりして勉強になりました。やはり大会は結果はともかく(残念ながら・・・)出たり見たりすることで経験になっていくのだと改めて思いましたね。

でも疲れたのでとりあえず休みます。明日明後日は完全にフリーです。頑張った自分へのご褒美(笑)です。おやすみなさい。



22日
第84話「にゃんにゃんにゃん?」

こんばんは。本日2月22日は猫の日だそうです。「2」を「にゃん」としたとき「222」で「にゃんにゃんにゃん」となるから・・・だと思うのですがもしかしたら「2」を「にぃ」として「にぃにぃにぃ」で猫の日なのかも知れません。猫ってにぃにぃ鳴くじゃないですか。僕は猫飼ってないので詳しく知りませんが。ともかく今日は猫の日なので今日の日記は語尾に「にゃん」を付けたいと思います。すみません、嘘です。冷たい眼差しで睨まないでください。

猫と言えば日野君を思い出します。彼は携帯に猫の写真を大量に保存しているようでたまに他の人に見せています。日野君のような大きくて力持ちそうな人が猫の写真で癒されてるって何か素敵ですよね。これがギャップ効果というものか。普段はユニクロの服ばかり着ている人がたまにギャップの服を着ると少し派手に見える・・・という意味ではありません。

今日は有吉君と打ち合わせをしました。実は明日大学芸会という大会?の予選がありまして、そのためのコントの練習をしていたのです。先週も大会の予選があったばかりで大変ですがこうやって経験を積み重ねる事はとても大切だと思うので頑張ります。帰りが遅くなるそうなので明日の日記の更新は遅れるかもしれませんが、まぁその時はその時ですよね。にゃん。



21日
第83話「部室大掃除」

こんばんは。今日はナナペ会議がありました。今回は会議自体は早く終わったのでその後エチュードをする事になりました。エチュードとは即興コントのようなもので、今回は二つのグループに分かれそれぞれのグループでお題を選んでそのお題に沿ったネタを作る、というものでした。ちなみにグループ分けは「エチュードに乗り気なグループ」と「エチュードに乗り気でないグループ」で、僕は前者でした。エチュードではネタの流れやオチは事前にある程度は考えておくのですがそれ以外はネタをやりながらフリーダムにやることができるので楽しいです。とはいえあまりフリーダムにやるとわけのわからない事になりがちですが。

その後は部室の掃除をしました。東大落研ではいつも部会を和室で行うので忘れがちですがそれとは別にちゃんと部室もあるのですよ。しかしその部室はコントで使う小道具や衣装、そして暇つぶし用の漫画やWiiといった物が積み重ねてある物置のような状態でした。この状態ではネタの練習をするスペースも確保できないし小道具が必要な時も見つからなくて困るので今日掃除をすることに。結果だいぶ綺麗になりました・・・が、中村さんによるとすぐにまた散らかる、との事です。綺麗である事に越した事はないのでなるべくこの綺麗で整っている状態を維持したいところですね。



20日
第82話「そ~しゃる日記」

こんばんは。今日はホームページの告知を更新しました。そ~しゃる大喜利の決勝戦、との事です。大喜利と言いますとアレですね、お題があってそれに対して面白い事を言うヤツ、です。全く伝わってこないと思いますが実際「大喜利」という言葉をこれ以上わかりやすく説明するには「笑点でやってるヤツ」と言うくらいしかないと思います。というかその説明でないと誰も理解できないかと思われます。笑点は偉大です。

さて、「そ~しゃる大喜利」の「大喜利」の部分を説明し終えたわけですが、肝心の「そ~しゃる」の部分が説明できていませんね。実を言うと僕もあまり理解していないのでふぃ~りんぐで説明してみようかと思います。「ソーシャル」、すなわち「social」は「社会の、社会的な」といった意味を持つ単語で、名詞形は「社会」を意味する「society」ですね。あまり使われませんが動詞形は「socialize」、「(人を)社交的にする」などという意味を持つそうですが・・・確かにこれではあまり使われないのも納得できます。人を社交的にするってどんな感じなんでしょうか。社交ダンスを踊らせてみたり、とか。

でも僕はもっと社交的な人間になりたいので誰か僕を「そ~しゃらいず」して下さると助かります。「そ~しゃらいず」される、すなわち「そ~しゃらいずど」になる事で僕は「そ~しゃる赤田」へと進化を遂げることができる、そう信じて明日も頑張っていきます。



19日
第81話「のんびりまったり時間不足」

こんばんは。今日は昨日予告した通り、起きて食べて寝て起きて寝て起きて食べて寝るどうしようもない一日を送りました。いや、人間が生きるのに必要な事は全てやっているのである意味健全そのものな一日を送りました。そして最近は「日記を書くのを忘れてパソコンを消した後に寝ようと思って歯を磨いている途中で日記の存在を思い出して寝る直前にパソコンを付け直して日記を書く事」が良くある話になっています。パソコンを消すときに「日記は書きましたか?」と警告をしてくれる機能があればいいのに。

という事で今日は一日のんびりしていましたが実際はそこまでのんびりできるわけでもなかったりします。というのは今週もまたお笑いの大会の予選があるからです。こういう大会は経験のためにドンドン参加していきたいところなのですが練習時間がなかなか取れず大変だったりします。なるべく時間に余裕のあるときにネタを覚えてしまいたいところですね。

・・・本当は「今日のジャイロゼッター(そういうアニメね)がお笑い大会の回だったのでそれに対し落研目線でコメントをする」という面白企画(?)を考えていたのですがもう時間がないのでやめます。アニメネタはまたの機会に取っておこう、うん、そうしよう。



18日
第80話「激論ナナペ」

こんばんは。今日はナナペ会議がありました。ナナペ会議ではいつもナナペメンバーの方々がその会議の時までにアップロードしたネタを会議中に見るのですが、今回はネタが三本だけでした。そのため、今日の会議はそこまで長引かないと思ったのですが・・・会議時間をフルに使った充実した会議となりました。

というのも、いつもネタを見た後にそのネタの感想や改善点などをそのネタを見た人達や演じた人達で言い合うのですが今回はその時間がとても長かったのです。実際に何を話したのかはネタバレ(ライブでやるネタがバレるという事で、これが本当のネタバレである。なんちゃって。)・・・またカッコ内で文章が展開されていて分かりにくくなっていますね。困ったときは文章ごと無かったことにして改行しましょう。

実際に何を話したのかはネタバレの問題もあるのでここでは書くことができませんが、とりあえず激論が交わされたのは間違いありません。一つのネタに関して1時間以上感想や改善点を言い合うというのは非常に疲れましたがそのネタをより良くするために、そしてこの先より良いネタを作っていくためにとても有意義な事なんだと思いました。

そんなわけで今後もナナペ会議、頑張っていきたいと思います。でも明日明後日は休みなのでたっぷり休もうと思います。実は試験が先週の木曜日に終わってからもナナペ会議やお笑い大会が続いたのでまともに休めていないのですよ。明日は久しぶりにどうしようもない内容の休日日記が復活する予感です・・・!



17日
第79話「ストライクターキーの挑戦」

こんばんは。今日はテレビ朝日のテレビ局に行ってきました。一体なんのためにテレビ朝日に行ったのか?そして今まで言っていたストライクターキーとしてのネタの練習とはなんだったのか?ついに明らかになるそうですよ。という他人事であるかのような言い方。

それは、テレビ朝日で行われる「笑いを愛する学生芸人NO.1決定戦」の予選に出るためなのでした。今回はストライクターキーとしてこの予選に出ることになったので今まで練習をしてきた、というわけです。予選で行うネタの時間はなんと、たったの3分。(普段のライブでやっているネタは5分以上はあります)そのため、3分でできるオリジナルのネタをこの日のために用意し、今日まで練習してきたわけですよ。

予選はテレビ朝日のテレビ局で行われました。テレビ局に行くのは初めてであるような、お台場に行ったことがあったような、よくわからない感じですが新鮮ではありました。そして、ついに予選。審査員や他の学生芸人の方々の前でネタを行う事になったので今まで以上に緊張しましたが何とかなった、と思います。他の学生芸人の方々のネタも見る事ができてよかったです。

この予選から決勝に進むのは予選に参加した200組以上のグループからなんと、たったの10組。勝ち進むのはかなりシビアです。でも勝ちあがれなくともこうしてお笑いの大会に参加する事自体が僕や有吉君にとって初めてであるため、いい経験になった事は間違いないです。ストライクターキーの挑戦はまだ始まったばかり。これからも色んな大会に参加して、いずれは優勝!目指して頑張っていきたいですね。



16日
第78話「賑やかなること風の如し」

こんばんは。今日は有吉君とストライクターキーとしての練習をしました。何のための練習をしたかは、明日明らかになるかと思われます。・・・今「何の」と打とうとしたとき、間違えて「なんお」と打ってスペースキーを押してしまったのですが驚くべき事に「何の」と変換してくれました。「何の」は「nannno」であり、「なんお」は「nanno」ですが、「n」でも「nn」でも「ん」と変換してくれる、「ん」の柔軟性によって助けられたのだと思われます。

それはさておき、今日は有吉君と東大で待ち合わせをしていたのですがその時、日野君とも出会いました。更に練習中、高瀬君から連絡が来て一緒に立て看板の修理を行いました。今日は風がとても強かったのでそれで立て看板が倒れてしまい修理を行う必要があったのですよ。そんなこんなで今日は有吉君だけでなく更に一年生部員二人と会いました。あと練習中に丸山さんと田川さんとも会いました。落研は今日も賑やかです。



15日
第77話「試験後ナナペ」

こんばんは。今日はナナペ会議がありました。試験が終わった直後なのでまだ疲れがとれていませんがナナペメンバーとしてはむしろこれからが本番なので張り切っていきたいところです。僕も試験が終わったことですしもっとネタを書いて皆さんに見てもらいたいとは思っているのですが中々思い浮かばなかったり。あと昼休みの時に先輩方からバレンタインのチョコレートなどを貰いました。家に帰ってから食べました。とても美味しかったです。ありがとうございます。

今日は他大学のライブを観に行く方が多いという事もあってかナナペ会議自体は早めに終わったのですが僕と有吉君と中村さんと山下さんは残って秘密の会議をしました。何を話し合ったかは後々明らかになるかと思われます。その後僕と有吉君でストライクターキーとしての秘密の会議をしました。何を話し合ったかはもうすぐ明らかになるかと思われます。今更ながらなぜこれを伏せているのかは自分でもわかりませんが、ここまで伏せてきたので貫き通さざるを得ない状況になっています。たまにありますよね、そこまで重大な事でもないのになぜか伏せたくなることって。

え、ありません?



14日
第76話「箇条書きバレンタイン」

こんばんは。今日もまた日記を書く前に寝そうになりました。一度パソコンの電源を消した後に日記を書くことを思い出してまたパソコンの電源を付けて今書いています。という事で今日の日記は手短に書こうと思います。手短に書くと言えば箇条書きですね。なので今日の日記は箇条書きにします。

・最後の試験がありました
・それはもう散々な結果でした
・今日はバレンタインです
・チョコを貰いました
・↑母から
・あとケーキも貰いました
・↑母から
・そのケーキを食べました
・↑家族で
・↓おいしかったです
・そのケーキが

箇条書きって便利ですね。



13日
第75話「忘却エブリデイ」

こんばんは。今日は試験が二つありました。どちらもかなり難しく、それはもう大変でした。大変だった原因が試験の難易度にあるのか僕の勉強不足にあるのかわかりませんが、とりあえず今日の事は忘れて明日に向けて頑張りましょう。といってもこの日記を書いてるのは夜遅くなのでもう寝るだけですが。

終わった事は忘れるのが一番です。センター試験ではよく言われますがそれ以外の試験でもそうですよね。もちろんそれは次の日に全力を出せるようその日の試験の事は忘れろ、という意味だと思うのですが明日の試験が終わって今学期の試験が全て終わった後でも僕は試験の事を完全に忘れると思います。忘れたい事を忘れることができる便利な人間になりたいものです。

という事で今日の試験の事は忘れて明日に臨みましょう。一緒に明日の試験のために勉強したことまで忘れてはダメですよ。・・・忘れるほど勉強しているかどうかはまた別の話です。



12日
第74話「本当の戦いはまだまだこれからだ」

こんばんは。日記を書く前に寝そうになりました。日記以外でも最近広報としての仕事が遅れがちですが、試験が終わったらなんとかします。すみません。

今日は構造化学の試験がありました。昨日の時点ではかなりどうしようもない感じでしたが、試験自体は案外なんとかなったのではないかと思います。試験に入ってから「案外なんとかなった」という言葉を結構使っている気がします。案外なんとかなる物なんですね!という事で明日は試験が二つもありますが案外なんとかなるよう頑張ります。

明日の試験が終われば残る試験は明後日の一つだけで、それが終われば完全にフリーでひゃっほおぉぉぃ!!状態になれるのであと少しの辛抱です。もちろんただ試験を終わらせるだけでなくいい結果を残して終われるようにしたいですね。

ちなみに構造化学の試験には昨日確認した質量数やら同位体やらは全く出ませんでした。当たり前か。



11日
第73話「よくわからない構造化学」

こんばんは。今日は明日以降の試験に向けて勉強したり昼寝したりしていました。明日の試験は構造化学です。「構造化学」といってもピンとこない方が多いかもしれないので今日は構造化学について説明しようと思います。

構造化学とは、つまり、構造の化学だと思います。何の構造かと言うと、分子とか原子とか、そういう話だと思います。原子の構造と言いますと原子核と電子があって原子核には陽子と中性子があって電子と陽子は同じ数だけあってその数を原子番号と言って中性子の数は陽子と同じとは限らなくて同じ原子でも中性子の数が違うものを同位体と言ってその中でも放射能を発するものは放射性同位体と言ってついでに陽子と中性子の数の和の事は質量数と言って・・・という話ではありません。こんな話なら僕でも説明できるくらいには理解しているのでテストも楽勝だったでしょうに残念です。

正直僕もさっぱりわからないのでシュレーディンガー方程式とかいうのを丸暗記しました。それで満足しました。しかし試験には論述問題も多く出るそうです。恐らく、シュレーディンガー方程式の丸暗記だけでは単位すら危うい、というか無理そうです。

・・・どうしましょう。



10日
第72話「おひさナナペ」

こんばんは。今日はコント集団ナナペーハー第24回公演Q&Aの会議がありました。こうやって毎回タイトルを正式名称で書く事で知名度を上げるという地道な作戦を取ってやっていきます。皆さんもコント集団ナナペーハー、略してナナペの事を覚えてくださると嬉しいです。

僕は最近風邪やらドイツ語やらで会議を休むことが多かったので今日は久しぶりの出席となりました。そしてついに僕もコントを書きました。果たして僕のコントは本番で採用されるのか!?。皆さんお楽しみに・・・ってお楽しみにしてほしい所はそこではないですね。ナナペーハーの公演そのものをお楽しみにしてください。僕のコントが採用されるかどうかは僕がお楽しみにする事であり、これからの僕の努力次第で変わっていく所ですよね。

次のナナペ会議は来週の火曜日ですがその日は試験があるので出れそうにないです。そう、最強の敵とも言える構造化学の試験が、火曜日に控えているのです・・・ドイツ語の時も最大やら最強やらって書いたかもしれませんが気にしないことにしましょう。最強が何体もいるなんてバトル漫画ではよくある事です。「最強四天王」とか、ね。



9日
第71話「早すぎる燃え尽き」

こんばんは。今日は一日休みでした。昨日試験があって疲れたので今日はたっぷり休みました。そう、休みすぎたくらいに。試験はまだまだある、どころかむしろ来週からが本番なのですがドイツ語が終わってついつい気が抜けてしまったようです。

今日一日はボーっとして過ごしました。全く勉強しなかったわけではないですが、テキスト読めば何とかなったドイツ語と違って何をやればいいかよくわからない科目が多いんですよね。とりあえずノートを読んでみるものの僕のノートはとても煩雑にまとまっている、つまりまるでまとまっていないので内容がよくわかりませんでした。

もう試験の事を考えても嫌になるだけなので少し現実逃避をしましょう。今日は2月9日、肉の日です。とはいえ毎月29日は肉の日なのでそこまで特別な感じはしません。しかし2月9日がフグの日だと言えば特別な感じがしますね。という事で我が家の今日の晩御飯はフグ鍋でした。美味しかったです。

現実逃避ってほどでもありませんでしたね。



8日
第70話「一難去ってまた五難くらい」

こんばんは。今日は期末試験がありました。ドイツ語に関しては事前にしっかり勉強していただけあって(ほとんど和訳の暗記だけでしたが・・・)案外なんとかなったのではないかと思います。ドイツ語に関しては。そう、ドイツ語に関しては。

昨日さらっと書いたのですがなんと今日あった試験はドイツ語だけではなかったのです。数学IIという思いもよらぬ伏兵が待ち構えていた事を我々は忘れていた・・・いえ、忘れてはいなかったし伏兵どころか将軍レベルな気がしますね、今となっては。「伏兵程度だと思っていた奴が実は将軍だった」というわけのわからぬ奇襲(というかただの勘違い)を受け、我が軍はボロボロ。それはもう酷い目に遭いましたよ。

こう書くと数学IIは全く勉強していなかったようですが、実際はそれなりに勉強したんですよ。ただその勉強には致命的な点が一つありました。そう、ただ一つの参考書のみを頼りにして勉強していたのです。正直授業がチンプンカンプンだったのでそうせざるを得なかったのですがせっかくシケプリという便利なシステムがあるのでそれを活用すべきでした。

ちなみに「シケプリ」という言葉は東大生にしか通じないそうです。グーグル先生に聞いてみたところ全て東大関連の所でした。東大生の皆さん、間違えて他大の学生さんと話す時にギョーカイ用語を使わないようにしましょう。そして他大の皆さん、東大生さんが「シケプリ」と言っていたときはそれは「試験対策プリント」の略であり、「湿気たプリン」の略ではない事は覚えておきましょう。

プリンって湿気るのかな・・・



7日
第69話「決戦前夜」

こんばんは。今日も一日家に引きこもって勉強したり昼寝したりしていました。明日外に出るのが久しぶりに感じます。実際月曜日に試験のために学校に行って以来外に出ていないので本当に久しぶりだと思います。引きこもり予備軍ですね。

明日はついに難しい方のドイツ語の試験です。どれくらい難しいかは全くの未知数ですが難しい事は間違いありません。未知数というのは最大の敵なんです。つまり未知数なドイツ語の試験は最大の敵、という事ですね。試験は来週まだまだたくさんあるのですがこのドイツ語が終わればもうなんでもいいや、という気になってしまわなくもないです。どっちなんでしょう。

冬休み辺りからの日記はほぼ毎回「ドイツ語」という単語があるような気がしますがそれだけドイツ語の試験に追われていた、という事です。この試験が終われば第二外国語の必修もこれで終わりであり、ドイツ語ともオサラバできる・・・のだと思います。あまり調べてないのでよくわかりませんが。ともかく明日のドイツ語との最後の戦い、頑張ってきます!

・・・ちなみに明日数学の試験もあります。なんという事でしょう・・・



6日
第68話「Q&A's HP」

こんばんは。今日は雪が降りましたね。とはいえ僕の家の近くではそこまで降りませんでした。都心では結構降ったそうですがどうだったのでしょうか。昨日の予告(?)通りドイツ語の勉強のため今日のナナペ会議は休ませてもらいました。またかよ。ご迷惑をかけました。しかも来週試験と被って行けない日があるのでその日も休まざるをえません。またかよ。

さて、そんなわけで落研の方々とも会えなかったのですが有吉君から「Q&Aのホームページができたから宣伝しておいて」とメールが来たので思う存分宣伝させてもらいます。
ナナペーハー第24回公演 Q&A、その公演日時や今まで謎に包まれていたメンバーが明らかになる衝撃のホームページ!アメリカンなハットが並んだアメリカンなデザインとなっております。そんなQ&Aのホームページはこちらからどうぞ!

うん、ノルマ達成ですね。



5日
第67話「色々と不穏」

こんばんは。明日は雪が降るそうです。日記ってその日の事を書くための物だと思うのですがいきなり明日の事から書き出している辺り既に不穏なムードが漂っています。

僕の家は大学からかなり遠く、電車にかなり長い間乗る必要があるので雪で電車が止まってしまうと非常に困ります。不穏です。それに金曜日のドイツ語のテスト勉強もする必要があります。これも不穏です。なので明日ナナペ会議があるのですが休まざるを得ないかもしれません。非常に不穏です。また日記に明日の事を書いてしまいました。更に不穏です。それもあろうことか欠席の言い訳を書いています。やはり不穏です。でも結局は明日の天気次第なので休むかどうかもわかりません。どうしようもなく不穏です。

ちなみに今、僕の部屋はとても静かです。無音です。明日とても低くなるようなもの。気温です。それでも家の中は温かい。保温です。外はキラキラ輝いています。ネオンです。同時にたくさんの音が鳴ります。和音です。韓国の通貨。ウォンです。

・・・綺麗なオチが思いつきません。やっぱり、不穏でした。



4日
第66話「戦いの始まり」

こんばんは。ついに今日から期末試験です。実際は先週の金曜日からだったそうですが。僕は今週よりも来週に重い科目が固まってて大変なのですが結局は今週どれほど追い込めるかが勝負の分かれ目になると思います。でも前にも書いたように徹夜はしない主義なので今日はそろそろ寝ようかと思います。「のんきかよっ!」とツッコまれそうですね。

今日はドイツ語の試験でした。ドイツ語には一列と二列があって今日は・・・どちらだったかは忘れましたがドイツ語の試験でした。一列と二列で何が違うのかはわかりませんが今日はドイツ語の簡単な方の試験だったので割と何とかなったと思います。こちらも一列なのか二列なのかわかりませんが難しい方のドイツ語の試験は今週金曜日にあります。今回の試験で一番大変と言っても過言ではない難しい方のドイツ語の試験、明日から頑張ればきっと何とかなるはず・・・!

という事で明日からまったり頑張っていこうと思います。のんきかよっ!



3日
第65話「節分ナナペ」

こんばんは。今日はナナペ会議がありました。試験前という事で休んでいる方も多く、人数が少なめな中行われましたが有意義で楽しい時間を過ごせたと思います。皆さんの面白いコントを見ているとコントを書きたい、という気持ちとコントを書かなくては、という義務感に追われますが試験勉強をしないといけないので中々コントを書く時間も取れません。次の会議までには・・・それがダメならその次までには・・・それもダメなら試験が終わってから・・・!

あと今日は節分でしたね。日曜日は生協食堂が開いていないので外で買って食べることになるのですが今日は有吉君と一緒に恵方巻きを食べて学生会館のロビーで食べました。彼のiPhoneの方位磁針アプリ(?)で今年の恵方である南南東を調べ、その方角を向いて二人で黙々と食べました。かなり大きくて食べきるのは大変でしたが頑張りました。恵方巻きはもうあと1年はいいや・・・と当然のことを考えていたら晩御飯も恵方巻きでした。
えーほうまきまき、えーほうまきまき。



2日
第64話「本気・インフレーション」

こんばんは。今日は、なんと・・・
ついに僕が本気を出しました。今までサボっていてばかりだった僕が本気の半分くらいを出したんですよ。どれくらい本気と書いてマジと読む状態だったかと言いますと、1日でA4用紙10枚のレポートを書き上げたくらいには本気を出しました。10枚ですよ、10枚!それも1日ですよ1日!皆さん、僕もやればできるんですよ!凄い!

それに更に凄い事に、これはどうやら僕の本気の半分程度でしかないそうです!つまり僕が本気の100パーセントを出せば20枚!20枚をなんと1日で!書き上げることが!できるんです!凄いを通り越して恐ろしいですね!しかしもうレポートを書く気はしないのでレポート20枚を普通の勉強に換算しますと・・・もはや計測不能ですね!

ちなみにレポートに本気を出した反動でそれ以外の事はほとんどできませんでした。ネタを書くのもとりあえずお休みで。本気って怖いですね。しかし今日取っておいた本気50パーセントを明日ナナペ会議終了後に試験勉強にまわす事ができれば・・・月曜の試験勉強を完璧にやったうえで更におつりが来ちゃいそうです!そのまま次の試験(次は金曜に二つでした)の勉強もできてしまうかもです!明日も本気出す!



1日
第63話「牛歩」

こんばんは。今日から2月ですね。赤田日記も新たなるページでのスタートとなります。2月もどうかよろしくお願いします。まず、ページを新しくする際に心配なのが話数のつけ間違いです。1月の最後が第62話なのを何度も確認したので大丈夫だと思いますが・・・ここまで来て1話飛んでいたりすると悲しいのでそこはしっかり確認します。

さて、今日は一日休みだったわけですが試験勉強ができたかと言いますと・・・最初に言っておきます、全く勉強しなかったわけではないのですよ。勉強を少しして、昼寝して、勉強を再開して、昼寝して、パソコンしてゲームしてまた勉強して・・・と、少しずつ少しずつ勉強を進めていっています。一歩一歩確実にやっていけば何とかなる、ならいいですね。最初の試験は2月4日とすぐそこです。更に同じ日に締切のレポートもあります。果たしてどうなることか。

そしてここ最近試験の話題ばかりなこの日記もどうなることか・・・

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おたのしみ | かしゅー日記 | ないとう日記 | わたたく日記 | セルフ日記 | トップ | ヒロイ日記 | フルセ日記 | マスモト君日記 | リンク | 中嶋日記 | 中川日記 | 動画(コント集団ナナペーハー) | 動画(漫才・コント・ピン) | 動画(落語) | 告知 | 外部告知 | 宮本日記 | 川辺日記 | 庄司日記 | 後藤日記 | 新ないとう日記 | 新歓 | 松岡日記 | 江崎日記 | 活動報告 | 活動報告(平成16年度) | 活動報告(平成17年度) | 活動報告(平成18年度) | 活動報告(平成19年度) | 活動報告(平成20年度) | 活動報告(平成21年度) | 活動報告(平成22年度) | 活動報告(平成23年度) | 活動報告(平成24年度) | 活動報告(平成25年度) | 活動報告(平成26年度) | 活動報告(平成27年度) | 活動報告(平成28年度) | 田口日記 | 管理人日記 | 赤田日記 | 過去の活動報告(~平成18年度) | 部員紹介 | 部員紹介-OB・OG | 部員紹介(平成13年度入部) | 部員紹介(平成15年度入部) | 部員紹介(平成16年度入部) | 部員紹介(平成17年度入部) | 部員紹介(平成18年度入部) | 部員紹介(平成19年度入部) | 部員紹介(平成20年度入部) | 部員紹介(平成21年度入部) | 部員紹介(平成22年度入部) | 部員紹介(平成23年度入部) | 部員紹介(平成24年度入部) | 部員紹介(平成25年度入部) | 部員紹介(平成26年度入部) | 部員紹介(平成27年度入部) | 部員紹介(平成28年度入部) | 요코오(ヨコオ)日記 | HP管理